ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

今日のレッスン 右足を近く

 今日のレッスンのテーマは

1、シャフトを立てて下ろす方法

2、本物のタメの作り方

3、両手首のリリースの方向 左手首リリースし切る。

4、左への体重移動、フィニッシュで加速!!


についてでした。


 各テーマの解決方法と練習方法は

4は、余計な力を抜いて、スウェイしないでがに股で

重心が低ければ、クラブに引っ張られて付いていけるはず。


ショートアイアンで飛ばさないでゆったり振る練習が良い。


3は、右手に持ったボールをアドレスしたボールに

ぶつける方向、Ⅴ字に下方向にリリースする。


実際に球を投げて練習。


2は、グリップをゆるく、手首をかなり柔らかくして、

ダウンでヘッドをなるべくトップに残す。

HWDから下半身リードでグリップを引っ張れば

グリップ圧が変わらなくてもシャフトはしなる。


これはかなりドラコンの技が要ります。

ダウン時にグリップを開いて鋭角を作ってタメます!!

グリップを緩め過ぎるとシャフトが撓らないと思っていたのですが、

下半身リードでグリップを引くのでグリップが開いたままでも

撓る!!

トップでしっかりシャフトをⅤ字で支えられれば問題ないですね。

ショートアイアンでひたすら反復練習ですね。


1は、右足の位置が問題です。

右足が球から遠いとインサイドから下り易くシャフトが寝易くなる。


かといって腕だけでアウトに調節は困難。

右足を前に出せば(クローズドスタンスの逆)

要するにクローズドスタンスだとインサイドから

下ろし易いが、シャフトが寝やすくなる。

右足と球の距離を近目に調節するとヘッドがストレート軌道に

なり易くなる。


 下写真の首のラインがホーガンプレーン、黄色がインパクトプレーン

左白がシャフトプレーン。

前傾が深く、右足が球に近い!!

これですよ!!メチャメチャカッコイイですね!!

これなら、インからアンダーでシャフトが寝て

下りる事はないですね!!これだ!!!

落とす1小

黄色線のインパクトプレーンで上がって、シャフトプレーン

まで落ちている。

右膝ぎりぎりまで非常に近く、低く下りてきている!!

凄い!!グリップが右膝直前を通っている!!

この写真を常にイメージしたいですね!!

落す2小


 右足を近くすると効果覿面ですね!!

右足を球に近くして重心、グリップを落とすと

ショートアイアンでも非常に球筋が安定し

球威が増します。

これは驚きです!!


飛ばす時はクローズドスタンスと言うレッスンが良く有りますが

かなりやばいレッスンですね。気をつけましょう!


 今回のドラコンで痛感したのは

フォローのスピードの違いですね。

皆さん確実に大きなフォローで加速して飛ばしています。

私も、もっと遥かにフォローサイド重視で振らないとダメです。

大きなフォローで加速できる為には脱力、柔軟性、稼動域の拡大

でしょう。


 先日TVで広島カープの前田健太投手がある日突然

試合中の1球で開眼した事について話していました。

脱力して投げたストレートが本人が「なんだこの球は!!」

と驚くような球だったのです。

それ以来、ストレートが全く変わり今年は球界を代表する

投手になりました。

脱力する方法を開眼したんです。

当然腕の脱力だけでは全然無理ですが、

ゴルフスイングも同様でしょうね。

トップ選手とは何かが全く違います。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

インパクトゾーンを長くするには  イントゥーインの程度

 インパクトゾーンを長くする為にボールとヘッドの

縦の軌道を一致させて出来るだけ長くボールを押し込む事は

以前説明しましたが、今回は横の軌道です。

入射角

 横の軌道は、大方のアマは手先でテークバックするため

インサイドに引いてしまいます。

ここで左脇が開き、グリップが浮くと完全にアウト。

多くのアマはこの状態である事の自覚症状がないです。

あらゆる悪影響を引き起こします。

 インサイドX

 かなりアウト過ぎる位飛球後方真っ直ぐで丁度良いです。

左脇を閉めるというか、左腕上腕を常に体に擦って振るため

結果的に左脇が締まる。

両肘間隔を狭く維持します。

この形が超、超大事。殆どの方はこれが出来ていない!!

アウトO

 フォローも同じです。

イントゥーイン軌道の意識の違いの程度が大きすぎる。

腕が力むとこうなります。

 この写真は頭を残す意識ビハインドザボール、

黄金ラインの維持、右踵維持、ヘッドと引き合う意識が

全く有りません。

右膝構えに出て、左肘が引け、リリース仕切っていません。

骨盤の前傾が起きて、前傾が維持できず、

股関節から外れています。

インサイドX2

 頭と右足踵、黄金ラインを残して、ヘッドと引っ張り合う

瞬間を確実に感じる事。

腕脱力で腕とクラブを放って、完全リリースする事で

腕が飛球方向に伸びてインパクトゾーンが長くなり

球を押せる。

両肘間隔を維持して左右の腕の三角を1つのユニットとして

両腕のバランスを良く両腕一緒に振るというか放る感覚。

アウトO2

 頭を右前に下げて、前傾を維持して

左股関節にしっかり圧力をかけ続けることが

球に体重を乗せる為に重要です。

 このフォローの形が非常に良いお手本ですね!!
 
 イントゥーインの程度をもう一度考え直しましょう。

スイングは想像以上に直線ですよ!!

 インから下ろす意識が強すぎ、イン過ぎてプレーンの下を通る

アンダーになり、シャフトが立たずに寝て下りて、

グリップ先行で振り遅れて、下からあおってアッパーになり過ぎ、

フェースが開いていプッシュアウトスライスか、

手先でコネてチーピンで悩んでいるケースが多いです。

 インサイドに上げ過ぎの自覚症状がないので怖いですよ。


 後方から見ると歴然としていますね。

アマのスイングは腕脱力でインパクトゾーンを長く、

飛球と同軌道で、ヘッドを飛球線上にリリースし切る事が出来ない。

右腕とグリップ、腕力の脱力が出来ないために

ヘッドをインサイドに引き込んでしまう。

スライスを引っ掛けによって治そうとする習慣もある。

引き込み小

 下は藤田寛之プロのフォロー。

後方から見るとアマと全く軌道が違う。

どう見てもインパクトゾーンが長くなる事が分かる。

藤田小jpg

こうするためには、

1、前傾を維持する事、左股関節加重

2、重心を低く、グリップ低く

3、左肩を後方に引かない、上げない事

4、意識的に左腰を切らない

5、スイングは回転運動ではなく直線運動

6、上半身、腕全身脱力で腕を放る

7、完全にリリース仕切る

8、左肘引かないで、しっかりアームローテーションする

等が上げられます。

 
 このスイング理論の理解と、イメージ変化で

スイングは大きく変わり、飛距離は大幅に伸びますよ!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

球に体重を乗せる

 球に体重を乗せる方法は、

左への体重移動だと思われる方が多いと思います。

確かに結果的にはそれも必要なのですが、

最も意識して注意すべき点は、重心をひたすら下げる事です。

重心を下げて体の浮き上がりを防ぎます。

重心が少しでも浮くと球に体重を乗せることは出来ません。

 重心を浮かせないためには、

1、骨盤を前傾させて骨盤で大腿骨頭に圧力をかけ続ける。

両股関節に上から圧力をかけることで重心を下げ、

下半身を安定させます。同時に状態の力が抜けます。

その意識により前傾がより維持される体勢ができ上がります。

骨盤を前傾させるためには腰椎を前傾する必要があるからです。

特にインパクトゾーンで左股関節へ骨盤で圧力をかける事が重要です。

グリップ、体が浮き上がると絶対に重い球が打てません。

よく言われる重いインパクトは不可能です。


2、左腕を体を擦って振り、グリップを低く通す

グリップが浮くと必ず体が浮き上り重心も浮きます。

そうなると球へのエネルギー伝達効率が著しく落ちます。

また、腕を回転軸の近くに維持する事により、

腕の重さの分の慣性モーメントが下りH/Sが上がります。


3、インパクトゾーンで頭を右足前の下げる。

体が浮かず、前傾とビハインドザボールが維持できます。

骨盤で股関節に圧力をかけ続けると腰椎は必ず前傾します。

その状態で、頭を下げると前傾は自然に維持できます。

しかし、上体の力みが抜けないと無理です。


4、右足を蹴っても右踵が上がらない

股関節に加重して重心を低く維持することで、

結果的に右踵を上げない様にする。

受信が低ければ右足を粘り強く蹴っても踵はめくれない。

重心が上がって行ったら右踵を上がらないようにする事は

不可能。


5、球に近付かない。

体重移動は左へ真横。

アマは球に体重を乗せようとして、

球に向かって斜めに体重移動している。


だから右腰が前に出て、前傾が崩れる。


6、左肩を上げない、引かない

左腰がスムーズに回っていかないと左腰の行き場がなくなり

上へ伸び上がります。

また、左腕のローテーションが上手く行かないと

左肘が詰まって後ろに引けて左肩を上げます。

左肩が上がるとグリップも体も重心も上がってしまいます。

せっかくのスイングが台無しになります。


7、パターでもアドレスでは必ず重心をズドーンと落とすイメージ

パットは球が跳ねないで転がりゴトンと重くカップインする。

四股を踏んで、数回ジャンプして重心を落とす習慣を付ける。



 ドラコン選手はやはりヘビー級が多いです。

土台と軸が簡単に安定しますから軽量級は不利です。

重く安定した土台が慣性モーメントを大きくし、

ゆったり動いてもエネルギーが増大するのです。

下半身が軽く、激しく動いても効率的に安定的して

球にエネルギーを伝達する事は困難です。



 しかし、ツアープロには野球選手の様な巨漢はいませんね。

全くもって不思議ですねー。

ゲーム性というより、

古い体質の業界のジュニア養成の努力不足に尽きますね。

裾野が狭すぎるんです。

今の業界を引っ張っている若手選手は全て親個人の努力の

賜物であり、業界が育てたものでは全く有りません。

特に都会では業界のジュニア育成への意欲は微塵も見られませんね。

それでただ不景気を嘆いていても、何の進歩もある筈が有りません。

この少子化で、このままでは業界の衰退は確実に目に見えているのに、

目先の人気取りだけで、将来性の点では全くの無策ですね。

このクソ古い利己的な体質の業界を何とかしたいものですね。

対人口では広い国土のアメリカに次いで山ほどゴルフ場があるのに

全く有効利用できていないですね。

もったいない。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ご声援本当に有難うございました!!藍ちゃんとさくらちゃんイメージ

 今やっと全コメントへの返事が終りました!!

沢山のご声援有難うございました。

本当にここまで来れたのも皆様の御訪問のおかげです!!

これから更に精進していきたいと思います!!

宜しくお願い致します。


 ブログ記事と、コメントへの回答のどっちが、

メインか分からない感じですね(笑)


 今日は休養で100回位素振りだけでした。

なんで体が全然痛くないのか不思議です。

2年前には2回も腰の手術をしているのに。

フォーム改造のおかげでしょうね。

明日はまたテストで500発位打ちに行きますよ!!

大会でちょっと良いイメージが掴めました!!

明日からはイヤゴルフとタイマー持参です。

毎ショット本番の緊張感をイメージ、脈を上げておいて

アドレナリンを出して、20秒のルーティーンを作ります。

そして、1球入魂!!

気合と集中力を高める特訓です!!

空手はやってたんですが、ルーティーンの中で

一撃必殺の気合を入れる方法ないかな?

腕力は抜きますが、グリップからヘッドにかけて

集中して強くエネルギーを送ります。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

グリップ抜き大成功!!もう楽勝です。

 雨用に選んだニューディケード・サンド・コード

を試しに703に入れましたが、いつまでも慎重に向きをいじりすぎ、

また細いので短めに入れたら乾いてみたら、

グリップエンドが余って緩んでるじゃん。

ふーん、失敗か。でも別に全然平気。

なぜなら、グリップ抜きの登場だからです!!

道具は注射器、注射針、ベンジン、ナイロンの紐、ティー

自作のグリップ内部清掃器!!

 ベンジンは7㏄くらいで全然平気です。

注射器小

バイスで固定した方が両手が開くので全然楽です。

このバイス、安い割りに非常に合理的で使い易い!!

バイス小

液が漏れないように、ナイロンのひもで適当に縛ります。

縛る小

これは必要ないようですが一応ティーでふさいでおきます。

エンドsyou

で、何度も練習したので、イメージどおり

針は一発で入ります!!グサッ!

昆虫標本作りでセミやカブトムシに刺すのと

また違った満足感!!

やはりロック先は強力で頼もしい!!

スチール部分を持って抜き差しできるので

グラス部分に負担が有りません。

だから針も曲がりません。

しっかり針が固定されるので液体もあっさり入ります。

グリップが膨らんでいるのが分かりますか?

注射器小

7㏄入れると適当に揉めばあっさり抜けます。

なーんだ、超簡単じゃん。

非常に・・・うれしい!!

抜けたsyou
 

 実は、きれいに抜けてもグリップ内部に両面テープの

ねばねばのカスがかなり残ります。

それを取らないとグリップがしっかり付かないらしい。

それで、自作グリップ内部清掃器を作成!!

断面図です。(見たことあるって?)

液漏れ防止のティーを指していても大丈夫!!

グリップ内清掃機 自作 小

先の太さも穴にピッタリでしょ。

清掃機2小

最期に薄い布を少し巻きつけて溶剤を浸して内部を拭き拭き。

結構本格的でしょ。

清掃機布巻きSYOU

 実はこのグリップ抜くのはもう既に3回目です。

一回も打ってないのに・・・(汗)

毎日抜いたり、刺したりしてます。

どんどん上手くなるので結構、楽しいです。

コードなので耐久性は全く大丈夫。へタレもないです。

最近の流行の奴は何回もやるとヤバイみたいですね。

NO1とかイオミックは全く興味ないので関係ないですが。

穴も3回しか開けてないし、前の穴からも全く漏れなかった。


 しかし、やっぱりバックラインは結構むずい!!

何がむずいって、真っ直ぐ入れることより、

グリップしてバックラインが手にしっくり来る事がむずい!!

7,5,3ウッドも全部微妙にフェースアングルが違う。

そうするとバックラインの向きも各クラブ自分のイメージに

合わせないと気持ち悪い。

もしくはシャフトを全部抜いて合わせて刺し直すしかない。

そうするとリセールバリューがた落ち。ダメ。


 また、グリップ直ぐ抜いて直せるからたちが悪い!

さらに太さも自在に変えられる様になったので

直ぐに変えたくなる!!

隙間を空けた螺旋の1巻き、キッチリ巻いた1巻き、

左だけ1.5巻き。全部1.5巻き。

で、バランスは?重量は?

キリがないぞ。

実はこれを密かに恐れていました。


 上手くなったら即乾性の安いブレーキクリーナー

を使えば即効で乾くし安くて良いです。

暫くグリップフェチになりそう。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

今日も練習、レッスン、反省会でした!!

 今日もコーチと数時間も昨日のドラコン大会の話で大盛り上がりです!!

まず、雨対策で

1、フェース面を磨く紙やすりの番手の選択ミス

2、雨に強いグリップに変更
 私はニューディケード・サンド・コード

が好みですね。ただ、ツアーベルベットやシャープロより肉厚が

薄いので太さは何度か調整する必要が有ります。

テープ一枚で捕まりが全然変わりますから。

 そう言えば、グリップ抜き大成功ですよ!!楽勝です!!

バックライン入りも慣れましたよ!!


3、ルール内での強力滑り止めスプレー


皆さんいろんなスプレーをしてましたね。

松やにやら、野球用やらいろいろ有りますね。

いろいろ試してみます。


4、右手雨用グローブを探す。


皆さん様々でしたね。2枚重ねで途中で一枚外す人もいましたよ!

皆さん爆笑でした。皆さん考えてますよー(笑)

ただルール適合グローブに限ります。

右手用をいろいろ試してみますね。



 そして、私の失敗の最大の原因は、

1、時間配分の失敗。

実は時計が目の前にあったのに気が付かなかった。

大雨の為に大げさに袋が被されていたからです。

今後、2分半(今回3分でしたが)の制限時間を最大限に使って、

6球打つルーティーンを作らないと


見やすいタイマーが有るので持参で練習です。

時間に慣れないと。


2、一発ホームラン狙いなので、ストロークと違って

全身の集中力を極限まで高めないといけない!!


決勝戦を見ていて感じましたね。

一発ごとの集中力が全く違う!!

これは、練習で毎ショットやらないと身に付きませんね。

気合を入れ、集中力を極限に高める方法を考え、

反復練習する。


以前友人のイギリス人プロが言ってました。

グリップは強くしないが、気合は入れると。


3、技術的な問題としては、

、全然テンポが早くなった

雨で握り締めている左グリップを濡らしたくない。

早く打たなきゃ、と焦って結局一分以上余ってる。

普段のルーティーンがまるで出来ていなかった。


、従ってテークバックを手で上げて肩の回転が浅くなる。

だから間が減りダウンが早い。タメが少なくなる。

最悪の連鎖的な悪循環になりました・・・。

この2点に尽きますね!!

ビデオで見ると全く自分のスイングになっていない!!



 は、今日から、毎ショットでイヤゴルフ復活です!!

2週間くらい前の新聞記事ですが、

古閑美保プロもイヤゴルフをプロ入り前から

愛用しているそうです。

そして、暫く壊れて使わなかったら

プロでも乱れてしまうんですね!!

古閑美保 イヤゴルフ2

テンポ51は相当ゆっくりですよ。

 私も今日は65で練習しました。

ドラコンでは自分の打順寸前まで練習器具の使用はOKですから、

当日も打順寸前まで付けっ放しでいようと思います。

しかし、外し忘れると失格なのでコーチと娘に頼んでおこう(笑)


 、は時間に追われ、緊張するとテンポが狂い、

手で上げたり、肩の入りが浅くなる。


多くの他の選手もそうでした。

対策は、

アドレスから7:3位で右股関節にしっかり乗っておく。

頭も先にしっかり右に乗せておき、

左肩だけ右股関節上まで押せば終わりの状態にしておく。


その際、腰、頭の右への動きは一切なし。

動かないと言うより、先にアドレスで動かしておけば良いのです。

練習場では普段ちゃんと出来ていても、本番で出来なかった!!

本番では、やはり球にかなり意識が行ってしまう為、

頭、体、腕を球から遠ざけると言う事は想像以上に難しいです。

この点ではストロークプレーより遥かに気合が要りますね。


 
 ドラコンの枠は「左右」と「最低距離」が有るのです。

キャリーでの落下地点と止まった地点の両方がその枠に

入らないといけません。

一般的に最低距離が250か270ヤードでそれ以下は記録なし。

左右が40ヤードと言われますが、ドッグレッグしていたり、

会場のフェアーウェイが狭ければ、たまたま落下地点が狭い所

に落ちたらアウトです。

それに、ドローだと距離が出るほど左が怖いですね。

左右への曲がりだけが記録なしだと思われている様ですが、

実は悪条件下では最低距離に届いていないケースも多いのです。


 次回は来月の水戸大会があるのですが、

都合があったためエントリーに遅れて

キャンセル待ちの状態です。

次回はオープンとシニアの両方に出る予定です!!

絶対2回打った方が良い!!

でも、仮に参加できなくてもかえってじっくり

全員のスイング、道具、準備を研究できて良いかもしれませんね。


 明日もコーチのレッスンです。

本番で右ももに突き刺す時の前後のヘッド軌道に問題ありでした。

自覚していましたが修正方法が分かりませんでした。

 また、横峯さくらプロのグリップの使い方について、

タメの作り方、

そして、ヘッドスピードの上げ方のレッスンです。

 6月の大会もあっと言う間です。

早く上記の課題を克服しないと。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

LDJ静岡大会楽しんできましたよ!!

 ドラコン大会行って来ましたよ

皆さんご声援大変有難うございました

 目標は、まず確実に記録を残す事と、

何とか半分より上位に入る事でしたが、

結果は・・・・一応初挑戦の目標達成です、ヤッター

一応と言うのは、記録は目標を大幅に下回り、

ちょっとお恥ずかしい数値ですが

大雨の最悪のコンディションの為、

皆さん棄権と記録なしが続出!!

おかげさまで、他力本願的に結構上位に押し上げられました(笑)


これはオープン部門の決勝の記録です。
2010朝霧LDJ小

下写真の右側の方が325ヤードで初出場で、

初優勝の偉業を達成された永原総太郎さんです。

決勝は緊張で足が震えていたそうです。

しかし、6発目でしっかり調整して決める当たり実は冷静です。

この最悪の条件下でこの記録ですよ!!怪物です!!

 左は言わずと知れた日本記録保持者の

ロッテ葛西のブリヂストンアカデミー在籍の

岡部健一郎プロです。先日ロッテでご挨拶してきました。

プロレスラー並みの体格です。

320ヤードで惜敗でしたがさすがの準優勝です。

二人とも半端じゃなくドデカイですよ!!

そして二人とも素晴らしいスイングでまさにゴルファーですね。

優勝 準優勝2小


しかし、条件は皆同じなので、

全国の猛者の皆さんも実力より全く記録が出ず

苦い思いをしたのは同様だと思います。

 しかし、大雨でのマン振りは想像より遥かに厳しいです!!

時間制限と、グローブが濡れる恐れに追われて、

気分的にかなり焦りました。


 でも一日中大雨でしたが、メチャメチャ楽しかったです!!


初挑戦で、大勢のトップドラコン選手のギャラリーの中で打ちましたが、

予想外に緊張は全く皆無でした

朝のレンジから有名選手がぞろぞろ居て本当にワクワクしました!!

ショットも良ーく観察して来ましたよ!!

むしろ、逆に大勢の有名選手の大ギャラリーの前で打てることに

凄くわくわく、感動しました!!

この快感は、完全にハマリマシタ

左がレディース、右がシニア優勝者。
シニア レディース小


 多くのトップドラコン選手とご挨拶もできて、

感動しました!!

皆さん兎に角デカイ!!

横幅と体重はいい勝負ですが、皆さん身長もデカイ!!


 ちょっと、言い訳させて頂きますと

実はレンジは屋根が有ったのです!!

これが逆に災いしました。

レンジでの調子は絶好調でした。

初速も80を超え、捕まりも、方向もかなり良かった。

コーチにも良い!と褒められました。

そして、右足が少し遠いのを治せば良いと

チェックもして頂きました。

今日は調子が良いぞ!!と思っていました。

雨の中で何球か本番を想定して打つべきだった!!

そうすれば対処できたと思います。

練習も球数制限が有って50球位で終わりです。


 しかし、終ってみて雨対策が全く出来ていなかった

雨に対して全く配慮がなさ過ぎました。

球がフェースを滑った!!

微妙に捕まりも悪くなっていました。

レンジの調子のまま打ってました。

大雨で5度ではドロップしていたかもしれない・・・。


 そして、左グリップは全く問題なかったのです。

離さないから、濡れない。全く滑らなかった。

これは想定通りでした。

しかし、大問題は右クリップが想定外に滑った!!

大雨の中、ドライバーのマン振りなんてしないので。

順番前に芝でマン振りしても重心はしっかり

落とせていたので足元は全く滑らなかった。

むしろ、そっちに気を取られていました。

だから、ポジティブシンキングは出来ていたのですが・・・

右手は考えていなかった。


 終ってからよーく皆さんを見ると、

かなり多くの方が右手もグローブをしてる!!

これに全然気が付かなかった・・・・ドバカ。

車にあった軍手をすればよかった(笑)

軍手は本当に滑らないらしいです。ルールは?

雨はわかっていたので対策をしっかり準備するべきだった・・・。


 一発目で右手がズルッと滑ってド焦りました!!

ゲッ、シマッタ!!右手???

 それで、フェース、ボール、右グリップを拭き拭き

するのに一気に気が取られて肝心のショットに集中できなかった。

あちこち拭き拭きで、制限時間に不必要に勝手に焦って

最も大事なルーティーンもバラバラ。

なので、テンポも乱れた。

まあ、これも当然実力のうちなのですが。

コーチのお言葉では「右手のグリップの仕方が悪いからです。

右手なんか滑らないですよ。」

確かに・・・・・そうかも。


 それと大会寸前数日で打ち過ぎ。

ここ数日で数千発ドラコン用ドライバーでマン振りです。

結局、前日の夜もPM11過ぎまで打ちまくって、

睡眠時間4時間弱。

気合なのか全く疲労感、筋肉痛を感じないのが凄く不思議です。

今も、どこも殆ど痛く有りません。手もマメなし。

足の爪は3本黒くなってますが。


 今日の大雨での失敗は非常に良い教訓です

雨対策、時間配分、ドラコンの特殊な状況でのルーティーン確立、

1球入魂の集中力、集中方法が課題です。


 一人、レンジの時からから無名の凄まじい人を発見しました!!

やはり本番でも私の理想とする惚れ惚れする球を打ってました。

試合後、惚れ込んで結構話しちゃいました

クラブも見せてもらってスペックも教えてもらいました。

当然公表できませんが。

お友達になるべく連絡先も聞いちゃいました

ナイスガイです。


 ドラコン大会皆さん豪快で超楽しいですよ!!



 ドラコン界に誘っていただきゼロからご指導頂いた

コーチに大感謝です!!

私の本番でのショットをずっと見て分析して頂き、

本番での欠点の発見と、新しいクラブセッティングも

既に考えて下さいました。

 また、会場に連れて行った娘の子守をずっとして頂いた、

コーチのきれいな奥様にも大感謝です!!

本当に有難うございました。

そう言えば、明日もレッスンです。

なんか毎日近く会ってます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ひたすら重心を低く、絶対に浮かせない

 New Weapon 打ってきました。

打感、方向性とも以前より良いです。

初速も以前より出ると思います。


 練習のテーマ。

1、重心をフォローまでひたすら低く。

これで殆どの事が解決できるはず。

右踵を上げない様にする事=重心を絶対に上げない事

と言えると思う。

ポーラ・クリーマーも、左股関節に入れるこつも同じ。

殆どの失敗は重心が浮く事が原因。

重心を低く押さえられると右足内エッジで思い切り蹴れる!!


2、左腕リードがしっかりしていれば、右腕を振れる!!

逆に言ったら、右腕をしっかり振らないとフィニッシュまで

行けないし、勝てるほどスピードが出ない。

その為にも左腕リードは必須。

しかし、左腕リードは体近く、落下を待ち、肘止め、左右逆転等

言葉での説明は非常に困難です。少しずつ行きましょう。


3、もっとタメる。

グリップ、手首、腕を柔軟に上手く使い、落下を待つ・・・


難しいですねー!!


4、大きなフォロー、スイングでフィニッシュまで加速させて振り切る。

ここがコーチと大きく違う。

結局、始動でもっと待てないからフィニッシュまで続かない。

体幹筋肉の使い方、股関節、肩関節、肩甲骨の柔軟性、稼動域の広さ

タメ、リリース等の違いなのですが、ドラコン選手の凄さは

通常のストローク選手より比較できないほど軸が強いのです。 

 軸を強くするには、土台の下半身強化の為の走り込みでしょうね。

野球と同じです。

 それと重心を想像よりかなり低く保つ事だと思います。

グリップを落と仕切る、その後浮かさない、右踵の浮き、

股関節への加重、前傾維持、ヘッドアップ、ルックアップ、

低いインパクトゾーン等、全てかなり低い重心を維持できないと

出来ません。

体が浮くと言う事は、膝の使い方、蹴り、力みの抜き方、

体の柔軟な使い方、腹筋と、やはりタメの維持、軌道がキーですね。

タメ、手首の維持ができないとダフるので伸び上がります。

体重も有利なのでしょうね。


 明日も練習かな・・・。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

緊急New Weapon です!! 大会あさってですが・・・。

 皆さん、ご心配おかけ致しました!!

沢山の激励のお言葉大変有難うございます!!

New Weaponです!!

コーチが今日の朝に作ってくれました!

シャフトもきれいに入ってます。

コーチはクラフトマンでも十分食っていけますね。

クラブいじりも半端じゃないオタクです。


 でも、全然こっちの方がカッコ良いな!!

新品同様でソールも傷無し!!

直前で怪我の巧妙だな!!

良い球打てそうな雰囲気です。

クラブはその良い第一印象が大事ですね!

多分この方が初速出ますよ。

だってあれ割れてたもん。

LD小

LD2小

 うろこみたいのはカーボン。

肉眼ではこんなに目立ちません。

 今、21時過ぎですがこれから打ってきます。

接着後12時間なので軽く打てば大丈夫でしょう。

また、思わずぶっ叩いたらこんどはヘッドが抜けたりして。

気をつけないと。

でも、打ってみないと海のものとも、山のものとも

わからないんで。

E0、318gです。

軽いじゃんと思うでしょ?

でも48インチなんですよ。

E0ですよ。

で、元調子。

で、硬いんですよ。

でもって、5度。

どうでしょうかね?



 で、これはNew703です!?

7X小

なぜか7Xが私のバックに!!

でも、ドラコンドライバーの後は

かなり軽すぎる・・・けど、楽です。

328g、D2。

丁度手頃なシャフトです。

ドラコンとストロークはちゃんと切り替えないとね。

 音も良いです!!

ヤマハほどじゃないけど、遠藤らしい音。

8Xは「ギャシッ」って耳障りでしたが、

これは「ビシッ」+ちょっと金属系ですが良い音です。


 じゃあ、New Weapon今から打ってきますね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

大会3日前に、ドラコンエースドライバーが・・・・

 今日も屋内で3時間アイアン中心、レンジでコーチと4時間

あわせて7時間練習。昨日は400発、今日も400発位ですかね。

疑問点を沢山教わり、解消できました。

先生有難うございます!!

これだけ打っても体は予想外に全然平気。

まあ、馬鹿みたいにやってる慣れですかね。

体をあまり回さないからでしょうね?

回さないから頭を残しても、体との捻転差が少ないので

首が痛くない!!これは非常に大きいですよ。

思いっきり残せますから。捕まりが全く違います。

ポーラ・クリーマーの意識でかなり残してるつもりですが

痛くないんですよ。普通次の日首だけは鈍痛なんですがね。


 ところが、大会3日前にして予期せぬ大事件発生!!

なんとエースドライバーが、

コッパミジン!!


ヘッド破壊2

「なんか今日は音が変だし飛ばねーなー」と思って・・・・

このヤローって、思い切り打ったら・・・
(ちゃんと球ですよ。地面なんか一回も打ちません。)

「バキーッ!!・・・・・カラン、コロン」

とドデカイ音で、一瞬目の前真っ白。

で、何か黒い物体が・・・・

球と一緒に一緒に飛んでいき・・・

転がってます。


「えっ!何事???」


「あの黒いの・・・何???」


形状からして「まさか!!!!」


と思ったらヘッドのカーボンの帽子が・・・・・・。


無残に転がってる。


「え? どうしたの??」


げっ!!ヘッド割れてるし・・・・・・。


・・・・・・・・・・。


しあさって試合じゃん・・・・。


どうしよう?


703でいく? それじゃあ飛び入りたいじゃん。


コーチの借りようか、山ほどあるし。


でも、みんな4Xやら、5Xのただの棒だし。


あれなら703の方がずっとましかも。


まー・・・・・、


ドラコンのヘッドは消耗品らしいんで・・・。


しょーがない・・・・・・か。


 で、急遽コーチに相談して快くお古のヘッドを

頂く事になりました。

組み合えまでやってくれます。

もうクラフトマンですね。

お古でもドラコン界のブロンド品です。

形は大好きです。

今度はロフト5度です。

割れたのは6度。

きっとクラックでロスしていたので、もう20Y位と飛ぶでしょうね。
(無理だよ)

もちろん完璧スクエアに入れます。

被ると余計捕まらないので。

ついでに今日ジープで雨対策でグリップ変えようかな。

でも5度でもちゃんと捕まえられるから大丈夫!(エヘン)

要領覚えました。

でも内心、むしろ5度の方が良いです。

思いっきりぶっ叩いてもバックスピンが減るから。

6度でも結構上がってましたから。

シャフトが長いですからね。想像以上に全然違います。


 試合では掛け声かけて打ちます。

H/S絶対上がるはずだし。柔道や砲丸投げと一緒ですよ。

片山選手もラフで威嚇の意味もあって叫びますね。

あれ良いですよ。

レンジでやってみようかな・・・。

ニッケなんかでやったら気が狂ったと思われるな?、確実に・・・。

本番でなんて叫ぼうかな?

考えとかないと。ネットで調べようか。

ティーも買わないと。


 コーチの新作ドラななんと3度。

行きすぎじゃないのかな?

完全に麻痺してますね。

私のキャメロンは約5度弱。

逆転現象・・・・。

コーチのはH/S約60でもさすがに打点ではドロンとドロップします。

しかし、真食って当たると異様にスゲー球です。

100Y近く転がるかも。下りで硬ければありえますよ。


 今頃、コーチは汗かきながらクラブ組んでいると思います。

私はカロリ飲みながらのんびり書いてます。

「すみませんです、お手数お掛け致しまして。」

大変生徒思いの優しい先生ですよ。

やりたい人は、生徒募集できるかな?スゲー忙しいけど。

でも若いうちは苦労した方が良いでしょ。(勝手な意見)

みんなでやったら楽しいでしょうね。

そのうち募集しましょうかね?

昨日は3人でした。

至れり尽くせりで、いつも本当に有難うございます!!

娘の契約金と賞金でお礼しますね!

あと10年いや8年頑張って指導して頂ければきっと大丈夫!!



 今日の成果は、

1、ワンパターンですがテークバックはゆったり慎重に。ほんとに大事です。

良くプロは早くてアマは遅いと言いますが、

信用したら一生100叩きです。


2、切り返しはゆったり打つ準備が出来るのを待つ。

そして、一瞬でもいいから縦に自然落下。


ゆったり切り返さないと確実に確率ガタ落ちがよーく分かりました。

コーチのスイングを徹底的に分析、脳裏に焼き付けました。

後はひたすら真似するだけです。


3、がに股解除のタイミング!!
(実はこれが分からんかったので助かった。
ツイストで上体と下半身が上手くリンクしなかった)

左への乗り方も!!



4、へそ打法。右サイドがつぶれなければ効果テキメン!!

ゆったり切り返し、がに股なら、右サイドは絶対につぶれない。


そしたら、ふかす球は有り得ない!!

絶対に黄金ラインをつぶさない!!

その秘訣は、絶対にゆったり切り返す事!!!

信じれば、簡単なんです!!
(でも、まだまだ全然山ほどミスります)


5、左股関節へのはめ方伝授して頂きました!!

ポーラ・クリーマーです。



6、コーチの知り合いの超有名全国区ドラコン選手とご挨拶して握手。

大会には全国区の超有名選手がかなり来ます。楽しみです!!

私なんか超スマートな方ですよ。


 コーチ様様です、有難うございます!!

緊急事態で明日、NEWドライバーを頂くので、

また明日300発くらい打たないと・・・・。

ならさんと無理でしょ?


いくらなんでもね・・・・・。


しかし、体もつかな?


もっても、当日へろへろでぎっくり腰になったりして。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

レンジでドラコン用48インチを5時間打ち込み

 今日はレンジで打ち込みでした。

PM4:30からPM9:30まで5時間ひたすらドライバーです。

50、55、60mmのティーでテスト。

55か、60が良いかな。それ以上は違和感多すぎ。

打ち出しも低すぎないので後は状況次第ですね。


 今日は、大会当日大恥をかかないように

48インチの方向性のテストです。

テーマは、


1、ボールポジションを左かかとより10cm以上中にいれる。

しっかりハンドファーストでインパクトしたい。

インパクトゾーンを長くして押し切れる。

ヘッドを右足前で早めに落とし易い。

早く落として右足前で打つ感覚だとフェースがスクエアになる。


2、ロフト6度以下で距離勝負なのでしっかり捕まえてドローで打つ。

左右の肩から肩まで両肘間隔閉めて左右対称の感覚。

テークバックは左腕一本、決して右手は使わない。

ダウンで最下点以降は右腕をしっかり振る。
(必ず右手が左手を追い越すから)

正面を見ると左手で右肩上、右手で左肩上を触るような

掌の向きで常に一定の基準を作る。

下ろしきったら、右手は左手の外側の軌道を通る。

右腕をしっかり振っていき右肩を出して行く。

そのかわり、右かかとベタ足、がに股はひたすら耐える!!

ツイストを練習し体の開きを自在に調節する様にする。


3、両腕は右足前に下ろしてから、両腕上腕をしっかり

体を擦りながら振る。



4、頭を右足前に下向きに下げる。

ポーラ・クリーマーをイメージ。

男はどんなに意識してもあそこまでは出来ません。

この意識だけで、前傾維持、ビハインドザボールができ、

ルックアップ防げる。

ルックアップは確実に初速が落ちる。


5、両手首を縦にしっかりリリースする。しないと低く長く押せない。

低く長くは飛球方向ではなく体の回転に沿ってインサイドに出て行く。

良くある誤解は、飛球方向に真っ直ぐ押すとフェースは開いていきます。

これは要注意ですよ。


6、毎ショット必ずゆったりテークバック、トップを丁寧に決める。

コーチのスイング、テンポを毎回しっかりイメージして真似る。


テークバックを丁寧に、トップをしっかり確認すれば

確率は格段に上がります。トップがはまらなかったら中止出来る位です。


 新ためて気が付いた事、優先順位が高い重要な事は

1、テークバックを左足爪先で押していくと左サイド伸ばし易く、

右手を使わないで右肘真下向きを維持して上げ易い。



2、インパクトでの左足の踏ん張り、右ベタ足、頭を完全に残す

これが確実に出来ていると、完璧に球が捕まり、

ボール初速が出て、方向性がかなり安定し、ミスが激減する。


3、両手首の縦リリースを完璧にする意識を強く持つと、

低くて長いインパクトで球を強く押せる。

そして、ローテーションで自在に球が捕まる。

球を中に入れ、早く右側でヘッドを下ろすと

体の前でインパクトゾーンが長くなる!!



4、48インチでも両腕上腕をしっかり体を擦って振る。

これなら、長くても軌道もインパクトもかなり安定するので、

思い切って叩ける。


 今日の打ち込みで方向性も捕まりもほぼOKです!!

が、ドラコンの本番はずっとティーグラウンドなので

ストロークプレーよりかなり緊張するそうです。


 打ちすぎてちょっと腰が痛いですが、大丈夫です。

多分明日も数時間打ち込みかな。

48インチで打った後は、

X-Driveが703が軽い、軽い。

しかし、H/Sが上がらんな?なんで?

走りこみ不足だな。


 あ、そういえば思いましたが、

ソフトボール投げとか、普通のボール投げとか(サイドスローも)

ボーリング、テニスのイメージ全部ボツですね。

そのイメージだと右腕を力まず振れても全て体が絶対に開くから。

開いたら方向性も、スピードも確実にがた落ちします。

やっぱりつるはしで空振りですね(笑)

プラスローテーションですが。

右向いて背面にヘッドの重さで脇を閉めて振り下ろす

ところはそっくりです。

基本は確実に背面打ちですね。



 それと、良く思うことはプロ野球は非常に参考になりますね。

 巨人の小笠原選手も頭を凄く残します。

大柄ではないのに飛ぶ訳です。

 同じ巨人の坂本選手の柔らかい軸回転も素晴らしい!!

泳がされても、かなり内角でもコマの様に回ります。

軸がしなやかだからです。ゴルフも軸が力むとダメですね。

 ラミレス選手の右肩の出方も強烈ですね。

ゴルフでも右肩を前に出さないで、

飛球方向に出ていくスピードは非常に重要です。

 横浜の内川選手の右サイドの維持も素晴らしい!!

野球選手の身体能力は驚異ですね!!

皆、見習いたいです。


時間がないので、昨日の問題はまた次回です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

恐らく本邦初公開!!ツイストの方法 球に体重を乗せる秘訣

 今日もレッスンです。 

試合前の悪あがき・・・。

でも、かなり良い感じになってきています。

今日は48インチで70%振りで復習です。

今日のテーマは、

1、グリップ緩めで手首を柔軟にしてリリースを極力遅らせる

2、インから下ろす意識が強すぎるとシャフトが寝るので

しっかりシャフトを立てて下ろす


3、腰が少しでもスウェイするとシャフトが寝る傾向があるので

絶対にスウェイさせない。右足ベタ足でがに股。

4、フォローで左腕を飛球方向に低く思い切り伸ばしきる!!

これで完全にリリースされ、右肩がかなり引っ張られます。

5、頭を右足前に下を見ながら下げる!!


 最大のテーマの問題の3の「右足ベタ足でがに股」ですが、

ビデオで見ると、48インチマン振りだと予想以上に

完璧には出来ませんでした。

かなり無理にやっても、右踵の意識だけでは出来ません。


仕方がないので、阿部選手の様にインパクトで腰を逆回転する

ツイストを試してみました!!

切り返しから徐々に無意識に自然に左へ回転していく腰を、

インパクトで右に逆回転させます。

ツイストのやり方は、

腕だけ飛球方向へ低く思い切り放り投げ、

逆に頭と体全体を右に向けます。これで腰は逆回転します。

そして頭を右足前に下げるのです。


すると、直ぐに出来ました!!

恐らく本邦初公開でしょうね。

予想通り完璧!!

インパクトまで意思通りに完璧に右足ベタ足でがに股です。

同時に、当然ですが左スウェイ激減、

頭が残りルックアップしません。

頭を下げれば、前傾も起きません。


 重要な事は、この時、

右肩も右サイドと一緒に止めてしまうと

腕が低く長くでないで、アッパー軌道になってしまうので、

右肩は止めずに自然に出して行きます。

リコックの意識も完全に消し去ります。

これでインパクト以降右肩に引っ張られて左にドーンと

乗っていけます。

そして、両手首をインパクトゾーンで縦に完全リリースします。

インパクトまで右サイドが完璧に残って腕が伸び切っているので

しっかりフェースローテーションされます。

球は左足かかとより中に入れ、シャフトが垂直にボールに

インパクト出来るポジションに注意します。



 これでシミュレーションでは飛距離が昨日より10Y伸びました。

330Y近く行きます。

しかし、まだ要領を得ないのでヘッドスピードはむしろ下りますが、

ボール初速は安定して高くなりました。

そして、肝心のバックスピンが大幅に減ったのです!!

大幅に減った原因は、

1、いままで単純に球が左過ぎたのでアッパー過ぎた。

2、リコックの意識は完全に捨てた方が良い。アッパーになり易い。
(皆さんごめんなさい!!これは小達プロレベルでないと逆効果)


3、インパクト後は左手首ライ角維持をやめ、

左手首も完全にリリースする。


これもアッパーになる原因だった。
(しかし、ライン出しでは必要ですよ。プロでも藤田選手等
多くのプロは左手首を維持したままです。)

4、インサイドから下ろし過ぎると、少しでもスウェイすると

シャフトが寝る。寝ると下からアッパーになり開き易い。

5、右かかとが上がらなければ、最初から右肩を止めないで、

自然に出して行っても右肩が前に出る恐れがない。


従って、インパクトゾーン腕を低く完璧に伸ばしきれるので、

レベルに振れ、ローテーションも完璧に出来る。



 以上が考えられます。

右肩を自然に出せると常に完全に左に乗り易くなるので、

フィニッシュが楽です。



 問題点は、首と腰の柔軟性がかけている方は

かなり気をつけたほうが良いです。

痛める可能性は確実にあると思います。

私はかなり体が柔軟なので殆ど問題ありませんが、

フルショットを馬鹿みたいに打ちすぎると首が重くなりますね。


 このスイングで、確信として思うことは既存の日本の

レッスン書によるゴルフ理論はとんでもなく大間違いである事。

アメリカ型のスイングレッスンの方が正しいと思います。

アメリカはフットワークをあまり使わず、

下半身は安定した土台であり、

日本と比較したらむしろ上体重視です。

日本のレッスンはかなりフットワーク重視です。

だから、肝心の土台がバタバタしすぎます。


「ボディーターン」が最悪ですね。

これでは、絶対に飛びません。


 ツイストは、単純に言ったら体は右向けて腕だけ左へ放るのです。

まあ、ただそれだけではヘッドスピードは出ないのですが。

しかし、極めてそんな感じです。



 そして、ここまで出来たら次に非常に重要な事は

いかにして球に体重を乗せていくのか?

分かりますか?
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

昨日のレッスン 左手首のリリース 大きなスイング タメ 右手主役に変わる

 今日、久々にヤフオクで妙に安いクラブが有ったので

終了7分前に入札したのですが、あっと言う間に

大幅にぶっ飛んであっさり負けました(泣)

やはり終了7分前くらいが勝負ですね。

でも、あおって高値で掴ませてやったのでざまあ見ろ!
(負け惜しみ)

まあ、相当安くないとヤフオクでは買う気にはなれませんが。


 今日はレッスンでした。

ドラコン大会までもう日が有りません。

しかし、全然打ち込めてません。

金曜日が用事があるので、あと火、水、木、土しかない・・・。

前日は少しなので、実質3日しかない!!ヤバ!!

ティーの高さも決まってません。

55か60か・・・・65はちょっと慣れてないので高過ぎるし。

コーチは80!!で打ってます。

しかし、高いティーは結構難しいです。

まーいーか。


 今日のレッスンのテーマは、


1、大きなスイングを心がけゆったり振る

速く振っても絶対にヘッドスピードもボール初速も出ない。

とは言っても飛ばすことが目的なので加減が本当に微妙です。


2、ダウンでグリップを少し緩めることで、トップからのタメを増やす

テークバックも切り返しもゆったり振らないと緩められません。

これはひたすら練習しか有りません。

ドラコンでもひたすらパワーでぶっ叩いて飛ばせる選手と

ゴルファーの2種類の選手に分けられます。

人間業じゃない有名選手ドラコン選手は例外です。


3、スイングは左右対称。インパクト直前まで左腕が主役で、

右腕は全く使う意識はないが、左腕は畳まれるので

右腕が主役に変わり、右腕を積極的に伸ばしていく。

しかし、右腕の使い方はかなり要注意!!



4、両手首を縦に積極的にリリースする。

これまでは左手首は積極的にリリースしなかったが、

飛ばすには左手首もリリースして伸ばし切る!

そうしないと、右サイドをかなり残してインパクトすると

球の先まで届かない!!


また、暫くリコックの意識を捨て、左腕は脇を開けて放り出す。

ドラコン選手の小達選手等は結構リコックします。

しかし、リコックはタイミング的に早くなりすぎると、

フォローでのスイングアークが小さくなります。

完全にリリースし切れない可能性があり、

腕が完全に伸びきらない可能性があるからです。

そして、速いフォローでの振り抜きをイメージしてしまうため

ゆったり大きくと反対のイメージになりがちです。


5、左サイド腹直筋あたりをもっと押し込む。


6、腕ではなく左サイド体で上げる


7、股関節に加重し続ける



 そして、コーチのスイングとビデオを何度も何度も見てみました。

私との違いは、


1、テークバックが非常にゆったりしている!!

トップの間が私と全く違う。



2、コーチでもテークバックが速いとトップで時間が余る!!

要するに僅かにオーバースイングになってしまう!!

オーバースイングを防ぐにはゆっくり上げて、ヘッドの移動距離を

少なくする必要がある。


だからゆっくりテークバックすることが重要。

分かるかな?


3、速いスイングは決して、H/Sもボール初速も出ない!!

むしろゆったり大きなスイングを心がけた方が明らかに出る!!



4、インパクトでの腕の伸びが違う!!

リリース方法が違うので右腕が球の先まできれいに伸びている。



5、なぜか分からんが、兎に角ヘッドスピードがまるで

話にならん位違う・・・。軸の安定性も。

その理由はコーチも「うーん、昔からやってるからな~。」

まあ、小学校から始めて研修生もプロテストも経験してますからね。


 で、今日の成果は、

1、右に残せるようになったので45インチクラスのドライバーだと

球の先まで届かない。だから、もっと球を中に入れる。

(しかし、これは普通のドライバーで、48インチの振り過ぎ
かもしれませんが。うーん、問題だな)


2、48インチで慣れると45インチだと球に届かないので、

左手首も縦にしっかりリリースする。(遠心力で飛球方向に伸びます)


3、グリップ圧を少し緩める事だけで、何も意識しないで

タメが更に増え、ゆったり振ってもヘッドスピードが上がる。

48インチはスゲー長くて重いので、力が抜き難い)


4、大きなスイングをイメージすると、テークバックもダウンも

ゆったり振れる。するとシャフトの撓り、撓り戻りを上手く使え、

ゆったりスイングでバランが良くなるので、

ボール初速が上がる事が良く分かる。



5、右足がに股は割と簡単にできるようになったので、

右サイドが頑強になり、右肩の高さが一定になり球が散らなく、

フォローからフィニッシュまでかなりしっかり押し切って

振り切れるようになった。


顔が残る。


6、左サイドから、右サイドに主役が変わることにより、

インパクト以降、右サイドが伸び、飛球方向に体重移動し易く

なり、フィニッシュまできれいに振り切れる。

また、加速しやすくなる。



7、手首のリリース方向が目先最も大きなテーマですね。

ローテーションしながら飛球方向に手首が伸びていくのです。

それで右サイドが残っても腕が延び低く長いインパクトになります。

少しでも上にリリースするとアッパーになってかち上げてしまいます。

かといって被りすぎると引っ掛けです。


兎に角、長いので難しいですね。


8、(おまけ)48インチから45インチに変えるとインから

下ろしすぎる事に気が付いた。

他にもかなりスイングの感覚が変わります。

気をつけないといけないですね。


 ドラコン用ショットですが、

ストローク用ドライバーでも全く同じですよ。

確かにスイング改造の思わぬ弊害もありますが

かなりいい方向に言っていると思います。



ところでヤマハのインプレスX V201 ドライバーは良いですね。

さすが遠藤製作です。

打感は703より完全に良いですね。

欲しいな・・・。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右足がに股の理由 右膝の向きはインパクトまで正面

 右足のがに股についての質問の回答です。

右足のがに股の意味ですが、

要は右膝の方向なのです。スイングは直線運動です。

インパクトまではむしろできるだけ回転しないように

下半身をバタつかせないで、安定した土台として使いたいのです。

その為には、右膝の方向は非常に重要です。


 トップから体は自然に回転方向に力が加わります。

回転に任せて振れば腕はアウトに出てアウトサイドイン

の軌道になります。

下半身も自然に上体につられて回ってしまいます。

腕の振りも、下半身も我慢しないと直線的には振れません。


 上体はインパクトまで右を向いたまま我慢して

腕をインサイドから真下に下ろします。

下半身もインパクトまで右膝が前を向いたまま耐えます。

右膝が左を向い瞬間に、右膝が折れ、右踵が上がり、

右肩が落ちるか、被ります。

土台である下半身が回転を始めてしまうからです。

回転を始める瞬間が左膝の左への方向転換なのです。

右膝が正面を向いてさえいれば、下半身は回転しません。

その為にインパクトまで右足をがに股で踏ん張るのです。


 
 インパクトまでに腰は45度自然に回りますが、

上は右肩と頭で、下は右足がに股で回転を防ぎます。

これは要するにインパクトまでエネルギーを温存する事なのです。

そして、インパクトと同時にこのエネルギーを放出します。

飛球方向にエネルギーを最大限に伝える蹴り方は、

右足拇指球一点による右足の回転を伴う蹴りでは有りません。

右足裏全体を使った真横への蹴りです。



 がに股、試してみてください。

インパクトで右下半身が非常に安定するので、

右サイドがしっかり残り、インパクトからフォローで

パワーをフルに伝えられることが分かります。

右肩が落ちたり、腰砕けになるミスが激減しますよ。


 もう一度この写真を見て下さい。

どちらの足がフォローで押せると思いますか?

ツイスト打法 かかと上げない がに股

一目瞭然ですよね?

上はインパクト前に全エネルギーを開放しており叩いて終わりですよね?

叩いて終るインパクトではスピン量が増えるだけで飛びません。

下はインパクト以降タメを開放し、インパクトゾーンで球を押せます。

タメはインパクトからフォローで開放するのです。

リリースのターゲットは球ではなくフォローです。

インパクトゾーンで球に体重を乗せて押さないと低スピン弾道は

絶対に打てません!!


 上は一見躍動感があるフットワークに見えます。

ところが、現実はパワーも正確性も大きくロスしているのです。

正確性のショートアイアンも飛距離のドライバーも

がに股です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ライのイメージ変化によるスイングフォームの 改善

 先日ライのイメージの変化によるスイングフォームの

改善についてもう少し詳しく書きます。

まず、腕を体に引き付けるメリットは、


1、回転軸に腕が近付くために慣性モーメントが小さくなり

回転スピードが速くなり、ヘッドスピードが自然に上がる。


2、タメて引き付けられれば、グリップの動きが少なくなるため、

角速度が上がる。


3、腕が体に密着するため再現性が極めて高まる。

 
 アイアンでティーアップをすると、フックボールの

良い練習になります。これは、ティーアップによって

前上がりにライを作るからです。

 ドライバーでも同様で、ティーを若干高めで、前上がりの斜面を

イメージすると自然にフックボールになります。

突っ込み、ダウンブロー等の多くの悪癖も修正されます。

コック、手首の維持も自然にし易くなります。

前上がりなので自然に腕を体の近くに通せます。

簡単にスライスがフックになりますよ。

試してみてくださいね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

どう動かすかより、どう動かさないかの重要性

 ジャック・二クラウスの少年時代のコーチ、

ジャック・グラウトの言葉ですが、

「頭はスイングのバランスの中心である。

もしそれが動けば、あなたのバランスも、スイングの弧も、

体の運動も、そしてタイミングまで変えてしまうのだ。」


ニクラウスが11歳の頃、頭の毛を強く掴んだままショット

させたのです。ニクラウスは痛さで何度も泣きました。

その結果、ニクラウスはどんなに強くボールを打っても

絶対に頭が動かないスイングを体得したのです。


 テークバックでトップまでの間に動くことは問題ないでしょう。

しかし、切り返してからインパクトまでは、

確実に動かないほうが良いです。


 やはりゴルフは、どこをどう動かすかよりも、

どう動かさないかの方がずっと重要だと思います。


 アドレスで股関節から前傾し、右足に6:4の体重をかけて、

股関節のボールに上から圧力をかけると既に股関節に

ほぼ、はまっているのが分かります。

骨盤 小4

テークバックでは、へそを下に向け股関節のボールに

圧力をかけながら、ボールが右に動かないようにして、

左腕と左肩でグリップを遠くに押して、左サイドを伸ばせば

もうトップが出来上がります。

この時、右膝角度と右サイドは絶対に伸びない様に気をつけます。

このイメージだと股関節のボールをイメージして

押さえ込みながらテークバックできるので右スウェイしません。

胸から上だけ右にひねれば右股関節に圧力を十分にかけられます。

今までもっと遠く、骨盤右端位に乗ろうとしていました。

しかし、股関節は実は非常に近かったのです!!

その結果、最近左足べた足を復活しました。

全然上げなくても全く無理がありません。

ダウンでは右足がに股で、右ひざが左向きにならない様に頑張り、

右かかとが上がるのを我慢します。


その結果、インパクトまで右サイド、頭が動かない様に頑張れます。

後は、顔で先にボールを打たないように顔の向きを維持します。

右に動く幅がすごく減ったので左スウェイもがに股で

割と簡単に阻止できるようになりました。

 
 結局、「いかに動かさないでフルショットが出来るか」が技量です。

ドラコンでも実は飛距離とマン振りでの正確性の両方が要求されます。

どんなに飛ばしても規定の枠に入らなければ記録ゼロですから。

6発勝負は多そうで少ないですよ。

20発位なら気楽ですが。


 ストロークプレーでのフォームの精度より遥かに高度です。

そうでないとヘッドスピードの飛躍的アップは不可能ですね。

そもそも、飛距離と正確性と言う本来両立困難な事を

目指す訳ですから。

だから、6発の猶予があるのですが。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肘間隔の重要性 左肘のたたみ方 体とグリップの距離を変えない

 腕、特に最期に右腕を使って上げ過ぎるとこの写真の様に

トップで一瞬、両肘間隔が開き「シャフトクロス」します。

これはあまりに極端ですが、殆どのアマは右肘が浮きます。

様々な悪影響を引き起こす、最悪のトップです。

この時点で100%スイングは破綻しています。

こうなってしまったら、この後、何をどう直しても、

死ぬほど努力しても無駄です、確実に。

腕で上げる 肘間隔

 左サイドだけで飛球後方に押して両肘間隔を閉め、

必ず下の写真の様に、右肘を真下に向け、右腰骨を指します。

ここまで真下でなくても、この意識でやっとオーバースイング、

トップの緩みを防げます。

両肘間隔狭くする

 かなり多くの方が、自覚症状がなくても一瞬緩んでいます。

特にトップで無理に間を作ろうとすると、

ビデオでも分かり難い位ほんの一瞬緩みます。

私も意識しないとそうなります。



 フォローでも同様です。

フォローでも肘が引けて両肘の間隔が開くと

全く球は捕まりません。全部擦り球です。

左肘が引けたフォロー


 解決策1、両肘ボールばさみの要領で肘間隔絶対開けない

 トップもフォローも左右対称で必ず両肘間隔を閉める!!

そして右肩から左肩へ振りぬけば、

自然に適切にフェースが返り球が簡単に捕まる。


トップとフォローの肘間隔2小

やってみればフェースが勝手に閉じる事、

H/Sがフォローでかなり加速する事が直ぐに分かります。

肘の間隔だけ閉めれば左肘など引ける訳がないのです。

引けったって引けません。

ヘッドスピードアップの秘訣は左肘。左肩甲骨周辺の柔軟性。

ヘッドスピードを阻害する要因は、邪魔な左肘の処理と左腕の力み。

それ以上に重要なのは、左腕がスムーズにフィニッシュ

まで外旋する為の左肩甲骨の稼動域の広さと肩甲骨回りの柔軟性です。

ここを素振りで一生懸命柔らかくします。

左肘のスムーズなたたみ方がH/Sを大幅にアップしますよ。

 
 解決策2、胸とグリップの間隔を絶対変えない

 そして、更に非常に重要な注意点は、

アドレスからトップ、インパクト、フォロー、フィニッシュ

と胸からグリップまでの距離をスイング中ずっと

絶対に変えない意識を強く持ってスイングする!!


すると、このトップの様にコンパクトになり、

オーバースイングでグリップが体に近付かない!!

オーバースイングは、トップで肘と手首が緩んで

グリップが体に近付いてしまう現象です。

グリップを体に近づけない意識だとトップで緩まずに

シャフトが立ったままコンパクトになる!!


胸からグリップの距離を変えない

この形だとコックを解かずに、HWDまで容易に

このままの腕の形で真っ直ぐ真下に下ろせる。

 そして、インパクトでも前傾を維持して突っ込まず、

腕が曲がらず左肘が引けない。

フォローは、ビハインドザボールで腕が伸びて、

フォローは大きく、高いフィニッシュが自然に簡単に出来ます。


胸からグリップの距離を変えない2

 オーバースイングだと反動で即座にアンコックしてしまい、

コックを解かず腕を真下に下ろす事が困難になります。

また、非常に重要な問題としてスイングテンポが有ります。

テンポが速くオーバースイングの方は、

テンポをゆっくりにしないと治す事は容易では有りません。

なぜなら、テークバックに要する時間が変わらない為、

腕が動く距離が変わらないからです。

テンポをゆっくりにすると距離が短くなるので、

コンパクトなトップでも違和感なく止まります。

ちょっとした事で全然変わります。

理屈を知らないと、とんでもなく遠回りをしてしまいます。




 久々にタイガー登場。

トップの右腕の形を維持したまま右向いたまま真下に下ろすだけ。

で、完全に下ろし切ったら右ももにグリップエンドをグサッ。

痛てっ!!とはならない。

Tiger 正面 2

右足右側でここまで下ろせたら上級者。

上級者はグリップの軌道が低い!!!

重心が低い!!

タイガーは手が長いから「自分の球」よりグリップが低い!!

我々も真似しましょう。低く、低く。

 
 右かかとはどうなってますか?

全然上がってない。蹴ってない。

顔は右足の前を向いたまま。

兎に角、グリップを低く、低く下ろしてから、

ヘッドを右から左へ回すことだけに集中する。

シャドーでやれば分かります。

それに集中したら右足など蹴っている暇はないです。

Tiger 正面 3
Tiger 正面 4

 やっと今さら少し右踵が上がりました、腕につられて。

間違っても渾身の力で球をぶっ叩いている様には見えません。

ほうきでウサギのウンチを掃いた位にしか見えません(大げさ)


 プロは重心も、グリップも非常に低いです。

そして、インパクトゾーンでグリップが殆ど動かないです。

グリップが下りてからヘッドが来るタイムラグが有ります。

グリップよりヘッドの運動量が遥かに大きいのです。

そうすると角速度が上がります。

しかし、アマは・・・むしろ逆。

グリップとヘッドが同時に同じ運動量しか動かないか、

人によってはグリップの運動量の方が大きい・・・・。

で、そのグリップよりさらに体の運動量が大きい。

気持ちは良く分かりますが・・・。



 おまけに、アマは顔で球を打ってから、

ずっと後でヘッドが下りて来ます。

ローテーションも顔だけは、しっかりしています。

気持ちは分かるんですが・・・逆なんですよね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ライのイメージ 我が家の新しいペット

 いくつか質問来てますが、スイングフォームは球筋のイメージ

だけじゃなく、ライのイメージでもかなり変わりますよ。

例えば前上がりの斜面をイメージすると自然にフックボールになります。

ドライバーでもそのイメージだけで思わぬ悪癖が修正されます。

突っ込み、ダウンブローも修正できますし、

コック、手首の維持も自然にし易いでしょうね。

腕も近くを通せます。

簡単にスライスがフックになりますよ。

試してみてくださいね。


 
 で、最近我が家にやってきた新しいペットです。 

虫、嫌いな方ごめんなさい。

娘は虫が大好きです。

両生類のアカハライモリも大好きで飼ってます。

これは、セアカフタマタクワガタ(パリーフタマタクワガタ)です。

セアカフタマタ小


 オスが約85mmでメスが50mmです。立派でしょ。

オオクワだったらこのサイズなら今でも数万円でしょう?

結構大きいです。非常に攻撃的ですが神経質では有りません。

オオクワの様にめったに見れないほど隠れません。

これはインドネシア産ですが、ボルネオからインドまで生息

しているらしいです。

昔はこんなのは動物園や博物館や昆虫事典でしか

見れませんでしたよね!

子供の頃憧れてましたよね。

今ではつがいで14,800円・・・・、

ウソ、たったの1,480円です。

ディズニーの近くの新浦安のダイエーで買ってきました(笑)

これじゃあブリーダーも商売になりませんね。


 かなりあごが強くて凶暴で、手のひらに乗せていただけで

いきなり挟まれて出血!!

バカなヒラタでもやられなかったのに。

メスも娘の指を出血させました!

これは両方で戦闘体勢です。このまんま暫く動きません。

えらく強気なのか、生まれ故郷の土地柄の性格なのか・・・。
セアカフタマタ正面小

 かなりあごが太くて先がマジ鋭いですよ!!

なめてかかると痛い目に合います。

懲りた娘は毎日軍手をしていじり回しています。

たまに飛び回ると嫁さんは大騒ぎで逃げ回っています。

かなり大き目のおうちです。毎年使ってるセット。
クワガタの巣小

 このアイリスオーヤマの昆虫ゼリーは全く臭いません!!

栄養分は???ですが。

毎年これでちゃんと生きてます。

蓋の裏には小バエよけのシートを張ります。

何でもこのケースで飼ってます。多くなると重ねられます。
うち2小

 そのうち別居させないとオスがメスを首チョンパしちゃいます。

凶暴なクワガタは皆そうですね。

昔、まだ価格がバカ高かった頃オオクワでよくやられました。

でも、またオオクワが欲しいな。

そのうちかぶと虫の幼虫をもらってきます。

夏は賑やかになります。嫁さんは嫌がりますが・・・。



 そうそう、娘は2年生ですが、またリレーの選手に選ばれました!!

またリレーの特訓です。

早く藍ちゃんみたいになって欲しいな

ドラコンコーチ、ビシバシ宜しくお願いします
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

縦振りの方法 体重移動と重心移動の違い 

 BIKさんコメントどうも有り難うございます!!

皆さんが確実に感じている問題なので説明します。

非常に難しい問題ですよ。

長くなりますが今まででも超重要なので一気に書いちゃいますね。


>興味深く記事読ませていただいております。
ここまで書かれている方はなかなか見つけられず感心しております。

有難うございます!!そう言って頂けるとうれしく頑張れます!!



>さて、切り返し以降の動きなのですが、
体重は右に残しつつも、軸は左に移しつつ
腕は縦に下ろされる(下ろすではない)という理解で
よろしいでしょうか?

>さて、切り返し以降の動きなのですが、
体重は右にに残しつつ、軸を左に移す、この
動きがよく分かりません。軸とは?根本的に
分かってないのかも知れません。
体重と重心の違いも・・。

>よく腕自身で降ろしてしまい、力みトップで止まってしまい、
リズム。テンポが悪いと自覚しております。

>切り返しからの動き、どうやって(どこの動きで)
手を縦に下ろしてくるのか、以前書かれていた
「球に向かう前に、右足の前か右側に落とさないといけない、
その為には球を無視して、まず落とす!!」
この動きをどうってやればいいのか!
わかりやすくご教授いただけるとありがたいです。




 まず、体重移動と、重心移動の区別が良く分からない方が

多いと思います。

私の解釈では、重心は回転軸に有ります、要するにほぼ頭と、

脊椎の軸ですね。これは終始ほぼ体の真ん中で

フォローで初めて左足の上にI字に乗っていきます。

それまでは、アドレスから殆ど動きません。


 一方、体重はテークバックで右股関節に乗ります。

そして、切り替えしで左軸に移した時から、

少しずつ左股関節に振りに引っ張られて乗っていきます。

ここで大きな勘違いは、切り返しと同時に

短距離走のスタートの様に、「よーいドン」で、

ドーンと全体重を左足に乗せてしまうことです。

それにより勢い良く球を叩きに行く動きです。

これがトップから球を叩きに行く打ち方で、

必ずドーンと左に突っ込んで、勢い余って大きく左スウェイし

グリップを右サイドで下ろす暇がないので、

スティープにしかも100%アウトサイドインになります。


 インサイドから下ろす為には、必ずグリップを右足に

ぶつける位トップから縦に下ろさないと不可能なのです。

また、シャローな軌道も同様です。

腕力でインから、シャローに下ろす事は絶対に不可能です。

ここをよーく理解しないと、絶対に進歩しませんよ。



 右を向いたまま縦に下ろすと言う事は、

ちょっと難解かもしれませんが、そうなんです。

先日、3軸の意識いついて書きましたが、

3軸といっても実はその間隔は非常に狭い範囲です。

実際、左右の股関節の大たい骨先端の球状の間隔は

20cm程度しかないでしょう。

その間に頭、背筋を中心とする回転軸が有りますが

脊椎の回転軸を20cmの太いものと考えると、

実は1軸と考えるか、20cm多少左右に移動すると考えれば

2軸ともいえます。


 私が、軸を3本で意識するのは、軸というよりも、

中心となる頭・脊椎の回転軸、右壁の右股関節の

大たい骨先端の球状のボール(図の赤○)、

左壁の左股関節のボールの3点を常に具体的に意識したいからです


また1軸や、2軸の説明不足の抽象的なイメージより、

3軸の具体的なイメージの方がより説得力が有り、

万人に受け入れられると思います。

骨盤 小4


 実際に、単純に右足、左足、腰を壁として意識するより、

このボールを意識して、左右への直線運動がこのボール

により回転運動に変わり、スウェイが起きないと

イメージすると実際にスウェイが大幅に減ります!


 左足への軸の移動の件ですが、例えば野球では右打者は左足へ

必ずステップします。

しかし、殆どの体重も回転軸も最期まで右足に残ったままです。

最終的に左に乗り込んでいくことも有りません。

左に乗り込んでいくのは、打ちながら走り出すイチロー選手位ですね。

この場合、左へのステップは左へのスウェイを食い止める、

つっかい棒の様なものです。スウェイしないように踏ん張る

事が役割です。


 ゴルフの場合も同様では、スウェイしないように左足で

踏ん張って力が逃げないようにします。

そして右肩、回転軸を止めて両腕をかなり伸ばすことによって、

ヘッドスピードを加速します。

早めに体の移動、軸移動してしまう全く腕が伸びず逆効果です。


 ここで左スウェイして右腕が完全に伸びないとヘッドは

全く加速しませんし、しかもローテーションも出来ません。

突っ込んでヘッドを押し出すだけの動きになるのです。

確実にヘナチョコボールで、球は捕まらずスライスボールです。

要するに左に突っ込むことは、ヘッドスピードが加速せず、

右肩が被りアウトサイドイン軌道でフェースが開きスライスになり、

スティープな軌道な軌道でバックスピンが増え、吹き上がり

最悪、最低、風にも弱く、致命的で、最も忌み嫌われる現象です。



 そして、両腕が伸びきってインパクトゾーンで加速した後に、

全身がうまく脱力していれば、その腕と、クラブの遠心力により

すんなり体が引っ張られて右肩が左に出て行き、

左股関節にすんなり乗り込んでI字軌道になります。


右に残る方は、あちこち力んでいるから腕とクラブに

引っ張られても、びくともしないので右に残ってしまうのです。


 腕を縦に下ろすと言う事は、昔言った様に右胸がトップで

右を向いたまま体が回転する前に、縦に体の正面に引き付けます。

球に向かって振るのでは有りません!!

グリップエンドを右ももに突き刺してください。

そのつもりで振っても絶対に右足に当たりません。

それでどうなるか?

インサイドから下りてナイスショットします。

それで初めて正しい軌道になるのです。

それがインサイドから下ろすと言う事なのです。

それ位強烈に体の近くですよ!!


 
 今まで、何度も何度も描いていますが、

上手くなりたいなら絶対にトップから、

球を打ちに行かな!!!

右足を打ちに行って下さい!!!

球など打ちにいかなくても確実に勝手に球に当たるのです!!

なぜなら、伸び上がったりダフルらなけらばアドレスに勝手に

戻り、ヘッドは絶対に球に向かうのです!!

目をつぶっても当たります。

やってみれば直ぐ分かりますよ。



 試しに右足にグリップエンドから突き刺そうとすると

グリップは足に当たらず右足の直前をかすっていきます。

ここで、左手のライ角と右手のコックを維持できていないと

ダフります。しかし両手首角度が維持されていて、

前傾を維持できていれば、グリップは右足をかすっても

ヘッドは嫌でもずっと球の方に有りますよね。



 要するにヘッドの軌道を直視して重視する必要はなく、

ヘッドは無視しておいて、グリップの軌道だけを

意識すれば良いのです。遥かに大事なのです。

アマは、ほぼすべてはグリップ軌道ではなく、

ヘッドの軌道ばかり気にして見ているから、

球を打ちに行くと言われるのです。

そうすると、グリップは右足どころか必ず球に向かいます。

そうすると、20cmほど前へ、そしてグリップはシャローに下らず

2,30cm遥か上を通ります。ヘッドはそのまた上ですから

恐らく50cmくらい上を通るでしょうね。

これでは、シャローなスイングなど100年やっても100%出来ません。


 右ももにグリップを突き刺す時、

右手首はリリースされていないですよね?

トップの右腕の角度、形をそのまま維持したままなのです。

これが、できると格段に技術進歩します。


 そうすると気が付きます。

ヘッド軌道を意識して球に当てるなど全く、

微塵も意識しなくても良いことを。

むしろ、その方が上手く行く事を。




>切り返しからの動き、どうやって(どこの動きで)
手を縦に下ろしてくるのか、以前書かれていた


 これも皆さんの恐ろしく大きな疑問でしょうね。

ティーチングプロに聞いても答えは絶対に帰ってきません。

また、そのレッスン書にも載っていないですね。

ただ、適当に下半身リードしか書いていないです。

 では、果たしてどうやって右を向いたまま腕を縦に

右足にぶつける様に下ろすのか?

その原動力はどこにあるのか?


 普通の方は、切り返しで左足にドーンと全体重を

一気に移動した勢いと、

同時に右足を一気に思い切り蹴って、

スイング軸も左にドーンと移動して

それをスイングの原動力にしています。

 確実に回転運動になり、体はガバッと開いて、

右サイドも重いきり突っ込んで体が被って行きます。

ヘッドを走らせるのではなく、

単に球に体当たりしているだけなのです。

一番肝心なヘッドは思い切り振り遅れて開くので、

手先でコネてローテーションします。

奇跡的に上手く行くとドローボールと勘違いします。

しかし、出玉が左に出て更に左にドローは、全くドロー

ではなく単に擦りヒッカケボールのひ弱なチーピンなのです。

 このスイングの原動力の使い方は全くゴルフではなく、

近い動きでは、相撲の立会いみたいなものですね。


腕の振りが主役なのに、からだの突っ込みだけが

主役になっています。


 では、本題の原動力はなんなのか?

テークバックで低く真っ直ぐ引いていくと

股関節のボールに体重が乗ります。

反対にひょいと手で上に上げると圧力がかかりません。

やってみると誰でも直ぐに分かります。

この圧力がないと全然ダメなのです。

体がふんわり浮いて、重心が高くなります。

トップで必ず右サイドが伸びて、オーバースイングになります。

スイングに締りがなくなり、足に根が生えた感じになりません。



 そして、非常に重要なのはこれも数十回言っていますが、

テークバックは上ではなく、飛球線後方遠、水平に体の遠くに

上げると言うより、伸ばします。

伸ばすと言うのは、左肩と左大胸筋回転は全くしないで

真っ直ぐ飛球後方に水平に押しながら左広背筋と左腹斜筋を

伸ばします。上に上げる意識は要りません。

ある程度まで押せば、股関節で体が回転し勝手に上に上がります。

ほぼ95%のアマは微塵も伸びていないですね。

この左広背筋と、左腹斜筋の伸びが非常に大きな役割をします。

十分に伸ばした左サイドがクラブを縦に引く

大きな原動力になるのです。

もちろん、その他の筋肉も使いますよ。

下半身の捻転、大腿筋、大臀筋、中臀筋、腹直筋、大胸筋、

背筋ですね。これらが、主に体幹筋肉と呼ばれます。

だから、右を向いたまま体重移動も、右足蹴りも、回転も

使わないで、テークバックで開いた肩甲骨を縮めるように

背筋で真後ろに振っていく感覚も分かると思います。



 このメリットは非常に大きく、

以前なかなか理解されなかった「綱引き」の様に

右を向いたまま右ももに向かって引きつけるだけなので、

頭が全く動かない、全然左スウェイしない、体も微塵も開かない、

前傾も崩れない。

これが本物のスイングです。



 引き付けたらどうするのか?

これも昔から言っているように、両腕が体にぶつかった時点で、

体が右から左向きに反転します。

私は明らかに反転のイメージです。

要するにここ、ほとんどHWDあたりから初めて本格的に

球ではなく、フィニッシュに向けてスイングするのです。

この時にスイングと共にグーンと本格的に体重移動して行きます。

球は地面の上の球を上から下ではなく、超シャローに

芝を擦りながら横から、アイアン・FWはダウンブローに、

ドライバーは最下点が僅かに右で、ボーポジションが左なので

自然に飛球を追いかけるようなアッパー軌道になります。


 長くなりましたが、これでお分かりでしょうか?

非常に難しい問題だと思います。

不明点はまた何でもご質問下さい!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

グリップ軌道のイメージ

 質問があまりに多いので緊急回答です。

ちなみに腕・グリップはどのイメージで振りますか?

腕の振りの軌道のイメージ2


 殆どの人は緑線の様なイメージを持ち、

実際は青線でグリップを振っています。

ボールに上手くヘッド当てようとしすぎる為にグリップが

球に近付いていくのです。

当然、腕と一緒に体の右サイドが球に被さって行きます。

もしくは腰が前に出て腰砕けであおり打ちです。

右足も青線に沿って蹴られます。それが突っ込みです。


腕が伸びず、左肘が引けて、ヘッドが走らず、

自然なローテーションは絶対に起こりません。

手でこねるので再現性はゼロです。

腰も球に近付くので前傾も維持できません。


 正しいグリップの軌道のイメージは赤線です。

トップからグリップを真下に下ろし切り、右側真横から右もも

に突き刺します。そして型の真下をまっすぐ直線軌道で振ります。


なぜか?

腕は腕で振るのではなく、下半身で振るからです。
(実際には上体の捻転開放も有りますが意識しない)

腕はアドレスから肩の下にダランとぶら下がっているからです。


ですから、右足は赤線に沿って蹴られます。

従って、右膝は前に出る訳がなく、

右踵も上がる必要性はないのです。

体を回転させるから右踵がインパクトよりずっと先に上がります。


インパクトまで右足はがに股で踏ん張り、

インパクト以降、右踵で赤線の方向に蹴る!!

もしくは、右足蹴りを我慢できない人はもう右足は蹴らない!!

それでも必ず右足はインパクト前に

自然に勝手に蹴られてしまいます!


体が伸び上がる人は、手首角度を維持しないで

手首が伸びるからです。


手首角度はかなり意識して必死に維持しています。

じゃないとプロでも伸び上がらないとダフりますから。


 では、ヘッド軌道の意識はどれか?

ピンクか?青か?

答えはヘッド軌道の意識はないです。

足で赤線にグリップを振れば、勝手にピンク線に沿って

ヘッドが走ると分かっているからです。

ヘッドを球に当てる意識などないです。

ピンク線を意識したらグリップが青線に出て行くからです。





 他に意識するのは以下ですね。

グリップを右ももに突き刺して(ぶつからないから大丈夫)

インサイドから下ろすこと。

右踵を残してしっかりローテーションさせて球を捕まえること。

これだけフェースの向きが違います。


「今のクラブはローテーションしない」と言うのは大ウソ。

要するに慣性モーメントがデカ過ぎるクラブは

きちんとローテーションできない人の為に、

最初から擦りフェードでも真っ直ぐ飛ばせるように出来ているのです。

しかし、そういうクラブは逆にローテーションし難いので

ドローは手でこねないと打てません。そういう意味です。

だから、上級者はヘッド後方がドデカイ慣性モーメントがやたら

大きなクラブはパワーのないフェードヒッターしか使いません。

アイアンもそれにそろえなければいけません。

また、プロのプロトタイプのクラブは見てくれが、

市販プロパー品とは全く違います。

酷い大手メーカーは塗装だけ一緒で、OEMのメーカーまで違います。


 プロのフェースの被り方が球を捕まえる打ち方。

このアマチュアの軌道ではドスライス。

アウトサイドイン軌道3


 上のプロの様なフェースローテーションは、
 
右踵が「しんちゃん」みたいじゃないとできません。

突っ込んだり、開いたら即アウトです。

TVで杉本プロが良い事言ってました。

「フェースは顔で返しちゃだめだ!!」

多くのアマは顔でフェースを返してますが、

顔は首を痛めない程度にフェースの動きとは逆です(笑)


 このベタ足、がに股足でも肩は少し開いていますからね。

それから、ゴルフでは野球の様にツイストで腰は戻しませんよ!!

野球は泳がされるのでツイストしますが、

ゴルフは球が止まっているので肩を開かないだけで、腰は戻しません。

ツイスト打法 かかと上げない がに股



 そして、早めにグリップを下ろし切り、球の10cm手前の芝を擦る位

低い最下点から自然なアッパーブローで、

球をこすらないで低スピン、高ミート率でボール初速を上げる事です。

入射角
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ツイスト打法で体の開きを抑える 右踵ベタ足でがに股

 これがプロ野球界で話題となっている

「ツイスト打法」です。

野球でもバッティングもピッチングも体が開く事を

最も嫌います。ゴルフも同様です。

「ツイスト打法」は、体が開かないようにインパクトに向けて

開きかけた腰をインパクト直前に逆に閉じる方向に回します。

その方法は、この写真で良く分かります。


 阿部選手は左バッターですから逆ですが、

この後、紛らわしいので右打ちのゴルファーで語ります。
(左右逆に書きます)

右かかとベタ足でがに股ですよ。

これは、ゴルフの飛ばしと全く同じなのです!!

ツイスト打法 かかと上げない がに股

 「普通の打ち方」では、右足の動きを全く意識していないため

右足は加速の為に蹴られるだけで、右かかとはあっさりと上がり、

右膝が曲がって左足に寄って行きます。

全く粘って使う事は出来ません。

その為、腰も肩もあっさり回転して開きます。一目瞭然です。

問題は、回転の意識が全くなくても右足の使い方で

体が開いてしまいまうのです。



 「ツイスト打法」は、インパクトでの体の開きを抑える事が

目的です。その為に、一度開いた腰を逆回転で戻すのですが、

この方法は、腰の操作ではできません!!

右足がに股で、上がりかけた右踵をベタ足に戻せば

ツイストになります。ゴルフと同じです!!


 
 これでは逆に飛距離が伸びない様に感じるでしょうが、

阿部選手のバッティングのビデオを見れば分かりますが、

実際は飛距離は伸びます!!

ゴルフのドラコンの秘訣もこの「がに股」に有ります。


 インパクトポイントをよく見てみましょう。

「普通の打ち方」ではゴルフのボールポジションより

遥かに先です。

要するに、この右足の状態は、ゴルフのボールポジション

では完全に開きすぎているのです。

これでは、手先でこねない限りフェースが思い切り開いて

ドスライス確定です。

これは明らかに右足の問題なのは一目瞭然です。


「ツイスト打法」ではゴルフと同じボールポジションです!

要するに、この「右足ベタ足、がに股」の状態が

ゴルフのボールポジションでの正しい右足の形なのです!!

むしろ、「普通の打ち方」の右足の形でゴルフボール

を打つ事の方が不自然である事は、

インパクトポイントの差で良く分かりますよね。

実は、これはとんでもなく重要な事なんですよ!!




THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

前回のレッスン 

遅れましたが前回のレッスンです。


1、切り返し後に左足リードが強過ぎると回転運動になり易く、

右踵が上がり易い。右足はがに股で我慢。


2、トップで右肘を90度以上曲げないために、左親指を上に向ける。

極端だがサムダウンの様な使い方。


3、左肘下向き維持の為に左手甲を下に向けるような動きをしない。

左腕をひたすら体近くを通すだけで良い。


4、右膝をトップで伸ばさない。アプローチも全ショット共通。

テークバックで右膝も右サイドも絶対に伸ばさない。


5、インパクトまで左肩引かない。早く引くと引っ掛ける


6、アプローチダフらせて低く長いフォロー

フォローは左手で抑えるのではなく右膝の送り込みで低くする


7、軽いフォーワードプレスでゆったりリズムを取るのも手段


8、インパクトで左腕を振る感覚なし


9、フォローで打つ、ゆったり打つ


10、FWボール位置が遠い


11、右肩上がらないように押し込んでいく



 確かにトップで右肘が少しでも曲がりすぎると

良くないですね。すぐに伸びたがります。

トップの形のままで、すんなり下ろす為には右肘、手首の

曲がり過ぎは厳禁ですね。

ちょっと油断するとトップ最期で僅かに緩みます。

それが致命傷になりますね。

 それを防ぐ為に、 

トップで左親指でシャフトをサムダウンの様に支えて

クラブを立て気味にし、緩まないようにして、

そのままの形で下ろせるように練習しています。

トップが締まって、ダウンが良い感じになりますね!!

これもプロに指摘されないとトップで一瞬緩んでも、

なかなか自分では気が付かないですね。



 上記でこちらから相談したのは、

1、の左リードの問題です。一般的には左下半身リードが

重要視されています。しかし、そうすると回転運動になり易く、

右足が疎かになります。

インパクト前に右足をがに股で踏ん張る為には、

左足リードばかり強く意識し過ぎることは良くないですね。

両下半身を使います。


7、は歩くようなゆったりテンポを作るには、

ゆったりとしたフォーワードプレスの、

左への動きの反動でテークバックすれば

テンポが作り易くなります。

但し、フォーワードプレスは大きくやると

フェースを開く癖が付きます。

極僅かな動きの方が良いと思います。


 また、今注意していることは

ドライバーでロフトを立ててしっかりローテーション

する事ですね。

バックスピンを減らすためには、この点を両立して

ビハインドザボールでインパクトしてから、

球にしっかり体重を乗せていくことです。


 もう直ぐドラコン大会ですが、

連休はずっと子守で練習は皆無でした!

ヤバイかな(汗)
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ミート率を上げる方法3 テークバックの方法

 この写真はオーバースイングの途中経過ですが、

問題は右肘が既にフライングエルボーになっている事です。

右肘が指す方向は右腰椎が理想で、

この写真では背中の遥か後方を指しています。

この写真の後どこまでもオーバースイングになっていきます。

右肘が浮く原因は、右腕で必要以上に上げようとする動きです。

右腕で持ち上げる動き 小



 下の写真は左片腕でテークバックしたものです。

左脇が締まっていれば左片腕ではここまでしか上がりません。

これ以上、上げるためには上の写真の様に、

右腕を使って上げなければいけません。

この写真は左腕が水平でスリークォーターショットの高さです。

しかし、この状態でコックが入れば、右腕で上げなくても

自然にベストな高さに勝手に上がっていきます。

左サイドでテークバックのドリル HWBまでしか上がらない 小

更に、左肘、右肘が曲がると直ぐにオーバースイングになります。

これは自分のスイングをビデオ撮影しないと自分では分かりません。

両肘、手首が緩むと直ぐに無意識にオーバースイングにないます。

さらに、オーバースイングになると右サイドが伸びます。

伸びたものは直ちに縮もうと、曲がったものは伸びようとします。

緩んで曲がりすぎた右肘も、両手首も、

切り返し共に直ぐに縮もうとします。

伸びた右サイドは、縮もうとします。

だから、トップから直ちに右肘がアウトサイドに伸び、

コックが解けアーリーリリースされ、

伸びた右サイドはクラブを地面へ叩きつけるように、

縮みます。

当然、このスイングでは鋭角な軌道になりダフりかトップ頻発して、

この様にあちこち緩んだスイングでは、

再現性があ全くなくなります。



 シャフトが水平で飛球方向を指すのがスクエアですが、

アマはその意識だとあちこちスイングが緩んでいる為、

通常行き過ぎて、オーバー気味になることが殆どです。

対策としては、

1、右腕で上げない

2、右肘は直角以上に曲げないで、維持する意識が必要

3、左親指を飛球方向ではなく、上に向ける。

要するに垂れ下がろうとするクラブを落ちない様に

左親指で強く支える。

 が、あります。3はグリップに力が入るので適度にして下さい。

ただ、オーバースイングを注意しすぎて、

かつスイングリズムが早い人は

今度は回転不足、捻転不足になり今度はダウンで

直ぐに肩が開いてしまいます。

このタイプも非常に多いですね。

プロでも力んでスイングリズムが速くなりすぎると、

ダウンで体が早く開いてしまいます。





 インパクトは重いものをクラブで押すような体制で、

グリップ低く、体に近く、腰を開かず、前傾維持します。

テークックも同様です。

下写真の様に重いものを押していくようにします。

すると、腕ではなく左サイド全体で押し上げていけます。

左手で物を押すようにテークバック 小

 重い物を押すので下の写真の様に左脇が開く訳が有りません。

テークバックで左脇が僅かでも開くと

左肘が横を向き、フェースがガバッと開きます。

その瞬間確実にスイングは破綻します。

再現性ゼロ。

想像以上に注意しないと出来ません。

テークバックで脇が開くとダメ 小2


テークバックもダウンも兎に角、左上腕は体を擦りながら

動きます。これはスイングの絶対条件です。



 また、右腰のスウェイ、右サイド伸び上がりも最悪です。

スウェイの注意点は、まずテークバックで右股関節が

切れ上がる事です。

これを「股関節を入れる」と言います。

股関節に入れる 股関節が切れ上がる 小2


 右膝は正面を向いたまま、曲げ角度も不動。

写真の黄色線右にスウェイしないよう細心の注意を払います。

要するに右足全体がつっかい棒の様に不動になり、

右股関節を軸に結果的に回転します。 

そうすると必ず右股関節部分が切れ上がる動きになります。

下半身に捻転をためるイメージ 小3

 股関節で回転しないで、右スウェイして行くと

いつまでたってもねじれは出来ません。

どんどん右腰も頭も動いて行きます。

右に動きすぎると左に戻れない小5

 
 下写真の様に頭と右足全体を同時に止めます。

すると右股関節を軸に回転せざるを得ません。

頭の上下移動も制限されますから、

右サイドの伸び上がりもなくなります。

実際には意識と違って多少頭が右に動くことは

許容範囲ですが、右腰は全く動きません。

頭と右膝 テークバックの注意 小

 下図の赤丸の様に丸い形状の大腿骨頭は寛骨と呼ばれ、

股関節を形成しています。

この丸い形状が直線運動を回転運動に変換するのです!!

直線的なスイングが結果的にこの股関節の丸い形状の大腿骨頭=

寛骨によって、自然に回転運動に変わります。

むしろ、回転運動を意識して体幹を回転させると

回転半径が大きくなり回転が遅くなります。

しかし、直線運動の意識だと最小半径で股関節が回転運動に

変換してくれるので、回転運動意識より高速回転になります。


体中でこのような形状の間接は股関節だけです。

この理解なしにでは、スイング理論はありえません。

骨盤 小4

 私が以前3本の軸を意識すると言ったのは、

テークバックの右股関節、フォローの左股関節、

重心の回転軸である脊椎の3本を常に意識すると

ゴルフが易しくなるからです。

合理的でしょ?

一般論の1軸、2軸は全てを説明するためには無理があるます。

3本なら頭の動きに無理がありません
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

サングラスレビュー 偏光レンズの驚異の効果

 これはフレームはOAKLEY CHOPTOPのシルバー 

レンズはゴルフ専用TALEX偏光レンズ・トゥルービューゴルフです。

薄いグレーです。非常に自然に近い色です。

可視光線透過率30% 偏光度99%以上

P10107932小

P10107942小


 これは、フレームはOAKLEY CHOPTOPのブラック

レンズはKODAK GOLF EYE'Sです。

イエローブラウンで明るいです。

コントラストが高いので、曇りの日でも非常に明るく、

グリーンのアンジュレーションも良く見えます。

P10107952小

P10107962小

 左はTalexトゥルービューゴルフ、右はKODAK GOLF EYESによる視界です。

右の方がコントラストが高いので、確かに傾斜、アンジュレーション

がはっきり見えます。曇り、夕方でも非常に明るく良く見えます。

しかし、晴天下ではむしろ明るすぎて逆に眩しく不自然です。


 そして、問題はグリーンの芝の色です。

グリーンは単一の緑色では有りません。

実際は荒れたり、枯れたり、病気やらでいろいろな色をしています。

コントラストが高すぎると、この色の差までハッキリ浮かび上がって

しまい、逆に傾斜を読むのに不自然で邪魔になるのです。


左はTalexトゥルービューゴルフ偏光レンズ、右はKODAK GOLF EYES
左Talexトゥルービューゴルフ 右KODAK GOLF EYES 2小

 そして、テレビ中継でもそうですが

必ずしもサングラスは常時付けっぱなしでは有りません。

ラウンド中でも付けたり、外したりすることが有ります。

パッティングだけ外す人もいます。

この時、自然とあまりにも違う色合いでは戸惑ってしまいます。

グレー系では濃さの問題ですが、ブラウン系は黄色がかって

違和感が大きいですね。

 距離感はまず目の直感で判断します。

私はKodakの色では、その直感がそがれる気がします。

左のTalexトゥルービューゴルフがより自然に近いですね。


 上記のフレームはOAKLEYの CHOPTOPという高級フレームですが、

レンズのテスト用に使いましたが、

ゴルフ用ではこの様な形状のフレームは全くだめですね!!

レンズが平面の方が視界の歪みは少ないそうですが、

ゴルフはやはり左右に目を大きく覆うスポーツタイプの「ハイカーブ」

でないと、左右の視界の広さ、隙間からの光の進入の遮断性、

フルスイングでも滑らず、長時間使っても痛くないという

問題に対応できません。

また、個人のフレームの好みの点では、視界の広さ、光の遮断性、

圧迫感、通気性という相反する要求も有りますね。

その為に、プロの使用グラスも皆違います!!



 下は、ツアープロでも最も人気で有名なFLAKJACKETに

Talexトゥルービュー ハード マルチコート 偏光レンズ

を入れたものです。 

P10204762syou.jpg

 左はTalexトゥルービュー、右はTalexトゥルービューゴルフによる視界です。

右の方が少し黄色がかって、コンントラストを上げていますね。

ゴルフ用にそう開発されたようです。

確かに右の方が、アンジュレーションは見易いです。

しかし、左のTalexトゥルービューの方が一目瞭然で

自然に近いです。

矯正された見易さと、自然さ、のどちらを取るか?

その決断は私にはそう難しくは有りません。

なぜなら、グリーン上のアンジュレーションの見易さ以上に

大切な事は距離感だからです。

不自然な色は距離感も不自然になってしまいます。

私は、左の自然に近いTalexトゥルービューを迷わず選択します。

付けたり外したりしても、違和感がないからです。


左はTalexトゥルービュー偏光レンズ、右はTalexトゥルービューゴルフ偏光レンズ
左ozniS TALEX TRUEVIEW 右グリーンジャケット 片山モデルTALEX TRUEVIEW GOLF 小3

 左側がTalexトゥルービュー偏光レンズで見たバンカーです。

バンカーはグリーンより単調な同色で、アンジュレーションが

激しいので偏光レンズの効果が良く分かります。

圧倒的に凸凹の変化が見易いのが左側です。

バンカーでは砂を被る事も多いので、

特にコンタクト使用者はサングラスが本当に助かります。

花粉の時期、風が強いときもそうですね。


左はTalexトゥルービュー偏光レンズ、右は裸眼
TALEX 小5

 これは、うす曇の時の昼頃のゴルフ場の写真です。

うす曇でも乱反射で眩しいものです。

曇りでも紫外線は強いです。

自然の眩しさはサングラスをかけると良く分かります。

普段の光でもしない時がいかに眩しいものか。

偏光レンズは乱反射を防ぎますから曇りでも明らかにくっきり

見える事が解ります。

左側がTalexトゥルービュー偏光レンズのすっきりした視界です。

ターゲットも、飛球もクッキリ、スッキリ見えます!!


 驚く事に、パット時にはボールが大きく見えます!

そして、カップも大きく見えます!!

かけた時は一瞬、度が入っているかの様に良く見えるからです。

これは、マジですよ!! 驚きです。


左はTalexトゥルービュー偏光レンズ、右は裸眼
コース小

 これは、晴天日中の運転中の運転席からの写真です。

運転中もサングラスの必要性は非常に良く分かります。

また、常に日光、自車のフロントガラス・道路の乱反射が

目に入りますので、偏光レンズの長所が驚く程良く分かります。

この写真は裸眼の状態の視界です。

自車のフロントガラスへの直射日光の乱反射で視界が白く曇り、

さらに前走車のガラスの反射で、その先の前方の視界はほぼゼロです。

これは日常的に普通の事ですが。


裸眼
P10203362小

これは、Talexトゥルービュー偏光レンズによる視界です。

自車のフロントガラスの乱反射を抑えるので、

外の視界が非常にくっきりします。

特にアスファルトからの反射が大幅に減り、

眩しくなくなるので目が楽なことは、かけた瞬間から解ります。

さらに、前車の窓の乱反射も遮りますので、

その前車の窓を通して、先の景色まで良く見えます!!


左はTalexトゥルービュー偏光レンズ
P10203372小

 非常に面白いことは、対向車の運転者の顔が非常に良く

見えることです(笑)

いかに乱反射が視界を妨げているか、

目を疲労させているか、が良く分かりますよ。

以前は、ドライブでは普通のレイバンを使っていました。

もちろん偏光ではありません。

偏光レンズを使ったらもうレイバンは使う気にはなりませんね。

ゴルフ用サングラス専門の金栄堂さんのHP
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

球を打ちに行かない

 mk290714さんの大変良いコメントと質問への回答です。

凄く良くなってきてますね!!

もう少しで変わりますよ!!

> 昨日ラウンドしてきました。お蔭様でインサイドアウトでダフリ
という悪症状はなくなりました(打った後、必ずターフ跡を確認。
シャフトが立って降りてきているように感じています)。
感謝しております。

 後方からのビデオで確認しておいてくださいね!!

テークバックとダウンが一致して正しいプレーンを通っているか。

HWB、トップ、HWDでフェースの向きが正しいか。

トップがオンプレーンかどうか。

うまく行った時の映像と感覚を確認しておくと、再現性が高まります。

また、後でスイング矯正していく過程で必ず再度ずれてきますから、

その時に自分でも修正する事が出来ます。

>  今回意識したのは、
> 1.テークバックでグリップを身体の正面からはずさないこと。
> 2.右肘始動でグリップを右サイドで下げきること。
> 3.左肩を開かないこと。
> 4.前傾維持で腕はダラリと構えること。
> 5.ドライバー以外はボールより前が最下点となるようスイングすることです。
> その結果、
> 1.ドライバーはストレートに、
> 2.アプローチではダフリ、トップなし、
> 3.ショートアイアンはダウンブローでボール前方のターフが取れ、
気持ちがよい弾道にと、良くなりました。


> ところが、ミドルアイアンやFWが全て(100%)ボールの上を
叩いてトップでした。この原因がよく判りません。

>グリップが実際には下げきれていないのでしょうか? 
それとも前傾が起きてしまうのか?

>  それと、右肘を真下に落下させるということは、
肘が右胸の横に収まるイメージでよいのでしょうか?



 あー、ちょっとした勘違いですね。

アプローチだと右肘を右胸に収めて右サイドと一緒に振る事で、

クラブが走る慣性を殺し飛距離を落とし距離を調整します。

しかし通常のショットは距離に応じて慣性を生かしていきます。

普通のFWショットはほぼフルショットなので慣性をフルに生かします。

すると右胸に収めないで、へそまでスルーしていきます。

コントロールショットはその間ですね。ある程度慣性を殺します。

丸山選手などのフィニッシュで解り易いですが、慣性を殺して

コントロールして、ハーフショットでフィニッシュでシャフト立てて、

左肘を抜くショットが多いです。


 そして、アドレスで腕ダランですよね?

と言う事はアドレスでは「懐」ができていると言う事です。

インパクトでも前傾維持して、腰を前に出さないで

「懐」を維持するのです。

「懐」を維持できれば腕ダランですから右胸には収まらず、

勝手に肩の真下を通過して行きますよね?

体が前に出ると「懐」がなくなり、正しい通り道が消えて

腕が前に押し出され球に近付くか、右胸で止まってしまいます。

右胸で止めて右サイドとセットにして振る時は、

先程の慣性を殺すコントロールショットの時です。


「慣性を殺す」とは、腕を体に密着させてブレーキをかけたり、

全くリリースしない事により、ヘッドの重量により

走ろうとする勢いを減らす事です。

ヘッドを先行させないイメージです。


 前傾維持とはもちろん、前後左右の軸の維持、球との距離の維持、

プレーンの維持のためですが、クラブが体近くを自由に走る為の

「懐」の維持の役割が非常に大きいのです!!

多くの方は球を意識し過ぎて球を打ちに行く為、

腕も腰も体も重心も球の方向=前方に近付いて、

突っ込んで行くのです。

球を凝視するとグリップ、腕が球、ボールラインに

近付いて行くのです。

誰でも必ずそうなります。そういうものなのです。

更にフルショットでは、腕とクラブの振りに遠心力が

強力に働くので、必ずグリップは浮いて、

ボールラインに近付く力がかなり強く働きます。

それに引っ張られて腰も体も前に出ます。

更にそれに体の回転運動が加わるため、肩が開き、

右膝、右腰、右肩の右サイドが前に出易くなり、

右踵が早く上がります。



 良い質問なのでついでですが、

「球を打ちに行かない!!」とよく言いますが、

1、これはトップから直ちに球に向かって打ちに行くと、

グリップを右側で落とせないのです。

球に一直線に向かってしまいますよね。

球に向かう前に、右足の前か右側に落とさないといけません。

その為には球を無視して、まず落とす!!

落ちて、両肘が体についてから、始めてスイングを開始します。

そうしないとインサイドからの正しいプレーンに乗りにくい、

そして、両肘が体に付かないうちに振ると、腕は自由にどこへでも

動いてしまうため再現性がなくなるのです。


2、上記の様に、球を打ちに行くと必ず前に突っ込みます。

腰が前に出て前傾が崩れる原因は、球を、ボールラインを、

打とうとする事と遠心力が原因なのです。

その自然の摂理を回避するためには、球を無視してひたすら

腕を体の近くに通す努力をしないといけません。

それでも、必ず球に当たります。

なぜならそもそも当たるようにアドレスしているからです。

球は正しいスイングの途中に正しく置くものです。

それが正しいアドレスなのです。

動く球を打ちに行くものではないからです!!

野球と違うのはその点です。

来た球を打ちに行くと腕がその方向に出て行きます。

野球のバットは重心距離がゼロで重心と軸が一致しています。

ところが、ゴルフは重心距離が有り、ヘッドの重心と

グリップの延長のシャフトとはずれているのです。

バットと同じ感覚ではソケット、シャンクしてしまいます。


 ゴルフは球が止まっています。動きません。

正しくアドレスすれば、目をつぶって打った方が

むしろ球を打ちに行くミスは起こらず、理想的なのかもしれませんね。

そういう意味では、目を閉じての素振り、ショットの練習は

球を打ちに行かない、本物のスイングの練習になります。

また、バランスを維持する絶好の練習でも有ります。


 試しに球は意識しないで、実際の球より2,3個体近くに

球を想定して、その球を打つつもりで腕を体の近くに通して

振ってみてください。

きちんとアドレスしていれば、それでも球に当たります。

それ位で、やっと遠心力にも耐えられ強い球を打てる

近い軌道が達成できるのです。


3、いつも言っていますが、地面にある球を打ちに行くと

オーバースイングになり易く、リリースが早くなります。

上から下へのスイングになってしまうのです。

これはもう何度も言っているように諸悪の根源ですね。

トップから真下へのスイングではなく、

HWDから飛球方向へ振ります。

縦振り、Ⅴ字軌道と紛らわしいですが、

スイングのパワーのベクトルは水平方向です。




 話がそれましたが、ご質問のトップしてしまう件ですが、

簡単な理屈の問題ですよ。


 球のどこに歯を入れようが、ダウンブローで球の先のターフが

取れるなら決してトップにはならないのです。

球のかなり上から歯を入れても、球の先の下に抜ける軌道なら

かならず球はフェースの上に乗って駆け上っていきます。

だから上げたい時ほど球の先へ打ち込むのです!!

 トップになる原因は、球がフェースに乗っていかないから。

要するの、最下点が球の先ではないからです。

リーディングエッヂの軌道が球の下から上に通っているのです。

要するに最下点が手前になっているのです、

低いフォローが出来ていないのです。

それか極端に左に置きすぎかもしれませんが。

 ちなみにFWもダウンブローで、最下点はアイアンと同じで先です。

絶対に払い打ちではありません。むしろターフを取ります。

ドライバーに限らず全ショットシャローなスイングなんです。

ドラとそれ以外で、最下点の位置が違うだけです。

その為、ボールの位置、アドレスの位置も違います。


 面白いことに、ドライバーは、最下点に、例えば球の10cm

手前にソールできますよね。

で、最下点をそのアドレスのイメージのまま振れば良いのです。

フォローは以前の写真入りの記事の様に、球の打ち出し角と

同じ角度で球を押していければ、効率が上がります。

 しかし、アイアンは球の先に最下点がある為に、

アドレスでは最下点にソールできません!!

パターの様にボールの先に一度ソールしてイメージするのも手ですが。

アイアンは、アドレスとインパクトは違うのです!!

ここをよーく認識しないといといけませんよ!!

では、どうすればいいのか?

インパクトでは左腰はアドレスより10cm近く左に移動します。

この程度では股関節から外れていないので、スウェイでは有りません。

そして、ハンドファーストでインパクトします。

それによって、アドレスでのソール地点より、最下点が単純に10cm

左にずれます。

これでシャローなダウンブローが達成されます。

腕でダウンブローな軌道を作ってはいけません。

 また、リリースが早いと最下点が手前になってしまいます。

そもそも、ハンドファーストはインパクトゾーンで、

リリースされる為に最下点が球の先になるのです。

球の先に最下点を意識しても、球の手前に来てしまうという事は、

インパクト前にリリースが終了してしまっているからです。

そうするとハンドファーストにならず、ヘッドは上昇軌道に入ります。

ハンドレイトの形になります。


 恐らく、ショートアイアンでターフが取れて、

ミドルアイアンから取れないのは、ショートアイアンでは

飛ばす必要も意識もないのでリリースしないか、もしくは

きちんとインパクトゾーンでリリースされているのですが、

飛ばそうとするとアーリーリリースになってしまい、

ハンドレイトでインパクトではアッパースイングになっている

可能性が有りますね。

ゴルフ5等でインパクトの瞬間のフェースの向きを見ることが

出来ます。それで見ると良く解りますよ。


 ご質問の、グリップを下げきることは永遠のテーマだと思います。

現役ツアープロでも満足できないのですから。

うちの研修生も毎日その特訓をしています。

私も全然ですね。

アプローチで思いっきりダフらせてもきちんと打てれば

出来ているでしょうね。

本物のシャローとはダフッても跳ねないぎりぎりの高さです!!

プロの技ですよ!! 

 
 前傾維持も永遠のテーマですね。

最終的にはプロでも力めば維持できません。

しかし、前傾維持するヒントは球を打ちに行かないで

兎に角、腕を体ぎりぎりを通す。

その為には、左手首維持、右手首コック維持で

死んでも球に近付かないで、グリップを浮かせない覚悟が

必要ですよ!!球は無視です。勝手に当たります。

最初からそれで当たるところにアドレスするのです!!


 以上を理解すれば、確実にショットのイメージが変わると思います。

イメージが変わるとショットは確実に変わります!!


お返事お待ちしています!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

New サングラスです!!

 中日クラウンズもサングラスが増えましたね!!

キャディーや観客でもオークリー、スワンズが人気です。

ゴルフ用グラス専門の金栄堂さんから

また新しいサングラスが届きました!!

金栄堂さんのHPです

FLAKJACKET XLJ U.Sフィット 最大サイズのレンズです。

レンズ:OAKLEY純正

P10204872syou4.jpg


FLAKJACKET XLJ U.Sフィット

レンズ:TALEXカッチュウ・トゥルービューハードマルチコート

OAKLEY純正より遥かに高性能な偏光レンズです!!

P10204762syou.jpg

ozniSのレンズ拡大、改良バージョンです。

レンズ:TALEXカッチュウ・トゥルービューハードマルチコート

P10204812syou.jpg

 これもいけそうですよ!!

後日、徐々にレビュー記事書いていきますね!!

これからの季節は、アイケアの為にも、スコアメイクの為にも

ドライブ、ファッションでもサングラスは欠かせないですね。


 しかし、プロの使用サングラスの種類、使い方、帽子での置き方も

様々で面白いです。

片山プロはまた違うサングラスでしたね。

丸山プロはかなりゴツイ型のオークリーでしたね。

先週優勝の藤田寛之プロはキャディーとおそろいのSWANSでした。

契約ぽいですね。

丸山プロが勝てば、2週連続アラフォー優勝ですね。

明日の和合は楽しみですね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

グリップ抜き挑戦!!実験 2

 グリップ抜き再挑戦・・・の前に今度はしっかり準備!!

その前に今度はトロイ墓穴を掘らないように実地練習!!

今度は両面テープの下に潜り込まないように、

針先を鈍角に削りました。

ド素人なりに学習効果。

針2号 小

 そして先に手で針だけを刺してから、

後から注射器を取り付ける作戦に変更。

これなら針が抜けて溶剤ぶちまけたり、

注射器のガラス先端はもう折らない!!

針も見苦しくベコベコ曲がらないぞ!

立派な学習効果でしょ?

溶剤はあらかじめ注射器内に吸って置けばいい。

プロはそんなトロイことは当然していませんでしたが・・・。


 再現テストの断面図!!

こんな感じになってます。

多分こんなの本邦初公開でしょ。暇な奴。

断面図 小

針を唾で濡らすと、なにげに入り易い。

これも、くだらないけど、学習効果!

石鹸ならもっといいかな・・・そこまで要らん?

何度もあちこちブス、ブス、ブス、ブス刺して練習。

刺す角度、内部の両面テープの状態を確認。 

そーか!!

グーッと、ある程度深く刺してから、

2、3mm引き抜けば仮に刺さった両面テープからも抜けるぞ!!

うーん、これで内部の状態のイメージが掴めたぞ!!

貫通した後のゴムの抵抗、圧力の感触の変化も段々分かったぞ。

また、針の刺し込んだ部分の長さにも気をつけて、

何度か数ミリ抜き差し往復すると良い感じで収まります。

それによって溶剤が入る空間を多少でも大きく作れるぞ。

フムフム、なるほどね!!

ウッシッシッ、

今度はこれでうまくやってやるぞ!!

ザマー見ろ!!(??)


 ちなみにこのグリップはミッドサイズなので

通常よりもかなり太いです。

きっとこれが大失敗の原因・・・かも。(悲しいなぐさめ)


 そして、挿入する際の針の向きに注目!!

これだと滑ってテープに刺さり難い。

適正角度 小

 下の写真の向きだと尖った方が突っ掛かって刺さり易い!!

これも、学習効果!

おっさんさんからも、同じアドバイス頂きました。

有難うございます!!

不適正角度 小

 で、テープで実際に針先の刺さり方を実験。

明らかに今回は、針の鈍角の削り方と

挿入時の針の向きでテープの突っかかりが違う!!

刺し傷 小

 で、何箇所も失敗してブスブス穴を開けると

他の穴から溶剤がピューピュー漏れて懲りたので、

一発で最低10cc以上の必要量の溶剤を入れたい。

その為に、グリップの口をビニールひもできつく縛っておき、

揉んでる時に溶剤がグリップの入り口から漏れないようにします。

また、グリップエンドの穴もティーをしっかり刺して

漏れないようにしておきます。

後は抜いたグリップの内部のテープの残りカスを掃除してから

再利用すれば大丈夫!!

LEDライトでグリップ内部は良く見えますから大丈夫!


 今度は、完璧だ!!

絶対失敗しないぞ!!

早く注射器来ないかな。

今度の注射器はこれ!!

普通と違うでしょ!フッ、フッ、フッ。

注射器 ロック先 小

下の写真、左から普通のガラスルアー(先)、メタル先、ロック先!!

メタル先の長所は折れない!!

で、ロック先の長所は更に外れない!!

まさにピッタリ!!

で、20ccでたったの1,039円!!

ナイスなのを見つけましたよ!!

注射器 小

あちこち電話して、段々注射器の専門知識も増えました。

怪しいおやじ・・・と思われた、絶対。

注射器に興味ある方どうぞ!
メーカーカタログ

 で、さらに満を持して、

シャフト固定用バイス購入!!

バイス 小

これは下図の様にシャフトを縦にも固定できる!!

で、たったの1,880円で発見!! ナイス!!

Geotechだと3,465円です。

半額近いです。
アルミバイス AV-100

もー完璧!!


なんか、一見怪しいブログになってきな。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR