ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

V字に振るためのグリップ 2 インサイドへ上げすぎの修正ドリル 

 以前ご紹介した、元研修生のおぢさんゴルファーさん

のグリップの補足説明の記事をご紹介します。

元研修生社長のGOLF日記 V字に振るためのグリップ

いつも写真がたくさん付いていて非常に分かりやすいです。

要点を付いていて私も参考になります。

 大変うれしいですが、ちょっと私のこと過大評価しすぎで(汗)


以下、引用です。


「 さて、左手の握り方を掌の中でテコのようにして握ったのは、
上側の筋肉を使わない で上げるためです。
わしづかみにした場合や指先で握ると上側の筋肉で上げるしかなく、
左の脇が締まって上がりません。

同じく右手ですが、
指先で握り、中指と薬指でグリップを下から支える様に上げます。

人差し指側の筋肉を使ってつまみ上げてはいけません。
人差し指は上側の筋肉と直結です。 両手とも同じ事です。

右人差し指の付け根にクラブが乗るとお話ししましたが、
右手が “自然”に使える位置に上げるためで、
積極的に右手を使えばスイングを壊します。

「じゃあどこに気をつけて握ればいいの?」
「ちゃんとグリップ出来ているのかな?」
の答えとチェック方法をお話しします。

まず、両手をグーで握ります。
9cbf24ac.jpg 8d623640 2
この握り方が力のはいるグリップの基本形になります。
クラブを握ったときに前腕と手の甲の作る角度が
この握り方と大きく変わる方は、ここに注意して握る様にして下さい。
左右ともです。
フライパンを持つ手もダンベルを持つ手も
同じように力のはいるグーの形になっているはずです。

次に上げはじめです。
クラブを左手一本でグリップして構えます。
左手首を下から右手首で支えます。両手の甲を合わせる感じです。
cb84cb56-s 3 1eb27dd9-s 4
この形から両手で右上に上げ始めて下さい。
いかがでしょう?
9e94c879 5 20179a2b 6
左右の脇が締まり、左の小指側3本指が締まり、
クラブがトゥの方向に向かって上がるのを感じますか? 
65b77840 7
今度は普通にグリップして上げてください。 どうですか?
普段のスイングでは、両脇がゆるゆるじゃありませんか?

この上げ方が両脇の締まった、効率よく力を伝えられるテークバックの基本です。
支えもなく一人で普通に上げられる様に練習して下さい。
素振りで充分身に付きます。

体全体の力を効率よくクラブヘッドに伝えるのに大切なことは
両方の脇が締まって、クラブを真下に強く振り下ろせるグリップをすることです。

例えば、小学校の頃にやった棒のぼり、運動会の綱引きなど
体から離れた両手を体の近くに引き寄せる動きが必要な運動では
力を入れるために自然と両脇が締まります。


ゴルフの場合たかだか300~400gのクラブを上げ下ろしするため、
ただ振るだけでは脇が締まらなくても振れてしまうんですね。

V字にクラブを振るとはトップからボールに向かって
クラブを遠回りさせずに一直線に下ろすことです。


つまり、体に対しての手とクラブは常に体の幅で動き
脇が開く方向には動かないと言うことです。」



 以上、おじさんゴルファーの記事のご紹介です。

非常に要点がうまくまとまっていますね。

内容が濃いです。 巷のティーチングプロ以上ですね。

驚いたことに綱引きという私と同じ感覚で表現されています。


 スイングはもちろん一瞬なのでその中でいっぺんに、

いろいろな事を意識してやるわけには当然いきません。

そんなことは誰でも十分に分かっています。

シンプルで簡単だと言う方のご意見ももごもっともです。

既に出来る方はそれでいいのです。

 しかし、様々なことを吸収して、練習して、完全に習得して

初めて全てが無意識なシンプルな動作になるのであって、

ゼロの状態からシンプルで簡単だといっても無理です。

私も毎日子供に教えていますが、当然シンプルで済む程

簡単な訳がありません(笑)


 スイングは本来あまり分解してはいけないことも承知の上で、

あえて分解して説明し、各人で必要な部分だけ

取捨選択して吸収していただくしかありません。

その取捨選択の能力が実はゴルフ上達の腕と

能力と言えると思います。

 
 今回のおじさんゴルファーの記事では、

まず、「力の入るグリップ」と仰っています。

写真でもゆるゆるのグリップではありません。 

軽いグリップとルーズなグリップは違います。

 
 左グリップで上げてますね。

右で上げると

1. 簡単に摘み上げてしまいがちで肩が回らない

2. インサイドに開いて上がりがち、インサイドクロスになりがち

3. 右肩支点でのダウンになり易くスティープになりダフリ易い

ただ、テークバックで左腕で押す意識が強すぎると

今度は左腕が必要以上に力み硬くなります。

テークバックで一度硬くなるとダウンではもう戻りません。


絶対に硬くなってはいけません。

また、左肩が下がり、ダウンで今度は右肩が反動で

下がります。 この辺の注意が必要です。

また、これは左腕リードとは全く違います。


 ちなみに私は左腕と胸で上げてます。

左腕だけでは力んでしまいます。

右腕主体で上げるとどうしても簡単に上がってしまい、

インサイドに開いて上がりやすくなり、

また、ダウンではスティープになりがちなのが

気になるからです。


 両手の甲を合わせるテークバックのドリルは、

非常に優れていますね。 

両肘の間隔が閉まり、両脇も閉まります。

そして決して体正面から外れません。

これならインサイドに開いて上げ過ぎの人も、

インサイドにあげたくても上げれませんね。

テークバックだけでなく、ダウンのドリルにも更に良いですね。

左右の腕が一体になり三角形が崩れません。

腕と体が一体になりインパクトで同調します。

 左腕リードの意識では絶対にこうならず、

右腕も体も同調せずにばらばらになります。

どちらか片腕リードはありえないのです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

大ニュース!! ジャカルタのウサギさんが海外でクラチャン奪取!! おめでとーっ!!

お友達の、辺境のいや、異国の地 ジャカルタ在住の
 
トップアマ(でしょ!)の うさぎさん
 

うさぎのジャカルタ便り http://blog.goo.ne.jp/bawwawwaw1045

が、クラチャン決勝戦で余裕の 3up to 2 で、

ジャカルタのゴルフ場オーナー、大富豪の

HC6の娘さんを相手に終始リードの完勝で、

なーんと、クラチャンに輝きました!!


おめでとう!!! 


プロの宮里藍ちゃんに続いて、

日本人女性はアマも海外で大活躍ですよー!! 

日本の誇り、ご立派ですっ!!




 うさぎさんの日頃の努力や、意識の高さ、心構えが

普通じゃないと思いましたが、やっちゃいましたね。

日本人女性が海外在住のハンデを乗り越え、

クラチャンとは本当にご立派です!!


 皆さん、日本男児も見習わねばっ!!

明日からウサギさんを見習って、

クラチャン目指して毎日、腹筋100回、

素振り100回、おまけランニングですよっ!!



私は取り合えず、ますます娘に賭けます!


もー、やる気満々ですよー。

日本人は女子の方が遥かに世界に近い!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肘下向きスイングのイメージ

 背面打ち、腕は立て振り、V字に上げ下ろし、ダウンブロー等で

縦振りのイメージが極端になりすぎると、

今度は軌道がスティープになりすぎる弊害が出てきます。

振り方が分からなくなってきたとのコメもありました。


 では、ダウンは重力で自然落下だとすると、

自然落下がなければどういう動きになるのか

解説します。


肘は下向き convert_20090726163920

 この写真の通りです。

落下させなければ腕は全くこの通り動いています。

両掌を上向きにすると両肘は終始常に下を向きます。

両掌を上に向けて重ねると、よりスイングに近くなります。

この水平素振りが基本で、これにV字の上げ下ろしが

加われば基本的なスイングになります。

クラブをグリップすると分かりにくくなりますが。

グリップの方法はこの肘の状態のままで、

両前腕を内旋させてグリップします。


 ドライバーは最もフラットで、ティーアップして、かつ、

あまりダウンブローでバックスピンを増やしたくないので、

このスイングイメージが強くなります。


 これを見て「じゃあ横振りではないか」と思われると思います。

しかし、体の回転による横降りと、腕によるV字の縦振りは

分けて考えないとスイングが複雑になりすぎ、

再現性が維持できなくなります。

V に 体の回転が加わって \_/ になれば腕も

横振りに見えますが、腕の横振りを強くすると

シャフトが寝やすくなり、フェースが開きやすくなります。

また、手振りを助長し、体の回転との同調性、一体感

がなくなり、再現性、方向性が維持できません。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

クラブ投げで球に力を加える方向の確認 リリースポイント

 会社の確定申告で更新が遅れました。申し訳ありません。

今回は、クラブ投げで球に力を加える方向の確認です。

どんなに正しくスイングしても肝心のリリースの方向が

間違っていたら球はばらつきます。

どこに向かってリリースしているのか、

実際と自分のイメージとはかなり違います。

 そこで非常に良い確認方法があります。

それがクラブ投げです。 

ただし、危険ですから十分に注意してください。


 初めてクラブ投げをやると殆どの場合、

飛球方向に投げたつもりでも左上に飛びます。

中級者でもほぼ全員そうです。

要するに殆ど全ての人は理想よりも、イメージよりも

遥かに上に向かって振っています。

これは確実に想像以上ですよ。

やってみたらあまりの酷さに自分でも飽きれるはずです。

左上どころか左後ろに飛ぶことも本当に良くありますので、

非常に注意が必要です。


 慣れたらドライバーとサンドウェッジでフルスイングで

飛球方向で、水平より少し上に飛ばします。

回転しながら水平に飛んでいけば正しいベクトルです。

あまり低いと激しくバウンドしてカーボンシャフトを

傷める可能性がりますので、水平より少し上で良いと思います。

これが100%できる様になればOKです。


 良くレッスンで「すくい打ち」と言いますが本人は

全くすくい打ちの意識はないケースが殆どです。

しかし、クラブ投げをしてみると直ぐ分かります。

自分のイメージより遥かに低く投げてやっと水平で、

意識しなければ普通のゴルフスイングはほぼ全て

慣性で自然にすくい打ちになっているのです。


 
 今は、河川敷や砂丘でもゴルフの練習は法的に禁止

されていますので、完全に密閉されたかごで一人で

やるのがベストですが、

私はホームコースの午後の誰も居ない後ろも広く開いた

レンジでスイング修正したときや、調子が悪いときに

ポイ、ポイします。

最初は10ヤード位軽く、段々強く最後はヘッドの重い

サンドウェッジとドライバーのフルスイングで確認します。

ヘッドは思い切りインにフォローまで振りぬいても、

リリースの方向は飛球方向でないと必ず引っ掛けます。

なれないと結構微妙なタイミングですよ。

リリースポイントが重要です。

私は10回位投げれば確認できます。


 要領は

1. ハンドファーストがきちんと出来ている

2. アンコックが速いとハンドファーストにならない

3. 右肘がインパクトで伸びきっている人も同様です

4. 体重が左に乗り切らない人も難しいです

5. スナップを使う人も激しくばらつきます

ですが、最も大事なことはリリースポイントが

一瞬でも遅れると球に加える力のベクトルは

上を向いてしまいます。

 ソフトボール投げで力むと上に暴投してしまいますよね。

低く水平な速球は非常にリリースポイントが難しいです。

それと同じです。

このリリースポイントを正確に再現してなおかつ

左インサイドに大きい円弧で高速に

振り抜かなければなりません。

 初めての人は、目からうろこ間違いなしですよ!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

誰でも簡単にプロの様に右肩が出たフィニッシュがとれる秘訣と体感ドリル 2

 質問が来ましたので、右肩が出たフィニッシュのPart2です。

下はタイガーの後方からの連続写真です。

 フィニッシュで肩がプロのように回らないのは、

フォローでプレーンから外れているからです。

バックスイングとフォローは対称です。

バックスイングが飛球後方に正対した体の右肩に入るように

フォローでは飛球方向に正対した体の左肩に抜けていきます。

多くのアマは左肩どころか左耳く位に落ち着いてしまいます。

体が回転する前にヘッドが上昇軌道に入っていしまうからです。



 白線の十字はティーの位置を示しています。

黄色線はフェース中央の軌道、

赤線は飛球の軌道です。

 多くの方はボディーターンを体の回転リードと解釈するために

インパクトで既に体が回りきっています。

そのため、インパクト以降体の回転が不十分で

ヘッドがインサイドに入ってきません。


タイガー フォロー 1
タイガー フォロー2

 フォローでもトップと左右対称で右腕はショルダーライン

に沿って上がっていく。 そして左前腕は垂直に左上腕は

肩の高さでほぼ水平。 

トップとフォローの肘の高さと腕の角度、形を体に叩き込む。


タイガーフォロー3

トップで左腕はショルダーラインと一致、右前腕は垂直、

上腕は肩高さで水平。 フォローとは左右対称になる


トップショルダーライン


 インパクト以降、体は最も回転します。

クラブは上げるのではなく遠心力で自然に

上昇軌道に乗ります。

そのクラブに引っ張られるように体はスムーズに

飛球方向に正対するまで回転します。

 
 ヘッドは体の前でV字で自然に遠心力で上昇します。

しかし、体が回転するため外見では

 \/ ではなく \_/ こうなります。

_ この底辺の間にインパクトゾーンを終え、

更にインサイドに低く入っていきます。

そして、回転している左肩方向に向かって

かなりインサイドに斜めに上昇していきます。

フォローはバックスイングと対称的に

ショルダーラインを通り左肩からクラブが

抜けてきます。

トップで右前腕は垂直ですが、

同様にフォローでは左前腕が、フォローの最後の写真のように

左体側上で垂直になります。 左上腕はほぼ水平です。

この形に、持って行くためには恐らく今までよりとんでもなく

低くインサイドに振る感覚です。

しかし、意識的にインサイドに振ってはいけません。

ヘッドを上げないで体の回転を優先させるイメージです。

そして、前傾を維持することによって、

フォローで左サイドに空間を作り、腕とクラブが

後方まで回転し易くなるのです。


 これをマスターするとヘッドスピードが上がり、

恐らく最初は引っ掛けがでる可能性が高いですが

スナップや前腕の多用で振らず、

体がしっかり回転すれば決して引っ掛けません。

意図的にインサイドに腕で振って形をまねると

引っ掛けます。 

そこで、クラブ投げでチェックする必要がでてくるのです。


 とにかくインパクト以降はクラブは上げない事が重要です。 

「クラブは上から下」に振るとは、下から上には

振らないということです。 

遠心力で自然に、勝手に上昇します。 

佐藤清一プロも毎週言ってますいよね。

上に振るなと。 上から下にインに振れと。

ボールへのパワーの伝達では上方向の力のベクトルは

一切ありません。


 とにかく、ヘッドが上がる前に体を回転させる。

左に振るためには通り道を作るために前傾を維持する。

そうしないとプロの様なフォローはできませんし、

できても引っ掛けます。


 スイングアークが大きいとはフォローのこの動きを言います。

これができればヘッドスピードは大幅に加速します。

そのうち石川遼君のスイング分析もしますが、

遼くんの飛距離の秘密はこのフォローの大きさで分かります。

プロの中でも圧倒的な驚きの大きさです。

ここに振っても曲がらない秘訣があります。

また、振る分ローテーションもかなり強いです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

簡単にドローを打つ方法 クローズドスタンスのボールポジションのとんでもない勘違い

 今日は簡単にドローを打つアドレスの秘訣を

紹介します。 

 良くレッスン書でドローを打つためには

現状よりさらに「ボールを左側に置け」と言う

レッスンが多いです。本当でしょうか?

理屈としてはヘッドがインサイドに戻ってきてから

インパクトできると言うことですが、

実際問題アマチュアでは、更にスライスを増長する

可能性の方が高いです。非常に無責任なレッスンです。

なぜか? その原因と対策について解説します。

知りたかったら応援お願いいたします。


ドロー クローズドスタンス




 最近、良くフェードの方が主流でドローは危険だと言います。

しかし、「球を捕まえる」と言うことは基本として非常に重要なことで、

それができずして進歩はありません。

当然、ドローが必要な場面もラウンド中に何度もあるわけで、

フェード一辺倒では戦略的にも厳しいと思います。


 ご存知のように、ドローを打つには、クローズドスタンスが

有効であり、実際、大型ヘッドの隆盛の現在では石川遼くんや、

多くのプロがクローズドスタンスを採用しています。

膝、腰、肩がスクエアなら問題ありません。


 では、クローズドスタンスでの大きな勘違いについて、

説明いたします。

下図の1. は通常のスクエアアドレスで、ボールの一般的な

ポジションは左足踵内側です。


 ではクローズドではどうでしょうか?

2、3のどちらが正しいと思いますか?

殆どの方は右足を後方に真っ直ぐ引くだけで

ボールのポジションはレッスン書の指示に従って、

オレンジのボールのようにむしろ更に外に置くでしょう。

 ボールが左側に遠くなると、どうなるのでしょうか?

離れたボールに届かせようと体がボール方向に

スウェイして突っ込みます。 

そして、右肩がかぶります。

ますますスライスがひどくなります。

押し出してプッシュスライスかそれを嫌って手でこねて

チーピンが関の山でしょう。


フェースが戻ってくると言うより殆どのケースでは

アウトに出っ放しになってしまいます。


 3.の黒線のボールが正しいボールポジションです。

図は足、球の位置ともに少し大げさに書いてありますが、

1. のアドレスで多少右を向いたのと同じことです。

そして、球はスタンスなりに赤線方向に打ち出しますが、

もちろんフェースの向きは紫線の様にターゲット方向青線です。


 今回のアドレスと前回の記事のフォローを組み合わせて下さい。

インパクトで左脇を閉めて左腕のローテーションが

正しくできれば必ず必ず右に出て、ドローボールになるはずです。

少なくとも最初から出球が左に出て引っ掛け気味になる

ことは大幅に減少し、ドローの前提条件である

球を右側に打ち出すことが可能になります。

 注意点はアドレスで左肘を内側に絞ることです。

ヘッドを少し球から離して内側にセットして、

その分左肘を体の中心方向内側に入れ、

飛球線に対してなるべく垂直に近くします。

インパクトから左脇閉めでインサイドアウトの軌道が

左腕の自然なローテーションによりインサイドに、

慣性によって巻き込まれるようにボールを包み込む

ような動きになります。


手首でこねてフェースを返そうとしたら台無しで、

進歩は絶対にありえませんので、自然なローテーションを

体得しましょう。

 レッスンの信じられない勘違いは山ほどありますよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

誰でも簡単にプロの様に右肩が出たフィニッシュがとれる秘訣と体感ドリル

 ドライバーショットでは、今のプロはほぼ全員が

右肩が飛球線方向に出て、左肘は肩の高さで

飛球線後方に向き、胸は後ろ向きまで回った

大きなフォローのI字型フィニッシュをとっています。

 多くのアマチュアはこのフィニッシュは体の柔軟さや

熟練を要する高度な技術だと思われているでしょう。

しかし、実は体の硬さは殆ど関係なく、

誰でも簡単にできる秘訣があります。

知らなかったら、異次元の感覚ですよ。




ビデオで見る限り両腕のスイングのターゲットは

同一方向で飛球線方向に見えます。

しかし、実は同じではありません。

右腕の振りのターゲットは飛球方向ですが、

左腕のターゲットは殆ど飛球線後方です。

両腕一緒に動いているので、

ビデオではわかりませんが、

実は単独ではそれぞれ違う動きをしています。

多くのアマチュアは両腕が同じ動きをしているために

プロのようなフィニッシュができないのです。


 胸が後ろを向くのは歩く時の手の振りと同じ原理なのです。

普通に歩けるなら誰でも直ぐに出来るはずです。

普通に歩くようにやって見てください。

右腕を勢い良く水平まで前方に振り出してください。

同時に左手は後ろに振り出されます。

すると、簡単に胸は後ろ向きになったはずです。

論理的に左サイドを引かなかったら、

右サイドばかりどんなに出しても胸は回りません。

両サイドが飛球方向に出てしまっては、

胸が回るわけがないのです。

スウェイを引き起こすだけです。

右を出す意識ではなく、左を後ろに振る意識で

簡単にできるのです。 

歩くような意識で体重もうまく移動していきます。


これで理屈は理解できたと思います。


 では、ドリルで体感してみましょう。

この練習はタオルの先を縛って振る練習が

最も効果的だと思います。 普通のタオルさえあれば

安全なので屋内でも、屋外でもどこでも簡単にできます。

左片腕でタオルを持ち、常に肘下向きに注意して、

インパクト後数十センチ以降、左脇を閉めたまま

飛球線後方を目標に、リズム良く振ります。

ある程度で脇閉めは徐々に開放していきます。

 歩くときは左腕は重力で下方向に振りますが

水平まで上がります。

スイングも同様で下に振りますが、反動で

左肩の高さに上がるけだと思ってください。

動きは変わりません。

注意点は、体を開いて引っ張らず、

ヘッド先行で体が引っ張られる要領が肝心です。

また左腕はインパクトでロールした慣性で

インパクト以降インサイドに軌道を変えて行きます。


同時に右腕は飛球方向に振り出します。

延々と振り続けると要領が分かって来ます。

実は左腕のフォローは想像以上にはるかに

インサイドだったんだと分かるはずです。

右腕が飛球方向に真っ直ぐ出るので、

両腕真っ直ぐ出しているように見えますが、

そうするとプロの様なフィニッシュにはなりません。

このドリルでヘッドスピードもアップすることが

実感できますよ。


 このフィニッシュの長所は絶大です。

ドライバーではトップと同じ高さで左肘が

毎回同じ場所に落ち着きます。

トップと同様に、フィニッシュで左上腕が水平で

肩の高さかどうか、毎スイング確認できます。

正しいスイング軌道だったか確認ができます。

するとインパクト以降の軌道が一定になります。

左肘のたたみが一定になります。

これは大きいですよ。

打ってしまった後はもう関係ないと思われがちですが、

トップとフォローの始点と終点が決まって初めて

途中のインパクトゾーンが完全に決まります。

これによりインパクトの意識がやっと消えます。 

 左腕の振りのターゲットが後ろになることで

スイングのターゲットがかなりフォローに行きますので、

インパクトゾーンでのヘッドスピードが大幅にアップします。

トップから打ちに行く動きがかなり減り、余裕が出ます。




 しかし、大きな注意点があります。

スイングの力のベクトルはあくまで飛球線方向です。

左腕のターゲットが飛球線後方と意識するだけで

インパクトでのヘッドスピードが大幅にアップします。

しかし、その勢いで引っ張り続けると必ず引っ掛けます。

特にインパクト以降、体の回転が止まってしまう方は

ド引っ掛けを招きます。

それと、フィニッシュはあくまで結果です。

意識して作るものではありません!!

しかし、歩くドリルで体感して、タオル振りで練習して

その動きの理屈と動きを理解し、体得すれば

非常に早く身に付くはずです。


今までフィニッシュを意識していなかった方には

正しいスイングチェックの大きな武器になるはずです。


 この様なスイングの力を加えるべきベクトルの方向が

正しくない、いわゆるすくい打ちになっている

アマチュアは大多数でしょう。

このすくい打ちを自分で気が付いていない方が

テストし修正する方法は

クラブ投げです。

実際に投げてみると皆さん驚かれるはずですよ。

次回、そのドリルをご紹介します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

正しいグリップ

 今回もお友達のおじさんゴルファーさんの記事をご紹介します。
元研修生社長のGOLF日記

前回の続きです。 
「正しい軌道に上げるためのグリップ」

 また、ツインシューター はジュニアスクールでも使用されているそうで、

娘の世界ランク女子ゴルファー養成プロジェクトに

ツインシューター一式ご提供頂きました!!ありがとうございます!!

使用後感想をご紹介いたします。

今後の娘と私のレッスンもお願いしてあります!!


では、前回の続きです。 
「正しい軌道に上げるためのグリップ」

こちらと合わせてご覧下さい。「目からウロコのゴルフ術」Vol.4

以下、引用です。

「左手の役割ですが、クラブを上げ下ろしと、
その軌道を(V字です)ガイドするのが左手の役割であり、動きは「鈍」です。

クラブをV字に上げ下ろしするとは
下の写真の様に上げる事です
31c0faeb.jpg
左手の人差し指を支点にヘッドが上がり、
グリップエンドが下がる様な感じです。
このように上げ下ろしするために左手のグリップが重要です。

まず左手のグリップです。
56a19251-s.jpg 8d7ff18e-s.jpg
左手小指手首側のふくらみの下にグリップを添え、
人差し指を軽く折り曲げてグリップを支えます。

左掌のふくらみと人差し指でひっかけて支える感じです。
このテコの様な左のグリップが後述の左脇の締まりに繋がります。

支え持つ事が出来たら、
他の4本指を曲げて掌でグリップを包み込みます。
84f4b229-s.jpg
クラブを上げるときに必要な筋肉は、
物を持ち上げるのですから、本来腕の上側の筋肉です。

しかし、上側の筋肉に頼ってクラブを上げたとき、
切り返しから必要な下側の筋肉が弛緩し、
ダウンスイングでクラブが暴れます。

それを避けるために、
上げ始めに左の小指側から3本の指を締めながらクラブを持ち上げます。
なるべくグリップの下側にプレッシャーを感じながらです。

左の脇を外から内側に絞る様な動作と
併せて上げ始めるとよりわかりやすいと思います。
9687ea9d-s.jpg 58cd7210-s.jpg
よく一般的に言う、脇を締めてなどと言われるのは
下側の筋肉を使った結果論です。ただ左の脇にタオルなど
挟んだりして締めたところで、
残念ながら全く効果はありません。

次に右手です。
左手の上げ下ろしとガイドの役割に対して右手は「鋭」であり、
まさしくクラブのスピードと方向性の右手です。

右手はスナップがよく効く様に指先で握ります。
野球のボールでも、早くてコントロールの良いボールを投げようとすれば
指先で握りますね。方向性も同様で、コントロールは右手人差し指です。
7e67d163-s.jpg 0564cecb-s.jpg
スナップが効く様に右手を握るためには、
トップに上がったときにクラブが右人差し指の付け根
に乗っかる様に、アドレスで注意して握ります。
7e6f5f23-s.jpg 63f33da8-s.jpg
1ece2408-s.jpg 9db83d38-s.jpg
いわゆるおかもちスタイルです(出前のおかもちです)

右手グリップの基本的注意点ですが、

暴れ馬の右手を制御するためには左手に近づけて握ることと
あまり積極的に
右手のスナップを使おうなどとしないことです。
左に振ってくると自然と右手が使える様になっていきます。

よく右手の人差し指を、先の方に離して握る方がいますけれど
バラバラに動きやすいです。左手と右手がバラバラに動きやすい
テンフィンガーはオススメしませんが、オーバーラッピング、
インターロッキングなどお好きな握り方で結構です。

グリップの考え方が分かれば手の大きい小さい、握力の強い弱いなどで
握り方が違うのが当たり前だとだんだん分かってきます。」

 以上、引用でした。

グリップは次回も続くそうです。また、ご紹介します。


 一度身についたグリップを変えるのは非常に違和感があり

困難です。

しかし、論理的に理解できれば比較的早く修正可能です。

 たとえば、よく言われるのは右グリップの親指と人差し指の

「V字の方向が右肩方向」 です。 

なぜか?

 トップではシャフトはV字で支えます。 

アドレスから右肩方向に何度も上げ下げを繰り返して

みてください。 V字がどこを向いていたら手首がねじれず

肩方向にコックしやすいでしょうか?

グリップを変えながら何度も繰り返すと分かります。

 トップでオンプレーンなら、シャフトが水平な時に飛球方向を指します。 

ウイークグリップで右グリップを上から握り過ぎるとどうなるでしょうか?

やってみればわかります。

レイドオフ、背中後方、スイング後方ら見て左側を指します。

逆にストロンググリップで、右手を下から握りすぎると、

クロス、体正面方向、スイング後方ら見て右側を指します。

V字が右肩方向だと飛球方向に落ち着きやすくなります。

もちろん実際のスイングではインサイドに上げすぎたり、

オーバースイングでクロスしたりもしますが、

グリップが間違っていたら正しいスイングをしても

オンプレーンでスイングすることは困難です。

 試しに、右手一本で正しいトップ、シャフト水平で

飛球線方向に構えてから左手を添え、アドレスに戻してください。

ほぼ、V字は右肩を指すはずです。

右掌のグリップの向きが決まれば、左掌の向きも自然に

決まりますよね。

 ちなみに、V字はしっかり閉めていないとトップで

クラブがぐらつきます。 グリップは軽くと言っても

ルーズとは違います。

 両手の甲を軽く反らしてグリップしてみて下さい。

軽くグリップしても、V字がしっかりしますし、

グリップ全体がルーズになりませんし、

手首も不必要にぐらつきません。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

正しいバックスイングの軌道

 お友達のおじさんゴルファーさんの記事をご紹介します。
元研修生社長のGOLF日記

元研修生でツアープロを目指された方で、

私もスイングについて教わっています。

腕の三角形用の練習器具 ツインシューター も開発されています。

幼児も使えるとのことで娘用に良いかも、と思っています。



 今回ご紹介する記事は、

初歩のようで、上級者も悩ます、簡単にできそうで、できていない、

バックスイング前半の軌道です。

鏡かビデオでご自分のスイングと比較してみて下さい。

以下、おじさんゴルファーさんのブログ記事の引用です。
元研修生社長のGOLF日記 スイングの軌道

「 実際の手とクラブの動きは体に対して、
アドレスから右の上(右肩の前あたり)に上がり、
左の上(左肩の前)にフィニッシュします。
その後勢いが付いて首に巻き付いたりします。
(クラブを先導するのは両手のグリップですから、構えたときに
左肩からボールまで一直線になるように構えることが大切です)

体に対して手とクラブはどういう風に動くのか?

まず体を正面に向けたまま肩を回さずにトップに向かってクラブを上げます。
剣道の右上段の構えみたいな感じの位置です。

トップに上がったときのグリップの位置は右肩の前です。

同じ軌道を戻ってアドレスの位置~フィニッシュの位置まで
動かしてみて下さい。

両手の通り道が右肩の前~アドレス~左肩の前でVの字を通ります。
afad8821-s.jpg 50b48467-s.jpg
さて、いつも通りに構えてクラブを上げ始めて下さい。

さきほど体を回さずに上げたときと違うところを通りませんか?

“クラブを上げるとはクラブヘッドを上に向かって動かすことです”

5bdbf3c5-s.jpg
上の画像は正しい上げ方です。
ちょっと大げさにフェースをシャットにしてアウトに上げてます。
右から左に振って下さいと言うと、

まず殆どの方がクラブヘッドを上に上げずに

右にクラブフェースを開く様に動かし始めます。

この動き方は手とクラブの軌道がVではなくUの字の軌道になります。
eb42c07b-s.jpg

こちらの画像は上げ方NGです。

開いた物は閉じなければいけないのでクラブは遠回りし、
その分ヘッドスピードは遅くなり、
フェースは開いて閉じる動きが多くなるので、
曲がって飛ばないスイングになってしまいます。

アドレスから上げはじめは、フェースを開かない様に注意し、
右斜め上方にヘッドを持ち上げる様な動きが理想です。

が、グリップの基本的な考え方が出来ていないと・・・

創刊4号は月曜日
"正しい軌道に上げるためのグリップ"をお送りします。」


 以上、引用でした。


 無料メルマガでも読めるそうです!!

次回のグリップ楽しみですね。

 
 「佐藤精一の自己流ゴルフ」で佐藤プロがアマはインサイドに

引きすぎると毎回、毎回、指摘されます。
(佐藤プロはあの小さな体で日本オープン、日本プロを取っています!)

 インサイドに引きすぎるとトップでインサイドクロスになって現れ、

ダウンでクラブがインから寝て、想定よりオープンフェースで

入り易くなります。その為、押し出しや、手首をこねて

引っ掛け、の大きな原因になります。

 
 以下のドリルで正しい軌道をすぐに体感できます。

下の写真のように両手で両親指側を開いて、
(この写真はシャッターを押すために片手ですが)

ヘッドの重心点がシャフトの中心線上に来てバランスが取れるように

下から支えます。
gurippu_convert_20090715023513.jpg

 上の写真のように、体の前で、V字にクラブが上がるので、

右肩方向に少し斜めにコックされます。

この動きに体の横回転が加わるのです。

この二つの動きを足したものがバックススイングで、

この間に手首によるフェースの操作はありません。

このドリルのグリップなら操作は不可能です。

 バックスイング中、両肘は常に真下を向き、

手首や前腕による操作がないので、

フェースのリーディングエッジの角度は

体に対して常に一定です。

 ハーフウェイバックでシャフトは水平で飛球線後方

を向きます。

 アドレスからこのハーフウェイバックまでを何度も

繰り返してください。

「体の前でV字」に気をつけて、体の前から出ないように、

繰り返しているうちに正しい軌道が見えてきます。

 ハーフウェイバック以降は、右肘支点で右肩方向に

上がっていきます。


 出来ましたか? これで、鏡やビデオがなくても、

二つの動きを理解すれば、いつでも自己チェックは可能です。

極めて自然で再現性が高いバックスイングになります。


 では、「これならフェースローテーションは要らないではないか」

と思われる方が多いと思います

しかし、実際にはダウンではタメの大きさが変わります。

そのためダウンはバックスイングと軌道が変わります。

すると、やはりフェースローテーションは、

大小の差はありますが必要になるのです。

タメればタメるほどインパクト前後でのフェースローテーションは

急激になります。


 この、フェースの軌道に違和感を覚える方は多いと思います。

今までより、はるかにアウトサイドに、シャットに見えるからです。

ダフリ、引っ掛け、スライスを想像してしまうでしょう。

この点については「佐藤精一の自己流ゴルフ」を数回見れば

必ず触れていますので理解できるはずです。

軌道の内側に空き缶を置くレッッスンです。


 このドリルのグリップで常に両肘下向きに気をつけて、

スリークォーターでドライバーショットを打ってみると、

いろいろ分かってくると思います。



 以上の理由で、最近の慣性モーメントの高い大型ドライバーは、

急激なフェースローテーションを必要としないスイング=

タメの少ないスイング=アンコック、リリースの早いスイング

が良いとよく言われるのです。

 しかし、これはスイングの良し悪しではなく、

劇的なドライバーの大型化に伴う重心距離の拡大や、

慣性モーメントの増大に対応する処方箋であり、

ドライバー以外は通用しないスイングです。

そこに気をつける必要があるのです。

例えば、重心距離が短い、高重心のマッスルバックアイアンと、

大型ドライバーは対極の存在で最悪の組み合わせになります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

体全体で引っ張り込む動き 

 今、出ているアルバの保存版に出ていますね。

深堀プロの「最速で振り切るコツ」の中で、

「体全体で引っ張り込む動きが・・・」、

この上の写真がまさに私が以前書いた

綱引きのような感覚です。






 ただ、この引く動きには前提条件があります。

それは、広背筋と腹斜筋がバックスイングで伸ばされ、

かつ、ハーフウェイダウンで伸ばされた状態が維持

されていなければ引けません。 

そのためにはグリップが体に近づかない様に落下

させないといけないのです。 

伸びているから、伸びている分を引けるのであって、

伸びていないのに引いたらスウェイになるだけです。


 伸ばすためには、バックスイングで飛球後方に振る、もしくは

伸ばす必要があります。

宮里藍ちゃんは非常にバックスイングがゆっくりです。

殆どの方はただゆっくり上げていると思われるでしょう。

しかし、彼女は伸ばしながら上げているのです。

スイングアークが異常に大きいのが分かると思います。

全く軸がぶれずにあれだけ大きいスイングアークは

高等技術です。

普通はバックスイングのスピードで伸ばすので、

プロのバックスイングはアマより速いのです。

ただ、アマがこれをまねすると大方切り替えしが早くなり

アンコックもハーフウェイダウンまで我慢できなく

なりますので出来れば藍ちゃん型のゆっくり十分に

伸ばすほうが再現性とタメを作りやすいでしょう。



 そじて、更に重要なことは

「体全体で」です。 左腕、左サイドではないのです。

「スイングは回転」のイメージなら、体全体ではなく

左サイドになるはずです。

しかしこの写真でも分かるように、

回転によって引っぱるのではなく

両腕で自分の体に向かって引っ張っているのです。

最終的にグリップエンドは左足付け根に引き付けられ

左手首と左肘支点でローテーションします。

 この写真は静止した状態で手本だけ見せているので

実際はもっとシャフトがしなった状態ですが。
(フェースの向きもおかしいなぁ)

 
 この動きを生むもうひとつの条件は、

体が開いていないことですが、

切り返しで絶対に腰を回さないこと。

切り返しのきっかけは僅かな股関節間の体重移動

にとどめる事です。

切り替えしとその直後にあせって加速しようとすると、

腰が回り、体が開き、インパクト前に全エネルギーを

放出してしまい最悪の状態になります。

 とにかく、切り返しは腰、骨盤は絶対に能動的に回さないで

左股関節に軸移動してこの写真の上体を再現してください。


 「左奥歯をかみ締める」は私はやったことがないので

わかりません。 どうなんでしょうね。

深堀プロは結構スイングに力感があるので

そんな感じはしますね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ヘッドの最下点の意識 左壁の維持、ビハインド・ザ・ボール

 ヘッドの最下点を常に意識していますか?

では、パターではどうでしょう?

最下点はどこでしょうか?

インパクト前、インパクト、インパクト後。

答えは、インパクト前です。 インパクト前に最下点を

迎えるとオーバースピンがかかり芝目に影響されない

転がりの良い玉になります。

マシンテストでは圧倒的にインパクト前が

良い結果が出ています。



 アイアンはもちろんインパクト後ですね。

ですから最下点は球の先にイメージして打ちます。


 では、アプローチはどうでしょうか?

かなりの方はインパクトと思われているでしょうか?

答えはインパクト後です。 バンスを使っても、

ロブショットでも最下点はインパクト後です。

インパクトと考えるとダフったり、インパクトが緩んだり、

フォローで調節するような打ち方になり、

スピンが効いたショットは打てません。


 では、ドライバーではどうでしょうか?

なぜ、ドライバーだけ左踵内側がボールポジション

が基本なのでしょうか?

それは、最下点を過ぎてからアッパーに、もしくは

レベル(水平)な軌道にするためで、少なくとも打ち込んで

余分なバックスピンは減らしたいのです。


 では、スイングの最下点はどのように決まるのでしょうか?

回転軸よりもむしろ左肩、左脇で決まります。

ダウンブロー、レベル、アッパーで打つためには

スイングを変えずに最下点の位置をずらせばいいのです。

従って、左脇を最下点とした時、

アイアンではボールポジションは左脇より内側、

アドレスでのヘッドのポジションはボールの直ぐ後ろです。

 
 ドライバーの場合はちょっと違います。

最下点がボールの右側になるので、

ボールポジションは左脇の前か、外側が基準になります。

問題はヘッドポジションですが、

 理屈としては、レベルに打ちたいならボールの直ぐ後ろで

地面にソールしないで浮かせればイメージに近いです。

もちろん、ソールするか浮かせるかは

トゥーダウンを考慮したり、好みの問題もありますが。

 では、アッパーで打ちたいなら軌道を考えると、

例えば10cm程度ボールの後方に離して地面にソールすれば、

意識してアッパースイングにしなくても自然に上昇軌道で

インパクトでき、あおり打ちを招くことはありません。


 恐らく、最下点を意識しないで機械的にボール

の直後の地面にソールしている方が大多数

ではないでしょうか?

 この状態を、もし正確に再現したらテンプラショットです。

イメージせずに再現性のあるショットの習得が

可能でしょうか? 無理ですよね。


 更にここで重要なことは、

最下点の意識により左壁とビハインドザボールの重要性が、

否応なしに分かる点です。

せっかく最下点を設定したのに、スイング中に

左肩、頭が飛球方向にずれてしまっては、元も子もありません。

スウェイしたら実際もう終わりです。 

瞬時に手先でこねて調整するしかありません。

 インパクトでの膝、腰、肩、頭の左へのスウェイも

この意識だけで明日から格段に減るはずです。


 最下点とヘッド軌道を意識すれば、ポジションも

全クラブ、毎ショット合理的に考える習慣がつき、

再現性も確実に高まるでしょう。


 そして、球筋の打ち分けに重要なインパクトの入射角にも

気を利かせるようになってきます。
 
 ドライバーショットは、すくい打ちをする事はなくなり、

再現性がたかまり、自然に緩やかなアッパーブローで

低スピンなビッグボールが打てる様になるでしょう。



 パターの場合はスイングが完全に左右対称なので

最下点とスイング軸、脊椎が一致しますので、

オーバースピンを自然にかけるなら、論理的には

スイング軸の左が理想のボールポジションになります。

そして、球の直ぐ後にソールがヘッドポジションになります。


 最下点のイメージはインパクトを動的に点として

意識することは良くないですが、

スイング前のボール位置、ヘッド位置を含めた

アドレスの重要性と、

スウェーの怖さ、注意意識、方法の再確認と、

スイング前の球筋のイメージのために非常に重要です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

股関節での正しい前傾 コマネチ!!ラインを意識する

 前傾維持と股関節への体重移動に関連する

質問が多いので解説します。

 この二つは非常に密接に関連しています。

股関節にうまく乗れない、また前傾が維持できないのは

殆どがアドレスに問題があり、実際問題アドレスで

決定すると言っても過言ではありません。

 これまで、股関節での体重移動と深めの前傾、

またそれによる懐の維持について、幾度となく

触れてきましたが、もう一度アドレスの基本から復習しましょう。



 以下に、二つの有益なブログをご紹介いたします。

最初は代官山の美人インストラクター

まいちんさん、の非常に分かり易い写真入りブログで、

一目で要点が的確に分かります。

TVで有名な植村啓太ツアープロコーチのK's Island GolfAcademy

のインストラクターですね。

まいちん♪♪のティーチング♪♪白いですが。
http://blog.golfdigest.co.jp/user/maichatt/daily/200802/21

K's Island Golf Academy

 img200802211.jpg

前傾 姿勢の練習1

何で携帯みてるんだろう?忙しいのかな?

と思ったら鏡を携帯で撮影してるんですね。

きれいな先生で是非今度教わりに行きたいです(Ha!Ha!

膝曲げからアドレスするんですね。

始めて見ました。あっ、ジュニアレッスンでやっってたな。

img20080221-2.jpg

前傾姿勢の練習2

「」内が引用です。

「わざと深く前傾をします。 

前傾とは=足の付け根からお辞儀

をして構えた時の、胸を地面に向けて出来る背骨

がボールに向かって傾く角度です。


ただ前傾するのみではなく。。

下腹を「くっ」と深く圧しながらすると出来ます。

 コースでは普段の構えに更に下腹チェックを

してみるといいと思います。」



 
 上記のように、

足の付け根で曲げることを意識しないと、普通は腰椎で

曲げてしまいます。 で、猫背になります。

そうすると股関節に圧力がかかりません。

背筋を伸ばしながら、お尻をかなり突き出して

下腹部で股関節を押さえて

膝を曲げても同様に出来ます。

 鏡で見てこの写真位までやってみてください。

これまでとだいぶ違うはずですよ。

そうすると同時にがに股のアドレスになります。

 試しに、このアドレスで下腹部で股間接に圧力を

かけるような感じをずっと意識してスイングして下さい。

胸で押さえて前傾を維持するよりもずっと効果的

なことが分かると思います。 体重の乗った球が打てます。

img20080222-3.jpg

「」内が引用です。

下腹を入れると股関節に一層角度がつきます

練習場での練習用に、わざと深く前傾した姿勢から

次はアイアンを短く持ってみます

その時に、グリップエンド(グリップゴムの先端)

が、おへそに向く角度にセットします

そして、最後に前傾姿勢を保ったまま

ハーフスイングをしてみて下さい

そこから段々長めに持ち、下腹チェックをしながら

前傾の角度は変えずに少しずつ膝を起こして行きます

ただ単に、深くお辞儀をするアドレス姿勢ではなく

力を入れなくても下半身強化なアドレス&

スイング作りの基礎となります


分かりやすく写真で説明しますと

例えば右はミッシェル・ウィー 

左はまいちん(先生の名前です)の去年の11月のアドレスです。」

img20080222_11.jpg

「」内が引用です。

「 ダメ出し①

元々ボールを遠くに置くくせはあったのですが

新しいTaylor Madeバーナーのアイアンが届いた頃

長くてもっとボールを遠くに置くくせがついてしまっていました

ダメ出し②

まいちんは背筋は真っ直ぐで傾も深いですが

ミッシエル・ウィーの下腹がきちっと入って

股関節の角度が地面から鋭角で

膝下でも、しっかり踏ん張っていて

安定が取れたアドレスになっています




 
 右の写真の方がお尻が出ているため、

前後の重量バランスがとり易く、懐が深くなります。

背筋を伸ばし下腹部で股関節を押さえ込んでいるため、

足の踏ん張りが効いているのが良く分かります。

 ハーフウェイダウン以降腕が体の前方に振られるために

想像以上の遠心力が体の前方にかかり腰が前に出て

前傾が崩れ、体が伸び上がってしまうのです。

それを阻止するためには

お尻を出すことにより

遠心力との前後の重量バランスをとり、かつ

下腹部と股関節の角度を下腹部の圧力により維持する

ことで前傾を維持します。

同時に股関節への体重移動を容易にし、

股関節から外れ難くなります。


img20080222.jpg

「」内が引用です。

「ちなみに、片足だけでのハーフスイングも

更に立ち上がり・起き上がり防止になり

前傾姿勢をキープする練習と左足重心が肝心な

アプローチショットの練習にもなると思います。」


 
  これはナイスなドリルですね。

今度試しにやってみましょう。


 以前、ジュニアのレッスンで相撲の四股を踏むように

大また開きでお尻を突き出してるシーンを見ました。

皆さんの想像以上にお尻は出て、上を向く感じです。

足の付け根とは、たけしのコマネチの手のラインで曲げて、

そこにあてがった手を下腹部とももではさみ込むような

感覚で押さえるのです。背筋を伸ばすともっと強く

押さえ込めます。



 やっぱりモデルはおじさんより女性の方がいいなあ。

そう思うの私だけ? 

白金行っちゃおーかな?

おやじばっかのゴルフオタクブログがいきなり

華やかになりましたね!!

ナイス???


 二つ目は、前傾維持のタメのアドレスの必要性にについて

非常に良い記事がありますので、ご紹介いたします。

秦野エイト会 45度近い前傾姿勢と雑巾絞り(2009/6/7)
http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/golf/general/

以下、引用です。

「 アドレスでスイングの90%が決まると言われる。

アマチュアのアドレスは前傾姿勢が小さ過ぎる、

所謂「ユルイ」アドレスが多いが、これがアマチュアの

アマチュアのたる所以らしい。

プロのアドレス時の前傾姿勢を写真で見ると

45度に近い感じである。

実際に45度の前傾姿勢をやって見ると、目がボールに

非常に近づいているのが分かる。

このような体制だと、非常にスイングが苦しく感じるので、

ついついアマチュアは、ぜいぜい、10度くらいの

前傾姿勢で尻が垂れたアドレスをしてしまう。

しかし、10度くらいの前傾姿勢で尻が垂れたアドレスだと、

非常に体が楽だからバックスイングがアウトサイドにも

インサイドにも自由に上げることができる。


つまり、毎回、毎回、無意識の内にスイングが変る

ことになるのである。

これでは、スイングの再現性とか安定性は覚束ない。

 インパクト以降で上半身が起き上がらないアドレスを

苦しくても尻を後ろに突き出して肛門が天を向いた

プロのような45度くらいの前傾姿勢をとり、顔(目)が

ボールにかなり近づいた形にしなければならない。

こうすると、インパクト以降で上半身が起き上がらなくなる。



 つまり、スイングの再現性と安定性が格段に向上するのである。


雑巾絞り
バックスイングで左腕を左回転させ、それと喧嘩するように

右腕を右回転させると、(両グリップを内側に絞る)

(これ左右逆回転でしょうね、間違ってますね 
両腕内旋ですね ゴルキチ)

雑巾を絞るような形になり、左手の甲と右手の甲が顔(頭)

の方を向く形になる 。

何故、雑巾絞りのバックスイングがいいかと言うと、

クラブシャフトは「スック」と立つからである。

クラブシャフトと何とかは立たなければ役に立たない。

プロのような45度くらいの前傾姿勢だと、バックスイング

がすごく窮屈になって、早くクラブシャフトが立って

貰わないとトップをとることが苦しくなる。

 つまり、プロのような45度くらいの前傾姿勢と雑巾絞りは
 
セットなのである。これは雑巾絞りは、右手の肘を早く畳む

と言う効果があるからだろう。右手の肘が早く畳められれば

トップはコンパクトにできるので、

体の硬い年寄りにも向いているのである。 」



 非常に分かりやすいですね。雑巾絞りによって両脇が閉まります。

インパクトで左腕と胸が一体化します。

「アドレスでスイングの90%が決まる」、

「アマチュアのアドレスは前傾姿勢が小さ過ぎる、

所謂「ユルイ」アドレスが多い」

この通りだと思います。

 是非、美人インストラクターのまいちんコーチの

レッスンを参考に頑張りましょう!!

皆さん今日は練習もやる気満々でしょう?!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル9 ドライバーショット 落としきるとは? 右手は常に上

 今回は背面打ちでのショートアイアン以外とドライバーの打ち方です。

背面打ちでは否応なしに腕が縦に使われます。

同時に否応なしにダウンブローになり、アッパーブローに打てません。

従って、長いクラブでは多少打ち方を変えないと、

うまく打てないことに既に気づかれた方は多いと思います。



 もうひとつ注意していただきたいのは、

背面打ちと言えども通常ショットのように切り返しのきっかけは、

下半身です。本格的な体重移動はアンコックからですが、

切り返しのきっかけ(スイングのリードではなく)は、

若干の腰の移動から始まります。


いきなり手振りではダメですよ。



 質問でもありましたが、特に背面打ちでのドライバー

の場合、クラブが長いのでショートアイアンのように、

トップから真下に下ろして球を打ちに行くと、

軌道がスティープになりすぎ、クイックなローテーションが

必要となり、プッシュアウトかチーピンになります。


 これは仕方がないことで、通常ショットでも

例えば柔らかい、トルクの大きいドライバーで

インパクト直前までタメを効かせ過ぎると

クイックなローテーションに付いてこれず、

プッシュアウトや引っ掛けが多発します。


 では、その対策ですが、

背面打ちではクラブが長い分、トップからグリップを

飛球線後方に遠回りさせながら下ろしてください。

それによりダウンの軌道がシャローになり、

インパクトが点ではなくゾーンになるため、

急激なローテーションが緩和されプッシュ、

チーピンが減少します。




 通常のショットでも同様で、良く勘違いされますが

ダウンブローとスティープな軌道は全く別なことです。 

ダウンブローとはインパクト後に軌道がアッパーにならないことで

スティープに上からただ打ち込むと、インパクトが点になって

全くフェースの動きが安定しません。



フェースの動きを安定させるためには、特殊なインテンショナルショット

以外は、ダウンブローで、かつシャローな入射角でインパクトを

点ではなゾーンにする必要があります。

その結果として薄く、長いターフが取れるのです。

そのためには何度も言っているように、

 グリップを右足前まで落としきること!

落としきるのはヘッドではないですよ!

肘、グリップは重力で自然落下させますが、

ヘッドは落下させるどころかインパクトまで遠心力によって

落下しないように耐えなければいけません。





 良いドリルがありますのでご紹介します。

両膝を付いてアドレスしてドライバーでティーアップした

球を打ってください。 多くの方はダフリます。

これでダフッては絶対にダメです。


 ダフル原因は、

1. インパクト前に完全にリリースしきって手首が伸びきっている

2. シャットに上げすぎてトップでクロスしているため

 ダウンでインサイドからクラブが寝て下りてきている

3. バックスイングをインサイドから上げすぎているため

 2と同様クロスして寝て降りてくる 

4. バックスイングで右足に体重が乗り切っていないために

右腰が引けてインサイドに上がりすぎる

5. 右手が左手の下にあり、クラブが寝る


等いろいろあります。

 これらの欠点を発見し、修正するためにも

一度部屋練で試してください。

コツとしてはインパクト時に手首とシャフトの角度を

維持するように頑張ります。

手首脱力とは言ってもこれは別です。難しいですね。

 練習場でやるにはタオルか広告を持っていって

マットに敷いてやってください。手首の維持の感覚が分かります。

 結構大変ですので、これが分かると重力での自然落下の

意図が分かります。 なぜなら下に、地面に向かって振ったら

とてもこの手首の角度を維持できないからです。

必ずダフリますし、制御不能になります。




 もうひとつのドリルは、顔の前の高さにある宙にぶらさげた

ボールを、最もグリップを下げた状態で打ってください。

高さを変えても自在に打てれば大丈夫です。

手首はそのように常にシャフトが立つ様に使います。

また、その時常に右手は左手の上にあることに

気づかれると思います。

この 「右手が上」 の感覚がスイング中常に必要です。

シャフトが立ち、フェース面を感じ、維持、制御できるようになります。




 また説明しますが、

「右手は常に左手の上」です。

そうでないとヘッドが下がり、クラブ、フェースが「寝る」といいます。


 ただ、ドライバーの場合は背面打ちでなくても

45度背面打ちで十分な気もします。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル8  コンバインドプレーン理論

 コンバインドプレーン理論をご紹介します。

アップライトスイングとか内容は幾分違いますが、

腕の上下運動と、体の回転運動の組み合わせ

という点では同じです。

参考になる部分もかなりありますので、

御紹介いたします。


ゴルフスクールONLY1
http://www.kazugp.co.jp/about/combined/index.html

コンバインドプレーン理論公式サイト

コンバインドプレーン理論とは、以下の写真の、腕の動きで作る

垂直のプレーン(縦プレーン)に、体の回転で作るインパクトエリアの

スイングプレーン(インパクトプレーン)を組み合わせて、

コンバインドプレーンを完成させます。「縦プレーン」を作る

腕の動きにはクラブフェースを返す動きはさせません。

腕はクラブシャフトを高い位置から垂直に振り下ろすだけで、

これによってクラブヘッドの重みが最大限に利用されます。

そして、「インパクトプレーン」を作る体の回転は、

縦プレーンから高速で落下してくるクラブフェースをボールの

位置まで移動させながらクラブフェースをターンさせます。

この体の回転によるクラブフェースのターン(ボディターン)は、

前腕部のリストターンと異なり急激なクラブフェースの返しは

行わないため、アップライトスイングは強烈なインパクトで

ボールを叩いてもフックボールが発生しないのです。



1.腕の上下運動(縦プレーン) 2.体の回転運動(インパクトプレーン) 
conb_ani_02.gifconb_ani_01.gif

3.コンバインドスイング
conb_ani_03.gif


私じゃないですよ。


以下、要点引用です。

 「トップオブスイングから縦プレーン上に振り降ろされる

クラブヘッドのスピードに対して、インパクトプレーン上を

移動するクラブヘッドのスピードが遅いとクラブヘッドは

ボールより手前に落下してしまいダフリショットを発生させ、

逆に、縦プレーン上を落下してくるクラブヘッドのスピードに対して、

インパクトプレーン上を移動するクラブヘッドのスピードが速いと

クラブヘッドは地面に接触できずにボールの位置を通過

してしまうためトップボールを発生させてしまいます。

つまり、地面にあるボールをナイスショットするということは、

トップオブスイングから縦プレーン上を落下してくるクラブヘッドの

スピードとインパクトプレーン上でクラブヘッドがボール方向に

移動するスピードが調節され、クラブヘッドがちょうど地面に

接触するような速度関係でスイングすることが必要になるのです。

飛距離アップ

ナイスショットを生み出すことが、縦プレーンを落下する

クラブヘッドのスピードとインパクトプレーン上を移動する

クラブヘッドのスピードの関係を調整することと考えれば、

飛距離を伸ばすためには双方のスピードを上げれば

よいことになります。そのような観点から飛距離アップ

をとらえれば、縦プレーン上を落下するクラブヘッドの

スピードを上げるには縦方向に速くクラブシャフトを振り下ろす

ことができるグリップの形、肘の向き、トップオブスイングの位置、

腕の使い方などが追い求められ、インパクトプレーン上を移動

するクラブヘッドのスピードを上げるには、下半身の使い方、

体幹部の捻り方、そのための準備であるアドレスの姿勢が

導き出されます。」



 いかがでしょうか、ちょっと写真2が元気なくて、

不安になるかもしれませんが、

組み合わせであることをイメージして下さい。


 写真1は単なる助走で振らないで自然落下で十分、

写真2のビジネスゾーンから、スイングが始まる。

それまでは、自然落下がイメージできなければ、

タメを作るための「間」にも近い感覚です。 

あせらずハーフウェイまで待つ。

写真2から本格的体重移動、体の回転が始まります。

縦振りのイメージであるスイカ割りのターゲットの

スイカの位置は右足辺りの地面ではなく、

球の先30~50cm先とイメージしてください。

そこに置いてあるスイカに対して、写真2から本格的に

スイングスタートのイメージで本当のタメのある

ショットが可能になります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル7 肩のレベルターン

 良いビデオが出ましたよ!!

これで少し分かりやすくなるかな。

GDOのレッスンビデオがありました。

スライスが直る背面打ち
http://www.golfdigest.co.jp/magazine/lesson/special/hint/slice/lsh000001316699.html

 今回は背面打ちの肩のレベルターンについてです。

左肩上がりの原因は、

1. 左サイドが回転しないで詰まる

左肘がローテーション出来ないで詰まる

2. 前傾が崩れて伸び上がる

3. アンコックが早すぎてヘッドの下がり過ぎを

 防ぐために伸び上がる

4. 右肩下がり

5. 腕に力が入りすぎ

6. 体重移動が出来ずに右足体重、明治の大砲

等、上げ切れないほどあり、


 右肩下がりの原因は

1. 右肘を意識的に曲げてタメを作ろうとする

2. ボディーターンのやり過ぎによる肩の縦回転

3. 右ひざ曲がりすぎによる右サイド全体の下落

4. 左肩が上がりによる右肩下がり

5. 右腕が自然に伸びないため肩が下がる

等まだまだ他にもたくさんあります。

一度付いた癖の解決は非常に困難です。

しかし、背面打ちなら嫌でも肩はレベルターンします!!


 背面打ちアプローチの絵を書き換えました。

やはり windows ペイントでは無理がありますね(笑)

曲線の書き方がうまく出来ませんでしたが

少しイメージに近く詳しく書きました。

 右肘軌道(青線)は深い懐を直線的にへそ近くまで

行きます。そこでインパクトでフォローに行きます。

 グリップ軌道(緑)は左足まで直線でそこから自然に

ロールしてインパクトを迎えインサイドに方向転換します。

ヘッド軌道(赤)もグリップ軌道とほぼ同じイメージです。


背面打ちアプローチ 正


 前回まで、腕の上下運動の縦振り、

体の回転運動の横振り、

自然落下、スイカ割り、自然なローテーション、

体の回転の抑制、コントロール等を

少しづつ体感できたと思います。

 今回は、肩のレベルターンに意識を集中してください。

どうです?

左肩上がりも、右肩下がりもないはずです。

背面打ちでは、上記の原因が自然に

取り除かれるからです。

素振りで十分にレベルターンを体感し、

今までの自分の欠点のあるスイングと比較して

原因を見出し、矯正していくことが可能になりましたね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル6 アプローチ

 背面打ち45度に慣れたら今度は背面打ちの

下図のアプローチのハーフショットです。

腕による縦振りの上下運動と体の回転による水平運動

を二つのドリルで別々に体感します。

 そして、腕に横振りの回転運動をさせない、

体には縦の上下運動をさせないことをマスターします。


 まず、腕の縦の上下運動のドリルです。

腰の高さで、縦振りを意識してください。

左膝は曲げたまま、高さを一定にします。

手首は脱力して自然のローテーションに任せます。

ヘッドと腕の重さを感じてヒールから自然落下です。

決して手首、腕でローテーションしてはいけません。

右踵は意識して上げず、自然に上がる感覚です。

すくい上げる動きは一切なく、ダウンブローになります。

 球の位置は左足つま先横から踵横で

踵側の方が難しくなります。

踵側が打てるようになると打点が低く長いゾーン

になりターフが取れる打ち方になります。


背面打ちアプローチ 正


 
 次に、体の水平回転のドリルです

上のアプローチショットと全く同じ打ち方で、

最初から最後まで両肘を体に付けたまま振ってください。 

ボディーターンだけで振りますが、

腕は脱力していますので同時に腕は自然落下します。



 普段から両脇がしっかり閉まって、右肘が体に付いて

体の水平回転=横回転と、腕の自然落下による縦振り

が同時に出来ている方にとっては、ハーフショットの範囲では

2つのドリルは全く同じスイングになるはずです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちドリル5 45度背面打ち

 今日はまず、45度背面打ちドリルの解説です。 

通常の背面打ちは、最初の図の様に真後ろに打ちます。

しかし、いきなり真後ろで打つより45度背面打ちの方が

違和感なくやり易いです。

極端なクローズドスタンスと殆ど変わりません。

スリークォーター位まで打てますが、最初はハーフショット

で慣らしてください。 自然に強制的にローテーションが

起きますので、予想以上に手首に負担がかかります。

良く手首の準備運動してゆっくり軽く打ってください。

バランスを崩してレンジの2階、3階から落ちないように

気をつけてくださいね!

私は怖くて娘に2階では教えられません(笑


 通常の背面打ちでは、球の真横にたって真後ろに打ちます。

球の位置は図のように左足のつま先横から、かかと横ですが、

かかと横のほうが難しいです。 

最初は、バランスが崩れますので、軽くゆっくり始めてください。


背面打ち 


45度背面打ち


 背面打ちが通常のアドレスより90度後方にアドレス

するのに対し、

45度背面打ちは、図のように左足(赤丸)はそのままに、

体を45度飛球線後方(黒線)に向けて、

右足は図の右赤丸の角度くらいでアドレスしてください。

 球の位置は自分の打ちやすい位置にセットしてください。

バックスイング(青)は通常ショットと全く同じです。

図のクラブはハーフショットからスリークォーターのイメージです。

 注意点は通常のショットの様に左腕は左胸の上に下ろし、

右肘も体を擦ってください。 これで左腕が左胸を押す感覚が

分かります。体側に下ろすと通常ショットと変わってしまいます。


 
 スイングは通常のショットと全く同じですが、

注意する事は

1. 通常ショットどおりに下半身のきっかけで切り返し。

背面打ちでも腕から始動してはダメです。


 2. 腕の縦の上下運動と体の水平回転運動の

独立した2つの運動の組み合わせであることを確かめる。


腕はスイカ割り、大根切り、袈裟切り、青竹切り、

つるはし空振り (これだけフォローまで重さを感じて
振り切れるイメージ、重すぎか?)

何でも自分に合うイメージで縦振りを徹底します。

そうしないとこのドリルの意味がありません。

 その上で体の回転のタイミングがスイングにどう影響を

与えるのか、二つの運動のベストなマッチングについて

検証してください。


私は剣道の面はトップからアンコックするイメージが出るので

レッスンでは使用しません。


3. 縦に真下に振っても左脇を閉めれば軌道は自然に

斜めになり球にインパクトする。



4. 左腕を左胸に下ろすと右足前からフェースは強制的に

ローテーションさせられる。


ゆっくりやると図のような動きになる事が確認できます。


 5. 4が確認できない場合、スウェイしているので、

左腕が胸を押すまで右足のかかとを

上げないように我慢する。
 

右かかとは骨盤の動きを制御するスイングの肝です。 



6. トップの形を確認する。右肘を下ろした時に

インパクト時のシャフトプレーンと一致するか確認。


ヘッドの重心点を意識してプレーン上でシャフト中心線の上下で

反転するかどうか。 それにより青竹がスパッと切れるような

プレーンが出来ます。


7. スイング中に骨盤の方向に集中する。

骨盤が右足かかと、両膝の動きによってどう動くのか?

骨盤の動きによって上体はどう動くのか?

これらが背面打ちで確認できます。


7、は今後スイングの最大の肝になります。


 しばらく打って45度背面打ちに慣れると通常のアドレスより、

正確性が増します。 
 
その時にコースでもこのまま打った方が良いと思われるでしょう。

そこで、何がどう違うのかを確認するのが目的なのです。

それによって誤ったスイングを改善することが可能になります。

殆どの場合骨盤の動き、動くタイミングに問題があります。

では、それをどうやって制御することがベストなのか。



 こういう絵を描くのに良いソフトありましたら教えてください!

いつも windowsのペイントを使っていますが、

画像が汚くなるのと機能的にこのレベルの絵で限界です。

スイングや人体の動きを線画で描ければ十分なのですが。

中々良いソフが見つかりません。

宜しくお願い致します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本当のボディーターン7 体の反転イメージ 三角形の面の意識

 体の反転のイメージが分かりにくいという

質問が来ていますので解説します。

スイング中、胸と両腕の三角形の面を常に意識して、

肩の向き、両肘の間隔、両ひじの位置関係を

把握することは、スイングチェックのために非常に重要です。




 下の写真を見てください。

 アドレスでは後方から見て両肘がきれいに一致しています。


 2枚目は、まさにインパクト寸前です。

しかし、まーだ三角面は飛球線後方を向いており、

肩が飛球線後方向き=閉じていることをハッキリと

示しています。


両脇ともに閉められ、右肘は体に付いていますが、

肩が後方を向いている為、左肘は体から離れています。

右肩が下がった時も三角面は後方を向きますが、

この写真では右肩は全く下がっていません。


 3枚目はインパクト直後です。

ここが、問題ですが、

時間にしたらまさにインパクトのほんの一瞬です。

三角面は飛球線方向に反転しています。

肘の位置関係が逆転
し、左がインサイド、

右がアウトサイドにあります。


 以上のように、肩の向きを三角形の面で捉えると

インパクトで体の向きが瞬時に反転したというイメージに

なります。


反転イメージ

 もちろん、この形は分解写真上の形なので意識して

形を作ってはいけませんが、

試しに、三角形の面を意識してみて下さい。

縦振りの反転のイメージが体感できます。


この三角面の反転がないと、ローテーションが

しっかり行われていないということです。

終始横振りだとインパクト前後ではずっと

1枚目の写真と同様になります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本当のボディーターン6 左腕のローテーションと右肩送りの完結ドリル

 昨晩と続けての2つ目の記事です。

やはり左腕のローテーションの処理と、

左肘の引けの解消に関する質問が非常に

多く来ていますので先に解説しちゃいますね。



左腕をきちんとローテーションするためには、

以下の5つの感覚が体感できれば、

割と早めにきちんとできるようになります。


1. 左脇はトップからインパクト直後まで閉まったまま。


2. 引き付けたグリップは左足付け根で止める位の

 感覚でスローダウンしてインパクトを迎える感覚を持つ


3. インパクト前後ではグリップエンドは左足付け根

  を指したまま、ローテーションする感覚を持つこと


4. 左上腕は左胸と一体となり反転することで

 ローテーションされます。

 それにより、右肩が早期に前に出ることも抑えられ、

 インパクトと同時に右肩を出す事が可能になる


5. インパクト後は腰と胸が飛球方向に正対し、

 両脇を開放し、両腕が真っ直ぐに伸び、

 ビハインドザボールの頭と引き合う


 感覚があることが好ましいです。

  右肩はインパクトで腰を入れることにより

 左股関節への体重移動が可能になり、

 出しやすくなります。

  しかし、インパクト前から右肩を出して

 しまってはいけません。 

 

  左腕のローテーションのドリルです。


1. サンドウェッジの左腕片手素振りで、

左手首脱力して右手で左手首を持って、

軽くゆっくり振り、左足付け根=インパクトで

右手で左手首を軽く止めてください。


左手首が自然にローテーションすることが

分かるはずです。

アンコック後にグリップを左足付け根に引き付け、

グリップエンドが左足付け根を指しながらクラブが

ローテーションするするのです。


2. 今度は胸も回して素振します。

右手で左上腕外側を押さえてインパクト以降、

肘が引けないように左胸に固定するように

軽く押し付けてください。


そうすると肘下の左前腕が勝手に外旋して

ローテーションすることが分かるはずです。

このとき左肘は常に下向きで、

左親指は常に上にあることがわかります。

何度も振りながら、

1、のグリップエンドが左足付け根を指しながら

クラブがローテーションする感覚が

同時にあることを確認してください。


3. 2で左前腕がローテーションを終え、

 左親指が飛球線方向に向いたら

 右手を左腕から離して左脇を自由に開放します。


 すると完全に脱力された左腕はクラブに引っ張られ

 シャフトと左腕が一直線になり、頭と引っ張り合う

 感覚を体感します


4.  両腕で肩の高さまで振ります。

3までやったことを意識しながら同じ事を

右手の押さえなしでやります。

このとき、左腕が左胸を押してから体を回転してください。

これが、本当のボディーターンです。



5. フォローを最後までとってください。

きちんと左腕がローテーションされると

自然にフォローで首に巻きつきます。

 クラブを持って最後まで振ると

腕が後ろに振られる反動で体が前に出て、

自然に左足片足でI字型フィニッシュになる

事が体感できます。



 以上、1~4で気づかれたと思いますが

スイングの支点が

手首、ひじ、肩と移り変わっていきます。

円弧が最も小さい手首支点で加速してインパクトし

ています。これは意識して止めるわけではなく

手首をそう使っているのです。


フォローでは徐々に円弧を再度大きくしているのです。

 
上のドリルを繰り返せば必ずマスターできます。 

 以上が左腕のドリルです




 次に、インパクト後に

フォローで右肩を出していくドリルです。


1. 両足均等な重心で肩幅で立ち、

背骨を軸に自分の好きなように右肩を飛球線方向に

出し、右腕を水平まで伸ばしてみてください。


 どうやりましたか?

多くの方は右足で押すでしょう?

左膝を飛球方向に曲げてしまう方もいるでしょう。

もしこれだけだったら、プロのように胸が背中側を

向くまで回せると思いますか?

どんなに体が柔らかくてもこれだけでは絶対に無理です。


 左足、左サイド逆行を使いましたか?


2. 1.を左足を外旋してやってください

左足ももをその場で反時計回りに骨中心に旋回します。

左膝が伸びて骨盤が左に回り、

腰が切れる事が分かると思います。


 このとき左膝が伸びていると必ず左足付け根の

左股関節にしっかり体重が乗ることが分かります。

これが、左股関節に乗った感覚です!!

骨だけで地面を押さえる感覚
で、股関節に乗れて

いる時は地面を押しても左足の筋力が

必要でないことで確認できます。


 しかも、左膝が伸びていると腰が一定以上

余計に回りません。 ロックされます。

従って腰が引ける事もないのです!!



3. 左足外旋に加え、軽い左膝伸ばしで

左サイド、左肩を飛球線後方に引いてください


軽く勢いをつけてやってみて下さい。

体軸をてこに反動で右肩が飛球方向に出て行きます。

慣れれば胸が裏返しになるはずです。


左足スタンスは開いた方が楽です。

ここで、歩くように左腕後ろ、右腕前に両腕水平

まで元気に腕を振ってみてください。

容易にてこの原理で右肩、右腕がスムーズに出ます。

何のことはない、歩くのと同じなのです。

これで誰でもかなりうまくいけるはずです。

どうでしょうか?

もちろん今後ストレッチは必要です。

ただ、スイングでは左肩は引かないように。

肩の動きは常に結果です。

スイング中両肩を操作することは全くありません。

肩をまわそうとすると必ずバランスが崩れます。

スイングは体の上部ほど操作するとバランスを

崩します。なるべく土台に近い方を中心に使うのです。



 なんと、軽い左膝伸ばしは 一石4鳥なのです!!

 腰、頭の壁を強力に維持し、

 不動の軸を維持できる

 高速で腰を切り、左サイドを引ける

 自然に一定の回転で腰をロックし、腰の切りすぎ、

 左腰の引けを防止する

 股関節への体重移動を確実にする

 股関節から外れない


使わない手はないですよ!!


ただ、過激に伸ばしたり、完全に伸ばしきることはやめましょう。

軽くです。

どの間接も伸ばしきると痛める可能性があります。


 では、左膝曲げの悪い例をドリルで検証しましょう。

左膝を曲げて腰を回してください。

腰を切るほどには回りません。

しかも、股関節に乗りません。

左壁もなくどこまでもスウェイします。

更に、腰が引けるまでだらだら回ります。

再現性は全くなく非常に非合理的です。


 しかし、左膝伸ばしは極端にやらないように。

状態が伸び上がってしまいます。

軽くでいいです。 



4. 飛球方向に腰を入れます。腰椎を立てて

飛球方向に押し出す


3までではまだ体重は完全に左に乗っていません。

絶対に力んでやらないこと。

パワーが出ますが力むと必ずバランスを崩しますし、

腰を痛めます。

これで、完全に左に乗ります。

明治の大砲もおさらばですよ。



 以上を、素振りでゆっくり全て体感した後、

軽いスイングで球を打って練習してください。

必ず出来るようになるはずです。

これで、劇的に進歩するはずです!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR