ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スイングは右肘リードで腕を振る 上体は腕の動きを邪魔をしないだけ 

 昨日のラウンドを振り返ると、

FWキープ率 9/14 64.3% 14ホールドライバー使用。

ドライバーは5回FWをはずしましたが、風の影響が3回

1回はヒッカケでラフ。1回は左ドッグホールの左OBを逃げ過ぎ

真っ直ぐ突き抜けて右ホールへ。


パーオン率 10/18 56%


52度オーバー、ショートH右3mはずし、ドラ失敗によるX3、

7Iショート、5Iショート、ラフの前の木に当てる


 非常に良い数値です。

実際、フェアウェイもグリーンもはずす気がしませんでした。

スイング改造の成果です。


 実際に注意した主な点は

1、右腰を絶対にスウェイさせないこと。

骨盤の中央・重心は常に体の中心で、クラブにもよりますが

アドレスでは右からボールを見るため、ドライバーでは

上体が右に傾斜して左右4:6の体重配分になります。

最初から頭は右にあります。

アドレスでの頭、右肩、右膝はインパクトまで不動の意識です。

特に右腰に注意します。絶対に右にスウェイさせません。

右にスウェイすると、必ず左にもスウェイし、左右にぶれます。

それは、そのまま打点のズレに繋がります。


右尻を少し後ろに逃がす事で、右に動かなくなります。

要領は、股割をして腰を落とし股関節で前傾した

状態でテークバックすると完全に右股関節で受け止められます。

絶対にスウェイしません!!

右足付け根にしわがよるのが分かります。



2、テークバックは胸で回す。肩で回すと腕、肩が力みます。

90度しっかり回さないと「間」が出来難いです。

要するに、単純にインパクトまでの距離が長くなると

タイムラグが出来易いのです。

しっかり右に乗れるように、左腹斜筋あたりで右に押します。

なるべく体の下の部分を使うようにします。


3、テークバックで右に十分に乗ったら、
(実際は真上ではなく、つっかい棒の右足に斜め加重だが)

インパクトまでそのままの意識です。実際には動いてしまいますが。

切り返しは、左足がに股によりリードしますが、軽くです。

がに股をさらに多少開き、多少加重し、軸を左に移す感覚です。

右肘を重力で落下させ、次に遅れて腕が上から下、

そして左に振られて、その腕により、右腰が更に左に引っ張られる。

ここで、右肘より右グリップが遅れてこないとタメはできません。

手首が先行ではアーリーリリースになります。

遅らせるためには右腕をダランと脱力するしかありません。

しかし、脱力と言っても右手首のコックはインパクトゾーンまで維持します。

リリースは意識しなくてもヘッドの重さで勝手に起こります。

(もちろんコントロールショットでは全くリリースしない事もありますが)

そして、その右腰により右足が引っ張られて初めて右足蹴りが

自然に誘発されて、右足蹴りで粘り強く右股関節で押し込んで行く

感覚です。この時、初めて左への体重移動が始まります。


 要するに、右腰、右足蹴り、体重移動よりも

右肘、腕が先行するのです。


(実際には腰は切り返し以降、先に動いてしまいますが、
動かす意識は全くありません。)



 従って、左足、右肘、腕、右腰、右足蹴りという順番です。

ここにボディー(上体)はなく、ボディーは脱力したまま

前傾を維持し、インパクトまで左肩を上げず、

右肩を前に出ない様に注意します。

また、腕の動きを邪魔しないようにしっかり回転している

だけで、決してボディーで腕を振る意識はないです!!

体と腕の一体感とは、あくまでもビジネスゾーンで

主役の腕が体の正面に来るように体を回し、

腕をなるべく体の近くを通す意識だけで、

腕を体にくっつけて、体で振るのではありません!!

トップ、フォローでは逆に脇は開放し、腕と体を切り離し、

むしろ、意識して体から離して腕を振ります。

足と腰が腕を振るだけで、上体はそれをつなぐだけの存在で、

上体は左右、前後、前傾をなるべく維持する事が

最重要な役目で、腕を邪魔しない様にするだけの存在である

と認識した方が良いと思います。

要するに、極端だと思われるでしょうが、

上体は意識してスイングにパワーを加える役目は無い、

と認識した方が結果は良いと思います。



 今回の失敗ショットの、原因は明らかにインパクト前に

上体が先行して左に動いた時です。

明らかにそれが分かる様になりました。

要するに上体、ボディーがスイングをリードした時点で失敗です。

ボディーターンをやった時点でスイングは失敗です。


もちろん切り返しによるきっかけは左足ですが、

スイングをリードするのは右肘の落下で、

確実にボディーではありません。


 振るのは腕です!! 

最初に体を振ったらアウトです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ラウンド結果 スイング改造成功 パター練習秘密兵器発見!! 

 今日は千葉でラウンドしてきました。

雨は免れましたが、めったに無い強風でした。

実は昨日5woodをゴルフパラダイスで購入してきました。

テーラーメイドの名器、V Steel 2005モデルのNS PRO950です。

セールで7,500円でしたので、思わず買っちゃいました。

2003モデルは昔使って良かったのですが、良いのが無かったので

2005モデルにしてみました。2003モデルと比較すると

面長の洋なし型、グレーで一見タイトリスト風です。

ソールはラウンドがゆるく平らですね。

2008モデルはまた丸型、黒、ソールのラウンドが強くなっています。

グリップをミッドサイズに交換して372gです。

今の時代ではかなりの重量級ですね。


 練習場で10発位の練習で殆どぶっつけ本番での使用でしたが、

5回使い、2回はロングでほぼ2オン、

他はミスなしの期待以上の大活躍でした。正直びっくりです。

強風だったのでやはりスチールシャフトの弾道の強さが際立ちました!

弾道は出だしからR9 3woodより遥かに高くストレートでぶっ飛びます。


 ロングで残り220Yで軽めに打ち込みましたが、高弾道でダイレクトに

グリーン奥目に落ちてグリーンオーバーしました。

ロフトがあるので3ウッドより遥かにサイドスピンが減りますね。

また、左OBのアゲインストの強風のティーショットで僅かに隣のホール

に流れた時、かなり高い木越えの残り210Y のショットが残りました。

通常では高弾道が得意な私でも6か7Iでやっと木を超えて刻みが

精一杯ですが、コースなりにドローで超えてグリーン手前までいきました。

超楽ですね。通常、スチールシャフトの方が短くて硬いため、

シャフトの撓りが少なく、低スピンで弾道は低いはずなのですが、

重くて打ち込み易い為、逆に上がリ易く感じ、左右に曲がらす、

打ち込んでも強弾道で上り吹け上がらないですね!!Goodです。

 昔はレスキューを入れてましたが、低スピンでいきなりとんでもなく

ぶっ飛ぶ事がよくあり、距離が読めず恐ろしくて殆ど使えませんでした。

 私は5,7woodは結構打ち込んで打つのでカーボンでは軽過ぎて

物足りません。近日中にV steelの7woodのNSプロ950の安い中古を

探して購入します。

しかし、7woodはどれだけ高く上がるんだろう?

林越えが劇楽になるかも。楽しみです。

安いのがあると良いんですが、スチールシャフトが意外に少なく、

しかも新品の売値が安い割には高いですよね。1万円以上ですよ。

古い中古なんて5,000円位で十分じゃないの?



 ラウンド結果は、

アウト △△△------ 39 14パット
イン  △□--△○-○- 38 15パット グロス77


アウトの出だしが強風で3連続ボギーでしたが、

残りを寄せワン等でしのぎ6パー、14パットで何とか39。

アウトでの3ボギーのミスはロングで3woodと52度を2回木に

当てた事とアプローチミスです。

 インも10,11と逆風でボギー、ダブルボギーのあとは、

1ボギー、2バーディー、15パットで38。

ミスはアプローチ3回、短いパーパットミス1回、

短いバーディーパットを2回外しました。

トータルスコア77、29パット、3パットゼロでした。

キャロウェイ Jaws 56°バンス16度は絶好調で、

距離感があってきました!!

このバンスはかなり良いです!!ザックリの心配はないし、開き易いし、

バンカーも超簡単で、もむしろローバンスよりスピンが効きます。

40Yのエクスプロージョンもピッタリでした。

これまで多用していた52度より使用頻度がかなり増えてきました。

以前のクリーブランドのCG12の出っ歯ウェッジでは、砲台グリーンの

左足上りのアプローチがネックだったのでこのウェッジの効果は

大きいですね!!

7,500円の5woodも大活躍で、強風の中での77は満足ですが、

ドライバーでの逆風下での低弾道ショットは課題ですね。

今回は大きなフォローが課題だったのでとりあえず、

風は無視して大きく振りましたが、強風への対応は無理ですね。

ドライバーでリリースを抑えて低弾道、低スピンショットの

強風対策の練習も必要です。


 スイング改造の成果ですが、かなり良い感じです!!

全ショットかなり精度が上がりました。

特にFWの精度UPが抜群でした。

ドライバーも自然落下でもかなりフォローで腕が振れフィニシュまで

大きなフォローになってきました。精度も距離も両方伸びています!!

途中何回か呼吸法を意識して取り入れ、ゆったりテンポをより

確実にする試みをトライしました。

私は、アドレスからトップ、フォローまでずっと鼻で吐きつづける

のが良さそうです。トップまで深く吐いて、切り返しで更に吐く。

各人に合った呼吸法を取り入れてください。

ただ、吸ってトップで止めてダウンは最も力みやすいですね。

もちろん足でスイングなので歩くリズムと併用です。


 ラウンド後アプローチ練習を300発とパター30分で雨で終了。

パターは転がる球のスピードをイメージできるように練習しました。

次回のラウンドは来週です。

開眼で、FWキープ率、パーオン率を大幅に上げたいです。

早いうちに今年の目標を達成したいです。


 パター練習で研修生が使っていた、パター練習の秘密兵器を発見!!

借りて使わせてもらったところGood です!!

効果を聞くと、悩んでいたパットのアドレスが自然に立てる様になり、

ショートパット、ロングパットともに凄く良くなったそうです!!

はしゃいでいました!!

これは、もう買うしかないでしょ!!


明日、買いに行ってテストしたら紹介しますね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

足で上体でなく「腕」を振りましょう 殆どの方は「上体」を一生懸命振ってるだけです 人体ででんでん太鼓なんて不可能ですよ

 殆どの方は上体の回転や揺さぶりで腕を振ってます。

だから上体が止まると腕も止まってフォローが出ません。


また、下半身で振っている方も殆ど上体を振って、

揺さぶられた上体で、腕を振ってますから結局大して変わりません。

殆どの方は、上体が思いっきり動いています。

肝心の腕より動いてます。

上体は単に腕と足を連結する「もの」に過ぎないのです。

腕の動きを邪魔しないようにある程度回転して、

腕についてきてくれれば、あとは

なるべくじっとして動かない方が良いです。

上体を回転させたり、揺さぶってもマイナスしかありません。

振るのは腕です。

兎に角、腕や上体で腕を振らないで、

足で直接腕を振れば、振り遅れもなくなり、

腕が体から離れて大きなフォローが自然に出来ます。

すると、腕をゆったり落下させてもフォローで十分に加速できます。


格段に精度が上がります。

 まさか、でんでん太鼓なんてイメージしてないでしょうね?

人間の胴体で、でんでん太鼓の再現なんて不可能ですよ。

そう言うプロもいますが、のろまで重い胴体をでんでん太鼓

のように細い軸を高速に安定して回せると思いますか?

高速回転なんてどうやっても不可能ですよ。

真央ちゃんは空中で全身が回ってます。

上体だけじゃないです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右足蹴りの意識改革と必殺シングル養成ドリル!!

 先日の発見で上体の柔軟性の維持が可能になり

軸がかなり安定しました。

上体と腕の力みが消えると左右の上体の揺れが大幅に減少します。

下半身より上体に捻転ができると力みが生まれ体が硬直し、

柔軟性が減少し、捻転の開放時に軸がぶれます。


 
 もう1つの軸を狂わす大きな問題は強力な右足の蹴りです。

これを何とかしない事にはインパクト前の左右のブレが

確実に解消できません。

蹴りのタイミングを合わせる為には何か確実な方法が必要です。

右足を過激に蹴らずに、タイミングよく粘り強く押し込む

と言うのは簡単なのですが

我々にとって重要なのはは正しい形だけではなく、方法論やドリルです。

その良い感覚、体感方法、ドリルを公開します。


 右足の蹴りは、かなり注意して、我慢しないと、

確実に切り返しと同時に起きてしまい、蹴りのタイミング

を制御することが非常に困難です。


 良くある失敗例としては、

1、蹴りが早すぎインパクト前に左にスウェイし、

軸がブレ、体が突っ込み、ビハインドザボールが出来ず、

上から鋭角的に打ち込む等の良くある症例。

または、蹴りが強過ぎ左の壁が崩れてフィニッシュが取れない。


2、切り返しと同時に右腕で打ちに行くため、同時に右足の蹴り

が始まり右膝が前に出て、右サイド被り、アウトサイドインの

軌道になってしまう。


3、切り返しから腕、上体でアーリーリリースで球を打ちにいき、

上から打ち込んでしまうため、ダフる可能性が高いため

両足で伸び上がってしまう。急激に右足の蹴りが行われるため、

頭が上下動し、前傾が起き上がり、軸が維持できなくなる。


4、切り返しと同時に左への軸移動なしに右足爪先で蹴って

内旋して、右足軸で右足の上で回転してしまい、

左へ押し込む動きがないため左へ体重移動できず

明治の大砲になってしまう。


等が挙げられます。


 方法としては、上体の捻転を大幅に減らし、足でテークバック、

スイングすることで、上体、腕の柔軟性を維持できるようになります。

同時に前傾を深くして、両腕を垂らしてアドレスする事により

腕の重さをより感じ取れるようになります。

ここまでできたら、兎に角、切り返しで右足を蹴らない!!

要するに切り返しと同時に右足の蹴りで腕を振る感覚ではなく、

腕が自然落下した勢いで腕の重さに引っ張られる事によって、

初めて、右足を蹴り始めるのです。


ビハインドザボールを守り、左壁を意識すればスウェイしません。

最初は違和感があるでしょうが、出来るまでボールは無視します。

まず、目標はあくまで柔軟なフィニッシュと

左右の軸、前後の軸=前傾の維持する事で、

球を強く叩く事ではありません。

目標を後にずらす事で、スタートを遅らせることが出来るのです。


兎に角、自然落下させてから、粘り強く蹴り込んで押し込んで、

フィニッシュまでしっかり振るドリルを信じて繰り返して下さい。

だんだん要領が分かります。

蹴ってから腕を振るのではなく、腕が落ちて来た反動で

腕に引っ張られて、初めて蹴りが自然に起こるのです。

蹴ろうという意思ではなく、自然に蹴りが始る感覚です。

いかに今までトップから全身で球を強く叩きにいっていたか、

なぜ、フィニッシュにたどり着けないスイングだったのか、

その理由が良く分かると思います。

 次第に、フォローで振る意識により初めてインパクトゾーンで

加速する感覚が体感でき、それにより、インパクトゾーンでの

フェースの方向性が安定して精度が向上し、

前後、左右の軸の維持が大幅に向上することが分かると思います。

 左に乗り切れない時は、右足をフィニッシュまで粘り強く

押し込んで、右股関節と右足ももをしっかり最後まで伸ばしていけば、

左に力強く乗ってI字フィニッシュが出来る事が体感できると思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

上体に捻転を作らない これはまさに開眼!!

アイアンの精度を上げないことにはスコアが伸びないので

軸の維持に取り組みいろいろトライしてみました。

ひたすら3時間以上、屋内練習場でテスト、ビデオチェック、

プロと比較、の繰り返しです。

兎に角、プロとの決定的な違いは柔軟性と軸の維持の精度です。

 まず、上体の柔軟性の違いを考えていくと捻転が溜まる位置

の問題が思い当たります。

高い位置に捻転が溜まるほどテークバック、ダウン共に

上体が左右にぶれやすく、下半身始動も不確実になります。


どうもテークバックやトップの形を意識し過ぎると、

神経が体の上部に集中して下半身がおろそかになり、

上体ばかり使って、力み易くなり、硬くなります。


 そこで、アドレスで上体と腕は脱力のままで、

バックスイングでは上体には一切捻転を作らず、

腰と足だけに捻転を作るイメージを持ちます。


 要するにテークバックを足で上げるイメージです。

絶対に上体には捻転が溜まらない様に終始柔らかくしておきます。

要領は左腕、左肩で押し上げていたテークバックの感覚を

左腹斜筋と骨盤のひねりで押し上げていくイメージです。

そして、重要なのは左膝を出来る限りがに股、ベタ足維持で、

左足にも捻転をためます。

すると、これまで上体にあった捻転が全て下半身に移動し、

上体が非常に柔らかく維持されます。


左腹斜筋で押す感覚は、右への体重移動を確実にするためです。

十分体重移動して、肩を90度確実に入れます。

上体は以前より柔らかく使えるので、

胸を右に向けるだけで肩は90度余裕で入ると思います。

 
 切り返しは上体に捻転がないので上体では始動は困難です。

逆に下半身に神経が集まり、十分捻転が溜まっているので

下半身始動が確実になります。




 効果は、・・・てきめん!!!

これだ!!!

左膝がしっかりするので、右スウェイもなくなります。

上体は力みがないので軸の維持は容易です。

前傾維持も遥かに楽です。

体はフィニッシュまで全然柔軟に使え

ビデオでも、・・・おっ、プロに近いじゃん!!

柔らかい!!(右腕はちょっと短いが、まー仕方ない)

軸が動かない!!! 楽勝で維持できる!!



 変なこだわりが強くて、説明な下手な師匠が

大昔からワンパターンに言ってた足で打つってこのことか???

・・ちゃん???

見てる??? 肩治った?

いつも、聞いてたでしょ?

「どこで打ってんの?」

「足だよ」

「どうやって?」

「だから、足を使って打つんだよ、へたくそだからわかんねーんだよ」

「だって、足だけじゃ打てんじゃん」

「打てるんだよ、うるせーな」

「・・・・・(また良く分からん事言ってるな)」

て、何度聞いたことか・・・・・。

何で20年前にちゃんと説明しなかったの???

しょーがねーなぁ。


 本物かどうか、明日にでもレンジでテストしてみます。

多分アイアンの精度は今より左右5m位は安定しますよ、

きっと、必ず!!

で、藍ちゃんみたいに爆発するぞ!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

水平素振り、ひざ立ち打ちでプレーン、フェースターンのチェック

 今日のレッスンは、ショートアイアンの精度チェックでした。

まず、水平素振りで水平のプレーン上をクラブフェースが

どう動くかチェックし、正しい動きを確認しました。

自然に動いていないと右手で操作していると言うことです。


また、水平素振りをそのまま前傾してプレーンをイメージする

ドリルもしました。

 
 次に、両膝立ち打ちでティーアップした球を打つドリルです。

このドリルは有名ですが、目的はいくつかあります。

1、ライ角を維持できるか?

2、プレーンが正しいか?プレーンがゆがんでいないか?

アンダーになっていないか?

3、プレーン上をフェースが正しくターンしているか?

 私は問題なく両ドリルできましたが、ロングアイアンでの

膝立ち打ちドリルは非常に良い練習ですね。

水平素振りを前傾することで、正しいフェースのターンとプレーン

を確認することも、非常に良い習慣になると思います。

この二つのドリルでショートアイアンの精度が確かに上がる気がします。



 ここにマーク金井さんの膝立ち打ちの効果が出ています。

マーク金井さんのひざ立ち打ち

良く見えませんがテークバックでのフェースターンが重要なんです。
不自然なフェースターンがプレーンを歪めます。
ガッツポーズにはそれなりの技量が必要だからです。


アドレスのシャフトプレーン=インパクトプレーン
膝立ち打ち1

 トップです。右肘とボールを結んだ線がインパクトプレーン

左うでがショルダーラインとほぼ一致しています
膝立ち打ち3

 オンプレーンです。ここでインパクトプレーンより

下を通るアンダーだとダフります。
膝立ち打ち2

注目点は、ライ角の維持、きれいなプレーンはもちろんですが、

問題はむしろテークバックでの自然なフェースターンです!!

これができないと必ず右手を使い軌道が上下にぶれます。

自覚はないので非常に怖いのです!!


ロングアイアンで直置きでバンバン打てたら完璧な

自然なフェースターンができてます。

間違いなくシングル級です。



 もうひとつ他のドリルで、

水平打ちで空中の的を打つドリルです。

紐でつった的か、柔かい棒の上の的をクラブで打つのです。

短いクラブのほうが簡単ですがドライバーでも打てるはずです。

 殆どの方は下を打ちます。なぜか?

水平なのでプレーンは問題ないはずです。

では、ライ角キープの問題か?

もちろんライ角を維持できなくても打てません。

じつは、プレーン上をフェースが自然に正しくターンしているか

どうかが大きな問題なのです。

スクエアでも多少シャット目にフェースを維持していても

HWBから先は自然にフェースが開くようにターンします。

そしてトップでは45度以上を向きます。


 この動きがプレーン上で自然でないと空中の狙った標的を

うまく打てず、殆どの方は下を打ちます。

また、自然にターンしないと言うことは右手で手先でフェースを

操作していると言うことで、

トップやフォローで窮屈になり、脇を自然に開けれないので

高いトップ、フォローが取れません。

フェースをスクエアに維持する役目は左脇閉めです。


右手ではありませんので気をつけて下さいね。

膝立ちドリル、水平打ちドリルは思わぬ落とし穴を

発見できる非常に有効なドリルですよ!!

試してみてください!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

前傾維持の秘訣 2

 下の写真、皆、前傾が完璧に維持され、両肩のラインと左上腕が

一直線で前傾とほぼ直角に回っています。


タイガーの赤線の様に逆コの字の形が出来ています。 

前傾の維持、H/Sアップ、ミート率向上、脱力の体感の為にも、 

このフィニッシュの形をまず鏡の前でシャドースイングで体に叩き込み、

出来るようになるまで素振り練習してください。


 コツはタコになった気分で全身脱力します。

そして、まず速く振る事は忘れて、形を体感し、覚えることが先決です。


前傾維持の秘訣は、

左肘をアームローテーション終了後から左脇を空けていき、

低く長いフィニッシュの後、

兎に角、写真の様に高い位置を目指して

振リ抜いていく事です。

そうすれば肩のラインも傾き、

前傾が自然に維持されます。



 殆どのアマの様に左肘を低くインサイドから背中側に引いたり、

肩を水平に回して、左肘を低く回すと前傾は維持ができず起き上り、

大きなフォロー、フィニッシュは不可能です。


 シャドーでできたら、レンジで数百発練習してみて下さい。

変化がわかるはずです。

まず、このフィニッシュを毎回取ることが、正しいスイングのマスター

へのヒントであり、近道です。



 男子プロの後方の写真が少ないので女子プロの写真です。

女子プロの方がスイングは個性的ですが、

フィニッシュのこの形はむしろ皆殆ど同じですね。

パワーがないのでフィニッシュまでしっかり振っています。

また、体が柔らかいので余裕がありきれいなフィニッシュですね。

タイガー
タイガー前傾維持3
宮里藍プロ
miyazatoai
横峯さくらプロ
横峯さくら
諸見里しのぶプロ
moromizato sinobu
上田桃子プロ
上田桃子
福嶋晃子プロ 男子プロ並みの迫力ですね!!カッコいいです。
fukusima akiko
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

前傾維持の秘訣 1

屋内練習場です。シミュレーションとビデオ画像が見れます。

コナミ小2

このように毎スイングの正面と後方からのビデオが自動撮影され、

プロのスイングと並んで自動再生されます。

素晴らしく便利です!! スイングチェック、修正には最高です!!

1球ごとの詳細データも出るので超便利です!!

右下のGST-2も同時使用です。

コナミ 小

 下の写真の様に画面に必要な線を引いておいて細かい部分の動きを

チェック、修正が手軽にできます。

画面の線が汚いですが、指で線を書くので上手く書けません。

左が初公開のメタボになった私です。

怪我続きで運動不足でこの1年間で10kg以上太りました(涙)

小さく分かり難いようにしました(笑)

右はどっかのスマートですごく柔軟なプロのビデオです。

2010021913070023小

 今回は、前傾のチェックとフィニッシュの形のチェックと修正

を重点的に練習しました。

この機械だとビデオを見ながら簡単に修正できて最高です!!

意識してフィニッシュまできちんと前傾維持をすると、

ミート率が殆ど1.5を超えます。

レッスンの成果とビデオでの反復練習の成果大きいですね!!

コナミスイング6コナミスイング見本3




 レッスン書に書いていない前傾維持の秘訣です。

下のタイガーの写真の様に、

1、軸の前傾だけを意識するより、肩のラインを前傾と直角に回す

意識です。そうすると自然に前傾は維持できます。

直角以上に右肩は下って回っていますね。

タイガー前傾維持1タイガー前傾維持2


2、トップと同様に、左下のフィニッシュの形を体に叩き込む。

左上腕は肩のラインと一直線で、前腕、シャフトが直角に

逆コの字になる瞬間を必ず作ります。

このフィニッシュをスイングのターゲットにします。その後は惰性です。

右下のフィニッシュで必ず止まる様に努力すると段々分かってきます。

本当のH/Sアップはここまで振らないと絶対に出来ません。

タイガー前傾維持3タイガー前傾維持4


3、この形のフィニッシュまで回して止まるためには、

切り返し以降上体、腕のみならず全身の脱力しか道はありません。

その為にはトップからの自然落下は、むしろ初歩的レベルと言えます。

慣れれば、自然落下でも全くヘッドスピードは落ちません。

 これは、出来るまで信じることは難しいかもしれませんが、

HWDからフィニッシュまでのスイングスピードを上げる事が

H/Sを上げる最大の秘訣です。


4、尻を後ろに引いて腕の前への遠心力とのバランスをとる。

左腰を少し切るイメージで後ろに引く手段も効果的です。

お尻を壁に付けたまま振るイメージですね。

(私は腰を切るイメージは好きではありませんが)


5、左膝を曲げたまま維持する。伸ばすと前傾も伸び易い。

そのためにも右足は強く蹴らない、もしくは蹴らないで押すだけ。

(フィニッシュで左膝を伸ばすことも重要ですが、
その前にまず前傾維持が確実に出来る方が先決です)


6、インパクトゾーンで左肩を上げない 低く長いインパクトゾーン

飛球方向に地面と平行にクラブ投げのイメージ


7、丹田に力を入れ、球に向ける(力みすぎない)


8、左腕をインサイド、背中側に引き込んで振らない。

左腕リード意識が強く、腕でインに振ると背中側に遠心力が働き

腕に引っ張られて上体が起き上がる。



 兎に角、全身の力みを完全に抜いて体をかなりしなやかに使わないと

このフィニッシュまで回して、止める事は確実に不可能です。

体が硬いのではなく、力みがあるからしなやかに使えないのです。

例えば全身をタコの様にして、ぐにゃぐにゃにすれば誰でもかなり

柔らかくなりますよね。タコになれば回るはずです。

回りますよね。では実際、そうやればいいんです。

私の上のフィニッシュも最後にタコになった様に、

相当脱力しないと回りませんよ。

そうしないとI字フィニッシュも出来ません。

慣れれば必ず出来ます。



 レッスン書では、上体の力を抜くためには下半身に力を入れろ、

とか言いますが、これも大ウソです。

肝心の下半身がしなやかに動かなくなります。

アドレスで下半身も脱力しないと、本当の脱力は出来ません。


 脱力はイメージの問題で、バトミントンの様に全てが軽い、

というイメージを信じるしかないと思います。

羽を打つのにパワーは全く要らないですよね。

どこの筋肉を使うとか言う様な問題ではなく、

ただスピードだけです。

素人のバトミントンなら手首のスナップだけで十分です。

筋肉は要りません。それと同じだと信じましょう。

ゴルフスイングも筋肉を使い過ぎて力んだ瞬間に、

しなやかさがなくなり確実にスピードは遅くなり、

ムチの様に使えなくなります。

 もちろん効率的な筋肉の使い方があるはずです。

しかし、それは筋肉の使い方、力の入れ方よりも、

むしろ筋肉の力の抜き方の方が重要だと思います。

まさに歩く事と非常に近いです。

それは脱力が出来て、上のタイガーの写真のフィニッシュが

出来てから、初めて分かって来るものだと思います。

UP5を振っていてそう思います。

力の入れ方ではなく、抜き方のコツでH/Sが劇的に上がって

きています。

ただ、それをドライバーにまだ全く応用できていません。

30g位軽くすれば全然変わると思いますが。

しかし、レベルが違うとしてもドラコン選手達と同じ道を

歩みつつあると思います。


 次の大きな課題は、さらにゆったりなリズムと深いタメです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

UP5恐るべし!!

 最近殆ど1.5kgの鉄棒の素振りしかしてませんでしたが、

今日久々にUP5を振ってみました。

最初、あっさり65を超えて調子が良いなと思ったら、

なぜか振るたびにどんどんリミッターが外れていきました。

68で喜んでたら、あっという間に30スイング位で70を超えました!!

ドッヒャー! 我ながらびっくりです。

鉄棒の威力だろうか?

恐らく前傾強くして、上体、腕脱力でタメを生かす等の

最近のドリルやフォーム改造の成果でしょうね。

左片腕素振りの影響も大きいと思います。

しかし、肝心のドラのH/Sは全然変わらんのはどういうこと??

やっぱり鉄棒をもっとガンガン振らんとダメみたいですね。

70.3小

UP5恐るべし!!

この勢いだとコーチ抜いちゃうかも。

でまた、腰やられたりして・・・やっぱりほどほどにしとこ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

切り返し フィニッシュの形をしっかり決める 前傾維持は高いフィニッシュで可能

質問の回答です。これもかなり大事な最近のテーマです。

AUさんはじめまして!!かなりの腕前と尋常でない「ごるきち」

とお見受けします(笑)最近高度な質問が増えましたね!

私は、ごるきちと語り合うのが至上の喜びです。

「 僕は、今まで、背骨の後ろにスイング軸があるとして、
テークバックで胸と肩を回していくと、フェース面はシャットに見え、
なおかつ、飛球線の若干外側にフェースがあがっていくと思っていました。
事実、インに引くとダフリ気味になるのに対して、少しアウトに上げると
綺麗なインパクトが多くなるように感じていたからです。」


 私は、スイング軸の意識は個人差なので特定しません。

いくつかのタイプに分けられると思います。

上級者でインに上げる人は皆無です。インは致命傷ですね。

アウトでアップライトに上げてもトップでオンプレーンに収められますので、

テークバック初動からしっかり左脇だけ閉まって、左で押し上げれば

問題ありません。経験上「肩」で上げるのはまずいと思います。

右肩で上げるとフライングオーバーになりやすいんです。

また、肩で上げると肩で下ろし勝ちです。ダウンで開きやすくなります。


私はそもそもスイングで肩は全く使いません。


 右壁をキープでして、伸びあがらなければ高いトップの方が重力を

十分使って自然落下が出来るのでいいですよ。

今度自然落下ドリル紹介しますね。

切り返しは自然落下でも、フォローを十分上手く振れれば、

ビデオ測定器で試行錯誤するとH/Sは大して変わらず、

ミート率が殆コンスタントに1.5以上になりました。


従って平均飛距離は大幅に伸びます。

高いトップで、最も重要なことはトップで右肘が腰椎を指す事が重要で、

背中側を向いたらフライングエルボーです。


その意味ではテークバックは右腕で引っ張ってはダメですね。

背中側に引っ張りやすくフライングエルボーになりやすいのです。

多少違いますがフォローも途中までは左右対称です。



「また、ダウンで腰から回すと、右腰は前に出ず左腰側に移動し、
左腰は左後ろに移動する感じています。結果、後ろから見た時の
前傾角度”くの字”は保たれ、右足の内踝が地面を向き、
踵はインパクトまでは上がらない。この打ち方は手で何らかの
小細工をする必要がなシンプルで、腰を回転させていくと
クラブフェースは勝手に下りてきて、ボールに当たると
感じていたからです」

 腰の前に左足リードがありますよね?同時の感覚かもしれないですが。

腰と上体の捻転差を維持できる技量があるんですね。

トップからクラブは自然落下ですか?

やぱりインパクト以降のインパクトゾーンでの加速の方がインパクト

の強さより全然重要ですね。

私は腰を回転させる意識と右手を使う意識はないです。

腰は自然に任せています。

私の場合、腰と、インパクト後に右手を使う事を意識するとスナップ

を使いやすくなり、力みが出るのでショットの精度、再現性の点で

今のところさけてます。

今、スタンスを狭くしてアドレスで下半身も脱力しています。

よく、下半身を力んだほうが上体の力が抜けるとよくレッスンでありますが、

良くないと思います。そもそもどこも力むべきではないと思います。



 前傾の維持は、今週の練習でほぼ解決しました。

要するにフィニッシュで肩のラインを前傾通り傾け左肘を上に振ると

勝手にくの字になります。フィニッシュの左肘の高さが非常に大事ですね。

肩を水平に回す意識が少しでも残ってるとフォローで背中側に引けて

前傾が起あがる力が働きます。

 また、腕が前に振られるのでかなりの遠心力で体が前方に引っ張られます。

もう1つの対策としてダウンで腹筋をかなりへこませる様なイメージで、

お尻を後ろに引き前後のバランスを考慮して維持すると良いですよ。


トップと同じでフィニッシュの左腕の位置、形も左肩腕素振りの練習で

十分に記憶する必要がありますね。



「しかし、このようなテークバックの上げ方、感じ方は本には書いておらず、
このブログに僕が感じていた事が概ね書れていたのでビックリしました。
というか少し感動し、自信がつきました」


 有難うございます!今後もコメントお願しますね。

お互い情報交換して切磋琢磨していきましょう!!


 巷のレッスン書は殆ど一冊完結という制約があります。

説明が長すぎると売れません。ですから殆ど全て中途半端ですね。

それにプロにはアマの苦労は殆ど分かっていませんし、

なまじプロの方が教育指導書により、皆同じのワンパターンで

個性のない旧態依然としたレッスンばかりで、辟易とします。

それが、ブログを始めた理由でもあります。

子供の指導の目的も、もちろん大きいですが。



「 PS.このようにテークバックを上げると、
後ろから見た時のフェースのプレーンはボールと肩を結んだ
ライン上に上がると思っています。」

そうです。アップライトでアダムスコットみたいでかっこいいですよね。

年をとるとトップ、フォローが段々無意識に低くなります。

やはりアップライトで高いトップ、アドレスの方が飛距離、精度

共に合理的で良いと思います。

アマの感じるコンパクトなトップは通常必要以上にコンパクトすぎます。




「また、手首のコックをアドレス以上に伸ばさない事が肝心で、
フルショットもハーフショットもスイングの大きさを変えるだけで、
同じ感覚で打てると感じています。」

 それは非常に重要ですね。

フルショットなら遠心力で自然に解けるので、とにかくまず維持する

意識が重要ですよね。 

 コックの維持、リリースの程度はクラブの慣性を生かすか、

殺すかの問題です。スピンを効かさないアプローチ、ショートアイアン

のコントロールショッはクラブの感性を殺してコックをキープしたまま

振り切ります。。

 距離が必要なクラブは慣性を生かすためにリリースします。




「正しいでしょうか?概ね正しければありがとうございます。
更に、自信を持って練習してみます。」

 殆どかなりな高次元なレベルでで正しいと思います。

ただ、強すぎる腰の回転は気をつけたほうが良いですよ。

フェードメインで、スイング軸がぶれなければ問題ないですが。

確かに殆どのプロやレッスン書は腰のリードを薦めています。

私はあまり意識しないようにしています。

なぜなら結構自然に起こるので、既に自然にできている人が

さらに必要以上に意識してやるとオーバードゥーになります。

特に腰の高速回転で飛ばそうとしたらまずいと思います。

力みやバランスの崩れに繋がります。こういうことがゴルフは怖いです。

オーバドゥーがありますから、レッスン書は結構信用できないですね。


伊沢利光選手がいい例です。あの腰切りフォームでドローヒッターに

転向しようとして大失敗して取り返しがつかなくなりました。

谷原プロも結構ヤバかったですよね。

ミケルソンはドライバー2本でメジャーに勝ちました。

自分の球筋を良く知ることが重要で、プロでもストレートボールで

狙うことはないそうです。必ずどちらかに曲げる軌道をイメージします。


 結局最終的には各人に合ったスイングがあると思いますが、

普遍的な真理は変わらないと思います。


 右足蹴りも非常に曲者ですね。意識と実際の動きとは全く違いますが、

今日の練習でも右足押し込みはインパクト後で十分な感じがしました。

どうせ軽くですが我慢しても自然に蹴っているのですから。

プロのビデオでも、右足蹴りのタイミング、程度、粘りは

良く見ても本当の本人の意識は良く分からないですね。

ただ、右足は最後まで押し込んでいかないとフィニッシュで

左に乗ってI字型フィニッシュにならないので、

股関節から伸ばして粘り強く押し続ける感覚は

バランスの良いフィニッシュの為に必要です。

さもないと明治の大砲みたいになってしまいます。

逆Cフィニッシュも今の時代には全く合いません。


 また、フィニッシュの形を記憶して、そこをターゲットに

スイングすることは、切り返しを静かにして右サイドを出さない

と言う点でも極めて有効です。



 クラブ落としドリルはトップでグリップを離してクラブを

真下に落下させる練習をします。

そして、徐々にグリップしたまま同様にクラブと一緒に腕を落とす

練習が効果的です。クラブの重さを感じて自然落下させます。

慣れてきたらダウンスイングでその動きを愚直に信じてスイングして

H/Sを計っても殆ど変わらないことが分かればしめたものです。

H/Sが大きく落ちるなら、これまでインパクトの衝撃で飛ばしていた

のであり、フォロースイングでの加速が足りないか、間違っています。

力んで切り返すのが最悪です。H/Sを上げるのは、

インパクト直前からフィニッシュに向かうスイングですね。


分かるまでは不思議だと思いますが確かです。

やはり、前傾を維持したフィニッシュまでの左腕片腕素振りが

決め手ですね。しっかり前傾して、腕を垂らし体の近くを通す事で

アームローテーションする事に気をつけて下さい。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右足は蹴らない

 江連忠プロの2003年出版の本「ゴルフはかっこよく、気持ちよく」に

右足の蹴りについての江連プロの非常に興味深い意見が出ていました。

非常に参考になるので抜粋しました。


フットワーク上手は脚使いがしなやかだ

 右足は蹴ったほうがいいのか。それともベタ足のほうがいいのか。
この件につきましては、

右足というのは蹴るものではないと、

ボクは考えています。


というのも、

ゴルフのスウィングに「脚で脚を動かす動きはない」

からです。


脚の動きというのは、あくまで重心の移動や

体の回転にともなって自然に動くものであり、

自分の意志で動かすものではありません。

右足で蹴るというのは無理な動きだと思うのです。


 たとえば、フットワークの上手いプロを見ていると、
スウィングリズムのしなやかな人が多いことがわかります。
B・ホーガン、L・トレビノ、F・カプルス、細川和彦などは皆、
脚がバタつかず、猫のようにしなやかな脚使いをしています。
 彼らのフットワークに共通しているのは、ダウンスウィングで
右足のくるぶしが地面をこするように動いていることです。

 それに対して、フットワークの下手な人というのは、
右足のかかとが早く上がり、外回りをするケースが多いようです。
 これが意識的に蹴っているか、自然に上がってしまっているかは
別として、右足のかかとの動きが大きい人は、どこかに焦りとか、
リリースの早さとか、飛ばしたいという意識が感じられます。
 パーシモンヘッドのドライバーを使っていた時代には、
右足はパワーの脚として使われていたのは事実ですが、

チタンが主流になった現代では、

しなやかに粘り強く使うことで、
スウィングプレーンや球筋をコントロールする脚として使った方が、
より近代的で反復性の高いスウィングを身につけられる
のではないでしょうか。



右足の動きは肩のローテーションをコントロールする

 基本的に、ダウンスウィングの右足は肩のローテーションを
コントロールします。
右足を粘り強く使うことができれば、肩のローテーションが安定し、
スウィングプレーンをキープすることができますが、
右足かかとの上がりが早くなると、肩のローテーションの角度が
変わるために、スウィングプレーンをゆがめることになります。

 とくに、右足を蹴るように使ってしまうと、ダウンスウィングの

シャフトのたわみが大きくなり、クラブをコントロールすることが

難しくなります。また、右ひざが大きく前に出ると、シャンクなどの

致命的なミスが出やすくなるので注意しなくてはいけません。


 確かに、ツアープロの中にも、右足かかとの上がりが早い人もいます。
それでも、クラブの動きがよければ、脚の動きを気にする必要はない
のですが、クラブの動きが悪いようなら、脚の動きを直したほうがよい
と思います。


アマチュアには粘り強いベタ足がおすすめなんです!

 ゴルフには「こうしなくてはいけない」というものは多くありません。
ですから、正しいフットワーークもひとつではないのですが、
個人的には青木功さんのようなベタ足スウィングを、
皆さんにもおすすめしたいと思います。

足がオーバーアクションになってしまうと、どうしても手の動きが

目立ってしまいます。アマチュアの皆さんの場合は、

そうでなくても手の動きが大きいわけですから、

それを助長してしまうような休の動きは抑えたいのです。


 では、どうしたら正しいフットワークが身につくのでしょう。
まずは、ダウンスウィングで、右足のくるぶしを地面につけるように
意識して、ボールを打ってみてください。
インパクトまでは、なるべく右足のかかとが上がらないように。
そして、右足の外側は浮き上がっても、内側は地面についているように
するのがポイントです。
 このような練習をしていると、自然に『粘り強い脚の使い方』が
わかってくるはずです。実際に打つときには、多少右足かかとが上がって
しまうかもしれませんが、それはあまり気にする必要はないでしょう。
 脚の動きは、クラブの動きに確実に影響を与えます。

粘り強い脚の動きが身について、安定したクラブの動きを自分のものに
できたら、あなたのゴルフスウィングは確実にステップアップしている
と思いますよ。」




 以上、引用です。

どうですか?

「右足は蹴るものではない」言う意見ははじめて聞きました。

蹴る事にはかなり否定的ですね。

衝撃的です。

それどころか、さらに

「脚で脚を動かす動きはない。脚の動きというのは、あくまで
重心の移動や体の回転にともなって自然に動くものであり、
自分の意志で動かすものではありません。

右足で蹴るというのは無理な動きだと思うのです。

とくに、右足を蹴るように使ってしまうと、ダウンスウィングの
シャフトのたわみが大きくなり、クラブをコントロールすることが
難しくなります。」

 スイングは腕や上体ではなく、足だとは思っていましたが、

その足さえも、さらに重心の移動や体の回転にともなって

自然に動くものと、言っています。

歩くように動かすのなら最も自然に受け入れられますね。

そういうことにしましょうか。


 実際、右足を蹴るのを止めたら当然ですがスイングが極めてシンプルに

なり、非常に安定しました。

飛距離も全然減りません。

むしろ、ドライバーの平均飛距離は伸び、FWはかなり伸びたと思います!!

なにより悩みが晴れてもやもやがなくなりスッキリしますね。

ここまで自信を持って「右足を蹴る事が良くない」と言われたら、

むしろスッキリします。

 当分、愚直に

「自然に『粘り強い脚の使い方』がわかってくるはずです。」

と言う、江連先生のお言葉を信じて、踵の上がりを我慢して、

蹴りは自然に任せて粘るように使おうと思います。


非常にタイムリーな、もしかして運命的な大発見かも!!

来週のラウンドが大いに楽しみです!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パッティングの距離感  左足ドリル2

 2つの質問への回答です。 

JOJIさんコメント有り難うございます!!

「 私の師匠に記事内容を教えて以来、
「ぶっ飛び、何て書いてた!?」といつも気にしてます!
一度、当練習場に遊びに来てください!」

 そうですか!!有り難うございます。トロイ事書けないですね(笑)

そのうちお会いしましょうね!!

「 もともとショットも開いてテークバックなのでパッティングも
開いてたのだと思います。 距離感が出ないので操作はせずに、
開かないイメージだけで、スタンス狭く、短く持って、自然に振ってます」

 ショットもパットも同じテンポで、距離によってスタンスの幅を

細かく変える習慣を付けると学習効果が非常に高くなりますよ。


「 な、なるほど! 実は「Ear Golf」持ってるのですが、
パット練習はこうやって使うのですね!!
同じテンポで大も小も重力で落ちるスピードで振る・・・
今後の課題になりそうです(^^;」

 そうです。JOJIさんには既にコメントで回答しましたが、

ネットのメトロノームも自宅練習に使えます。

http://homepage1.nifty.com/hisayo/metronome/

70~80位のテンポでヘッドが自然に動きやすく、

自分のスイングに合ったテンポを探します。

無理にヘッドを引き下ろさないテンポが重要です。

1でアドレスかフォーワードプレス、2でテークバック

3でフィニッシュです。1、2、3と口ずさんで打つ習慣を付けます。

すると固まってる間もなく強制的に振らされるのが良く分かります(笑)

イップスにも効くでしょうね。

プロは皆必ず自分の一定のリズムを持っています。

パターとショットは同じリズムで打つ人と、変えている人がいます。

テンポを決めるとトップ、フィニッシュが一瞬止まるのが分かると思います。

カップインするまでフィニッシュで止める習慣を付けます。

するとフィニッシュのヘッドの向き、位置でミスショット、

振り幅による距離感方向性を確認、反省できます。



 同じテンポで振るので振り幅が小さければスピードがゆっくり、

振り幅が大きければ必然的にスイングスピードが速くなります。

同じ時間内で振るので、振り幅の距離が倍ならスピードも倍になる訳です。

よく距離感は振り幅か? 球の転がりのスピードのイメージか?

と言う議論がありますが、同じテンポで振るなら実は全く同じ事なのです。



 私は手でボールを転がして転がる球のスピードを確認します。

その手の感覚で素振りをして、打ち出されるボールの転がるスピード

をイメージします。実際にその素振りの打ち出しのスピードで

転がって行き、カランとカップインするボールをイメージします。

私はメトロノームで練習して1.2.3と口ずさむ事と、

このイメージで距離感が格段に良くなりました。

ただ、テンポが速すぎてヘッドを引っ張り下ろすと再現性が落ちます。

パターの長さ、重さ、バランス、個人差でも変わりますね。

ヘッドの自然落下と協調する感じで再現性が維持できます。

 フォローを大きくすればフェースの方向はずれにくくなりますが、

下りではフォローは小さくします。

距離感の練習の秘訣は、ホームコースの練習場の一定の場所で

メジャーで距離を正確に計り、常に風景や目印で距離を覚えておきます。

ゆるい下り、逆の上りの5,10,15,20mの距離を同じテンポで、

振り幅、スタンス幅、転がるスピードの映像を体に叩き込み、

その感覚、距離と映像をいつでもグリーン上で思い出せるようにします。

そして、実戦では常に練習場を思い出し、体に叩き込んだ同じ振り幅、

スタンス幅、スピードをイメージし再現します。

また、カップを見ながらのパッティング練習による距離感の練習は

非常に効果的です。私は本番もルックアップのままで打ちます。

人間の視野は結構広いので慣れれば結構ボールとカップの

両方を見ながら打てます。カップが見えるので十分狙う気になります。

はじめからカップも見ているのでヘッドアップもしません。

3パット激減ですよ。


 ラウンド前の練習も5.10.15.20mの距離感だけを練習します。

すると3パットが格段に減少し、アプローチの距離感も良くなりますよ。


短いパットは普段の自宅の練習が全てです。



「 貴重な研究テーマを教えて頂いて感謝します。
私の究極の目標は「自然落下」ですが、「上体反転」と相反する感覚に
なっています。 これが解決できれば、と思っているのですが。」

 自然落下はヘッドの重みを感じて脱力してゆったり下ろす事で

再現性を高め、腕の力み、手先の操作を除きます。

右肘が右腰に下りて、左腕が胸に付き腕と体が一体化してから

やっと本格的なスイングのスタートです。

体の反転は下り切った後のインパクト前後での感覚です。

自然落下させるためには、腕で引き下ろさないで待つ感覚が

必要なのですが、飛ばしたい時も常にゆったり下ろせる自制心、

コツがテーマですね。

いま取り組んでいるのが深く高いトップで間をより作りやすくする事と、

高く、大きいフィニッシュを目的とすることで、

トップから球を叩くという意識を完全に消し去り、

下から高いフィニッシュに向け振る、むしろアドレスから

高いバランスの良いフィニッシュに向けて振る意識を、

確立しようと試みています。

目標を最も最後に置く事によって更にスタートを遥かに遅らせる事で

間を長く取り腕を下ろします。

トップから下ろしてまた上に振るという意識より、

下から遥か先の高いフィニッシュへ向けて振るというイメージですね。

それと、記事でも書きましたが、切り返しをゾーンと考えると良いです。

テークバック後方にアップライトに上げてトップでプレーンに乗せると

プレーンが下る事になります。

そして、ダウンでは肘が下に下ってインパクトプレーンに乗るので

最も高い状態からはループを描くような形になります。

このように切り返しを点ではなくゾーンとして、しかもループしている

と捕らえると間が取りやすくなります。

HWDまでループで一連の間として下ろして、そこからやっと

スイングスタートするイメージです。

 また、スタンスを狭く腕を近くすると力が抜けゆったり振れますね。

下半身が大事と言っても、アドレスでの下半身の脱力も必要です。



 
 もう1つの質問です。

しゅう坊さん、おはようございます!!

「 左足レッスン、めっちゃよかったです!
今まで肩の力を抜けとよく言われていたものの、
全く理解できなかったところ、このレッスンでなんとなく実感できました」

 そうですか、感覚つかめましたか!良かったです!!

もう1つドリル書くの忘れてました。

左手は普通にグリップし、右手を小指だけグリップする位軽くして

人差し指、親指は離します。これで全く同様な打ち方で

もっと飛距離を伸ばしていきます。ドライバーも振れます。

左足だけを原動力としてスイングし、腕、上体、右足蹴りの脱力で、

右肩が全く被らず、左へ突っ込まない事を確認しながら振ります。

右足を蹴らなくても、体重移動を意識しなくてもほぼ100%近い

飛距離が出る事が分かります。

これが脱力した、力の抜けたスイングです。


 巷の殆どのレッスンでは左右への体重移動を盛んに薦めますが、

左への体重移動が過激、過大になっているケースが非常に多い

と思います。私自信もそうでした。

左足ドリルで良く分かったことは、

実はスイングバランスの崩れの最大の原因は、

左へしっかり体重移動する意識が、強い右足の蹴りを制御

できなかった事だと思います。

その蹴りに伴い右サイドが出て、右肩が被り、スウェイし、

それを受け止めるための左足の伸びによる前傾の起き上がり、

グリップが浮くという、悪循環を起こしていたと思います。

果たして巷の殆どのレッスン書の様に、

左への体重移動の意識は本当に重要なのでしょうか?

アーノルドパーマーに「キング・オブ・スイング」と言われた

伊澤利光プロはウエートシフトの意識はないといっています。

また、江連忠プロも右足は蹴るものではないとはっきり書いています。

右足蹴りを止めた途端に驚くほどスイングが安定しました。


下半身でスイングすることは正しく、フットワークは大切です。

しかし、右足のパワーはあまりに強大すぎる!!

右足蹴りは一発勝負のドラコンの世界です。

しかも、ドラコンでも右足は左には蹴りません!!

上に蹴るだけです!だから、スウェイはそれ程起こりません。

ドラコンの秘訣はステイビハインドザボールのアッパーブローですから、

左へのスウェイは致命的だからです。

むしろ、右足加重のインパクトです。


 左への体重移動を意識して、右足蹴りを使いすぎると切り返しから

強い蹴りを使ってしまい、その時点でほぼ確実にスイングが破綻します。

遠心力は強烈なので腕が左へ振られれば勝手に体重移動は起きます。

この点ではかなり、常識の勘違いがあるとおもいます。

左への体重移動の意識を止めた途端に、右足蹴りが遅れ、軽くなり

左へのスウェイが大幅に減り、ビハインドザボールが容易になりました。

左の壁の意識も弱まり、体全体の力が抜けました。

切り返しもゆったりになり、右足を一気に使わないでフィニッシュまで

粘り強く使い続けることが出来ます。

右足で蹴らないので左足の伸びも軽減され前傾の維持も楽になります。

左足ドリル驚異ですよ!!

左への体重移動は確かに必要です。

しかし、腕の遠心力で自然に任せても十分に移動するのです。

むしろの意識の方が右足の蹴りを遅らせ、粘り強く、長く使え、

バランスを崩す恐れが激減すると思います。

そもそもインパクトでの過激な衝突は必要以上にエネルギーを消費し、

ヘッドスピードを落とし、余計なスピンをかけ過ぎるので、

むしろインパクト以降の加速を優先して右足のけりを粘って使った方が

得策であると、信じるように意識変革すると良いと思います。



「 加えて、今まで前傾がゆるく、それがテイクバックを横にとる
原因になってたのですが、このレッスン後、腹筋に意識しながら
スイングしてると、徐々にですが、強い前傾、アップライトな
テイクバックをもとれるようになってきたように感じます。
まだ身体になじんでいないので、フルショットするとうまく打点が
あいませんが、今の形で練習を続けていったらいいのかな、と思います」


 今まで楽をして立ち気味なら前傾を強くして、

両腕をダランと垂らします。脇は自然に体に付くように調節します。

テークバック、ダウン共になるべくグリップが自然に体の近くを通る様に

心がけます。例えば、ダウンでグリップがアドレスより離れると言う事は、

体の起き上がり、またはグリップが浮いているのです。

殆どのアマはそうなっています。

しかし、脇閉めの力は慣れるに連れてなるべく弱くしていきますが、

テークバックでは初動から左脇は結構締めながら左腕と上げていきます。

ここで脇が開くと体との一体感がいきなりなくなります。

私も今でもコーチから何度も注意されます。

トップ、フィニッシュは上手いタイミングで右脇、左脇を開放

しないと大きくなりません。タイミングは非常に難しいです。

これは、クラブ3本ぶりでアップライトな軌道を繰り返し練習すると、

重さでクラブに引っ張られ感覚が分かります。

要するに力で脇を閉めるのではなく常に腕を体の近くに通すことが、

すなわち脇を閉めることなのです。

私も、コンパクトなトップのブームで小さくなりすぎていました。

高いトップで気をつけることは、グリップを体から遠く

右肘が腰椎を指す事です。フォローでも同じ位置では左右対称です。

フライングエルボーになったら逆効果です。




「 課題は大きなフォロースルー、そのカギとなる左脇の力加減ですかね。
上体を脱力した結果、左脇の力も抜けてしまい、インパクト時に
やや甘くなる感じです。なかなかイメージがつかめません」

 まさにその通りですね。左脇を閉めすぎるとフォローが小さくなります。

要するに自然なアームローテーションを促進するためには、

腕が近くを通りさえすれば良いのです。脇閉めはそのための手段です。

 慣れて腕を近くに通せれば脇閉めの力はむしろ少ない方が良いのです。

そうなる為に前傾を深くし腕を脱力して垂らすのです。

前傾してだらんと垂らすと腕の重さが感じられます。

そうすれば脇に力を入れて閉めることなく自然にインパクトでは

腕は脱力すればこの状態に戻す事が可能になります。

ローテーション後は、そのまま脇を開放していけば大きなフォローが

可能です。

 また、特に重要なのは右肘です。右肘を脱力しながらなるべく

重力で体の中央まで落下して刻苦を維持して右腕をリードできると

打点が一定し、ダフりません。

逆に右肘がリードできずにアーリーリリースになり右手首が

先行すると打点がタメが維持できず打点がバラけます。

アプローチも、ショットも同様です。

 また、丹田は軽く力を入れます。そして、丹田を球に向けると

背筋が伸び、前傾が深く構えられ、スイング中前傾の維持も容易になり、

腹筋辺りの体幹で振れる感覚が出ます。あくまで力みすぎは良くないですが。

あと、スタンスを狭くすると体が回転し易くフォローが高く深く出来ますね。

左右の爪先を広げるとトップ、フォローともに深く回し易く、

むしろスウェイもし難くなります。

スウェイは軸がぶれるので想像以上にまずいです。コマをイメージすると

良く分かります。軸が少しでもずれたこまは大きく効率が下ります。

非常に微妙です。

軸の維持のためにも、強すぎる捻転も力みに繋がりますので要注意です。

捻転を軽く、深いトップを意識した方がH/Sアップにも得策です。

テークバックでの強すぎる捻転は、力みと、早過ぎ、強すぎるきり返しを

招き左右両方のスウェイに繋がります。

これに強力な右足蹴りが加わると、意識としては強大なパワーを

球にぶつけられる気がしますが、実際はスイング自体がこの

パワーに耐え切れずバランスを崩して確実に破綻します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

3度目のレッスン1

 3度目のレッスン内容です。ドライバーのみのレッスンです。


1、左グリップの親指と人差し指のV字が少し開いて、

親指がシャフトの真上より少し右側にあったのを

完全にV字を閉じて左親指をシャフトのほぼ真上に乗せました。

目的は、よりストロングにして上から押さえて易くし、

グリップが浮かないようにしました。



2、テークバックで、右腰が僅かに右へスライドしていた。

修正方法は、正面から見て右足全体が不動で、

右足付け根に縦斜めにしわがよる様な動きで、

右尻を受動的に少し後退させることを意識しました。


拇指球加重です。

これで、右へのスウェイが大幅に減少しました!!

右へのスウェイが減れば左へのスウェイも減ります。

 
 さらに、ドライバーではアドレスでの右足加重をあらかじめ

強目にして、右への体重移動時のスウェイを防止しつつ、

完全に右に乗り切れる様にしました。

 これにより右股関節の上で更にゆったり間が出来ると思います。

これもビデオで何回か見ないと自分ではなかなか気がつかない点でした。



3、テークバックで最初にグリップを少し上げてからテークバックしていました。

テークバックのスタート時に僅かに脇が開いているのです。

これはコーチに指摘され、ビデオを確認しないと自分では気がつきませんでした。

治したつもりでしたが、かなり意識して体と一体で上げていかないと

また指摘されてしまいました。前回と合わせ両グリップの修正で

浮き難くなると思います。

しかし、左脇を最後まで締めっぱなしでは、

トップもフィニッシュも低くなってします。

閉めて上げてからいってから、脇締めを開放して高いトップにする。

ここは、また説明しますが今後の重要課題です。




4、まだ、切り返しが早すぎる。リズム自体まだ速過ぎる。

もっとゆったり振る・・・。


これが最も難しいテーマですねー(涙)

上体、腕は脱力出来ていると思うんですが・・・。

ゆっくり振ろうと思えば出来ますが、どうもしっくりいかないのです。

コーチの要求はかなりゆったりです。

「どうしましたら良いんですかね?」

「柔らかいシャフトで練習しましょう」

「・・・(柔らかシャフトドライバーがあるからあれでやろう)」

「では、タメを深くするためには?」

「フィニッシュを意識したスイングです」


「バランスですか?」

「そうです」



 レッスン後の練習で試したこと。


1.ビハインドザボールを強く意識


頭はキッチリ右を向けたままインパクト

左脇左でインパクトする意識で左へのスウェイ、突込みが減りました

そのため右踵が意識せずとも上がらなくなり、

右足に重心を残してインパクトで来ます

前傾を維持しても、自然なアッパースイングが出来ます。


2.兎に角バランスの良いハイフィニッシュをること

そのためには強いインパクトより、フォロー重視のバランスを

フィニッシュまでしっかり維持出来るスイングです


3.左肩を低く維持する前傾をさらに完璧に維持する


4.右足を蹴らないで腰のリードを使ってみました

ゆったりスイングの為にトップで自在に間をとれなければいけない

そのために左足リードと体幹だけでスイングし、

間の調整と前傾を維持する



 やはりビデオ撮影によるレッスンは非常に効果的ですね!!

たった3回のレッスンですが予想を遥かに超える内容の濃さです!!

どんどん吸収して完全に身に付け、実戦で立証したいと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フォロー重視のスイング 前傾維持 ドリル紹介

 安楽拓也プロの超効率的なスイングです。

力みが全くないです。腰が入り、大きなフォローが特徴です。

胸が完全に裏返って、右肩が大きく出て行きます。

明らかに大きなフォローでインパクトゾーンを加速させて

飛ばしています。インパクトの強さではありません。



安楽拓也プロのスイング


福本 大象選手のスイング 前

完全にフォロー重視の極端な例です。

掛け声まで合って、意図が分かりやすいです。



福本 大象選手 後ろ


 2つのドリルを紹介します。

1、手打ちにならないでフォロー重視のスイングのドリル

2、腰を入れる感覚のドリル

 両方ショット前に非常に効果的です。 


 1は、アドレスからテークバックなしでフォローサイド

だけの素振り、最後まで前傾を維持した、後ろから見たら「く」

の字を維持した、大きなフィニッシュを取る素振りを繰り返します。

次第に、大きなフィニッシュまで回して静止するためには、

左軸足の使い方と右股関節の伸展、肩甲骨、肩関節の柔軟性、

体のバランスの重要性、全身の脱力の必要性が良く分かります。

 アドレスからのスイングだとフィニッシュが取れるということは、

インパクト前に既にバランスが崩れているため、

大きなフォローが取れない、もしくは全身の力みにより

柔軟性が欠如しているのです。




 前回のラウンドで、ぶっ飛んだ2発はレッスン通りの

Ⅰ アップライトな高く深いトップとハイフィニッシュ

Ⅱ 最後までくの字の前傾を維持

Ⅲ 左足リードで右足を蹴らないスイング


を忠実に守りました。

前傾維持とハイフィニッシュのためには、全身の力を抜くことで、

バランスと柔軟性を維持する他ないのです。

また、インパクトゾーン最後まで前傾を維持するためには

低く長いインパクトゾーンが必須で、

ドライバーの飛ばしに必要なアッパースイングとは、

実は逆の感覚が必要になります。

アッパースイングとは、打ち出し角を意図的に高く意識するのではなく、

むしろインパクトゾーンでは右足に体重を残して、

完全なビハインドザボールで左脇外側でインパクトする事で

自然に達成されるものだと思います。


もちろん明治の大砲ではなく軸は左にありますから、

フォローでは全体重が完全に左に移動します。

その点でも右足の強い蹴りによる、インパクト前の過剰な左への

体重移動は、バランス維持との両面で良くないのでしょうね。


 そのショットでは、もちろん飛距離を意識しましたが、

より大きな円弧とバランスの良いフィニッシュだけを重視しました。

テンポ良く、バランス良く非常に気持ち良く振りぬけた2発が

やはり大きな飛距離にもつながりました。
 
明らかに全身の力みが抜け、フォローで加速する感覚が分かります!!

 
 腰を入れるドリルは、ショット前に非常に効果的です。

左足前、右足後ろで体の正面の木や壁を両手でぐっと押すだけです。

この時、腕だけではなく全身で、腰を入れて押します。

こうするとショットでも腰が入り易くなりますよ。


 安楽プロもちょっとメタボ気味の腰が良く入っていますね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

がに股スイング 切り返し 右足の蹴り

ワイドスタンスの遼君の写真でがに股スイングを見てみましょう。

両膝のフットワークに注目してください。

黄色線はアドレスの足と膝の位置、

横青線はベルトのバックル上部のライン。

赤線は脳天と左足拇指球のラインです。

写真1
石川遼1

 トップ直前で水色線の様に左膝が最も右に寄った状態です。

写真2
#8302;石川遼2

 写真3がトップです。若干ヘッドが垂れていますが、

左膝はヘッドがトップに到達する前に、既に左に移動して

切り返しが始まっていることが分かります。

腰も左にスライドしています。

「トップ」と「切り返し」は、ある一点で切り替わるのではなく、

ゾーンで共存しています。

これにより「トップしなり」、腰・下半身と上体の捻転が出来ます。

ゾーンによって切り返しは緩みがなく張りがあり、

スムーズになります。

写真3
石川遼3

 写真4、切り返しは左膝リードに腰が付いて行く感じです。

トップ直前から写真5まで、左ひざをがに股に開く様に

両下半身リードではなく、左膝リードでスイングされています。

右ひざはリードしているのではなく、明らかに左足リードに引っ張られ

スライドしていますが、蹴りを我慢して踏ん張っています。

 右足の蹴りはこのタイミングでは行われません。

良く言われる、切り返しでの無駄な力みとは、

上体、腕、右足の蹴りです。

上体、腕が力むと肩が開き、右肩・右上体が被ります。

この写真では、上体、腕は全く力みが感じられず、

右肩の被り、右足の蹴りは一切ありません。

写真4
石川遼4

 切り返しで右足蹴りが入ると、左への体重移動が一気に行われ

スウェイにつながり、それに反応して左足が伸び上がります。

同時に上体も伸び上がります。

この無駄な余分な力は、前の記事の「左足ドリル」で分かります。

無駄な力がないとスイングのバランスが著しく向上し

大きなフィニッシュが容易にとれる事が分かります。

写真5
石川遼5

 写真5で右肘が右脇に下りてきました。

左膝は最も左まで移動を終了しました。

しかし、この状態まで右かかとはべた足で蹴りが始まらず、

両足は、がに股状態のまま低く踏ん張っている事が分かります。

まさに両足による跳躍前の最後のタメの状態です。

左肩のピンクの線を見てください。肩はこの時点で既に最も左に移動し

この後インパクトにかけて飛球後方に後退して行きます。

重要なポイントです。


 写真6が重要な場面です。

HWD直前の右ひじ、左腕が体に付いて、一体化した瞬間です。

赤四角は左手甲のマークが最下点の青線のベルトのバックルのライン

に到達しました。ここから、グリップは水平に移動します。

写真6
石川遼6

 この瞬間に右足の蹴りが始まりました。

切り返し時点ではなく、この瞬間にやっと始まるのです!!

右足甲の曲がり方の変化で分かります。

左足は真上に蹴られています。右足は左方向に蹴られ写真7まで

移動します。この時点で一気に左への本格的な体重移動が行なわれ、

ヘッドを加速して、ボールに体重を乗せて行きます。


 写真7インパクト直前で、右足蹴りは一瞬で終わり、

踵が完全に浮き上がっています。

膝は曲がったまま左足に寄り、がに股が閉じました。

この動きを見る限り、一瞬の激しい蹴りの様にも見えず、

また、インパクト後も球を押し込むような粘りのある使い方

でもありません。

 両膝が伸びベルトのバックルは水色から青線に上昇しました。

これにより左肩と頭が飛球線後方に後退し始め、

体重移動と腕・クラブの遠心力に対抗するための

頑強な左の壁を維持します。

写真7
石川遼7

 しかし、前傾は維持されるので頭の高さは全く不変です。

上体に力が入っておらず、バランスが良いため、

前傾の維持が可能です。かなりの注意と努力がないとこの時点での

不変の頭の高さと、前傾維持は困難です。

 
 写真8はインパクトの瞬間です。

グリップはまだ水平に移動しています。

左への移動は終了し、フィニッシュに向かいます。


 重要な点は、この時点では右ひじはまだ曲がっています。

右手首も伸びきっておらずコック、タメが残っています。

ここまでタメを維持し、ここからのリリースは遠心力で

自然に行われます。

写真8
石川遼8

 ご覧の通り左脇はかなり締まり、左腕は体の近くを通っています。

これにより自然にローテーションが行われます。

スイング中フェースはオープンではなくスクエアに維持されているので、

インパクト前後での極端なフェースローテーションは必要ありません。

左腕を近くにさえ通せば自然なローテーションで球は捕まります。


 写真9は、左肘支点に左前腕が飛球方向に放り出され、

左肩が飛球後方に後退しています。

ローテーションが終わり、左脇は開いて行き大きく高いフィニッシュ

に向かいます。

足は両ももが近づいて行き、腰が飛球方向に向きます。

写真9
石川遼9

写真10
#8302;石川遼10

 緑線は左肩が最も後方の限界点です。

緑線まで左腕は伸びたまま高い弧を描き、限界に達したら

左肘は曲がっていきます。

写真11
石川遼11

 フォローが高い!!肩関節が柔かいですね!!

写真12
石川遼12

腰の回転に連れて右足股関節がどんどん伸びていきます。

女子プロもそうですね。柔かい股関節の使い方です。

写真13
石川遼13

 力みがなくバランスがよければ、このフィニッシュをとって

静止が可能です。最大の問題は、切り返しでの力みと、

過激な体重移動によるバランスの崩れです。

それがなければ間違いなくバランスのよいフィニッシュが可能です。

むしろ、HWDからのスイングでこのフィニッシュを取る練習をすると

切り返しでのバランスの崩れがないので容易にフィニッシュが取れます。

その練習を繰り返すことによって、切り返しでの力みのないバランスの

取れたスイングの要領が分かってきます。

写真14
石川遼14


 このスイングを見る限り、確かにがに股で踏ん張る状態が

HWD寸前まで続いています。

このスイングでは明らかに「下半身リード」と言うには語弊があり、

「左片足リード」と言うべきでしょう。

ヘッドがトップに到達する前に、まず、左ひざが開き始め、

そのままインパクトまで左足がスイングをリードして行きます。

右足は、がに股が象徴するように両腕が体と一体化するまで

ただかかとを上げずに踏ん張り続け、インパクト直前になって

一瞬のみスイングを加速するために使われるだけです。

その後もそれほど大きな役割をしている様に見えません。

 右足蹴りはH/Sを上げる為に使われるというより、

あえて早いタイミングの過激な蹴りを抑えて、

むしろバランスの維持を重視している様に見えます。

ひょっとすると早期の蹴りを我慢する意識だけで、

最後は自然に踵が上がっただけで意識的には

蹴っていないのかもしれませんね。

それほど、あっさり右踵が瞬時に上がって、

右足が伸びていきません。

 非常に大きなフィニッシュで分かりますが、

インパクトの強さより、大きなフォローで

飛ばす意識が強いのでしょう。

その為にはより柔かさとバランス維持を重視する必要があります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

2度目のレッスン3 浮かないグリップとフィニッシュのバランスで前傾維持

 2度目のレッスンのもうひとつの課題は前傾の維持とグリップでした。

深めの前傾で、前傾を維持してグリップが浮かない為の

グリップに治りました。

いつの間にか、楽してソールしてからグリップして右手が

下から上に上げる様なグリップになってました。

そうするとグリップが浮きやすくなります。

胸の前でグリップすると右グリップも上からグリップできます。

ライ角を維持して軽くソールして力を抜きます。

 もう一点、アドレスで丹田に力を入れ、

丹田をボールに向けます。すると、この意識で股関節からの前傾が

より強く意識でき、腹筋でトップ、前傾、フィニッシュを支える

感覚が強くなりました。


スリークオーターのステインガーショットの様な体幹で打つイメージです。


 これで前傾角度を少し深くし、グリップを近く低くし、

インパクトでの前傾維持が遥かに容易になりました。

左足ドリルで上体の力が抜け、このグリップ修正、丹田の意識で

前傾キープがしっかりできるようになりました。


 更に、上体の力みが抜けたのでフィニッシュが楽に取れる様に

なりました!!

スイングってこんなに力が要らなかったんだ!!

アップライトのテークバックで、秘密兵器を使ってトップもフィニッシュも

高くなり、肩が遥かに容易に軽く、深く回るようになりました。

スイングはやっぱりバランスなんですね!!

改めてバランスの重要性を再認識できました。

余計な力を除いて体幹でゆったりと深い、高いトップ、

ゆったり切り返して、前傾維持して、コック維持して

角速度を上げてフォロー、ハイフィニッシュで軽く停止できます。

全て、左足、丹田と体幹でコントロールしている感覚です。

余計な力は一切働いていないことが分かります。


 いかに今まで切り返しで無駄な力(上体、腕、右足の蹴り)が働き

バランスを崩していたか、それがどれほどスイングに悪影響を

与えていたか良く分かりました。

左に突っ込まないので、右かかとを我慢するまでもなく

すんなり高速で回転します。


 今まで25年間、何をしていたんだろう?

ロングアイアン、ウッドの打点も完璧にイメージ通りで、

フルショットでもずれなくなりました!!!

ロングアイアンの飛距離と精度がシミュレーションでは劇的に

アップしています。

レイアップか狙って大叩きしていたネックのロングホールも狙えるぞ!!

また、ティーショットでロングアイアンとウッドがライナーで打てれば

強力な武器になります。

今かなり、しびれています!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

2度目のレッスン2 両足の蹴りは真上への跳躍

 レッスン中に、コーチとのがに股イメージのやり取りで、

「もしかしてスコット・スミスの跳躍イメージで良いの?」

スコット・スミス1

スコット・スミス2

あっさり、「そうですよ」

「えっ!!じゃ真上に跳躍?」

平然と「そうですよ」

「じゃあ、左に体重移動のイメージはないの?」

「そんなに、ないですね。右にしっかり乗りますが」

「じゃあ、右足を強く蹴る感覚は?」

「あまりないですね」

「えっ!じゃあ、スウェイなんかないんですか?」

「右にスウェイしなければ、ないですね」

「え、そうだったの?(何だ、もっと早く言ってくれよ)」


 ゴルフの両足の蹴りはまさにこのイメージで、

その場での跳躍だったのです!!

信じられないかもしれませんが、これはドラコン選手に限った事

ではなく、正しいゴルフスイングの蹴りのイメージなのです。

なんとなくこんなイメージはしていましたが・・・。

あっさりこうだったとは。


 がに股とはまさにこの跳躍のための準備であり、

切り返しで沈み込んで、両足で踏ん張ってタメることなのです。

 左膝の伸びは、右膝の伸びに対抗して起こるもので、

右膝の蹴りと同時に起きます。この時同時に上体も伸び上がります。

この右足の蹴りはインパクトゾーンで行われるべきものですが、

このイメージがないと切り返しと同時に行ってしまいます。

 切り返しと同時に右足が蹴られ、左への体重移動が一気に行われ、

過激過ぎて左にスウェイします。それに反応して、左足が伸び上がり、

上体も伸び上がります。

これではインパクトのはるか前に全エネルギーが解放され、

タメの維持もスイングバランスの維持も不可能です。

この悪循環を断ち切るためにはこの正しいイメージが不可欠なのです。

4半世紀の疑問が晴れた瞬間でした。

鳥肌が立ち、今年の夢の実現をほぼ勝手に確信しました。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

2度目のレッスン 1 左足ドリル

2度目のレッスンの非常に有効なドリルです。

簡単ですが、まさに脅威のドリルです。

左腕一本で8番アイアンを持ち、右手で左手首が浮かないように

左手首を上から体に押さえ付けて、

左足軸で、左足の回転だけで打ちます。

頭は不動です。アドレスは狭く右足は使わず自然に任せます。

動力は左足だけで、腕、上体、右足は一切使いません。

10~30Y程度で十分です。左手首はライ角維持と体との一体化を

気をつけ左腕で振らないよう気をつけます。


 このドリルの目的は、左足以外使わないことです。

これにより今まで腕、上体、右足をいかに余計に使い、

無駄にスイングバランスを崩していたか、

手に取るように分かります。

肩が開かず、右肩が自在に残る感覚に注意してください。


右肩を楽にキープできることが分かるはずです。

右足を蹴らないので、左足と右足の蹴りのタイムラグを自在に

とることが可能です。これによりがに股ができます。

 右足で蹴らないとスウェイが起こりません。

 肩の開き、右肩の被り、左への突っ込みは、上体、腕による

力みだということが非常に良く分かります。

 上体と腕の力み、右足の蹴りがなくなると、

切り返しが非常に静かになります。

タメがゆったりできるようになります。

 更にバランスがよくなる為、大きなフィニッシュを意識すると

余裕で肩が回ることが分かります。

ゆったり振ってタメでH/Sを上げる感覚が分かります。

全ては上体と、腕、過激な右足の蹴りによるバランスの崩れが、

悪いスイングの根源であったことがよーく分かります!!

分かるまで試してみてください!!

確実にスイングが根本的に変わります。

私のゴルフ人生でダントツで最高のドリルです。

スイングが激変するのが分かります。

ここ数日、興奮して、しびれています。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肩が開いて、右肩が被る原因は実は左足で打ってないからです

 大事な質問なので先に回答します。

タイガーカムバック さん非常に良い質問有り難うございます。

「 ゴルキチさんの理論では、インパクトを通過点にして、
10時から4時をターゲットにストレートに振りますね。
4時でHSがMAXになればあとは惰性でフィニッシュでき
うならされました。(ここのタイプミスが判読できません?)」

そんな感じですね。球はなるべく意識しません。

でも、あくまでフィニッシュがゴールなので

フィニッシュまで振り切りますよ。プロの様にフィニッシュまで

振り切れないということはタメが足りないか、力みすぎで

体が伸び上がって前傾が維持できず、

低く長いインパクトゾーンが出来ていないのです。

ですから、よく球が離れた後は関係ないと言う人もいますが、

とんでもない事で、実は正しいスイングの大きな目安となります。

確実にそうです。

もちろん遼君の様に柔らかいフィニッシュは無理です。

しかし自分が出来る範囲での大きなフィニッシュには

常に非常に気をつけるべきです。

 実は歩くように手を振れば簡単に胸は反対を向きます。

スイングでできないのは、体が硬いのではなく

上体が力んでいるからなのです。間違いなくそうです。



「 しかし一方で、ダウンで左腕が胸について自然なローテーション
が発生するのを待ち、ボールを包み込むようにスイングする
とも書いてありますね。」

 自然なローテーションの絶対条件はグリップが浮かないで

左脇が閉まり左肘が体の非常に近くを通る事です。

かつ、全身で作った左壁があることです。

しかし、やってみれば分かりますがこれだけでは、

左肘が左を向いていればずるずるローテーションしないで

左脇が開いていきます。実際かなり多くのアマがそうです。

左肘は常に真下を向いて手首が肘を追い越す意識が必要です。

腕を能動的にそう使うわけではありませんが、

そういうイメージで体を使う必要ががあります。慣れですね。



「 実際に打球してみると、このふたつがどうしても別のこと
になってしまうんです。
だって、片方はボール無視でもっと先を振れと言うし、
もう片方はボールを包み込めって言うし、
別の人が書いてるならそんなのたくさんありますけど。>
あの、クレームじゃなくて、理解したいのです。
このふたつが一緒にならないと先に進めません。
宜しくお願いします。」


 あはは、大丈夫です。良く分かりますよ。

私も質問魔で良くプロに嫌われますから(笑)

実際の動きとスインガーのイメージは全く違いますよね。

様々な違う局面から説明すると確かに矛盾が感じられると思います。


 説明しますね。

ボールはなるべく意識してはいけません。

スイング作りには素振りが一番良いです。

球があると球を打ちに行きます。

すると必ず球に合わせるスイングになります。

なぜなら、球に合わせると本能的に手が球に近付きます。

球を打つのは手ではなくヘッドです。

見れば見るほど近付きます。そして、手がスローダウンします。

酷いケースがシャンクです。スイングになりません。

分かりますよね。


 リリースも球に合わせるとトップからアーリーリリースします。

そうなると真上から地面に向かってリリースします。大ダフリします。


 また、ヘッドスピードもタメがないと間違いなく伸びません。

タメる為には確実に球を無視して遥か先を目標に振らないと無理です。

球を意識したら絶対に不可能です。


 また、私はスピン量の調節もフォローのイメージでリリース調節します。

要するに球は出来るだけ無視してスイング造りします。



 しかし、一方で実際球を打つ時、どうしてもインパクトの

タイミングで壁が必要になります。

既に、アドレスから左脇を意識してます。

左脇、左肘、左手甲、ボールのラインです。

ここが壁です。絶対ここを超えてはいけません!!

絶対にビハインドザボールです。

左手甲で左ももを打ってください。

左脇より内側と外側でどちらが強く打てますか?

明らかに外側ですよね。脇より内側では力が入らないのです。

皆、右肩が被って上体が突っ込んで左脇の内側で

球を打っているのですから、まともに飛ぶがありません。

ですから、この壁は球を打つ前から意識します。

インパクト時の球の意識とはまた違いますかね。

これが、球を包み込むための壁です。

ここから左肘下向きで体近くを通り、左手に乗せたお皿を

左隣の人に渡す様なイメージがあれば、

アームローテーションは自然に起きます。

ですから、これらをごっちゃにすると確かにわからなくなります。

説明がややこしくて御免んなさいね。


 結構、本文より過去のコメントのやりとりの方が

参考になると思いますよ。こんな感じで答えているので。




「PS;スミマセンがもうひとつ上で書きました、
左腕が胸につくのを待って、という部分なのですが、
実際には胸に付く直前に左膝が伸び始めて左胸が逃げて行きます。
> 胸にドーンと付くまで左膝を我慢するべきですか?
スローではできるのですが。。。」

 皆さんが悩んでいるスイングで最も重要な部分ですね。

左右の腕が体から離れていたら振ってはいけないのです。

なぜなら振ったら精度がゼロです。どこへでも振れるでしょう?

ですからトップから右肘が脇に下りて体と一体化したら

初めてスイング開始です。その時同時に左肘も体と一体化します。

そこで初めて右足を蹴るのです。

皆さん全然、遥かに右足の蹴りのタイミングが早すぎる。

全く既存のゴルフ理論とプロの世界のスイングは、

ここが全く別物なんです。別世界です。確実にそうです。



 左足の伸びとは一体何なのでしょうか?

分かりますか? なぜ? いつ、左足の蹴りが始まるのか?




 実は、右足の蹴りに対抗する壁を作るために伸びるのです。

ですから、右足を蹴ったと同時に始まるのです。

右足のけりが早いから、左足の蹴りが早くなり、

インパクトゾーン終了前に体が伸び上がるのです。

だから意図しなくても掬い打ちの形になるのです。

掬い打ちの意識などさらさらなくても、掬い打ちと言われますよね?

これがその最も大きな原因の1つです。

体重が乗らない、スピンの効かない、弱々しい球になるのです。

インパクトゾーンでの体の伸び上がりは最悪です。

今、私の娘に徹底的に教えている最重要課題でもあります。

ここがクリアーできないと次に進めません。

フィニッシュまで「く」の字です。

右腰を入れても股関節を柔らかく使いくの字を維持します。


 右の蹴りが早いから、左膝の伸びが速いのです。

右足のけりが速いから、肩の開きが早いのです。

また、左足でスイングをリードしないから、

右サイド、上体、腕が出てくるのです。

順番が逆ですよ。でもここが出来たら間違いなくシングルです。

どうしたらいいのでしょうか?

まず、右足を蹴らなければ良いのです。

私はスティンガーショットで180Y位までなら右足を蹴らないで

余裕です。

右足を蹴らないショットができれば、いくらでも右足のけりは遅らせられます。

そうですよね。

肩が開いて、右肩が被る原因は実は左足で打ってないからです。

がに股スイングとは、まず左足一本で打つことなのです。

これから練習に行くので次回説明します。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

レッスンの成果と秘密兵器

 先週末はラウンドでした。非常に有意義なラウンドでした。

朝の千葉は、-4度でフェアウェイも霜で真っ白!!

ラフの日陰にはところどころ雪も残っていました。

アプローチ練習場の芝も朝はカチンコチンに氷ってます。

これはさすがにピンクのカラーボールの方が良い感じです。

油性蛍光マジックで一個だけ塗って見ようかな?

幸い終日ロスト、ペナルティーはゼロでした。

同伴者は何度かロストしてましたね。


 最近10ラウンド位でOB1回だけかな?

明らかに飛ばしより、グリーン回り重視のゴルフになってきました。

GPS NAVIで残り距離をキチンと計算して、無理しないでハザード寸前

にレイアップする様になった事も、かなり影響していると思います。


 先日のテーマは、レッスンの成果と56度のNewウェッジでした。

午前中は、グリーンが氷っているため慎重に

手前から攻めていって寄せワンで拾い捲り、

インは2ボギー、7パー、12パットの38。

なんと6ホール寄せワンです。11番から6連続パー。

前日夜のレンジでの練習でレッスンと自作秘密兵器で

特にドライバーがかなり変貌しました。

たった1時間のレッスンが大的中です!!


 後半は1ダブルボギー、3ボギー、16パットで41。

ダブルボギーは、52度が左下がり前下がりのラフから

砲台グリーン手前に最悪のショート。

砲台の下からちびってショートでカラー止まりと連続大失敗。

砲台手前30Y未満のアプローチは現在非常に大きな課題です。


 ぶっつけ本番の56度Newウェッジは少し飛び過ぎで

25Yのバンカーショットで35Y行ってしまいました。

バンカーの飛びすぎは明らかにバンスの16度の影響です。

寄せも飛び過ぎで何度かオーバーしました。

簡単なので気楽に振りすぎか、バンスで跳ねてそうなるのか、?です。

トータル79で28パットでした。氷の中でこのスコアはGoodです。

また、後半ドライバーが2発バカっ飛びしました。

レッスンと秘密兵器の成果です。


パターはスターナムパッティングがほぼ完璧。

ドライバーは、左OBを逃げ過ぎスライス1回。

テストでヒッカケ3回でした。


 ラウンド後は、PWでの10~20Yのランニングアプローチ

を250球位しました。

今度のラウンドではPWで足をもっと使った寄せを増やしたいです。


 今回の成果には理由が4つあります。

1、レッスンの成果が前日の久々のレンジ練習で良く分かった事。

2、秘密兵器によってレッスンの新スイングが良く分かった事。

3、当日、朝6:20からクラブハウスが開く前から、ランニングアプローチ

の練習をしました


4、パター練習は5Y未満のショートパットは最後に10球程度で、

10、15、20Yの上り、下りを集中的にやりました


秘密兵器は鉄の丸棒

直径16mmの鉄の丸棒をホームセンターで購入。建築用資材です。

大型の電動グラインダーで好みの長さ、重さで自分で両側をカット、

切り口を研磨してGolfPrideのツアーべルベットを刺しました。

そのままでは錆びますがノンメッキのウェッジよりはましでしょう。

長さは97cmで写真の7番アイアンとほぼ同じです。

総重量はウエイトボールの半分の1.5kg、

ウェッジ3本分にしました。

この 野球用練習用バット とほぼ同じ物の自作です。

UP5が165g位でドライバーの半分位ですから、

軽いドライバー5本分位ですね。

真ん中です。
鉄棒

私で1.5kg、アイアン3本分位で、1m位が丁度良いですね。

1m越すと急に重くなり極端に負荷が高すぎて振るには危険です。

慣れてないと80cmくらいが良いのかな。

まあ、野球用は小学生が1.4kgの85cm位を振っているので、

ゆっくり振ってのスイング造りなら問題のない重さだと思います。

ウエイトボールによる効果と同様に重いのが凄く良いんですよ!!

クラブ3本振りとはやっぱり振り易さが全然違いますね。

ゴルフ用の700g程度のバットや、硬式野球の1kg位のバットとも全く違います。


 レッスンで注意された様に、アダムスコットの様に

飛球後方にアップライトに振ると、鉄棒に引っ張られ、

自然にトップ、フォローがグーンと高くなります。

自然にストレッチされ、カッコイイスイングになります!!

こんな高いトップ、高いフォローの感覚は長い間忘れていました。

そして腕や上体では重すぎて全く引き下ろせないので、

高く深いトップから自然に下りて来るのを待たなければいけません。

重力も十分に使えることがわかります。

このゆったり感は、良いですね。

これを振りながら、トップの前に左がに股で切り返しを始め、

左膝とトップに向かうグリップが引き合う感覚を体感できます。

左ひざと右ひざが開いてがに股になります。


 切り返しのきっかけは、左膝に一気に乗るのではなく、

単にテークバックで内側に移動した左膝をがに股で外側に広げるだけ

で良いのです。


 次回、肩が開かない、がに股の秘密と非常に効果的なドリルを

紹介します。

これは、かつてどのレッスン書でも見たことがないですね。

肩が全く開かなくなります。右肩も被らなくなります。

有り得ないと思うでしょ?
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

Newウェッジ キャロウェイJaws56度

 クリーブランドのCG12の56度バンス10度の出っ歯が

ハンドファーストで入れるとたまに突っかかって抜けが悪く、

昔使っていたボーケイスピンミルドの56度の方がやっぱり良かったので

ジープに行くと、キャロウェイJAWSのUSモデルが9,800円!!

最近こういうソールのトゥ・ヒール側のトレーリングエッジを

大きく削り落としたソール形状のウェッジが流行ってます。

ボーケイの新溝対応のニューモデルもそうですね。


 バンスは16度!!初めてみますね。

しかし、ヒールがかなり削ってあるので、開いて構えると

ボーケイ11度と同じ位のエッヂの浮きです。

Jaws6.jpg

トゥ・ヒールがかなり削ってあるのでバンスも狭い。

これならボーケイより必要以上に跳ねないし、いいかも。

なぜか56度はバンス16度のみ。かなりの自信ですね。

JAWS3.jpg

 リーディングエッジが結構丸く落としてあるのが分かります。

見ての通り、クリーブランドのCG12は典型的な鋭い出っ歯です。

とろいチャックリは許してもらえません。

ハンドファーストでスピンを効かせる時は、上から打って終わり。

しかし、こう比べてみると改めてえらい差ですね!!

Jaws4.jpg

上からCG12 60度バンス4度、CG12 58度バンス8度、

CG12 56度バンス10度、JAWS、CG11 52度バンス10度

CGは皆、鋭い出っ歯でターフがスパスパ切れます。

角溝でボールもガリガリ良く削れます。

Jaws.jpg

CG12は見てのとおり丸く出っ歯です。開くと良い感じです。

JAWSはトップブレードが厚く、ホーゼルも長く高重心でスピン系。

JAWS2.jpg

明日、ぶっつけ本番でラウンドでライ角調整が間に合いませんが、

何か凄い武器になりそうな予感です。

4年後はもう使えないけど・・・。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

がに股でタメる 

 がに股の質問が多く来ています。 

下の写真は、上田桃子プロが練習の合間に良くやる股割り。

タメる股割の感覚、股関節からの前傾の確認、股関節の柔軟運動、

等の意味があります。

桃子 股わり

 要するに「がに股は腰と肩の捻転差の現れ」です。

左が腰、右が肩です。

腰が回っても、蹴らないで肩を開けないで頑張っている状態が

左右の足が、がに股になる状態です。



 まず、切り返しでがに股の状態を長く作るためには、

切り返しでの左への体重移動と右足の蹴りのタイムラグが必要です。

その為には、

トップの状態になる前に切り返しをスタートする必要があります。

そして、体を十分に回し出来るだけタイムラグを作る必要があります。

完全に右に乗り切ります。


左への体重移動をじっくり行い、右肘が右脇へ下りるまで、

右足の蹴りを我慢します。

腕で全く振らないので、右足の蹴りが始まるまで、

スイングがスタートしません。

蹴りたいけど、蹴らない、蹴らない、蹴らない。

左膝も粘る。

かなり腰がねじれます。

 5時間屋内で振って、だいぶイメージが出て来ました。


アダム・スコットのテークバック、


やっぱ、でかくてナイスです!!


そーゆー事だったのね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

やっぱりタメが勝負ですね とりあえずタメんと話にならん感じです

2/1からドラコンコーチのレッスン開始です!!

プライベートで週1回1時間位のペースで受けます。

子供が別の日に週2回受けるので、今後週3回以上そのコーチと

会う事になります。

 場所は屋内で、機材はシミュレーションゴルフを使いながら、

全ショット正面と後方からのビデオが目前で自動的に再生される

最新の高性能な奴です。スゲー良いおもちゃです。

欲しい!いつか自分のを手に入れたい!

測定器はH/S、ボール初速、飛距離、方向、バック、サイドスピンが出ます。
(しかし、ティーショットのバックスピンはダメ。ティーの高さ
を考慮しない為、打ち出し角が異様に高過ぎ、バックスピンも違う)

ビデオはプロのスイングとの比較も出来て、簡単に指でライン

を引いて分析が出来るのでレッスンも非常に効果的です。

レッスン以外でも特定の時間内はフリーで毎日でも練習できるので、

超ナイスです。


 今年のレッスンの目的はドラコンでも飛距離でもなく、

あくまで勝つための、究極のスイングの追及・・・(大げさ過ぎ)

要するに、しびれるようなショットを打ちたいのです。


 今日の使用クラブはドライバーのみでした。


 で、レッスンでの注意点は、

1、アドレスで少し前傾を強くして、腕を垂らす

この数年、腰を痛めた為つい楽をして前傾が起きてました。

同時にその分少しハンドアップで懐が狭くなっていました。

1mの鉄の劇重丸棒クラブ(今度作成してUPします)でアドレスして

グリップチェック。腕をブランとして指に引っ掛けるだけです。

すると確かに普段は浮いてグリップしている事が分かります。

重さでズッシリ来るから、浮いてグリップしていると変わります。

これだと殆どのアマが前傾が浅く、かつグリップが浮いてます。

シャフトがフラットになるので多少慣れるのに時間は掛かりそうです。



2、テークバックを更にアップライトに飛球線後方に上げます。

意識していましたがもっと極端にやらされました。

そして、「アドレスと首のプレーンの上に乗せろ。」
(アダムスコットで説明したプレーンです。)

「しかし、トップはプレーンに戻せ。」

「えっ、こんなに!?・・・はい」

イメージとしてはアダム・スコットのテークバックと全く同じです。

ASテークバック3
ASテークバック4
ASテークバック5

 ここからオレンジ色のプレーンをはずれ下に下ります。

これは、右肘のトップの位置によります。

右肘のトップの位置、形が決まっていれば常にそこに収まります。

伊沢選手が開眼したように、シャンボは正面に遠投する形と言いますが、

それだと形は良いと思いますが、位置が少しオーバースイングでしょうね。

しかし、右腕の形の確認には非常に良いと思います。

兎に角、自分のトップを常に一定に決められないと

絶対にスイングは決まらないですね。

ASテークバック7
ASテークバック トップ

まさにこうです。ですからかなりHWバックまで飛球線後方上空に

左腕で押し出していくイメージです。

今までより右肘が体から離れて伸びます。

死んでもインに引かないって感じですね。

多くの方は、これだととんでもなくアップライトに感じるでしょう。

しかし、この最後の2枚の写真の様に、結局トップで右肘が

垂直に右肩前にあれば自然にオンプレーンに下りてきます。

最後の写真、アダム・スコットは100度肩が回るので

トップで少しヘッドが垂れていますが、

シャフトは飛球線に対して平行です。右肘を真下に落下させれば

アジャストなしで即、水色の線のインパクトラインに乗ります。


 これならこれで実は非常に良かったです。

アダム・スコットのアップライトに上げるテークバックが

非常に気に入っていたので、これで良いって言うなら

むしろ非常にうれしい!!



3、切り返しのテンポをもっとゆったりにして、切り返しでの

エネルギーロスを最小にする。

「切り返しが少しでも速いと腕、グリップに力が入り、

リリースが早くなる。」

腕、グリップの力を抜く事によって、タメは維持されると。

課題ですね。


コーチのスイングは切り返しが非常に静かで、ゆったりなスイングです。

とてもドラコン選手の様な独特な力感は見えません。

しかし、飛ぶのです!!

彼のゆったりスイングは非常に参考になります。

ゆったり飛ばす秘密が隠されていますが、

結局はタメるしかありません。

HWDまでゆったり下ろしてタメる、これが最大のテーマです。



4、前傾の維持が足りない。インパクトで若干起き上がる。

「完璧に前傾維持出来るスピードまで、体の回転スピードを落す。」

「そして、ミート率を上げ、スイングを安定させる。」

「背筋が強く、腹筋が負けている。腹筋を鉄棒で鍛えろ。」

「はい。」

「スイングテンポが早くて、飛ばす奴は怖くない、必ず自滅するから。」

「ゆったりで飛ばす奴が一番怖い。」


確かにその通りでございます。

直径13mか16mの1mの鉄製の丸棒を買ってきてグリップ刺して自作します。

数日中にアップしますね。

今日からサボっていた腹筋鍛えます。


5、左脇、左肘が甘い。前傾を深くしたらインパクトプレーンが

フラットになったので、慣れなくてフォローで左腕のローテーション

が悪くなり左肘が引ける。

「ゲッ、左肘がたまに引ける!?」

「タメが足りないからです」

「・・・・そうですか・・・・。」



6、リリースをもっと遅らせれば、もっとフォローで腕が伸び

もっと大きなフィニッシュになる


「タメが足りない」

「テンポが速い」



 こんな感じでございました。

まー、言っている事は全て阿吽の呼吸で即理解できたので、

1時間でもかなり内容が濃かったですね。

しかし、基本的には殆ど自分に近い理論でしたのでやり易いです・・・。


 皆さん、どう思われました?


「えっ!? 自分がいつもえらそうに言ってる事が


全然出来てないじゃん!?」


「(ドキッ!!)いや、そのー、ちょっと要求されるレベルが・・・・」


「それに、それ以外の所は、文句言われなかったので・・・・」


「まー、でもー、確かにその通りでございます(汗 」


確かに、ドラコンのプロから見たらちゃんと出来ていなかった・・・。


でも、欠点が沢山見つかったって事は、進歩する余地も沢山あるので、


これだけ速攻で治せばかなり良い線いけるんじゃないか!


と、逆に思っています。


 結局は、まだまだタメが全然足らんちゅうことですわ。

これはやっぱり、右足がに股のままで、切り返しからHWDまで

スイングしない事に尽きると思います。

その為には、やっぱり、ゆっくり静かに切り返えさないと無理ですね。

やっぱりアマには藤田 寛之プロのスイングイメージが合ってますね。

特にアマのマッチプレー競技なら確実にそうでしょう。

あーゆータイプは嫌ですね。

南出選手が、HWDからのスイングが勝負だと言ってましたが、

確かにそこに秘訣があるんですね。



 まず、目標は

「ゆったり振って、タメでヘッドスピードを上げて飛ばす。

相手がびびる、オーラを放つ怖いゴルファーになろう!!」
です。

ブン回して、力感たっぷりの奴は内心カモネギだと安心される。

確かに、その通りでございます。



今後、レッスン内容を詳細に書いていきますね!!

皆さんも参考にしてください!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

がに股イメージがタメのキー

 インパクトを意識して球を打ちに行くと、全てのタイミングが

早くなり、インパクトでは既に失速状態になってしまいます。

インパクトを加速状態にしないとボール初速上がらず、

軌道も安定しません。

 がに股による蹴りのタメ、右足の蹴り、左膝伸ばし

のタイミングを見てみましょう。


 参考写真は、昨年12月のドラコンL-1グランプリの

和田正義選手です。


 1枚目の写真は右肘が右腰にほぼ下り切った状態です。

腰は回転していますが、肩はかなり閉じたままです。

この時点まで、右肘、右手首、両膝が曲がり、

がに股による膝のタメが作られ、右踵はかなり低く抑えられ

重心がかなり下っており、明らかにタメを作っている状態です。


和田正義1

 一般アマの悪い例とどこが違うのでしょうか?

トップから球を打ちに行くアーリーリリースの悪い例では、

右手首と右肘が伸び、左肩が開き、左膝が伸び切り、

右膝の蹴りが終わり右踵が上がり、

右膝曲がって前に出て左膝の方へ既に寄って、右肩が落ちます。

重心は既に浮き上がっています。


要するにタメるべきタイミングで既にタメを放出し切っているのです。



 2枚目の写真、右肘が右脇に下りた時点から右踵の上がり方で、

右足の蹴りが始まっていることが分かります。

HWDで既にコックのリリースも始まっています。

和田正義2

 
 3枚目の写真はインパクトの瞬間ですが、

まだ右肘、右手首のタメは残っています。

左膝は曲がったままパワーを受け止め左壁を作っており、

まだ伸びていません。


インパクトは通過点でしかなく、ターゲットは明らかに

もっと先に有る事が分かります。

和田正義3

悪い例ではインパクト時点で、ハンドファーストがなくなり

右手首のコックのリリースが終了し、右肘も既に伸びきっています。

パワーは全て出尽くしです。


 4枚目の写真、この時点でやっと左足が伸び切りました。

ここがスイングのターゲットです。

ここにターゲットを設定しないとインパクトゾーンで加速できません。

球を打ちに行くスイングより遥かに先にターゲットを設定し

インパクトは単なる通過点で意識しません。

球を凝視する必要性もありません。

和田正義4


 5枚目の写真、シャフトが立ってきました。

コック、リリース、完全リリースで

フィニッシュまで振り切ります。


和田正義5


 キーポイントはどこにあるのでしょうか?

1枚目の写真のがに股の意識にあると思います。

兎に角、右肘が右脇まで折り切るまで、

両膝をがに股で重心を落として頑張る事でしょう。

この時点まで下半身さえ頑張れば、

腰と肩の捻転差は維持できます。

腰の回転に負けて左膝が伸び、右踵が上がったら

もう肩も全てのタメも維持できません。

 がに股イメージはドラコンだけでなく、貯めるスイングの

イメージとして非常に理にかなっていると思います。

 暫く気合を入れてがに股で写真1に近づけるように

取り組みたいと思います。
(このマッチョな体を真似するのは無理だな)
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR