ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

本当のボディーターン5 アウトサイドインの対策 切り返し直後の右肘リードの理由  

 質問がありましたので、 

右肘リードによるスイング初期のアウトサイドイン軌道

の対策について解説します。

アウトサイドインの原因は殆ど以下の二つですが、

 1. トップから打ちに行く=トップから体回転、横回転

 2. 右前腕、両手首の力みにより肘が伸びグリップが前に出る

   これだと更に必ずダフル、さもなければ伸び上がり誘発


 これまで常に体を擦る右肘リードの重要性を

言い続けてきましたが、1~6 が、その効果です。

1. 右肘から落下で、コックのタメを作り易い

2. 両肘下切断イメージ、上腕、肘リードで

  前腕で操作しない、前腕、手首を力まない

3. スイング、インパクトの再現性を高める
  
  プレーンに乗りやすい

4. 右肘を切り返し直後から体に軽く引き付ける事で、

  右グリップをアウトに出さないことが可能

  肩さえ出来るだけ90度で一定に回っていれば、

  インサイドから一定に下りる

  早期の左脇のみの閉めはむしろアウトに

  引っ張ってしまう動きでグリップがアウトに出てしまう

5. ダウンでグリップを浮かさないで抑える効果

  左腕一本で抑えると力む、最初はむしろアウトに出る
  
6. インパクトの入射角を自在にコントロールし、

  球筋の打ち分けが容易

  
1~3はよく言われます。

しかし、4、5、6 の効果は一般的に殆ど言われません。


 4、5、6 は、

切り返し直後、直ちに右脇を軽く閉め

体に接触させます。軽くです。

ぶつけるような過激な動作はプレーンを乱します。

そうすると右肘、右グリップは体に引きつけられ、

アウトに出なくなります。

要するに、グリップがアウトに出ない様に右肘を体に

引き付けるのです。 

これにより右腕、右グリップの軌道はかなり確実に

インサイドから出る様になります。

素振りで直ぐに分かりますよ。
 



 また、アンコック後もグリップが浮かず

ヘッドが確実に落ち切きります!!

ヘッドを低く走らせることが可能になります。

これも素振りで直ぐに確認できます。

 
 入射角がバラけることなくコントロール可能で、

リーディングエッジとボールのコンタクトポイントと、

入射角をイメージすることでスピンコントロール

が可能になります。

これはドライバーからアプローチまで同様です。

ドライバーではバックスピンが減少し、吹けあがらず

飛距離アップします。



 切り返し直後から右懐を深くします。

インパクトまでかなり頑張って前傾を維持し続け

右肘の軌道を確保します。


 しかし、決して右サイド主体、右腕リードと

言っているのでは全くありません。

右腕単体では肘リード。

スイング全体では、両上腕、両肘リードです。

肘下切断で角速度アップをイメージします。

当然、常に両腕、両サイドともに意識が必要です。

そもそも2本しかない腕の右腕を使わないなど非合理的です。

もちろんアドレスからインパクト直後まで左脇も

しまっています。左上腕も使っていますよ。

右肘を引き付けることにより、

アウトサイドイン軌道を大幅に修正する

ことが出来るはずです。

 
 トップで肩が十分入っていれば、

このスイングならどうやっても

アウトサイドインにはなりません。

右腕は常にインサイドアウト軌道になります。

それを左脇でインサイドインなりに

コントロールするのです。

右腕は何も変わらない。

変わらないから、振れるのです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本当のボディーターン4 左腕に押されて開始

 これが本当のボディーターンです。

体の回転は左腕に押されて開始させられるのです!!


以下の絶大なメリットがあります。

1. 非常に具体的なので再現性が異常に高い!

2. 体の回転より腕が先なので振り遅れが殆どなくなる!!

  大ミスがなくなる。

3. ローテーションも左脇閉めだけで自然にOK!!

4. ほぼ間違いなくインサイドから下りる、

  憧れの右からのドローも楽勝です!!

5. 縦振りで重心点とシャフト中心を一致させて振り易い

6. 縦振りなのでプレーンが分かり易く、乗せやすい

7. コック、アンコックがうまく出来る、H/S大幅UP

8. ダフリが大幅に減少する

9. トップが容易に決まる オンプレーンか確認し易い

10. 完全に落ち切る!!


11. オーバースイングがなくなる 

12. 左壁、ビハインドザボールも完璧

13. 背面打ちで体感、体得可能

14. ショートアイアンからドライバーまでOK


 メリットが多すぎるな、書ききれません。

なんか怪しいセールストークみたいですね。


一応デメリット
1. 頭が固いお方はインチキくさくて、こんなヲタク相手に出来ない

2. ヲタク系ゴルファーでないと突飛なイメージ変化についてこれない

3. 出来てしまうと簡単すぎてマン振りしたくなる

4. 体が反転するので軸がキープできない人はスウェイで目が回る(うそ)



 トップからグリップを体に近づけずに

ハーフウェイダウンまでタメて助走です。

 ハーフウェイダウンから

左股関節への体重移動と、テークバックで伸びた

広背筋を縮めることにより両肘を左ではなく

体に引き付けます。 

 この時、グリップエンドの方向が一気に

変わることにより急激にシャフトがしなり、

直ちに自然にアンコックが始まります。

 アンコック要領は以前説明した背面打ちの

スイカ割りと同じです。



 この体重移動で骨盤を左に平行にスライドすれば

下半身もまだ回転しませんが、

「腰を切る」 とこの時点から下半身が回転を始め、

下半身に連れて上半身の回転もスタートします。

ここから体の回転をはじめているプロも多いです。


 しかし、ここではまだ腰を切らないで、

もう一瞬待ってみましょう。

そのほうが遥かに合理的だからです。


体の回転が始まるのは、 その直後、

「左上腕が胸を押す瞬間」 です!!

それまで十分待てますよ!


左腕に押されて、体の回転が否応なしにスタートします。

そして、その直後にインパクトを迎えるため

回転と言うよりもその場での180度(イメージ)近く

の反転になります。


しかも、自立的回転ではなく、背面打ちの感覚と同様

腕の勢いにより押され、嫌でも反転させられるのです。

この反転と同時に「腰を入れ」れば完全に左に体重移動し、

左膝伸ばしによる左サイドの飛球線後方への引きと

協調して腰が切れ、さらにスイングを加速するのです。


 腰は切ろうとすると力が入りバランスが崩れるので

左膝伸ばしとともに、飛球線方向に腰を入れれば、

自然に適切な位置まで瞬時に切れて、かつ止まります。

それで十分です。




 もう一度、

左胸が左腕に押されてから初めて上体を

左上腕と一体で反転して下さい。

これでもう振り遅れとはおさらばですよ。

ローテーションも自然に出来ます。

飛距離が大幅にアップし、

アイアンは簡単になります。

右からのドローボールを簡単に

打てるようになります。

ダフリも大幅に減少します。

これから、背面打ちの練習で

是非体得しましょう!!




 左膝伸ばしには以下の役割があります。

4つ目も非常に重要です。

腰の切れすぎによる腰の引けも防止します。

1. 骨盤のスウェイを止め

2. 上体を飛球線後方に逆行させ

  頭のスウェイを止め回転軸を維持する

3. 左サイドを逆行させることで腰の切れを加速し

4. 飛球方向正面で腰の回転を止める


左膝伸ばしの注意点は前傾が維持されないと

伸び上がってしまう点です。

しっかり前傾を維持して伸び上がらないようにしてください。


 
 高速回転で最も注意することは、回転軸の維持です。

頭と視線の動きに注意します。

この急激な体重移動と体の急反転に対応する為に、

「左膝伸ばし」 で、左股関節のスウェイを未然に防ぎ、

頭のビハインドザボールを確実にする必要があります。

頭が逆行するほどに維持できれば、視線も全くぶれません。


 体の反転で意識する事は、体の反転がヘッドの

軌道に影響を与えない様に注意する事です。

体の軸を中心としてクラブが回るのではなく、

既に走っているクラブの軌道を変えない様に

体を動かし、クラブが行きたいように行かせる事。

要するに主役はクラブ。体は脇役なのです。


 
 左グリップは左足付け根目指して引っ張られ、

左上腕は左胸と一体化して回転し、肘下の左前腕は

肘下切断イメージで、脱力状態で自然に左肘を軸に

高速で外旋、ローテーションされ飛球方向に走ります。

これで左腕のローテーションが超シンプルになります。


 両脇はローテーション後クラブに引っ張られ自然に開放されます。

(コックの開放量についてはショットにより変化します。
ドライバーは完全に解放、短いアプローとはゼロです。)

閉めっぱなしではフォローがとれません。

フォローまで振り切る事で反動で I 型フィニッシュがとれます。
(後ろに腕を振ると体は前に出る)

ビジネスゾーン最終地点の、

フォワードスイングのシャフト水平時点では

シャフトと両腕は一直線に水平になり、

ヘッドと頭が引っ張り合う状態になります。

この状態を経過することが正しいスイングの結果です。 

インパクト以降の45度を重視する意識が非常に大切です。



 以上が本当のボディーターンです。



 次回からは、今回ご紹介した本当の

ボディーターンが体得できるように、

効果的な「背面打ちドリル」をいくつか

順次紹介していきたいと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本当のボディーターン3 主役は体ではない 

 本当のボディーターンはこれです!! 3

 先に、ほんのわずかなスイングイメージの

違いにより起こる、実際のヘッド軌道の違いの

恐ろしさを図解で説明します。

ヘッド軌道


 この図はスイングイメージによるヘッド軌道の違い

を描いたものです。

1、上は、よくある一般的ボディーターンスイングです。

2、下は、縦振り、直線軌道、体反転・スイング・イメージです。


1. 通常のボディーターン=体回転イメージ=体軸を中心とする回転

あくまで体中心、腕は従属的発想

黒線 イメージするヘッド軌道: 回転軸を中心とする楕円軌道

赤線 実際のヘッド軌道: ほとんどがアウトサイドイン軌道

原因は早期アンコック、遠心力、右ひじ伸びの誘発等による



2. 縦振り、直線軌道、体反転・スイング・イメージ

体の回転はイメージしない=

インパクトで「反転させられる」

それがヘッドにとって最も邪魔されない自然な動き

あくまで主役は肘の軌道、ヘッド軌道

スイングは直線、体は従属的に使う


黒線 イメージするヘッド軌道: インパクトまでインサイドアウト 

インパクト後左脇閉めにより結局インサイドイン軌道

実際のヘッド軌道: イメージと殆ど変わらない


 
 反転のイメージは一見強烈な動きに見えます。

しかし、実はそれは体を主体としてスイングを

考えるからなんですよ。

肘軌道、ヘッド軌道を主体に考れば、

体は従属的に動くべきで、

そうすると体反転はむしろヘッド軌道にとって、

非常に自然なんです。 全く邪魔しないんです。




 だから右ひじを邪魔しないように

前傾を深く、懐を広くするのです。

何度も言うように、体がよけてやるのです。

インパクトでも前傾維持は当然のことになります。

前傾維持しないと体が邪魔でこのスイングが出来ない。

ヘッド軌道が直線なんだから、スイングも直線イメージ、

弊害が多すぎる体の回転イメージは捨て去る。



 背面打ちで分かるように縦振り、大根切りが

最もトップ、スイングプレーンをシンプルにし、

ヘッドの重心位置を感じやすく、振り易く、

余裕ができ、コックを利用しやすく、結果H/Sも上がる。

そのためには、

必然的に前から後ろのスイングになる。

するとヘッド軌道を優先すると体反転になる。

それにより最後に一気に体重移動と回転を

インパクトに集中でき、しかも振り遅れも、

ローテーションの心配もずっと少なくなる。

非常に合理的です。


わかるかな?

体中心の既存概念を捨てればいいんですよ。

そうしないと本当のスイングは見えてきません。 
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本当のボディーターン 2 縦振り再現ドリル 前から後ろ

 本当のボディーターンはこれだ 2です。

 この写真の形が再現できましたか?

この形何に似ていると思いますか?

普通にこの形ができていたらかなりの上級者です。

これは背面打ちの練習をしている方なら、

背面打ちのインパクト直前の形と全く同じだと

気づかれた方が多いと思います。


シャフト水平 右もも前 1


 これは回転ではなく、引く動きです。

中々いい例がないですが、綱引きの様に

伸びた広背筋で引く感覚です。

前から後ろに引き感じです。

体の左後ろ方向に引きながら下ろします。



 分かり易くドリルでテストしてみましょう。

上記の背面打ちのインパクト直前の形をイメージして、

引く感覚で、インパクトまで振って止めてください。


 普通にアドレスしてください。

右壁をしっかり維持したまま、(右膝、右腰、頭)

グリップが肩の高さ位のかなり低いトップで

鋭角のコックが出来るように、

バックスイングを上ではなく、飛球線後方に

広背筋を伸ばすようにして押し上げます。

90度しっかり肩を回し。

この時右腕より左腕を強く押し、グリップエンドを

飛球線後方に向けるとさらにコックが深くなります。

本当のトップから「助走」を終えた状態です。

その状態から、左ひざを飛球方向に戻し、

腰が前から左後ろへスライドするイメージで
(実際は飛球線方向だが後ろ向きなので)

体重移動することにより、

伸びた広背筋を縮めるように両腕を引いてください。

そしてこのタイガーの写真を経過して

インパクトまで一気に振って止めてください。

右から左に振るのではなく、

大根切り+前から後ろに引く感覚です。

 この時注意することは、

右懐を広くしないと右肘の通り道ができません。

右肘は右脇擦りへそに向かいます。


できましたか?



 このドリルで分る事は

1. ここまでの動きには回転運動は一切ない 

2. 従って黄金ライン(右足甲、右ひざ、右肘、右肩)

のどの部分も崩れようがない。

グリップも前に出ようがない。

3. 振り遅れもありえない



4. 広背筋を伸ばすためには上ではなく

飛球線後方にバックスイングする。
 
 

これでトップはコンパクトで張りが出来、

オーバースイングなどありえない。

 ただ、やりすぎは絶対にNG。 広背筋も使いすぎはダメ。

伸ばしたものを、縮めるだけ。 過激に使っては絶対にダメ。

5. 体重移動も右から左というより、

前から左後ろに近いイメージ



どうですか?

出来ますか?

つるはしで地面に接触しないで、

左後ろに空振りしたような感じ

と言えば分かり易いかな?

逆に混乱するかな?


 実は、このドリルの最後の部分で

体の回転が自然に発生します。

どのタイミングでしょうか? 

分かりますか?

ドリルの素振りを何度もやれば

嫌でもわかりますよ。

体の回転は腕の動きによって

発生させられるのです!!

これを合図に一気に体は回転します。

回転と言うか、ほとんど反転に近いです。

ここで腰を入れれば完全に体重移動します。

ボディーターンも体重移動もインパクトの瞬間に

一気に行われ、ヘッドを加速するのです。



 ボディーターン、下半身リード、腰リード等、

これまで大勢のスイング理論は下半身リードで

スパイラル的に下半身重心移動、腰回転、腕が振られ、

クラブが引き摺り下ろされる、と解釈されてきましたが、

このような解釈は全て大間違いです。

 
次回は、いよいよこの後に起こる本当のボディーターン

についての解説です。



広背筋
筋肉 広背筋

背中で最も広い範囲に頒布している筋肉であり、

最も表層に 走る筋肉でもあります。

胸椎,腰椎から上腕骨に向かって走ります。

懸垂運動等で活用される筋肉として有名です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本当のボディーターン 1 固定概念の崩壊

 秘伝公開!! 本当のボディーターンはこれです!! 1

これを教えてしまうともうレッスンがなくなってしまいそうですが、

皆さんの上達には一番手っ取り早いでしょう。

できたら間違いなくシングル入り間近です。

今までの固定概念は完全に崩れ落ちるはずです。


 なかなか言葉だけでは説明困難なので

また便利なタイガーの写真を使わせていただきます。

 これはタイガーだけの特殊なスイングではありません。

極めて一般的なプロのお手本スイングです。

もちろん全てのアマチュアにもとっても、素晴らしい手本です。

上下同じタイミングの正面と後方のダウンスイングです。

シャフト水平 右もも前 1

 シャフトが水平で飛球線とほぼ平行になる瞬間です。

グリップは既に右足前に落ちています。

インパクト直前です。

この状態をご自分でとにかく再現してみてください。 

そして、ご自分のスイングとどう違うか確認して下さい。

とんでもないことに気が付く筈ですよ。




まず、


1. このとき写真上では右掌は体の正面を向いています。

写真下でも左手甲が完全に正面を向いており、

フェースはまだ全くスクエアな状態でローテーションは

始まっていません。


2. 胸、左腕、右上腕、右前腕の四角形が

かなり広く空いています。

この四角形はどう見ても体正面より、

飛球線後方を向いています。

上体は開いていないどころか

かなり閉じています。


3. 頭はビハインドザボールというより、

腕の四角形の向きと同じく、まだ後ろ 

(飛球線後方)を向いています。


4. 腰も殆ど回っていないません。

5. 右踵は殆どべた足です。

6. 右膝も殆ど曲がっていません。

7. 腰が飛球方向にスライドし、

右脇腹の懐をかなり開けて

右肘の通路を確保しています。


8. 左膝が伸び、上体は後ろに傾き

頭は飛球線後方に逆行しています。

9. 右足甲中央、右膝、右肘、右肩が

一直線で、どの部分も前に出ておらず、

黄金ラインが完全にキープされています。


10. 前傾をキープしています。


 以上より、

事実として、クラブが右足前に来るまで

意識的なボディーターンは一切見られません。

下半身も、腰も、肩も殆ど回転していません。 


 トップから比較すれば肩と腰の

わずかな回転は見られるが、

これは腕の振りによる自然な回転であり、

腕を引き下ろすためにボディーターン

がなされたとは考えられません。

腰が左股関から外れない程度に

わずかにスライドしたのみです。

これはバンプというほど大げさな

意識的な動きではありません。

切り返しのほんのわずかな体重移動の

きっかけに過ぎません。


また、右肘の通路を確保するためにこのスライド

による右脇の懐を広くする作業は不可欠です。

 再現できましたか?

あなたのスイングと近いですか?

近かったらかなりの上級者です。


この形、何に似ていると思いますか?

気づかれた方は大勢いらっしゃると思います。

次回、今までのスイングの固定概念は完全に崩壊しますよ。

本当のボディーターンです!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

手首、前腕を多用しない 肘下切断イメージ

  質問が何件か来ていますが、

スイング中、手首、前腕を多様しない方法として、

また正しい自然なリストコックを作る方法として、

とっておきのナイスなイメージを公開します。

これまでずっと「肘リード」「肘を振る」と言ってきましたが、

より解りやすいイメージとして、

「両肘から下を切断して、前腕は存在しない」イメージで

上腕だけ、肘から上だけを、振ってください。

そうすれば自然に多くのスイングの難問解消と

さまざまなレッスンの体感ができてしまいます。

この振り方で両脇を締め、最短距離で振り、

角速度を上げるイメージを持ちます。


角速度を上げるためには

1. 両上腕の軸となる「頭」の移動をゼロにする

2. 脇は開けない

3. スピードを上げるためには上腕も絶対に力まない

4. 前腕を脱力する

5. インパクトを意識しないで振り切る 



これにより自然にプレーンから外れず、

インサイドから下りて、勝手にタメができ、

円弧が大きくなり、ヘッドスピードがかなり上がります。

前腕は振るより、振られたほうが100%スピードは上がります。 



お友達のnakabeプロの

「自然なリストの動きが体感できるドリル」を紹介します。

≪ネットワークGOLF≫ゴルフスイング レッスン お悩み相談室

>1. 一旦、普段通りにグリップをします。

>2. 次に右手を離します。

>3. 右手はグリップのゴムの部分を握らずに

> 上から重ねて右手の平で覆うように握っている左手を握ります。

>両手を重ねてグリップすることで

>手首が使い易くなって、自然なリストコックの動きが体験でき、

>ヘッドが走ってくれます。

>これはドライバーに限らずアイアンでも効果があります。

>素振りでもいいですし、実際にショットする事もできます。

>但し、実際にボールを打つときは6~7割程度の力感で

>ショットするようにしてください。

>きっと無駄のない、正しい動きが体感できると思います。

 このドリルで手首の力を抜くこと、

その結果クラブがどういう動きをするのか、

自然なアンコックとローテーションが実感できます。

クラブはできるだけ自然に機能するように重量配分

が設計されているので、できるだけ不自然に操作せず、

クラブにリードさせるほうが再現性が高くなります。



 右前腕でローテーションを操作してはいけません。

絶対にダメです。

もちろん操作しているトップアマもいると思います。

しかし論理的に程度の加減が困難で再現性がありません。

右前腕主体のアームローテーション=

右手首による強制的アーリーアンコック、に繋がります。

右掌が下を向くので右肘が伸び、しかも体の前に出ます。

当然コックが解け、アウトサイドイン軌道になります。

今やってもらえば直ぐ解ります。

コックはビジネスゾーン内(左右シャフト水平)で遠心力で

タイミングよく解くもので手首で強制的に解いてはいけません。

プレーンからアウトサイドにずれてしまいます。

かつ、ダフリまくります。

ダフリの原因は手首、前腕によるアリーリリースです。

 下の絵を参照してください。


ダフリとコック 右肘



上はインパクト前に、右肘も、アンコックも終了して

腕が伸びきった状態です。

当然ダフるに決まっています。

しかし、下図では右肘は曲がっており、

コックもインパクト後までキープされ押しに使います。

上図と下図ではヘッドまでの長さが全く違うのです。

極めて簡単な理屈です。

コックを維持し、

ハンドファーストでインパクトを迎え、

右肘もインパクト後に延ばす。

これは押し込んで球にパワーを乗せるだけでなく、

ダフリも防ぎ、低く長いインパクトを実現しているのです。

インパクト後の押しは、球筋、スピン調節にも不可欠です。


 この手首、前腕による強制的アンコックの現象は

ボディーターン、下半身リード、レイトヒットという

ミスリードの大き過ぎる無責任なレッスン用語の多用による弊害です。

わざわざ振り遅れを自ら招き、

その振り遅れを手首、前腕で力ずくで間に合わせようと

強制的にスナップでこねてアンコックを加速しようとします。 

もしくは更に体を回転させるという、

わざわざ自ら墓穴を掘る結果になります。

恐らく90%以上のゴルファーが被害を受けている

無限地獄パターンです。

こんなレッスンもう無視しましょう。

ボディーターン、下半身リード、レイトヒットは忘れましょう。


 レイトヒットは単なるタメのイメージで、

肘が落ちて、次にグリップが落ちて、

最後にヘッドが落ちてくる


ことです。 ある程度の体重移動は先にありますが、

間違っても体の回転が最初ではありません。


「クラブをトップにおいてくる」なんていう

振り遅れを生むだけのレッスンも忘れましょう。

無視しましょう。

肘下切断イメージで解決です。


重要な注意点として、インサイドからヘッドを

下ろすために、右グリップはトップからずっと右肘よりも

(出ちゃいますが)なるべく前に出さない様に

結構我慢しなければいけません。


注意しないとどんどん前、アウトサイドに出てしまいますよ。

どんなに右肘がインサイドから降りてこようが、

グリップが前に出ていては台無しです。


 次回、本当のボディーターンの方法について解説します。

これがプロの本物のボディーターンスイングです。

恐らく異次元の感覚ですよ。

一気にハンデ10、ちょっと大げさ? 

でも5~10%縮むと思いますよ、マジで!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

正しいプレーンに乗せる秘訣 シャフト中心線とヘッド重心点のずれ

  ゴルフクラブのスイングの難しさの最大の

要因の1つはシャフトの中心線とヘッドの

重心点が大きくずれていることです。

野球のバットのように中心線と重心位置が

全く一致していれば非常に振りやすいのです。


 このため、ずれたまま振ってはH/Sも上がらず、

シャフトも捩れ、正しいプレーンに乗せるることも、

困難で、スイングの再現性も非常に低くなります。

 この欠点を補う秘訣があります。

今日は先日の課題だった、この欠点の解消方法と

正しいプレーンに乗せるグリップの秘訣を公開します。

 
 まず、正しいグリップ方法の秘訣ですが、

写真1の様にシャフトを水平に、ヘッドを上にしてグリップし、

左手の親指が真上になるようにします。

その際に、ヘッドがどちら側にも傾かない

安定した点を探します。

シャフト中心線の真上にヘッドの重心点が

重なった状態で、左右のどちらにも傾かない

安定した状態が一点あります。

このときリーディングエッジは少し左に被るはずです。


写真 1 (娘のクラブ 短くて屋内練習用に重宝してます)
重心位置2



しかし、アドレスでは左親指は真上よりわずかに

右側にあるのでアドレスではリーディングエッジは

スクエアになります。 解るかな?

写真 2
受信位置


 写真1の状態から、トップまで右肘始点で

縦に上げられ、写真1と上下逆になり、

左親指のほぼ真上にグリップが乗ります。

トップでは左手首甲側は真っ直ぐですよ。


両手共にフィンガーグリップでグリップしますので

当然親指はショートサムでオーバースイングにも

なりにくくなります。

 この間ヘッドの重心点はシャフトの中心線の

真上から真下へとシャフトの中心線から

はずれることはありません。

 要するにシャフトの中心線と重心点のずれによる

スイング軌道が左右にぶれる要素が全くないのです。


このグリップなら正しいスイングプレーンに載せることが

非常に容易でトップの形さえ決まれば、

ダウンスイングもバックスイングの反転で縦振りで、

ダウンするので極めて高い再現性があります。

完全にぶれのない一枚のプレーン上でシャフトが

シャープに上下します。 

トップでシャフトがプレーン上にあるとクラブが行きたい方向と

振りたい方向が一致するので全く抵抗なくシャープに

振れる事が素振りの繰り返しで簡単に解ると思います。

トップで敢えてレイドオフやクロスさせて比べてみると

とんでもなく振りやすさが違うことがよく解ります。

 この左親指で感じたクラブの重さをインパクトまで

変えずにいると、これがコックの維持にもつながります。


 トップから右腰辺りまで、この重心点とシャフトの

中心線が一致する状態が続くので、

バットの振り易さと全く変わりません。


 腕は垂直に縦に振られますが、体の横回転が少し

加わるため、外見上ではトップから

日本刀で青竹を斜めに切るようにヘッドはシャープに

縦に振られます。

これを「袈裟切り」とか「大根切り」とか言われますが、

殆どの方はこれをボールに正対した状態で

アウトサイドインのカット軌道での振り方と

勘違いしています。

一般のレッスンでは、その誤解を招くようなレッスンが多いです。

90度肩が回った状態のトップからの大根切りなので

インサイドアウト軌道です。 天と地ほどの誤解です。


 もしも、シャットに上げ下ろししたり、

重心点がずれていたり、縦振りよりも、

体の横回転が強い横振りでは、このようにシャープ

にかつ正確には振れません。

 
 このようなレッスンはあまり見かけないと思います。 

試してみて下さい。

娘のお気に入りのティアドロップのピンクの花柄のクラブセット
かなりいっちょ前ですよ。 女の子は絶対お勧め!!
里奈クラブjpg
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スイングは腕の縦振りと体の横回転の二つの動きの複合

 フォローで打てとよく言いますが、何が違うのか?

実際問題インパクト後は瞬間で球が離れてしまうので

フォロー重視のスイングは意味がないと思われがちです。

しかし、それは関係ありません。



スイングは腕の縦振りと体の横回転の二つの動きの複合です。

以前書いたようにスイングは直線運動なので

ターゲットを球にすると始点がトップになってしまいます。

「トップから球を打ちに行く」動きになってしまいます。

そうすると何がまずいのか?

多くの皆さんの悩み

・ 早い肩の開き

・ アウトサイドイン軌道

・ 右肩下がり

・ 右肩が被る

・ 左への突っ込み

・ グリップの浮き

・ 早期のタメの解き

・ ダフリ


これらは早期の「体の横回転」により生じます。

ダウンで振る意識が強いと横回転が早く作用

してしまうのです。


すると上記のとあらゆる弊害を生む。

スイングの始点を45度下げてハーフウェイダウン直前

辺りにイメージしましょう。

ターゲットは球の先45度ですね。

トップから45度はスイングの助走のイメージです。

背面打ちのスイカ割りの要領です。
 


縦振りだけで右もも辺りまでクラブが落ちてから

横回転、体の回転が本格化するのです。

ですからハーフウェイダウンまでは何もしない。

そこからスイングがスタートするイメージで、

やっと横回転の弊害を押さえ、かつ横回転の

タメとパワーをインパクトでフルに使えるのです。


これが理解できればスイングの多くの難問が解決されます。

極端な話、回転運動はどうせ自然に起こるので、

スイング初期には意識しない。


そのためには捻転も強すぎると制御できずに、

早く回転運動が起きる要因になります。

左足への踏み込みも軽く切り返しのきっかけ程度で

終わりで良いと思います。

本格的な体重移動もクラブが落ちてからです。

あせらなくても腰を入れていけば自然に

左股関節に十分体重移動していきます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

玄人ゴルフさん US Open の現地情報

 玄人ゴルフさんから昨日 US Open の貴重な現地情報と

ラフの写真をメールで頂きましたのでご紹介します!!

玄人さん、仕事が大変なのに貴重な情報有難うございます!!

頑張ってください、日本からみんなで応援していますね!!

トーナメントが終わってゆっくりしたらまたサポートの話や

試合と選手の裏話を宜しくお願い致します!!


>べスページのスタッフ(Superintendent)は今夜と明日早朝は大変です。

>また土曜日と日曜日が雨の予報でして、当地の予想では月曜、

>最悪の場合は火曜が最終日になるかも知れないと話しております。


 過去にない長期戦になるかもしれませんね!!

見てる方は楽しいですが、選手は大変ですね。

TV放送どうなるんだろう??

片山選手棄権で大正解?


>選手が(体が)大きく皆、完全なアスリート体形です。

>特に一の腕と二の腕が太い!!


 やっぱり日本人は置いて行かれてる感じが強いですね。

技術以前にもっと身体的に大きく、強く、英語が堪能な選手でないと

海外では今後歯が立たないでしょうね。


> 今年のUSオープン・べスページはあきれるぐらい長いです。

>また 前回2002年の時は2段階しかなかったラフですが、

>今回はラフが 1st, 2nd, プライマリー・カット(3rd) 

>それに加えて最後にフェスキューがあり曲げたら最後です。

>自宅にべスページとまったく同じ設定でラフを作った写真を

>見ていただけたらお分かりかと思いますが、


 自宅の庭ででこんな芝の設定やってるんですか!?

さすがプロですね!!さすがアメリカ!!凄いですね。

うらやましい・・・。バンカーまであるそうです。

スケールが違いすぎますね。



>1st Cutはフライヤーがでます。

>2nd CutはMaxで150ヤード飛べば上出来です。

>プライマリーはウェッジでフェアウェイに戻せるか、どうかでしょう。

>勿論フェスキューは論外で運に任せるしかないかと思われます。

>さすがに世界1を決めるにふさわしい様、USGAが設定しただけ在ります。

>選手達には拷問でしょうけどね。

1st Cut


2nd Cut


上、近くから見ると短く見えるんですよね。

プライマリー 3rd cut


でも横から見るとこんな感じでもう大変。

おまけにゴムみたいな芝だし。

しかも、濡れてたら2nd cut でも日本人なら100y精一杯ですね。

手前から1st Cut、2nd Cut、3rd cut
1st,2nd,3rd(2)

 フェスキューとはイネ科の多年草です。50cm前後かな?

まさに日本の稲と殆ど同じです。

普通プライベートのゴルフでは入ったらもう確実にロストですね。

見つかってもアンプレです。

こういうコースでは安いボールを2ダース位持っていかないと

足りません。フェスキューに入るとロストボールがゴロゴロ

出てきますので、拾いながらそれでプレーします。(笑)

まー、こーゆーコースには個人では2度と行きたくなくなりますが。

USのゴルフに慣れると、日本の一球 4、500円のボールは

馬鹿馬鹿しくて使えなくなります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ローテーションの極意 左脇の役割

 ローテーションはなぜ左脇の役目なのか、

論理的にドリルで説明します。

 サンドウェッジを左腕片手でスクエアにブリップ

して前傾して普通にアドレスして下さい。

この時左腕は左乳首の上に上から下ろして乗せます。

左乳首の左横ではありません。
(女性は知らないなあ?横か?圧力掛けて寄せて横?)

左肘はまっすぐ伸びています。

前傾で左肘は体から離れていますが、

脇は締まって上腕(肘上)は胸と接触しています。

ここで、左手の正しいグリップを再確認しますが、

体はこの前傾状態のままで一度クラブを

離して左腕をぶらんと脱力してください。

この自然の左手の角度があなたの

自然なグリップの角度です。

スクエアより少し被りますよ。

これが最も再現性のある左手で、

インパクトでも自然に 

この形に戻り易いのです。






 もう一度この形で左片手でグリップし直して下さい。

アドレスでは胸は当然ボールに

正対しています。

この胸に対して「左手甲」は

ほぼ直角から少し被った

先程の自然な角度になります。




当たり前のことですが、

要はインパクトでもこの胸、左上腕、

左手甲の位置と角度をこのまま

再現すれば良いのですが、

再現すると胸とフェースは直角に

スクエアになります。



どうすれば簡単に再現できるのか?


この操作を右手、右前腕、右腕、右肘でやりますか?

左胸と左腕と左手甲の位置と角度再現を、

わざわざ右腕でやって再現性が高まると思いますか???


当然左腕ですよね。


 実は恐ろしく簡単なんです。

ただ左胸の上に腕を乗せて左脇を締める。

これで終わり。

やってみれば即、誰でも解ります。 

勝手に胸とフェースは直角になります。




 実際のスイングでは、インパクトで瞬間的に急激に

行なうのではなくビジネスゾーン全体で

徐々にターンするイメージで行ないます。

それによりインパクトゾーンでフェースは

安定した軌道になリます。

 右肘はアドレス通りに戻して肘下向きで体につけ、

両肘の間隔を維持する。


これ程簡単な再現方法が他にあるでしょうか? 




では、左乳首の上ではなくもっと体の中心側でやれば

インパクト前にスクエアになって被ってインパクトします。

逆に左側なら開いてインパクトします。

だから何度も言ってますが、

ローテーションの管理は左脇締め具合なのです。


 ただ、注意点は大胸筋で脇だけ締めます。

しかし、オーバードゥーにならないで下さい。

軽くです。できる範囲で軽く。

殆どの人は左脇を締めろというと左腕全体を力んで

止めてしまいます。 これは誤解です。

脇を締めるには腕の筋肉は使わないようにします。

イメージとして大胸筋だけで締めます。


また、アプローチなどのショットで故意に左腕の

動きをセーブする以外は「脇締め」とは上腕だけです。

前腕はぶらぶらフリーです。気をつけてください。

そうしないと左腕の動きが止まってしまい、

フェースが急激に180度ローテーションして

ド引っ掛けになります。

これであなたは自在に球をコントロールできます。


 では、この間右腕はどうするのか?

左上腕は左脇締めで一瞬スピードが落ち、

締められていた右脇は開いて右腕が左腕を追い越します。

右腕が左腕を追い越した直後に、トップから

インサイドアウトに下りて来たヘッドは

左脇締めによりローテーションしながら

インサイドに軌道変更します。 

ローテーションによってインサイドインに変わります。

これによってフェースがローテーションします。

この左上腕と右腕のスピード関係で

球筋をコントロールします。

右肩が止まると右腕も勝手に

ローテーションしてしまいますので、

今度は右肩を飛球方向にどんどん

出していかないといけません。

飛球線方向に出しても、体は回っているので

実際はインサイドに振られます。


正しいフェースローテーションの仕方を覚えると

今度は思わぬフェースのローテーションが怖くなります。

引っ掛けが出始めます。

このレベルになって

初めて体の回転運動を意識することになります。

これができない人は回転運動を意識してはいけないのです。


理屈が解ればゴルフは簡単でしょ?


次回、縦振りには重心距離による振りにくさが

関係ない理由と、

どうすれば簡単にスイングプレーンに乗れるか、

また外れないか、グリップの見直しから公開します。

次回も簡単に劇的に進化しますよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

US OPEN 玄人ゴルフさん全選手のクラブ・サポート

 明日6/19 AM4:55から第109回 全米オープンが、

放送されます!!

なーんと、あの 玄人ゴルフ さんが、

全米オープンで全選手のクラブ・サポートします!!

きっとこんな顔で、TVに出ますよ!!
 

http://kuroutogolf.blog63.fc2.com/



試合前の月~水曜は各メーカーよりサポートの依頼で、

本選の木曜から最終日までは玄人ゴルフさん

を含めて、たったの3人で全選手の

クラブ・サーポートをするそうです!!

日本人として大偉業ですよ!誇りです!!

私は無事に終わりますように、選手より

玄人ゴルフさんを応援します!!



 
 米国では日本と違ってメーカーのツアーサービスに

大型トレーラーが使用されています。

そのため、スペース的に巨大すぎて本戦前の水曜午後までしか、

メーカーのツアーサービス・トレーラーは居れないそうです。

ですから、本戦での全選手のクラブサポートは全米でも

トップクラスの優秀で実績あるクラブサポーターしか任されません。

なるべくTVに写るようにお願いしておきましたので(笑)

皆さんも注意してみていて下さいね。


 以前から玄人ゴルフさんとはメールでやり取り

させて頂いておりました。  

かつてNYのマンハッタンで同じ時期に同じコンドミニアムに

住んでいたこともあって超ビックリでした!!

ランドリーで会っていたかも。

そして、全米トップレベルのフィッターの

玄人ゴルフさんにニューエースドライバーの

相談をお願いしていたのですが、

なんと、何の前触れもなく、

いきなり、はるばる New York から

プレゼントを頂いてしまいました!!

PGAツアープロ使用率急上昇ドライバー

ADAMS INSIGHT Tech a4 Proto

のヘッドです!!!

超感動!!

迷いに迷ったエースはこれで決定!!

シャフト何にしようかな???


玄人ゴルフさんのブログ

http://kuroutogolf.blog63.fc2.com/blog-entry-31.html

の中段のR9の記事内で以下のように紹介されています。

>本年度 玄人ゴルフが選んだ最強のドライバーの

>ADAMSのINSIGHT Tech a4 Proto


>ADAMSは超低スピンで、ヘッドスピードがなければ

>ボールがまったく揚がらないヘッド

> (ツアー支給品が一般のマーケットに

>紛れ込んだようなヘッド)


まさに探していたヘッドです!!


 受け取った時は、伝票に「ゴルフ クラブ ヘッド」!!・・・・・

もしかして酔っ払ってオークションでポチしたのか????

記憶にない!もしかしてアル?!と驚いてしまいました。

差出人を見て、「エー!!、なにー?、こんな忙しいときに!!」

サンタクロースのプレゼント以来の驚きでした。



現在USゴルフ業界第3位のアダムスが手がけるのは
とことん見た目、音、飛距離、シャフトにこだわったドライバーです。
image (3)

ヘッドは洋ナシ形です。良い感じですね。違和感全くなしです。
「音はバシッという小気味の良い音で何度打っても飽きません 」
ということです。グーです。一斗缶を蹴飛ばしたような音は嫌いです。
フェースアングルはスクエアかな。


丸っこい洋ナシ形でフェース形状が 
遠藤製作 EPON AF-101 に似てますね。
JBEAM FX BM-435 までディープではありませんが、
結構ディープで低スピンな感じですね。グーです!!
image (1)

ちなみに超高級鍛造チタンヘッド 遠藤製作 EPON AF-101


リアルロフトは結構ありそうです。
表示9.5ですが10か10.5ありそうですね。
超低スピンですからこれ位あったほうが良いかも。
座りも良さそうです。




460cc ライ角58度です。


USのハードヒッター達でも超低スピン!

どんな玉が出るのだろう?

シャフト何にしようかな?

最初は慣れてる青マナ83X、ディチューンで73Xか。

今は柔らかシャフトのほうがはやってるからな。

白マナ83S、73Sくらいかな?

これだとますます超低スピンの組み合わせだな。

Fujikuraはなあ・・・。

クレイジーもなあ・・・。最近ちょっと魅力に欠けてきたしな。

とにかく楽しみです!!


 今回のUS Open 開催コースは、あの

ベスページ・ステートパーク・ブラックコース!! 

ニューヨーク州ファーミングデール、ロングビーチの

マンハッタンから約45分にある名門パブリックコース。

乗用カートでのプレーを許可しておらず、手引きカート。

州内62ドル、州外124ドルとパブリックでは超高額。

粘っこい芝のラフが非常に深くてFWがせまく

7426ヤード、パー70 と異常に長いコースです。

2002年以来2度目です。

 覚えてる方も多いと思いますが、タイガー・ウッズが

4日間唯一アンダーパーの3アンダーで

ラウンドした超難関コースです。

丸山茂樹プロがホールインワンしましたよね。

 昨年は、左膝に怪我を抱えるウッズが、

歴史に残る91ホールの激闘を制して優勝。

トリプルグランドスラムの偉業を達成しています。

今年もタイトル防衛に向けて仕上がりは順調なようですね。


 日本勢は今田竜二、矢野東、横尾要、甲斐慎太郎の

4名が出場します。今田選手この難コースで開花してほしいですね。

残念ながらマスターズで4位に入った

片山晋呉プロは、背中痛で欠場です。

天気は雨です。 初日からみな大崩れしそうですね。


 今回、玄人ゴルフさんがメジャーの全選手のクラブサービス

をやると伺って速攻で、

「タイガーの交換グリップとか手に入らないもんですか?」

とミーハーに伺ったら、「タイガーだけは別格扱い」だそうです。

「あー、やっぱりそうですよね、あはは」て感じでしたが。

内心、「じゃー、他の選手は可能なのかな???」

「フィルミケルソンでもメジャー選手なら誰でも良いんだけど・・・・」

と思いましてが言えませんでした・・・・仕事だしー。

でもこんな思いがけないプレゼントでもう玄人さん大ファンです!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル 4 力みの抜き方

 今回はゴルファーの誰もが悩んでいる、力の抜き方

について考えてみましょう。


 私は娘に5歳からドライバーでスイングを教えました。

気持ちよく飛ばせるからです。

最初から背面打ちで教えました。

たった、2日でドローで100ヤード飛ばせるようになりました。

腕力も体力も必要ありません。テコの原理です。

なぜ年中の幼稚園女児がたった2日間で極めてまともな

ゴルフスイングができるのか。

背面打ちドリルの実践とメリットを考えてみましょう。


トップで全身に力みが全くない。

これが最大のメリットでしょう。

背面打ちのトップで力むことはありえません。

全く力みのない状態から、

再現性のある正しいトップを実現し、

前回の「自然落下」が簡単に誰にでも実行できます。 

「タメ」と「てこの原理の応用」が実感できます。

これにより、これまでのスイングの無駄な腕力、

全身の力がいかに無駄であったかよく解ります。

壁は重要でも過度の捻転や、

ダウンでの過度の体重移動は必要ないと

解るはずです。
 


「力み」と「締まり」は全く違います。


 私が良くオーバードゥーと表現しますが、

ゴルファーの殆どが「力」で「やり過ぎ」ます。

いくら良いことでも「力に頼る」「やり過ぎ」はマイナス

になるばかりで、やらないほうがましです。

一度力に頼ると連鎖的に最後まで力に

頼らざるを得なくなります。
 



 いい例は体重移動も捻転も必要ですが、

それを受け止める壁も非常に大事です。

しかし、過激な体重移動や、体がガチガチになるような

力に頼る過度の捻転は全く逆効果のみです。

硬くなった筋肉では捻転をスムーズに生かせないばかりか、

必要以上の強力な壁が要求され、益々全身力みます。

また、強すぎる捻転は逆に管理不能になって

肩の早い開きも生みます。多くの方がそうです。

バランスを崩し、リズムを乱し、プレーンを逸脱します。

力んだ筋肉では絶対にスピードは出ません。

スイング中どの筋肉も力みが感じられない程度の

力に抑えるべきです。


それが必要なら何かがオーバードゥーになっていると

考えるべきです。



 フェースを安定させるためには、グリップ圧をスイング中

一定にする必要があります。

そのためには、トップからスイング中ずっと

スイングスピードを一定にしなければなりません。

ビジネスゾーンで一定の

スイングスピードのイメージを強く持ち、

今までよりも肘を最短距離で動かし、

タメとてこの利用により、

インパクト近辺でのグリープスピードをむしろ下げて、

角速度を上げることにより

ヘッドスピードを上げるイメージを持つ
 


ことによりさらに力みが減ります。

非常に有効です。

全身をしなやかに使えるようになります。


 是非、背面打ちで不要な力みを抜くイメージを作り上げてください。


 次回は、重心位置について考えてみます。

ゴルフクラブは、ルールによりヘッドの重心位置は、

シャフト中心線よりかなり離れてずれています。

そのため重心距離というスペックが存在します。

シャフト中心線から重心位置までの距離です。

さらに、それは、各ヘッドによって全て異なります。

同じドライバーでも種類が違えば全て異なります。

野球のバットやテニスラケットと違い、

このずれがゴルフクラブをとんでもなく振り難くしています。

振れば振るほど、トゥーダウンまで発生させてしまいます。

とんでもなく厄介です。

これを解決するのが、縦振りなのです。

なぜ劇的に振りやすくなるのか?

なぜ、プレーンからずれないのか?

理論的に理解できれば上達への近道が見えてくるはずです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル 3  自然落下、テコを使ったアンコックの方法

 「自然落下」とよく言いますが殆ど誤解されています。

単純にトップからただ腕力を脱力して左膝リードだけで

ダウンが開始できるはずがありません。

 ここで、よくある「でんでん太鼓」や、「レイトヒット」など

イメージしてしまったら、胴体をただむやみに回すだけで、

肩がガバット開いた、右肩が被った、横振りの

振り遅れショットになるだけです。

 「自然落下」のスイングはそもそも縦振り感覚なので、

「でんでん太鼓」のような横振りの回転運動の

イメージではできません。


もしも、横振りの人が無理に落下させようとすると

右肩が一緒に落ちます。

非常に良くあるケースですね。 


 自然落下を利用するにはトップから

縦振り感覚でないと無理です。

腕の重さとヘッドの重さを利用して

スイカ割のように地面を叩きつける動作と同じです。

前回説明したように、トップからヘッドのヒールを地面に

叩きつけます。

この時必ず肘から下ろします。

これが何度も言っている右肘リードです。


トップからいきなり手首でコックを解くとヘッドが落下する

反動で、手首と肘が浮き、フェースのトゥー側から着地します。

これでは力が入らないばかりか手首を痛めます。

これがよく言われる  「グリップが浮く」  現象です。

早いアンコックの反動で、これを無理に腕で押さえつけても

意味がありません。


効率よくヘッドにパワーを伝えるためには肘を先に下ろしきり、

その後に手首のコックを解きます。

更に、パワーを増すために

大胸筋を加圧して脇を締めます

これで更なるパワーアップが体感できるはずです。

 そして、最も効果が大きいのは飛ばし屋の特徴である

膝の沈み込みと伸び上がりです

トップから沈み込んで膝を曲げ、アンコックと同時に膝を伸ばします。

この動きでさらに強烈な反動が加わります。

やってみれば直ぐにわかります。非常に簡単なことなのです。

 以上が自然落下です。更に強く打ち付けるためには

腕力は必要ありません。

あとはわずかな力をタイミングよく加え

角速度を加速させるだけで十分です。 


このパワーをスイングに使うのです。

そのために、背面打ちドリルが不可欠です。

これをマスターすれば幼稚園児でもパワフルなスイングが可能です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル 2 バックスイングの上げ方 縦振り感覚  

 しばらく娘のゴルフ特訓で更新が遅れてしまいました。

昨日はAM1:00までの数時間の特訓でした。


 前回のローテーションの記事は、「もうちょっと詳細にしてくれ」

との質問が多く、かなりはしょってましたので、段階を踏んで、

クリアーにしていこうと思いますので、後日詳細に書き直します。


 今回から数回に分けて「背面打ちドリル」について

その方法と効果を説明していきます。

 この「背面打ち」ドリルを最初に十分理解したほうが、

即効性があり、次のステップに行き易いと思うからです。


 背面打ちは通常のショットとスタンスが違うだけです。

他はグリップも全く同じで、要するにスタンスだけ回れ右を

した、アドレスになります。真後ろに打ちます。

上体は全く変わらないので、トップから真後ろに打つ感覚は、

通常ショットでも同様です。右から左に打とうとすると横打ち、

真後ろに打とうとすると縦打ちになります。


背中方向、踵方向、真後ろに飛ばす

フェースは全く何もしなくても勝手にローテーションします。
これで自然なローテーションもわかります。



通路側   



 背面打ちは、腕の縦振り、正しいコックの方向、肩の水平回転、

正しいバックスイングの上げ方、オンプレーンに乗せる方法、

インサイドアウトのダウンスイング、自然落下、右肘リード、

タメの維持、膝伸ばし、左脇締め、

と非常に多様な重要感覚を体感できる大変有効なドリルです。


 私が幼稚園の娘に最初に教えたのほ背面打ちドリルでした。

今でも毎回最初は背面打ちからスタートし、練習中でも

おかしくなったらまた背面打ちで感覚を取り戻すようにしています。

ですから、同じトップ、必ずインサイドから、肩は絶対に開かず、

ローテーションなど全く教えなくてもプッシュかドローで打ってます。

注意点はトップから球を見ないように思い切り振らせてます。

球を見ると合わせに行くからです。

合わせに行くと必ず腕を使った、プレーンからずれた

切れのないスイングになります。

自分にとってもいい参考になりますね。


このドリルなしでは幼稚園児のレッスンは不可能です。

それほど効果抜群のドリルで、私自身も練習時に確認のための

背面打ち素振り、意識は欠かせません。



1、バックスイングの上げ方 縦振り+肩回転 コックの方向

 縦振り、横振りとよく言いますが、

「君は横振りだから、縦に振りなさい」と言われても

実際問題意味が良く解らない方が多いと思います。

縦振りをアップライトと混同して方が恐ろしく多いです。

ネットでも殆どそうでどっちが正しいのか解らなくなる程です。

しかし、区別する方はきちんと区別してiいます。

アップライト、フラットはスイングプレーンの傾斜の問題で

コックの方向は関係ありません。

しかし、縦振り、横振りはコックの方向の違いで

プレーンは関係ありません。 全く別の問題です。

縦振りとは常にほぼ垂直にコックを使う正しい打ち方で、

横振りとはコックを横に傾けてしまったり、右手甲側への

コック、スナップと混合して使ったりすることです。



 バックスイングでオンプレーンにするために皆さんは

かなり悩んでいると思います。

バックスイングはコックを上下縦に使う動きと、肩の水平回転

(厳密には前傾なりだが)の二つの動きがプラスされて

ほぼ右肩上への斜めのプレーンに沿って上がっていきます。

悩んでいる方の多くはこの二つの動作の役割と正しい動きを

認識できていません。 この二つの動きをひとつの動きとして

捕らえてしまっては悩みは解消できません。


 例えば肩を回さないでインに上げると、コックを横方向へ

インサイドに使うことになります。横振りになります。

肩の回転が不足して縦にコックを使えばアウトサイドに上がります。

 極端な話、右肩上のオンプレーンのトップに乗せることだけが

目標ならば、まず肩を回さず縦にコックして右肩上に上げます。

そのまま肩を90度回転すれば、正しいトップの出来上がりです。

途中の過程のプレーンは理想のプレーンとはかけ離れていますが、

最終的には正しいトップに乗せることは可能です。

 逆に肩を90度回してから、縦にコックして右肩上に上げれば

簡単にオンプレーンのトップに乗せることが可能です。

要するにコックを上下縦に使う動きと、肩の水平回転の

二つの動きを正しく同調することによって、正しいスイングプレーン

に乗って正しいトップに行くのであって、

単調に右肩上に上げる動きではないのです。


 次回は、背面打ちでのダウンスイングの方法で、

膝伸ばしによる自然落下、右肘リード、タメの維持、

左脇締め、の脅威の効果を説明いたします。

私の6歳の娘のスイングがなぜ20年のキャリアの

ハンデ15のゴルファーより優れているか、

理解できると思います。


 ちなみに背面打ちの練習で、トップで膝を曲げてダウンで

伸ばして地面を打ちつけてみて下さい。

膝の曲げ伸ばしの効果に驚くはずです。 

 腕の重さとヘッドの重さの 「自然落下」の威力と

ダウンでの肘リードの必要性がわかります。

手首で振り下ろすとグリップと肘が浮いて脇が開きます

まともに振れない事が一振りで解ります。

 更にダウンとともに腕は脱力で大胸筋で脇を締めて下さい。

この効果も体感できるはずです。

腕で脇を締めると腕が力んでしまいます。

大胸筋だけ力を軽く入れます。

脇締めにより肘の間隔が縮むと腕が伸び、

押し付ける力が増し、スイングの威力が増します。

 また、左脇だけ締めると自然に左前腕がローテーションする

ことが体感できます。

 グリップエンドを自分と反対方向に向けてダウンすることで

腕とシャフトの鋭角のタメの維持と、

フェースをしならせる動作も簡単に体感できます。

以上、今後ドリルと実戦への応用を紹介していきます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル 1

 クラブは右から左に振ってはいけません。

前から後ろに振ります。

これができればスイングは間違いなく劇的に上達します。



 球の横、両足爪先を肩幅で飛球線後方を向いてアドレスして

打ってみましょう。左横の球を後ろに打ちます。 

こーゆーアドレス。ちょっと拝借しました。


 

足の位置以外、トップでの上体は通常と同じ形、同じ向きです。

ヘッドは右肩右上から左下に斜めに振られます。

右てのひらはインパクト直前まで左を向いています。

フェースはインパクト直前までトゥーが上向きです。

鋭角のタメも簡単に作れますよね。

スウェイもありえません。肩も開きません。

インパクトで否応なしに自然にフェースが返ります。

これが、正しいスイングです。



 スタンスを普通に戻して同じスイングをして下さい。

肩を回せとはこういう意図です。

縦に振れ(体の回転で斜め)、

両肘下向き、

タメの維持容易、

フェースは自然に正しくローテーションする、

そのためのスウェイ防止の重要性、

力まず、ゆったり、振れる。

たやすくトップで止まれる。

全て体感できます。

「右向いてるうちに振れ」とかもこのことです。


体感だけでなく実際、この振り方です。

最初は怖いでしょうが、後ろに振って下さい。

球筋が劇的に変化することがわかると思います。

今までのスイングが全く間違っていたことが

分かると思います。

そのうちインパクトでタメを開放するこつも分かってきます。


これで多くの謎が解けるはずです。

私は昔これで開眼しました。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フェースローテーション 1 手首のタメの作り方 右肘は常に下向き 

 多くの方はフェースローテーションを右腕の内旋、

または左腕の外旋で行っています。

しかし、それでは再現性は全くありません。

あくまで結果として前腕がそう動かされるだけです。

そもそも、両肘は終始真下を

向いていなければいけません。

グリップせずに両手を離せば

両手のひらは終始上を向きます。
 
そのままの状態で振ればいいのです。


何も悩むことのない完璧な再現性です。

その状態では腕の旋回は困難です。

腕の旋回は腕ではなく他からの外圧で自然に行われます。 

意識的に腕で旋回しようとすると、肘は必ず少しでも横を向きます。


グリップしないで両掌を真上に向けて両肘が

体を擦るように振ってみてください。

今までのスイングが全然間違っていたことが分かるはずです。

これに右肘リードのスイングが加われば、

本物のスイングが見えてきます。

右肘リードが分かりにくいようですが、

ハーフウェイダウンまでは単に右肘だけを振り、

肘下は脱力で勝手について来ます。

これにより容易に「手首のタメ」ができるのです。

手首の力で作るのではありません。

肘下を使うからトップからコックを解く動きになるのです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

横峯さくらのスイング分析 腰入れ 左膝伸ばし

 横峯さくらは、長尺クラブ、異常なオーバースイング、

ルックアップ、低いフォローの特徴を除けば、

非常にシンプルで分かりやすいスイングです。

女子ではダントツで豪快なショットです。

あの小柄の細い体のどこに長尺ドライバーを

あの異常なオーバースイングでロングショット

できるのか、その秘密がどこにあるのか見てみましょう。


 最初のスローを見てください。

超尺でフラットなのでグリップが体から結構離れてます。

オーバースイングですが、所謂悪いオーバースイング

と違ってバックスイングでトップ最終の右脇以外、

緩みが全く在りません。 右膝不動、左踵べた足です。

上体もハーフウェイから微動足りせず、

リバースピポッドも微塵もありません。

シャフトはオーバースイング中もオンプレーンです。


従って、ダウンでもシャフトに横方向のねじれは生じません。

トップで右脇がガバッと空く以外は全く基本的スイングです。

素人のスイングと違って、全く問題のないオーバースイングです。

しかし、これは子供と女子しか出来ません。



 次は、「腰」の動きのみに集中してください。

グリップが肩の位置で腰は約45度右に向いてます。

そこからトップまで微塵も動きません。

そして、オーバースイングとともに腰が入っているが分かりますか。

服のしわの増え方と、腰のそりで分かります。

骨盤と腰が前傾より垂直に立っているからです。

腰を入れることによって、軸を維持し、スウェイを防いでいるのです。

 武道では軸を維持するために丹田に力を入れます。

丹田=下腹部、腹筋に力を入れます。すると重心が落ちて、

軸が移動しにくくなります、軸がどっしりします。


 例えばあなたが柔道をやって、相手に振り回されるのを

防ぐために踏ん張るときどうしますか?

重心を落として、両足を爪先でも踵でもなく中心の

土踏まずのインサイド加重で踏ん張り、

重心を軸=脊椎 において腹筋に力を入れます。

このとき絶対に猫背にはなりません。

腰はこのビデオのように少し反り、体の前傾より立ちます。

この状態が腰が入った状態です。


 ビデオに戻り、腰は右45度から左45度でインパクトを迎えます。

その後飛球線方向に向きます。確かに都合135度回転しています。

しかし、アドレスから考えると右に45度、左に90度だけです。

これを果たして回転運動と呼ぶか、腰を押し込んでいるのか、

どちらでしょうか? 武道なら間違っても回転運動しましょう!

とは言いません。例えば簡単な下段蹴りでも構えの右45度から

左向きまで135度回します。しかし、これでも腰を入れるであって、

蹴りのスピードを早くするため高速で回転運動しましょうといったら、

かなりおかしいです。 腰は高速回転を作り出すものではなく

軸とバランスを維持する役割なのです。

「腰を入れる」とは、軸と重心を維持し、

体のバランスを適正に維持することによって

最も体の力が入りやすい状態にすることです。

または、その状態を保ちながら軸と、重心を移動していくことです。

「腰を切る」とは、「腰を入れる」の押し込みに、引きが加わり、

押しと、引きの両方がてこの原理で回転が

加わったときに使います。

従って、「腰を切る」とは、押し込み+引きの結果であって、

鋭い押し込みと、引きがあれば結果として速い腰の回転が

起こるのであって、最初から回転など意識していないばかりか、

高速回転の意識など論外です。


 
 また、ビデオに戻って「腰」に集中してください。

トップの右45度からインパクトの左45度まで、90度

回転ではなく、右腰押し込みでもなく、

腰椎の中心を押し込んでいます。

インパクトで左足蹴りによる「引き」が激しく入って、

上体がバックし一瞬左足が浮いて動いています。

そのため押し込みがインパクトで一瞬止まっているように

見えますが、実際は135度淀みなく押し続けています。

ですから、一瞬止まっても、左が引けて右がどんどん

出て行き、I 型で完璧に左に乗り切っています。 


タイガーと同じ動きですね。

この「腰の押し込み」と「左膝伸ばしによる引き」が、

横峯さくらの 強烈なスイングの源なのです。

そして、この不動の軸が強烈なスイングを可能にしています。

一流スポーツ選手に見られる体幹の強靭さがみられます。

腰の動きだけもう一度よーく見てください。

良く分かると思います。




横峯さくら 壁 軸

 脊椎の背中側が軸とすると写真の黄色線が軸です。

赤線は壁です。腰と頭に感じる壁です。

軸は垂直ですが、壁は斜めです。

岡本綾子プロがまさに語ってくれています!!

「体の軸がスウェイしていない。

同じところで回転している。

頭もちゃんと残っている。」


軸は腹筋の力と、腰を入れて維持しています。

スウェイはジャンプの衝撃で見られるように、

腰を入れたパワーとスイングの遠心力を、

スウェイしないように左膝伸ばしの引きにより

完全に阻止しています。

頭も同様に腰の押し込みでスウェイしそうなのを

引きで逆行させています。

分かりますか? 分かるかなあ?



 この動きがあなたに出来るかどうか?

昨日レンジで普通レベルのアマチュアでも出来るかどうか、

いろいろテストしてみました。

その結果、出来ると思います!!

技術的には簡単で、イメージの問題だけです。

まず、赤線の壁を 腰から頭の上半身でイメージします。

問題はこの斜めの壁。

今まで皆さん壁は垂直でイメージしてきたと思います。

赤線は斜めですが軸は黄色線は垂直です。

明治の大砲のように感じるかもしれませんが、

決定的な違いは「腰が入っている」から、軸の腰椎は

垂直に立っているのです。


横峯さくらプロはルックアプしているので

更に違和感があるかも知れませんが、

下のタイガーの写真では違和感が少ないと思います。

上体は斜めですが、顎は真下をむいています。

見事です。見習いましょう。 

私のこの方法なら首は絶対に痛めません。

大体ですが黄色線が回転軸です。

赤線はインパクト左膝伸ばしからフォローの

この局面でも、まだ維持されています。

明らかに強烈に意識されている壁と認めざるを得ません。

オレンジ線で囲んだ腰は垂直に立っています。


タイガー 壁 腰

これが「腰が入っている」状態です。

腰が入って、回転軸が垂直に維持されていれば、

上体はビハイドザボールさえ維持していれば、

斜めだろうが、そっくり返っていようが全く関係ないのです。

ここの発想を既存の一般ゴルフ理論と完全に決別

してください。全くあなたのスイングが変わります。


上記2点でスイングの原動力の70%は達成です。

アイアンなら80%達成といっても過言ではないと思います。

 今後、以前課題のままになっていた超ド級秘伝や、

腕の旋回を全く意識しない、

無意識な自然なローテーションの秘密、

右足押し込みによる球筋の打ち分け、

タメの作り方、

全身の力の抜き方、

大胸筋の使い方の秘伝


をどんどん紹介していきたいと思います。

ただ、これらは今日の課題ができることが、

条件になってしまうのです。

逆に言ったら、できなければ正しいスイングはできません。

例えば、ローテーション。手首も腕も使いません。

使ったら反復性はなくなります。どうするか?

自然に勝手に正しくタイミングが合います。

信じられないでしょうが、正しくスイングすれば

自然にスクエアにインパクトしてローテーション

するようにクラブは設計してあるのです。

だからあんな重心距離が離れた変な設計に

なっているのです。故意にやらなくてもできるのです。

スライスなんてありえません。瞬時に直ります本当に。

だから、ローテーションしないようにシャットに振るのは、

むしろ自然ではないのです。必ずダフリに悩みます。

これまでのレッスンとは根本的に全く違います。


打ち分けも下半身が司令塔です。

その方法は、だんだん紹介します。

ステップを踏まないといきなり結論にはいけません。


 例えば、腰の回転もそうです。

今、私は腰は回転ではないと言っています。

しかし、完璧に軸が固定されたらどうなるのか?

実は超スムースな回転になることが分かります。

しかし、これは最初からは絶対に無理です。

最初から回転を意識すると、肩は出て、

力みが入り、逆に遠回りになってしまいます。


子供の頃こまを作りましたよね。

軸が重心をほんのわずかでもずれると全くスムーズに

回転しません。 それと同じで、完璧な軸をまず、

維持しないと綺麗な回転など不可能なのです。

まして高速など達人技です。 

これまでの既存のレッスンでは不可能です。

これは上記の斜めの壁ができないと

軸の維持は確実に不可能です。

そのためには左膝伸ばしが必須なのです。

もし、あなたが完璧な軸の維持ができたとき、

恐ろしくスムーズな、「腰切り」を超える高速回転が

意図せずできるでしょう。

そのとき、軸を維持するためには腹筋、腹斜筋、

下半身以外必要なくなります。

しかも、殆ど力は要りません。

上半身は全く用がありません。


それで、300Y超えも可能です。

ドラコン選手はまさにこれで、腰を入れて

そっくり返ってかち上げてます。

しかし、今はそれを忘れてください。

意識するとばらばらになるので、順序だって行きましょう。



 この絵はスイングを上から見た絵です。

上の絵は腰を回転運動とイメージした回転させた時、

下の絵は腰を回転ではなく、フォローに向けて

脊椎を直線的に動かした絵。

黒線が腰の移動、青線は脊椎の移動、緑が肩の移動、

赤がヘッドの移動を示しています。

スイング軌道
(下手な絵だけどイメージはなんとなく分かるでしょ)

 なぜ、回転イメージがいけないのか?

回転をイメージすると、上のように脊椎も、肩も、円軌道を描き、

自然に振れば右踵が浮いて、右膝が前に出て、

黄金ラインを超えて、ヘッドはアウトサイドイン軌道になる。


 下は、黄金ラインを意識して、

肩は緑のラインのようにプレーンに乗ってからは

左肩を目指して水平に一直線に出て行くイメージで、

ヘッドはやっとインサイドから下ろすことが可能になる。

肩が一直線に出て行くためのは、腰の押し込みも

当然回転運動ではない。

青線の様に、フォローに向けて直線的に押し込む。

同時に左膝伸ばしで上体を引く。

それゆえ、「腰は切れても、回転させてはいない」と

言っているのです。 分かって頂けましたか?

これで、腕は勝手に高速で振られます。

なおかつ、完全に頭が逆行する位ビハインドザボールを

維持できれば、あることにより、勝手に適正にフェースは

ローテーションされます。ドロー、フェードも自在です。

スライスなどありえませんし、お待たせの超ド級秘伝の、

球筋の自在の打ち分け方法にたどり着きます。


 次から次へと書くことが多すぎて、きりがないですね。

また、朝になってしまいました。続きは次回にしましょう。

いつも応援大変有難うございます。

本当に会った事もない皆様に大感謝です!!

一緒に夢を達成しましょうね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

確実に左に乗る2 腰を入れる しなりはテコで作る

 皆さんのおかげで3ランキング全て第一位になりました!! 

ブログ村全体でも31万サイト中260位まで来ました。

同時に訪問者数も目標の500人/日を超えました!

皆様のご支持大変有難うございます!!

ワンニャン系の癒し系ブログが大ブレークする中、

こんな堅苦しいおやじゴルフブログでここまで来れるとは

我ながら驚いています。

多くのゴルファーが藁をもつかむ思いで

頑張っているのが手に取るように分かりました。

これからも皆さんとご一緒に更なる華麗なるショットを

目指していきたいと思います。

宜しくお願い致します!!


 まず、昨日の注意点のなかで最も即効性のある

「腰を入れる」の解説です。

武道か、他のスポーツで腰を入れる重要性、

その方法を知っている方は、既にやっているか、

説明で直ぐにできると思いますが、

分からない方が結構いると思います。

ゴルフでも球質もフォームも段違いに変わりますので、

是非、出来る様にすることをお勧めします。


 ゴルフは「テコ」の応用がなり大きいと思います。

昨日レンジで打ってて思いましたが、左肩靭帯が痛くて

かなりトップがコンパクトでトップでの捻転も少なめの

スイングしか出来ませんでした。 

これまでは割りとアスリート系お手本的なきっちり左腕を伸ばし、

張りのあるトップでした。

昨日はそれが出来ない分、逆に余裕が出来たので

開き直って低いトップからゆったり、

この下の写真の①タメとテコ、②正拳突きの左引きと腰入れ、

③タイガーの左膝伸ばしによる、頭の逆行の3点に集中し、

下半身以外の筋肉は、腹筋、腹斜筋以外は、

なるべく使わないスイングをしてみました。

イメージとしては以前のガツンというインパクトのイメージより

力の抜けたピシッというインパクトのイメージです。

シャフトしなり 腰の入りjpg

 ①のタメとテコを解説します。

上の写真で重要なのはハーフウェイダウンまで

コック、タメが鋭角で残っていること。

(シャットでは出来ません。右掌が正面を向いていないと
うまく出来ない、コックの方向に無理がある)

ここでの秘訣は、グリップエンドを飛球線後方、黄色矢印方向に

向いていることです。


2枚目の写真では、ほんの2、30cm落下した瞬時に、

グリップエンドの方向が90度も球方向に変わりました。

この時、手首をテコとして右腕は飛球線後方へ押し、

左小指側グリップは締めるて、てこの原理で

一気にシャフトをしならせます。


この時ヘッドの移動量が大きいほどしなりが大きくなりますので、

1枚目の写真の鋭角、グリップ外向きが最も重要になります。

この写真の瞬間が最もシャフトがしなる瞬間です。

この方法でないと大きくしならせることは出来ません。

プロは全員このテコでしなりを作っているのです。

 インパクトまで角度では90度以下ですね。

これくらいの間しかしなりは維持できず、

これ以上の時間ではしなり戻ってしまい、逆しなりになります。

 トップからリリースする人は、はるかに早いタイミングで

しなりが出来てしまうので、とてもインパクトまで持たず、

以前説明した様に、逆しなりで弱々しいインパクトを

迎えてしまいます。

 
 次に②の正拳突きの左引きと、腰入れです。

引きは体の中心を軸としたテコの応用といえます。
 
下の2枚目の写真で、左膝の伸び上がりにより、頭が逆行し、

左腰も後ろに引かれます。まさに空手の左引きです。

同時に右足押し込みにより、腰が入っていきます。

この二つの力により骨盤にスパイラル的なエネルギーが働き

切れに変わっていきます。これもテコの原理の応用です。

順番に頭、左腰、左肩が飛球線後方に引かれ、

腰椎、右腰、両腕、ヘッド、右肩と飛球線方向に出て行きます。

 
 空手ではこの両方がないと突きも蹴りも全く威力が出ません。

ピッチャーもバッターもそうです。

人間は腰が入らないと力が出ません。

引きはてこの応用でパワーを更に増幅させます。

 腰を入れるとは、骨盤を立てて、腰椎を立てて

前方に押し込んでいくことです。

下の写真では赤線が全て右足の押し込みにより発生する

力のベクトルを表しています。

 非常に注意するべき点は、

よくレッスンで言われますが、右サイドの押し込みとは、

全く違います。単に右サイドの押し込みと表現する人は

本当の「腰を入れる」を明らかに分かっていない。

腰を入れるとは、どちらのサイドでもないです。

腰椎の中心、を真っ直ぐに重心に入れるのであって、

片方のサイドを入れるような回転を目的とする、

質のものではない。右サイドだけ入れると、腰が入るどころか

空回り状態になって、一気に肩が開くことになる。

普通右サイドと言ったら右脚蹴りによる腰椎の押し込み

ではなく単に右腰の能動的回転をイメージしますよね。

これでは腰が入るどころか、スピンアウトです。


また、見かけからバンプと言う人もいます。これも全く違います。

バンプは骨盤の横への能動的スライドです。

体重移動で股関節内で体重移動しようとしても多少は

意図せずとも骨盤がスライドしまいます。

バンプなんか意識的にしたら、確実に行き過ぎて股間から

外れてスウェイを招きます。

そもそも、左股間への軸移動以外に骨盤を横にスライドする

意味など全くなく、ただ横にスライドしてしまっては

「腰を入れる」ことが出来ません。

とんでもないへっぴり腰になってしまいます。

軸移動とバンプを混同しているプロも非常に多いです。

知らなければ横にバンプ=スライドしてから回転に見えます。

しかし、本質的には全く違い「腰を入れる」のです。

恐ろしいレッスンが横行しています。


非常に気をつける必要があります。

フィニッシュ


この腰を入れることが③の頭の逆戻りをも可能にします。

この腰入れが出来ないと、通常のスイングでも

左に乗っていくことは困難でしょう。 

 頭を残し、かつフォローで十分左に乗っていく。

恐らく腰が入れなれなかった人には、不思議でならない

事だったと思います。しかし、腰さえ入れられれば

下の2枚目の写真のように逆C型のインパクトであっても、

なんら問題なくすんなり、左に移行します。

 要は大事なのは上半身ではなく足、腰なのです。

上半身など、どんなにそっくり返っていたとしても、

腰さえ入っていれば明治の大砲になるはずがないのです。

誰でも下の3枚目の写真のような左足の真上に乗ったI 型

フィニッシュで力みなく、よろけることなく、軽やかに立てます。


 その点をこれまでのレッスンでは下半身リードとか、

腰の回転とか、腰の切れとか、右サイド押し込みとか、

明らかに要点をはずした表現が多すぎました。

だから、アマチュアは長い間無駄な労力を課されてきました。


③ 頭の逆行の体感。②の「腰を入れる」 が出来たら、

③は容易です。問題は前傾が崩れやすくなるので注意です。

前傾が浅い人、右肘曲げインパクトで伸ばして低く長く出来ないと

トップになります。


頭の逆行もてこの応用です。

 以上、①~③を昨日ゆったりとしたスイングで試してみましたが、

左肩が使えない、ゆったりスイングでも効果抜群でした。 

以上全ての、テコの応用のためには全身の力が

想像以上に抜けている必要があります。

トップなんか適当でもOKでした。その意識の方が良いですね。

捻転もそれほど気にしなくても最低限維持できればOKです。

するとトップでも全身の力は全く抜けてかなり余裕が出るので

ハーフウェイまでのコック維持も楽です。

その後もテコを利用すれば良いと信じれば、力みも要りません。

しなり作りもタメとテコ、ダウン後も両足の蹴りがエネルギー

になるので上半身には腹筋以外用がありません。

ですからビジネスゾーンでもフェースローテーション管理

に集中でき、ゆったりしたスイングで容易になります。


 もしかして怪我の功名!!分かっているつもりでも

力を抜く事が、完全には出来ていませんでした。

これが「アマは50にならないと上手くならない」と言われる所以でしょうか。

衰えて力が抜けて初めて理想のスイングに近づくのかもしれないですね。

私はもうこの左肩ではドラコンは再起不能でしょうから、

おとなしくスコアメイクに徹します。

でも、昨日レンジで3I は220、ドライバーは楽に270行ってましたね。

頭逆行、脅威ですよ!!

やはりタイガーのスイングはすばらしいですね。

他のプロのビデオを使用しようと思いましたが、

良いものはなかったです。

ワンプレーンの新生タイガー、我々にとっては最高の教材ですね!!


 あ、皆さん大方、前傾とお尻り突き出しが浅すぎます。

棒立ちではプレーンの維持も前傾の維持も困難すぎます。

クラブと腕は前に振るので遠心力で前に引っ張られます。

この遠心力は結構大きくて前傾が崩れたり、腰が前に出てしまう

原因です。 そのため、スイング時にバランスを取るためには、

結構後ろに重心を持っていける様にしないと腰が前に出て

前傾が維持できません。 これを分かっていないと頭逆行スイングは

できませんよ。 最も頭の逆行はオーバードゥーになりやすいので

相当上級者でないと無理にやらないほうが良いと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

確実に左に乗る方法 1 気がつかない重要注意点

6/3PM13:00訂正版です。
 
今日久しぶりにレンジに行ってきました。

左肩が痛かったですが2時間も打ってしまいました。

目的はヘボな打ち方の原因のチェックです。

なぜ説明しても出来ないのか? その原因を実際に

ヘッポコスイングで試して、チェックしてきました。

レッスンプロではないので、こんなことは初めてで、

昔の直し方も既に忘れつつあるからです。

しかし、非常に多くの収穫がありましたよ!!

あなたの悩みの多くが解決できると断言します。

マジです!!


 項目ごとに後日また詳しく書きますが、 

 まず、練習場での殆どの一般アマの特に重要な欠点を挙げます。

① バタバタして落ち着かず、体の使い方に無駄が多すぎ、

  軸が定まらないためふらふらし、体の動きが速すぎる

  また、全身不必要にトップから力み過ぎです

  力むから体の全ての動きもぎこちなく、滑らかさがない。

  てこの応用がなく腕でダイレクトに引っ張りまわしているので、

グリップの動き=ヘッドの動きに近く、

  腕の動きが激しすぎ、これでは全く反復性なし。


  これは、本来必要な機能ができていないから、

  スイングが出来ず、腕力に頼らざるを得ないからです。

  グリップスピードの速いタイプが多い。
  

② ビジネスゾーンで腰が全く入っていない。 

  これをができている人は、かなりの上級者。

  既存のレッスンで教えているのを聞いたことがない。

  これが出来ないと、左膝伸び上がりの状態で頭を後ろに

  後退し、かつ左足に乗ることは不可能です。保障します。 

  ゴルフしか知らないプロには理解できないでしょう。

  そんなものです。 ツアープロでも出来ていても

  理屈が分かっていない人多いですよ。

  
  下の写真を参照してください。

腰の入れ方


 左足が伸び上がっても頭が上がらない。また窮屈な体制でも

スパインアングル(前傾)も完璧に維持している。

右膝は決して前に出ず、黄金ライン上にある。

前傾維持

 ③ 丹田、腹筋に力が入っていないため、重心が高く、軸が不安定で、

  スイング全体に張りがない。 切り返しでの腹斜筋等の捻転を

  使えないため、腕力に頼らざるを得ない。




ざっとこんなもんですが、解決方法は


① 腕で振り回しているので、トップから体、腕の動きが

  落ち着かず、とにかく速すぎます。

  タメ、腰入れ、てこ、をしっかり使えば、

  体はかなりゆったりで、グリップスピードがゆっくりでも、

  ヘッドは十分に高速で走ります。


  体と腕を故意に速く動かすことはむしろ逆効果であるこ

  とを肝に銘じ、体はゆったり振ってもヘッドは高速で走る

  ことを体感しましょう。

  上級者はかなり動きがゆっくりです。

  ゆっくりというのは、無駄がなく、必要最低限という事です。

  ゆったり、振れればフェースローテーションは

  非常にゆったり落ち着いて間に合いますし、

  そのほかの動きもはるかに容易に、正確になります。


② 左足スウェイさせず踏ん張り、腰椎を立てて腰入れて、

  フォロー最後までグ―――と押し続けていきましょう。

  全身を腰を入れることで押していきます。
  
  これにより後退した上半身もグーと力強く左に乗っていきます。


  また、球に体重をのせ、低く長いフォローが可能になります。

  武道では必須の動きです。
  
③  腹斜筋による捻転の蓄積。体幹筋肉のうち意識できる

   大きく、非常に重要な筋肉で、反復性が高い。

   切り返し以降非常に需要で大きな威力を発揮できます。


   この辺は個人差だが、私はアプローチは腹斜筋で打ちます。   
   
   捻転、重力、様々のタメの開放、

   腰椎の腰の押し込みと、左足の伸び上がりと並んで

   非常に需要なスイングの原動力です。 


 以上でも、恐らく最悪はがガチャガチャ動きが速すぎ。

最も、手のスピード=ヘッドのスピードに近いので、

そうせざるを得ないのでしょうね。

だから、それにつられて体中がどたばたになり、

大事な動きが全くおろそかになっている。

グリップスピードで大体分かりますよ。

ゆったりスイングできる人はグリップスピードが遅い。

バタバタしてる人はグリップスピードが速い。

これは、タメが大きいとインパクトでグリップを

減速しないとシャフトが戻り切れないこともあります。

減速というと語弊がありますが、軸を維持すれば

振り回す必要がないのです。

 ダフリの原因は間違いなくアーリーリリースです。

一度アンコックして伸びたら、もう二度と修正不可能です。

あとでどう取り繕うが、何をやろうがダフリます。 

ダフリを直そうと躍起になっている人が多いですが、

悩む余地などなく、全然簡単な話で、

早いリリース、アンコックを適正にするしかありません。


 もうひとつ、右腕を殺して、左腕リードが強すぎる。

よく右リードだ、左リードだと騒ぐ人達がやたらと多いですが、

両方必要なのです。それに、時と場合によるのです。

右リードでも左リードでも自分に合うほうで良いと思います。

しかし、程度もんで両方必要です。

何事もオーバードゥーはダメですよ、極端が多すぎる。

フェースターンは右手が左手を追い越すことで起きます。

左腕リードのオーバードゥーで、左腕でフォローまで

引っ張り続けている人が多いですが、

それでは永久に右手が追い越せないので

永久にスライスは直りません。

良く考えて理論的に判断しましょう。


 フェースターンには、秘伝の方法があります。

リストターンは最悪です。

腕による右腕内旋も、左腕外旋も反復性に欠けます。

どうやるか知っていますか?

これもレッスン書では見かけませんね。

出来たら、あなたのゴルフ人生で最大の発見になるかも。

実はまだアマチュアの大きな欠陥があります。

秘伝です。また次回。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スウェイ防止方法、正拳突きの秘密 2

 タイガーはトップから一度沈み込み、インパクトに向けて

伸び上がります。 何のためでしょうか?

更に、その瞬間、頭が飛球線後方に戻ります。

これは何を意味しているのでしょうか?

ビハインド・ザ・ボールのオーバードゥー?

ぜんぜん違います。 本当は恐ろしく大事なのに

日本ではレッスンで無視されてるんですよね。なぜか。

分かりますか? 分からなかったら、



 絶対スウェイしない方法=

絶対股関節に乗らざるを得ない方法
で、簡単です。

足裏インサイド加重で膝を伸ばせばOKです。

これだけです。超簡単です。 誰でも出来ます。

やってみて下さい。 出来るはずです。

左足を一本の棒の様に使って体重を乗せれば嫌でも

股関節に圧力を感じるはずです。


 ではタイガーはインパクトでどうでしょうか?

下の写真を見て下さい。そのまんまです。

左膝なんか伸びきっています。

じゃあ、そうしましょうよ。 

これであなたのスウェイは解決です。


おめでとうございます!!

でも、オーバードゥーはやめましょうね。


 なぜ、スウェイが起こるのか? 

膝の位置がずれているからです。

正しくするにはインサイド踵寄り加重で、

膝はなるべく伸ばす。


これで膝は正しい位置に行きます。


 まずいのは

① インパクトで左膝を曲げすぎること。

② 足裏アウトサイド加重

③ フォローで足裏爪先加重
(インパクト後、爪先から踵に移動する)


で、ココに注意すれば股関節から外れることはなく、

スウェイはしません。

じゃあ、上半身はどうする?

大丈夫です。

腰から下がスウェイしなければ、

上半身は絶対にスウェイしません。


ダメだったらコメントしてください。

左膝伸び上がり


 次は秘伝 正拳突きの秘密の続きです。

左膝が伸び上がった瞬間。その反発エネルギーの

ベクトルはオレンジ線で、上半身が飛球線後方に戻り、

頭が明らかに戻っているのが解ります。

上に伸び上がってるんじゃありません。オレンジ矢印方向です。

その証拠に頭は一切上がっていません。

これは後ろへの体重移動とは明らかに違いますよ。

左足を蹴っているので左足加重です。

左サイドと頭が一瞬バックして、逆に右サイドが出て行く。

同時に右足、右腰も押し込んでいるので全体としては体重は

左に移動しつつあります。

よく首を痛めるといいますが、大ウソです。

首なんか痛める訳がありません。

腰がスウェーして首だけ無理やりに

ビハインドザボールにするからです。

首を痛めるのは根本的にスウェーで無理があります。

左サイドの腰から上体が全部戻っているのですから。

痛めると言う人は本当の理論を解っていない証拠です。

頭だけ残すのと、とんでもなく大きな

勘違いをしているのです。


正拳突きが解れば、簡単に解ることです。

 これにより、左サイドは意識しなくても

切れて後ろに回転し、

右サイドと肩から下は一気に

青矢印方向に放り出されます。

右肩は前回の解説のとおり左肩と入れ替わる

まで水平に一直線にグ―――ンと出て行きます。


同時にいったん飛球線後方に戻った上半身は、

再度インパクト以降、右足の押し込みと右サイドの勢いで

飛球方向に出て行き、I型フィニッシュになります。

これで、明日から、あなたのおやじスイングは

劇的に変わり、タイガーに間違われるほどになるのも

そう遠くはないでしょう。(たぶん、ムリ)
 


 とはいっても上半身を戻すほどはオーバードゥーでは

強烈な腹筋と背筋力がないと破綻します。

自分の能力以内にしましょう。

ゴルフでオーバードゥーは禁物です。

 次回も、規定概念をぶち壊すゴルフ革命です。

図解体重移動と意味不明の「レートヒット」の大嘘の大罪。

信じて読んでくださればシングルも遠くないと自負しています。

ゴルフはほんのちょっとした切り替えで劇的に変化します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肩は水平に直線運動 回転運動はNG

 「肩は水平回転」だとか、「前傾なりに回転」だとかよく

議論されます。

これ程無意味な議論も世の中珍しいと思います。

「ボディーターン」や「レートヒット」に匹敵するピントはずれで

ナンセンスな、アマチュアゴルファーを陥れる議論です。


断言しちゃいます!!


 まず、左肩はどうでもいいです。

無視しましょう。要は右肩です。


どうせ繋がっているのですから片一方だけ意識すればいいのです。

左右バラバラに動かすことは人類には不可能です。

トップでは左肩より「胸」の向きを意識した方が正確です。

 切り返し以降は確かに結果的に左肩の開きを見ますが、

操作しているのは右肩なのです。

右肩が黄金ラインより内側ならば左肩は必然的に正しく

動いているのですから。



少しでも意識をシンプルにするために、左肩の意識を捨て

より重要な右肩に集中しましょう。


 では、右肩はどう動くのでしょうか?

水平回転? 前傾に沿って回転運動でしょうか?

そうイメージするべきだと思いますか?

そんなプロも、上級者は存在しませんよ。

右肩は水平に直線運動です。

トップから肘が降りてプレーンに乗るまでは

助走です。

そこまでは右肩の位置は右肘で決まりますから。

そこまでは水平にただ移動するイメージです。

前傾に沿ってとか、くそ細かいことは考えません。

水平移動のイメージです。

この時右肩は右踵上にあります。写真黄色線


右肩の移動


右肩の位置移動の意識はここがスタートで、

ターゲットは一直線に左つま先方向です。写真赤線、ピンク線

この間、右肩は水平に直線運動です。

肩の回転の意識など持ったら肩が前に出ます。

回転運動のイメージなど捨ててみましょう。


 前傾に沿って下がる理屈は前傾しているからこそ

本人には全く関係ありません。 前傾しているからこそ、

意識は水平で前傾に沿って行くのです。 


第三者から見た軌道など、どうでもいい。

下がると思ったら前傾以上に下がってしまいます。


 とにかく意識すべきは、

肩は(右肩は)右肩踵上から左つま先に

水平に一直線に移動です。

そして左肩と入れ替わるのです。


その他のくそ細かいイメージは持ってもデメリットしかない。

Simple is best !!


この水平、直線のイメージで肩が前に出ず、

膝も前に出ず、右肩が落ちません。

どんなにタメを意識しようが肩の動きと腕の動きは

全く関係ないのです。

肩は水平、直線。


腕は右体側上から、左もも付け根に落ちるのです。

よく縦に振るという、いい加減なことを言いますが、

縦ではなく明らかに体の正面で斜めです。

この肩と、腕の動きはまったく別の動きですから、

絶対に混同しない。 別の動きと切り離して身に着ける。

多くの方がボディーターンの呪縛のせいでごっちゃにしてします。

完全に分けて考えましょう。

 
 「ボディーターン」という意味不明な言葉は、

いちアマチュアゴルファーとして非常に迷惑なものでした。

私はこの言葉と「レイトヒット」という極めて語弊のある用語は

日本人ゴルファーとして最も罪悪な言葉だと思います。

 ボディーターンで腕が振られるなどという、

おろかな理屈が通るはずがないのですから。

ボディーターンの理論では腕を縦に振るためには、

肩を下げなければできません。

このせいで苦しんでいるゴルファーがなんと多いことか。

日本ゴルフ史上、ワーストワン大賞です。


「ボディーターン」などというナンセンスな理論を

鵜呑みに信じていては、一生うかばれませんよ。

 
 腕の動きと、ボディーの動きは連動性は大事ですが

あくまで連動であって、主従関係はありません。

ボディーターンの呪縛を捨て去ることが、

右肩下がりや、もろもろおかしな欠陥スイングの最大の解決方法です。

次回、「レートヒット」というもうひとつの意味不明な、迷惑な

罪深い言葉について書きます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR