FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

前回のレッスン 

遅れましたが前回のレッスンです。


1、切り返し後に左足リードが強過ぎると回転運動になり易く、

右踵が上がり易い。右足はがに股で我慢。


2、トップで右肘を90度以上曲げないために、左親指を上に向ける。

極端だがサムダウンの様な使い方。


3、左肘下向き維持の為に左手甲を下に向けるような動きをしない。

左腕をひたすら体近くを通すだけで良い。


4、右膝をトップで伸ばさない。アプローチも全ショット共通。

テークバックで右膝も右サイドも絶対に伸ばさない。


5、インパクトまで左肩引かない。早く引くと引っ掛ける


6、アプローチダフらせて低く長いフォロー

フォローは左手で抑えるのではなく右膝の送り込みで低くする


7、軽いフォーワードプレスでゆったりリズムを取るのも手段


8、インパクトで左腕を振る感覚なし


9、フォローで打つ、ゆったり打つ


10、FWボール位置が遠い


11、右肩上がらないように押し込んでいく



 確かにトップで右肘が少しでも曲がりすぎると

良くないですね。すぐに伸びたがります。

トップの形のままで、すんなり下ろす為には右肘、手首の

曲がり過ぎは厳禁ですね。

ちょっと油断するとトップ最期で僅かに緩みます。

それが致命傷になりますね。

 それを防ぐ為に、 

トップで左親指でシャフトをサムダウンの様に支えて

クラブを立て気味にし、緩まないようにして、

そのままの形で下ろせるように練習しています。

トップが締まって、ダウンが良い感じになりますね!!

これもプロに指摘されないとトップで一瞬緩んでも、

なかなか自分では気が付かないですね。



 上記でこちらから相談したのは、

1、の左リードの問題です。一般的には左下半身リードが

重要視されています。しかし、そうすると回転運動になり易く、

右足が疎かになります。

インパクト前に右足をがに股で踏ん張る為には、

左足リードばかり強く意識し過ぎることは良くないですね。

両下半身を使います。


7、は歩くようなゆったりテンポを作るには、

ゆったりとしたフォーワードプレスの、

左への動きの反動でテークバックすれば

テンポが作り易くなります。

但し、フォーワードプレスは大きくやると

フェースを開く癖が付きます。

極僅かな動きの方が良いと思います。


 また、今注意していることは

ドライバーでロフトを立ててしっかりローテーション

する事ですね。

バックスピンを減らすためには、この点を両立して

ビハインドザボールでインパクトしてから、

球にしっかり体重を乗せていくことです。


 もう直ぐドラコン大会ですが、

連休はずっと子守で練習は皆無でした!

ヤバイかな(汗)
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR