FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ツイスト打法で体の開きを抑える 右踵ベタ足でがに股

 これがプロ野球界で話題となっている

「ツイスト打法」です。

野球でもバッティングもピッチングも体が開く事を

最も嫌います。ゴルフも同様です。

「ツイスト打法」は、体が開かないようにインパクトに向けて

開きかけた腰をインパクト直前に逆に閉じる方向に回します。

その方法は、この写真で良く分かります。


 阿部選手は左バッターですから逆ですが、

この後、紛らわしいので右打ちのゴルファーで語ります。
(左右逆に書きます)

右かかとベタ足でがに股ですよ。

これは、ゴルフの飛ばしと全く同じなのです!!

ツイスト打法 かかと上げない がに股

 「普通の打ち方」では、右足の動きを全く意識していないため

右足は加速の為に蹴られるだけで、右かかとはあっさりと上がり、

右膝が曲がって左足に寄って行きます。

全く粘って使う事は出来ません。

その為、腰も肩もあっさり回転して開きます。一目瞭然です。

問題は、回転の意識が全くなくても右足の使い方で

体が開いてしまいまうのです。



 「ツイスト打法」は、インパクトでの体の開きを抑える事が

目的です。その為に、一度開いた腰を逆回転で戻すのですが、

この方法は、腰の操作ではできません!!

右足がに股で、上がりかけた右踵をベタ足に戻せば

ツイストになります。ゴルフと同じです!!


 
 これでは逆に飛距離が伸びない様に感じるでしょうが、

阿部選手のバッティングのビデオを見れば分かりますが、

実際は飛距離は伸びます!!

ゴルフのドラコンの秘訣もこの「がに股」に有ります。


 インパクトポイントをよく見てみましょう。

「普通の打ち方」ではゴルフのボールポジションより

遥かに先です。

要するに、この右足の状態は、ゴルフのボールポジション

では完全に開きすぎているのです。

これでは、手先でこねない限りフェースが思い切り開いて

ドスライス確定です。

これは明らかに右足の問題なのは一目瞭然です。


「ツイスト打法」ではゴルフと同じボールポジションです!

要するに、この「右足ベタ足、がに股」の状態が

ゴルフのボールポジションでの正しい右足の形なのです!!

むしろ、「普通の打ち方」の右足の形でゴルフボール

を打つ事の方が不自然である事は、

インパクトポイントの差で良く分かりますよね。

実は、これはとんでもなく重要な事なんですよ!!




スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR