ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

あすは浜名湖で潮干狩りです!!


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

うちはお盆休みで今浜松の実家に娘と帰省しています。
明日は浜名湖で潮干狩りの予定です(笑

あさり大漁の秘訣があります。
それは・・・なんと茂った海藻の根っこです。
正常な一般の海水浴客は海藻の茂みの中なんか気持ち悪がって絶対に行きません。
ところがどっこいその根があさりの最大の安住の場なのですよ。
人間、魚等の天敵に対してもですね。
強力な根で守られていますからね。

しかーし、その海藻の根は非常に強力です。
なので潮干狩り用の鋭い金属の熊手と、ゴムのコーティングの手袋(100均にあります)が必須です。
素手や普通の軍手では爪が即やられます。
全く歯が立ちません。
で、根を取って手を突っ込むとごっそりあさりですわ(笑
こんなの地元でも一部の人しか知らないすね。
ひとつかみでデカいあさりがゴロゴロ・・・・・・内緒ね!!

その後舘山寺に浜名湖ウナギ食べにいきます!!


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左腕の長さが足りなくなる


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

仕事が超忙しく、なかなかコメントに返事もできず、
更新できず申し訳ありません!!

しかし、ラウンドはかなり気合入れて頻繁に通っています。
クラブも買わずにはいられない病でいろいろ漁っています。
ナイスなサングラスも金栄堂さんで新調しました。
今年の夏は結構気合入っていますよ。


さてさてさーて、

殆どのアマが右向いて打てないのですが
良いイメージ、目安がありますよ。
左腕の長さが足りなくなるですね。
左向いてインパクトすると打つ前に左肩が上がります。
すると左腕、そして左グリップが上がり、ヘッドも上がります。
するとアッパーにあおって、フェースが開いて擦り上げます。
上からダウンブローでインパクトするためには
左腕の長さに余裕がなければ無理です。
という事は、インパクトゾーンでは左肩は上げない。
そのためには、胸は右向いてないと無理ですよね。

そういう理屈を常に意識し、より具体的な目的意識を持てば
「右向いて打つ、右向いてインパクトする」
重要性がより理解でき、現実的になりますよね。

「下からあおらないで上から打つ」
も、殆どの方は大きく勘違いしています。
横コックでフェースを開いて、振り遅れながら
上から打っている方が殆どですね。
そうじゃなくて、縦コックで開かず、遅れず、体の前にクラブを維持します。
テークバックを低く長くインサイドに引いて上げると
ダウンも低くインから降りてきます。
するとインパクトはアッパーにインサイドアウトになり
フェースが返り切らないと押し出し、
返り過ぎるとドフック、引っ掛け、チーピンになります。
要するに左右にバラける最大の原因は
低く長くインに上げる事ですね。

それを防ぐには早めに縦コックで上方向に、
飛球線に沿ってストレートに上げる
、ですね。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右ひざの向きと曲げ角度で勝負あり 要するに右足のがに股が出来るかが勝負ですね


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

パターもショットも右ひざの向き、動きに要注意ですね。
他にも山程注意点はありますが右膝がフラついていたらまず何を治そう無意味ですね。大方、スライス、球がつかまらない、飛ばない原因は左への突っ込みです。その原因は左壁の崩れによる回転軸の必要以上の右への傾きなのですが、それを止められるのは左脚や左サイド、頭ではなく右脚ですからね。その最も顕著で、典型的で、分かり易いな目安は「右ひざの向きと曲げ角度」ですね。
ちゃんと右ひざを軽く曲げたままがに股で右膝頭が右前を向いてさえいれば良いのです。右ひざが左向いた途端にもうダメですね。殆どのアマは右ひざがしらが直ぐに左向いてペコンと曲がるので、腰が左へスウェイして突っ込みながら前に出て右肩が落ちてルックアップしてフェースが開きながらアッパー軌道になり、球が捕まらずにへなちょこスライスになります。殆どアマが大から少なかれ程度の差があれ殆ど皆そうですね。その打ち方で手首をこねて引っ掛けて目標より出球が左に出しているのにドローだと勘違いしているアマが異常に多いですねー。

右ひざがに股で肩のラインを飛球線と平行までしっかり回して右ひざががに股なら回転軸は傾きません。みっともなく腹が上を向いてドスライスでOBなんてでません。ビシッとつかまったドロー、フェードを打ちましょうね。

簡単で絶大に効果的な注意点、修正点は、右ひざですよ、右ひざ。

次回はカウンターバランスの秘密。
下半身、体幹筋と腹筋、腕の3つが全部左回りで同一方向では全然ダメですよ。
カウンターでどっかを正反対に逆に回さないとダメですよ。パターもアプローチもそうです。
野球ではツイスト打法と呼んでいますね、皆さんやってますか?
マキロイなんか完璧に明白なツイストですね。だから下半身がべたっと磁石で地面に張り付いた様に安定しています。
インパクトで一度浮いた右踵が再度地面に下りますからね。
左脚では左に乗っていきながら、同時に逆に右脚にも再度加重してべた足になりますね。ここに答えがあります。

考えないと絶対に進歩無いです。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ゆっくり上げてトップで止める


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

ここ最近の2日おきのラウンドでいろいろ試行錯誤した結果いよいよ一皮むけた気がします。
M-Tracerによるスイング課題の発見、修正が大きく貢献してますね。

ミスショットの時、切り返し時点で既にミスに気が付いているケースが多いですよね。しかしそこでスイングを中断することはほぼ不可能です。
タイガーが昔何度か切り返しでクラブを投げてショットを中断したことを鮮明に覚えています。ミスした時よく思い出します。トップでミスに気が付いた時スイングを止められないだろうかと。

私の場合トップから切り返しでグリップが僅かに回ることがあります。グリップ圧の変化やテークバックの速度、切り返しのタイミングのズレが原因です。最近は毎ショット気になります。

切り返し寸前でスイングを中断できたらミスがかなり減るだろうな・・・・・・
そうか!!、中断できる速度まで落としてみよう。


精度を高めるためにはテークバックも切り返しもゆっくり、スムーズなほど確実に良いに決まっています。切り返しで撓らせれる程、制御不能な捻じれも必ず出ます。ではなぜそうしないのか?果たして切り返し時点で必要な「トップ撓り」はゆっくりなトップと、ゆっくりスムーズな切り返しでも必要十分なだけできるのかもしれない。要は飛距離と精度のトレードオフだと感じますが、飛距離が落ちないレベルまでできるだけゆっくりテークバックして、できるだけ切り返し初動をスムーズにして、トップ撓りを作ることなど忘れてみることにしました。切り返しでの負荷が高い程飛ぶような気がするけれど、それは単なる思い込みかではないのか。

松山プロがトップで完全に静止するのが凄く気になりますよね。確かに先行する下半身とトップに至るヘッドが拮抗した結果止まるわけですが、実際問題ヘッドが止まる瞬間、シャフトはトップしなりがあるにしても、ヘッドの慣性は一瞬ゼロになります。

で、これを今更ながら実践してみました。グリップ圧が変化しない様にゆっくり丁寧に腹筋で上げます。かなり早めに縦コックを入れててシャフトを縦に使ってストレートにあげます。撓りよりヘッドの位置エネルギーを使うイメージに変えてみました。切り返しはなるべく負荷を減らし、腕、クラブ、ヘッドの落下エネルギーを最大限に使いイメージをも落ちます。

これなら切り返し前にミスに気が付いたら止められます。もちろん、左足ヒールアップなんか死んでも厳禁ですよ。切り返しの負荷を減らしてスムーズの落とすんですから。

すると、切り返し直前でもスイングを中断できました!!
しかし、中断するまでもなくほぼミスが出ない!!
で、「切り返し後」に落下と共にスムーズに加速させます。
最初は今までとタイミングがかなりズレるので、スタンス幅を大幅に狭めて取り敢えず捕まえやすくしておきます。すると!切り返しが超楽になりました。しかも、飛距離は落ちない!!!

ドライバーショットの力み、突っ込み、スウェイ、振り遅れ等々、これらのミスは実は想像以上に、理解に苦しむほどドでかいヘッドの慣性が原因だったという事に気が付きました!!

なんとゴルフ人生30年にして今更。
この効果はもちろんドライバーのみならず、アプローチもパターにも絶大な好影響がでつつあります。

今全英のビデオ見ています。ミケルソンのタメとハンドファーストが強烈ですね。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR