ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スイング改造 重心は拇指球ではなく土踏まず

 練習中はひたすら軸の前傾維持とスウェイ防止を考えています。

48インチのバランスが重く、硬いドラコン用のドライバーを

振リ回して前傾を維持することは容易ではありません。

いろいろ試しているうちに前後の重心は拇指球ではなく

真ん中、土踏まずが良いと気が付きました。

むしろアドレスでは踵加重になるくらい股関節から前傾し、

お尻を突き出します。

そうしないとスイングの遠心力に勝てず、

前後のバランスが維持できません。

 
 ハンドダウンになる程前傾するわけではありませんが、

中腰で両膝に両手を付いて休憩する姿が近いです。

そのまま手をはずして前傾を必要なだけ起こします。

すると背筋が伸びて、ももの表面に力がかかり、重心が下りている

ことが分かります。


今は、このままのがに股アドレスで打ってます。

しかも、スウェイしない為にインパクト直前まで両足ベタ足です。

 お尻はなるべく下げないで高く維持します。

お尻を後ろに突き出して、股関節の角度を維持するようにします。

スイング中、ひたすらお尻を突き出し、頭を下げるようにします。


 また、左スウェイを抑える為に、

切り返しでの左腰スライドも止めました。軽く軸移動だけです。



 グリップは低く、近くに引き付ける事はもちろん鉄則です。

グリップが浮けばその分前傾が直ぐに起きてしまいますから。


 土踏まず重心が合理的な理由は他にもあります。

右足蹴りが足裏全体で蹴れる点です。

拇指球加重では拇指球で蹴ってしまいます。

右足は拇指球で蹴るよりも、足裏全体で蹴った方が

バランスも崩れず、しかもボール初速が出ます!!

パワーが出て球に伝え易いのです。


また、左足も足裏全体で支えてフィニッシュするからです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

今日のドラコンレッスン バタつかない下半身

 ドラコン用のクラブ第一号が出来ました!!

ドラコン用クラブは全く未知の世界なので、

私に合いそうなドラコン用シャフトとヘッドをコーチに

見繕って頂きました。

今日はそのクラブでレッスンと練習でした。

毎回、大変参考になるのが有名ドラコン選手達のスイングの特徴、

各々の選手の長所、短所のコーチの解説です。

どんどん自分の目標となるスイングが具体的になっていきます。

自分の体格、スイングを活かし、ストロークプレイと両立する

ドラコンスイング技術を目指していきます。


 今日の注意点は、

前回同様バックスピン量の減少とボール初速のUPです。

最初は長くて、重くて、硬いNewドライバーに苦戦しましたが、

1時間後には、H/Sは55位まで、ボール初速は77程度まで出ました。

しかし、かなり重い!!


 今日、取り組んだことは

兎に角、バックスピンの減少とミート率UPです。

その為には軸を維持する事が大前提となりますが、

まず、テークバックでの右腰の右スウェイ防止方法は

1、上半身ではなく、下半身に捻転を作るイメージ

右足がかなり締まります。左足べた足も容易になります。


2、左足べた足、左ひざをあまり曲げない

が有効です。

股割り状態から、がに股で股関節からの前傾し、

アドレスから軸意識はもちろんです。



 ダウンでの左へのスウェイ防止では、

1、左足を最初からあまり曲げないで伸ばしておく

2、切り返しは左足リード

3、頭を球に近づけない、右肩を残す

4、左腰を引いて、前傾キープ

5、グリップ近く、ライ角維持

6、右かかとを最後まで上げないでねばる

7、右肩を決して前に出さないで維持した軸なりに回す事

が有効だと思います。

 
 このままでは左に乗っていけない様ですが、

上体の力を抜き、右足を伸ばして行けばインパクト後に

左に乗っていけます。

球に体重を乗せて押していく技術も必要なのでしょうね。

加茂プロの超高効率なスイングが非常に参考になります。


 やはり飛ばしはH/Sアップよりも、バランス維持能力、抗重力筋力

柔軟性、の方がボトルネックになります。

これはストロークプレーでの上達でも同様に非常に重要な問題です。

H/Sを上げてもボール初速が上げられるかどうかが大問題です。

そして、たった6球でぶっ飛ばして、FWで記録を残すことは

むしろ大変な精度も要求されます。


 次の課題は、低いインパクトからのジャンプですが、

そこまでやれるバランスがまず先決です。


 脚力が最も重要だと思いますが、

決してバタつかない使い方が必要ですね。

最もボール初速が出たスイングは両足ともかなりべた足を

意識したスイングでした。非常に興味深い事です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

2010LDA世界ドラコン選手権日本ツアー

2010LDA世界ドラコン選手権日本ツアー

静岡予選オープン部門参加申し込み受付です。

会場は朝霧ジャンボリーゴルフクラブです。

参加申し込み 画面

参加したい人はどうぞ!!

初回参加費は7,500円です。年度で2回目から5,500円。

出場枠は全部でオープンは63人です。

シニアは18人です。レディース10人、ジュニア5人もあります。

参加は打席を購入する方式で受付順に売り切れて行きます。

3/25 12:05受付開始とともに見る見るバンバン売れています!!

12:45でもう6打席しか残っていません!

東名高速で来れるので関西の強豪がこぞって来そうです。

有名な怪物たちが山ほど来るので楽しみです!!

コーチは予選を勝ち抜いて決勝に行けると思います!!

おっ、12:55であと4打席。スゲー速っ!!

あと一時間持たないでしょう。

あっ、13:00であと2打席!!

シニアは18人中6人だけ売れてます、あまり人気なし。

こっちは当分売れないでしょう。

レディースは1人だけ売れてますね。ジュニアはゼロ。

おっと、13:12で残り一人です!!

13:15、完売で~す!! 超速!!

もう受付終了です。 遅れちゃった人残念でした。

次は福岡、高知?、茨城、宮崎、山梨です。

暫くLDJは行けないですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パットは重いアドレスで重い球 新兵器7W!!

 先日のラウンドは、フルバックで

----□△--□ 41 19パット
△△□△---△△ 43 18パット 

トータルスコア 84 と撃沈でした。

理由はアプローチ、パターがほぼ全てショートでした。

でイライラがつのり、池にぶち込んで切れちゃいました。

木2回、3パット4回、池1回、バンカートップ1回、37パット

と大失敗でした。

精神鍛錬が足りませんね・・・。

課題のロースピンのドライバーショットはかなりうまく行きましたが、

そのためにはティーが低すぎて数発失敗した事も原因でしたが。

次回は2cm高くし6cm位にしてみます。

また今のR9ドライバーがあまりにアンダースペックとコーチに指摘

されましたので、ドライバー変更も検討しています。

X-Drive 8.5度 の白マナ、青マナ、カイリ あたりのXの中古を探して

また試打してみようかな。



 理由はラウンド後に研修生から指摘されて分かりました!!

なんとアドレスで上体が少し浮き、グリップが緩んでいました。

そのためパッティングで球が軽く、転がりが全然悪かったのです。

グリップや、アドレスに意識が行き過ぎて徐々に重心が

上に行っていたのです。

なおかつ、距離感が悪く自信がないのでグリップが微妙に

緩んでいました。


実は、失敗ラウンドは殆どこの傾向だったのです!!

理由が分かった気がします!!

これで開眼かも!!!


 次回以降、ラウンド前の練習グリーンで

1、アドレスで重心をしっかり下ろすチェック

2、グリップ圧のチェックし、しっかりグリップする

3、しっかり捕まえた重い球で距離感に自信を持つこと


以上で、大崩がなくなる可能性がある予感がします!!

70台は完全にアプローチとパターの距離感に尽きます。


 ただ、5Wがまたまた大活躍したので、

7Wを大至急探していました。

そして今日、超良いのを見つけました!!

13,800円で20%ポイントです。実質11,040円!!

しかもダイナミックゴールド・ライトです。

TOURSTAGE X-DRIVE 7W Dynamic Gold Lite S300 です。

ロフト21度、ライ角59度、重量376g、40.5インチ、D2.3

中古市場では非常に稀少です。しかも程度は非常に良好!

私はアイアンはDGのX100が好きなので、NS PRO950FWより

DG Liteの方がしっかりしていて上がり難いので好きなのです。

シャフトの硬さが明らかに違います。

7Wは球の上がりすぎを懸念していたのでフェースも厚めで

洋ナシ形、シャフト短めでナイスです!!

かなりソールもきれいです。どうせ直ぐ傷だらけになりますが。
7W.jpg

程度は非常に良好!!

先日買ったV Steel 2005 5W より全然良いですね。

まあ、7,500円と超格安でしたが。

7W2.jpg

手前がX-Drive7WでうしろがVsteel5W。

ソールのラウンド形状は手前のX-Driveの方が好みです。

7w3.jpg

色は違いますが形は洋ナシで似ています。

左黒がX-Driveで左グレーがVsteel2005です。

7w4.jpg

TOURSTAGE X-DRIVE 7W Dynamic Gold Lite 良かったら

3Wも5Wも買い替えよ。

 
 また、金栄堂さんゴルフ用アイギア

OAKLEY FLAKJACKET 矢野東仕様 限定モデル 

非常に自然で花粉対策もバッチリでした!!

小雨から晴天に変わりましたが、どの天候でも自然色で使えました。

グラス使用だと球がくっきり見えて、集中力も高まりますね。

今後も様々なグラスのテストを続けていきますが、

球もカップもくっきりと非常に見易くてサンングラスマニア

になりそうです!!

P10108002小

P10107992小
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

正しいフィニッシュの形 は 歩く動作と同じ

 これは肘が引けてローテーションがうまくいかなかった

フィニッシュです。肩も腰も回っていません。

特に右肩が全然回らず、飛球方向に出て行きません。

結局、右腕が伸びないので左肘が鋭角になるのが特徴です。


hidarikosi8.jpg

 腰も肩も回って右腕が伸び、右肩が飛球方向を向いています。

実はこの結果としてのフィニッシュの差は非常に大きいのです。

hidarikosi7.jpg

 まず、上の最初の写真の失敗例ですが、

よくあるのが腰が前に出てブレーキがかかって回りません。

左腰2

 そして、左腕が体から離れて前に出る為のローテーションが

うまくいかず、左肘は行き場がなくなり肘は下ではなく飛球方向を

向いたままローテーションせず、右手は左手を追い抜くことなく

右腕が何時までも飛球方向に出れません。

このタイプのスイングの特徴は、グリップですが

見ての通り右手が下になります。

軌道3

 前回の記事のように右手は常に左手の上にあります。
(下に同じ写真があります)

これは逆にグリップが浮いて左手が上になっています。

これではグリップを下げることも、引きつかることも

ローテーションも出来ず、

間違った左肘の動きによりスイング全体にブレーキがかかります。

hidarikosi4.jpg

 腰も肩も回らず、右腕も伸びず、フォローの小さな

縮こまったフィニッシュになります。

hidarikosi8.jpg


 
 逆に正しい例では、腰が前に出ないように

左のお尻を引いて前に振られる腕との前後のバランスをとります。

瞬時に重心移動してバランスをとる能力は全てのスポーツで

共通しています。スキー、サッカー、柔道等でも一流選手は

重心を感じ取る能力に優れており、瞬時に重心を移動して

転倒を防ぐ能力に長けています。

ゴルフにおいてもH/Sを上げるための筋力強化よりも

抗重力筋というバランスを強化する筋力と能力を強化する事が先決です。


 写真は、お尻を真後ろに引いて前後のバランスをとるのであって

腰を切ってスイングを加速するためではありません。

左腰1

腰を切ると右肩が出て肩がガバッと開きます。

質問がありましたが、腰を引くことと引けることの違いは、

足裏の重心の位置です。意に反して引けるとかかと加重になりますが、

拇指球から土踏まずにあれば、制御できる範囲なので引けてはいません。


 
 このグリップが基本ですが、左手を下げ、右手を引けばグリップは

嫌でも、浮かずに下がり、体に引き付けられます。

自然にアドレスで肩の真下に来ます。

それによって前傾角度も調節できます。

グリップが真下より中に入らない程度に起きれば良いのです。

これが出来ると両脇も閉まります。

正しいグリップ

 上の正しいグリップが出来て、

左尻を引いて前後の重心を維持し、

右かかと上がりを我慢して、頭がビハインドザボールを維持できれば

自然にこの形のインパクトになります。

軌道4

インパクト以降、右手が左手を追い抜きます。

ここから右腕が引っ張られていきますが、

ビデオをまねして右腕を意識的に出していくと必ずバランスが崩れます。

あくまで引っ張られるのです。

また後日説明しますがクラブをインパクトの形のまま投げる

要領が分かると、インパクトゾーンを長くし、方向性を高くし、

右腕がグーンと伸ばされる感覚が分かります。

hidarikosi 6
 
 要するに左右のグリップがてこのように使われますよね。

すると脱力でこれが簡単に出来るのです。

これでバンバン打てるはずです!!

kidou8.jpg

 腰が回って、ローテーションがきちんとできると、

ヘッドの円弧が大きくなります。

クラブ投げの要領で低く長いインパクトゾーンが出来れば、

右腕が引っ張られて伸ばされ、更に大きな円弧になります。

すると右肩がグーンと出て行き、右肩が大きく回され

初めてバランス良く飛球方向を向くまで回ります。


 左肘よりヘッドが先行するフォローで球が捕まります。

左肘が先行すると逃がしてスライス回転に擦るスイングになります。

球筋にもよりますが、捕まえる打ち方ができないと

ドライバーで本当に飛ばすことはできません。

完璧に捕まえるスイングではかなりヘッド先行でローテーションします。

それにより右腕は伸ばされ、右肩が飛球方向に出て

高いフィニッシュが可能になります。

hidarikosi7.jpg

 ただ、この動きは実は腕を大きく振って歩く動作と同じなのです。

だから多少柔軟なら実は誰でも簡単にバランス良く出来ることなのです。

グリップして手がひとつになるので動きが分かりにくくなりますが、

歩くように両腕を大きく前後に振れば胸は簡単に後ろに向きます。

上体と腕の力さえ抜けば誰でもバランス良く立っていられますよね。

右かかとを地面に付けたままなら、股関節、肩甲骨の柔軟性が

必要になりますので、歩く動きはストレッチにもなります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダフリ解消秘伝 なぜグリップを低くするとヘッドは逆に上がるのか

 アプローチでミリ単位でリーディングエッジを入れる

技術がないと5下は無理です。

ショットでも兎に角ダフりは最低、最悪、惨めで、ショックでかいです。

そうならないための秘訣です。


 グリップは左手はフィンガーで指の付け根で握ります。

そうすると左腕とシャフトが直角に近くなるように握れます。

パターは逆に腕とシャフトが一直線になる様にグリップしますが。

こういう要領でグリップします。

正しいグリップ

必ず地面にソールしないで、体の前でまず左手からフィンガーで

黄色の様にライ角を維持するようにグリップします。


見えないですが左親指はグリップ真上でショートサムになります。

 右手は中指、薬指を引っ掛け水色の様にグリップを

上に引きつける様に引っ張ります。

ですから、この後右手甲はグリップしたら反ります。


逆に、左手は上から赤矢印の掌丘部分でグリップを下に押し下げます。

必然的に小指から順番にグリップが強くなり指3本でグリップします。

ですから、グリップエンドは多少余さないと良くないですね。


 すると黄色のライ角を自在に維持出来るようになります。

これが、グリップを押し下げてヘッドを上げるからくりです。

ライ角維持は左片手だけではなく両手でやるのです。


スイング中、常に右手が上とはこのことです。

また、シャフトを立てる、縦に使う、縦振り、脱力もこれが基本です。

これで嫌でもグリップは肩の真下、体近くに低く決まります。

適正な前傾も決まる筈です。




 
 前回に記事の様に、水平振りや、膝立ちショットの様に

逆にヘッドを上げようとグリップを上げてしまい、

体から離してしまう人が殆どだと思います。

そうなるとこの写真と全く逆になり、確実にヘッドは意図した軌道より

遥かに下を通ることが分かると思います。

いかがでしょうか?分かるでしょうか?

グリップが浮くという事は左手を上げて、右手を下げてしまうのです。

また、手首が伸び、グリップが体から離れたら確実にパワーの

伝達力は大幅に落ちます。

さらに、手首を伸ばすとローテーションし易くなるように錯覚

されると思いますが、体から離れるので逆にし難くなります。

グリップが肩の真下が最も自然にローテーションし易いのです。




 しっくりと隙間なくグリップします。

一度強くぎゅっと握ってから緩めると隙間がないグリップが出来ます。

レッスン書のユルユルグリップでは一生上達しません。

ユルユルグリップだと特にパット、アプローチが絶対に上手くなりません。


 直立姿勢から股関節から前傾します。

股関節での前傾を確認する為には腰をグーッと落として股割をすると、

確実に股関節から前傾できます。


そしてクラブをソールして、トゥー側コイン2枚位浮く様に

ライ角度を緩めて調節します。

完全に地面に置かないで地面に触れる感じでソールします。

地面に完全に置くとスイングに締りがなくなり、ダフり易くなります。


ここで超重要なことは重心を落とすことです。

パターもそうですが。

絶対に重心を落とす作業を忘れない事です。

上体、腕の力を抜き、なで肩にして、軽く2,3度ジャンプするか、

上下に揺さぶって重心を下ろします。


アドレスではグリップに意識が集中するため、

どうしても無意識に上体、腕に力が入ります。

そうなると重心が上に行ってしまうのです。

試しに上体、腕に力を入れてみてください。

力をいれる程上体が固くなり、無意識にどんどん

重心が高くなっていく事が分かります。

そうならないように上記の作業によって重心が下げる事が

必須なのです。

そして、体が物凄く重いと感じてください。

足から根が生えているとイメージします。

すると暗示にかかってアドレスがどっしり安定します。

はたから見ても明らかに変わります。

実際にパターは球質が重くなります。


 
 前傾角度は個人差で、要するにグリップが肩から真下に

ダランと自然に下りる角度にします。

スイングしてもそこを通るように懐を空ける為に

インパクトまで前傾を維持します。

前傾が深すぎるとグリップが真下より中に入るリスクが出ますので

そうならないように前傾を個人差で調整します。


 
 3軸をイメージします。

回転軸は前傾、左右のブレを死守するイメージを持ちます。

頭はスイング中前後、左右、上下固定するようにイメージします。

頭が前後、上下、左右に動いたら何をどうしても再現性など

有り得ませんよね。

インパクトまで目と球の距離を縮めないように意識します。


 それで、地面を擦るように距離、出球のスピードを

イメージして何度か素振りをします。

ヘッドの前後の距離も確認します。グリップは体に近いですが

(真下より中に入れないが)ヘッドの距離は適正に注意します。

素振りでヘッドが体に近すぎると当然ダフります。

イメージどおり芝を擦った素振りが出来たら、

全く同じ振りで球を打ちます。


 スコアは明らかに素振りと実際のスイングの差です。

特にアプローチは、素振りの再現に尽きます。

上手く打つ練習より、

1、距離感=飛球の高さとスピード、落下地点、転がりを正しくイメージ

出来る事

2、そのイメージどおりの素振りが出来る事

3、出来る限りゆっくり、常に同じゆったりテンポで左右対称に振れる事

4、両手首でライ角を確実に維持できること

5、その素振りの振り幅、スピード、テンポを完璧に再現する事


が、勝負です。

そして、スコアは殆どこれにかかっています。

アプローチがうまくいく日はパターも殆どうまくいきます。

私は距離感を同じイメージで打つからだからです。

75で回れる人と80が切れない人の差は、

出球と球の転がるイメージと、素振りが完璧に再現できる

かどうかの差と言っても過言ではないと思います。

ショットはそれを大きくしただけですから。

練習で球の転がるスピードを目に焼き付けます。


 ただ、例えばなぜがショートゲームが変に悪かった日は

グリップが僅かにルーズすぎて、アプローチもパターも

全部ショートだったという時があります。

安易にゆるゆるグリップを真に受けると大変ですよ。

 ただ、そんな時は大体ラウンド前のグリーン練習が足りなくて

距離感が合わなくて自信が欠けている時とかですね。

ですから、ラウンド前の10,15,20Yの距離感の練習は

時間をかけないと良いスコアは望めません。


届かなければ絶対入らないし、ラインも分かりません。

直線なら、カップ手前のふちをターゲットにしがちですが、

カップ反対側の一点をターゲットにするとショートは減ります。

球が重く、反対側のふちに軽く当たってゴトンと入るイメージをします。

私はカップからまた戻って反動でテークバックします。

カップから後ろに行き過ぎてから、またカップに向かって転がっていく

球を押すように打つイメージもありますね。

スタート前の練習ではグリップ圧に要注意ですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

サングラス超良いですよ!!

 先日、金栄堂さんからテスト用のサングラスが3本も届きました!!

説明はこちらです。ゴルフ用アイギア

私のドラコンコーチもコンタクトレンズ着用でかつ花粉症なので

花粉シーズンはオークリーのサングラスを使っています。

やはり冬の花粉シーズン、風が強い砂埃が多い日、バンカーが多いコース

では必需品ですね。特に花粉症では効果があります。

P1010802小


 下はOAKLEY FLAKJACKET レンズはオークリー純正の

宮里藍ちゃんと矢野東プロ仕様モデルと全く同じものです。

非常に自然色に近く違和感がありません。

高性能限定レンズです。

 石川遼くん効果でSWANSも人気がありますが、

おしゃれ度ではやはりオークリーの人気が断然上ですね。

P10108002小

P10107992小


 これはフレームはOAKLEY CHOPTOPのシルバー 

レンズはゴルフ専用TALEX偏光レンズ・トゥルービューゴルフです。

薄いグレーです。これも非常に自然な色です。

可視光線透過率30% 偏光度99%以上

P10107932小


P10107942小


フレームはOAKLEY CHOPTOPのブラック

レンズはKODAK GOLF EYE'Sです。

イエローブラウンで明るいです。

曇りの日は非常に明るくコントラストが高いので

グリーンのアンジュレーションが良く見えます。

P10107952小


P10107962小

これは杉花粉対策で数年前に買った中で最も花粉の侵入をカバーして

フィットするFILAの薄いグレーレンズの安物サングラス。

グレーのミラーなので曇り、雨は無理ですね。

P10107982小

 金曜日に実践で雨、曇り、晴れ、夕方にテストできました。

ツアープロ、研修生、シングルさん達の意見を聞いてきました、

非常に興味深い結果になりました。

昨日、知り合いの全国でも屈指の有名な眼科医と

サングラスの効用について話してきました。


 光線の変化による距離感の変化、

視界の変化による心理的変化、圧迫、錯覚等の影響、

目の疲れによる集中力の持続性、

紫外線による眼球の日焼けによる目の疲労と老化

についてもゴルファーにとっては興味深いです。


 90までゴルフ続けたいですよね。

出来れば100歳まで。

私の考えでは柔軟性と歩行能力と眼球さえ維持できれば

90までエージシュートは可能だと思います。

この中で努力で維持できないのは眼球です。

紫外線で老化してからでは手遅れですから。


 スキーヤーなら紫外線による目の雪焼けの怖さを知ってます。

翌日、目がウサギの様に充血して痛くて使い物に

ならないですから。

ゴルファーもそうならない訳がないと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダウンで腰が前に出る、左肘が引ける原因

 これも、ダウンで腰が前に出る、左肘が引ける原因

になりますが、フォローの左懐の広さの問題です。


 良くありますがスイング中お尻を壁に付けてスイングする練習です。

これはきちんと付いてます。

「左腰を回転」させても出来ますが、回転させちゃダメです。

「腰を切る」なんてもっとドツボにはまりますよ。

腰を切った瞬間に左肩がガバッと開きます。

だからスイングを回転運動だと意識すると恐ろしいのです。


左腰1

 下写真はお尻が後ろに出ずに、クラブから離れて前に出てます。

フツーのアマチュアはほぼ皆こうなりますよね。

皆さんこれで悩んでますよね。

前に振る腕とクラブの遠心力で体が前に引っ張られます。

想像以上に凄い力です。


左腰2

 これで、無理に前傾を維持しようとすると前に倒れざるを得ません。

TVの「ゴルフの真髄」の渡辺裕之さんみたいに、

彼はシングルですが、打つたびに前に倒れます。

毎回あそこまでバランスが崩れるのはおかしいでしょ?

左懐が出来ないので、無理に前のめりになってしまうのです。

バランスよく、上手くフィニッシュまでいけないのです。


hidarikosi3.jpg

 もしくは、前のめりを嫌うと逆Cになります。

右腰を前に出すのを嫌うと、左腰を上に逃がすしかないのです。


若いうちはそれで無理に明治の大砲を防げますが、

そのうち腰がぶっ壊れます。

そして、左肘が引けた明治の大砲になります。


hidarikosi5.jpg

 そして左懐が狭いので左腰が邪魔で左肘が下ではなく

左に向き、当然左肘が引けて逃げます。


殆どのアマがこうですよね。

H/Sが加速どころか急減速します。

フェースも返らず開きっぱなしで擦り球で決して捕まりません。


hidarikosi4.jpg

 どうしてこうなると思いますか?

遠心力の影響です。


ゴルフスイングを回転運動を意識して行うと益々こうなります。

縦振りで直線運動の意識でも

腕が右から体の前に振られて来るので

遠心力で前後のバランスが当然崩れますよね?

それを防ぐためには 「左のお尻を後ろに引く」 ことによって

前後の重心のバランスを取るしかないのです。

左腰と言うと腰を回す誤解が起こるので左お尻を真後ろに引くのです。

左足の重心は拇指球から土踏まずの間で、踵にすると左腰が引ける

まずい動きになります。左腰を回すと右腰が前出てしまいます。

一歩動きを間違うと非常に危険ですから注意してください!!

他に前後のバランスをとる方法はないでしょう???


 伊澤利光選手の様に「腰を切る」プロのレッスンが多いですが、

「腰切り」は明らかにフェード打ちのインテンショナルなスイングなので、

アマチュアには非常にリスキーで、コントロールはほぼ不可能だと思います。


 同時に左腰を後ろに引く事によって左の懐が出来て、

左肘の通り道ができます。左肘を左向きに引かなくて澄みます。

そして前傾を維持、軸の前傾を維持、頭の前後、上下の位置を維持

をきちんと強く意識します。



 非常に重要な問題は、決して「左腰を回転させる」、

「腰を切る」のではありません!!

この意識だと確実に回転運動して肩が開いてしまいます!!

「左お尻りを真後ろに引く」のです。

そして「前後の重心のバランスを取る」のです。

同時に左懐を広くして、左肘を真下にして通れるように、

道を作ってあげるのです。

また、こうする事によって左手が下、右手が上になり

アームローテーションが自然に行われ、

球が捕まり、フィニッシュまできれいに回れるのです。


hidarikosi 6

 ちゃんとできるとこの写真の様に

左肘下向きで、左手が下、右手が上で、

頭と右肩が残って、左壁が出来ていれば

左肘が引けずに、勝手にローテーションして球が捕まり、

フィニッシュまでバランス良く、かっこ良く、気持ちよく

振りぬけますよ!!

グリップは体に近く、ライ角が維持できていると

よりローテーションは確実になります。

この写真もシャフトが立っていますよね。



 じゃあ、この下のフィニッシュの写真の違いは分かりますか?

hidarikosi8.jpg
hidarikosi7.jpg

どっちが正しいと思いますか?

何が違うのでしょうか?

何が原因でしょうか?

分かりますか?
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

これが右で下ろすスイング!!

 良いビデオがありましたのでいつも言ってるドリルの

やり方を説明します。

 下のように一見正しいプレーンを通っていても、

kidou 5

 ここを通ってこの位置にぶつかっちゃあダメなんです。

片山晋吾プロがよくこの練習をしていますよね。

95%以上のアマがぶつかるでしょう。

下ろす失敗

 下の写真。右でここまで下ろして、なおかつグリップを

スゲー体の近くに引き付けないとシャフトがぶち折れます。

で、さらに右肩と右サイドが前に出てもアウトです。

軌道1

 分かれば簡単だと思うでしょ?

ところが、どっこい、ただおろしゃー良いってもんじゃなく、

ライ角とコックを維持しないとボコボコ

もぐら叩きの様に大ダフリ連発です。

本来ダフらない為にはグリップを逆に低く維持しなければなりません。

軌道2

 ところが、どっこいフツー皆さんのグリップは浮きまくってます。

ライ角もモロに伸び切っています。

頭が上がって、腰が前に出て、前傾が起きて、手が浮いています。

でも、それがフツーです。

ここまでグリップを低く維持するためには、前傾を完璧に維持して、

グリップ近く、低く、強烈にライ角とコックを維持

しないと絶対に無理です。



 まだ、まだ、そう簡単に許してもれませんよ。

上まで出来ても、悲劇はまだ続きます。

下の様に左グリップが左足付け根の見えない壁にぶつかって

ローテーションしないで、いつまでも左腕を引っ張り続けると

またまたこのように大ダフリです。

左肘が引ける人もこうやってローテーションしないで

勘違いして左腕リードをいつまで延々とやってます。


 今日のラウンドで同伴者の二人とも長いクラブは殆どこうでした。

大体雰囲気で打つ前からこうなるのが見えてましたが。

しかし、スゲー伸び上がって神業的にこのダフリを回避する技を

彼らは持ってます。

でもやっぱり、勢い余って今度はトップでゴロゴロ転がしては

首をかしげてます。 面倒なんで何も言いませんが・・・。

軌道3

 で、無事に下まで辿り着く人は数パーセントで、

かなり間違いなくシングルです。

前傾維持して、どこも浮かず、グリップ低く、コック、ライ角維持

が完璧に出来てます。

右サイドも前にです、肩も開かず正面でインパクトして、

きっちりローテーションできます。

こうなるとスイングは自在でトップアマレベルです。

この方は山本プロですが。

軌道4

 下写真が空中標的ショット(?)です。

ヘッドの先の白いぶら下がったボールを狙って打ちます。

両脇を締めて、ライ角を維持してきちんとフェースローテーション

できないとヘッドは正面で下に沈み込みます。

ローテーションできると浮きます!!

地面の球を打ってもそうです。

だからきっちりローテーションできない人は、

いつまでもボコボコダフります。

水平振素振り練習でもローテーションの感覚は分かります。

これが分からないと一生ダフリは治らないでしょう。

これで苦もなく楽勝で打てればひとまずOK!!

kidou5.jpg

 これが膝立ちショット!!

誰でも知ってますよね。

当然90%以上の人はダフります。

もしロングアイアンの直置きでダフらなかったら、

スゲー自身持ってOKです。まず無理ですが。

kidou

 大方の人は下の様にヘッドが下がるのでグリップを上げようとします。

全然逆で下げないといけません。

kidou6.jpg

 こういう発想の人は、このままでは100億発球打っても無駄です。

焦って、今ここで考え直してください。

kidou7.jpg

これが答えです。両手首を維持してください。

kidou8.jpg

 下写真が多くの皆さんの下ろし方です。

これがトップから球を打ちに行くうち方です。

まず間違いなく97%以上のアマがこうです。

体が球に突っ込んで上からスティープな軌道になります。

kidou10.jpg


 下写真。ジャーン!!これが遠くに下ろす、下ろし方です!!

飛球後方にグリップを向けて、外、体に右に刀を抜く様な動きです。

これが、右側で下ろす下ろし方。

または、右足前で打つ感覚等々言われる秘訣です。

トップから一瞬だけでいいので、これがきちんとできるようになると

劇的にスイングが変わります。

kidou 9

 これをやるためにはインパクトまで右足の上で回る感覚。

切り返しでの左足軸へのステップは殆ど体重移動しない!!

死んでも右サイドが前に出ない、右肩が被らない、左に突っ込まない!!

要するに軸がビハインド・ザ・ボールに完璧に維持され、

絶対に左に傾かない感覚が必要です。

これと同じ事をフルタの方程式3月号で青木宣親選手が言ってましたね。

びっくりしました!!

これで右で下ろしてシャローなスイングになります。

トップも飛球後方に体から離して右側遠く上げます。

注意点は右ひざ、右腰は死んでも右にスウェイしないこと!!

スウェイしやすくなりますから。

頭は多少ならOKです。

ドライバーだと自然にアッパーになりますのでティーは

高めになります。

 今日のラウンドで下の写真をかなり意識的にやってきました。

ティーは通常より1cm以上高くして55~60mmくらいです。

低スピンで抜群の方向性でした。

これで48インチドラコン用クラブの低スピン対策も

先日の予想通り勝算ありです!!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ドラコンはバックスピンの減少が大前提 新兵器到着!!

 今日、コーチと48インチ以上のドラコン用クラブを何本も

レンジで打ってきました。

そこそこ打てたんで、まー気楽に

とりあえず5月あたりにLDJに出場してみましょうかと、

あっと言う間に決まってしまいました。

2010年LDJ大会

2010年静岡大会 5月23日(日)

会場:朝霧ジャンボリーゴルフクラブ


て、大丈夫かな?

大恥かかないかな?

ドラコンて普通のストロークプレーより緊張するみたいです。

ずっと大観衆の目前でティーグラウンドですからね・・・。

しかもH/S65とかの怪物たちの目の前で・・・・。

6球打つんですが2球目のティーが刺せない程緊張するらしいです。

じゃあ、私は最初から6球並べてティーアップしとこうか。

て、そーゆー問題じゃないだろ。

でも、全部力んで200Yちょいのスカばっかの可能性もある訳で・・・・。

OBより240Yとかドしょぼい記録が残る方がもっとみっともないな・・・。

「こいつ、こんなんで何しに来たの???」

なんて思われたら大恥だし・・・。

場違いも甚だしかったりして・・・。

体格だけは負けないと思いますが・・・。

何かギャグでも用意しといて、ウケでごまかさないと帰れんな・・・。

まー、いいか。シニアだし。



 ちなみに去年のシニア部門の結果です。

LDA世界ドラコン選手権 日本大会決勝 シニア部門

2009年9月23日(祝)姫路相生カントリークラブにて

1位 山本 昌光 351
2位 先野 正二 343
3位 竹内 徹  339
4位 増田 雄二 299
5位 木村 俊幸 279
6位 村中 宏一 OB
6位 守岡 義文 OB


おっ! これなら行けそうじゃん!



で、オープン部門 決勝記録

優勝 MAX TORIKAWA 359
2位 安楽 拓也   358
3位 南出 仁寛   357
4位 福本 大象   352
5位 内藤 崇    348
6位 飯塚 孝幸   339
7位 大水 政之   329
8位 和田 正義   308


ゲッ!? 大して変わらんじゃん!

5月って、あっと言う間だし。

48インチなんて今日初めて打ったばっかだし・・・。

自分のクラブもまだ持ってないのに・・・ホンマに大丈夫かいな???

まー、コーチも何の根拠かなぜか全然余裕の雰囲気だし、

コーチにぜーんぶ任せとけば、とりあえず大船に乗った気分で

はありますが・・・。

もしかしてコーチはただの能天気な性格?

お礼は娘が賞金王になった時にまとめてゴッソリするとして(ダメ?)


 で、早速クラブセッティングの為にコーチとゴルフ5に長い棒を

山程持ち込んで計測してみました。

しかーし、大問題が発生。

7度5Xでバックスピンが3,000以上!!

山ほどのクラブのどれを使ってもダメ!!

何しろ初めてで慣れないんでH/S55も出ない!!

しかも5,000回転とかも平気で出ちゃうし、ゲロゲロですよ。

スゲー長すぎてフラットに振り切れないのか?

まー、バックスピンがスゲー多いんで、サイドスピンがかからず

方向性は良いんですが・・・。

やっぱり長過ぎて想像以上に難しい!!!

コーチはH/S60位でも1,500回転まで自在に落とせます!!

で、打ち出し18度!!!

これはもの凄い高等技術ですよ!! これなんですよ!!!


やはりH/Sを上げる以前にバックスピンを減らすことが課題です。

まー、私の様なトーシローには極普通の事なんですが・・・。

やはり以前ホームコースの専属プロも、

「早く下ろせるかがプロで食っていけるかどうかの分かれ目」

と言っていましたが、ドラコンでも同じでした・・・。

これで良く分かりました。

私にはそれが全く出来ていなかった!!

実際、正しい解釈が出来ていなかったとも言えます。

そして、アイアンとドライバーは決定的に打ち方が違う!!


 と言う事で、シャフトとヘッドはバックスピンを減らす方向で

組む事にあっさり決定!!

まー、逆にあれこれクラブセッティングに悩まなくて良くなりましたが。

とりあえず安い元調子でいきましょうか。


 で、コーチの指示では明日から7Wでティーアップして

ひたすら徹底的にシャローな軌道造りに専念します。

まず、スピン量を2,000以下に抑える技術が必要です。

トップも遠く、遠くへ下ろし、右足の上で回る感覚。

強烈にステイ・ビハインド・ザ・ボールで軸を後ろに残すイメージ。

H/Sをあえて落としても、待てないとダメですね。

しかし、これは何とか早めに出来そうな気がします。

今までここまで強烈なレベルスイングを必要としなかったので。

でも、やれば右足前で打つ感覚で直ぐに出来そうな気がします。

以前試したこともあるし・・・。

で、実は今日の計測では普通の低いティーで計ったんで。

7,8cmのドラコン用の高いティーにしてもっとフラットに振れば

スピンはガクンと落ちるでしょう。H/Sもずっと上がるし。

勝算無い訳でもないないじゃん、コーチを信じましょ。




 問題なのは、むしろ前傾の維持だと思います。

クラブが超長くてフラットなのに前傾深く、グリップ近く。

これって、軸を維持するだけでも、とんでもなくパワーが必要です。

H/Sよりも、むしろ軸を維持するパワーのほうが重要ですね。

となると、やっぱりまずは腹筋と脚力強化でしょうか。


コーチは気合入れてバカ高くて、クソまずいMUSASHIを飲んでます。

私もスキーレースをやってるときは、まずいんでオブラートにくるんで

何種類ものMUSASHIをガバガバ飲んでましたが。

私は、安いケンタイのホエイプロテインをガンガン飲も。

で、益々メタボになったりして。

まードラコンは全然歩かなくてもいいし。

メタボのおっちゃんも多いし。

予選だけなら6球勝負だし。

理屈では重いほうが有利だし。

・・・て、ただのメタボの言い訳じゃん。


 しかし、コーチのスイングは見ているだけで非常に勉強になります。

どうやったら、そんな爆発的なインパクトが出来るの???

その辺のツアープロより半端じゃなくスゲーですよ!!

やっぱり、半端なスコアでは、この魅力には勝てませんわ。

1年で絶対ものにしますよ。




 今日、金栄堂さんからテスト用のサングラスが3本も届きました!!

ゴルフ用アイギアいろいろあります。

これは、人気のOAKLEY FLAKJACKET!!レンズはSlateIridiumという

限定モデルで、なんと宮里藍ちゃんと矢野東プロ使用モデルと

同じものです!!

イチロー選手も使っている薄いグレーのレンズに

シルバーミラーコーティングを施したレンズです。

遼くんのSWANSも人気がありますが、おしゃれ度ではやっぱり

オークリーの人気が断然上ですね!!

どーお、これ!? マジかっこええでっしゃろ!!

打たなきゃバリバリのスクラッチプレーヤーでしょ!!

P10108002小

P10107992小

明日詳しく書きますね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ベン・ホーガン と 中部銀次郎 

 ベン・ホーガンに関する質問がありましたが、

まず、ベン・ホーガンが左利きだったことは非常に重要な事です。

それを理解したうえでモダンゴルフを解釈しないと

とんでもないことになります。

当然、左腕がもともと強いので右サイドを思い切り使う事が

可能でした。

もちろん最も尊敬すべき偉大なゴルファーの一人ですが。


 中部銀次郎さんも大学時代から天才でしたが、

アマチュアゴルファーとして教わることは多いです。

技術的には頭を動かさない、左腕主体のスイングですが

ストイックなまでに徹底しています。

セルフ・コントロールにおいても同様です。


飛距離や様々な「欲」を抑えられなければゲームにならないと。

当たり前のことなのですが結構、グサグサきますね。


 
 それなのに、果たしてドラコンとストロークは両立できるのか?

私は十分可能だと思います。

もちろんレギュラークラスの400Yクラスの怪物たちとは

天と地のレベルの違いが有り過ぎますが、

シニアクラスなら多少はいけるかも?

ヘッドスピードよりも効率の問題だと思うからです。


 今日、コーチの2本のドラコン仕様のクラブを打たせてもらいました。

5X?シャフトの48インチと3X?の48.5インチです。

ロフトはちょっと寝たパター並ですね。

このクラブで果たしてちゃんと飛ぶんだろうか???

屋内でしたのでどれだけドロップするのかまだ分かりません。

 しかし、この長くて異常に硬い棒を振り回すのは・・・

ヘッドスピード以前に、まずバランス維持の問題だと感じました(汗)

結構重いし、軸がぶれたら全然話しになりませんね。

しかし、良い勉強になります!!

このおかげで45.5インチのR9がスプーン並みにスゲー簡単に感じます(笑)

これだけでもドラコン挑戦の効果は十分あるかも、と思いました。


 実は技術の進歩によるシャフトの大幅な軽量化で

コーチの技を伝授して頂ければ、

「道具」でも勝算は十分有る様に密かに感じているのですが・・・。

甘いかな~?
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

つるはし と クワ  ゴルフ用サングラス 

 久しぶりの風邪から復活しました!!

ご心配頂きまして有り難うございます!!

屋内練習場で薄着で汗をかいたまま、中古ショップやJeepをうろうろ

していたが原因でした。


 しかし、テーラーメイドのV Steel 2005の5W が超強力な戦力に

なったので7woodの安い中古を探していますがないですね!!

V Steelの2008年モデルのNS Pro 950FW Sを探してますが、

稀にあっても14,000円前後で現行モデルの新品と大して変わりません。

しかし、なぜ現行モデルは殆どスチールシャフトがなくなっちゃった訳?

不思議だな?おかげで中古市場で引っ張りだこなのにメーカーは

何してんでしょうね?

5W、7Wは飛距離を計算するクラブなので予想以上に飛びすぎたり、

スピンが予想以上にかかりすぎたりするのはまずいと思うんですが?

また、確実にターフを取った方が良いと思うので重いほうが

有利だと思います。ヘッドが重いので出来ればXシャフトが良いですが

リシャフト以外ないですね。様子を見てDGかNSでやってみようと思います。

今週は金曜日にラウンドです。7Wは上野に行かなきゃ間に合わないな。




 花粉のシーズンですね。今年の花粉の新薬の効き具合はどうかな?

今のところ今年は軽症ですが今週から一気に来そうですね。

 今年はゴルフ用のサングラスもいくつか準備します。

スキーでは天候、明るさ、状況で数種類の色のゴーグルを使い分けますが

ゴルフでもプレー時間が長いのでやはり必須だと思います。

私はもともとスキーヤーなのでサングラスは結構着用してますが、

実際に集中力はかなり高まり、長時間維持できます。

紫外線での目の日焼けは予想以上にグリーンのラインを読む

集中力の低下にも繋がりますね。

たまたま、スポーツ用のサングラスの老舗の金栄堂さんの社長さんと

ゴルフ用のサングラスの効果と必要性で意気投合しました!!

今後ゴルフ専用サングラスの開発に協力していこうと思っています!!


ゴルフ用アイギアです。参考になりますよ。

遼くんや藍ちゃんのサングラス使用で、若年層から徐々に普及して

きていますが、単に「目の保護」だけにとどまらず、

「グリーン、コース全体のアンジュレーション、ボールが見や易くなる」

それにより「集中力を高める」と言う点で非常に効果が高いのです。

邪魔だと思われがちですが慣れですよ。

クラブハウス内から着用すれば、違和感はなく逆に自分の世界に集中できます。

スコアはパターですが、必ず入れるという集中力が全てですからね。

良い物のは全て何でも貪欲に取り入れていきたいと思います。




 先日のTV番組の「フルタの方程式3月号」が非常に良かったです。

青木宣親選手、稲葉篤紀選手が前足のステップは軽く踏み込み、

体重を後ろ足に残して、体を開かないでヒッティングポイントを

後ろにしてボールを引き付けて変化球に対応すると言っていました。

切り返し時のステップも体が開くように外旋させないで、

体重移動を極力抑えて、限りなく右足の上で回転する感覚
がミソですね。

非常に微妙な表現なのですが、まさにゴルフと同じ感覚です。



暫く休むと書きたいことが、山の様に溢れて困ります。



 いろんな質問が多数来ていますが、結構高度になってきています。

全部答えていきますが、スイングイメージの基本として

前回ゴルフスイングは3軸と書きましたが、

皆さんもこれまでの1軸や2軸ではスイングを理解するのが難しかった

と思いますが、いかがでしょうか? 

私は以前触れた様に、この点についてはずっと不合理だと思ってきました。

また徐々に説明していきますね。


 また、以前書きましたが、非常に反論が多かった

つるはしやクワで穴を掘る感覚ですが、やはりこの感覚が

軌道でも、重力の利用でも、グリップの力の抜き方でも様々な点で

ゴルフスイングを説明するのに非常にイメージし易いのです。


 スイングは皆さんの想像以上に遥かに体の近くを縦に振ります。

殆どの皆さんのイメージよりも、ずっと、遥かに、グリップの軌道は

体に近く、低くです。グリップが少しでも浮いたら確実にアウトです。

ですから頭、腰、体が起き上がったら全く話になりません。

これを無視して、何を治してもハッキリ言って無意味です。

その為には切り返しからクワやつるはしの様に縦に振る感覚が

非常に近いです。


 
 また、皆さん、試しにつるはしの代わりに湿った柔らかい芝生に

ウェッジをヘッドから打ち込んで、ヘッドを突き刺してみてください。

地面に突き刺さって手を離しても立っている様にして下さい。

地面に打ち込む瞬間、グリップを押さえ込む様に力は入れませんよね?

逆に抜きますよね?ハンマーで釘を叩くのと同じです。

ヘッドの重さ、重力を利用する為にはむしろグリップを緩めないと

いけないのです。手は加速の邪魔にしかならないのです。

皆さん逆をやっています。

当然、リリースしないショットもありますが。


 確かにインパクトの瞬間ゴルフスイングは、

単に地面に打ち込むだけのつるはしとは違います。

インパクトの瞬間、左右の手が逆に動くように力が加わり、

右手が左手を追い越します。右手は常に左手の上ですが。

しかし、この時左手を減速しているわけではありません。

右手で押しちゃダメですね。そう言うプロも沢山いますが。

また、フェースローテーションとも違います。

そうなる様に足で腕を振ってます。感覚的ですが。


最近人気の某レッスンプロもインパクトで右腕を伸ばせと言ってますが、

伸びることはあっても、伸ばす意義は全然ないでしょうね。


 いっぱい肝があって大変ですが、

この辺の肝で引っかかっている上級者がかなり多いです。


 徐々にいきましょう。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

軸は3本 右肩の意識

 急に寒くなって風邪で数日ダウンしています。

部屋でひたすらパタ練してますが、パターも見えない前傾軸

を意識して軸が左に傾かない様に=右肩が被らない様に

右肩、右ひじ、右手の動きを意識すると全然安定します。



 ゴルフのスイング軸は3本存在すると思います。

1、足・腰が水平回転するための地面に対して垂直な軸と、

2、上体が前傾して回転する前傾軸の2種類に

分けるべきだと思います。


その方が現実的で理解しやすいと思います。



 1は、足・腰が水平回転するための軸で左右両股関節を通る

2本の垂直の軸で、テークバックで右、ダウン以降左に移ります。

 2は、上体が前傾して回る為の脊椎後ろ側の太い前傾軸です。

上体、肩、腕はその太い軸の回りを回転します。

従って、軸は合計3本存在すると考える方が合理的で、

誤解が少ないと思います。

今までの理論の様に、1本や2本では合理的にイメージできません。

実際おかしいと思います。


 インパクトで非常に難しく、また重要なことは、

腰は水平回転するのに、股関節から上の上体は前傾して

回わらなければならない、というギャップです。

また、下半身と腰は右軸から左軸に移動するにも拘らず、

上体の前傾軸は左に移動しません!!

太い軸の回りを回るだけです。

このギャップを埋めるためには、

1軸や2軸でのスイングでは説明が不可能だと思います。


 この、股関節から下と上の異なる軸に対して回る動きは

非日常的な、非常に窮屈な動きと、右股関節の柔軟性を要求します。

この複雑な動きの中でキーとなるのは

右肩の位置と右肩の動きの軌道の意識だと思います。



 後輩がMIT(マサチューセッツ工科大学)のMBAに合格しました!!

おめでとうございます!!

ボストンは昔一度行った事があります。

ちょっと遠いからゴルフ合宿には厳しいかな。

松坂 対 松井、イチローは是非生で見たいですね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

軸を維持するバランス

坂田プロ推奨のショートスイングは両足をそろえて打ちます。

非常に効果的な練習です。

軸もずれないし、打点も狂いません。

絶対に骨盤から上の上体と腕を使わなければ大してぶれません。

慣れればドライバー以外大して飛距離も落ちません。

確かにこれでラウンドしても良いスコアが出るかもしれませんね。


 同様に片足スイングも非常に効果的です。

セベ・バレステロスは片足ショットの練習をよくしていました。

飛距離は普通のショットと大して変わりませんでした。

要するに左片足でもH/Sを上げ、バランスを維持することが

十分可能なのです。


 上体と腕を使ったら片足でのバランスの維持は不可能です。

ここにスイングの秘密が隠されています。

片足でもバランスが崩れないスイングはどうすれば良いのか?

バランスを維持する=軸を維持する事です。

その為には上体、腕脱力で下半身、腕リードのスイングになります。

最後に上体が動かされるだけです。

上体さえ動かなければ、スウェイも、突っ込みも、起きないのです。

上体は絶対に揺さぶらない。

片足スイングで必要なもの、不要なものが何なのか分かってくる

と思います。

腕の振り、脇、肘、ローテーションも分かってきます。

フィニッシュまで片足で立っているって凄いことですよ。

両片足練習の後は普通のショットの精度がかなりアップします。

やっぱり軸を維持出来るバランスですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

前傾維持のために必要なイメージ

 この写真のイメージが強烈に重要ですね!!

ひたすらこのフォロー、フィニッシュを目指して練習しています。


 この強烈な前傾の維持は、まず軸ありきで

アドレス時点からこの軸を最優先にイメージして、

「フィニッシュまで完璧に、この不動の軸の回りに

腕を回転させるのだ」とイメージしないと

これほど完璧な前傾の維持は不可能です。

軸の維持

どうやったら結果的に前傾が維持出来るのかではなく、

兎に角、「確実に軸の回りにスムーズに腕と肩を回す」

と言うイメージをアドレスから確実に持てると、

自然に上体を前傾維持をメインに使えます。

 面倒な軸の理屈で考えなくても、アドレスで自分の太い軸を

イメージできると思います。


 アダム・スコットの腰、股関節は強烈に柔かいですね。

いいですね!!しびれます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

猫背と上体の力み 重心を落とす

 猫背の方が非常に多いです。

過去の記事でも何度か書きましたが、

上体の力みにより重心が高くなると猫背になります。

2,3度ジャンプして重心を落とし、お尻を引き、

股関節から前傾します。

すると重心が下りて猫背が治りますよ。


 また、四股踏みの効果ですが、

桃子 股わり

 股関節の柔軟体操と股関節に乗る感覚を強めます。

この体勢でスイングすれば分かりますが、

猫背修正、べた足スイング、完璧な左右の壁が

嫌でも体感できます。



 よくあるドリルで、馬鹿らしいと思わずやってみると

良く分かりますが、ヘッドで壁や重いものを押すと

重心を落として腕は体に付くかかなり近くにあるはずです。

足と腰で押します。上体や腕で押しません。

腕を腰に引き付け、腰と一体化して使いますよね。

要するに腕だけでは弱いので腰に引き付けて足と腰を

使うのです。

こうじゃないと球にエネルギーは伝わりません。

重心を落として、腕を体の近くに通して

足と股関節で振りましょう。

腕を体の近くに通せば、脇は勝手に締まります。

出来ればその方がトップとフォローが大きくなります。


 徐々にフォローで飛躍的に加速する核心に迫って行きたいと思います。

そうなると切り返しから重力による落下なんてあたりまえになり、

そんな事より、次のテーマが遥かに重要になります。

フィニッシュの左肘の向きと、右腕の伸び、前傾、プレーンと

本当のフェースローテーションの秘密はマジで奥が超深いですよ。

ローテーションしないなんて大嘘です。

そんなプロは存在しません。想像以上に遥かにやってます。

じゃなければまともなフィニッシュなんて絶対に出来ません。


 ひたすら水平素振りを続けていたら、いつか気が付くかも。

プロのスイングとアマのスイングはこの点で決定的に異なリます。

しかし、なぜかレッスン書では見たことがありませんね。

なぜでしょうね。凄く不思議です。

なかなか、文章では表現できないかも知れませんね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パター練習秘密兵器!! 買わずにはいられませんよ

 前回のラウンド後、研修生があやしげな器具をつけて

こそこそパット練習しているのを、私が見逃す訳はなく、
(別にこそこそではなかったですが)

見た瞬間!!ビビッと、キマシタ!!

練習器具オタクとしては、すかさず近寄って

「何それ!?」

「これ? いいですよ!!」
(うれしそうに)

(名前も怪しいがパーケージも小さく見つけ難い)
propat大

「えっ!!どうやるの」
(わくわく!)

直ぐはずして、使わせてくれました。

「オッ!いいじゃん!!コレ!!」
(実はこの時は前後逆につけてましたが・・・)

「ウム、確かに手首が使えないね!」
(前後逆なのに、研修生の手前、いかにもパターの上級者っぽく)

「そーなんですよ。ずっとパター悩んでいたんですが、

これでアドレスもショートパットも良くなりました!!」

「絶対元取れますよ!!」
(スゴク、うれしそうに!)


「えっ、ホントッ!!!!!どこで買ったの?」
(まさに子供のおもちゃのような会話!)


パター練習秘密兵器!!

悩みが吹っ飛んで苦手なパターが、

逆に得意になった!!

しかもショートパットにも凄く効果的!!!

そんでもって短期間で即効!!!!

(これが最高ですね!!)

そんな鼻血ブーな、インチキみたいな話が

ほんとにアルあるか?!

どっかの通販のへたなセールストークみたいじゃん。

今年の目標上方修正!?もしかして!?

(ちょっ鼻息荒く興奮気味)

2mなら百発、百中になるらしいです!!

(これはウソです)


どうやって、買わずに、今後のゴルフ人生

生きてけますか!? 


箱はボール3個の箱とほぼ同サイズ、値段もほぼ同じ。

1,590円。私はいつものジープで即購入です。

しょーもないゴルフ雑誌、買ってるよりいいですよ。

誰かの練習器具みたいに高くないし、良心価格。


 図の様にグリップエンドにマジックテープで固定して三角形

を維持します。接続は超簡単。

稼動部分は少し硬いですが、折りたたみ可能。

プラスチック製で、堅牢性はまあまあかな。

dia-tr517-22.jpg

少しホルダー部分が小さいので、私の太いグリップでは

完璧にしっかりはまりませんが、何とか大丈夫です。

写真左。真横から見ると斜め前方に角度が付いています。

ここが重要です!!この角度で体との距離が上手く調節されます。

私にはこの角度は丁度いい感じです。

確かにアドレスもしっくりする感じがしますね!!

propat4.jpgpropat2.jpg

少し腕に当たる部分が細いですが、まあ問題ないです。

幅は3段階に調整できますが私は一番狭くて丁度良いです。

propat1.jpg

 
 使った感じは、確かにアドレスの位置が決まる!!

体とグリップの距離が一定になります。

フォローで引っ掛けないですね。

部屋練だけですが、ストロークがかなり安定します。

これは研修生も言ってましたが。


 そして、確かに手首が全く使えない!!

必殺ゴルキチ・スターナム・極楽パッティング打法が、

ますます必殺に!!

これは超劇ウルトラ・スーパー凄いかも!!
(小さい声で、皆さんだけにナイショで)

ざまあーみそづけ!!(意味不明)


 今度試しに付けたまま数ホールラウンドしてみよ。

本番でバンバン入っちゃったら劇ヤバモノホンですヨ!!
(ちょっと興奮気味)

(もちろんルール違反ですよ)



パター練習 秘密兵器 プロパット1,590円
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

でんでん太鼓イメージの功罪

 でんでん太鼓について賛否両論あると思います。

解釈の違いが様々で、非常に大きな効果もあれば

致命的誤解もかなり多いです。

ボディーターンと一緒で、誤解の方が遥かに多いでしょうね。


 腕は脱力で振られると言う点では非常に良い例だと思います。

また、前傾を維持した不動の軸のまわりを腕が回転する

イメージでも十分に使えます。

欠点さえ認識していれば、実は非常に役に立つイメージです。


 しかし、様々な致命的な誤解も生じています。

まず、腕は糸の様に支えが全く無い訳ではありません。

実は結構、ライ角維持、コック、リリース、プレーン維持、

ローテーションと手首はクラブを支えるように使います。

それに、でんでん太鼓のように何もしないで

勝手に付いてくる程簡単なものでは絶対にありません(笑)

そんなに簡単なら皆2~3年でシングルです。

 
 そして、最大の致命的な問題は、

でんでん太鼓は重力を利用しない点です。

また、シャフトのしなりやタメも考慮できません。

ただ、小手先で軸を回します。


まず、軸である上体を回そうとする意識が確実に起こります。

軸の回転で腕を振ろうとするでしょう。

すると、切り返しから上体の捻転で始動します。

飛ばす為には、上体を高速回転する事でH/Sが上がると

勘違いするでしょう。

いつの間にか、上体を高速回転させることが最大の目的となり、

腕は勝手に付いて来るの物であると放っておかれます。


 切り返しは重力を最大限に利用します。

いきなり高い負荷をかけるとプレーンに乗らないからです。

HWDまでにプレーンに完全に乗ってから一瞬負荷をかけるだけです。

しかし、軸を回転させる意識など全く無いです。

歩くように振れば自然に回転するものです。

後はシャフトとタメを有効に利用するだけです。



 以上の欠点が分かっていれば、でんでん太鼓の「形だけ」

非常に有効なイメージで、多くのトッププロも推奨しています。


 前傾した不動の軸の回りをトップから腕が重力によって落下し、

HWDから負荷をかけ加速させ、シャフトのしなりとタメで

更に加速する。

そして、フィニッシュまで完全に滑らかに回転していく

イメージは非常に有効です。


 まず、フィニッシュまで完璧に前傾を維持した不動の軸

ありきですね。

前傾維持が確実にスイングのボトルネックです。

限界まで脱力して無駄を省いていく作業がスイング造りです。

スコアを縮める道はそれしかありません。

また、ドラコンのスイングも全く同じです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

4度目のレッスン ドラコン大会進出!?

 今日のレッスンは先日のラウンドの成果と、

反省点、分析、質問、今後の練習課題と方針、クラブ選択、

クラブセッティングについての質疑応答がメインでした。

ちょっと今回は内容が高度で文章では難解かもしれませんが、


1、テークバック時の正しい自然なフェースローテーションは?

左脇をしっかり締めた状態で、水平素振りでゆっくり振ると、

右肘の位置、曲げ方でフェースのローテーションが

変わることが分かります。

これは、言葉で説明はなかなか難しいですね。

右手でフェースは操作しませんが、

右肘によっても変わることを認識して、

正しいプレーンとローテーションを心がけます。



2、「右腰を球にぶつける感覚」はどうなのか?

 両肘が落下して体に付いてから右足の蹴りが始まります。

この点は良いのですが、

この時、左足を軸にして回転して右腰を球にぶつける感覚

と言うプロがいますが、これはどうなのか?

この点についてのコーチの回答は、

「回転の意識は危険、股関節を柔軟にして伸ばす感覚だけで

回転の意識は持たないほうが良い。」

実際、私もスイングで回転の感覚は嫌いですから、

腰を切るとか、左腰を引くとか、右腰をぶつけるとか、

回転に繋がるイメージは持たないほうが良いですね。

回転する部分があると再現性が落ちます。

実際、右足蹴りによって右腰を回して球にぶつけるよりも、

真っ直ぐ飛球方向に突く様に蹴る方が、パワーは出ますし、

方向性も安定します。


3、呼吸法によるテンポのとり方は、コーチと同じでした。

吐いてトップでまた吐いてダウンです。

ただ、個人によってかなり差があるので一概には合うかどうか、

分からないとの事でした。


4、フォローでのローテーションとフィニッシュでの左肘の正しい向き?

フィニッシュでは左肘が腰を向くのが理想です。

ただ、これも結構高度でどこまで肘を逃がすかは距離、

球筋、柔軟性によります。

兎に角、柔軟性を高める練習を続けるようにします。


5、今後の課題

今後、ヘッドスピードを落としてゆったり振って飛ばす練習をする。

そして、限りなく無駄を省いていく作業をする。

また、柔軟性の向上のために、タメを強くするスイングよりも

むしろシャローに大きなスイングを心がける。

減量と日々のストレッチが必要。




 今日の練習は、全身脱力して、呼吸法で超ゆったりテンポで

ただ自然落下で150Yを2時間打ち続けました。

1球ごとにビデオとにらめっこです。

最近、実は球を打つことよりも、

ビデオのプロのカッコ良いフィニッシュを何とか真似たい!!

なんとしても、ものにしたい!!

がいつの間にか大きな目的になってます(笑い)

注意点は、以下の4点だけです。

1、テークバックから超ゆったりテンポ

2、正しいプレーンとフェースローテーション

3、フィニッシュまで完璧に前傾の維持以外全身脱力のまま

4、ビデオのプロのような柔かいフィニッシュを取る

 今回に限らず、毎回挑戦していることなのですが、

このマシーンのモデルのプロは柔かすぎる!!線も細い!!

なので、フィニッシュが非常にきれいで何とか真似しようと

努力しているのですが、右腕が・・・届かない。

 コーチに聞いてみました。

「このプロみたいにしたいんだけど?どうやっても

右手が届かないですが・・・無理ですかね?」

「ちょっと○○さんは、体が厚すぎてこのフィニッシュは

無理ですかね。このモデルは特に柔かくてきれいですからね。」

だそうです・・・・。

「・・・減量しようか?」

「・・・そうですね。ストレッチも」

 兎に角、最近ひたすらこのプロのフィニッシュを真似する

努力をしているのですが、よーく分かったことは、

脱力しかないです。

全身全てどこが力んでも真似できません。


で、ひたすら脱力で全く飛ばす意思も無く振ります。

しかし、ちゃんと飛ぶんです。普通に打った時と大して変わらず。

ゴルフって実は四の五の言って全然振る必要は無いんじゃないのか?

大きな円弧、正しいプレーン、前傾維持、きれいなフィニッシュ

だけで、クラブが勝手に飛ばしてくれる。

何もしない方がかえって全然良い!!


だんだん、そう思えてきました。

ただ、体もそれを完璧に分かってくれたいいんですが・・・。

当分、真似し続けます。



 その他、今回は普段忙しいコーチも時間があったので

様々なことを沢山話してきました。道具やセッティングのことも。


 そして、ドラコン大会シニア部門参戦について話しました。

45歳以上が出場権利があるのですが、

今ならまだ大物が少ないので、チャンスがあるそうです。

H/S56位ならスイング次第で勝てる可能性が十分あるそうです!!

コーチはノウハウを十分持っています!!

スイングを壊さないように、ストローク用のきれいなスイングで

十分勝負可能と言うことなので、じゃあ、やってみようか!

良いかも!!

と言うことで、既にやる気満々になってしまいました!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR