FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

球を打ちに行かない

 mk290714さんの大変良いコメントと質問への回答です。

凄く良くなってきてますね!!

もう少しで変わりますよ!!

> 昨日ラウンドしてきました。お蔭様でインサイドアウトでダフリ
という悪症状はなくなりました(打った後、必ずターフ跡を確認。
シャフトが立って降りてきているように感じています)。
感謝しております。

 後方からのビデオで確認しておいてくださいね!!

テークバックとダウンが一致して正しいプレーンを通っているか。

HWB、トップ、HWDでフェースの向きが正しいか。

トップがオンプレーンかどうか。

うまく行った時の映像と感覚を確認しておくと、再現性が高まります。

また、後でスイング矯正していく過程で必ず再度ずれてきますから、

その時に自分でも修正する事が出来ます。

>  今回意識したのは、
> 1.テークバックでグリップを身体の正面からはずさないこと。
> 2.右肘始動でグリップを右サイドで下げきること。
> 3.左肩を開かないこと。
> 4.前傾維持で腕はダラリと構えること。
> 5.ドライバー以外はボールより前が最下点となるようスイングすることです。
> その結果、
> 1.ドライバーはストレートに、
> 2.アプローチではダフリ、トップなし、
> 3.ショートアイアンはダウンブローでボール前方のターフが取れ、
気持ちがよい弾道にと、良くなりました。


> ところが、ミドルアイアンやFWが全て(100%)ボールの上を
叩いてトップでした。この原因がよく判りません。

>グリップが実際には下げきれていないのでしょうか? 
それとも前傾が起きてしまうのか?

>  それと、右肘を真下に落下させるということは、
肘が右胸の横に収まるイメージでよいのでしょうか?



 あー、ちょっとした勘違いですね。

アプローチだと右肘を右胸に収めて右サイドと一緒に振る事で、

クラブが走る慣性を殺し飛距離を落とし距離を調整します。

しかし通常のショットは距離に応じて慣性を生かしていきます。

普通のFWショットはほぼフルショットなので慣性をフルに生かします。

すると右胸に収めないで、へそまでスルーしていきます。

コントロールショットはその間ですね。ある程度慣性を殺します。

丸山選手などのフィニッシュで解り易いですが、慣性を殺して

コントロールして、ハーフショットでフィニッシュでシャフト立てて、

左肘を抜くショットが多いです。


 そして、アドレスで腕ダランですよね?

と言う事はアドレスでは「懐」ができていると言う事です。

インパクトでも前傾維持して、腰を前に出さないで

「懐」を維持するのです。

「懐」を維持できれば腕ダランですから右胸には収まらず、

勝手に肩の真下を通過して行きますよね?

体が前に出ると「懐」がなくなり、正しい通り道が消えて

腕が前に押し出され球に近付くか、右胸で止まってしまいます。

右胸で止めて右サイドとセットにして振る時は、

先程の慣性を殺すコントロールショットの時です。


「慣性を殺す」とは、腕を体に密着させてブレーキをかけたり、

全くリリースしない事により、ヘッドの重量により

走ろうとする勢いを減らす事です。

ヘッドを先行させないイメージです。


 前傾維持とはもちろん、前後左右の軸の維持、球との距離の維持、

プレーンの維持のためですが、クラブが体近くを自由に走る為の

「懐」の維持の役割が非常に大きいのです!!

多くの方は球を意識し過ぎて球を打ちに行く為、

腕も腰も体も重心も球の方向=前方に近付いて、

突っ込んで行くのです。

球を凝視するとグリップ、腕が球、ボールラインに

近付いて行くのです。

誰でも必ずそうなります。そういうものなのです。

更にフルショットでは、腕とクラブの振りに遠心力が

強力に働くので、必ずグリップは浮いて、

ボールラインに近付く力がかなり強く働きます。

それに引っ張られて腰も体も前に出ます。

更にそれに体の回転運動が加わるため、肩が開き、

右膝、右腰、右肩の右サイドが前に出易くなり、

右踵が早く上がります。



 良い質問なのでついでですが、

「球を打ちに行かない!!」とよく言いますが、

1、これはトップから直ちに球に向かって打ちに行くと、

グリップを右側で落とせないのです。

球に一直線に向かってしまいますよね。

球に向かう前に、右足の前か右側に落とさないといけません。

その為には球を無視して、まず落とす!!

落ちて、両肘が体についてから、始めてスイングを開始します。

そうしないとインサイドからの正しいプレーンに乗りにくい、

そして、両肘が体に付かないうちに振ると、腕は自由にどこへでも

動いてしまうため再現性がなくなるのです。


2、上記の様に、球を打ちに行くと必ず前に突っ込みます。

腰が前に出て前傾が崩れる原因は、球を、ボールラインを、

打とうとする事と遠心力が原因なのです。

その自然の摂理を回避するためには、球を無視してひたすら

腕を体の近くに通す努力をしないといけません。

それでも、必ず球に当たります。

なぜならそもそも当たるようにアドレスしているからです。

球は正しいスイングの途中に正しく置くものです。

それが正しいアドレスなのです。

動く球を打ちに行くものではないからです!!

野球と違うのはその点です。

来た球を打ちに行くと腕がその方向に出て行きます。

野球のバットは重心距離がゼロで重心と軸が一致しています。

ところが、ゴルフは重心距離が有り、ヘッドの重心と

グリップの延長のシャフトとはずれているのです。

バットと同じ感覚ではソケット、シャンクしてしまいます。


 ゴルフは球が止まっています。動きません。

正しくアドレスすれば、目をつぶって打った方が

むしろ球を打ちに行くミスは起こらず、理想的なのかもしれませんね。

そういう意味では、目を閉じての素振り、ショットの練習は

球を打ちに行かない、本物のスイングの練習になります。

また、バランスを維持する絶好の練習でも有ります。


 試しに球は意識しないで、実際の球より2,3個体近くに

球を想定して、その球を打つつもりで腕を体の近くに通して

振ってみてください。

きちんとアドレスしていれば、それでも球に当たります。

それ位で、やっと遠心力にも耐えられ強い球を打てる

近い軌道が達成できるのです。


3、いつも言っていますが、地面にある球を打ちに行くと

オーバースイングになり易く、リリースが早くなります。

上から下へのスイングになってしまうのです。

これはもう何度も言っているように諸悪の根源ですね。

トップから真下へのスイングではなく、

HWDから飛球方向へ振ります。

縦振り、Ⅴ字軌道と紛らわしいですが、

スイングのパワーのベクトルは水平方向です。




 話がそれましたが、ご質問のトップしてしまう件ですが、

簡単な理屈の問題ですよ。


 球のどこに歯を入れようが、ダウンブローで球の先のターフが

取れるなら決してトップにはならないのです。

球のかなり上から歯を入れても、球の先の下に抜ける軌道なら

かならず球はフェースの上に乗って駆け上っていきます。

だから上げたい時ほど球の先へ打ち込むのです!!

 トップになる原因は、球がフェースに乗っていかないから。

要するの、最下点が球の先ではないからです。

リーディングエッヂの軌道が球の下から上に通っているのです。

要するに最下点が手前になっているのです、

低いフォローが出来ていないのです。

それか極端に左に置きすぎかもしれませんが。

 ちなみにFWもダウンブローで、最下点はアイアンと同じで先です。

絶対に払い打ちではありません。むしろターフを取ります。

ドライバーに限らず全ショットシャローなスイングなんです。

ドラとそれ以外で、最下点の位置が違うだけです。

その為、ボールの位置、アドレスの位置も違います。


 面白いことに、ドライバーは、最下点に、例えば球の10cm

手前にソールできますよね。

で、最下点をそのアドレスのイメージのまま振れば良いのです。

フォローは以前の写真入りの記事の様に、球の打ち出し角と

同じ角度で球を押していければ、効率が上がります。

 しかし、アイアンは球の先に最下点がある為に、

アドレスでは最下点にソールできません!!

パターの様にボールの先に一度ソールしてイメージするのも手ですが。

アイアンは、アドレスとインパクトは違うのです!!

ここをよーく認識しないといといけませんよ!!

では、どうすればいいのか?

インパクトでは左腰はアドレスより10cm近く左に移動します。

この程度では股関節から外れていないので、スウェイでは有りません。

そして、ハンドファーストでインパクトします。

それによって、アドレスでのソール地点より、最下点が単純に10cm

左にずれます。

これでシャローなダウンブローが達成されます。

腕でダウンブローな軌道を作ってはいけません。

 また、リリースが早いと最下点が手前になってしまいます。

そもそも、ハンドファーストはインパクトゾーンで、

リリースされる為に最下点が球の先になるのです。

球の先に最下点を意識しても、球の手前に来てしまうという事は、

インパクト前にリリースが終了してしまっているからです。

そうするとハンドファーストにならず、ヘッドは上昇軌道に入ります。

ハンドレイトの形になります。


 恐らく、ショートアイアンでターフが取れて、

ミドルアイアンから取れないのは、ショートアイアンでは

飛ばす必要も意識もないのでリリースしないか、もしくは

きちんとインパクトゾーンでリリースされているのですが、

飛ばそうとするとアーリーリリースになってしまい、

ハンドレイトでインパクトではアッパースイングになっている

可能性が有りますね。

ゴルフ5等でインパクトの瞬間のフェースの向きを見ることが

出来ます。それで見ると良く解りますよ。


 ご質問の、グリップを下げきることは永遠のテーマだと思います。

現役ツアープロでも満足できないのですから。

うちの研修生も毎日その特訓をしています。

私も全然ですね。

アプローチで思いっきりダフらせてもきちんと打てれば

出来ているでしょうね。

本物のシャローとはダフッても跳ねないぎりぎりの高さです!!

プロの技ですよ!! 

 
 前傾維持も永遠のテーマですね。

最終的にはプロでも力めば維持できません。

しかし、前傾維持するヒントは球を打ちに行かないで

兎に角、腕を体ぎりぎりを通す。

その為には、左手首維持、右手首コック維持で

死んでも球に近付かないで、グリップを浮かせない覚悟が

必要ですよ!!球は無視です。勝手に当たります。

最初からそれで当たるところにアドレスするのです!!


 以上を理解すれば、確実にショットのイメージが変わると思います。

イメージが変わるとショットは確実に変わります!!


お返事お待ちしています!!
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR