FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

アプローチのスタンス幅

 アプローチの基本が出来ないとスコアは絶対に良くなりません。

スコアだけでなく、ショット全てが良くなりません。

アプローチが得意になるとアイアンショット全てが確実によくなります。


極めて簡単なことでグリーン周りのアプローチでのミスを激減できます。


それはスタンス幅を狭くすることです。


皆さんこんなこと当然知っていると思います。

しかし、実践していないでしょう?

多くの人たちは殆どのミスがスタンスに原因があることに

気付いていません。


 ちなみに私は50ヤード以内はスタンス幅ゼロです。

かかとを付けて左右のつま先の向きは球筋によって調節します。

100ヤード以内はピンをデッドに狙いたいのでスピンの

かけ具合が勝負です。

多くのスピンをかけるために、出来るだけ飛距離が

出ないようにしたいです。

そもそも、100ヤード以内では足を開いて体重移動する

意味はありません。


 誰でもスタンス幅をゼロにすることで、

確実にダフリ、トップは激減します。

要はその理屈を理解して、信じてやるかやらないかだけです。


 私はスピンの調整で自由にコントロールできるアプローチが

結構楽しいです。

高さ、スピン量、距離はリアルロフト、入射角、インパクトの強さ、

打点で調節します。

これは、練習で色々な球筋を打ち分けて微妙な感覚を

身に付けるしかありません。

最も重要なのは、インパクトポイントです。

イメージが全て決まったら、最後は、玉のどこにインパクトするか

に集中します。

私の師匠は1円玉を重ねて一枚ずつ打つことが出来ます。

これが重要なポイントです。

うまく当てる のではなく、どこを打つかイメージすることが大事です。

玉のどこに当てるかがポイントなのです。

漠然とうまく当てるでは上達しません。

どこに当てるか意識して練習すれば、割と早くできる様になります。

それができるようになった時、

スイングが劇的に上達したことに気付くはずです。


 インパクトでスピンを操作し、

球筋を変えることができるようになります。

イメージする高さでスピンを調整できるようになったら、

ダフリ、トップのミスショットなどゼロになります。

出玉の角度と強さのミスのみになります。

パット数も、もちろん減少します。

グリーン周りが楽しくなります。

セカンドショットの狙い場所も的確になります。


でも、パットは楽しくはなりませんが・・・。


 正しいインパクトを知ることが、正しいスイングを教えてくれます。
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR