ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

アウトサイドインの修正方法

1. グリップの浮きは最悪

やってみると分かりますが、グリップが浮けば、スイング軌道は

水平に近くなり、アウトサイドイン軌道になり易くなります。

やってみると分かります。右腕が強く、右脇が開くとアウトから

インに振られます。これを防ぐためにはかなりグリップを体に近くに

意識して引き付ける必要があります。そして、体が伸び上がったり、

右腰が前に出ないように細心の注意を払う必要があります。

シャンク癖のある方もグリップが浮くことが原因で、

ヘッドの軌道と、グリップの軌道をきっちりと分ける認識する必要があります。

分けれないと球に集中するとヘッドも、グリップも球に向かっていくのです。

ヘッドの軌道、クラブの重心の軌道、グリップの軌道をしっかり、それぞれ

分けて考えて見ましょう。そして、認識しましょう。

それから球を凝視しすぎない事です。

凝視すると球に当てる意識が強くなり、腕で球に合わせようとします。

球はある程度適当に見て、自分の正しいスイングを信じ、振る抜きます。

そうすればシャンクはなくなります。

グリップを浮かないようにするコツは、左腕を力み、硬直させない。

そうなると左肩が上がり、グリップが浮きます。また、アドレスでも

スイング中でも左右の肩がほぼ同じ高さになるように注意しましょう。

 また、左肘を早めに上手くたたむ事が非常に大事で、これが出来ると

グリップは浮かず、ヘッドの加速度が飛躍的に強烈になり、

ボールの捕まりが自在になります。


2. 右腕を振らないと否応なしにインサイドから下りる

 この感覚を体感する良い方法があります。体重移動してもトップで

右腕を左腕と一緒に振らずに逆にトップのままグリップを止めます。

その時、左腕は引いてもそれより強固に右腕をトップで固定すれば、

クラブは下りてきません。左腕は引き続け右腕を脱力した瞬間やっと

クラブが降りてきます。そうすると右腕は全く振らないので、右脇は

完璧にしまったままで、左腕は否応なしにインサイドから下りてきます。

右腕を振らなければ右サイドが出ないので、右肩が残り、頭も残ります。

頭が残るので上体の重心は移動しません。右足を伸ばし、腰を入れて

体重移動しないと明治の大砲になるのです。ここを良く理解してください。

そして、あくまで左腕も腕ではなく下半身と体で振ることは言うまでもありません。

続く。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

頭を残すコツ Part1 体重移動の勘違い 右肩を残す

 頭を残すコツは、なかなか難しいでしょうね。

残す方法をいくつか紹介します。

1、体重移動の勘違い

最大の問題は体重移動の大きな誤解で、巷のレッスンを

信用したら、必ずダウンで左に一気に突っ込みます。

巷のレッスンではよく体重移動と言いますが、

巷で言う体重移動と正しい重心移動は全く異なります。

単なる軸移動の事を100%体重移動と言っており、これが

とんでもない馬鹿げた大間違いで、アマチュアを苦しめてきました。

よくレッスンでは切り返し時に100%体重移動すると言います。

プロでも良くそう言いますが、とんでもない大間違いです。

そもそも切り返し後も頭はアドレスの位置から殆ど不動なので

重い上体の重心は殆ど移動していません。下半身も腰が少し

動く位で、両腕もまだ右にあります。この状態で体重が100%

左足に乗ると思いますか??? あり得ないですよね?

小学生でも分かる事です。

勘違いして言っている人たちは、単に左に勢い良く軸移動し、

左足裏に加重するため、その圧力を計測した場合

体重以上の加重が計測されるので、あたかも体重が100%

完璧に移動したと勘違いしているだけの事で、実際には

体の重心は殆ど動いていません。

体重の100%以上の加重なんて全然簡単な問題なのです。

片足への軸移動と多少の勢いだけなのです。

スケートのように左右片足に交互にジャンプすれば、

誰でも簡単に頭も体も全く不動で体重の100%以上加重できます。

この要領で良いんです。そうすれば股関節からもハズレる事は

ありません。簡単です。頭も上体も大して動きません。

上体丸ごと突っ込んで片足に乗らなくてもいいんですよ。

そんなことしたらスケートでもスキーでも大転倒ですよね。

ゴルフも同じで転倒しなくても完璧に破綻しています。


 こんな事を真に受けて、切り返しの一瞬で左足に乗ることを

意識したら、とんでもなく過激な動きになり、一気に左に

突っ込まなければ間に合いません。

本当に馬鹿げたレッスンですね。

多くのアマはこれに近い事をイメージさせられているのです。

だから、上体が一気に左に突っ込み、頭も思いっきり動き、

左の壁など一瞬で突き破ってしまうのです。

当然の結果です。どんなに強靭な体でも止められません。

この勢いでは腰の回転と一緒に上体丸ごと肩も回転して

しまいます。間なんてできるわけがありませんし、

思いっきりアウトサイドインになるに決まっています。

まず、この大間違いに気がついてください。


2. 右肩を止める

 次に、体のスウェイを頭で止めることはできません。

首が直ぐにおかしくなります。

頭を止めるもっとも効果的な方法は右肩を残す事です。

これはプロでもやっています。頭と肩は繋がっていますから、

頭など全く意識しなくても右肩さえ止めれば、当然頭は勝手に

止まります。あごさえ真下かほんの少し右向きなら完璧です。

また、右肩を止める意識がないと、必ず右肩は前に出て

アウトサイドインの軌道になります。必ずです。

なぜなら、あなたが右利きだからです。


3、右利きはアウトサイドインが当たり前


下手だからアウトサイドインなのではありません。

右利きならば当然右腕が強過ぎ、左腕があまりに弱すぎるので

アウトサイドイン軌道が当たり前なのです。

そうすると当然右サイドが被ってきます。右肩が被れば当然

頭も突っ込んできますよね?

左手にグローブしていますよね?左グリップが重要だからでしょ?

左腕が重要だからでしょ?じゃあ、左腕を鍛えていますか?

左握力を鍛えていますか?

左片腕での動きを練習していますか?

左片腕でボールが打てますか?

女子の握力は弱くても飛ぶから握力も腕力も関係ない???

そんな馬鹿げたでたらめな話を聞いていたら上達しませんよ。

なぜ日本男子が世界では全くお話にならないのか?

技術でしょうか?体力でしょうか?分かりますよね?

馬鹿げたレッスンばかりなので体力が続かないんですよ。

4日間の戦いと言う事を分かっていないんでしょうか?

日本の男子プロは単に怠慢なんでしょうか?

体格差で最初からあきらめて筋トレもしないんでしょうか?

スポーツなんですから力が要らない訳がないんです。

振り回すのですから力がないほうが圧倒的に不利に

決まっているのです。女子プロは技術でカバーしているに過ぎません。

また、女子プロはせいぜい飛んで250yです。TVでの260、270Yは

打ち下しでの硬い地面での計測です。


 両腕を水平に振ってみてください。

右腕は当然右肩支点ですから左にあるボールに対しては

アウトサイドインにスライス回転を与えるように構造上出来てます。

左腕は左肩支点なので、その前にあるボールにはフック回転を

加えやすく出来ているのです。分かりますよね?

だから、右腕で打ったらスライス、左で打てばフックなのです。

これを、逆に右腕でフックをかけようなどと言う事は、

全く人体の構造上不自然なことなのです。

続く。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩を落とさないためには、右足を伸ばし、右肘は自然に伸ばしていく 

 黄金ラインが崩れ右膝が曲がり前に出て、右腰が落ちて、

右肩が下る。もしくは、コック=タメを腕で維持しようとして

右腕が伸びず右肘が曲り過ぎたままだと右肩が落ちます。

こうなるとスイングに張りがなく、アウトサイドインになるか

下からあおる様なインサイドアウト軌道になります。

多くの皆さんが、この現象の解決に悩んでいると思います。

どうすればいいのか?


 まず、前回右サイドが前に出る動きは右腕の使い過ぎ、

もしくは左サイドが弱すぎると説明しましたが、

更に右膝と右肘によるスイングの緩みについて説明します。

上半身の土台である腰は、前傾したベルトに沿って同じ高さで

回転しなくてはいけません。その為には皆さんも膝の高さを

一定に保つ事を意識していると思います。

スイングの緩みの原因には、まず右膝の緩みが挙げられます。

ダウン以降、右膝の高さを変えないようにするためには

徐々に伸ばしていきます。

この時あまり無理に右踵を上げないように維持すると右膝靭帯を

痛めますし、左への体重移動の妨げにもなりますので、踵が

能動的にガバッとめくれるのは悪い動きですが、膝の伸びに

つられて徐々に上がっ行く事は悪い動きではありません。

鏡でシャドースイングしてみると分かりますが、

右膝が伸びていかないと必ず右膝が曲がり、

右腰、右肩が落ちて右サイドが緩み、張りが全くなくなります。

正しくは、右腰の高さを維持するようにアキレス腱を突っ張るように

伸ばしていって下さい。そうすると右踵もめくれず、右膝は全く

曲がらず、前にです、足は一直線に真横に伸び、右腰の高さは

変わらず、前に出ず、右肩も落ちず、右サイドの張りが出来ます。

この右足を伸ばす意味は腰を左に押していく事と、

腰の高さを維持するために重要な動きを要求されます。

 また、右肘ですが右肘はアドレス時の形を維持してグリップより

肘リードで肘の先が腹を擦るように動きます。

鏡で見ると「くの字」型でインパクトに向かいます。

左右の肘の間隔はスイング中ずっと強く意識して維持します。

右腕を多用する方は必ず右グリップが先行し、くの字型になり、

右肘はやや飛球後方に向きます。

これでは全く再現性がありません。

 インパクトでは、コックと同様、右肘も完全に伸びきりません。

インパクト後に球を押すように開放されるのです。


しかし、ここに大きな問題があるのですが、あまりにもこの右肘の

タメを維持しようとしたり、手首のコックを腕で維持しようとすると、

右肩が必ず下ります。

かなり多くのアマが右肘と右肩が連動しているのです。

本来は腕の振りと肩の動きは全く別々な動作なのですが。


ダウンで腕の振りとともに右肩が連動する方は、

右肩を残す様に努力してください。

ドリルとしては、シャドーで左腕で右肩を前に出ない様に押さえて、

黄金ラインを死守する様に右腕を振ります。そうすると自然に

必要なだけ右肘は伸びていきます。

右肘リードで右肘のタメの維持も必要ですが、

無理に腕で操作して維持しているのではないのです。

シャドーで右肩を残して自然に右腕が伸びる感覚を体感してください。

実際は正しいスイングなら右肘を意識して伸ばす感覚はないですよ。

自然落下+αです。


しかし、右肩が落ちる方は意識して伸ばさないと正しい動きが体感

できないかもしれません。


 この、右膝の伸びと右肘の自然な伸びにより、右サイドの高さが

維持され、同時にスイングに非常に張りが出ます。

左腕片腕素振りとともに、鏡の前でシャドーで試してみてください。

直ぐに理解できると思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左腕の使い方の秘密 左片腕素振りの注意点 Part2

 もう左片腕素振りされた方もいると思います。

何回できましたか?結構きついでしょう?

本当はもっときついですよ。

もう少し左片腕素振りの注意点について説明します。

ゴルフクラブはパターからドライバーまで全クラブ

ライ角を維持して振るように出来ています。

これがきちんと維持できないと全然ダメです。

素振りも当然ライ角がきちんと維持できていないと

全く意味がありません。

ズルして楽しちゃ効果ないですよ。


 片腕素振りでもきちんと左腕とシャフトの角度を

アドレスからフィニッシュまで維持して素振りして下さい。

だから結構きついのです。

軌道もティーを叩くように出来るだけ実践に近いように

振ってください。

インパクトでは球を包み込むようにイメージします。

毎ショット必ずフィニッシュまで振り、フィニッシュでは

前傾維持で胸は飛球方向に真っ直ぐ向きます。

フィニッシュまで自然にスムーズにたどり着かない

振りなら、軌道か軸がぶれています。

そして、藤田寛之プロのように左腕上腕は前傾に対して直角、

左肘90度、ライ角を維持しているので、シャフトは

左耳から右耳へ抜けるライン上で空中でピタッと止めます。

だらんと背中に当てちゃダメですよ。

そして両ももきっちりつけて、右足の裏は垂直に爪先立ちで、

完全に左に体重移動が出来ているか、右つま先で

地面をトントンと叩いて確認します。


 構造上、左腕振りはフック回転、右腕振りはスライス回転

を加え易くできています。

右腕はスライス回転が自然で、フック回転は無理があるんです。

また、今度説明しますね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左腕の使い方の秘密 左腕をハードに鍛えましょう

 そもそもこのブログはある程度上級者の

能書きおたくゴルファーをターゲットとして始めました。

そして、一般論の間違いを指摘する事が目的だったのですが、

予想外に多くの中級者の訪問者の方々が多くなってきました。

基本を完全に理解していない初中級者だと、

基本を飛び越えてしまう危険性を最近感じていました。

そこで、急遽、緊急臨時ダイナマイトレッスン2です。

ゴルフはまず腕を振ることが目的です。

どっちの腕も重要です。

私は「リード」という語弊のある言葉が嫌いです。

ですから左腕リードという初歩的段階の基本は

今までほったらかしになってきましたが、

どうも最近の質問では基本の左腕、左肘の使い方が

そもそも間違ってることが多いです。

上級者とは逆に、中級者は左腕が弱すぎて、

右腕があまりに勝ちすぎているケースが多いです。


 アウトサイドから下りるということは、回転しているからなのです。

回転しなければそもそもアウトに出るわけがないのです。

分かるでしょうか?

トップから横に回転しないで、右腕を無理に使わなければ

絶対に前に出るわけがないのです。

グリップも、右肩も、右膝も前に出したらダメです。

まだ、左腕の使い方についてはこれまで殆ど書いていませんが、

実は初歩的基本だからです。あまりに基本なので了解済み

のつもりでしたが、どうもここが皆さん怪しいですね。

アウトに出るということは右サイドが出るか、被るということです。

これは確実に右腕を使い過ぎているから起こるのです。

左腕に比べ右腕が勝ちすぎているのです。

逆に言ったら、左腕が弱すぎる、左肘の使い方が悪すぎるのです。

これまで書いていませんが、アウトサイドインが治らない方は

回転運動が完全に消えるまで、暫く左腕一本で振ってください。

右腕、右サイドは殆ど使いません。

右腰を入れないで左腰を左真横にスライドさせてください。

とにかく出来るまで右は一切使いません。

回転運動に繋がることは一切排除します。

右肩を止めてトップから左腕一本で振ります。

そしてインパクト以降左腕でフリスビーを投げるような

感じでフォローに向けて左肘を結構縦に曲げて、

うまくたたんでフィニッシュまで加速していきます。

この時左肩を先に開いて使ってはいけません。

左肩は閉じたまま左肘より左前腕を先行させます。

左腕に引っ張られて左肩が初めて回り、右肩も回されます。

それまで、右肩はトップのまま止めて置くよう細心の注意をして

左手はトップから一直線に左腰めがけて空手チョップです。

この軌道ではタメがないとざくざくダフリますよ。

これがボールをインパクトで捕まえる動きです。

左肘のたたみは水平振りと同じです。

水平振りを前傾すればそのまま同じスイングです。

この左肘のたたみが球を捕まえ、ビッグドライブのキーです。


今後、一ヶ月位球を打たないでひたすらクラブでもバットでも

左腕片手素振りを毎日300回位と徹底的に鍛えてください。

右利きの方は大方、左腕が極端に非力です。

これではまともな球が打てる分てません。

暫くは右腕はどうでもいいです。あと腹筋、脚力ですね。

努力なくして成功無し!です。

左腕片腕素振りのやり方は、普通にアドレスしてフィニッシュ

まで左肩腕素振りをします。その時空いている右腕は

左腕の上腕(力瘤の外側)を体に押さえつけて脇が開かない

様に振ります。左腕が体の前から左にずれないので、

胸が飛球方向に向くまで体をしっかり回さないとフィニッシュ

まで行きません。途中で止めたら無意味です。

足もフィニッシュでは、きちんと両ももがきつく締まる様に

疲れる位きっちりフィニッシュして鍛えてください。

これでアイアン1本で30回くらいで疲れたら、

右手打ちで左腕を使っていなかった証拠です。

私はウェッジ2本で100回連続楽勝です。

足がかなり疲れるようでしたら、締りがなかった証拠です。

球を打つのは金のムダです。ひたすら素振りだけでいいです。

一ヵ月後には驚きますよ。左腕が太くなりスイングスピードが

強烈にアップし、足が強固になります。

球がいくらでも自由自在に捕まります。

左右の腕が均等に使えるようになったら、やっと今までの

レッスンのように右腕が使えるようになります。

右腰が使えるようになります。

そうするともっと飛びますが、それは後の話です。

とにかく両肘下向きで、右腕で絶対にこねない。

頑張ってくださいね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

下半身のフィニッシュ これがないからカッコ良く決まらない

 下半身にも決まったフィニッシュがあります。

非常に簡単で効果的です。足が疲れますが。

これをやらないから足が使えず、フィニッシュでふらつくのです。

練習した後、下半身が疲れないのはおかしいですよ。

結構疲れるのでトレーニングしていないと直ぐに足に来ます。

フィニッシュでふらつくから、それ以前でも下半身が

正しく使えなくなってしまう。

 何かは皆さんもご存知のはずですが、どれほど重要か、

その重要性を正しく理解していないのでしょう。

I字型フィニッシュでピタッと止まれる方は必ずやっています。

あなたも下半身のフィニッシュをきちんとやれば、下半身が

正しく使われ、フィニッシュがカッコ良く決まりますよ!!

 フィニッシュに向けて両ももを強く付ける事です。

フィニッシュで隙間があってはいけません。


恐らくレッスン書、雑誌、TVでご覧になった事がある筈です。

しかし、何%のアマがこれをきちんと実行しているでしょうか?

これにより何が変わるのか?

この意識により下半身は確実に左足までしっかり移動し、

無意識にその移動により腰が入るのです。

または、腰の入りがより確実になるのです。

そして、体重移動も足の移動とともに確実に移動して行き、

両足の緊張により、強固な土台になります。

I字型フィニッシュの手助けになり、フィニッシュも決まります。

スイング中に姿勢が良くなることも分かるはずです。

当然スイングの再現性もかなり高まります。


非常に重要で、これなしではまともなスイングは

全然不可能です。

やってみれば直ぐ分かりますよ。

スイングも球質も全然変わります。フィニッシュが非常に

安定します。

 この両ももの締めの重要性を、腰入れ、体重移動、

I字型フィニッシュとともに、しつこく説明しているレッスンは

これまで見たことがないですね。

だから皆さんも実行しないのでしょうね。

皆さん、もう少し足、腰しっかり使いましょうよ!!

毎ショット意識すれば、下半身も結構鍛えられると思います。

それくらい疲れるはずです。

メタボ対策としても結構良い運動にもなりますよ!!

足より腕が疲れるのはおかしいですよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

切り返しでの体重移動の大ウソ

 よく切り返しで100%体重移動すると言います。

ぜんぜんウソです、と言うか、言っている本人は

全然分かっていないのでしょう。

加重と体重移動を区別できていません。

確かに左足に完全に軸を移します。

しかし、それは体重を100%移動した事とは全く

違います。

勢いがありますから、斜めに左足に加重しただけで

実際の体の重心は腰の移動の分しか移っていません。


 100%体重移動を額面どおりに信じてしまうと

大変な事になります。頭から全身が完全に

左足の真上に乗らないといけません。

そうイメージしてしまうと思います。

 ところが実際は、切り返し直後は腰が移動するだけ

で、頭も上体も、腕も右に残っています。

100%体重移動、重心移動などありえません。

腕のスイングに連れて徐々に体重は左に移って

行きますが、肝心の最も重い上体の重心はインパクト

まで頭不動で残っているはずです。

しかし、頭を残したまま上体の重心を移動する方法が

あるのです。それが「腰を入れる」です。

腕の振りとともにインパクトに向けて腰を入れて行きます。

これにより、頭を残したまま最も重い上体を

インパクトにぶつけていきます。

この体重移動によりボールに体重が乗るのです。

 これを理解しないで、切り返し直後に100%体重を

左足に乗せようとしたら、頭から上体、右サイドが全て

左足方向に凄い勢いで突っ込んでいきます。

多くの方が自然にこう解釈しているのではないでしょうか。

これでは上体が後傾し、頭を残す事など、右足に体重が

残る明治の大砲のイメージで理解できないでしょう。

殆どのゴルファーが陥っている無責任なレッスンの

とんでもない弊害ですね。

 
 正しくは、切り返し直後は左足に軸が移るのです。

勢いがあるので当然、計測上も体重以上の加重が

左足に加重されます。しかし、これは100%体重移動

した事とは全く関係ありません。

 その後、頭を残したまま腕の振りと腰入れにより

徐々に体重移動をしていき、インパクトで球に体重を

乗せて行きます。インパクト後、やっと上体が左足方向に

移動を始め、I字フィニッシュで初めて100%体重移動が

完了するのです。

これを理解すればスイングは大幅に変わるでしょう。


 間が出来て、腰と肩が分離し、左肩が閉じてインパクトに

向かうと自然にビハインドザボールになります。

すると、ボールの横を飛球方向に水平に

飛球後方から押す感覚が分かります。

頭は常にボールの後ろから見て、ボールの側面(飛球後方)

から飛球方向に打つのです。意識してダウンブローに

打つのではなく、水平に打ちます。

しかし、タメがあるのでターフが取れるのです。

この違いは大きいですよ。この感覚がないから

頭がどんどんスウェイしても平気なのです。

それじゃあ、ダウンブローにならないじゃないのか?

正しいダウンブローも殆ど大きな勘違いで解釈されています。

なぜターフが取れるのか分かりますか?

ターフが取れるのは上から打ち込んでいるからでは

ありません。ハンドファーストでタメがあるので、

最下点がアドレスより球の先にずれるからで、

上からスティープに打ち込んでいるからではありません。

この正しいダウンブローを誤解していると、

正しいスイングを身に付けることは非常に困難です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

下半身を使う重要さ

 リズムをとるのは下半身なんです。

音楽でもダンスでも何でも下半身なんです。

前回のワッグルでもそうですが、下半身でリズムを

取るように積極的に使う意識は非常に大切です。

だからと言ってバタバタ大きく使うのではないですが、

土台の足を効果的に使わないと自分の能力の

半分以上は損していると言えると思います。

足は腕より遥かに強い。体幹筋肉より遥かに速い。

それを効果的に使えていないなんて大損です。

ワッグルでも足でリズムを取る習慣を付けます。

すると嫌でも足から動きます。


 下半身のレッスンは極端に2つに分かれます。

土台の下半身はなるべく不動派と積極使用派

に分かれます。 なぜでしょうか?

実は確かに外見上最小限しか動かないのが正しく、

バタバタ動くのは良くありません。

悪い例は、テークバックで左踵を大きく上げ、右ひざが流れ

ダウン以降左膝が大きく左に流れ、右膝は前に出る。

これでは全く下半身が土台として機能せず、スイングに

全く張りがありません。

実は、下半身はその不動の足の内部で激しく重心移動を

しており、かなり筋肉は激しく、強く使われています。

しかし、外見では分からない様な使い方をしているのです。

例えば外見上では、テークバックでは左膝が前に出る位で

左踵不動か少し上がる程度で、右膝は不動です。

ダウンでも左足は腰に押されて左に移動し、壁を作るために

耐えるだけで、右足のみが右膝が前を向いたまま真横に

伸びながら腰を押すだけです。

結局、外見上は右足しか積極的には動いていません。

あとは動かない様に耐えているだけの様に見えます。

 しかし、実際の下半身の使い方の正しいイメージとしては、

土台として不動のイメージでは全くなく、むしろダウン以降

大きく動くために貯めている動きなのです。

よーいドンと垂直飛びを足したイメージに近いですね。

ダッシュ前の不動で静かな準備と、垂直飛びのバネを貯め、

かつ、スタートの間を取るようなイメージですね。

これで、振り子のリズムをイメージでする役割です。

ですから、当然ダラダラ左右に流れて張りのない感覚では

話になりません。

切り返し後、間をおいて右足と腰が真横にダッシュします。

 
 スイングをイメージすると頭が頂点で、

土台の足が最も広い三角形です。

その三角形により脱力した腕が振られます。

この形からしても頂点が動くのはどうかと思います。

頂点が動けば三角形は傾き、上部から崩れます。

動いたところで非力なので、それだけのリスクを

とるメリットは見出せません。ほぼ無意味です。

 
 最もパワーと、リズム感があり、三角形の最も

稼動域の広い足を殆どただの土台で不動では

どこを積極的に使えばいいのでしょうか?

体幹ですか?試しに足不動で体中央の体幹筋肉

だけでスイングを動かしてみてください。

のろまでお話になりません。頑張って続けてみると、

そのうち頭が大きく動き出しますよ。

下半身を固定している反動で頭、上体を使わざるを

得ないのです。

これではどう考えても、非効率的です。

三角形の形のまま、稼動域が広く、スピード、パワー、

リズム感を兼ね備えた最強の足を積極的に使い、

のろまだが大きく強い体幹筋肉の潜在能力を引き出し、

頂点の頭は三角形を崩さないように、不動の方が

どう考えても効率的だと思いませんか?

 どのスポーツでもそうですが、走りこみの重要性は

単に土台の強化ではなく、最も動作に重要だからなのです。

ただ、稼動域は左右股関節加重から外れない範囲であり、

非常に狭い範囲に決まっていますので、その狭い範囲で、

一瞬で効果的に、無駄なく使わなければいけません。

 
 足から動かせ、と言う事は腕から動かさない事と、

軸をとにかくまず左に移動させるということです。

それによってスイングの支点が右肩から左肩に移動し、

スムーズに体重移動が行われ、ハンドファーストの

インパクトが可能になります。

 私は8番までのショートアイアンは、最初から左足加重、

左軸のまま打ちます。これは、距離が短い為体重移動が

殆どいらないので、最初から軸を左に固定しておけば確実

だと言う事なのです。

全く頭不動で軽く腰を入れ、僅かに体重移動するだけです。

 
 足、腰がしっかり使えると、腕など全然弱いので

腕の役割は方向性の維持に徹して、大胸筋による両脇締め、

肘間隔維持、右腕は右肘リード、ライ角維持、右手首角度維持

等に気を付けるだけです。

下手に腕を使っても結局はリスキーなだけで殆どメリットが

ないですからね。腕やスナップで叩くと必ずバックスピンが

増えて爆音だけで行ってみると大して飛んでません。

しかし、横にはどこまでも果てしなく延々と飛んでいきます

からねー、参りますよね。

そうすると同伴の飛ばないローハンデおやじ達には、

「やっぱりゴルフは頭だね~」

とか小バカにされますから、むかつきますしね。

でも、当たっているだけに情けなくなりますが・・・。


やっぱり明日から走りこみましょう!!

メタボじゃスイングカッコ良くてもダサいし!!

涼しくなって丁度いいです。

 次回、切り返しでの体重移動の勘違いについて

説明します。

切り返しで100%左足へ体重移動て本当か???

本当に切り返し直後に100%左足に体重が移るものか?

100%移動てどういうことを言ってるの?

体重移動と左足加重は違うんじゃないの?

それなら上半身の重心はどこにあるのか?

果たして、上半身の位置を考慮して言ってるのか?

この無責任ないい加減なレッスンが、最も大切な

ビハインド・ザ・ボールを不可能にしています。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

なぜ自然落下なのか 嫌でも必ず間ができる大きなスイングの秘密

あまりにスイッチができないとの質問が多いので、

仕方ないので繰り上げて、

超秘伝の

緊急臨時スペシャルダイナマイトレッスン1

行きます!!


 スイングの基本はアプローチショットです。

全ショットアプローチショットの延長なのです。

アプローチがきちんと出来ないと難しいかも。

信じられないかもしれませんが、

腕と体が一体とはそういうことなのですよ。

腕と体が一体なら自然にゆったり、大きな、

張りのある、嫌でも間が自在なショットができます。

間が作れないのではなく、間が出来ないスイング、

テークバックをしているのです。


それに気が付いて下さい。


 スイッチの順番は、左股関節に軸移動していくと、

トップが耐え切れずに落ちてきます。

そしたら腰を入れて押すイメージです。

 スイングは一瞬だからそんな多くの事はできはしない。

良くそういう方がいます。あまりにいい加減ですね。

正しい動きを習得していけばどんどん無意識な動きに

なって行きます。よくプロがゴルフは上げて下ろすだけ

と言う様な表現をします。実際その本人にとっては

殆ど無意識にできるので、そういう表現になるのでしょう。

ゆったり大きく振れれば、全く難しいことではありません。


 腕でも体幹でも初動から引っ張り下ろすと言う事は、

無理に飛球方向に引っ張ってしまうので正しい軌道

から確実に外れます。

自然に真下に落ちない限り軌道からずれるのです。

引っ張るのではなく落ちてきた腕を押すのです。


 分かりやすく説明します。 ゴルフは振り子運動です。

例えば、ひもの先に重りがついた振り子を加速する時

最初にどうしますか?まず、自然に落下させますよね?

いきなり重りを引っ張る人はゼロでしょう?

自然落下させてスムーズに動き出してから、

ひもの途中を押して加速させますよね?

この時、初動から重りを押したり、紐を引っ張ったり

させないですよね?

経験上、そうしたら軌道がずれて、スムーズに振り子運動

できずに直ぐに破綻してしまう事を知っているからなのです。

ブランコもそうです。初動は自然落下です。

下手に初動から後ろから強く押すと軌道が乱れ左右に

ぶれますよね。

軌道に乗ってから軌道からずれない範囲の力加減で

徐々に押していきます。力を加えるときまず、軌道が

ずれない様にするこ事を最優先に意識するはずです。

いきなり過激に思い切りやらないですよね。

ゴルフも全く同じなのです。ブランコよりもっと敏感なのです。

 そして、重要なのは円弧の半径は変わりません。

棒の先に重心のずれた変な重りが付いていて、

激しく加速させるので難しい動きが伴いますが、

基本的には振り子運動です。

 クラブがあまりに軽すぎるので振り子である事を

意識できないのです。バットやラケットを振る感覚で

腕でクラブを振ってしまいます。


ですから、トップで体に近づけたり、ダウンで腕で

引き過ぎて円弧をショートカットしたり、

体との距離が変わると軌道から外れます。

これらを理解していないから自然落下の必要性を

理解できないでしょう。

 ですから、ウエイトボールを振ればわかるのです。

ウエイトボールなら重すぎるので自然に勝手に

スムーズな、正しい軌道に乗り易く、

重すぎるので腕で引っ張り回さないで、

重力を利用しながら、自然な軌道からずれない範囲で

押すような動きで力を加えるはずです。

ゴルフの加速はまさにその動きなのです。


 子供のスイングを見ていると何を意識しているのか、

何を考えているか、スイングで直ぐに分かります。

球に当てようと意識して、体全体で球を見たまま

腕だけ上げます。腕と体がバラバラです。

また、強く打とうとした時は、やはりリズムが速くなり

トップが浅くなります。

この二つを矯正するには、体を腕と一体で大きく回す

しかありません。回すというと語弊がありますが、

要は腕と体の一体感をできるだけ長く維持する

ためには、腕に体が着いて行くしかないのです。

この動きは、まさにアプローチの延長です。

終始腕と体の動きが一体化したアプローチを

そのままできるだけ大きくすれば良いのです。


 この、動きが分かるのはプロでは宮里藍ちゃんと

藤田寛之プロです。藍ちゃんはアプローチの延長

の様にクラブと同じだけ体が回っています。

本人はかなりそのイメージだと思います。

じゃないとあれだけ大きくゆったり振れないです。

藤田選手も強烈に張りが合ってゆったりです。

腕と体の一体化、ライ角、右手首の角度を完全に維持して

コントロールショットしているから、あの様なフィニッシュに

ピタッと収まりそのまま全身停止します。

非常に良いアマのお手本です。

久保谷選手のドライバーショットも殆どスリークオーター

のコントロールショットですね。あれができないとアマは

スコアメイクできません。 

コントロールショットをしろと言っているのではなく、

できないのではまともな安定したフルショットは

不可能なのです。

 彼らは息が長い選手ですよ。

体に無理がなく、体力が落ちても続けられるショットです。

殆どの若手プロは体力が落ちると無理なスイングが

維持できずに直ぐに消えていきます。

そんな、スイングのマネはアマには不可能ですし、

意味がありません。

藍ちゃんや、藤田、久保谷選手の様なショットができない

とアマには「間」がコントロールできません。

 結局、早打ちを直さないといけないのですが、

鶏と卵と同じで、早打ちを治すために間を作るのか、

間を作るために早打ちを治すのか、難しいところです。

ただ、言えることは早打ちは肩、体が回っていません。

しかし、体を回せと言うと皆、腕だけ回って体の前から

外れて、オーバースイング、フライングエルボー

リバースピボットになります。

腕を治すと、今度は右腰が引けて、頭が動き、体が起きて、

スウェイし始めます。 かなりミスリードになります。


 これらを治すのも、アプローチの延長と意識すれば

一発で解決できます。

効果絶大、超ダイナマイト級の秘伝です!!

ただし、正しいアプローチが出来ればです。


正しいアプローチは1,000本アプローチで経験あるのみですが、

アプローチの基本は、要は腕と体が一体とは、

腕と体が同じだけ動けばいいのです。

腕だけ動き過ぎるからいけないのです。行かせないのです。

時には体より腕の動きの方が少なくなる程です。

腕で打っている人は参考にして下さい。当然ロブは別ですよ。


 繰り返しますが、ドライバーもアプローチの延長です。

終始腕と体の動きが一体化したアプローチを

そのままできるだけ大きくすれば良いのです。

腕が常に体の前で一体化しているから、インパクトでも

胸が球に正対しさえすれば自然に腕もフェースも

スクエアになるのです。

できたら全ショット強烈に安定しますよ。

タメなんか自由自在です。

保証します。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

正しいワッグルと素振り

 スイングは、素振り、ワッグルの再現です。

スイングの直前、ワッグルする時どこを動かしますか?

殆どの方は体幹も下半身も無視して腕だけですよね?

ボールにちゃんと当たるように祈りながら、ボールに

ヘッドを合わせる様に何度もワッグルしてないですか?

これ最悪ですよ!!

だから、腕リードになって球に合わせるスイングになるんです。


 プロはよーく見るとちゃんと下半身リードの素振りを

しています。 ワッグルでも下半身が動いています。

アマはせっかく良い素振りをしても、ワッグルでは

球に当てる事に集中してしまう方が多いです。

これでは、良いショットが打てるわけがありません。

はっきり言ってアドレスしたら球はもうどうでもいいのです。

無視してください。素振りの再現のみに集中します。

 必ずスイング直前の大事なワッグルも軸を移してから、

腰を入れスライド、体幹で腕を振るイメージを持ちます。

初動の軸移動の腰フリフリのワッグルだけでもいいのです。

やるならまずは、下半身からワッグルするべきなのです。

そして、腰入れ、体幹で腕振りでやっとヘッドが出てくる。

これが正しいワッグルです。

これをやらないとダメです。

そして、ワッグル通りに本振りするように習慣づけます。

続ければ嫌でも下半身から始動できるようになります。

これが、素振りの再現の大切さです。

パターからドライバーまで全て素振り、ワッグルを

マシーンのように無心になって再現する事のみが、

ネガティブな思考やプレッシャーを打ち消す唯一の

方法です。

特にアプローチのチャックリ等のミスには劇的な効果

があります。素振りなら芝の表面を軽くシュッ、シュッと

振れますよね。そのまま全く同じ振りをするのです。

できない?できるように訓練するんです。

球を無視して、無心になればできます。

普通、球があるとリズムが絶対に早くなります。

逆の人はいないと思います。

それを抑えて同じスピード、リズムで頑張る。

そうすると、うまくいく、また、頑張る、

うまくいく、その繰り返しで素振りの自信がつきます。

そうなればしめたもので、次第に素振りで飛んでいく

ボールの距離もイメージできる様になります。

これじゃ足りない、もうちょっと、よしこれでいこう、と。

素振りを完璧に再現するから、経験の積み上げが

可能になるのです。

100Y以内はゆっくり素振りそのままを完璧に再現

すれば良いだけです。そうしたら凄く簡単なんです。

ぐずぐず考え、球に合わせるから、本振りがダメになる。

球は無視です。思考を一切止めて無心で

スイングマシーンになりきるのです。

そうしないとせっかくの素振りのイメージが台無しです。


 腕でヘッドを球に合わせるワッグルは素振りの

イメージをわざわざ全て消し去り、腕で球に合わせて

当てようとするスイングの準備をしているのです。

そして、その通り本振りでは最悪の腕始動のスイングを

ワッグル通り見事に再現します。

だからアマは素振りは良いが、本番は最悪になるのです。

慣れるまで、腕はトップにおいておいて下半身だけ

のワッグルの方が遥かにましです。


 ところで、スイッチは難しいですかねー。

リズムの速いプロのマネなんかしたら一生無理ですよ。

彼らは死ぬ思いの練習量と若さで維持してるんですから。

アマはゆったり大きく体を使えないとなかなか

間を作るのは難しいかもしれませんね。

藍ちゃんのスイングなんかは本当にゆったりで、大きくて

良いですね。あれなら間なんかいくらでもできます。

 実は、ゆったり大きなスイングを作る秘伝があるんですよ。

これができれば違和感なくできます。

というか、できないと実はダメなのかもしれない。

でも、ちょっと時間がかかりますが、スコアメイクには最高です。

 アプローチはパターもドライバーも全てのショットの基本です。

実はゴルフの上達は、何はともあれ基本のアプローチに

集中することが、ベストかもしれません。

次回、説明します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

足裏の重心の位置

 皆さん見落としがちなダウンでの重要な注意点は、

足裏の重心の位置です。拇指球か、土踏まずか、踵か、

これによってスイング、球筋が大きく変わります。

意識しないと毎ショットバラバラになります。 


 もちろん実践では毎ショットライにより変わりますが、

まず基本は、右足拇指球加重です。特にバックスイング

では踵加重では左腰が引けてインサイドに上がります。

また、インサイドエッヂで受け止める事ができないので、

スウェイします。やってみると分かりますが、終始完全に

右足拇指球加重なら、まずスウェイはしません。

インサイドに引き過ぎやオーバースイングにも効果的です。


 左足は、フォロー終盤では踵方向にも乗っていきますが、

切り返しから、インパクト直後の重心位置が非常に重要です。

これはドロー、スライスの打ち分けにも非常に重要で、

逆に言ったら十分に管理できないと球がバラけるということです。

特に多いのは不用意に左踵加重になることで、左腰が引けて

インサイドに引き込んでしまう事です。

インパクトでヘッドアップしたり、早めに前傾が起き上がったり、

軸移動、体重移動が不十分だと左踵加重になり、

インサイドに引き込まれ右肩が被り引っ掛けます。

実はいきなりのヒッカケのミスはこのケースが

非常に多いのです。

 
 この左足の重心については本当に様々で

球筋、スイングスタイルによるのだと思います。

拇指球、土踏まず、踵と全然違いますね。

 
 ドリルとしては、まず、終始両足拇指球加重で踵を

上げたまま、爪先立ちでの練習が効果的です。

ただ、人によってはスライスが出やすくなるとか、

腰が前に出やすくなるとか様々な影響が出ます。

その後は、右拇指球+左土踏まず、

右拇指球+左踵で試して、どう変わるのかテスト

すると、今後の意識も変わり、自分の適性が分かり、

スイングの引き出しが増えます。

 私は両足拇指球加重が良いと思います。

なぜなら悪いライでのショットで、左足踵加重は

ほぼありえないからです。それに完全に踵加重の

スポーツもまずないです。踵加重を推奨する

ティーチングプロもいますが、???ですね。

また、土踏まずも怪しいです。もっともらしいですが、

うっかりすると踵に行ってしまいますから。

私はそれが怖いので全ショット考えても拇指球の方が

一定して、基本的としては最も良いと思います。

トライしてみてください!何か発見があると思いますよ!

 次回は、90%以上の皆さん勘違いしている致命的

ワッグルのミスについて説明します。

なぜ、アマは素振りは良いが、本振りは最悪なのか?

これで、疑問解決されます。

次回、あなたは素振り再現マシーンに変身できるかも。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スイングのスイッチ、レイトヒットの正体 腰を入れ軸を立てる

 スイングのスイッチの答えは「腰を入れる」です。

「腰を入れる」とは「腰を垂直に立てる」ということです。

辞書でも出ていません。(たぶん)

要するに「軸を立てる」ということなんです。

腰入れ(以下、腰を入れる)により、一見上体が

傾斜していても肝心の軸は垂直に立つのです!!

良くスポーツで解説者が言いますよね。

「腰が入った」良い蹴りですね(格闘技)とか。

ゴルフもそうですが、飛ばない人は腰が入っていません。

でも、非常に多いです。レッスン書には絶対ないですから。

スイングを見れば直ぐに分かります。

また、腰が入っていると球筋が全然違います。

軸がしっかりと立って、全然安定するからです。

腰が入らないとアッパーにすくい打ちで、

擦り、軸が弱いので押し込めません。

野球のバッティング、空手の突き、物を持ち上げる時、

人間は全身の力を使うとき必ず腰をまず立てます。

重い物を持ち上げる時腰を入れないで、前かがみで

持ち上げると、ぎっくり腰になることがありますよね。

腰を入れないと全身の筋肉を効果的に使えないのです。


 私の場合は右腰を入れます。右腰で押して腰を真横に

スライドするのです。腰は全く回転させません。

左壁に当たった後、ベルトに沿って勝手に回るように

力まないだけです。

これは俗に言う右サイドで打つのとは全く違います。

間違っても右サイドでは打ちません。

右腰押込みは体の後方から右足蹴りと共に押し易いので、

パワーが出るのです。

しかしその反面、かなり慣れないと、皆さんもイメージできると

思いますが、「腰を切る」様に、右サイドが非常に出易くなります。

特にこれまで回転イメージで打ってきた人はまずいでしょうね。

腰を切って回転し易くなり、また、右腰が前に出て肝心の右懐が

狭くなり腕をアウトサイドに押し出すミスが非常に出やすいので、

最初は単に「腰中央の脊椎」を真横に押し込むイメージ

の方が右サイドが出る心配が少ないので良いでしょうね。


 方法は、切り返しの初動の左股関節への軸移動の後に、

一瞬の「間」を置いてから腰を飛球方向に真横に押し込んでいく

のです。右足も同時に真横に押し込むように伸ばしていきます。

腰も右足も決して回転するように使いません。


 ではなぜ、軸移動と腰入れを分けるのか?

① 私たちゴルファーの最大のミスの原因の1つは、

リズムの乱れによる、「早打ち」です。プロでもそうですよね。

この早打ちの原因として手打ち、力み、単に不注意が

考えられます。

特にドライバーショットで、切り返しの一瞬で一気に全身の

筋肉を全力で使おうとすると極端にリズムが早くなります。

体が無意識のうちにその一瞬に向けて加速させようと

反応するんでしょうね。

 その対策としても、切り返しで一瞬でも「間」を置く習慣

をつけると、早打ちであるテークバックから加速するミスが

かなり減ります。テークバックから加速しても、途中で

一瞬止まるからです。「よーし一気に行くぞ」、

と「徐々にいくか」、の意識だけでも変わります。

 一般的に「間」はテークバックとダウンの引き合う力が

均衡する瞬間にできるのですが、それだけでは早打ちを

解消するには不十分です。

普通のアマは、切り返しで、軸移動、体重移動、

捻転開放、コック開放の全てを同時に一瞬で爆発的に

行います。これでは、全てを正確にこなす事も不可能で

あまりに過激すぎて100%破綻が目に見えています。

なるべくこれらの作業を分散して、確実に正確に実行し、

よりパワーを有効に使い、再現性を高める事が

勝負の分かれ目になります。


② また、意識して軸移動と分けることで、軸移動を確実にします。 

確実な軸移動は非常に大切で、早打ちだとこれが中途半端

になり、右足軸のまま回転運動してしまいます。 これでは、

体重移動もできず明治の大砲のドヒッカケOBになります。

ここまで極端でなくても上級者でもリズムが狂い

軸が完全に移動する前にダウンしてしまい、ヒッカケ、または

不十分な体重移動でパワーロスする事は普通に良くあります。

このミスは不用意に起こるので恐怖です。


③ 最重要で高度な理由です。

腰と肩の動きをそれぞれ独立する様に分離するためです。

これができるとシングル入りです。

ダウン初期のミスにも寛容になります。腰は実際には

インパクトでは45度回転しています。

もしこの回転がなかったら、左懐にスペースがないため

インパクト以降最も重要な加速する振りができません。

スムーズなスイングができず、ヒッカケまくるでしょうね。

 腰は上半身の土台です。腰と肩は胴体で繋がっています。

ですからかなり意識して腰と肩を分離しないと、

普通に打ったら必ず土台の腰と肩は連動してしまうのです。

90%以上のアマは思いっきり連動しています。

酷いと腰より肩が先に回っています。(笑)

それが当たり前で疑問にも思っていないのでしょうね。

どうですか?

分離するとは、もし曲がりの強いドローを打つ場合、

腰、骨盤が左20度位向いていても、肩は全く連動

しないで飛球線より右の打ち出し方向を向くのです。

やってみると分かりますが腰がスライドして、

多少回っていても、右肩を下げないようにして、

右に打ち出すためには、グリップはまだハーフウェイダウン

以上の高さで、かなりインサイドになければ打てません。

要するにこれが、「レイトヒット」と呼ばれる正体で、

良く勘違いされる、肩が開きまくった単なる振り遅れ

とは全く違い、腰がスライドしても、肩はとんでもなく

閉じたまま、スイングがスタートしない技術なのです。

これが本物の「間」です。

このためには切り返しの初動の股関節間の軸移動と、

スイングのスイッチである腰入れを

確実に分けないとできないのです。

お手本はイチロー選手ですね。球が直前に来るまで

肩が開きません。ぎりぎりまで待って打つので

どんな変化球にも対応できるのです。

彼の肩は異常に柔らかく、腰と肩が全く違う動きが

可能なのです。いつも柔軟やってますよね。


 他、注意点は、

確実に左股関節に軸移動を確認してから、

捻転開放していきますが、

必ず過激すぎて左股関節から外れないように注意します。

タメもそうですが体幹の捻転の解放はインパクト以降が

最高速になるようにコントロールします。

ここが技術のいるところでスイングの本番はフォローです。

右サイドでエネルギーを使ったら、ミスの可能性が

高くなります。ハーフウェイダウン以降のビジネスゾーン
(左右腰から下のスイング部分)

が、勝負でそこまではあくまで単なる助走と強く意識します。

左股関節に確実に軸移動した後、グリップがスイングプレーンに

しっかり向き、落下が始まる瞬間を待って、スイッチを入れます。

それまで我慢するためにも、切り返しは静かにやらないと

いけないのです。切り返しから過激では、我慢できません。

 左腰を真横にスライドさせます。ですから右足の踵は

理屈上がらないはずで、ペロッとめくれるのはボツです。

しかし、ドライバーだとスライドの距離があるので踵は

自然に上がっていきますが、めくれる感じではないです。

回転するとスイングを制御できません。インパクト前に

どのタイミングで、どれだけ回転するなんてコントロール

できるでしょうか?どうせ左壁があるのでインパクト以降、

嫌でも回転せざるを得ないので、意識としては回転しない

のが正解です。

股関節から外れず、左壁が強固なら腰はフォローで勝手に

回転します。他のスポーツでは「腰を切る」と良く言いますが、

ゴルフでは腰は切りません。切っている様に見えるだけで、

腰を切ったらバラバラになります。軸を早く回すといいますが

腰で回したら肩が開くだけで全然ダメです。

軸は回すものではなく、速く腕が振れた結果として、

軸がしっかりしていれば速く回っているだけの事です。

頭、軸固定で足、腰、体幹筋肉の捻転の開放で

「腕を振る」のです。

「腕でクラブを振る」のではありません。

 
 このレイトヒット、間は非常に難しいです。

しかし、理屈が分かればいつか必ずできるでしょう。

分からなかったら質問くださいね。


 次回は、この練習のためにも重要な足裏の

重心位置について説明します。

体重移動、壁、球の打ち分けに非常に重要です。

思わぬ突然のミスは実は足裏の重心位置の

ぶれが原因である事が非常に多いです。

ティーグラウンドでさえも見えない傾斜があり、

柔らかかったり、滑ったりしてライは常に

一定ではありません。

また視覚によるネガティブなイメージによっても

重心位置はぶれ易いです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

早めにコック、右肘支点で上げて、フラットなテークバック 体の前で直線的なスイング

 テークバックでは早々コックを始め、右脇を閉めて右肘支点

でクラブを上げて行くほうがプレーンから外れ難いです。

コックを早めると自然に右肘が曲がり易くなり、右脇は締まります。

こう言うと手先で上げる様に感じるでしょうが、下半身、体幹を

十分使うことには変わりありません。

 イメージとしてはなるべくスイングの左右ともに、インに引き過ぎ

ないように、体の前で直線的にスイングする感覚です。

 アップライトに上がるんじゃないのか? と思われるでしょうが、

そんな事はありません。

右脇がトップまで開かず、右肘が下を向いていれば、

グリップは高く上がらず、体の回転とともにコンパクトで

フラットなトップになります。

 途中の軌道の確認方法は、ハーフウェイバックでシャフトが

水平な時に飛球線と平行なら良いのです。

確認する時は、前傾を維持したまま行ってください。

同時にこの時フェースは前傾と平行なくらいがスクエアで、

リーディングエッジが垂直ではその後開く可能性が高いです。

 多くの方は適正なプレーンよりインサイドに低く引きすぎて

いるので、早めに上げる方が右脇も締まりやすく理想的です。

タイガーも今年からずいぶんフラットでコンパクトに

体への負担の少ない正確性重視の静かなスイングになりました。

 ではまず、なぜ、フラットな方が良いのでしょうか?


 アップライトだと腕で上げ易い為に、正確性、反復性

が落ち、オーバースイングや、フライングエルボー

でクロスしたり、オンプレーンから大きく外れた過ぎた

トップになり易いからです。

 さらに、決定的なことはアップライトではインパクトプレーン

まで距離がありすぎるため、プレーンに乗せるまでに

余分な動作が必要になり非効率で、そのリスクに見合う

メリットは見出せません。

 また、アップライトではトップからアウトサイドに下りる可能性が

非常に高くなります。

特に中級者では、かなり間がしっかりできないとスティープに

アウトサイドから降りてしまいます。

 トップで右肩、フォローで左肩に向かって振るフラットな

スイングだと、トップはインパクトプレーンにより近く、右肘が

ほぼ真下を向いているため、右肘を真下に下ろすだけで

最短距離で、最短時間でオンプレーンに乗せ易く、

より正確で、反復性の高い合理的なスイングなのです。


 次に、体の前での直線的なスイングの有効性について

説明いたします。

スイングはほぼ左右対称なので回転を意識してテークバックすると、

ダウンでも初動から肩が開き易い回転運動が起こり易くなります。

また、直線的に上げると、頭、軸を維持してテークバックしないと

肩が回りません。必然的に軸が維持され、体幹が使われます。

 非常に重要な事は、当然インに低く引きすぎるミスを未然に

防ぐ事ができます。コックの方向も適正になり易いのです。

かつ、フォローでもインサイドに不用意に引き込み、突然起こる

恐ろしいヒッカケOBを大幅に防ぐ事が可能になります。

 インに引き込むミスの原因の理解と把握は非常に重要です。

 ただし、テークバックはゆっくりなので容易なのですが、

フォローでは、これまでのプレーンの修正、前傾の維持、

ヘッドアップ防止、軸に直角な肩の回転、左肘のたたみ、

右肩を上げない等の重要性が、より鮮明になってくるのが

分かると思います。

 これらを維持するためには、「重心のコントロール」

非常に重要で、難しいことだと気がつくはずです。

そして、この重心のコントロールは下半身の役目であり、

下半身の正しい動き、正しい重心移動、正しい素振り

の仕方について理解する必要があります。


 次回、直線的なフォロー、「重心のコントロール」、下半身

について説明します。

そういえば、大ダフリについてとスイング発射のスイッチ

も近いうちに書きますね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

なぜ、腕で下ろさざるを得ないのか?体重移動、体幹でダウンできないのか?

 多くの方は頑張って体幹を使ってもうまく下りて来ないと思います。

 なぜか?

腕で上げているからです。

 なぜ、腕で上げたら腕で下ろさないといけないか?

腕で上げると体幹に捻転ができないからです。
 
また、スイングに全く張りが出来ないからです。


 捻転てところで何なんだ?

体幹筋肉のねじれで、ダウンで使うエネルギーです。

これが十分になると、トップで耐え切れなくなり僅かなきっかけで、

ダウンスイングが容易に始まります。

これを「張りがある」スイングと言います。

トップでグリップが体に近ずいても、腕がゆるみ「張りがない」です。

要するに、スイングにゆるみ、あそびが多すぎて、切り返し時に

体重移動してもトップの反応が鈍くダウンが始めにくい状態です。

「張りがない」と、かわりに腰か肩を開いて、なおかつ腕を使わないと

ダウンが始まりません。

 では、捻転を作るためにはどうしたらいいのか?

体幹でテークバックするのです。絶対に腕で上げたらできません。

そうする事によって初めて体幹筋肉に捻転ができ、

スイングに張りが出来、体幹で敏感にダウンが始動

できるのです。ねじりを作るわけですから、当然、テークバックで

負担があり、体幹筋肉を全て十分に使い疲れるはずです。

昨日のレッスンのように、頭が右に動き、軸がずるずるずれて、

体が起き上がり、腕でひょいと持ち上げたらアウトです。

 また、肩を意識的に回してねじっても簡単に体が回ります。

これも、体幹筋肉を使っていないので捻転はできません。

 要領は、テークバックで頭、右腰、左膝を固定して、軸を意識

しながら体幹筋肉である、大腿筋、大臀筋、腹筋、腹斜筋、広背筋、

大胸筋、等の肩からなるべく下方のスイングの土台に近い

大きな筋肉、なるべく使って上げます。

これらは、切り替えし以降のダウンで使う筋肉でスイングは

ほぼ、左右対称なので右で使うから、左でも使えるのです。

 下半身も股関節間での体重移動という非常に狭い範囲ですが

十分に使わなければいけません。

 腕で上げているから、捻転がない、張りがない、

だから体重移動、体幹でダウンを始動できない。

だから、腕で引っ張り下ろすしかない、と言う事になります。

 そして、更に困った事に、腕で上げても唯一肩には

捻転が大小あれ、できてしまいます。

腕を使うなと言うと、これを使ってしまうのです。

唯一の肩の捻転を切り返しのリードとして使ってしまいます。

これは最悪です。肩を開きながら、腕で引っ張り下ろす。

こうなると強烈なアウトサイドインにしかならないので、

確実にスライスか、フックになります。

それを嫌って更に左肩の回転を早めてインに巻き込み、

ますます鋭角的なアウトサイドインになっていき、

出球は全て左になります。多くの方が陥っている症状です。

こうなると、出球を右にしようとすると今度は極端にインサイドに

テークバックして、ダウンでクラブをインから寝せて、

正しいプレーンのかなり下からあおるような打ち方になります。

このショットには自覚症状が出にくく、以下なりの中級者が

陥っている、連鎖的悪循環の罠です。

 さらに、ヘッドを早く強制的にリリースしてヘッドファースト

にする事により開いたフェースを無理やり矯正して、

球を捕まえようとし始め、インパクト前にコックを前回するので

インパクト前に最下点を向かえる事になりダフり始めます。

悪い事に練習場のマットではうまく滑るのでこのダフリには

殆どの方が気がついていません。
 
 しかし、コースではティーアップ以外、見事にこのダフリが

毎ショット、ミリ単位の誤差でもザックリと現れます。

 そして次は、ダフらない様に体が無意識に伸び上がる。

次々と悪循環が限りなく延々と続くのです。

これらを十分に理解せずに、途中の段階で対症療法を

施したところで、根本的な解決には延々と遠回りになるだけです。

致命的な欠陥スイングを練習によってますます、固定していく

まさに「下手を固める」とはこのことを言います。

理屈がお分かり頂けたでしょうか?

私がシャドースイングを推奨するのはこの理由で、

一つ一つの目標が治る前に球を打っても無意味どころか、

ますます、体に植えつけてしまいますし、お金と時間の無駄です。


 体幹筋肉は軸=脊椎の周りの大きな筋肉で非常に強く、

軸が一定なら安定して動きます。腕力など問題になりません。

また、スイングを安定させるためにも、重心を低くし

なるべく低い位置にある、大きな強い筋肉を十分に使います。

 最もスイング上部にある不安定な腕と、使うと開いてしまう肩は

使いません。右肩を引いてテークバックする方がいますが、

右肩を引くと言う事は、スイングは左右対称なので、ダウンでは

右肩が出やすくなります。従って、腕と肩は最初から使いません。


 そのうち明しますが、下半身を十分に、うまく使えないと

体幹を十分機能させ、活用できません。

土台の下半身の動きがダウンスイングをリードし、

スイングにより大きなパワーとスピードを加えるのです。

また、上半身の土台である骨盤の動きをコントロールします。

見た目は非常に狭い範囲で、僅かな動きですが、

目に見えない重心移動を司っているため、非常に分かりにくく、

レッスン書でも解説は少ないですが、本来は超重要ですよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腕で振らない秘伝

 (前回の記事が長す過ぎたので2回に分けました。)
 
今日は腕で振らない秘伝です。

腕の脱力ってとんでもなく難しいですよね。

実際、完全に脱力したらクラブも振れる訳がないし。 

これは言葉で複雑な動作や感覚、イメージを説明する

限界でもあります。

しかし、誰でも出来る具体的方法が実はあるんですよ。

その1つは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃ、じゃーん、

「ダウンの初期を死んでも腕で下ろさない」 
ことです。

ダウンの初動を腕で引き下ろすと、ほぼプレーンに乗りません。

まずはここをクリアーしないと始まりません。

武士は前のめりに死にますが、

ゴルファーはトップに腕を残したまま死にます。

下半身と体幹が動かない限り、永遠に腕で腕を下ろしては

いけません。それ位の覚悟じゃないと上達しませんよ。


 何でもそうですが***しない様に振るなんて、

甘っちょろい療法では治るわけないんです。

「間」とは、テークバックの慣性がゼロになり、プレーンに

乗るために、正しい方向に自然落下を始める瞬間です。

その軌道が決まる大事な時に、腕であちこち力任せに引っ張り

下ろしたらショットのたびにバラバラです。

「間」は、グリップが正しい方向に初動が始まる準備段階です。

また、次回以降の秘伝で公開しますが、

殆どの方が切り返しから過激すぎる!!

あらん限りのパワーを初動で総動員してしまうため、

100%の体重移動、肩の巻き戻し、腕力による引き下ろし

右足による強烈な蹴り、タメの開放の全エネルギーを一気に

出し切ってしまいます。これでは過激になりすぎ、安定しない。

だから、絶対に間ができない、そして必ず肩が開くのです。

そんな早撃ちじゃカッコ悪くて、もてませんよ。

 実は、スイングの発射スイッチは初動の軸移動ではなく、

その次に起こる、私が前から何度も言っている***なんです。

それによって、初めて、ワンテンポずれる事によって「間」ができて、

やっと体幹筋肉の捻転の開放によってグリップがトップから下ろされる。

だから肩が開かないうちに、プレーンにインサイドから一直線に下ろせる。

最初の切り返しの軸移動はむきにならずにゆったりやればいいんです。

勝負はその後の***でスイングの発射です。

じゃないと、一生頑張っても本当の閉じた肩も、間も、タメも、

インサイドからの軌道も全部できません。

 これに関して、もう1つ先に今後の秘伝の内容を言っておきますが、

お気の毒で、厳しいようですが、敢えて言うと

タメのない人に正しいプレーンはほぼ存在しません。

どういうことか?

ヒントは、どーしても正しいプレーンで振ったらほぼ大ダフリで

ゴルフにならないでしょう。だから、タメができない人は、

分かっていながらも一生間違ったプレーンでごまかしながら

振るしかないのです。それでは、恍惚のウルトラスーパーショットは

生涯打つことはできません。

 もう1つおまけに、そもそも素振りが全然間違ってます。

間違った素振りじゃ、再現しようと頑張っても一生ムダです。

これも、Part13くらいで(そんなにあるか?)説明します。

変わりますよー。盛りだくさん過ぎてまた忘れそうだな。


 で、今日の話題に戻って、

切り返しは、死んでも腕で下ろさない。

もし、腕を主体的に振るとしたら、

ダウンで落下して正しいプレーンに乗り、タメがハーフウェイダウンで

リリースされはじめ、ヘッドが加速されてから初めてその時一緒

にうまくプレーンから外れないように使うのです。

プレーンに完全に乗った後に腕を使って加速度を更に加える

分には問題ありませんが、プレーンに乗る前に、器用にどうにでも

動いてしまう腕を積極的に使うからバラバラになるのです。

理屈は分かりますよね?

 で、腕で下ろさないようにする特訓方法は、シャドースイングで、

トップを維持したまま、下の図の青線のように左腰を10cm弱

スライドして、右股関節から左股関節に乗り換えます。

軸を移すだけですから、発射しないようにスッと腰だけ真横に

スライドするだけです。頭は動きません。

腰フリフリと同じです。左側だけですが。

この時、肩の巻き戻し、右足の蹴りは禁物です。

この後、やっと腹筋、腹斜筋、背筋、広背筋、大臀筋を

使ってグリップをダウンします。

この時、今までの経験にないほどかなりインサイドから

一直線に下ろせるようにります。

この、要領は大胸筋で左脇を閉めて、左肘をなるべく真下を

向けて「シャフトが立つ」ように下ろす事です。

肘をアウトに向けると左手甲が上を向き、シャフトが背中側に

倒れすぎて、良く言うクラブが「寝た」た状態になります。

 ところが・・・・・・、きっと殆どの方は正しいプレーンでインサイドから

下ろすと大ダフリするでしょう。(普通の方はクラブが寝ながらインサイド

から振ってるので同じインサイドと言ってもプレーンが全然違います)

その、大ダフリが正しいプレーンです。

ウエイトボールの効果

 なぜ大ダフリをするのか?大ダフリしないようにするには

どうしたらいいか? また、なぜ、インパクトで伸び上がるのか?

良く考えましょう。

このドリルを、絶対に腕を使わないでひたすらやります。

とにかく体幹筋肉で腕より遥かに加速できる事を体感してください。

必ずできます。再三言いますが、この時回転運動はなしですよ。

回転しちゃいますが、意図して回転運動をしたらアウトですよ。

取り合えずこれでストレートに打ち出されます。

ドロー、フェードの打ち分けはPart23位で説明します。

 明日は、どれにしましょうか?多すぎますね。

腕で下ろさざるを得ない事情について説明しましょうか。

多くの方は頑張って体幹を使ってもうまく下りて来ないと思います。

なぜか?腕で上げているからです。

なぜ、腕で上げたら腕で下ろさないといけないか?

あと、大ダフリについてもですね。

長年の疑問がきっと解決しますよ!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テークバックで頭を動かすとんでもない弊害 Part 2

 皆さんたくさんの応援本当に有り難うございます!!

反応の凄さに驚いてしまいました。

 まず、先に言っておきますが、過去記事については、

現在と整合しない点も多々あると思います。

その理由は、

やはり言葉での説明に慣れていず、うまく説明ができなかったこと、

より良い、分かりやすい表現に徐々に変えてきたこと、

想定する対象の読者のレベルによって書き方が変わる事、

例えばフッカーとスライサーではレッスンは、180度

変わることも多々あります。

それから、私自身も進化しようと努力していること、

まだ未熟な自分には分からない事がたくさんあること、

徹夜で酔っ払って書いてる事もかなりあるので(汗

訂正すべき点もいくつかあると思います(大汗

ただ、あまりに記事が多すぎて自分ではなかなか読み返す

気がしないので、大変申し訳ありませんが変なのがあって、

疑問なときは何でもいいですから質問くださいね。

大体一週間以内には必ず返事書きますからね。

お願い致します。

 わたしも仕事サボって頑張って記事を書きますね!! 


 ここの所あまりに悩みの質問が多いので、ちょっと早めに

出血大サービスで秘伝をいくつか公開しちゃいます。

これまで対症療法に終始したレッスン、抽象的なレッスン

具体的解決策、ドリルのない、あれダメ、これダメレッスンに、

皆さんも死ぬほどうんざりしてきたと思います。

ごるきちのみなさんに、門外不出の秘伝を予定を繰上げ

次回以降、一挙大公開です!!(大げさすぎ?)

 その前に、今回は大事な質問への回答ですが、

前回の「頭を動かすとんでもない弊害 」の補足です。


 ひめこさん、いつもお世話になってます!!

ひめこさんのブログです。~again~ひめこ きっと私以上にごるきち(笑)

>びっくり・・・
>ずっと頭動かせ・・・頭動かせ・・・
>って言われて来ました。
>言葉の違いで、体重を右足にもっと乗せろってことだとは理解はできましたけど・・・
>動かせと言われると正直、身体が上下左右
>バラバラ動きすぎて安定しませんでした。

これは非常に難しいところで、例えば子供には頭を動かすなとか

体の自然の動き、本能的な動きを阻害するような事は教えません。

むしろ、非力なゆえに体を自由に大きく使える様に、

また、成長期の柔らかい骨格を痛めない様に、楽しめる様に教えます。

 または、とりあえず本来のスイングとは間違っていても

体感させるために敢えて行う方法も沢山あります。

ですから、女性の場合男性と比較するとかなり筋力が違う事、

柔軟性が全く違う事で、適正は個人差で多少異なるかもしれません。

女子プロの方がスイングは個性的ですよね。

これは非力さをカバーするための個々の特徴だと思います。

 例えば、右への体重移動が足りないからとりあえず、

何とかもう少し強い加重を体感させようとしているのか、

もしくは頭を止めようと意識しすぎてリバースピボット
(大きなオーバースイングで軸が左に傾き体重が左に逆戻り)

になっている可能性とか、何かしらの意図がきっと在ると思います。

 そこを、聞いてみて答えなかったらちょっと?なコーチかも。

もちろんコーチにも必ず一長一短があるので、完璧は要求できません。

ただ、医者と同じでコーチには「理論的に説明する必要性、責任」

があると思います。黙ってやれ、では不安で続きませんよね。

そうじゃないと質問の様な、懐疑になってしまいますよね。

ですから、その点をひめこさんが良く理解していれば、

問題ないかもしれません。

 ただ、私は多くのコーチに着きましたが、あまりに質問攻めに

し過ぎてしまうらしく、だんだん煙たがられる事も多々あります。

そうならないように注意してくださいね(汗


 もう少し詳しく頭が動く事の怖さの理由を説明しますね。

例えば、3つのケースが考えられますが、

 ①普通、軸の頭が右に10cmも動くと腰も一緒にスウェイする可能性が高い。  

 ②次に、スウェイしないで腰は正しい場所で止まっていても、

軸が右に傾くと一応体重が右足に乗るので、肩が十分に回らなくても

分からない。この場合顎の下に左肩が入らず、顎から離れたままになる。

これは、肩が開いた状態なので、ダウンでは左に戻った頭が

必ず左肩を押し開きます。アウトサイドインになるのです。

 頭を右に止めたままだと、体重が右軸に残ったままになり、

明治の大砲で、タメもハンドファーストもできません。

 ③ 仮に、きちんと肩を90度回すと、左肩が頭と一緒に顎の下に

10cm右に着いて来ます。と言う事は上体丸ごと右へその分大きく傾きます。

すると、切り返しで腰は同様に左に10cm平行移動ですから、

頭も上体も丸ごと一緒に10cm平行移動しなければなりません。

この時頭は右に傾き、軸も右に大きく傾いたままです。

腰だけををスッと振る場合軸は傾きませんが、

この場合、軸が大きく右に傾いたままです。

これではアッパースイングでダウンブローなスイングは非常に困難なので、

軸を戻すためのステップがもう1つ必要になります。

それに、重い上体を視線がぶれながら動かすのはゆっくりやれば簡単

な様に見えますが、実際はかなりのスピードでの平行移動になるので、

再現性の維持はより困難になります。

急激な体重移動を抑えきれずに反動で左にスウェイするか、

平行移動して軸を移しきれずに体重が右に残ったまま

回転運動が始まってしまう可能性が非常に高いです。

実際、かなりの方は右に残ったまま左に乗り切れません。

そして、右足加重ではまず極端なアウトサイドイン軌道で、タメも、

ハンドファーストもできずにスライス、ドヒッカケの連続です。

 やってみると分かりますが、

頭が右に動くと簡単に肩は回り、右に乗れます。

するとクラブを腕でひょいと持ち上げる事になります。

この時、非常に問題なのは、頭の移動と共に体が起きて、

前傾が起きて、軸が右に傾きます。

これはまさにオープンになって確実にスライスを招きます。

また、最も大切な体幹筋肉に全く捻転ができません。

そうなるとまさにダウンを腕で下ろすしかなくなるのです。

最悪の連鎖が始まるのです。

ただでさえ、頭が動かなくてもテークバックで起き上がってしまう

方が多いですから、気をつけましょう。

頭の上下動も同様に非常にまずい動きです。


 次回詳しく説明しますが、重要な事は、

腕でテークバックするから、腕でダウンするしかなくなり、

また、最悪のケースでは唯一の捻転のある、必殺肩の巻き戻し

ショットでいきなり切り返しと同時にガバっと左肩が開きます。

腕で下ろさない=体幹で下ろす=体幹に捻転ができている=

体幹でテークバックでする

体幹でダウンできないのは捻転、スイングに張りがないからです。

強烈な捻転は必要ありませんが、ダウンのきっかけになる

くらいの捻転と張りが必ず必要です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テークバックで頭を動かすとんでもない弊害 Part1

 テークバックで体重移動をし易い様に頭を動かして良い

というとんでもなく無責任なレッスンが多いですが、

ダウンで適正に戻せれば良いという単純な問題ではなく、

とんでもなく大きな弊害があるのです。

これを知らないと一生進歩しませんよ。


 右の壁さえしっかりしていればテークバックで頭が

動いても左へのスウェイに気をつければ良いとか、

2軸なので右の軸から左の軸へ移ればよいとか、

勘違いされている方がかなり多いと思いますが、

いかがでしょうか?

 当然、頭が動けば軸も動くので修正が必要になりますし、

目線も動くので当然難しくなります。

右に行き過ぎれば、今度は左にも行き過ぎ易くなります。

動くなと言っても普通左右に4、5cmは動いてしまいます。

左右合計約10cmです。これで限界でしょうね。

動いて良いと言ったら15cm位は動くでしょうね。

往復で30cmです。

おまけに同時に上下の動きも併発するでしょうね。

実際にレンジで前後20cm、上下10cm位は標準でしょうね。

これでは何万発打っても絶対にうまくなりません。

 しかし、それ以上にもっと大きな問題があるのです。

分かるでしょうか?

一度頭が右に行き過ぎると切り返しで左に戻るときに

頭が左肩を押し開くのです。

テークバックで頭の移動で回転運動を助長するため

ダウンでも頭の移動が回転運動を助長します。

これではどんなに肩の開きを我慢しようとしても無理です。

軸となるべき頭が動いていてはスイングが安定する

訳がありません。

基本は顎と肩の位置関係です。

トップでは左肩が顎に付き、ダウンでは右肩に顎を寄せます。

これは基本中の基本です。実践しましょう。

頭を動かせなどと言う無責任なレッスン聞いてたら

一生100叩きですよ!!

切り返し体重移動

 タイガーのアドレス、トップ、インパクト直前の写真です。

トップで顔の向きが右足を向いていますが、

顔の向きだけで軸の脊椎は全く動いていません。

インパクトで頭は逆行しています。

これは左足の蹴りによる伸び上がりにより、

上体が飛球後方に押されます。


 注意していただきたいのは顔の向きです。

インパクトで真下ではなく、右足あたり、ボールより

数十センチ後方を向いています。

これは、いいお手本でこの顔の向きの維持により

左肩の開きはかなり抑えられます。

頭を傾けるのではなく、顔の向きだけですよ!

基本は顎はずっと真下を向いているほうがシンプルですが。

 
 それでもまだ肩が開く方、たくさん山ほどいると思います(笑)

でっ、肩の開きが激減する秘伝の1つをご紹介します。

腕を使わないとは実はこのことなんです。

驚愕の爆弾レッスン!!

明日、いよいよあなたは間違いなく開眼します!!

いきなりトッププロのショットができる!!とは言いませんが、

みっともないスイングは劇的に修正されるはずです(ゴメンネ)

その後も爆弾レッスンシリーズ行きますよー、きっと!!

もし、応援がいっぱいあって、気分が乗っちゃったら。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

写真の肩は回転していますか? 前に出ていますか? 右肩の位置を見てください 

 いよいよ一日の訪問者数が過去最高の969人

になりました!! 1千人まであと僅かです。

どうしてこんなになってしまったんでしょうね?

皆さんも懲りずにご訪問大変有り難うございます。

しかし、皆さんも相当なゴルキチですね!!

 そもそも怪我によるドクターストップで何の準備もなく

いきなりブログを始めたのですが、まさかこんなに

山ほどのゴルキチが訪れるようになるとは・・・・

夢にも考えていませんでした。

 結構完ぺき主義なので、おかげで睡眠時間は減るは、

練習時間も激減するは、仕事も手抜きになるし、

結構大変でした。怪我だったんでいいんですけど。

 最近やっと慣れてきて、平気で手抜き記事(冗談)も

手早く書ける様になり、誤字、脱字にも全然鈍感に

なってきて、何とか睡眠時間と練習時間は確保できる

ようになりました。

しかし、仕事の時間が足りないな。

どうしようかな?

「タイで極楽ゴルフ」(極楽って、変な意味ないですよ)が

待ってるのに!!

 私は球を打っている瞬間が、この世で最も幸福な

瞬間だと断言できます!て・・・それがどうした(汗

平気で一日5時間くらい、1千発位打ちます。

生まれ変わったら絶対プロゴルファーしかないな・・・。

でも、アジアのシニアプロならちびっとは確率あるし・・・。

ある日突然爆発的に開眼したりして・・・・。

 まー、ですから、こんなブログ読んでるような、

自分と同じような人種は大好きですね!!

めったにそこらでは、お目にかかれないですからね!!


 タイガーとアダムスコットのアドレスとインパクト

の瞬間の写真です。どうですか?

これ回転運動ですか?

赤線:黄金ライン(右肩、右肘、右ひざ、右足甲の一直線のライン)
黄線:アドレスの左肩の位置
薄緑線:アドレスのシャフトライン
タイガー 右肩
AS 黄金ライン

右肩は出ないどころか、むしろアドレスより両者ともに5cm位

引っ込んでいます。

トゥーダウンの影響で、グリップはシャフトプレーンより僅かに上を通り

さらに遠心力で腕が伸びるので右上腕を大胸筋でかなり引き付ける

必要があります。

 赤線の「黄金ライン」の維持です。

右肩、右肘、右ひざ、右足甲のラインが完璧に維持されています。

スーパーショット、カッコいいスイングは、やっぱりこうじゃなきゃ

いけませんね。

 腰だけが左壁に当たって自然にスムーズに回転します。

 頭を固定して左右に腕とクラブを揺さぶる直線運動にしたら、

回転運動による不安定な動きは殆ど消えます。

 切り返しの左への平行の体重移動の最初の瞬間に

左肩が僅かでも左に開いたら回転が始まり、

グリップがアウトに引き下ろされ、タメが解け始めます。

こうなったらもう止められません。ボツです。

切り返しの瞬間、大胸筋で両肘を締めたまま、

左肩は微塵も開かないと、グリップは下りて来ません。

その後、タメが解けないまま真下に下ろせます。

最初のほんの一瞬だけ気を付ければいいんです。

最初の一瞬だけでグリップの方向とタメが

決まってしまうのです。


そこでハンデは天と地の差が出ます。

これができる条件はトップでグリップが飛球後方に

引っ張られている感覚、

グリップと胸、グリップと頭が引き合って張りがないと

できないでしょうね。

張りがないから直ぐ開いちゃうんです。

綱引きの時、肩を開くバカはいないでしょう。

少しでも引っ張られていたら一瞬開き難くなります。

腕とクラブを重く、重く使うのです。

それと、右股関節の右壁と不動の頭です。

 右肩が出ないように打つんじゃないんです。

絶対出さないで、黄金ラインを維持して、

何度もシャドウスイングしてみてください。

球を打ちながらでは治りませんよ。

この動きがゆっくりでもできるまで鏡の前で

シャドウスイングです。


そうすると何かつかめると思います。


 タイガーの左肩はアドレスもインパクトも同じ位置ですが、

アダムスコットはかなり上体が後ろに引いてますね。

しかし、フォローで黄色線から右肩が出ないで、

かなり縦に回っています。

これなら絶対に右肩が被らないですね。

これは左をかなり引かないとできません。

これだけ前傾と頭が残れば不用意なヒッカケは

激減しますね。

ラウンド後半疲れや、球の行き先を気にしすぎて

インパクト直後に不用意に早く起き上がって右肩が被って、

ヒッカケて、林で大叩きって、結構私も多いパターンです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

最悪のライ コース右斜面の前上がりのライの打ち方

 コース右斜面の前上がりは左斜面の前下がり

より全然厄介です。しかし、対応が分かっていない

人があまりに多いですね。ご存知の通り、

フックするのですが、フックの度合いは

ロフトにより全く異なるのです。

この事を殆ど考慮しない方は結構多い

のではないでしょうか?

 ボール近くに立つのでシャンクして更に

右上の林にOBの経験もあると思います。

フジサンケイで宮本選手もやってましたね。

運よく、右林の木に数回当たって数秒後

本人に直撃しそうに戻ってきましたが。

このライの対策は様々なライやフックへの対応

にも繋がりますので、しっかりと理解すると

かなりトラブルへの応用が効きます。


 まず、前上がり斜面ではライ角が立ちます。

傾斜が強いほど立つのでフックが強くなります。

そして、クラブ選択ですがロフトが大きくなるほど

その度合いが非常に大きくなります。

例えばサンドと5Iを比較すると、とんでもなく

サンドの方がフックの度合いが強くなります。

ロングアイアンは実はそれほど大きくフック

させずに打てるのです。スライスも可能です。

この様な基本を知っているとトラブルショット

での大叩きが大幅に減少します。

 まず、基本のグリップとスタンスですが

できるだけグリップを短く持ち、球に近く立ちます。

アップライトにすると、フックしにくいのです。

それを知らずに、この状況で普通にアドレス

するとスイング軌道がフラットになるので

更にフックが強くなります。

重心は前です。意識しないと踵にかかりますが、

それではインパクトで引っ掛けるので

頑張ってフォローまで拇指球加重を維持します。

 そのために、大き目のクラブ選択で

軽く打ちます。ロフトが少ないとフックの度合い

も少なくなり、腕も力まず体の回転だけで

振りぬけます。

 もし、短めのクラブでしっかり打とうしたら、

腕に力が入るためますます引っ掛けます。

強く打つ意識があると腕に力が入り、体の回転

が遅れるか、不足してドフックになります。

 フェースは当然オープンにします。

ショートアイアンの場合はフェースの向きを

良く注意します。かなり左を向いています。

 スタンスもオープンにします。

そして、スライスを打つ様にハンドファーストで

体の回転でカットぎみに打ちます。

腕に力が入るとヒッカケ易くなるだけでなく、

近くに立っているため、腕、右肩が少しでも

前に出るとシャンクで右OBだからです。

フィニッシュまで体の回転最優先で決して

グリップよりヘッドが先行しないように

スリークオーターで無理なく振り抜きます。

 最悪のド引っかけの範囲と、シャンクを想定

してクラブ選び、スタンス、重心位置、体の回転

等、体が状況に条件反射するようになるまで

論理的に覚え込みましょう。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ゴルフは無心でひたすら素振りの再現です コメント承認見逃しがありました。誠に申し訳ありませんm(_)m

 大変申し訳ありませんでした。

過去のコメント見ていたら、承認し忘れの

コメントが何件かありました。間抜けですねー。

誠に申し訳ありませんでした m(__)m

遅ればせながらお返事いたします。


09/08/04 匿名 ひょんな事から
>ダウンスイングで右ひじを体に引き付ける事は、わかっていましたが、つい最近までなかなか出来ませんでした。先日ラウンドしていたとき、ひょんな事から出来るようになりました。要は、今までバックスイングからトップに至る過程で、右脇を絞めすぎていた為、結果的に引き付けるマージンが無かったみたいです。トップに至る過程で思い切って右脇をあける(程度はなかなか表現できないですが)事で出来るようになりました。こんな感じでいいのでしょうか。

トップでグリップと体の距離は縮まってはいけません。

アドレス時と同じ距離を維持するよう遠くに上げます。

大体、上に上げようとすると腕で上げて、担ぐように

体に近くなります。特に右肘の角度が90度

をキープするように気をつけます。

反動で上げると90度の維持はまず困難ですね。

するとご指摘のようにマージンがなくなって、

張りも捻転も不十分で加速距離がなくなります。

 テークバックは上ではなく左脇を閉めて

左大胸筋と体幹で飛球後方なるべく遠くに押して

結果的に上に上がるイメージだと体に近づかなく、

オーバースイングやクロスになりませんし、

張りのあるトップができます。


09/08/09 ひかるわん さん
>私事ですが初の70台(39、39)がでました・・・・
こんばんは 本日 初の快挙 私事ですが初の70台(39、39)がでましたのでお知らせします。 こちらの背面打ちドリルのころから約1ヶ月・・・結果がでました。腕の自然落下、インパクトまでの骨盤の維持。非常に参考にさせてもらいました。繰り返し、繰り返しのシャドースイングで体に染み込ませました。 現在の注意点は 球があるとトップで肩がまわらない=右に胸が向かない点です。 練習場の様にはいかない・・・です。 今後も応援してますのでナイスショットお願いします。

両方30台は立派ですね。おめでとうございます!!

もともとかなりお上手だったんですよ。

ほんのちょっとしたきっかけだったんですね。

 球があるとプロでも誰でも起こる早打ちです。

トップの位置の狂いはほんの僅かなリズムの狂いです。

これは技術ではなくメンタルな問題です。

予防方法は素振りの完璧な再現しかないと思います。

私ももちろんそれで苦労していますが、

球を打つ時は絶対に何も考えてはダメですね。

無になってマシーンのように素振りの完璧な

再現しかないですよ。

これは普段の鍛錬の積み重ねで身に付ける

しかありません。

毎ショット距離の違う地点を狙い、まず2,3回

の素振りで球筋、アドレス、リズム、振り幅等を

確実に責任を持って決める。

最初は4、5回の素振りでもだめなら10回でも

いいでしょう。ただ、自分で責任を持って決める

事が重要です。

この時、素振りはヘッドがウエイトボールの様に

重いイメージで体幹の大きな筋肉を使わないと

10秒でも記憶する事は困難です。

そして、即アドレスして素振りの再現のみに集中し、

素振りを100%信じて、それ以外何も考えず即打つ。

絶対に不安要素は何も考えない。

思考を止め、マシーンになる。

ちょっと強めだとか、弱めにとか、左はまずいとか、

ダフらない様にしっかりとか、絶対に何も考えない。

それらは、グリップを短くしたり、スタンスを狭くしたり、

オープンにしたり、振り幅、球筋、で既に決めた上で

素振りを責任を持って決めているのだから、再現だけ

に絞る。その積み重ねでマシーンになれますよ。

やっぱりウエイトボールを振ってから打つと

ショートアイアンからドライバーまで完璧ですね。

これはクラブ4本素振りでも違うんですよね。

ボール持ってラウンドしたいです。

もう2ヶ月過ぎちゃいますがその後どうですか?


09/08/27 トシ さん
>ゴルキチさん。お疲れさまです。いつも有り難うございます。
左脇の締めは、自分の課題、脱力、タメ、そして脇の締めです。ここがルーズのなるとミスの連鎖が出ます。先日のラウンドで、ソケット当たりが出てしまいショックでしたが、ラウンド後の練習場で原因が掴め、ただいま修正中です。まずトップからの脱力が出来ていないです。その為右手に力が入り、クラブが寝てクリップがボールより前方に向き、左脇が空き、ソケット当たりです。
背面打ちで縦ぶりの感覚を掴み直します。

右肩、右手、右ひざが前に出る事、頭のスウェイが殆ど原因ですね。頭と壁不動、オープンスタンス、で勝手に回りますから。

>先日の記事の素振りのイメージですが、大変参考になりました。特にパットの5m前後の距離感が安定しました。今までは適当に1~2回の素振りだったのですが、アドレス後このくらいバックスイングしたら、このくらい転がるをイメージして、1回素振りで直ぐイメージが消えない内に打つ。これが実に良い感じです。ただ10m以上になってしますとイメージがぼやけパンチが入ったり打ち急いだりで距離が合いませんが(涙)このイメージがアプでも出来ればと思います。まだそのレベルまでは行ってません。
両脇タオルで、また練習します(笑)

パットはインパクトの不安が最も少ないので

距離に関しては素振りの再現は簡単ですよね。

パットは不動の振り幅を決めちゃえばいいんですよ。

例えば、2,5,10,15,20mの5通りの素振りを

目をつぶってもできるように自分のアドレスを

基準に決めておけば良いんですよ。

問題いはリズムの狂いですよね。

これも、ウエイトボールのリズムです。

全ショットそうですが完全に常に基準になり、

再現できるリズムがあればそう狂わないですよ。

10m以上ダメなのはそのリズムと振り幅を

決めてないからです。

10、15、20mは決めておかないと平気で

3パットしますよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ウエイトボールの驚異の効果 ゴルフ人生変わりますよ!!

 今日はウエイトボールの驚異の効果について詳しく

説明します。 その前に前回の推奨ゴルフグローブの

追加と訂正です。

DAIWA ADVISOR が耐久性がいいそうです。 

天然皮革粉末を含浸させることにより、合成皮革でありながら、
抜群の軟らかさとグリップ力を得られます。

という説明があります。皮革粉末ですか、初めて聞きましたね。

楽天で598円で出てますね。

また、ゴルフパートナー・オリジナルの推奨品はNEXGENではなく

また別のオリジナルがあるそうですが、廃盤になったのか

どうか分かりません。電話では浦安店にはありませんでした。

フランチャイズなので店舗の仕入れによるそうです。

 しかし、中古クラブのフランチャイズは儲かるのかな?

絶対に売れそうもない古いモデルのクラブも山ほどあるけど

いくら初心者でも買う人がいるのかな?

売れない物の在庫処分はどうするんだろう?

まさか中国に持っていっても売れないだろうな?

最近の消費低迷、輸入品の大幅な値崩れ、円高で

在庫の評価損も大きいでしょうね。

でも、私はかなりお世話になっています。

ヤフオクは面倒だし。

特にゴルフパラダイスのその日に返品は100%

キャッシュバックなので試打には最高ですよ!!

て、そんなこと言っちゃっていいのかな?


 下の図でも詳しく書きましたが、ウエイトボールの効果は

絶大です。 重さを無視して腕で操作すると軌道が安定しない

事が良く体感できます。そして、体幹と体重移動で振ってみると、

頭が不動な軸でなかったら安定した円運動にならない

事が良く分かります。

頭が動かないから股関節も動かず安定し、股関節から外れない

体重移動が可能になるのです。頭が動かなければどんなに激しく

体重移動しても股関節から外れません。

股関節から一度外れると、ずるずると壁が崩れてしまうのです。

 以上より、図の青線の様に、スイングの外見は頭を不動の

頂点とした三角形のイメージになります。

ウエイトボールの効果

下の写真はタイガーのアドレス、トップ、インパクト

のドライバーショットの写真。 バックスイングは若干

動いているように見えるが、顔の向きが右を向いた

だけで軸は全く不動。

 ここができなければ後が難しい。とにかくテークバックで

頭を残す事に専念する事が大切。しかし、実際問題

極めてスローなので実践する事はそれほど困難では

ありません。頭を残して左大胸筋と、体幹筋肉、胸で

テークバックすると見た目が非常に上級者っぽく

カッコいい!! レンジで極稀に見るますがほぼ

超上級者です。

 インパクトでは不動どころかむしろ逆効している。

こうなると逆Cで右肩が落ちるはずと、全く寝ぼけた

ことを平気で言う人もいるが、左足が伸びている事を

見落としているのか、全く考慮、理解できていない。

しかも、人間は鉄でできたロボットではないので、

この程度のレベルの柔軟性は全く大した事ではなく

全然楽勝、余裕である。

この3枚目のインパクトの形が常時できているアマは

まずいません。 大手レンジでも常連で私を含めて

数人ですね。何でですかね?できれば簡単なんですが。

タイガーの場合沈みが激しいので頭が下っているが

全く下げなくても余裕で可能。

切り返し体重移動

 スウェイの原因は体重移動の仕方に問題があります。

体ごと足の上に乗る必要は全くありません。

体を乗せようとするから頭が動いてしまうのです。

体重移動は股関節への斜めの加重で十分です。

頭を不動で足をつっかい棒の様に使い股関節に加重します。

 実際のスイングではこのスイングリズムでゆったり打ちます。

ヘッドが重いので支えるために頭を高く、スイング中

腕が終始引っ張られて伸ばされる感覚を持ちます。

重いので体幹の筋肉だけで振ります。腕は参加せず、

股関節不動の体重移動で左右に揺さぶる感覚です。

トップからは引っ張り下ろせず、落下を待ち、

落下してきたら始めて加速させます。

 クラブと腕を左右に振るのであって肩を回す回転運動は

全く必要ありません。 あくまで左右に真っ直ぐ振ります。

体を回す意識はゼロでいいのです。

なぜなら頭が不動ですから大きく振れば勝手に

体は回るしかないのです。

肩は90度回るまでバックスイングしますが

それは結果的に肩が回るだけです。

肩で回すと楽ですが、体幹を使わないので捻転が

できず、全くスイングのパワーがなくなります。

体幹を使わないとコントロールもできません。

 体を回そうとするからゴルフが難しくなる。

回すのはインパクト以降だけで十分です。

体を回して打っていたら一生上手くなれないですよ。

 下半身リードは切り返しの一瞬だけで左右の股関節間で

体重移動するだけです。

回転は自然で能動的な意識は微塵もあってはいけません。

この時僅かでも回転する要素があったら肩が開くからです。

また、このとき頭は動きません。上体が着いて行ってはダメです。

 非常に難しい様に思えるでしょうが、図のように立って

頭を不動で両かかとを上げずに腰だけ左右に振ると10cm位

余裕でスライドできます。誰でもできるはずです。

この左への動きがまさに切り返しの体重移動の動きです。

これをやればいいだけです。簡単でしょう?

この時、股関節での体重移動を、感じる事ができるはずです

できるようになると頭が動くなんてとんでもなく不利な事が

良く分かります。

 回転運動はインパクトで腰を入れるだけです。

これはまたあとの問題ですが、

この腰入れができるとパワーが圧倒的に増大します。

しかし、この腰入れすら回転の意識は全くなく押し込む

だけで勝手に回転しますが、見る人は腰を切っていると

よく語弊のある表現をしますよね。

これでフォローをしっかり振れば勝手に体は

フィニッシュまできれいに回ってI字フィニッシュになります。

 回転運動を止めたらゴルフ人生変わりますよ!!

 私も娘の分と両方持って行きますが、レンジで恥ずかしい方は

シューズケース位の袋に入れたまま振れば分かりませんよ。

とにかく効果絶大ですよ!!

絶対にやる価値はあります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

お勧めグローブ & 野球用合成皮革はいまいちでした

 皆さんからご報告いただきました練習用のお勧めグローブです。

皆さん早速のご連絡大変有り難うございました。

1. GALLASSIA 本革 200円位だそうです!!! 

韓国大型ショッピングセンターで入手可能だそうです。 

本革グローブのコストは一体いくらなんだ???

韓国に行ったら買わなきゃ。

2. NEXGEN ゴルフパートナー・オリジナル 人工皮革 500円?

浦安にあるので行って見ます。

3. Lapita 羊革 3枚 1,200円 これドンキで買った事あります。

意外と厚くてしっかりしていて驚きました。良かったですよ。

楽天で3枚1,200円、送料無料で売ってますね。

4. アディダス デュラビリティー 人工皮革 1,200円位

これショップではめた事あります。スウェード調で確かに

丈夫そうでしたがグリップ力が?でした。今度試してみます。

 また、皆さん良いグローブありましたらご連絡下さい。


 それと、先日 ミズノ バッティンググローブ フランチャイズ

というエンボス加工の合皮グローブ1,500円を買って数日使用

しましたが、600球位でゴムがはげかかってきました。

グリップ力はゴルフグローブになく超強力で、厚いのですが、

恐らくグリップ力が強すぎて、逆に摩擦が強すぎてゴムが

削れてしまうのでしょうね。

 ツアーステージの 飛びグローブ GLTV90 もグリップ力は

強力で、丈夫そうでしたが意外と早くゴムが削れましたし、

表皮のグリップ力が強い分、グローブ内部がいきなり汗で

変に滑る感触がありました。

ゴムは外部と内部のギャップが激しいですよね。

 そうすると、エンボスゴムは丈夫そうに見えて意外と耐久性は

低いのかもしれませんね。

 ということは、まだ革の方が感触もいいし、表皮と裏地の

グリップ力のバランスも良いし、適度なグリップ力で長持ち

なのでしょうね。

 では最もグリップ力が弱い合成のスウェード調のグローブ

が最も長持ちしそうですが、練習用ならそれでもいいのかも

しれませんね。

Golf5に3ヶ月以内に破けたら交換できるというのがありますが、

あまりにグリップ力がなさそうに見えますが、

そういうことなんでしょうね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR