FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ミート率を上げる方法3 テークバックの方法

 この写真はオーバースイングの途中経過ですが、

問題は右肘が既にフライングエルボーになっている事です。

右肘が指す方向は右腰椎が理想で、

この写真では背中の遥か後方を指しています。

この写真の後どこまでもオーバースイングになっていきます。

右肘が浮く原因は、右腕で必要以上に上げようとする動きです。

右腕で持ち上げる動き 小



 下の写真は左片腕でテークバックしたものです。

左脇が締まっていれば左片腕ではここまでしか上がりません。

これ以上、上げるためには上の写真の様に、

右腕を使って上げなければいけません。

この写真は左腕が水平でスリークォーターショットの高さです。

しかし、この状態でコックが入れば、右腕で上げなくても

自然にベストな高さに勝手に上がっていきます。

左サイドでテークバックのドリル HWBまでしか上がらない 小

更に、左肘、右肘が曲がると直ぐにオーバースイングになります。

これは自分のスイングをビデオ撮影しないと自分では分かりません。

両肘、手首が緩むと直ぐに無意識にオーバースイングにないます。

さらに、オーバースイングになると右サイドが伸びます。

伸びたものは直ちに縮もうと、曲がったものは伸びようとします。

緩んで曲がりすぎた右肘も、両手首も、

切り返し共に直ぐに縮もうとします。

伸びた右サイドは、縮もうとします。

だから、トップから直ちに右肘がアウトサイドに伸び、

コックが解けアーリーリリースされ、

伸びた右サイドはクラブを地面へ叩きつけるように、

縮みます。

当然、このスイングでは鋭角な軌道になりダフりかトップ頻発して、

この様にあちこち緩んだスイングでは、

再現性があ全くなくなります。



 シャフトが水平で飛球方向を指すのがスクエアですが、

アマはその意識だとあちこちスイングが緩んでいる為、

通常行き過ぎて、オーバー気味になることが殆どです。

対策としては、

1、右腕で上げない

2、右肘は直角以上に曲げないで、維持する意識が必要

3、左親指を飛球方向ではなく、上に向ける。

要するに垂れ下がろうとするクラブを落ちない様に

左親指で強く支える。

 が、あります。3はグリップに力が入るので適度にして下さい。

ただ、オーバースイングを注意しすぎて、

かつスイングリズムが早い人は

今度は回転不足、捻転不足になり今度はダウンで

直ぐに肩が開いてしまいます。

このタイプも非常に多いですね。

プロでも力んでスイングリズムが速くなりすぎると、

ダウンで体が早く開いてしまいます。





 インパクトは重いものをクラブで押すような体制で、

グリップ低く、体に近く、腰を開かず、前傾維持します。

テークックも同様です。

下写真の様に重いものを押していくようにします。

すると、腕ではなく左サイド全体で押し上げていけます。

左手で物を押すようにテークバック 小

 重い物を押すので下の写真の様に左脇が開く訳が有りません。

テークバックで左脇が僅かでも開くと

左肘が横を向き、フェースがガバッと開きます。

その瞬間確実にスイングは破綻します。

再現性ゼロ。

想像以上に注意しないと出来ません。

テークバックで脇が開くとダメ 小2


テークバックもダウンも兎に角、左上腕は体を擦りながら

動きます。これはスイングの絶対条件です。



 また、右腰のスウェイ、右サイド伸び上がりも最悪です。

スウェイの注意点は、まずテークバックで右股関節が

切れ上がる事です。

これを「股関節を入れる」と言います。

股関節に入れる 股関節が切れ上がる 小2


 右膝は正面を向いたまま、曲げ角度も不動。

写真の黄色線右にスウェイしないよう細心の注意を払います。

要するに右足全体がつっかい棒の様に不動になり、

右股関節を軸に結果的に回転します。 

そうすると必ず右股関節部分が切れ上がる動きになります。

下半身に捻転をためるイメージ 小3

 股関節で回転しないで、右スウェイして行くと

いつまでたってもねじれは出来ません。

どんどん右腰も頭も動いて行きます。

右に動きすぎると左に戻れない小5

 
 下写真の様に頭と右足全体を同時に止めます。

すると右股関節を軸に回転せざるを得ません。

頭の上下移動も制限されますから、

右サイドの伸び上がりもなくなります。

実際には意識と違って多少頭が右に動くことは

許容範囲ですが、右腰は全く動きません。

頭と右膝 テークバックの注意 小

 下図の赤丸の様に丸い形状の大腿骨頭は寛骨と呼ばれ、

股関節を形成しています。

この丸い形状が直線運動を回転運動に変換するのです!!

直線的なスイングが結果的にこの股関節の丸い形状の大腿骨頭=

寛骨によって、自然に回転運動に変わります。

むしろ、回転運動を意識して体幹を回転させると

回転半径が大きくなり回転が遅くなります。

しかし、直線運動の意識だと最小半径で股関節が回転運動に

変換してくれるので、回転運動意識より高速回転になります。


体中でこのような形状の間接は股関節だけです。

この理解なしにでは、スイング理論はありえません。

骨盤 小4

 私が以前3本の軸を意識すると言ったのは、

テークバックの右股関節、フォローの左股関節、

重心の回転軸である脊椎の3本を常に意識すると

ゴルフが易しくなるからです。

合理的でしょ?

一般論の1軸、2軸は全てを説明するためには無理があるます。

3本なら頭の動きに無理がありません
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR