FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

テーラーメイドR9 発売直前緊急特報です。詳細試打情報!!

 3/21からいよいよ発売される期待の

テーラーメードR9の試打情報です


ゴルフブログ人気ランキング6位の 

玄人ゴルフ 

http://kuroutogolf.blog63.fc2.com/blog-entry-16.html

玄人ゴルフさんの超ユニークな登録イメージ、傑作です!!



玄人ゴルフ 様の、貴重な詳細試打情報がありますので、

R9に注目されている方は必読です!!


大変興味深い衝撃的な結果と結末になっております。

一部結論を引用させて頂きますと、

『・ボールスピードを上げることに関しては右に並ぶものは無い

『A-Balance DN900』でも約2マイルしか初速が上がらない。

実際、このシャフトはr7Limited TPに刺さっていたシャフトを

R9 TPに差し替えてテストしたのだが、

r7 Limited TPの初速に比べて

平均5マイルも遅かったのである


そのほかヘッド・スピードが速いテスターが打つと

バックスピンが3000rpm以上になっていた問題点から、

こちらもロースピン、ローローンチ系の定番

Mitsubishi Diamana White 73 にもリシャフトしてテストした。

結果は・・・だめだった


知り合いのPGAツアープレイヤーが1月の

PGAショーで言っていたことを思い出した。 

R9 は 『Powder Puff』 (パウダーパフ)だ。
 
これはおしろいの粉を手に乗せて

『ふっ』っと吹いた感じを想像してほしい。

粉は目の前で舞い上がるだけで、前に飛ばない

という感じで解釈できるんじゃないかな。』

結果を先に書いてしまって申し訳ないですが、

かなりショッキングですね。

テーラーメイド どうしちゃったんでしょうね???

コンセプトに技術力が追いつかなかったんでしょうね。

間に合わないで、未完成のまま発売せざるを得なかったのか・・。

衝撃的と書いたのは初速が"平均5マイルも遅かった”

という事実
です。

ヘッドスピード×ミート率=初速 初速×4=飛距離 

と大雑把に言われます。

ミート率は大雑把にシングルアマが1.4前後。

プロで1.5前後。

4は初速(m/s)から飛距離(yard)を計算する係数。

または、単純にヘッドスピード(m/s)×6

が飛距離のマックスと言われます。

50m/s×6=300yard これは6÷4=1.5

(ミート率プロ並み)と言う事ですね。

最高値はボール製造規制1.56に規定されています。

(実際は打ち出し角がボール規制の抜け道で

ドラコン界でも重要な要素になりますが)

従って、例えば HS50m/s×1.4=70m/s 

70m/s×4=280yard
 です。

逆算してミート率1.4で普通の打ち出し角で

300Y飛ばそうとすると、

300÷4÷1.4=53.571m/sのヘッドスピードが

必要ということです。


まあ、感覚的にこんな感じです。前置きが長くなりましたが、

USでは、初速は、mile/hつまり 時速で標記されているはずです。

1mile/h=1.6*1000(m)/3600(s)=0.444m/s

5mile/h=0.444*5=2.2m/s 飛距離減=4*2.2=8.8ydsです。

8.8yard 飛距離が落ちるのですよ.

あくまで数値の計算上ですが・・・・にしても、

ちょっと手を出しづらいですね。

Diamana 白は中元調子の青マナよりもしっかりしていて、

ロースピンのシャフトです。

そのシャフトでハンデゼロが打っても、

3,000回転を超えてしまうということは、

重心位置においてもヘッド構造上

かなり無理がありすぎたんでしょうね。

しかし、R9発売後の各方面での評価がどうなるのか楽しみですね。


 玄人ゴルフさんは見るからに謎のHPでその実態は不明ですが、

記事を見れば一発で超玄人集団であることが分かります。

信憑性のあるデータに基づいた試打結果が

非常に分かりやすく書かれております。

私も愛用している人気No1の、

NEW PRO V1/x 2009 VS 2007 の非常に興味深い

試打データも提供されています。
 
今後、クラブマニアにとっては貴重な情報源になるHPだと思います。

我々Jeepファンも米国仕様のクラブを使うことが多いので、

米国での新製品の試打情報は大変参考になりますね。


 ちなみに私の現在のエースクラブセッティングは

シャフトとパター以外、全て米国仕様です。

安い分ばらつきが多く、全クラブ調整が必須ですが、

いずれにしても国産メーカー、日本仕様でもきちんとした

フィッティングは必要ですからね。


 米国滞在経験のある方は分かると思いますが、

米国ではクラブの価格は日本の1/2~1/3の感覚です。

ボールにいたっては1球600円という設定はUSではクレイジーですね。

$1,000のドライバーなんてアメリカ人にとってはアンビリーバボーです。

大手国産メーカーや日本仕様クラブの価格設定は

ボッタクリも限度を超えており、地道な地クラブ以外は

クラブマニアとしてはかなり抵抗を感じます。


 話がそれましたが、玄人ゴルフさん、今後、要注目のHPですね。




8z_convert_20090314184453 400x

9z_convert_20090314184529 x400
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR