ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右ヒジは命 、サム・ダウン、最大限コック維持の方法Part6

 以前書いた記事です。もう一度ここで見てください。

右ヒジの使い方が解ります。

これが出来ないとどんなに練習しても先に進めません。



これはアドレスでの右ヒジの形です。

この画面だけでビデオの中身見なくてもいいんですが、




この右写真の様に殆んどのアマチュアは

アドレスで既にミスショットがほぼ確定しています。

アドレスとバックスイングの上げ方で、

ダウンがある程度決まってしまいます。

降ろし方より、まず上げ方です。あげる前にまずアドレスです。

両ヒジは常に下を向いていないといけないのに

特に右画面の様に、最初から右ヒジが横、右側を向いていては

インパクトでの修正は不可能です。既に完璧にポツです。

要するにこのアドレスの形がダウンで再現されます。

良く見てください。右図はヒジより右手・グリップが先行しています。

これではバラバラで再現性などありません。

右コックのタメも、右ヒジのゆとり、タメも維持できません。


 左写真が右ヒジ下向きで右ヒジリードのダウンの型と同じです。

手首コックと右ヒジのタメがあればグリップより右ヒジが先行して、

右手の平、左手甲は体の前方方向を指して

体の右前、右足前辺りまで降りてきます。

体の前では右ヒジとグリップが平行に近く

インパクトに向かう意識
です。


 左写真では右腕はインパクトでも、まだヒジに余裕があり、

曲がっている(タメがある)事が可能で、

インパクト後に延ばして押し込んでいけるのです。

いわゆるフォローで押し込んで更に加速する事が可能です。


 右写真の型ではハーフウェイダウン

以前で既に右手の平、左手甲は

球方向を向いており、右手首コック、タメが解け右ヒジが伸び、

右脇が空き、アウトサイドイン軌道でグリップが

先に入ってきて、打つたびに全てバラバラで再現性はなく、

右ヒジが既に伸びているのでインパクト以降

押し込む事が出来ません。

また、前に出て、右肩が被り易くもなります。

そういうダウンを誘発します。



 左写真ではハーフウェイダウン以降、

右手首のリリースが序所に行われ、

右手の平、左手甲が徐々に球に向いていき、

右ヒジリードで、右手が左手を追い越す動きになります。

前腕が自然にロールしていきます。

そして、インパクト以降曲がったひじが伸びて、

押し込んでいく動きになり、低く長いインパクトが

可能になります。

また、右グリップフィンガーグリップ、

右肩を飛球方向に高速で出していく事で、

低く長いインパクト、クラブを直ぐに立たないサムダウンが

可能になります。


 もう朝6:30過ぎてしまいました、

眠くてなんだかうまく書けなくなってきたので

後でまた解りやすく修正しますね。

では、おやすみなさい。



右ヒジは間違いなくスイングの肝、飛ばしの肝です。


なおこのビデオレッスンでは始動直後に手首のコックを使え

と言っていますが私はお勧めできません。

一長一短ありますがインサイドに小手先で上げ易く、

肩の回転が浅くなり易いです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

大きなフォロー 、最大限コック維持の方法Part5

 もう1つ大きなフォローをつくるための

宮里優プロのレッスンをご紹介します。



「ワンポイントつけ加える

とすれば、フォローではあまり早く左手の

親指を上に向けないことが大事。

これを私はこサム・ダウン=親指を下げる

と呼んでいますが、左親指はヒッチハイク

のように立てるのではなく、

手首を平らにして左親指が地面を指す

時間を長く保つほうが、

大きなフォロー、大きなアーク

につかがると思って間違いありません。

皆さんにもぜひ、頭の片隅に 

サム・ダウン という言葉を

とどめておいていただきたいものです。」


以上が宮里プロのレッスンです。

理屈は皆さんお分かりだと思います。

しかし、

サムダウンを文字通り受け取り

左親指で下げると必ず失敗します。


左手首が硬くなり再現性が全くなくなり、

まともにフォローが取れなくなります。

この辺がレッスン書の解釈の

危険なところです。

サムダウンはあくまで結果です。

インパクト以降はそれまで閉めていた左脇を開放し、

右手首の完全リリース、

右フィンガーグリップ、

右ヒジ伸ばし、

右肩のハイスピードな送りこみ

等で右腕を長く使う必要があります。



ここで極めて難しい

右ヒジの動きについては

もう一度次回検証したいと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

最大限のコックの維持を簡単に体感する方法 Part4

 ここで先にフォローについて検証しようと思います。 

インパクトからフオローにかけてクラブと体が

どういう動きをすれば気持ちよく振り抜けるのか?

やさしい皆さん、


タイガーのビデオで分かる様にインパクト後は

閉じていた左脇を開放しなければ大きなフォロー

で加速する事ができません。



以下、レッスンの続きです。


 『 「フォローでヘッドを走らせる第1のポイントは、左ひじ

を脇から切り離し、ヘッドを遠くに放り投げることです。


インパクト直後にひじが曲がって腕が縮まっては、

大きなフオローも、最後まで振り抜くことも難しい。

まずは左腕1本の素振りで左ひじを伸ばすイメージ

をつくることから始めましよう


 左腕1本の素振りでひじを脇から切り離すイメージ

が湧いてきたら、次はフォローでクラブと体をいかに

一体化して振り抜けるかがカギになる。


 「まずボールの前でインパクトの状態をつくります。

ここで重要なのが、インパクトはアドレスの再現ではない

ということ。アドレスで腰は正面を向きますが、

インパクトでは腰が上半身をりードするため、

ベルトのバックルは左斜め45度前方を向くのが正解。

その体勢でテークバックは行わず、フェースにボール

を乗せてフオローまで振り抜いてみてください」

八ツクスイングなしで球を前方(目標方向)へ運ぶ

のだから、腕と休の動きが正しくなければ

このドリルは難しい。

「もちろん、球を遠くまで飛ばす必要はありません。

ゴロでもいいから真っすぐ前に進めば、

それでよしとします」


 インパクトの状態から両腕を仲ばしながら、

前腕をうまくロールさせてフェースを返し、

球を前に運ぶ動作を繰り返していくと、

右腕の使い方や左脇を切り難す感覚が

しだいに休に染みこんでくる。


ヘッドのトウ部分が空を向くよう振り抜いていきましょう

このとき両ひじを曲げてグリップを左に巻きこんでは、

ボールを前に運ぶことはできません。どうです?

大きなフオローで球を運ぶイメーンが湧いてきたでしょう」

左手一本素振りと、インパクトの状態からボールを

フエースに乗せて振り技くドリル
。2段構えのドリルで、

のびのびフォローをゲツトしよう。』

以上、レッスンの紹介です。


 以前低く長いフォローの方法を書きましたので、

興味のある方は御覧下さい。

せっかく大きなフォローをとってもインパクト後に

シャフトが直ぐに立ってしまっては意味がありません。

コックの完全開放が必要です。


 ビジネスゾーンでのイメージが

少しずつ出来てきたでしょうか?

次回、もう一度

重要な右ヒジの動きに焦点をあててみましょう。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

タイガーのタメとリリースを見てみましょう

上下同時にスタートしてください。

これでリリースを見てみましょう。

バックスイングの始動から最後まで終始

下半身は頑強でびくともしません。

切り返しの下半身リードも股関節で行われているため

外見では大きく動きません。

トップはコンパクトでレイドオフ気味ですね。

左足は完璧にべた足。

ハーフウェイダウンではまだ腕とシャフトは90度以下です。

手首をかなり柔軟に使い、全く手首は使っていません。

リリースはインパクト直前に見えます。

インパクト以降は左脇が空きスイングアークが

大きくなっていきます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

最大限のコックの維持を簡単に体感する方法 Part3

  前回までの目標は

ハーフウェイダウンまでコックを100%維持し、

ビジネスゾーンで積極的に右腕を使って加速する。

ここで、H/Sの最高速地点をフォロー以降に設定する


でした。

ここでの、「右腕を使って加速」 とは、

左手首をテコとして使い、右腕を押し込む事により、

右手が左手を追い越すリリースの動きをを加速する事


でした。

今日は、その注意点と次の段階に移りたいと思います。


続きのレッスンを紹介します。


「前回、ハーフウエーダウン以降、

右手でヘッドを走らせるという話をしましたが、

右手で球を叩く意識が強すぎると、

スイングのバランスが崩れやすいのもまた確かです。

インパクト以前にエネルギーを使い果たし、

フオローがおろそかになる恐れがあります。



これが私達の最も陥りやすい大きな問題点です。


前回触れたように右腰からやろうとすると、

必ずその前からやってしまうので、

球を叩く意識を完全に捨て、

ハーフウェイダウンを過ぎてから、

左腰での最高速を目標にリリースする

くらいのイメージが良いと思います。


インパクト以降のイメージがリリースの

タイミングを大きく左右するのです。


これから、フォローについて考えてみましょう。


続きの紹介です。


「そこで、インパクトからフオローにかけてクラブと体が

どういう動きをすれば気持ちよく振り抜けるのか?


それを体感できるドリルを紹介しましょう」


続きはまた明日です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

最大限のコックの維持を簡単に体感する方法 Part2

 昨夜は38度の熱で書いてました。

ちょっとだらだら長くて解りにくかった思います。

でも、昨日は過去最高の閲覧数と応援でした。

皆さん、大変有難うございます。感謝です。

これからも頑張りますね!!


 何件か質問、意見が来てます。質問、意見、

もっと良い方法があったらどんどん書いてください。

仕事サボっても必ず返事書きますよ。


 
 前回の補足を書きます。

まず、昨夜のレッスンを忘れて、

試しに 「クラブを “右手” で加速して下さい」 と言われたら

どう振りますか、想像して下さい。

“右手首”スナップを思い切り使って振ったでしょ?

普通そうですよ、そもそもボールを投げるように

振れって教わってますから。

でも、これで私たちは散々苦労してきました。

“右スナップ” を多用するとタイミングがドンピシャ合えば

スーパーショットも可能ですが確率は数%になります。

減点ゲームのゴルフでは場外ホームランは無用です。


 では、レッスンを思い出して“左手首”を 「テコ」として

利用して加速しろと言われたらどう振りますか?

“両手” をグリップして左腕をインパクト地点で固定して、

“右手首”、“右腕” だけ動かして最大限加速して下さい。

また、“右スナップ”使いますか?

使いませんよね。

最大限のコックの状態から、コックを維持していた“右手首”を

脱力、リリースして、同時に“右腕” を飛球線方向に押し出す。

これが “テコ” です。 ここで、“右スナップ”で振ったら

テコでもなんでもないですよね。ただの邪魔な存在です。


“両手首”は柔軟にし、加速するんじゃなく、加速されるんですね。


 この再現方法は100%コックをインパクトまで維持したケースです。

これで、Maxの “コックの維持” とリリースを体感できたと思います。




では、この先に進みましょう。


 実際はもっと早くリリースが行われています。

 
昨日の繰り返しですが

宮里優プロはこう書いていました。


ハーフウェイダウンからは

右手で積極的にグリップをターンさせる。


これが、ヘッドスピードを上げるコツだ。

その上で覚えておきたいが、

スイング中ヘッドスピードを

上げられるのは一ヶ所だけ、


ということ。

その一箇所をどこに設定すれば

一番玉を遠くに飛ばせるのか?

それは、インパクト直後からグリップが

左腰に来るまでの約45度の三角地点。


ここでクラブが空を切るビュッ

という音を出す事が望ましい。」


と書いていました。


ちょっと記述がわかりにくいのが

「ヘッドスピードを上げられるのは一ヶ所だけ」

それは

「左腰に来るまでの約45度の三角地点」

いわゆる ビジネスゾーンの左サイド

これは、上げれる場所じゃなくて

結果的に上げたい場所 ですよね。


解りやすく訳すと、

「インパクト以降左腰の高さまでを最高のH/Sに設定し、

ハーフウェイダウンから、右手で積極的にグリップを

ターンさせることが、ヘッドスピードを上げるコツだ。」


と言う解釈でいいと思います。


結局、


再現法ではインパクトまでコックを100%維持しましたが、

実際はハーフウェイダウンまでコックを100%維持し、

そこからは積極的に右腕を使って加速する。


再現法で行ったインパクトでの瞬時のリリースと、

同じことをビジネスゾーンでやるのです。
 


*ビジネスゾーン=右腰から左腰の180度の間



でも、右腰からやろうとすると、必ずその前からやっちゃうので、

「ハーフウェイダウンを過ぎてから、左腰目標にリリース」

くらいのイメージが良いいです。

プロと我々アマのイメージは結構ずれてますから。

この辺は Part3 で、また明日です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

最大限のコック、アンコックの体感ドリル

 では、お約束の最大限にコックを維持したスイングを

再現し、体感する超簡単な方法を本邦初公開(多分)します。

おまけに宮里優プロの気になる 

“ てこ ” の貴重なレッスンも体感出来ます。

これであなたのゴルフは間違いなく変わります。

断言しちゃいます。



吟じます。




トップのコックを100%維持しぃ~い~いっ、

“右手の平” を体の正面に向いた状態で、

“グリップ” を左もも付け根にぶつけぇ~え~えっ、

“右腕” を飛球線方向に押し出していくぅ~うっ!!




あると思います!!



決まった?  オモロ?  だめ? 

えっ、おやじギャグ???


 ももにぶつける事により 左の壁 を体感します。   

実際はもちろんぶつけませんが、

位置としては十分に近いです。


“グリップ” が止まり、その反動を利用し、

“左手首” をテコとして “右腕”を ヒジリードで

飛球線方向に押し出していく事により、

更にヘッドを加速させる。

この時、“手首”は脱力し完全にリリースし切る。

“右ヒジ” はインパクト以降押し出せるように

ヒジにタメがある=余裕がある=曲がって

いなければいけません。




 当然、“左ヒジ” も “グリップ” も正しい位置にあれば、

猛スピードで遅れたヘッドは瞬時に最適な

タイミングでインパクトを迎えます。


 これが、最大限のコックの維持とローテーションの再現です。

“ 手首 ” を使わないで、左下半身リードと “右腕” を

使います。(と言うより “右ヒジだけを使う” と言った方が

うまく行くかもしれない)


 “右腕” は決して力まず、“右ヒジ”リードで

タメて、曲がってインパクト後に “右ヒジ”を伸ばしながら

軽く押して加速するだけ。

“腕” が力むと “手首” もが硬くなるので

自分でもすぐにわかります。


 テコを利用しているので全く力は必要ありません。

“グリップ” さえ止まっていれば軽く押すだけで、

猛スピードで走ります。


 更に、“右手首” を使わないように “右グリップ”は

“フィンガー” で握りる。

体の前で “右ヒジ” から入ってくるのです。

“右ヒジ” が “余裕を持ったまま” 下向きで入ってくるのです。

“手首” を使うと “手先” が先に入り、ひじが遅れて来ます。

これだとインパクトがバラバラになります。



必ず “右ひじ” が入りやすいように懐を広くします。

左腰がある程度切れていないと懐は広くなりません。

しかし、腰を過激に切りすぎたり、腰と肩が一緒に回ると肩が早く開き、

上半身のタメがなくなります。軽く自然にでいいです、

もちろん “両肘”ともにスイング中ずっと下向きです。


そして、タメたらその分、積極的にロールしろ、と言う事です。

“てこ”を利用するためには、インパクトで “グリップ”を

止める必要があります。“グリップスピード”を下げないと

テコとして利用し、加速する事が出来ません。

“グリップ”をとめて“右ヒジ”リードで“右手”が“左手”を

瞬時に追い越す動きです。

これなら“右腕”を無理にロールしなくても

“グリップ”が正しい位置に止まれり、“右腕”が柔軟なら

押すだけで勝手に正しくロールします。

彼はこれを “ てこ ” と言っています。

 
 もう1つ、肩のタメがあります。トップのままるなべく

胸が右を向いた状態で、腕を下ろします。

インパクト後、タメた“右ヒジ”を伸ばし、押しながら、

右肩が“右腕”について真っ直ぐ飛球線方向に

フルスピードで出て行きます。

右肩が遅いと、完全にリリースする前に、クラブが早く立ち、

短い“右腕”によりロールしすぎて、フェースが被り、

チーピンになります。

ショートーアイアンほど右肩を一気に解放して

飛球線方向に高速で出していく事が必須です。

肩は体の前方に出てはいけません。飛球線方向です。



 一般的にタメは3種類あります。


1. “手首” のコック、

2. “右ヒジ” のゆとり、

3. 肩の開き


この方法により、この3つのタメをインパクト直前まで

最大限に維持するスイングを体感出来ます。

あとは、どこまでが自分に適しているのかは、

技量とスイングタイプで人それぞれです。


次回、また説明します。


迷えるゴルファーのために、寝ずに書いてます。(ちょっとマジ)


うーん、まー、これでまた再チャレンジしてみましょうか。

これをどう正確に行うかが勝負なんですが。


目標としては、これで解りやすく

理屈は通るんじゃないかと思いますが。


これでひとます練習してみましょう!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

昨日のレッスンの致命的なミスにお気づきですか?

 昨日、宮里優ティーチングプロの『宮里流30のドリル』

のレッスンをご紹介しましたが、その続きです。

昨日、最後に “ これじゃあ、ダメか ” と書きましたが、

このレッスン書には致命的なミスが

在るのにお気づきでしょうか?



“ 腕 ” と言う言葉が一度もないのです。

全て “ 手 ” です。



右手と右腕を混同しています。

右手首と右手も混同して使っています。


以下、抜粋です。


吟じます。



“ トップまでは意識的に右手は殺し、

切り返し以降はいよいよ右手の出番、

右手を積極的に使ってクラブを走らせる、

手だけでクラブを振るのは間違い、

テークバックは左手一本で上げ、

右手で積極的にグリップをターンさせる、

右手を殺す必要はないと思っています、

右手でグリップを返す、いわゆるリリースの動き、

右手のコックを解き、てこの要領でグリップをターンさせる、” 


200%確実に、

ないと思います。




昨日の引用だけでも以上のように全て “ 手 ” です。

腕は一度たりともありません。これだけあげれば十分でしょう。

決して非難しているわけではありません。

何とか彼が言いたいことを正しく理解し、実践しようと

試みているのです。内容は認めているのです。

“テークバックは左手一本で上げ、”

ではなく、普通、左腕一本と記述するはずです。

となると、彼のレッスンの “ 手 ” を全て“腕”または

“手首”に置き換えてあげましょう。

コックは右手じゃなくて右手首ですよね。


慣れた方は手といえば普通当然手首から先を想定します。

そもそも再現性において、手首の多用は厳禁です。

右手を使ってヘッドを返すとばらばらになりますよね。

腰のリードによってと言ってますが、

どう考えても腰のリードと手首は無関係です。


となると、

このレッスンでの収穫は


1.ハーフウェイダウンまでコックを解くな

(しかし、当然のごとく方法論には一切触れていない)

2.その後、右腕(右手じゃない)で積極的にリリースしろ。

3.てこの要領でグリップをターンさせろ。


ですね。

これなら、違和感ないです。

どうやら、てこ が曲者ですね。

何か言いたいけれど説明できないんでしょうね。


あると思います。



 私も皆さん同様に、タメの自在の調整をしたいのですが

度重なる挑戦で失敗しています。

コックを維持すれば維持するほどインパクトで

ハイスピードでヘッドを返す動きが必要になります。

これがHSのアップです。

右腕を積極的に使ってロールしないと

遅れて間に合わない、通常のスピードとは

当然変えなければならないのです。

しかしそれをやるとタイミングがバラバラになる。

うまい方法、感覚がわからない・・・。


 しかーし、

超簡単に最大限のコックと彼のレッスンを再現、

体感する方法があるのです!!

誰でも5秒で楽勝で再現、実感出来ちゃいます!

次回、そのノウハウ

本邦初(多分、きっと)公開!

乞うご期待です!!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

中高年にも出来る飛距離20ヤードアップの秘訣

 “中高年にも出来る飛距離20ヤードアップの秘訣” 

というドリルが宮里優ティーチングプロの

『宮里流30のドリル』ていうレッスン書にあります。

他のレッスン書とちょっと異質なのでたまに見ています。


吟じます。引用します。


『トップまでは意識的に右手は殺し、・・・・・・(中略)

切り返し以降はいよいよ右手の出番です。

ハーフウェイダウンでコックをとき始める瞬間から、

添えるだけの状態だった

右手を積極的に使ってクラブを走らせる。

いつも言うように、手だけでクラブを振るのは間違い

腰の力強いリードの手助けが必要です。




テークバックは左手一本で上げ、

ハーフウェイダウンからは

右手で積極的にグリップをターンさせる。


これが、ヘッドスピードを上げるコツだ。

その上で覚えておきたいが、スイング中

ヘッドスピードを上げられるのは一ヶ所だけ、ということ.


その一箇所をどこに設定すれば

一番玉を遠くに飛ばせるのか?

それは、インパクト直後からグリップが

左腰に来るまでの約45度の三角地点。

ここでクラブが空を切るビュッ

という音を出す事が望ましい。』




ここで問題なのは、

“ヘッドスピードを上げられるのは一ヶ所だけ

インパクト直後からグリップが

左腰に来るまでの約45度の三角地点。” 

としています。

インパクト以後しかヘッドスピードを上げられない

と言っていますが、

ところがどっこい、

“ハーフウェイダウンでコックをとき始め・・・・、

腰の力強いリードの手助けにより・・・・、

右手で積極的にグリップをターンさせる。

これが、ヘッドスピードを上げるコツだ。


とも言っているのでハーフウェイダウンから、

の腰リードと右腕を調和させて積極的に使えば、

飛距離アップすると言う事でしょうね。


うーん、あまり極端に言われても困るなぁ。



そのあと、

“右手はスイングの破壊者である”

とお決まりのベンホーガンの引用後、



“しかし、私はスイングを通して

右手を殺す必要はないと思っています。

ダウンでグリップが右腰の真横に来るまでは、

コックを解かずに我慢するのがタメを作るコツ・・・・

それ以降は、右手でグリップを返す、

いわゆるリリースの動き


がヘッドを加速させる大きなポイントになる。

決してボールを叩きにいくのではなく、

ハーフウェイダウンから右手のコックを解き、

てこの要領でグリップをターンさせる 
のです。”


非常に解りにくいですが、

結局、まとめると


1、ダウンでグリップが右腰の真横に来るまでは、

コックを解かずに我慢するのがタメを作るコツ


2、腰の力強いリードの手助けを利用して、

ハーフウェイダウンから右手のコックを解き、

右手でグリップを返す、

これは、決してボールを叩きにいくのではなく、

いわゆるリリースの動きである。

また、右手のコックを解き、

てこの要領でグリップをターンさせる。


3、ハーフウェイダウンからの

右手の積極的なグリップターンが、

ヘッドスピードを上げる唯一のコツだ。



さらに、まとめると

1.ハーフウェイダウンまでコックを解くな(方法は触れていない)

2.その後、右手で積極的にリリースしろ。

てこの要領でグリップをターンさせろ。(???)


結局、収穫は 積極的なリリース 位ですかね。

これは、nakabe プロの完全にリリースしきる“下げきる”

と同じですね。

参考になったでしょ!?



この、てこですがコックの反動と言う事でしょうか?

良く解らんなー

また検証してみます。

あると思います。

これじゃあ、ダメか
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

全体の文字を大きくしました。

 本文の文字がさすがに小さ過ぎて苦情が出ましたので、

2ポイント大きくしました。いかがでしょうか?

まだ小さい?

私自身も小さくて見辛かったのですが本文部分が狭いので

まーいいかと、我慢して書いてました。

ほぼ、全記事の文字大きさ変更、

折り返し変更で半日かかりました。


 テンプレートも黒より白の方がいいかな?

でも、なかなか気にいった物がないですね。

特に毎記事で編集がないと面倒ですよね。

何で殆んどのテンプレートにないんだろう???

自分で変更できるかな、調べてみよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

バックスイングの始動のきっかけ

 バックスイングの静から動へのスムーズな切り替えの

きっかけは難しいですね。

私も色々な癖を治すのにずいぶん苦労しました。

皆さんも色々試行錯誤されていると思います。

もちろん、その人に適した上げ方と、スピードがあると思いますが、

最も再現性の高い基本を考えてみたいと思います。


 まず、バックスイングの始動のきっかけは

右足体重移動(右股関節)でほぼ異論はないと思います。

スウェイと右ひざが動かない、外部から動きが見えない、

股関節への静かな体重移動がきっかけとなります。


 再現性を高めるためには、アドレスに入ったらルーティーン通りに、

無駄な動きを一切省き、シンプルが当然理にかなっていますよね。


 アドレスが決まったら、目標を一回だけ確認してスタンスは変えない。

アドレスしてから横目に目標を見ると必ず違和感が出ますので、

弾道イメージと目標地点をチェックして終わり。さっと見て終わり。

絶対に動かないという習慣を、まず、つける事をお勧めします。

最初は困難ですがその努力をしてみてください。

そのためにアドレス前に後方から確実に方向、目印、

スタンスのチェックを心がけるのです。


 目標確認したら、体はふらふら動かないで一瞬静止してから、

スッとソール。腕以外体は静止してポジションを取るべきです。

レッスン書では良く動き続けろと言います。

非常に語弊があり体全体を必要以上に動かしすぎる人が殆んどです。

私もそうでした。プロからしつこく言われました。


 ソールした瞬間に流れるように右股関節体重移動開始。

同時にテークバック開始。

この流れを一度練習して身に付けてください。

躊躇なく素早く、静かに、流れるように、リズム良く上げる事を心がけます。



 一連のルーティーンが流れるようなリズムとテンポでできるようになると

体に染み付き、再現性がどんどん高まります。

ショットのイメージへの集中力が高まります。

全身の神経が集中し、全身の筋肉がイメージ通りのショットの

再現をします。

ミスしても全身の神経の学習効果が高まります。


 超上級者のアドレスからはオーラが感じられます。

これは、無駄のない流れる様なルーティーンと、

静かなアドレスから、集中力が溢れ出るからでしょう。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

プリショットルーティーン (preshot routine)の重要性

 タイガー・ウッズは父親からプリショット・ルーティーンを教わりました。

そのお陰で初めてのジュニア・トーナメント優勝を果たしたと

当時タイガー本人が語っています。

また、タイガーは自分のグッドショットの理由の1つは

このルーティーンにあるとも語っており 

なんと今でも、ジュニア時代のプリショット・ルーティーンを

守っているのです。



それほど大切で奥が深いのです。

 
 プリショット・ルーティーンは、なぜ大切なのでしょうか?

そうです。 どんな場面においても乱れぬ

不変のリズムを維持するためです。


恐らく多くの方は、極度に緊張する競技ゴルフ以外必要がないものと

考えられ、その本当の効果に気付かれてない方が殆んどだと思います。

実は上達に欠かせない非常に重要な理由があるのです。


 プリショット・ルーティーンは人により様々ですが大方決まっています。

私のケースをご紹介します。

パター、アプローチ以外、殆んど同じルーティーンが必要になります。

ボールに近づきながら、方向、球筋、落とし所、スイングの

全てをアドレス前にしっかり決めてイメージします。

アドレスする前に殆んどの作業を終了していなければいけません。

自分の打順になったらターゲット後方からポジションに入ります。

(Tee groundではTeeupして)ボールの1m位先に

目先のターゲットとなる目印を見つけます。

3m位下がりボール、目印、ターゲット、

それに平行なアドレスのラインを確認します。

そして、球筋のラインを空にしっかり描き、

ターゲットとなる落下点までを可能な限り強く

イメージし集中します。

球筋に合わせて素振りを軽く2回入れます。


 ここで思考はもう終わり。

ここから先は無意識な状態になります。

ボビー・ジョーンズは

『構えたら心配するには遅すぎる』と揶揄しています。

無心になり球筋のイメージを崩さないように、

機械的にルーティーン通り動くだけです。



4、5歩のステップで、毎回同じ歩き方でポジションに入る。

右手でセット、左足、右足とスタンスして

2秒間ぐりぐり足場を固めて重心を落としながら、

ボール上でグリップして軽くワッグルして上体力み抜いた後、

目標を一度だけ確認、体全体静止し、静かにスッとソール、

ソールして即、流れるように右股関節、右足母指球辺りに

体重移動しながら、スッとテークバック開始。


とにかく、アドレスに入ったらルーティーン通りに、

無駄な動きを一切省き、躊躇なく素早く、静かに上げる事を

心がけます。これは非常に大事なことです。

以上が私のプリショット・ルーティンです。


 私がプリショット・ルーティンが大切だと思う理由は

1、 正しいショットメイキングの為の不可欠な手順だからです。

アドレスに入る前に必要な準備を全て整えなければなりません。

自然とその手順が身につき、無意識に体が覚えれば

不注意なチェック漏れによる不要なミスが格段に減ります。



2、 手順の多くを無意識に機械的に行える事により、

大切なイメージへの集中力が増します。

集中力が増加すると全身の再現性、学習効果が高まります。



3、 マナーの点で不可欠です。

殆んどの上級者はスピーディーです。

きちんとした歯切れの良いルーティーンは

同伴者にとっても心地よいものです。



  
プリショット・ルーティンは競技者の要件

だと思われている方が多いと思います。

しかし、そうではなく全てのゴルファーの

スコアアップのための必要不可欠な条件なのです。

ぜひ、今のうちに練習場でも取り組んでみてください。

マナーもスコアも必ず変わりますよ。


ショット直前の集中力の強さは、超上級者ではオーラを感じます。

これは全ての動きに無駄がなく、滑らかで、静かで、

極限まで集中している様子が、

見ている者にも伝わってくるからだと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ソールした瞬間(約1秒)にスイングを始動をするんです

 また、nakabe プロのお宝レッスンのご紹介です。

ゴルフ スイング レッスン お悩み相談室 GOLFの解体新書 

スイング始動で大事な5ミッションとは?


からの引用です。

これは90%以上ののアマが確実に出来ていません!!

簡単なことですが、ひじょ―――――――に大事です。


このレッスン私自身凄く思い出があるんですよ。

昔の私の恥ずかしいスイングのかずかずが思い出されました。

楽しい記事仕事サボって書きますね!!


一部引用させて頂きます。



『(省略)
  
ここからが大事なところです。

少しの間、「シックリくるまで」もじもじワッグルをして、

しっくり来た時点で

ボールの直ぐ後ろにクラブヘッドをソールします。

但し、ソールした瞬間(約1秒)に
 
スイングを始動をするんです。

ヘッドを地面に付けた瞬間にクラブを振り上げる感じです。 

  
ビギナーやアベレージゴルファーは、
  
ヘッドを地面にソール(アドレス)してから
  
何秒、いや長い人では何十秒と体を固めています。

これは絶対にしないほうがいいです。

体が不自然に固まってしまうので、

してはいけない行為と言えます。







全く同じことを、昔教わってるツアープロから言われました。

彼はツアー優勝してる、今だに現役選手です。

結構、けちょんけちょんに言われ、かなり厳しいですが本音です。

ラウンドするたび、ショットするたびに同じ事しつこく言われました。

相当しつこく言われたおかげで完全に習慣付ける事が出来ました。

そのとき言われたことが3点あります。

これ面白いですよ。結構みんなやってますよ。


1、バックスイングのきっかけとしてのフォーワードプレスはするな!!

わざわざスイングを壊すだけ。直前の形を体が記憶していまうため、

異常なハンドファーストのオープンフェースにしているのと同じ事。

それに、素人くさいから止めろ、かっこ悪い、ダサい。


“ かっこ悪い ” に極めて敏感に反応した私は即座に止めようとしました。

でも、これも数ラウンド毎ショットけちょんけちょんに言われるまで

直らなかったですね。癖は怖いです。

実際、フォーワードプレスは諸悪の根源でもありました。

少なくとも、私にとっては最悪でした。

安易に薦める奴が理解できないですね。やられました。

絶対にやらない方が良いですよ。

ソールして即座にすっと右体重移動でスタートです。

すっと、静かにスタートです。鉄則です。



2、 ソールしたら直ぐバックスイングしろっ!!

何で固まってるんだぁ!?

ゴロキチ “えっ、いや、こうやって、あーやって、こうしなきゃて、考えてました・・・”

そもそも、マナーとして同伴競技者の迷惑だ、

それに、打つ前に全部考えて、決めろ!!

方向もスタンスもイメージも打つ前に全部決めろ、

素振りも多くて2回にしろ!

先に決めていたアドレスにすっと入ったら、

足場を決めて、直ぐソールして、即座にバックスイング。

ぐずぐずしてるからどんどん右を向いていくんだ。

イメージもどんどん狂ってくる。

体が固まって動かなくなってくる。

大体、打つ前のイメージがベストで、

アドレスに入ってからは何も考えないで、

イメージのままに即打つ方が絶対に結果は良い。

何度も毎ショット言われました。

迷惑、ださい、かっこ悪い、トップアマでもそんな事してる奴は居ない

と散々言われ続けました。

そのおかげで数ヶ月で直りました。



3、ワッグルも玉の上で少しで終わり。

何度も玉に向かってワッグルするのは最悪でかっこ悪い

当てる事に必死の、どシロート丸出し、

インパクトで止め様としてるのと同じ事、

プロでそんなワッグルしてる奴はいない、

ダサすぎて、見てるほうが恥ずかしいから絶対にするな!!



でも良くやりますよね、アドレスしてからハーフウェイまで

バックスイングしてボール直後まで行ったり、来たり何度も

軌道を確認する作業。私もしっかりやってました、何度も、気が済むまで。

ちゃんと当たれよー、ちゃんと当たれよー、て言い聞かせながら。

これって、やっぱりダサですね。


自分の事だ!やばい、解って良かった、すぐ直そうと思ったら!


この、3つはしつこく言われて直されましたね。

今、思い出すとあの頃は面白かったですね。

でも、このプロが居なかったら私は続けていたと思います。

本音でダサいって言ってくれる人大切ですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

インサイドアウトの癖の恐ろしさ

 多くのレッスン書はインサイドアウトを奨励します。

その結果、必要以上にインサイドに引き過ぎたり、

アウトサイドに振ったりする癖が身に付いてしまいます。

私も昔そうでした。

一人では気付く事も、直す事も難しいです。

私はバックスイングをインに上げ過ぎていた事を、

違う年に、2人のプロに指摘されました。

一度直したつもりでもまた指摘されたのです。

その後さらに、アウトに振りすぎる事を

別のプロにも指摘されました。

要するに自分の意識と、理想とは全くかけ離れて違うのです

本当に恐ろしい事ですよ。

ナイスな解決法がありますよ!! 


 伊沢利光選手が活躍して彼のスイングとフェードボールが

見直された時、ストレート・イン軌道がブームになりました。

12年位前に私が米国にいた頃習っていたレッスンプロも

その頃の私にとっては、とんでもなくアウトサイドインの軌道と

思えるスイングに直されました。

しかし、振りぬきが断然良くなりました。

フェードの良さを実感しました。


 その後、日本で一時仲良くなったツアープロも

ストレートインに改造中で、

“同じツアープロでも伊沢選手を間近に見ると本当にすごい!” 

と驚き、スイング改造しないと自分の未来はないと感じ、

本格改造を決心したそうです。

自分でも恐ろしい位、アウトサイドインに感じる軌道だ

と本音を言っていました。

ツアープロでさえそうなのですよ!!



 以前書きましたが、バックスイングで右足踵加重だと

インに上がります。

右足甲の指側に加重するとインには引けません。

また、腕で上げたり、コックが早すぎてもインに引き過ぎます。

私は胸で上げます。肩をまわす意識を持つと

肩に余分な力が入り易くなります。



 私にとって、その他に非常に有効だったのは、

ホームコースの練習場での

1,000本アプローチです。

非常に効果的
で何度かやりました。

ラウンドしないで朝からずっと30y以下のアプローチ練習をやります。

毎ショット、必ず打点、高さ、距離、スピン量、ラン、

を強くイメージし、軌道を描くことがポイントです。

フェースのどの部分で、ボールのどこを、

どれ位の入射角で打ち抜くか、

振り幅ではなく、インパクトの強さで

距離とスピン量をイメージします


体重移動等の余計な要素を取り除くためにスタンス幅ゼロにします。


 例えば、距離は10ヤード、高さは人の頭より低くバンカーを超え、

グリーンのエッジから3ヤードあたりに落として急激なスピンで止めると、

イメージじ、実際に仮想の弾道を描きます。

出来るだけ強くカツンとインパクトしぎりぎりまで突っ込む。

そして、出来るまで同じことを繰り返して打ち続けます。

 
 できたら、スピン量を変え、ランを変えます。

次は、高さを変えます。

そして、距離を変えます。


 これを続けていくとスピン調整、弾道の打ち分けが非常に楽しくなります。

縦のスピン調整が出来れば横も解ります。

するとボールとのコンタクトのイメージが非常に鋭くなります。

嫌でもストレートインのダウンブローになります。

オーバースイングでインパクトで緩めたり、

振り幅で調整したり、フォローで運んだり、ソールを使ったりする

あいまいな “ 鈍い ”イメージなどなくなります。

スピン系ロブショット以外、ダフリなど無縁になります。




 すると、問題となるインサイドアウトの軌道は全ショットで消えます。

アプローチがスイングの基本だと言う事が、

よーく解ります。

一度、1,000本アプローチトライしてみてください。

ゴルフ人生変わりますよ。



 パターも同じです。

でかくて、重くて、不細工で、邪魔なパターでは

一生鋭敏なインパクトの感覚は身につきません。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

マスターズゴルフ 片山晋呉 4位! ハイライト & インタビュー

晋吾ちゃん、やってくれました!!

4日間本当にお見事でした。お疲れ様です。

最終日に3つ伸ばして首位に2打差まで追い上げとは

日本人としては稀に見る素晴らしい最終日でした。

マスターズで日本人史上最高成績おめでとうございます!!

やってくれそうな気配はありましたね。

タイガーもミケルソンも破ってしまいました。

努力の成果ですね。

やれば、出来るんだ!という事を証明してくれました。

しかも、今田竜二も大健闘!!

いよいよ今期天才が目を覚ましたようです。

今回出場の3人は日本のゴルフ界の歴史を変えてくれるでしょうね。

日本人にとって過去最高のメジャーでしたね。







THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ヘッドの最速位置をどこに意識すれば正しいスイングが出来るのか?

 今日も ゴルフ スイング レッスン お悩み相談室 GOLFの解体新書

nakabe プロ の非常に参考になるレッスンを御紹介します。

前回の、低く長いインパクト に続き、

今回は、意識すべきヘッドの 理想の最速位置 はどこか? です。


 あらゆるレッスンで言われている内容で、殆んどの方がご存知でしょう。

そうです。インパクト後のフォローを最速にする意識です。

誰でも知ってます。でも、出来ません。

なぜか? 意識の持ち方が、ほんの僅かに違うからです。


では、早速一部引用させて頂きます。



『1. 「実際」 (現実)と 「意識」とは、必ずしも同じとは言えません。

  「くい違う」という事をよく把握しましょう。

2. 実際、現実でのクラブヘッドの

 「理想の最速位置」は当然インパクト直前です。


3. もし、人がその2番の位置を意識してクラブを振った場合、どうなるのか?

 速度測定器でクラブヘッドの最速の位置を計ると

 その理想の位置より30センチも50センチも

 手前(後方)になってしまいます。

4. 人はその位置を目標にスイング、クラブを振っている

  にも関わらず、そのかなり手前でヘッドスピードが上がってしまい、

  肝心の場所ではヘッドスピード(スイングスピード)
  
  が落ちてしまうのですね。


5. 試しに、ドライバーでボールの50センチ手前、

  その部分だけが最速になるように

  ボールを打ってみてください。

6. 今度は逆に、ボールの50センチ先(ターゲット側)が
  
  最速となるようにショットしてみて下さい。

  結果は明らかに後者のスイングのほうが
  
  ボールは遠くへ飛びます。

7. よくレッスンなどでは「ボールの10~20センチ先で
  
  ヘッドスピードが最大になるようにスイングする」
 
  とありますが・・

  私はそれでも全然、持つ意識としては早すぎると思います。

8. とりあえず石川 遼プロの中学時代のスイングを見てみましょう。

 どの部分が「最速に見える」かじっくり観察してください。

 (映像省略)

9. 見えましたか?

 そうです、スイングが終わりに差し掛かる

 「フォローで、シャフトが水平になった位置」

 この位置が最速になるように
 
 イメージしてスイングすることです。


 アベレージゴルファーはボールの手前に意識がありますが

 スーパージュニア・プロなどとは、かけ離れたところを

 イメージしている事に殆どの人は気づいていないんですね。

 もしかすると、彼らは

 「もっと先をイメージしているかもしれない!」
 
 と思わせるようなスイングをしていますよね。
 』


確かにこのビデオを見るとフォローのハーフウェイ、

シャフトが水平になるまで加速させているように見えます。

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

インパクト後のもう一押し、粘りのある低く長いインパクトの実現!

 今年の最大のテーマのひとつが、

風に影響されない球筋を打ち分けることです。

インパクト後にもう一押し、粘りのある低く長いインパクトを

実現出来れば、風に影響されない低く強い玉筋を

もっと自在に打ち分けられたら、

これまでとは全く違う戦略が組み立てられます。

風に流され右往左往し、吹き上げられて大ショート

では戦略は立てられません。


 粘りのある低く長いインパクトを実現するにはどうしたら良いのか?


昨日、私のお気に入りの nakabeプロ のレッスン

ゴルフスイング・レッスン・お悩み相談室 ゴルフの解体新書

低く長いインパクト? 
 に大きなヒントがありました。


この感覚はアマにとって非常に大きいですよ!!


以下レッスンを引用させていただきます。



『1. ドライバーで行う前に短いアイアンで

  その仕組みを理解する事が先決でしょう。

2. それは・・

  「下げきる」という言葉にその意味が隠されています。

3. 殆どのアベレージゴルファーのスイングでは

  ボールにコンタクトした後、

  直ぐにクラブヘッドの軌道が上昇しています。

4. このような動きでは

  スピンの効いた球筋や、捕まった強い球が

  いつまでも打てないのです。

5. また、ターフが取れるようなショットや

  ダウンブローもある意味

  「低く長くインパクト」する動きになります。

6. ではそれを実現するには?

  両腕を伸ばす?

  それでは打てないでしょう。

  無理に低く、長く出そうとしてもスイングが

  乱れるばかりです。

7. その仕組みを正しく理解する必要があります。

  どう意識して、体をどう動かせばヘッドが

  低く長く動くのかを把握する必要があります。
  
8. それは インパクト以降の  リストの動きなんです。

  リストコックが完全に最後の最後まで

  開放できていないから、クラブヘッドは直ぐに

  上昇してしまうんです。


9. 考えて見てください!

  リストコックの動きがない腕でスイングすれば

  インパクト以降は即、ヘッドが上昇して

  当たり前だと思いませんか?
  
  回転運動、円運動なのですから当たり前の事です。

10. ですから殆どのゴルファーはリストコックを

   インパクトでアドレスの形に戻しているだけで

   フォローでは直ぐに上方向にコックする動きに

   なってしまっています。

11. リストコックを
  
   最後の最後まで開放しきっていない!」のです。


    「開放しきる」とは?

   アドレスの形に戻す!事ではないのです。

12. アドレスのグリップで右手の人指し指を曲げずに

   伸ばしてみて下さい。 斜め下を指していますよね。

   開放しきった状態では、この人指し指は真下!

   そうです垂直に立つんです。(ここまで開放しきる意識です)

   それはフォローで手が左ひざの上の手前に来た時です。
   
13. 12番の動きが出来ないと

   低く、長くヘッドを出す事は出来ないのです。


   この動きが出来ないまま、半数以上の人がゴルフから

   去っていくのです。

   このことが正しく理解できるか、出来ないか?でしょう。

   ご健闘、ご活躍を期待しています。 

   この基本を取り入れているのが「縦理論」です。』


以上、nakabe先生のレッスンの引用です。


宮里家のお父さんがいつも言っている基本、

サムダウンの違う表現ですね。

サムダウンと言う表現は、どうしても左親指を

加圧してヘッドを下げる意識
になります。

そうなるとアマにとっては力加減と言う極めて再現性の低い

作業になり、益々スイングを複雑化してしまいます。

更に、サムダウン、伸ばす、押すと意識したとたん手首が硬くなります。

その時点で、そのアドバイスは却下になってしまいます。


 しかし、同じことを nakabeプロはコックの完全な開放と仰ってます。

この表現だと、逆に脱力になります。手首は柔らかくなります。

プロのブログにビジェイ・シンの典型的ショットが

ヒントとして載っています。

明らかに脱力ですね。

これなら十分取り入れられますよ!!

同じ動作でも意識の持ち方の違いで体の動き方が全然変わります。

サムダウン、伸ばす、押す、は力みが加わりますが、

完全解放と意識したとたん、結果的に同じ動きでも逆に力は抜けます。


 
 整理しますと、出玉の角度を低く調節して強い玉筋

自在に打つためには、低く長いインパクト、

すなわちインパクト後のもうひと押しが必要になります。

これを実現するのが、右ヒジの余裕と、コックのタメです。

押すと言うと力みがでて難しくなりますが、

余裕部分の自然の伸びですね。

殆んどのひとは、ここを理解していないのでインパクトで既に

伸びきっていて、もう伸びしろがない状態です。

そうなると、押せません。パワーを出し尽くした状態になっています。


 ビジェイシンは更に右グリップを指先ににかかる程度まで離して、

さらに伸びしろを作っています。

さらに、外人の腕はとにかく長い!190cmの白人、黒人だと170cm代の

日本人より10cm近く長い。

これが、我々と比較にならない圧倒的に長いフォローを可能にしています。

 これが 「下げきる」 だったのですね。



しかし、コックの完全解放となると、

やはりドライバーとアイアンショットは完全に別物か?

と言う問題にもなりますね。


続きは後日。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

どう!どう!? 超キレイでしょ? TZ7で撮った光学12倍ハイビジョン動画 YouTube に Up しました 簡単あっという間ですよ!!

 娘の入学式が無事に終わりました。

この前幼稚園に入ったと思ったら、

あっという間に小学校校です。

月日が流れるのは早いですね。

自分も負けないように成長しないと、

頑張らないといけないですね!


 昨日もあまりに天気が良いので連日の花見です。

TZ7で撮ったハイビジョン動画を YouTubeにupしました!!

どうです!?右下の赤いHDボタンを押して見てください。

コンパクトデジカメでこの光学12倍ハイビジョンムービーですよ!!

技術の進歩は凄いですねー。



 HDでYouTubeにアップしました。凄く簡単でびっくりです!!

ただ、カメラの付属ソフトでPCに取り込んで、

YouTubeでマイ動画無料登録して、

YouTubeサイトの“動画をアップロードする”

から入ってファイル選択するだけ。

AVCHD Lite Fileのままで変換しないで

あっさりアップできました!!そのあと最適な動画フォーマット 選択。

解像度 720p のサンプル動画をストリーミングするには、

こちらのリンクをクリックし、プレーヤーの右下にある [HD で表示する]

というテキストをクリックします。

これだけで自由にハイビジョン動画アップできます!!感動!!

 
 ごる吉さん、バンクーバーの奥地に桜ありますか?花見できます?

DCはいっぱいあるんですよね。

なかったら、これ見てスモークサーモンつまみに

カナディアンビール飲んで下さいねー!!

お花見ハイビジョンビデオ 光学12倍 新浦安市 美浜公園 2009/04/06 1


(ハイビジョンムービーを2つアップしたら

ブログが重すぎて動かなくなりました。

もう一つはリンクにします。下の方が少し長いビデオです。)
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

トップの 間 とは何ですか?  by nakabe プロ

 私のお気に入りの、ゴルフのぶろ友(自分がそう思ってるだけ?)の

nakabe さんは、PGAティーチングプロです。

毎日、ブログを拝見させて頂いておりますが、大変参考になります。

こちらがそのブログです。

ゴルフスイング・レッスン・お悩み相談室 ゴルフの解体新書

アマの盲点を突いた鋭いレッスンが多く、

文章、表現が非常に解りやすいです。

殆んど毎日更新されおり、レッスンに対する情熱が伝わってきます。

ぜひ、覗いてみることをお勧めしますよ。


 我々アマにとって、

トップの 間、と タメ は非常に難しいテーマです。

多くのレッスン書で限りなく語られてはいますが、

確固たる定義も、効果的な練習方法も殆んど見当たりません。

むしろ、レッスン書によって振り回されている事の方が

多いのではないでしょうか。

以下、nakabeコーチのレッスン 大事なトップの間?の引用です。




“ゆっくりスイングすれば溜めが出来る!  というものではありません。

ツアープロ達のスイングはアマチュアゴルファーが

想像している以上に速いです。

もちろんトップで一瞬の間を作ると

一般ゴルファーでも溜めを作りやすいのは事実ですが・・


本来はトップで一拍おいてスイングする事が

良いのではないんですね。


上級者はトップで間を作るのではなく、

バックスイングでクラブを上げていく上半身と

トップからダウンで先に腰がターゲット方向へ

移動しながら回転(捻転からの開放)する下半身での

「捻転の差」を上手く作っているのです。

そして切り返しでリストコックをすぐに

リリースしない動きも大切です。


ですから本来はトップで間、などは要らないのです。


「上半身と下半身に大きな捻転差を作る」事さえ出来れば

トップの間などは必要ありません。


逆に言うとトップでいくら間が出来ても、

ドアスイングのように肩と腰が一緒に回ってしまい

肝心の捻転差が作れなければ なんの意味もないですよね。


こういったゴルフスイングの理屈や構造、そして仕組みを

理解しているのと、その重要なことを理解せ

ずに練習を重ねるのでは、

雲泥の差が出て当然といえば当然なんです。


片方ではどんどん上達できますが、

もう一方では悪い癖を身体にしみ込ませるばかりで

途轍もない遠回りをしてしまいます。

理に適った正しいスイングを早く身につけましょう。”




どうですか?

この部分ですね、

上級者はトップで間を作るのではなく、

バックスイングでクラブを上げていく上半身と

トップからダウンで先に腰がターゲット方向へ

移動しながら回転(捻転からの開放)する下半身での

「捻転の差」を上手く作っているのです。

そして切り返しでリストコックをすぐに

リリースしない動きも大切です。

ですから本来はトップで間、などは要らないのです。


ここが解らないと壁は突き破れません。

間とはいったい何なのか?

この本質を解らずして単に言葉通りに “ 間 ” と勘違いしてしまうと、

大変なことになりますね。 

この 間 と言う言葉はゴルフでは大きな語弊を呼ぶ言葉です。

 
 間を作るためにも、私は左べた足が鉄則だと思っています。

左踵を上げるメリットは全くないと思います。

飛距離においても、正確性においてもデメリットのみでしょう。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

Green On 続編

Green On HP http://www.greenon.jp/

2グリーンにも全て対応しているみたいです。

精度はなんと誤差2.5m!!

距離が分かるのは、殆んどあらゆるハザードまで、

グリーン中央・前後エッジ、

ドッグレッグコーナー、全ショットです。

誤差2.5mで距離が分かると、

自分のゴルフが完全に変わると思います。

実践での自分のクラブ毎の飛距離が完璧に分かります。

毎ショット距離感覚が鋭敏になり、

集中力が間違いなく向上すると思います。

継続使用により確かな距離感が身についていくでしょう。

前後の距離のミスがなくなればグリーン周りが

良くなりスコアに直結します。

慣れないコースでグリーン奥が完璧に分かると楽ですね。


近い将来はグリーンのアンジュレーション

まで出ちゃうんでしょうね。

で、誤差ほぼゼロになってパットで

50cmスライスとか喋っちゃうんでしょうね。


問題の競技での使用は、

“ゴルフトーナメント委員会やゴルフ場がローカルルールで

グリーンオンの公式競技での使用を認めることができます。

ローカルルールでの承認がない場合でも、

公式競技ではないプレーでは使用でき、

そのスコアをハンディキャップの

申請に認められています
。”


ということです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

グリーンオンちゃん、がやってきたー!!!

来た、きた、きた、きたっ!!!第一印象、小さいっ!!!

ボディーが小さいので、2.4インチの割りに画面がデカイ!!

写真で分かるでしょ。

スイッチ入れると、オーー、キレイじゃん!!

これマジいいよぉーーー!!! うれピーなー!!

これじゃー2度とモノクロなんて使えないのが良く分かりました。 

大きく、明るく、きれいで見易い。キレイ過ぎ。

で、おまけにお利口さんで喋って教えてくれるんですよ。


ど~お? うらやまひ~でしょ~? 

うっ、しっ、しっ、しっ、しっ!

これで、じじどもぎゃふんと言わせてやるぞ!

これで寝ぼけた距離の判断ミスもおさらばだぜい、ざまーみろ!
 


私の美しい手(へぼタコなし)は常人より

一回りでかいとはいえ、これは小さいでしょ。

先日買った最新、最高級 薄型 携帯 N-02Aが

厚さ12.9mm、106g よりサイズは全然小さく、

重量 90g(バッテリーを含む)と 重さも16gも軽い。

厚さは17mmなので、この携帯より少し厚いが、

普通の携帯と同じ位。

持った感じ質感は予想以上に宜しい。

防滴仕様で、剛性は高いです。

中にmicroSD512メガが入ってます。

データはHPで無料で更新可能。

どんどん増やしていくそうです。

私が行くところは全てカバーしています。

Green On HP http://www.greenon.jp/




日光の下でどこまで見やすいか明日報告します。

充電用アダプターも小型で、ゴルフ場に持って行って

ランチタイムに充電も十分可能。、安心、安心。

充電式なので前日に充電し忘れた時のために

車載充電器も用意した方が良い。

充電時間は3時間。連続使用時間10時間、そんなにもつのかな?

電池はねじではずすので予備を使うのは無理。

だめになったらメーカで交換。




 ちなみに、右のカメラは先日買ったパナソニック 

Lumix DMC-TZ7。 

こちらもテストで撮ったハイビジョン、

光学12倍共に凄くきれいでGOOD!!

室内でも広角25mmは全然違います。下がらなくていいです。


 下はe-Tax用に買ったソニーのパソリ。

個人認証、電子マネー用リーダ・ライタ。

このグリーンオンもEdyカードで、パソリを使って、

アマゾンでオンラインで買いました。

たまたま、8,000円分のEdyポイントがあったので、使いました。

しかし、最初アマゾンに聞くとEdy+カード決済が

出来ないと言う落とし穴発覚。

しかし、考えついたのが ギフト券。

アマゾンはカードでギフト券が買える。

先に必要なだけ買って(500円単位)ギフト券+Edyだと払えちゃう。

ウッ、シッ、シッ、やったぜ。 

これはアマゾンの担当者も気が付かなかったですね。


ちなみに、携帯の写真は秋葉のコスプレのオネエチャンの写真。

(ウソ、娘の写真)



付属品はアダプタ、透明のビニールのばねタイプのストラップ。

十分使えます。

あと、ベルト掛けのフックが付いた透明のプラスチックのフォルダー。

私はスイングの邪魔だからこのフックはきっと使いません。

ポケットの中でも音声でも喋って教えるので、(ボリューム問題だが)

多分ポケットに入れての使用が多くなる為、

液晶フィルター使用した方が良い。

以上、とりあえず自慢したくて急いで第一印象をお伝えしました。

(私はこのブログで紹介しているものは殆んど自分で買った物か、

買う予定のものですよ。)


 予想以上に左肩じん帯の損傷が激しく、

思うように練習も出来ません。

ドライバーの試打なんて当分先のような気がします。

それまでは、新し物、ハイテク好きなので、スイングの研究と

スコアアップ、飛距離アップの為の情報提供していきますね。

宜しくお願い致します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

Greenon グリーンオン 、ポチってしまいました!!!

 耐え切れずに買ってしまいました!!

GPSキャディー Greenon グリーンオン !!


今日、アマゾンからやって来ますよー。 超ー楽しみです!!

桜も満開、シーズン入り、10%ポイントで、も ――― 我慢も限界だ!!

これが、5下の 

Final Weapon だ―――!!! 

イッケェェェ―――、

ボチィィィィ―――!!!



  と、ポチってしまいました。

そりゃ、そーだわな、自分のブログの特等席に張って

毎日にらめっこしてんだから。

これで距離はバッチシ! これで完璧な距離感を身に付けるぞ!!





今度のゴルフは隣のホールにあっち、こっち、バン、バンぶち込んで

スタイミーから打って距離をテストしてみよう!!

ハザードも測れるから、気前良くバンバンぶち込んでやろう!!

ハイビジョンカメラも買ったし楽しみだー!!


それから、おNewのデジカメと携帯用のメモリ、

SDHC16G、microSDHC8GX2、

USB高速メモリ16G、メモリーリーダーも今日、

上海問屋からやってきます!!

もひとつおまけに、あっちもんのゴルフの本も

今日アマゾンからやって来ます。

最近、レンジよりPCの前に居ることが多いので、

もう春だし、ちょっとくらい、いいじゃんって、

   最近、気持ちよく あっち、こっち 

   ポチ、ポチ、ポチ、ポチ やってますよー。


困りもんですねーほんとに。 

もう、春物のアンダーアーマーも買わなきゃいけないし・・・。

ドライバーも変えなきゃ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ドラコン選手御用達グッズ

 靴下、インソールについて以前お話しましたが、今回は

FOOT PIECE(フットピース) です。

素足の状態で両足の親指と人差し指の間にフットピースを挟み、

それから靴下と靴を履いてください。

あとはいつものようにプレーするだけです。

FOOT PIECE(フットピース) 2個入 特別価格 1,780円 (税込)







 申し訳ありませんが、これは私は使ったことが在りません。

ドラコン選手で使っている人は多いです。

結構有名ですが、賛否両論です。

効果ある人は非常に良いと言いますが、

素足だと気になる人はダメだそうです。

しかし、リガードや5本指のソックスなら

違和感や痛みもないのでイケルと思います。

今度買って試してみようと思います。


 メーカーのコメントでは

『飛距離アップの理由1 地面を使ってパワーが出せるようになる。

異物を挟むことで足の指でがっちりと

地面をつかめるようになり体幹が安定。

飛距離アップの理由2 拇指丘の感覚が研ぎ澄まされる

拇指丘の感覚が研ぎ澄まされ、ダウンスイング時に拇指丘で

地面を強く押せるようになります。

地面からの反動で股関節が高速でターン。

飛距離アップの理由3 親指の力を使える

靴の場合は親指とその他の4本指が1つの力で地面を押しますが、

フットピースがあることにより

親指が独立してパワーを発揮できるようになります。

親指の力に他の4本指の力が加わり、

靴の場合よりも倍以上の力を出せるのです。』


と言うことです。

これを見てもやはり、

靴下は地下足袋風か5本指が良いことが分かりますね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR