ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

トップの間の作り方 2

 トップの間の質問が来てますが、

前回の説明では無理な方も多いみたいですね。

皆さんトップでどうやって間を作っていますか?

例えばトップで一度止まって、そこからほぼ同じ球を打てますか?

もし打てるのなら問題ないですね。

全然打てなかったら、そもそも間もできないです。


打てない人は、読んでください!

なぜなら、捻転はそのまま維持されているからです。

きちんと捻転を吸収できれば多少止めていても同じことです。


 スウェイ、オーバースイング、フライングエルボーは、

結局は同じことが違う現象で現れているだけで、

全身の締りが足りない結果です。

全身に締りが足りないから、捻転のエネルギーを吸収し、

蓄えることができない。

捻転を蓄えられないから、体を揺すって反動を使わないと

スイングできないのです。


 反動を使わない静かなスイングをしましょう。

フォーワードプレスなど反動の良い例です。

反動使うくせになります、絶対やめた方がいいですよ。


 トップで止めた状態から打てないということは

反動で打っていることの証拠です。

体を止めた瞬間、反動がなくなってしまうので動けないのです。

ダウンスイングができません。

その結果、腕力に頼るしかありません。

当然まともな球は打てません。

 
 上記の人が 間 を作ろうとすると必ず全身動きながら、

流れながら、間を作ろうとします。 殆どそうです。



 では、どうすればいいのか? 

右腕だけで間をとるのです。 体で間を作るのではなく、

全身しっかり止めて、右腕一本で間を作ります。

このとき右腕も完全に止まっているのですが、

ヘッドの慣性と引き合って立派に働いています。

それを感じ取って右腕一本で、動かさないで間をとります。

 

 このビデオのトップでは彼の全神経は確実に右腕にあります。

試してみて下さい。

わかるかな? 説明難しいなやっぱり。

分からなかったらコメントください。



かといって右腕で振るとか、右腕リードとか、

左腕をおろそかにするとか、

ダウンで右腕に力が入るわけではないですよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腰を切るの腰はどこ? 正拳突き Part2

 以前の未回答のままの問題でした。

腰といったら一般的に 「 腰椎 」 を思い浮かべますよね。

下の図のように腰椎はへその辺りから下方に

第1腰椎~第5腰椎があります。

第5腰椎は仙骨につながりその先端が脊椎最下部の尾骨です。

この図では第3、4、5腰椎が大きな仙骨につながっています。

骨盤


「 骨盤 」 とは仙骨とその周りの腸骨を指します。

「 股関節 」 はこの図では左右下に伸びている

大腿骨と腸骨の結合部分です。腸骨の一部です。

バックスイングで「 骨盤 」 は回しますか?

そうです、テークバックで回っていきますが明らかに

トップの前に右足、右膝、右脚、右股関節で骨盤の回転を

止めようとします。

右脚、右股関節に捻転のパワーを蓄えるのですから。

骨盤がズルズルいつまでも回って行ったら、右腰が逃げている

と指摘されます。


 では、ダウンスイングではどうでしょうか?

骨盤、腰椎を回したら肩もついて来て開きます。


 この感覚を体感する良い方法があります。

ゴルフスイングに極めて近い驚きの動きがあるのです。

空手の右正拳突きです。


4つの動作があります。

① 正拳突きの右腕の引きはゴルフのバックスイング

  と同様です。まず右腕を180度外旋しながら、

  右胸の横に引きつけます。腰が右に回り

  自然に右股関節で体重移動を受け止め

  ますが意識せずともスウェイなどしません。

  左足も当然自然にべた足のままです。 

  右ひざも正面を向いて不動です。



② 右腕を180度内旋しながら左足先に突いて下さい。

  正拳は肩甲骨から突き出す感じで突きます。

  大胸筋も使い締めます。硬くなるのが解ります。

  これはフェースローテーションに非常に近い動きです。


③ ②と同時に右足は左足方向にに直線的に押し込まれます。

  膝は前に出ず、右足甲中心、右膝、右肘、右肩の

  「黄金ライン」は維持され、右脚の押込みで腰を入れます。

  「腰を入れる」とは骨盤と腰を立てて押込む事です。

  右サイドの右腰を押込むというより中心の腰椎を押込みます。


  これによって体全体の体重とパワーが球に乗ります。

  左腰がスウェイしてしまっては全て無駄になりますが、
  
  正拳突きでは左スウェイも膝割れも起こりません。

  
④ 突きと同時に左腕は180度外旋しながら左胸まで

  一気に引きつけます。

  この左腕の引きが速く、強いほうが右正拳の突きは加速します。

  左に自然に体重移動し、腰が切れます。しかし、左股関節が

  閉まっており、また左膝も不同なため、左脚太ももが外旋した

  ところで、左腰の切れはとまります。

  従って腰の切れは45度以下の意識としてはほんのわずか

  イメージで、高速ではあってもあくまで結果的に起きるもの

  であることが体感できると思います。

  腰は入れますが、腰は能動的には切りません。

  回転運動では絶対にないのです。


  右腰を入れることにより更に下半身は強固になります。
  


空手の突きは直線運動です。回転運動ではありません。

ゴルフは野球のバッティングと同じです。

ただ少しクラブが長すぎるので回転のイメージを持って

しまうだけです。回転とイメージすると複雑になります。

直線運動が股関節のボールによって勝手に回転運動に

変換されるのです。

直線運動の方が遥かに強烈な回転力になります。


③と④によって、左股関節に体重移動が行われ、

右腰がしっかり入りますが、正拳突きでは

相当おかしな突きでない限り、自然に左股関節で前傾し、

左股関節で体重を受け止め、スウェイは起こりません。


右サイドの「黄金ライン」を維持するように、

左サイドも左膝は左甲中心のラインから下がらないため、

左腰は引けずにがっちり腰の後ろの壁ができて、

インパクト以降は空手の強烈な左引き手の様に左肩が後ろに回り、

頭も飛球線後方に下がる程になりその反動で右肩が前に

押し出されます。プロではよく見られますね。

以上が、正拳突きの超秘伝です。

ゴルフスイングの肝の多くを体感できます。



注:「黄金ライン」 便宜上私がつけた名前です。

体の横から見て、

足の甲の中心、膝、肘、肩が一直線上にあるのが理想です。

バックスイングとフォローでは左右肩が入れ替わります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

トップの間の作り方 1

 トップの間が出来ないとの質問が何件かきましたので

お答えします。

解れば極めて簡単なことです。

単に力で引き下ろさないことです。

重力でおちる状態まで待つだけのことです。

ただ、間ができるようになると [待つ] という不自然な

感覚はなくなりそれが自然なタイミングになります。 



腰の回転や腕力で引っ張り下ろしていると

重力で自然に落ちる感覚が掴めません。

それを 「重力による自然落下」 とレッスンでは言います。

もちろん、実際には重力のみでダウンスイング

していませんが、体感方法、イメージの問題です。


ただ、それだけで間が出来ます。



<写真①>
トップ 慣性力1

<写真②>
トップ慣性力2


 論理的に説明すると、バックスイングトップでヘッドには

進行方向にオレンジの矢印の慣性力が働いています。

その慣性力を右肘角度90度に維持することで受け止めます。

受け止めることによって「トップしなり」赤線 ができます。

しっかり受け止めないと慣性力が勝りオーバースイングになります。

その慣性力と逆方向に働く右肘の引き合う力、「トップしなり」の

しなり戻り等の力が青矢印です。

写真①ではまだ慣性力が大きすぎて自然落下できない。

写真②では自然落下できるほど慣性力は打ち消され

切り返しにより逆転する瞬間。

 要するに、

一瞬待てば、切り返しに要するパワーが格段に減る

だけのことです。

これを待てない人は力ずくで引っ張り下ろしているので

無駄にパワーをロスしているのです。

逆に言えば、常に力ずくで引っ張り下ろしているので、

自然落下の感覚を知らない、もしくは慣性力が打ち消される

瞬間が感じ取れないのでしょう。


 ただ、前回書いたようにトップしなりのできない人は、

だらだら慣性力がなくなるまでオーバースイングしている

訳ですから間はないですよね。止まった瞬間が切り返しです。

間ができる方がおかしいのです。

それでも間を無理に作ったらスウェイか更なる

オーバースイングで、リバースピポッドか、非常に無意味な

滑稽なスイングになります。


 私は、慣性力が打ち消される感覚は右肘にかかる圧力で感じ取ります。

右肘もヘッドも外見では止まって 「間」 に見えますが、

実は力が均衡する瞬間まで引っ張り合っているのです。


そして、均衡するタイミングを右肘が感じ取り、

切り返しをはじめるのです。

間を含めて既に切り返しに入っているとも言えますが。

ちなみに右腕のトップの高さは、私は右手が右耳の高さに来た辺り

を目安にしています。

その後惰性で少し上がり、ちょうど良い高さになります。



 クッシーさん、いつも拍手コメント有難うございます!

いつもお褒めの言葉を頂いて大変うれしく、また恐縮です。

おかげさまで忙しくても頑張って更新する気力が出ます。

感謝です!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

シャフトのしなりの解明 2

 5/27に書き加えました。

 シャフトのしなりの解明の続きです。

シャフトがしなる理由を慣性モーメントで解明し、

しならせる方法について解説します。


<トップしなり>
トップしなり
 
 まず、上級者は必ず 「トップしなり」 が出来ます。写真上参照。

トップで体全てに緩みがないからです。

「トップでの間」とか「静止状態」は議論の的になりますが

単にこの「トップしなりが」できるか、出来ないかだけです。

この「トップしなり」が出来ないと、「間がない」と言います。

従って、これを知らずして単に「間」だけ意図的に作っても、

副作用があるだけで無意味です。

間については下で再度触れます。
 

 まず、注意点を確認します。非常にたくさんありますが明快です。

① 下半身のスウェイ

② オーバースイング、シャフトクロス
  (コンパクト、レイドオフのイメージで良い)
 
③ 左肘曲げすぎ、緩む

④ フライングエルボー

⑤ 右肘90度維持

⑥ 左グリップ小指側しかっりクリップ

⑦ トップでシャフトは左親指の上の乗る

⑧ 右親指ショートサム(好みだが)と

  右親指と人指し指のV字でシャフトしっかり支える

⑨ バックスイングが遅すぎない

⑩ トップから45度は助走とイメージ

⑪ 正しい方向にコックする


 要するにグリップをトップで強固に支えられればシャフトに

ブレーキがかかります。 ヘッドは移動物体の慣性の法則で

移動を続けようとするので必然的に 「トップしなり」 ができるます。

 ではなぜ、シャフトのしなり に 「トップしなり」 が必要なのか?

それは「トップしなり」 が出来る状態ではと切り返しでダウンと

逆方向への慣性が働き続けており、切り返しではヘッドの

慣性モーメントが大きくなります。

すると切り返し後にさらに 「トップしなり」 は増幅されます。


 では、トップしなりを増幅し、ハーフウェイ以降のしなりを

拡大するための方法を挙げます。


① 「初期しなり」 を作る。下の写真を参照してください。

テークバックで「初期しなり」を作ると、

「トップしなり」に移行しやすくなる。 初期しなりを作るためには

前回までに説明したように、テークバック始動時に

スイングアーク(半径)を大きくして、慣性モーメントを

拡大させる必要がある。

「初動で30cm真っ直ぐ引け」とか、「手先でひょいとあげるな」

というレッスンでは 「初期しなり」 が拡大する意味もある。

 また、右肘をシャフト水平前に早々に曲げたり、インサイドに

引き過ぎたりしても、スイングアークが小さくなり、慣性モーメント

が小さくなるので「初期しなり」は出来にくくなる。

初期しなりjpg
 

② 切り返しと同時に下半身が沈み込み両足にタメを作る

と同時にグリップが下がり、「トップしなり」が増幅する。 

下の写真<トップからの沈み込み> 参照。

<トップしなり>
トップしなり

<トップからの沈み込み> 
トップしなり 切り返し


③ ダウンと同時に「トップしなり」のヘッドの逆方向への

慣性モーメントに任せ両手首をやわらかく使い、シャフトと

前腕の角度を90度以下の鋭角にして、タメを増幅する。

これにより、ヘッドはグリップに比べ遅れて、移動距離が

少なくなり静止状態で慣性モーメントが高まり、グリップとの

慣性モーメントの差により更にシャフトはしなりやすくなる。

 ちなみにこのヘッドが遅れる状態を、「ヘッドをおいてくる」、

とか、「間がある」、「トップでの静止状態」とよく言われます。


④ トップから45度経過あたりから、鋭角に余分に作られた

タメのリリースが遠心力と重力を利用して始まる。下の写真参照。

ここからは非常に高度で、後日また図解で説明します。


 切り返しから落下とともに左小指側のグリップをしっかり握り、

飛球線後方をさしていたグリップエンドを下に向ける。

同時に右腕を飛球線後方に押し出すイメージで、

右手首をテコに利用し、左グリップをヘッドの移動と逆に

ひきつける形になり、シャフトに大きな圧力がかかる。

このてこの応用はプロ、上級者に見られる。 



 下の写真①はトップから約45度の位置です。

私の言う助走を終えた、スイングのスタート地点です。

この時点ではトップから

写真①ではシャフトと前腕の角度がトップの90度より

さらに鋭角なタメを維持しています。

タメの作り方は

① ダウンと逆方向のトップしなりをつくり、ダウンでの

ヘッドの慣性モーメントを拡大する。


<写真①> 黄色の円軌道はグリップの軌道です。①と②で全然形が違いますが、②の方があってるかな。大雑把な目安です。
シャフト鋭角


<写真②>
急激なしなりjpg

写真②は慣性モーメント急拡大により急激にシャフトがしなる瞬間。

グリップがたった30cm落下するのに比較してヘッドの移動量は

倍位ある。

肝はグリップエンドの向き。 ①はなるべく飛球線後方。

②は一気に球方向に向いた。

そして写真では解らないが右腕も飛球後方にグリップを押す。

この説明もかなり複雑なので次回以降にします。 

宿題が多すぎるなー・・・。



 シャフトのしなりの体感方法はグニャグニャシャフトの

練習器具の使用により容易に体感できます。

実際に球を打てる物のほうが良い様に思います。

結構高いので中古のボロの女性用の一番柔らかく、

シャフトの長いドライバーでもいいかもしれませんね。

古いものなら500円くらいであるんじゃないでしょうか。


自分のクラブで無理にしならせようと意識すると、

間違いなくオーバードゥーの副作用が出ます。

しなりは結果であり、その量はプロでさえ個人差があります。

また、しなりを作り過ぎても、振り遅れ状態になり

インパクトでグリップスピードを下げる「しなり戻し」の

タイミングを合わせる技術的問題が出てきます。


 まず、練習器具でしなりの理論の体感と、タイミング、

リズムの習得が近道だと思います。


<写真③>
しなりが最高のポイント


 上の写真ではしなり戻りでヘッドスピードが

急加速しているのがシャフトの残像の長さで解る。

シャフトをしならせることが出来ないアーリーリリースの

アマチュアは残像が全く出来ない。加速しない。

従って、ヘッドが遅れていないのでグリップスピードを

減速する必要意もなく、むしろグリップスピードを上げないと

ヘッドを速く振れない。 いわゆるレートヒットにならない。

グリップスピードが速い人はしなりが少なく、

遅い人はしなり量の多いスイングで、リストターンが大きい。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スウェイの是非

 質問にお答えします。

スウェイの是非がよく問われます。

答えは、当然、両方ありです。 

問題は、意図的なスウェイはライと球筋に対応するために

必要であって、パワーを増幅するためではありません。

勢い余って意図せざるスウェイ、反動を利用するための

スウェイ、バンプは誤解です。


 ゴルフコースでは球筋、ライによって

実際問題毎ショット、ライ、球筋、クラブ、スイングを変える

ことを余儀なくされます。 ここで技術の差が現れます。

しかし、まずはとにかく、スウェイゼロが技術的に出発点です。

左股関節にしっかり乗り、左ひざが割れず、右腰が入れられる。

これが出来て初めて次の段階で微妙な調整、余裕が可能になります。

当然、スウェイして重心を大きく移動するショットも要求されます。

平坦な練習場のようなライだけならワンパターンなスイングでOKですが

コースではさまざまな対応が必要です。

 
 日本人プロが海外で活躍できないのはその対応力がないことが

大きな理由だと思います。

身体能力、パワー、身長の不足も、もちろん致命的に影響していますが。

単純なティーアップしたドライバーショットの飛距離だけは肩を並べた

ようにも見えますが、実際アイアンではパワー、対応力で全く比較に

なりません。 ドライバーは万振りと70%ショットほどの差でしょうね。

実際、2打目は2クラブ違います。

特にラフの脱出などは150Yと50Yと100Y位の差がでます。

しかも止めてきます。これでは勝負になりません。


 日本のプロは必ず芝生の違いを言い訳にします。

まさにそれが日本のゴルフスイング技術の欠点で、

芝生への慣れの問題にすり替えてられていますが、

実際は状況に応じたスイング技術がないのです。

平坦なフェアウェイからワンパターンなスイングしか出来ない

から芝生、ラフ、高速グリーンに全く対応できないのです。


 ショットメイキングの醍醐味は、困難なライから、

狙った距離、高さ、球筋、スピン量を調節できることであり、

これが本物のスイングにたどり着く道だと思います。

このレベルのスイング理論になると今度は基本と違って

当然方法論に個人差が出てきます。

だから、皆イメージ、言葉の表現が異なってきてしまいます。

 
 練習場でのナイスショットのスイングは出発点の基本に

過ぎないのです。 しかし、まずは基本と応用の違いを論理的に

しっかりと理解することが進歩への近道だと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

シャフトのしなりの解明 ①

 (写真のアップにミスがありましたので訂正しました) 

 スイングの全体像を語る上でシャフトのしなり抜きでは

説明できない動作がたくさんあります。

シャフトのしなりの原理を解明し、

しなりを有効に使うスイングを考えて見ましょう。


 我々の最終目的はシャフトのしなりを十分に作り、

インパクトでタイミング良くしなり戻し、シャフトの性能を

最大限に利用してヘッドを加速することです。 

 逆に、しなりを十分に作れず、インパクト前にしなり戻り

が終わり、パワーを全て出し尽くした後の逆しなりの状態

でインパクトを迎えることが最悪の状態です。 

タメを十分維持できないとこの状態になります。


 
 まず、シャフトのしなりを考える上で必要なものは

慣性モーメントの大小です。

慣性モーメントとは、物質の回転のしにくさを表す数値で、

同じ回転質量では回転半径の二乗に比例します。 

要するに、同じ回転質量ならば回転半径が大きければ、

慣性モーメントが大きくなり、回転がしにくくなり、

シャフトはしなります。

要するに、クラブをしならせるためには慣性モーメントを

大きくする必要があるのです。

しなり1

 上の絵で、トップから球を打ちに行き、タメをトップから解いた

シャフトの軌道が青で、トップのタメのままの状態が赤です。

回転半径の二乗に比例するので、シャフトの先端の回転半径を見ると

オレンジ>青>赤の順番でオレンジが最も慣性モーメントが大きく、

回転しにくく、シャフトがしなると言うことです。下の絵参照。

この場合、赤より青の方が回転しにくいのでしなります。

長尺のオレンジは更に回転しにくく、更にしなりやすいです。

逆に赤は最も回転しやすく高速で回転しH/Sが上がるのです。

ダウン初期状態ではシャフト先端の回転半径を小さくした方が

H/Sは上がります。

順しなり 逆しなり

 次に、逆しなりと、順しなりについて解説します。

上図上の青線とオレンジ線は 「順しなり」 といいます。

下の青線は順しなりがしなり戻った反動で出来る

「逆しなり」 です。

 青シャフトはトップからリリースして慣性モーメントを

大きくしてしまったので、早々にシャフトがしなり、

更に回転スピードは上がりにくくなります。

そして、その順しなりは作られたのが早過ぎたために、

インパクト前にしなり戻りのパワーを出し尽くし、

インパクトでは逆しなりになってしまいます。


 従って、しなりを作るためにはヘッドの回転半径を大きくし

=コックをある程度ほどき、慣性モーメントを大きくすれば

いいことが理解できたと思います。

では、目的のインパクトでジャストタイミングでしなり戻す

ためのアンコックのタイミングと方法、グリップスピードについて

 次回、図解で説明していきます。



<初期しなり>
初期しなりjpg

<初期しなりからトップしなりへの移行>
初期しなり逆に

<トップしなり>
トップしなり

<トップからの沈み込み> 
トップしなり 切り返し

 
 この沈み込みで下半身に蹴り上がるパワーが蓄積されます。

左地面に空手の正拳突きをするようなイメージに近いです。

右の突きと同時に左腕を強く引きます。

左足は腕と上体の下方向への加重のベクトルと反対に

地面を踏みしめ上に伸びます。

それらの動きの結果、左腰が切れます。

確かに速い突きの方が腰の切れは速いです。

しかし結果であり、先に腰を切ってみてください。

タイミングが合わず腰砕けになります。

思い切りやったらぎっくり腰になるかも。



シャフト鋭角


しなり最高ポイント


鋭角のタメが短距離の腕の落下で急激に開放され始め、

しなりが最高に至るポイント。

ぎりぎりまで我慢してきたタメが

ビジネスゾーンに入ってから、急激に開放されグリップの軌道と

シャフトの角度が一気に大きくなり先端の慣性モーメントが急増、

最先端のヘッドと手元の慣性モーメントの差が急拡大し

一気にしなる。


しなりが最高のポイント


シャフトが最も加速を始めた状態でシャフトの残像が最大になる

ポイントがここ。

両足踏ん張り、両膝が上方に伸びてきたのが解る。

腕が下がって、逆に膝は伸びる。 

この辺りから左脇閉めにより左グリップスピードが落ち

ヘッドは更に加速し、右脇は開放され右手が加速、

右手が左手を追い越しフェースローテーションされる。

するとフェーストゥー側は軸回転で更に加速する!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スウェーの防止法

 あなたはスウェーで悩んでいませんか?

あなたは股関節にきちんと乗れていますか?

正しいアドレスなら、簡単に、無意識に股関節に乗れ、

スウェーしにくくなることを存知でしょうか?


今回も急遽質問の回答で、股関節への乗り方と

スウェーの防止法について解説します。


 以前ご紹介した右肘のようにアドレスで既に

致命的に間違っているケースは非常に多いです。

今回も多くの方が間違っているかもしれません。


 スウェーとは、体重移動を意識するあまりに回転軸が

意図以上に左右に流れることですが、

殆どの方の場合スイングの問題ではなく、

アドレスの致命的間違いが原因です。

アドレスさえきちんと直せばかなり防げます。


 アドレスでの注意点は以下の5点です。

① 股関節、足の付け根での前傾 (最重要)

② 黄金ライン、インサイドエッジを守ること (必須)

③ 猫背はダメ 背すじ真っ直ぐ (必須)

④ 球から離れ過ぎるとダメ 

⑤ 重心を低く 



 ① まず、体重移動は股関節に乗ることが不可欠です。

股関節に乗るための最も大切なことは、

アドレスで股関節で前傾することなのです。


股関節での前傾とは足の付け根での前傾です。

かなりの方は骨盤の上の腰椎で前傾しています。

その方は今よりかなり下で前傾することになります。


 この理由は、股関節から前傾することによって

左右の体重移動で自然に股関節に乗れるからです。

股関節に乗る感覚は骨で足裏に加重する感覚です。

股関節は骨盤の一部です。体重を骨盤にかけ、

骨盤で股関節を、股関節で大腿骨を、大腿骨で膝下の頚骨(すね)を、

頚骨で足裏を押す感覚です。

 また、股関節で前傾することにより尾骨まで、

背すじが真っ直ぐになります。

腰椎からの前傾では尾骨まで一直線になることは

不可能です。

 
 前回説明した超ド級秘伝の肩、肘、膝、足の甲の中心

のライン(今後面倒なのでこのラインを 「黄金ライン」 

と呼びます。)は実は回転軸を維持するための

バランス維持の秘訣でもあるのです。

黄金ラインがアドレスできちんと出来て、

右足インサイドエッジに乗り、股関節で前傾すれば、

それだけで自然に股関節から外れる事はありません。 


簡単なのです。

 膝を曲げすぎて少しでもまえにでたり、アウトサイドエッジ

に乗ったり、肩が前に出ると股関節から外れます。

すると筋肉に余計な力が入るので直ぐに体感できます。

股関節に乗り、「黄金ライン」 を守れば左右のスウェイは

大幅に防ぐことが出来ます。
 
 また、後方へのスウェイもあります。

インサイドに引きすぎたり、骨盤を回しすぎて

腰が後ろに逃げるケースです。

重心が後ろに行き過ぎ踵加重にならないように

拇指球から土踏まずへの加重でバランスをを維持します。

脚と股関節で捻転と体重を全てがっちり受け止める

イメージがあれば後ろへのスウェーも防げます。


③ アドレス時の軸そのものに問題があります。

猫背で背すじが伸びていないとスウェイしやすいです。

股関節で前傾すると尾骨まで脊椎が一直線になります。

体重移動を右足真上への上体の移動ではなく、

右股関節への体重移動、右股関節での回転を意識して

テイクバックするとスウェーは減ります。


④ ボールから離れ過ぎるとスウェー

し易くなります。
ボールとの距離も縮め、上半身を

起こしフラットすぎる軌道をアップライトに修正する。


⑤ アドレスで重心を落とします。重心を低くすること

により、下半身が安定し回転軸そのものが安定します。



以上がアドレスでの注意点です。

以上全てをスウェーの原因と理解している方は

かなりの上級者でしょう。




 左右股関節内での体重移動ならば

回転軸が大きく移動することはありません。

軸移動、体重移動の為の動作も外見ではわからないほど

少ない動作で可能になります。


 そして、回転軸の上に重心があれば、

その慣性モーメントは最小となるため、

体を早く回転させることが容易になり、

ヘッドスピードが上がります。


 重心は体重移動だけでなく腕の振りによっても

大きく変わります。


バックスイングでは体重も腕も右側にいくと、

重心は回転軸から大きく右にずれていきます。

しかし、切り返しで逆に体重は左に徐々に移動して行きますが、

腕がまだ右にあるため重心は回転軸に近くなり、

慣性モーメントは小さくなり回転しやすくなります。

もしも、完全に右足体重のまま左への体重移動が不十分なら

重心は大きくずれ慣性モーメントが大きくなり

回転は鈍り、ヘッドスピードは速くなりません。

だから、一気ではなくても体重移動は必要なのです。



 また、インパクトに向けて腕が前に出るので重心は

前にも移って行きます。 

この重心移動により腰が前に出易く、前傾が崩れ易くなります。

この時、左腰が切れて左の尻が後ろに引かれていることにより

前後のバランスが維持され、前傾は維持されるのです。


棒立ち状態では想像以上に腕の振りの慣性が大きく

前傾は維持できません。


 また、どんどん長くなってしまいました。

スイングに働くさまざまな慣性モーメントは

実はスイング理論にとって非常に重要です。

これによって、これまでの謎が次々と解明されますよ!!

続きは次回です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右足の蹴りの解明

 また、質問が多数来ました。 一,二行でも良いので

お気軽にコメントお願いします。どんな初歩的な質問でも

全然かまいません。必ず返事書きますね!


 タイでのゴルフの第一人者 nagaichi さんタイでゴルフ友達になりましょ。

 と親しくさせていただいております。 タイのシニアプロの

プロテストのお話を伺いました。 ツアーに参加する気は

もちろんありませんが、世界各国のプライベートコースでも

メンバー扱いの厚遇でプレー出来るそうです。

今調べていただいておりますが、オーガスタもプレー可能とか!!!

将来、頑張って真剣に挑戦したいと思っています。

興味ある方いかがですか? タイゴルフはマジで極楽ですよ!!

タイで極楽ゴルフと、シニアプロ挑戦にご興味ある方は連絡くださいね。

いずれ私も今の会社で新規事業としてタイとのビジネスを始めて

タイでゴルフ三昧をもくろんでいるところです(笑)

タイゴルフは本当にパラダイスです!米国西海岸、ハワイより

はるかに魅力的ですよ!!(変な遊びぬきで)


 昨日、真夏日の中、娘の運動会でした。国体で使用される

400メートルトラックの本格的競技場でした。

結局、リレーは4チーム中2位でした。

特訓通りにうまくこなして娘は一人抜きましたので満足です。

ただ、徒競走が同じ学年のリレー選手と同組走り、僅差で負けて

2位でした。 2人で学年で1、2を争うスピードなので2人でぶっちぎの

レース展開でしたが、ゴール数メートル手前までトップでしたが

恐らく1位のみを目指し、要求して来たので本人が意識し過ぎて、

横ばかり見て走ってました。実力の70%も発揮できませんでした。 

また、練習のし過ぎで両足首を痛めていたので

直前4日間は結局全く練習できませんでした。調整ミスです。

短距離練習は危険ですね。

完全に私の調整ミスで申し訳ない思いです。

来年は必ずゴルフの下半身強化と共に長期的に上達させます。

大変多くの方のご親切なアドバイスを数々頂きまして

大変有難うございました。非常に勉強になり、大いに役立ちました!!



 では、テーマに移ります。

また質問多数ですが、右脚の蹴りについて説明します。

「蹴り」 確かに何だか曖昧でわからないですよね。

蹴るというと普通右脚インサイドエッジ全体ではなく、

右脚前半部分の右足拇指球を中心に使ってしまいます。

そのため右脚踵は即座に浮き、拇指球を中心として

右脚が内旋をしてしまいます。 すると同時に肩も開きます。

右脚は、インパクト直後まで内旋しません!!

これが右脚の蹴り、というより押し込みといった方が

イメージとしてはミスが少なくなるでしょう。

内旋しないようにするためには踵を上げないことです。

更に球筋を打ち分けるためには、

例えば、ドローは右脚をインサイドアウトに押し込む、

右足踵から左足つま先方向に、

ストレートは右足土踏まずから、左足土踏まず。

フェードは左足踵方向へ押し込みます。

右足拇指球で回転運動が始まるのは、

右足踵が浮いてからですから、

タイガーの写真ではインパクト直前でも

ほんのわずかしか浮いていないのが解ります。

要するに右足の内旋による腰の回転運動の補助は

フィニッシュを取りやすくすることだけが目的で、

腰を切るスピードのアップによるH/Sアップは、

ないのです。この写真でそれは明らかです。

以上により論理的に右脚の使い方が理解できるかと思います。

タイガー トップ 肩 肘 膝 甲 肩スクエアjpgタイガー インパクト 肩 肘 膝 足甲 1 


そして、肩の開きもなくなり、2番目の写真のようなインパクト

直前まで左肩の開きをおさえることが可能になります。

この肩はインパクト後に開き、ボールを押すタメ、原動力、

なのです。


 もう一度、右足の使い方を説明しますが、

右足蹴りの方向は意識としては真上ですが、

右足は踵を上げず、膝を前に出さず、内旋しないで

右足インサイドエッジ全体で飛球線に平行に押し込まれて

いきます。ただ完全に右足べた足では体に無理がありますので、

若干は自然に浮きます。タイガーの2枚目の写真を見てください。

ほんの少しだけ浮いています。 

しかし、右ひざは絶対に赤いラインから前に出ません。

そして、お尻のラインを見てください。アドレスから

フォローまで微塵も前に出ていません。 

これは前傾を維持し、懐を維持し、右足を前に出さないために

必須です。腹筋を最も使います。脊椎をのばし腹筋を使わないと、

インパクトに向かって尻、腰、腹がでて前傾が大きく崩れる

アマの典型的なスイングになります。


 また、押し込みはトップから一気に行うものでなく

45度から45度のなかで徐々に管理しながら行います。

粘りです。全てのタメは粘りを持たせて使います。

シャフトのタメもそうです。

インパクトまで粘らせないといけません。

ゴルフは正しいからといって何でもオーバードゥー

で一気にやってはいけません。粘りが大切です。

体をゆっくり、パワフルに使うのです。

この粘りは鍛錬と、技術を要しますが・・・。

大事なのはインパクト直前まで余裕を十分残しておくこと。

多くの方はトップから一気に全開になってしまいます。

右膝で押し込むとき、常に右肩、右肘、右ひざ、右足甲の

ラインをイメージして維持しながら押し込みます。

実際問題、2番目の写真では腰はアマチュアが考えるほど

回ってはいません。 こんにゃくではないので腰を切って

肩をこれだけ残すことなど不可能です。

本格的に回っているのはインパクトからです。

ここで回転のパワーを初めて使いクラブを放り投げるような

動きに使います。 


 多くの方がここで疑問に思うことは、

「ではスイングの原動力は何なのだ?

なぜ、腕も使わない、上半身も使わない、腰も切らない、

蹴りも押し込んで行く使い方で果たして飛距離は出るのか?」

 
 しかし、スイングの原動力は、トップから加速すことではなく、

インパクト直前から使うためのタメを作ることなのです。

インパクトで爆発するためのタメを作る作業が大切なのです。

このイメージを変換することでスイングが大きく変わります。

 例えば、多くのレッスン書はシャフトのタメ、しなりの原理

について物理学の観点から触れている物はありません。

非常に重要なのですが、知らないからほったらかしです。


 なぜ155cm、51kg、H/S44m/s の横峯さくらが 

280y 飛ばすのか?なぜ、H/S50の男子が負けるのか。

アマチュア男子は力任せに腰を回して、芯を食わない。 

打ち込み過ぎ、すくい打ちでパワーが伝わりません。 

スピン量過多。 軌道もスライス軌道で吹け上がり。

インパク以降H/Sは減速。 ミート率1.35。

まあ、これだけで十分負けますね。


 しかし、もうひとつ見落としている大きな理由があるのです。

それはシャフトのしなりの使い方です。

アマはシャフトのしなりを全く有効に使いこなしていません。

そんな科学的なレッスン書もありません。

力任せのスイング、トップから球を打ちに行ったら、

シャフトのしなりは全く有効に使うどころか、

おかしなねじれを生むのみで155cmの女子にも勝てません。

シャフトの動きの物理を知ることで、正しい合理的な使い方を

理解出来ます。すると、拒絶反応なく正しいスイングが

を受け入れられます。シャフトをうまく使うためには

オーバードゥーの過激な動きは禁物で、全て粘りのある

動きが必要になります。

なぜ、バックスイングの始動で30cm真っ直ぐ引くのか、

初期しなりとは何か?

早いコックはなぜよくないのか?

トップでしなりは必要なのか?

ゆっくりバックスイングがなぜいけないのか?

どういう原理でハーフウェイダウンでタイガーの

写真のような強烈なしなりが出来るのか?

インパクト前に逆しなりはなぜ起きてしまうのか?

インパクトでジャストタイミングでしなり戻りさせる方法は?

これが解ればシャフト選びで苦労しませんよ。

なぜなら、これを知らずして、何百本シャフトを変えても

合うシャフトなどあるはずがないからです。

そんな魔法のシャフトなどあるはずがありません。

ショップのカモです。

 
 次に進みます。

1番目とのアドレスと3番目のインパクト直前の

違いは、沈み込みからフォローにかけて伸び上がり

つつあります。

ジュニアゴルファーも非力なのでインパクトでジャンプして、

両足とも宙に浮いているケースもあります。

尾崎直道プロも長距離ヒッターの兄に対抗するため、

インパクトで両膝の伸ばしを使いますね。

2009のタイガーはインパクトでの左足の伸び上がりは

あまり見られません。


 トップと3枚目の写真ではシャフトがトゥーダウンしているため、

グリップが少し高い。 

2、3、4の写真ではフェースローテーションのために

左脇が閉まり始め、同時に右脇が開き始め、

左右の手の位置が交代します。

これは、右脇が開放されることでスピードアップして

左手を追い越し、右前腕を能動的に内旋することなく

自然なローテーション起こします。
 


 
 次回以降、シャフトのしなりの原理について科学的に詳しく

ご紹介したいと思います。

恐らくそれだけで20~30Yドライバーの飛距離は伸びると思います。

スイングもその理解により確実に良くなるでしょう。


 それと、どうしても低く長くフォローが振れないとの

悩みの質問がありましたので、クラブ投げの練習を紹介します。 

初めての人はほとんど真上に投げます。

ひどい人は後ろに飛びます。(マジで結構いる、あぶない)

殆どの人は右スナップがおかしいんです。

ボール投げのスナップとゴルフの右手首リリースは全く違います。

だから、そもそも低く振れるわけがありません。

クラブ投げは危険なので(鳥取砂丘でも法律でゴルフ練習禁止)

新聞を丸めて作った棒を使って投げます。

それで右手のリリースの形が理解できます。

それで、ダッファーさんも憧れの薄く長いターフが

取れるようになります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

秘伝 黄金ラインと右足操作

 あまりにお待たせして申し訳ないので、先に結論から行きましょう。

いよいよ超ド級秘伝の公開です。


答えは、全ての司令塔は右足なのです。

 まず、右肩、右肘、右膝、右足甲中心が常に一直線(黄金ライン)で、

あることです。 下のタイガーの写真の赤線参照してください。

右ひざが少しでも甲より前に出たら、

その上の右サイドの全てが前に出ます。

 右肩もインパクト直前まで右膝より前に出してはいけません。

スイング中常にこのラインを意識し何があっても堅持してください。

このラインが維持できればあなたのスイングは間違いなく

劇的に変わります。

 そして、更に重要なのは腰の回転を制御しているのは、

右足の蹴りなのです。左腰の壁が頑強ならば、

右足で右股関節を押していけば左腰は勝手に切れるのです。


腰で腰を切れば必ずオーバードゥーになり、

振り遅れや多くの弊害が起きます。 

腰を切ると肩が開きます。

これで、スイングは腰を回転する回転運動か、

直線運動か結論が出たはずです。

間違いなく直線運動です。腰は結果的に回転するだけです。

ゴルフスイングは縦も横も直線運動なのです。

スイングにとって能動的に腰を回す必要性はありません。

これが出来れば、右足の加減で縦回転のスピン量、

横回転のドロー、フェードでさえ、打ち分けられます。

スピード、飛距離コントロールも自在に操作できます。

使う部分は、右足裏、右膝、両ももと足全てですが、

足裏感覚での押し込みが最も大事でしょうか。

 右足はスイングの原動力であり、司令塔でもあるのです。

だから、下半身リードというのです。

右足蹴りは飛距離をも左右するのです。

「腰を切る」とはとんでもなく語弊のある言葉で、

文字通り腰で腰を高速で切っていたら、バラッバラになります。

ここがレッスンのいい加減さで、無責任なところなのです。

レッスン書を真に受けてはいけません。

必ず自分で考え、噛み砕き、検証して、自分で切り開いて

いかないと袋小路に入り数万発の努力も徒労に終るでしょう。

更に、大事なことは大切な右肘リードも右足で操作します。

フェースロー-ション、アンコックの管理も

微妙な右足に足裏感覚で、操作していきます。


以上が取り合えず、簡単に超ド級秘伝の説明でした。

また、今度詳しく書きます。


 今回もまず先に解り易い様にタイガーの連続写真で解説して行きます。

写真①トップ、肩スクエア ②ダウン、右肘腰に付いている、肩は閉じている
タイガー トップ 肩 肘 膝 甲 肩スクエアjpg


写真① のトップでは体とグリップは肘拳ひとつ空いて多少離れていますが、

右肩、右肘、右膝、右足甲の中心はほぼ垂直腺上に並んでいます。

肩は全くスクエア。

写真② インパクト直前ですが、肩がかなり閉じているのが解ります。

そのため、左脇が実際より空いている様に見えます。

右肘は体に接触し、左肘下向きに肘はかなり曲がっています。

トップからの沈み込みで体全インパクトに向けて伸び上がるための

のタメを作っています。

右踵は殆ど上がっておらず、右ひざも曲がっているだけ

で全く前には出ていません。

右肩、右肘、右膝、足甲の中心はまだ一直線です。


写真③ 右足が伸びて来ました。


明日、子供の運動会なので今日はここまでにします。

また次回遊びに来てくださいね!!



写真③インパクト瞬間。
タイガー インパクト 肩 肘 膝 足甲 1 
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フライングエルボー、オーバースイングの直し方

 質問があまりに多数来ていますので大切なものを

いくつか先にお答えします。


 今回は、フライングエルボー(こっちがメイン)と

オーバースイング(おまけ 理屈が解ればすぐ直るから)の

原因と修正法です。


ここで、注意するべきことは、

トップの形はあくまでアドレスとバックスイングの結果です。

トップの形だけまねても決して直りません。

なぜフライングエルボー、オーバースイングが悪いのか、

その原因は何なのか、論理的に解明し、

自分で理解しないと直りません。

これはゴルフスイング全てに当てはなりますね。



 フライングエルボーやオーバースイングの女子プロや

ジュニアはたまにいます。

また、それを薦めている有名レッスンプロもいます。

しかし、男子プロではオーバースイングやクロスは殆どいません。

反復性から考慮すれば良くないに決まっています。

反論相当多数あると思います。

 しかし、問題は 「プレーンから大きく外れるた右肘を

プレーンに戻せればよい」 と言うだけの問題はないのです。

シャフトが不必要にねじれ、更に戻る際に大きな衝撃も加わります。

このシャフトのねじれと衝撃はアマには致命的な問題です。

ロートルクのシャフトを使えば良いかと言うと逆で、

更に過敏になり、繊細で高度な技術力を要します。

感性でゴルフを学んでいる非力な子供か、

プロ以外これらの問題を解決することは不可能でしょう。

 
 しかし、そもそも、アマのフライングエルボー、

オーバースイングはプロのそれとは原因が全く違うので、

論ずるまでもないのですが。


 下のタイガーのトップの写真では、オレンジの腺が

フライングエルボーの右前腕。 左右の肘は大きく開き

左右前腕の三角形は致命的に大きく崩れます。


シャフトは正しいグリップなら、

青線のようにクロスします。

クロスしなければ無理のあるグリップです。


通常オーバースイングも併発するため、

図よりもさらにひどい状態になります。

問題なのはダウンでオンプレーンに戻すために、

右肘を緑の線だけ右腰のひきつける必要があります。 

写真ではタイガーのトップのときの黄色線に比べ遥かに

長い距離を下ろさなければならない。 

また、一度右を向いた肘を下向きに下げると右肩も落ちる。


当然反復性は著しく劣る事は明白。

さらに、シャフトが飛球線と平行でないためにダウンで

シャフトを飛球線に対し横にねじらなければならない。

この反動は当然シャフトの挙動を不安定にします。


<写真 タイガーのドライバーのトップ 赤線がスイングプレーン、
ピンク腺が上のプレーン、黄腺が少しフラットなホーガンプレーン
オレンジ腺がフライングエルボーの右前腕、
緑腺はフライングエルボー時のオンプレーンまでのダウンでの右肘の動き
紫腺はフライングエルボー時のクロスのシャフトライン、
黄色線は右前腕垂直時のオンプレーンまでの右肘の移動、
白腺はオンプレーン後の右肘のインパクト直前までの動き>
タイガーフライングエルボー


 では、原因の解明です。


原因① 殆どの方は、以前書いた様にアドレスから既に

間違っています。 右肘がアドレスで既に下向きでなく、

右を向いているため、そのままではトップでも右を向きます。



原因② これも多くの方がそうですが、スイングに

不可欠なフェースのローテーションがうまく出来ないため、

振り遅れのスライス、またそれを嫌い手首、右前腕による

強引なローテーションによる、引っ掛けが発生します。

 これに懲りて今度はフェースを開くことを嫌い、最初から

シャットで上げようとすると袋小路の悪循環が始まります。

 シャットに上げると右手甲側へのコックになり、

シャットを維持するために右肘も一緒に上がって行きます。



原因③ これもかなり多いですが、

トップから球を打ちに行くイメージの為、

トップが決まってから更に、

もう一回深くバックスイングしてしまいます。


それが最後の右肘上げになります。

トップから始動するための助走を無意識に

作りに行くんですね。 


原因④ 捻転を作ろうとしても右股関節、その他下半身に

しまりがなく、緩んでいるため、下半身が右にスウェイ

してとめどなくオーバースイングになってしまう。



原因⑤ 右肘のヒンジング(肘の折りたたみ)の方法が間違っている。

インサイドに引きすぎか、左腕で押し上げすぎか、

左肩が下がっているか、が原因で右肘が背中側に逃げている。


原因⑥ 上半身で打ってる人=そもそも捻転で切り返す

ことを理解していないため、捻転をきちんと作っていない、

または、作いこなしていない。

上体主体で打つためコンパクトなトップでは始動できない。

この場合、スイングそのものを理解する必要がある。



原因⑦ トップで左手首が甲側に曲がっている。

上記①~⑥が原因でなることが殆どだが。


他にも原因はさまざまありますが、

だいたい①~⑦を複合的に持っています。

全部の人もかなり多いでしょうね。

でも、フライングエルボー、オーバースイングの短所が解り、

原因を理解できれば直すのは時間の問題です。


以下、原因ごとの解決方法です。


原因① これは簡単。ちょっと前の過去記事見てください。

原因② 下記参照

原因③ これは前記事のターゲットを球先45度、

始動をトップから45度のイメージで解決です。


原因④ 左足べた足、右足は拇指球と

インサイドエッジで踏ん張り、右膝不動で

右股関節で体重と、骨盤の回転、捻転を受け止めて、

パワーをためる。

オーバースイングになる人は股関節で骨盤を止められず、

一緒にも回転移動している。


原因⑤ 下記参照

原因⑥ まず、股関節で捻転のパワーを受け止め、

そのパワーと下半身、重力が切り返しの殆どのパワー

となることを理解することが先決。 捻転の開放以外、

上半身のパワーは殆ど必要ありません。


原因⑦ 左手首スイング中ずっと甲側に曲げない。


原因② これが最も難しい。この解決方法はまず

ローテーションの必要性から理解しないといけない。

トップではフェースは約45度開きます。

フォローで45度閉じます。

ビジネスゾーンで180度ターンします。

これを肘下だけでやると再現性はゼロ。

結果的には右前腕の内旋だが、それを

右前腕を使わずに右肘リードで左手をてこに使って行う。

実際には右肘も更に右サイドによってリードされるのだが。

右手が左手を追い越すことにより左手がテコとなり、

ローテーションが行われる。

従って、極端にはローテーションだけなら左腕だけ

止めれば勝手にフェースは返る。

これをビジネスゾーンの範囲内で球筋により

適度に管理する必要がある。

同時にアンコックも管理しなければならない。

その管理手法が秘伝である。


詳細は次回以降。



原因⑤ これが直接の解決方法ですが、

正しい右肘のヒンジング(肘の折りたたみ)が出来れば

正しいトップが体感できます。

タイガーのヒンジングの連続写真を参照して下さい。

正しいヒンジングを解説していきます。

赤線がトップでの右肘の位置。

黄色線が右肘の移動を示しています。

体の回転に伴い右体側(胴体の右サイド)に沿って徐々に

上昇しており体側から殆ど外れていない

のが解ります。

タイガー ヒンジング 写真①~⑤
タイガー ヒンジング

写真① ハーフウェイバックまで右脇は閉まっており、

右肘は体側に殆ど付いており、右肘は下向きです。

少し右肘が曲がり始めています。

写真② 胸を右に回しながら、右肘は背中側に

逃げることなく、体側に沿って上昇しています。

右肘真下向き、右前腕垂直になるように、

右肘支点に上げていきます。


写真③ 左腕水平でシャフトと前腕の角度は90度です。

シャフトはスイングプレーンに対して常に平行に、

すなわちオンプレーンに上がっています。


写真⑤ トップです。右前腕は完全に垂直です。

左手首は真っ直ぐ。

右手首は親指側にコック
されており、

右甲側にはコックされていません。

「出前持ち」 と言う語弊のある言葉は右て甲側への

コックと誤解を生じやすいため論争の的になります。

シャフトは飛球線と平行で水平です。

フェースは45度以上開いています。

確実にシャットではありません。

特筆すべきは右肘の高さです!!

右肩よりもかなり低い位置で、右上腕は水平以下です。

低くて、全く右肘が浮かない、コンパクトなトップです。

前腕の三角形は最後まで維持されています。


しかし、注意すべき点は右肘は90度です。

トップは低いですがスイングアークは高いトップと

全く変わらないのです。


コンパクトなトップでもスイングの半径は変わりません。


短距離走で前に振り上げた腕の様に右腕を体の前に

上げて子供に力瘤を誇示するように

力強く力瘤を作ってください。右肘を90度ですね。

そして、右手首をコックして右前腕とシャフトを90度、

シャフトがあったらは真後ろに水平をイメージします。

そして、思い切り力を入れて力瘤を作ってください。

肘は肩より低いですよね。

その形をその力瘤で記憶してください。

これからその右腕があなたのトップです。

もう忘れないと思います。


プロが試合中よく確認しているのが、

このトップの右腕の形と位置です。



これならトップが毎回大きく変わることはないと思いますよ!!

少なくともスイングの基準になるはずです。



 ここで二つ注意点ですが、

フライングエルボーとオーバースイングは自覚症状

がないのが殆どです。素振りでは出ませんから。

練習場では半分以上の方がそうですね!

あなたもご自分のビデオ撮ったらきっと驚きますよ!!


私も同伴者を間違っても注意しませんよ!

険悪になるし、めんどくさいし(汗)


もう一度、

「コンパクトなトップ」 には大きな語弊があります。

結構大きな問題で、気付いていない方が多いですが、

トップでの右肘の角度が90度以下の鋭角になることです。


コンパクトなトップは高さが低くても右肘角度は90度です。

スイングアークをコンパクトにするのではなく、

トップの高さをコンパクトにするだけです。

トップで縮こまっちゃあ、きっちり打てませんよ。

注意しましょうね!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

タメの解明、スイングは直線

 今日は、「写真分析で解る大切な事」シリーズ最終 Part3です。

このあとお預けになってる秘伝公開に行きます。


 ゴルフで良く言われるタメとはいったい何なのか?

タメとは 「適正方向へヘッドを加速し、

方向性と飛距離をUPするパワーの源」 と言えます。

具体的に何があるのか?
 
全部で 5つ+2つ のタメ、パワーの源があります。球に近いほうから、


1、右手首のタメ:右手首コック、ハンドファースト

2、右肘のタメ:右肘が曲がって余裕

3、肩のタメ:左肩開いていない、右肩前に出ない

4、右足のタメ:沈み込み、右ひざ前に出ない、

  右踵浮かない、右足の蹴り余裕

5、股関節のタメ:切り返しのエネルギー、足りないと手打ち

6、フェースローテーション:ビジネスゾーンで180度ターン、

  ヘッド加速

7、シャフトのしなり、逆しなりの回避


「タメを作れ、維持しろ」とは、上記のタメを作り出し、

出来るだけインパクト直前、直後で効果的に使いたいのです。

以下、タイガーの写真分析の解説後核心に迫ります!!

 
 まず、一連のレッスンの目標のひとつは、スイングの始点と

終点、ターゲットのイメージを変更することです。

 
 タイガーのこのスイングではヘッドは約2回転しています。

720度も回っています。では、タイガーは実際にスイングを

720度のイメージで打っているのでしょうか?

どこまでが助走で、どこがターゲットなのか?

 
 その前にスイングのイメージは円なのか、直線なのか?

答えは、間違いなく直線です。


多くのゴルファーは結果として720度回っていますが、

スイングのイメージは常に180度、直線であるべきです。

単純に考えるなら、球を目標地点に飛ばすのですから

飛球線後方から飛球線方向に直線で力を加える動きです。

また、180度以上の回転でターゲットを狙う場合、

強固な軸が必要になります。 

人間の体の構造上、効率よく力を加えるほどに

軸を強固に維持することは不可能です。


さらに、ゴルフスイングはハンマー投げのような

回転運動と考えるよりも、

回転軸を利用した、反動と、てこの応用と

捕らえた方が合理的です。


従って、スイングの始点からターゲットは

軸を中心として180度であり、その前は助走で、

後は遠心力による結果と認識しましょう。



 良くあるミスとして「トップから球を打ちにいっている」

と言いますが、それは下のトップの写真では白い線が

スイングのイメージとなっています。

では、始点をトップ、ターゲットを球45度先に設定すると

中心軸から外れてしまいます。

これでは非効率で、設定不可能です。

  「トップから球を打ちに行く 」とはタメの開放、アンコック、

フェースローテーションの全てを、トップから助走なしでいきなり

行ってしまうことで、インパクト前に全てのエネルギーを

出し尽くし、インパクト中に全くパワーを伝えることが出来ず、

方向性も全く管理不能になる事です。

また、スイング軌道が縦になりすぎ、重力の影響も大きくなり

操作不能になります。

それを避ける為に次の写真の様に

ターゲットを球の先45度に設定します。



<トップ>
タイガートップ 右足真っ直ぐ


 一方、タメはバックスイングでは、手首、右肘、肩、股関節に

作られます。

このうち、ビジネスゾーンまで=スイングプレーンに乗るまで

の間に、回転のエネルギーとして股関節、肩のタメが使われます

その他、右肘リードのダウンでは重力が利用されます

切り返し時に唯一能動的運動として、

左股関節への体重移動があります。


この時、この写真では左ひざが数センチ左に移動しています。

この移動の程度は個人差と球筋によります。



 昨日の解説より、球の45度先をターゲットに設定すると、

始点は180度反対の、「左肩が水平」 辺りになります。

従って、トップから45度は助走です。

その間、この赤いラインを強くイメージします。



<イメージ上のスイングライン 45度のずらす>
タイガー スタート

 ビジネスゾーンまでは、右肘のリードのダウンにより、

シャフトのしなりが作られます。

また、紫の線で解る沈み込みによる、右膝へのタメが作られます。

手首、右肘のタメは維持されていますが、股関節、肩のタメは

序所に消費されています。


<右肘水平ビジネスゾーン始点>
タイガーコック 右肘 右ひざ シャフト


 ビジネスゾーンから、初めて本格的に能動的な運動が始まります。

最も難しいのが右手首のアンコック管理と、

右前腕内旋によるフェースローテーションの管理です。

その他、残り全てのタメ、パワーをターゲットに向けて

最大の効率で開放していくこと、

また、その動きを助ける動きがあります。


 あまりにも長くなりすぎたので

以下、次回です。

超ド級秘伝のヒントは下のラインにありますよ!!


<インパクト>
タイガー スイングスタート 2


<インパクト直前うしろから 右肩、右肘、右膝、左肩の開き、前傾>
タイガー 左肩 右ひざ 右かかと


<イメージ上のスイングターゲット、終点、タメ、パワーの完全開放>
タイガー スイングスタート 3
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肘の謎の完全解明 ダフリの直し方

 訂正:インパクト時のタメで右足蹴りを忘れました。

以下の全部で4+1のタメ、余裕がインパクトで必要です。

1、右肘のタメ: 右肘が曲がって余裕ある
2、右手首のタメ: 右手首コックが残り、ハンドファースト
3、肩のタメ: 肩開いていない、スクエア
4、右足のタメ: 右足の蹴りに余裕、踵が上がっていない
5、フェース開閉: フェースローテーション



 右肘をもう少し解説しないとやはり先には進めません。

2009年タイガーの右肘の動きを正面映像で分析します。

2009年のタイガーのスイングは非常にシンプルです。

アマチュアにも手本となる絶好の教材ですよ。


 写真①~④の赤線はアドレスとトップでの

右腰の位置を示しています。


バックスイングでシャフトが水平になる位置からは

右肘支点で上げ、

右肘の位置と角度でトップを決め、(前腕垂直)

右肘でダウンをリード。

とにかく主役の右肘意識です。


やさしいゴルファーの皆さん、ファイト一発 よろしくね!


写真① アドレス   写真② トップ
Tiger 正面 1


③ アンコックしないでシャフト立てないと、こーやってしならんよ。

右肘だけの仕事でこんなにしなる!!

実は簡単だった。


写真③ 右前腕水平+シャフト垂直 
写真④ シャフト水平+グリップ右足前
Tiger 正面 2


写真③、④の黄色線はダウン時の右腰の位置です。

右肘の通り道を作るために、10cm近く懐を広くしてよけています。

トップから③に殆ど縦に右肘が降りてスイングプレーンに乗ります。



 下の写真の

赤線=スイングプレーン

ピンク線=トップ、フォローのプレーン=上のプレーン、

=ホーガンプレーンよりフラットなプレーン

(球と首を結んだラインがホーガンプレーン)

黄色いラインは写真③に至る右肘がダウンする軌道。

白いラインは右肘が右腰についてから、

オンプレーンになってからの右肘の軌道。

タイガートップ分析

この黄色線の右肘ダウンにより上のプレーンから、

赤いシャフトプレーンに移ります。

写真③でオンプレーンに乗った以降、

インパクト手前まで、右脇が完全に閉まり、

右上腕は体をこすって行きます。

これによりインサイドから一定の軌道が確立されます。

クラブが変わり、トップの高さが変わってもインパクトまで

同じ軌道の再現が可能になります。

毎回、体を擦って行けばいいのですから。


(これが出来てから、例の右ひざの超ド級秘伝が有効に

なります。 オクチンさん、もう少し待っててくださいね!!)


 ここから、ビジネスゾーンに移ります。

シャフト水平をビジネスゾーンの始点と言うプロがいますが、

(そもそも誰かが作った造語、英語では膝下の足の動きを指す)

私は右肘が右腰につく、右前腕水平の方がイメージし易いです。

実際、この写真ではシャフト水平は右もも前まで行っており、

ここから仕事開始では、イメージとしてもいくらなんでも手遅れです。

やはり、オンプレーンに乗ってからがビジネスゾーンというべきで、

そうすると右前腕水平か、右肘が右腰に付いてからとするべき。


ですから、写真③までは助走で、

その後本当のスイングが開始されます。


 さらに、右肘の動きを解説します。

ここから先は、ダッファーさんには特に大きなの福音ですよ!!

ダフリ一発解決の技が以下の写真に出ています!!


ダッファーさん、チャックリさん、解りますか??


写真⑤ インパクトの瞬間  写真⑥インパクト後50cm
Tiger 正面 3

答えは、4つ(+1)の全てのタメ、余裕が残っています。

1、右肘曲がって余裕が残っている

2、右手首コックも残っていて、ハンドファーストでインパクト、

3、肩も全く開いてません

4、右足の蹴り

5、フェースローテーション



 ここで、ダフリの解消は全くおまけなのですが、

ダフリの原因はインパクトで上記4つのタメ、余裕がないからです。

その根本原因は、ターゲットを球に設定しているからです。

スイングの始点がトップで、ターゲットが球になっているのです。

だから、解決策はスイングのターゲットを球の先に設定する、

そのためには始点をビジネスゾーン始点に設定する。

解りますか? いずれにしても次回解決しますが、

簡単に体感するにはインパクトは常に右肘だけでも

曲げたままインパクトすることです。 結構曲げて。

インパクトで右肘、手首が伸びてたら一生ダフリは直りませんよ。


⑤ インパクトの瞬間右肘曲がってます。

⑥ インパクト後50cmでもまだ曲がったまま。

⑦ インパクト後、45度過ぎでやっと伸びた!!!

しかも、微塵もヘッドアップしていない。



ビデオでも解りますよ。写真の元ビデオ
http://www.golfdigest.co.jp/lesson/swing/uspga/w_tiger/default.asp

写真⑦ インパクトの45度先    
写真⑧ シャフト水平ビジネスゾーン左端、終点
Tiger 正面 4


⑧ シャフト水平前からヘッドアップ開始!!

ターゲットは球より45度先だった!!!

球より90度先=シャフト水平 をターゲットにすると

アッパースイングになってしまいます。

しかし、45度先なら十分ダウンブロー、

ドライバーでもレベルスイングの延長です。

主役の右肘が伸びきった左下45度がターゲットです。

スイングの始点はビジネスゾーン始点ですよね。

要するに、始点はトップから45度遅らせて、終点を45度先にすると。

結局、トップから球に向かって打っていたのを、

45度イメージをずらせば全てが劇的に変わるかも?



この続きは、いよいよ

スイングは円か直線か?

スイングの本当の始点とターゲットはどこだ?

衝撃の既成概念ぶっ飛びレッスン公開です!!


ファイト一発、元気復活次第では、

明日にでも、早ければ豪華公開予定です!!

お楽しみに!!

ちゃんと過去のおあずけ秘伝もお約束通りに公開していきます。

でも、予想外に書いたり、写真加工がドエリャー大変なのよ!

解ってちょうだい!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

コンパクトなトップの形

 今日2度目の記事です。


 前記事のビデオのトップ部分です。このショットでは低い球

を狙っていますが、トップの型は非常に参考になります。

右前腕は完全に垂直です。

上腕は脇が少しだけ開いたレベル
です。

非常にコンパクトでフラット(低いトップ)になっています。


タイガートップ分析


我々も反復性を考えたら四の五の言わず前腕垂直がベスト。

上腕も脇をちょっとだけ離れた水平以下レベルで十分です。

ドライバーでこれ程少ない脇の閉き方なら、意識としては、

脇を空けない位のイメージでも遠心力でこれ位開きます

右肘の角度はほぼ90度です。

 トップでこの低い右ひじの位置なら右腰までほぼ真下に

最短距離でオンプレーンに戻す事が可能で、

容易に、非常に高い再現性を実現できます。



 とにかく右肘の軌道が非常に重要ですから、

トップでの右肘をなるべく右腰に近く、離さないために、

前腕は垂直、脇は閉じぎみで上腕水平以下の

コンパクトなトップ見習いましょう。


トップからフォローまで数枚の写真を使った、

独自のプレーン詳細分析を明日アップしますよー!!

目から鱗、間違いなし!! 見にきてねー!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ビジネスゾーンの解明 スイングの始点と終点

 また、いくつか質問頂いていますので先にお答えします。

左腰のバンプについてです。当然、バンプ派も大勢います。


 これはタイガーの2009年のドライバーショットです。

左膝をご覧ください。ダウンで10cm程度アドレスより

外に踏み込まれています。

腰は膝の移動の半分強確かにバンプしています。

しかし、頭は顎もアドレスより後ろに戻っています。

10cmもバンプしているのに頭は戻っている!!


 下の黒いCMの写真を比較してみてください。

膝も腰も微塵もバンプしていません。

頭もほほを見ると後ろに戻っているように見えますが、

顎の位置はアドレスと全く同じです。戻っていません。

タイガー 2009

上の写真の元ビデオ
http://www.golfdigest.co.jp/lesson/swing/uspga/w_tiger/default.asp


 写真だけ見ると今回の写真は確実にバンプしています。

何が違うのか? 元ビデオを見ると直ぐに解りますよ。

もちろん撮った時期が違いますが、

まず、スタンス幅が大きく違います。

上の写真はタイガーにしては明らかにスタンスが狭い!

2枚目の写真ですがアイアンに近いスイングです。

そしてビデオを見ると、トップが小さく、

インパクトでタイガー特有の左足の伸びがない!

左足が微塵もめくれてない!スイングに力感がない。

膝故障の後遺症か? と思ったら、球筋を見てください。

その前に写真でも既に気が付いた人はいると思いますが、

単に砂漠のコースで超低空の球を打とうとしたのです。

だから、スタンス狭く、コック維持、バンプで球を押さえ

ようとしたのです。


 以上から解るように、プロの断片的分解写真だけ

見ても何が正しいのか判断は容易ではありません。

プロは球筋によってスイングを全く変えるからです。

また、バンプしているプロももちろん多いですが、

それは上の写真のように、10cmもバンプしても、

頭はアドレスより後ろに戻る!!できますか??

できたとしても、実用レベルに再現できますか??



球筋ごとに大きくスイングを変えることも、

バンプ量を実用レベルに調節することも、

大きくバンプしてもなお頭を残すことも、

アマチュアにはできないのです。

ならば、素直に単純化して再現性を高めるスイングを

目指したほうが得策でしょう。 


必要以上に体重移動を増やしてH/Sをあげようとするより、

正確性を高めてミート率を上げるほうが得策です。


一発ホームラン狙いのドラコンではないのだから。

ゴルフは減点ゲームです。

ミート率1.4以下なら飛距離より、ミート率重視を

イメージ
した方が結果として、正確性と飛距離の

双方に優位でしょう。

間違った解釈で不必要に オーバー・ドゥー している、

非常にもったいないゴルファーが多すぎます。

切り返しでの体重移動は 左股関節で受け止め、

左腰に壁を強くイメージ
しスウェイを止めましょう。

左腰壁=腰切り=全く回そうとしなくても、行き先がないから

後ろに行くしかないから、自然にくるっと回る。

実はこれは右足が、むにゃむにゃ・・・。今度詳しく書きます。


スウェイを止めようとしても止められないのに、

バンプなど意識したらそれこそ無制限にスウェイしますよ。

まず間違いなくオーバードゥーになります。

それでも打てますが正しいフォローは生涯できません。

こすりフェードか引っ掛けドローしか打てません。



 では、以下昨日の続きの残る2つの大切なことです。


 下の写真です。 写真の腰の高さの水平線から

下の部分のゾーンを「 ビジネスゾーン 」と言います。

仕事をする、スイングをするゾーンです。


上の写真はスイングのスタート地点で、下がゴールです。

トップはスタート地点ではなく、助走開始地点です。

とにかく、まず、写真を見てそうイメージしてみてください。


 トップからビジネスゾーンまでは

反動と重力による自然落下で肘を脇につけるだけです。

その他、ここまで余計なことは極力しません。

反動と重力を利用した助走ゾーンです。

助走ゾーンとイメージしてください!!


 ビジネスゾーンの右端ではシャフトは垂直に立っています。

トップから手首で強制的にリリースしなければ

自然にこの形になります。


この後はリリースを抑えるように手首を使わないと、

遠心力でアンコック(=リリース)されてしまいます。

( ここで、リリース=アンコック だが リリースは能動的、

アンコックは受動的 のイメージがあるので使い分けるます。)

タイガー ビジネスゾーン 4

 ビジネスゾーン最終地点でも、なんとシャフトは見事に水平です。

一般アマの良くあるパターンは青のラインで書かれた、

シャフトは既に立ち、前傾は崩れ棒立ちで、

頭はもうフィニッシュの位置にあり、

膝は使われず、ただだらんと曲がっています。

要するに、インパクトで仕事が終わっているのです。

一方、タイガーはビジネスゾーン左端でも

全く仕事が終わっていません!



 頭はまだ十分に残り、飛球方向に一直線に

水平に伸びきったシャフトと引き合っています。

見事です、完璧です。

まるで囲んだ右踵は限界までめくれ上がりが押さえられ、

右ひざは一直線に伸び踏ん張っています。


宮里優プロの言う「左水平に最高速度を設定する」というのは、

このことです。

しかし、これには非常に語弊があります。

額面どおりに受け取り、

本当にやると確実にアッパースイングになってしまいます。

ゴルフでは最悪のスイングイメージになってしまいます。


イメージが大切なゴルフでは誤解を招く言葉は、

自分のイメージに合う言葉に置き換えて利用しましょう。



 このスイングのイメージを完璧にする方法があります。

この垂直の緑、斜めの赤、水平の黄色のラインと

スイングは円か直線か?  が ヒントです。



 では、続きは次回、いよいよ

衝撃の既成概念ぶっ飛びレッスンです!!

スイングの疑問が次々とぶっ飛んでいきますよー!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

猫背の直し方 手打ちの解明  リリースの方法

 いくつか質問頂いています。先日の猫背を直すお話ですが、

アドレスへの適用については各人それぞれ段階があります。

例えば、猫背を矯正で胸を膨らませ、胸を張り、背筋を反らし、

顎を引きます。これで一直線の脊椎を確認できます。

しかし、このままの状態では全身力みすぎでアドレスできません。


 私のアドレスへのこの体勢の移行方法は、

一直線の脊椎の軸のイメージを残してアドレスします。

まず、息を吐いて胸を縮め、全身の力みを取り、

重心を落として一度、全身リラックスしながら、

両肘を軽く絞って、胸に乗せます。特に右ひじはへそ方向に

軽く絞り込みます。 この矯正により一度閉じた

両肩甲骨(背中側)の間隔は逆に開きます。

片山晋吾プロと上田桃子プロが良くやっている

両肘でボールをはさんでスイングするスタイルと同じです。


 右肘はビジネスゾーンでは常に体から離れませんので、

右肘の邪魔をしないように、胸、腹の懐を広く取り、

トップからフォローまで最短距離で通過できる様にします。


 これで、猫背を矯正した直後の状態から、

アドレスに変化しました。結構変わりますね。 

しかし一直線の脊椎の軸は、イメージとして

維持されているはずです。

但し、一直線とは完全な直線の意識ではなく自分にとって

力みのない範囲での良い姿勢と言う事です。



 では、昨日の続きです!



 下の2枚目の写真ですが、散々言われるシャフトと腕の鋭角

なぜこれができないのか??なぜ、青線の様になるのか?

良く言われる 「トップから球を打ちに行く」とか「手打ち」、

の厳密な定義は何なのか解りますか?

おそらく、抽象的過ぎてかなり解釈がずれてるはずです。

どんなに下半身始動でも、どんなに腕の力を抜いて、

ボディーターンで打っても、どうやっても

「 トップから球を打ちに行く 」 とか 「 手打ち 」と、

言われませんか? なぜか? 何が悪いのか??

指摘されるだけで、明確な回答や解消法はなかったと思います。


 早速ですがその答えは、

切り返し=手首スナップによる強制リリース

もしくは、リリース=手首スナップによる強制リリース


なのです。 これが「手打ち」の元凶です。

これに気が付かない限り、何を直そうが、どんなに悪あがきしようが、

行き着く所は全てオーバードゥーで、過剰な下半身リード、

過剰なインサイドアウト、等々様々、多くの方でよーく見られます。


 早期スナップ多用の強制リリースの原因は何か???

それはビジネスゾーンで、フェースローテーションの

正しい管理ができない為、フェースを正しく戻せないからです。

だから早め、早めにフェースを合わせに行かざるを得ず、

トップからリリースに行ってしまうのです。

振り遅れの経験則からくる条件反射的な防衛策ですね。


しかし、なぜファースを正しく戻せないのか?

正しいローテーションの原理を解っていないからです。

ローテーションの原理とはは何か?

左手首支点で右手が右肘リードで左手を追い越す事です。

要するに右腕のスピードが左腕のスピードより

速くなれば良いのです。

これは手打ちスイングに対してグリップスピードの低下

とも言われますが、

ヘッドの加速を利用して左腕以上に右腕を加速するのです。


誤解があるといけませんが、

「右肘リード」とは手首より肘が先行する意味のリードであり、

スナップの様に手首を能動的に使わないと言う事です。

右腕を加速する役割はあくまでも右肘や右腕ではなく

加速するヘッド・クラブです。腕力ではありません。


多くの方はこの原理を知りさえしないでしょう。


 手首を使ってローテーションしたら一生進歩しません。

この管理がビジネスゾーンでの最大の課題の一つです。

これができれば、どんなにコックを維持しても

ローテーションの管理は自在なので、

早期にスナップで強制的リリースをする必要性は消滅します。

これが、手打ちの解消法です。



 リリースはビジネスゾーンでヘッドの遠心力により

序所にさせられ、インパクト以降意識して残した

コック=タメを開放することにより、球を押し出すのです。

考え方を変えれば。 簡単です。

以前、最大限のタメを体感する方法でも書きましたが、

手首にとって、リリースは能動的にするものではなく、

受動的にさせられるもの、遠心力でアンコックされそうになるのを、

手首はむしろ必死に耐えながらそのタメの量をショットごとに

管理するのです。


 トップから右肘が体につく時、右前腕は水平になります。

シャフトは腕と鋭角で降りてきて、シャフトはほぼ

垂直になります。 右手のひらは体の正面を向いています。

その瞬間まではヘッドに遠心力は大きく働かないので

手首の力さえ抜いていればタメは勝手に写真の様に

維持できてしまうのです。

コックが解けるような遠心力が働くのはそこから先の、

腰から下のビジネスゾーンです。

問題はこのビジネスゾーンでのリリースの管理と、

フェースローテーションの同時管理です。

これはビジネスゾーン範囲内でのハーフショットの

繰り返しでその微妙な要領を身に付けていくしかありません。

タイガー写真 2



残りの二つとおまけはまた次回!!

その後、近いうちに、気分が乗ったら、こっそり右ひざの

超ド級の秘伝公開しちゃいますね。

これ解っちゃったら、マジで怖いものなしですよ!

狙い通りポン、ポンパーオンですよ。

右肩の制御超意外な方法は****なんですよ。

ローテーションの制御方法も****で操作できるようになりますよ。


乞うご期待です!!いつも応援有難うございます!!

読者の皆さんが、シングルになれるようレッスンで応援しますね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩送り込みの方法Part 2

 小学校一年の娘が5月の運動会のリレーの選手に選ばれました!!

毎日、帰宅後から夕方まで、短距離走とバトンタッチの猛特訓中です。

子供の短距離走は伸びしろが大きいので教え甲斐があって楽しいです。

良い教え方ありましたら是非ご教授お願い致します。


運動ついでに、夜、久々にレンジにも行って来ました!!

お気に入りのクリーブランドCG11、52度。

ニッケ 2009.05.11 

50ヤードまでスタンスゼロ、100ヤードでこんなもんです。

スタンスは狭い方が絶対に有利です。

右手で携帯で写真取ってるので、クラブ位置と視線は

実際のアドレスとは違います。




左肩靭帯は相変わらず引っ張ると痛いので、

コンパクトなトップでかつ左肩に負担をかけずに

右サイド意識で打つしかありません。

しかし今日打ってみて要領はつかめてきました。

この方がむしろコンパトなトップでフォロー重視で打ちやすいかも。


では、宿題だった

右肩の送り込みの簡単な体得方法のPart2です!!



インパクト後は一気に右肩を左足の上まで送り込みます。

一気に、グ ――― ンと。

これが出来て初めてビジネスゾーンでの

低く長いインパクトとフォローが可能になります。

準備としては、まず、

1、左足爪先を開き、体を回しやすくします。

2、素早い体重移動と右肩が十分回れるまでスタンスを狭くする。

3、十分左足に体重移動し I 字型に左足上でフィニッシュを取る。


ここからが本題です。

フォローで、飛球方向に右足を一歩出してください。 

これが答えです。


そー、大昔からよくあるレッスンです。

「なーんだ、そんなこと100年前から知ってるぞ。

体重移動の練習だろ、くっだらねー」 と思ったでしょ?

ところがどっこい、これには大変な秘密が隠されているのです!!

フォローで一歩踏み出してください。

胸が背中側を向くまで回り右肩は楽勝で出て行きます。

胸が背中側を向くように右足を一歩出すためには

どうやると踏み出しやすくなりますか?

1、左つま先オープン

2、スタンス狭く

3、右ひざ曲げずに伸ばして押していき最後は爪先立ち
(4ができる人は3の方が遥かに大事。詳しくはそのうち)



4、スェウェイ、バンプしない

これなんです!!最も大切なことは!!


試しに左腰を大きくスウェイしてやってみてください。

なーんと、一歩踏み出しても右肩が前に出ない!

なぜ???

左腰が切れてないからです。

(「 切る 」て言葉は非常に語弊がありますが、
本当は壁があるから意図せず勝手に回転します。
そのうち解説します)

スウェイすると腰が切れずに左にスライドする。

すると体が回転できなくなり右肩も出れなくなる。


右肩が出ない人は上の1、2、特に4のスウェイが大きな原因なのです。


 ところが最初から右肩が出るように一歩踏み出せと言うと

誰でも簡単にできてしまう!!!

なぜ??

なぜなら、自然と体がイメージに反応して左腰を切っているのです!

やってみてください。

 肩が回るようにイメージして一歩踏み出すだけで

自然に体が反応してスウェイせずに直ちに腰を回しているのです。

なぜなら普通に歩くことと同じ行為なので誰でも無意識に

できてしまうのです。

この自然な動きが正解なのです。


一歩、歩き出せるように打てとはこれが重要なのです。

しかし、こんな説明見たことないでしょう?

ありますか?

この自然な動きを身につければ簡単に肩は回るようになります。



 反論が多数あると思います。 

「バンプしろと教わったぞ!」

確かにそういうティーチングプロ、ツアープロは非常に多いです。

しかし、それはとんでもなく無責任なレッスンです。

バンプしてもきれいにフォローが取れる人などまれです。

スイングができていないアマチュアがバンプなどしたら

泥沼にはまりますよ。

 

 このタイガーのビデオの切り出し写真で

一番上の切り返えし直後の左腰の位置と、

一番下のフォローの左腰の位置を見比べてください。

ドライバーショットでも微塵もバンプしていません。


一番上の写真は腰が横を向いた状態ですので、

胴体の側面が薄い分写真では左に見えるだけです。

ひざがトップから数センチアドレスに戻るのみです。

タイガー写真 2

以前紹介した元ビデオ


このビデオではタイガーはバックスイングでも、

ダウンスイングでも微塵もスウェイしないのです。

しかし、トップで腰が右にスウェイしている人は、

当然、ダウンでの左スウェイは止められませんよ。

まず、バックスイングでのスェウェイを右足インサイドエッジと

股関節での捻転受け止めで完全に止める必要があります。


解りましたか?

右肩の送り込みの簡単な体得方法は、

一歩右足を踏み出すことです。

そして腰をスウェイさせない動作と

必要性を体に叩き込みましょう!!



本当は、右ひざの動きのほうが超大切・・・・。

とんでもない秘密があるんですが・・・・。

これは、まじでやばいかも。
秘伝中の秘伝、マジで。
右ひざと右肩の連動性が・・・・・・・・・。
ブログで公開なんてまずいかな・・・・・。



さらに、さらに、

この写真で更なる簡単な

上達に大切なことが3つもあります。


声援次第で元気が出たら紹介します!

よろしくねー!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

回転軸の落とし穴 猫背矯正法 Part2

 前回の猫背矯正で 「 顎を引く 」 の方法が

説明不足でうまく伝わらなかったようです。

良く分からないという質問が多数来ました。

やはり図解でないと文章だけでは説明は無理ですね。

顎先だけを引くと目線が下がり、逆にますます

頚椎が前傾し猫背が増幅されてしまいます。 


捕らえ方ひとつで正反対の現象が起きてしまいます。

言葉は難しいですね。



まず、最初に専門家の引用をご覧下さい。

いいだ整骨院 http://panda.sunnyday.jp/tsubo_kyoushiki.htm

の猫背矯正方法を引用させていただきます。



以下、引用です。


「  隠れ猫背の場合は図1のように骨盤を前傾させ

腰を反らせて猫背をごまかしてしまいます。

また全円背の場合は図2のように骨盤を後傾させてしまいます。


図1             図2




 まず骨盤を図3のように真っ直ぐに据えるようにします。

この時は腰が垂直になっただけで、まだ猫背はなおっていません。


図3



 そこで胸に空気をいっぱい入れて背筋を伸ばして

猫背をなおします。目線は水平にします。

おなかを力いっぱい引っ込め、そして胸に力いっぱい

空気を吸い込みます。1回で猫背がなおらないようでしたら、

半分ほど空気を吐いて、また力いっぱい空気を吸い込みます。

空気の圧力でせすじ(背筋)が伸びてきます(図4、図5)。


図4                  図5





 頭が前に下がっていますから(図6)、

目線は水平にして 「 顎を引き 」 ながら 、

頭を背中の延長線上に乗せるようにします 
(図7)。

図6                  図7


せすじに力が入ったら猫背はなおっています。

ほら気持ちが大きくなった感じがして、

目線が挙がり、むねも大きくなったでしょう。」

以上、引用でした。



詳細に説明すると、

ここで言う、「顎を引く」とは顎先を引くのではなく、

「顎全体を水平に後ろに引く」ことにより、

頭全体を水平の目線を変えずに後方にスライドさせ、

猫背によって前傾した頚椎をまっすぐに直して

頭を頚椎の真上に乗せる、と言う意味です。



この絵はゴルフのアドレスではありませんが、

①左から隠れ猫背 ②猫背(矢印のように顎を引いて矯正する) ③矯正後の正しい姿勢



上図のように②の猫背では

どんなに軸を正確に維持できても

回転軸は頭の重心から遠く離れています。

頭はバックスイングでは大きく右に

フォローでは大きく左にスウェーします。

目線も軸から遠く離れているため大きくぶれ

球は動いて見えまともに見えません。

重心がずれているため回転スピードも大きく落ちます。

殆どのアマはこの欠点に気が付いていません。


練習場で見ていると90%以上の方がこのパターンです。

年配者は殆どの方がそうです。

そもそも猫背は自分ではわかりませんから、

毎回かなり注意しないと直りませんよ。

私自身もかなり気を使って、いつも鏡で体勢を叩き込んでいます。

これを直さずして進歩はありえないことは

一目瞭然でしょう。

③では回転軸が頭の中心なので

頭は終始左右にぶれません。


練習場で極端にやってみて下さい。

嫌でも一発で分かりますよ。

これで、あなたの過去数年間、数十年間の苦労も

報われることでしょう。
 



この猫背矯正法は知人のスポーツ整体師から教わりました。

腰痛、頚椎痛、肩こりも殆どは猫背が原因だそうです。

最悪なのがやはりPCの多用だそうです。

PCを多く使う人では30代から既に、

猫背になっており、背筋が著しくて弱くなり

肩甲骨が開いてしまうそうです。

頚椎は大きく前傾し、液晶を覗き込むように顎があがって

頭が前に出てしまいます。

私も十分猫背だと言われ、

原因はPCと加齢だといわれました。

ショックでした。

ゴルフのみならず、普段から注意しないといけないですね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腰を切るの腰はどこ Part1

 前回の記事結構反響大きかったです。

ご声援ありがとうございます!

高速1,000円渋滞腰痛もぶっ飛んで元気もりもりです!!

(ファイト一発クリックの応募多数の場合に限り、
っていうのが効果あったのかな?
あんまり過度の期待もなんだかまずいな、でも、
まー、努力次第で。て、一応書いたからいいか・・・独り言)


もったいぶるわけではありませんが

前回の続きの前にいくつか、さらに重大なこと 

を確認したいと思います。


だんだんテーマがヒートアップしてきましたが、

まず、「腰」 について考えてみましょう!!


多くのゴルファーを迷わせる言葉の数々、

「 腰を切って、肩は開くな 」・・・・

「 右向いたまま、下半身リードでダウンしろっ 」・・・・・・・


どーすりゃーいーの??? て思いますよね。

腰が左で肩は右?????

こんにゃくじゃねっーつーの、て思いますよね!!

でも、実際そんなことできるわけないんですよ。

だって、「 腰 」って腰じゃないから!!

私も長 ―――― い間、「 腰 」 を勘違いしていました。

これで、あなたの大きな勘違いもぶっ飛びますよー!!

いよいよ、長年のおやじすいんぐとおさらばです、かも、おそらく。

とにかく興味ある方、よろしくね!!



腰といったら一般的に 「 腰椎 」 を思い浮かべますよね。

ふつー、そうですよね。

腰椎はへその辺りから下方に第1腰椎~第5腰椎があります。

第5腰椎は仙骨につながりその先端が脊椎最下部の尾骨です。

この図では第3、4、5腰椎が大きな仙骨につながっています。





「 骨盤 」 とは仙骨とその周りの腸骨を指します。

「 股関節 」 はこの図では左右下に伸びている

大腿骨と腸骨の結合部分です。腸骨の一部です。


なんだか解剖学みたいになってきましたね。

ぜんぜん専門じゃあないんですが、

こうしないと説明できないんですよ。(汗)

ここまでがまず本題の前提条件です。



それでは、質問です。

バックスイングで「 骨盤 」 は回しますか?

そうです、明らかに骨盤のみを意図的には回しません。

右股関節で捻転のパワーを蓄えるのですから。

骨盤がどんどん回っていたら、右腰が逃げていると指摘されます。

ですから、バックスイングでは

脚で骨盤を押しながら「腰椎とその上部の脊椎」を回します。


バックスイングで能動的に回す腰は「腰椎」です。

「骨盤」ではありません。
 


骨盤は受動的に回されるものです。



 では、ダウンスイングではどうでしょうか?

また腰椎でしょうか? 骨盤でしょうか?


あっ、朝だ。

また、徹夜だ。あ~あ。

続きは次回!!たぶん、気分次第、

きっと声援次第で、(せこい?また同じ手?)公開しちゃおうかな?


で、徹夜の疲労も吹っ飛びます。

そしたら続きも何とか頑張って書けるかも。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩の送り込みの方法 Part 1

 インパクトまで必死に我慢していた肩の開きと対照的に、

インパクト後は一気に右肩を左足の上まで送り込みます。

一気に、グ ――― ンと、寸分遅れることなく。


スイングの最難関の壁のひとつです。

おしゃれなスイングか、その辺のおやじスイングかの

分かれ目です。

難しすぎてレッスン書では重視されていませんが、

これを、避けてたら、進歩がありませんよ!!

諸悪の根源はここにあるのです!!!

わかりますか!? そこのあなた!




これが出来て初めてビジネスゾーンでの

低く長いインパクトとフォローが可能になります。




宮里藍ちゃんの様な大きなフォローは

インパクト後に左脇が開放され、

左ひじが伸びていく事により

可能になります。

左ひじが伸びるためには、

左サイドで短い右腕が邪魔をしないように、

短い分、右肩が飛球方向に出て行く必要があります。

殆どの人に見られる左ヒジの引けとか、

左ヒジの逃げとか、左ひじが伸ばせない、

左脇が解放できない、と言う欠陥は、

右肩が出て行かずに止まっているために、

短い右腕が左ヒジの伸びを阻害していること

が最大の原因なのです。


 また更に悪いケースでフォローで左親指を痛めるケース。

これは短い右腕を強く使いすぎるために左ヒジのみならず、

左親指さえも正常な動きを阻害して間接を痛めているのです。

本人は何が原因か気がつかないでしょう。

このケースでは無理やり左ヒジを逃がさず、左ひじを伸ばす

ために起きます。更に肩を開かないように、

ヘッドアップしないように、というレッスンを

インパクト後まで続けてしまっているのでしょう。

これではインパクト後に直ぐにシャフトが立ってしまい

球を擦り上げるだけの動きになります。


 右肩を左足の上まで回わせない人は、

体の硬さを言い訳にしていますが、

本当は体の硬さは問題ではありません。

方法としては、まず、

左足爪先を開き、スタンスを開くことで体を回しやすくします。

十分左足に体重移動した後、

I 字型に左足上でフィニッシュを取ります。

重要なのは柔軟性ではなく、

バランスなのです。

このフィニッシュを体感し、

バランスの取れるフィニッシュを

体に叩き込む事が大切なのです。


実は、この体勢を体感する超簡単な方法があります。


本当は秘伝で教えたくありませんが、

ファイト一発クリックの応募多数の場合に限り、

特別に気分次第で教えちゃいます!!(やり方がせこい?)



この体感方法により容易に、

完全な右肩送りをマスターする事が可能になります!!

あなたのおやじスイングと球筋は短期間で見違えるような

おしゃれなものになります!!・・・・・・・たぶん・・・恐らく、

まー、努力次第で。


その方法は次回以降に書きます。


お楽しみに!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

アプローチの距離感はインパクトの強さ

 レッスン書を額面通りに受取るととんでもない事になります。

その典型がタイトルの「アプローチの距離感を振り幅で調節」です。


アプローチでの技の肝はいかに飛ばさない様に

インパクトを強く出来るかが勝負です。

飛ばさないためには

強めにグリップ、

コンパクトなトップで、

インパクトで終わり、

コックは全くノーリリース、

少しでもリリースすると球足が伸びてしまいます。

決して僅かでもリリースさせないように右手首コックを

かなり強く維持します。

これでガツンと打っても飛ばなくなります。


もちろん全てのアプローチではありませんよ。

これは、まず、飛ばないアプローチの打ち方です。


これが出来ればスピンで止まる球が自在に打てるようになり、

距離感が身に着いてきます。

球の高低も調節できるようになります。

パターの距離感もこれで身につきます。

インパクトが自在になるのでアイアンも良くなります。

振り幅で調節していてはスピン調節など一生できません。

振り幅で調節しようと言う事は

自分の感覚を信用しないで、捨て去る事と同じです。

それでは本当のインパクトは生涯解りません。

振り幅で厳密な調節などできるはずがありません。

大方、大きく振りすぎてインパクトを緩めてスピンのない

だらだらとした球足のアプローチが関の山です。

それがチップインしやすい球だと言い訳しても

下りや、バンカー越えでは技量のなさを

たったの一発で露呈する羽目になります。

本物の距離感など決して得られません。

単に初心者相手のその場しのぎのレッスンを

真に受けては生涯上達はありえませんよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

1,000円高速 地獄の大渋滞

 5/1に東京からから浜松に帰省して来ました。

高速道路 1,000円に値下げ後の初の大型連休初日

の地獄の大渋滞強行軍の人柱の結果報告です。


5/1当日、昼からかなりビビッてはいまいたが、

意外な事に夕方の首都高、東名高速の渋滞情報では

全くガラガラでした。

不景気で車離れも進んでいるし、分散するのだな、と

拍子抜けでのんびりしていました。

夜中の12時過ぎに出ればどうせ空いているとなめていました。

しかし、午後9時頃から様子が一変してきました。

ネット上の渋滞情報地図でどんどん渋滞が増え、

赤く染まりだしたのです。

異様な増加の仕方でした。

これはヤバイと直感し、気がつきました。

“長距離組みも 深夜0時の近くまで出発を待ってたのだ!!”

降りるときに5/2の深夜0時の日付変更を過ぎていれば、

割引は適用されので、例えば浜松では東京東部からは

普通で4時間位はかかるので5/1の午後8時に出れば

浜松出口で5/2 の0時を回っているので

1,000円への割引が適用されるのです。

片道約4,000円、往復8,000円もの割引です。

ICに入るときか、出るときに土曜、日曜、祭日に

かかっていれば適用なのです。

(実際はこの宣伝は誇大広告で東京ー厚木間550+1,000円
で東京ー浜松間は1,550円です。+首都高560円で2,110円)

しかし、多くの人が余裕を持って時間を待ってから、

一斉にスタートしたのです。

10:50に首都高速一之江インター入口から殆ど混まないまま、

通常週末程度の混み具合で用賀インターを超えました。

その頃、渋滞表示は厚木20kmと御殿場数キロでした。

港北SAで一応渋滞に備えて娘をトイレに行かせ、

直ぐ出発。徐々に断続的に渋滞が増えてきました。

それでも厚木20kmと御殿場数キロの表示のみなので、

しばしの辛抱で、御殿場を過ぎれば問題なしとまだなめていました。

しかし、徐々に渋滞は酷くなり車の量がどんどん増えて行きます。

海老名SAの入り口は大渋滞で見たことのない長蛇の列です。

この頃、御殿場10km厚木25kmでした。

厚木に近付くと今度は更に厚木を超えてもまた20km渋滞に

渋滞がどんどん伸びていきました。

そうです!!車が渋滞のまま団子になって増殖しながら

進んでいたのです。

御殿場に着いたらいよいよ全く動かなくなりました。

ここで初めて恐怖を感じました。

3車線のこんなところで渋滞した記憶がかつてないからです。

これが延々と沼津まで続きました。

沼津手前では今度は清水まで渋滞が延長されました。

清水では今度は静岡まで20km渋滞。

日本平SAで6時間経過、朝4時半です。

脳天がしびれてきたのでトイレ休憩です。

SAで渋滞情報を見るとこの後順調!!

やっと終わった。それで寝ていた妻と運転交代。

ところがどっこい益々渋滞は激しくなり、

結局浜松西インターまで延々とほぼ280km渋滞でした。

表示は常に20-25km渋滞。

後日の新聞発表でも77km渋滞でしたが、大うそです。

本当は断続280km全線渋滞でした。

渋滞が団子のまま移動して行ったのです。

所要時間は過去最高の休憩なし、トイレ2回での8時間です。

到着は朝6時半でもうヘロヘロでした。

1,000円適用のための条件をよーく考えて行動しましょうね。

これが今回の教訓です。

しかし5/5の上りは1:20に浜松出発で

殆んど普段の週末と変わらず4時間で帰ってきました。

多くの人が5/1の渋滞の恐怖で早めに出発したようです。

かえって普通の時間で合間でうまくいきました。

しかし、御殿場でのハーレーの単独転倒で5km

と厚木での軽い追突のせいで10km渋滞でした。

驚いたのは御殿場出口の大渋滞です。

午後3時過ぎにも関わらず4kmの長蛇の列でした。

御殿場アウトレット渋滞です。

私も何度も行った事がありますが、IC出口からの渋滞は

初めて見ました。

最後尾からは恐らく3時間以上はかかるでしょうね。

やれやれですね。

でも1,000円効果は大きかったですね。

皆さんいかがでしょうか?

5/5朝、今起きて異常な腰痛です。妻もそうです。

気がつきました。8時間のストップ and ゴー の繰り返しで

腰がやられました!!それしか考えられません。

歩くたびに一歩一歩腰にズーンと響きます。

皆さん人柱参考に気をつけてくださいね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩を下げない方法 ②

 殆どのアマの致命的欠陥。それは猫背です。

解決方法はアゴです。

どんなに軸を維持しようと努力しても肝心の軸が曲がっていては、

話になりません。

 簡単に直ります。


では、しりの穴から脳天まで真っ直ぐの

軸を作りましょう。

① お尻を今より後ろに突き出します。

殆どの人はかなり棒立ち過ぎます。

そして、ひざを軽く曲げ重心を低くしましょう。

② 胸を張りましょう。そして、背筋を伸ばし

脳天まで真っ直ぐな軸を意識しましょう。

しかし、息を吸い込んで止めて怒り肩になってはいけません。

呼吸法を身につければ、胸を張り、

かつ、力を抜ことが可能です。

③ 普通②までは書くまでもなく誰でも知ってますよね。

しかし、気が付かない最も肝心な事、

それはアゴを引くことです。

あごを引くこと自体は一般的なレッスンでもありますが、

皆不完全です。

 やってみると直ぐわかります。あごを引いて下さい。

頭が後ろに下がるのが解るでしょう。

これで、初めて頭が真っ直ぐ脊髄の真上に乗り、

しりの穴から脳天まで真っ直ぐな

軸が出来るのです。あごを引かなければ決して出来ません。


 あごを引くと頭と背骨の軸が真っ直ぐになるため、

ずれていた人ほど

まず、目線のずれが格段に減るのが解るはずです

ニクラウスのチンバックは一般的にバックスイングの

挙げ易さばかりが指摘されますが、

それ以上にアドレスから既にアゴに意識を持つことが

非常に効果的なのです。

次に、あごを引く意識が重要な理由は、

ヘッドアップを抑える効果が大きいです。

アゴに意識がないと容易にヘッドアップしていたのが

嘘の様に抑えられます。

 そして、アゴを右下に引いてみてください

右肩が下がらなくなります。

チンバックとはイメージが違いますよね。

スウェーを抑えたり、頭を残すイメージではなく、

単にアゴを軽く引くだけです。

力を入れる必要は全くありません。

今までの多くの苦労が、ただあごを引くだけで

殆ど解決するはずです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩を下げない方法 ①

 これも質問がありましたのでアップしました。
 

 頭は残すなとプロは言います。

当然、頭で体のスウェイが止まるはずはない。

しかし、インパクトまでは明らかに頭は残っています。

それは当然で、頂点の頭が動いていては、

そこにぶら下がっている肩、腕、またそのずっと先の

ヘッドの位置など打つたびにバラバラになるに決まっているから。

なにをさておき、まず、球と脳天の距離が一定でなければ

反復性など望むべくもありません。

 多くの人は、頭をインパクトまで激しく動かして、

インパクト後に一生懸命止めている。

順番が逆です。 


 頭を残すなとは、二つの意味があって、

頭で体のスウェイは止められないことと、

インパクト後はむしろ右肩の動きと連鎖して

かなり積極的に動かなければならない。

スウェイを止めるのは頭ではなく、

左足と左足股関節の役目なのです。


 次に、右肩が落ちる。プロでも大きなテーマです。

私は"球は 「目線」 で打て”と意識しています。

パターもドライバーも全てのショットで左右の目線を

常に意識します。

目線で弾道をイメージし、目線とともに打ちます。

 
 目線は非常に重要で体のバランスを決めているです。

目線を水平に保てば、頭も、肩も、体も真っ直ぐにバランスの

取れた自然体になります。

 右肩が落ちると言うことは、目線が傾いているのです。

もう一つの目安は 「あご」 です。

インパクトまでは頭が残るばかりなく、

目線が水平でなければいけません。

あごが真下をむいていなければならないのです。

この意識だけでショットは劇的に変わります。


 二クラスのチンバックはバックスイングで

肩を回しやすくするだけでなく、インパクトまで

あごを垂直に残す意識を持つ効果もあると思います。


 もう一つ、間単に劇的にスイングが改善する秘密があります。

プロも誰も言いません。誰も気が付かず、

殆どの人が陥っている致命的欠陥です。

簡単なのに誰も気が付きません。

そのうちに、書きます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

レッスンの勘違い 「右ヒジを右腰にぶつけろ」

 質問がありましたのでお答えします。

「良くレッスン書で右ヒジリードの方法を、

右ヒジを右腰にぶつけるように、

とか、右背中に降ろす位の意識で、

と書かれていますが出来ません。」


これを文字通り右腰にぶつけたら、

また無限地獄に突入ですよ!!やってるでしょ???



谷プロの右ヒジはインパクトで 「逆くの字」 

で右ヒジリードになっていました。

もしも、ヒジを右腰でも右腹でも

本当に体にぶつけてしまったら、

右ヒジがそこで止まって、もしくは大きく減速して

右手首が先に出てしまいます。

良く見ますよね。

すると、右ヒジ下部分の「右前腕」が体の前で、

自分から見て「 \ 」 (分かる?)

こういう角度になってしまいます。

この角度は再現性がありますか?

全くないですよね。確実に毎回バラバラです。


昨日の男性アマ2人の腕と肩の形は5角形になってました。

上田桃子や片山晋吾がボールを両肘ではさんで

両肘の距離感を体に叩き込んで、

再現性の向上を図っています。

とてもボールをホールドできる形ではありません。



理想は自分から見て前腕部を体の右側で / こう入ってきて 

へそあたりまで/~ |を維持したい意識で、

やっと再現性のある一定の前腕の角度が出来ます。

ですから、最初のレッスン書の正しい解釈としては

「アドレスで右腰にぶつけるように右ヒジリードで降ろして、

降りてきたら、絶対に体にぶつからないように、

懐を広くして前腕部を自分から見てこの形 | で維持して

インパクトまで | この角度でスライドさせる感じです。

 自分から見て右から上腕がためて降りてきて、この形

(「右前腕の動き」フォロー) ← \||/  ← (トップから)


体前でスライド、フォローて感じです。 

これで分かるかな?



「右腰にぶつける感じで」

と言うのは、アドレスの状態だとぶつかるが、

実際にはインパクトの形では、骨盤が左に移動して、

右サイド懐が空き、ぶつからないように避けています。

それでも、実際は脇、上腕は擦れてますね。

すれですからアンダーアーマーは擦れても

抵抗なく滑るので感動したのです!!

上田諭尉が半袖ポロで着てましたよね。
(メーカーは分かりませんが)

ですから右脇は閉めるどころか、

本当にアドレスの状態の右腰にぶつける様に

右ヒジリードで降ろしてきて、

ぶつかる前に十分避けて、右ヒジを行かせるように

自分から見て前腕がこのような角度で

動いていく意識が必要です。

 ||/  ← (トップから)

ここで、今度問題になるのがタメようとすると

右肩が下がる問題です。

次回、説明します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

アドレスの右ヒジの致命傷

 右端が谷将貴プロのスイング。

そのほかは一般アマチュアです。

非常に良くある典型的な無限地獄パターンですね。

ここが悪い事に気がつかないとどこをいじっても無駄です。

4/30の記事のプロの悪い例より更に酷いのが普通ですね。



右端の谷将貴プロの右ヒジは 

“ 逆 くの字 ” で右ヒジリードの証拠です。

右手首のコックもまだ維持されています。

しかし、真ん中2人の右ヒジが問題です。

思いっきり“ くの字 ” になってます。

ひじが “下” ではなく、完全に “横” 飛球線後方を向いています。

右脇ががらがらに空いています。

この形を右脇が空いているとも言います。



右ヒジ


ひじが横を向いていてはどんなに脇を閉めても

全く意味がありません。

ヒジリードになっておらず
 
まさに右手首に力の入った手打ちになっています。

右手首が完全に伸びてコックが解けた後です。

これこそまさに手打ちです。

これでは実質再現性ゼロです。

あちこちどんな角度にもなります。


 今、右端の谷将貴プロのインパクト時の右ヒジは

右腰前に在ります。

右グリップは既に右ヒジを追い越して左もも付け根にありますが、

意識としてはこの時点で右ヒジが右腰前ではなくもっと中の

へその辺りに在るくらいの意識で、

右グリップと、右ヒジが平行に同時にへそ前に入ってくる位

の意識でやっとこれ位のインパクトの形になります。

それくらい右ヒジが先行する右ヒジリードの意識が必要です。

これが意識と実際の差です!!

だから、どんなに写真を見てまねても

同じ動きが出来ないのです。





正しい右ヒジのスイングの確認方法としては、

この右ヒジの正しい動きだと

前傾を深くし、懐を意識して広くしないと右ヒジが体にぶつかって

左にスライドしていけません。

脇を占めるどころか、除けないといけないのです。


この感覚が分かれば正しい右ヒジの動きが出来ます。


 ついでですが、左3人はリリースが早すぎて

ハンドファーストになっていません。

インパクト時のグリップ位置も左もも付け根になっていません。

これではダウンブローに打てず、ダフリかトップです。

ロフトが寝るので打ち出しが高く飛距離が合いません。

左女性はインパクトより遥かに前に

両肘、両手首が伸びきっており、

後は上にこすり上げるのみで

低く長いインパクトは不可能です。

まだ、悪いところが沢山ありますが

ここでは割愛します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR