ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

体は極力動かさない ボディーターンも体重移動の意識も一度捨てましょう

 丁度良い写真がありました。

ちょっと大げさすぎます、左がお手本で腕が伸びています。

右が失敗例で腕が伸びません。

なぜか?

大重移動 2

レンジに大勢いますよね~。

過大なボディーターンと体重移動の意識です。

とにかく体がバタバタむやみに動きすぎ


落ち着いてスマートに行きましょうよ


先に振るのは腕です

体をどんなに振り回しても絶対にH/Sは上がりませんよ~

腕を先に左に振るから頭が自然に右に残りビハインドザボールになります。

腕が振られるから、腕とクラブの重量と大きな遠心力で

勝手に体重移動していくのです。



ところが、右のアンバランスな写真で良く分かりますが

体重が先に全部左、その後腕も左では、既に左右のバランスが

完全に崩れているので腕が伸びる余地がないのです。

これでは左に乗り切れるわけがない。


順番が全く逆です。



ボディーターンも体重移動の意識も体が全然動き過ぎ

腕は体の前で体と連動していますが、一体化してはいません。

もっとクラブヘッドと腕の振りを重視して、体は極力動かさない

クラブを振りましょう



バランスディスクに乗って振ると下半身が踏ん張る役割と

腕と体を分離して振る意味が良く分かりますよ!!

体が腕より動くなんて絶対にあり得ませんよ。



これは2個入りかな?


これは1個入りですね。2個必要です。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

効果絶大 パター片手打ち練習と素振り方法

 ストロークを短期間で大幅に減らすにはパター練習が最も効果的です。

その中で打ち方に関わらず最も効果的だと思われるのが片手打ちです。

以前も紹介しましたが続けて効果が出た方いらっしゃると思います。


パターで重要なのは両手のバランスです。


両手のバランスを取るためには片腕パッティングで部屋練の2mを90%以上

入れる位の器用さが必要になります。

左でもきちんと打てる方はかなり少ないと思いますが、数日間で数千発で

慣れます。


コツはヘッドファーストは絶対に避けたいので肘かグリップをリードさせますが、

私は左肩手では左肘リード、右片手は手のひら手首側リードでスイングします。

ヘッド軌道を注視したり、ヘッドから動かすイメージはないです。

ダウンブローではなくかなりシャローなアッパーブローです。

きちんと芯に当てないと左右方向、距離がかなりぶれるので

パター固有の振幅の再現を意識してかなりゆったり振ります。


素振りは両手でグリップしてから、

1、左片手メインで打つイメージの素振りX2回
2、右片手メイン素振りX2回
3、側筋メイン素振りX2回
4、上記3素振りを全て調和させて使って素振りX2回


そして本振りでは無心で4をそのまま忠実に再現するだけです。

自然に5角形はきれいに、バランス良く維持されます。

カップイン率は大幅に上昇します。

慣れれば2X4=8回の素振りを1x4=4回に減らせばいいのです。



 注意点は、私の場合ですが、ボールに近く構える傾向があります。

近いとイントゥーイン軌道にならずアウトトゥアウトになりがちで

ヒール側に当たりやすくなります。

素振りをしていると気がつきます。

近くたってヒール側にミスヒットすると予測以上に引っ掛けます。

従って左目の真下より少し遠めに置いて、ヒール側のミスヒット

を減らして、曲がりを片方だけに抑えたいです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

オーバースイングだからアーリーリリースになる

 トップで右上腕は水平で、右肘は90度以上が鉄則です。

90度だとダウンでそのままの角度で腰まで下りてきます。

オーバースイングになるとトップで右肘は90度以下の鋭角

になってしまいます。

鋭角の何がまずいと思いますか?

切り返しでグリップが引き下ろされると同時に、垂れたヘッドが

テコの原理で上昇します。するとヘッドに上方への慣性が働き、

右肘の鋭角が急激に鈍角に開かれます。

すると勢いで右肘は90度では止まらず、

更に惰性でアウトにどんどん伸びていきます。

要するにスインガーの意思に関わらず勝手にリリースが

始まってしまうのです。


するとヘッドはアウトに放り出され、典型的アウトサイドインの

アーリーリリーススイングの出来上がりです。


横峯さくらプロや多くの女子プロのようにオーバースイングに

対応できるプロも大勢います。

しかし、切り返し時にプレーンに戻すためにワンステップ余分になる

だけではなく、仮に戻せても一瞬の振り遅れを招き、

更にヘッドやシャフトに不自然な捻れ、慣性を必ず招きます。

これが慣性の怖いところで、位置的にプレーンに戻せれば

良いというものではありません。

重いヘッドの慣性は強く、シャフトは軽く柔らかいので一度捻れると

スイング中ずっと反動が止まらないのです。


常時プレーン上を動いていれば、プレーンから飛び出す慣性は

起こらないのです。

100%のパワーをプレーンの先にある飛球方向に乗せたいのです。



プロはオーバースイングに対抗するための余分な動きを

完璧に再現するだけの訓練を日々行っているから可能なのです。


オーバースイングがアーリーリリースが治らない大きな原因の1つです。

治すべきか、根本のスイングは治さないで余分な動きの再現の

練習を日々行ってオーバースイングを固めて行くのかは自由ですが。



また、右肘はダウンで腰まで落して徐々に伸ばしていきますが、

ここで重要な注意点は、

1、右肩・頭をトップの位置から絶対に落さないで高く維持する事

2、そのために右肘を伸ばして行く事です。


維持するのは手首のコックだけで、

右肘はダウンで自然に任せて伸ばしていきます。

そうしないと右肩、頭が必ず落ちます。

ダウンでの足の踏ん張りの役割は腕とクラブが落ちてくる

慣性に抵抗して右肩・頭を落さない為の踏ん張りでもあります。


殆どの方はタメを作ろうとして、右肩が落ちて被る事に気が付かなまま

無理だとあきらめてしまいます。

もちろん、多くのレッスンが「タメは振り遅れにつながるから要らない。

むしろシャローに振るためにはアーリーリリースが良い」

などと恐ろしく無責任な事を平気で言っているせいもありますが。




これは高速連射のハイスピードカメラじゃないと分からないでしょうね。

このカメラ良いですね

fc160s_mainImg 2
カシオHP
カシオ4
有村智恵ちゃん強くなりました

グリップとヘッドが赤線からだいたい青線ちょっと上までに

収まっていればOK!!
fc160s_golf_pic03.jpg

このラインも壁とスウェイが分かって良いなぁ。

fc160s_golf_pic02.jpg

fc160s_golf_pic01.jpg

これなら欠点が一目瞭然ですね。

fc160s_golf_pic08.jpg

買おうかな・・・。




夜になると27,200円送料込に下る?
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パターで両手首を下に折る

 「ゴルフは80%までがメンタルサイドのゲームだ」

ストロークプレーはかなりメンタルの強さが勝負です。

特にパターにおいては技術以上に精神力、集中力が重要です。

プロでも2mのカップイン率は50%以下と言われます。

それを肝心な場面でガンガン入れるプロと、そうでないプロと

果たしてたった2mでどれだけ技術的な差があるでしょうか。



アマは長いクラブの練習が多くなります。

長いクラブで飛ばすことはレンジでもやはり快感ですし、

ラウンドでもドライバーの成否のスコアへの影響は小さくないです。


しかし、確実にストロークを左右するのはショートゲームです。

ティーショットのミスも十分補えます。

アプローチでカバーできればティーショットの考え方も変わります。

どちらにせよハンデが減るほど、年を重ねるほど、

ショートゲームの比重が嫌でも高まります。


アプローチの練習はショットの種類もライも様々あって

まだ楽しいのですが、パターはどうやっても面白くない。

ストレスと腰痛だけで快感など殆ど有りはしない。

パターだけなら面白さはゲートボール以下でしょう。

ひたすら2mの部屋練も毎日継続はかなり苦痛。

でもやるしかないですよね。

やらない限り確実にストロークは頭打ちで、

むかつくライバルとの差は広がるばかり・・・。

減点ゲームですから日頃から地道な人が最後に笑います。



パターはメンタルなので結局は自信を付けるしか道はない。

毎日の部屋練で自分に合ったフォーム、癖を研究し、

ショートパットの自信を付け、

練習場で5、10、15、20mの距離感を養わなければ

3パットで恥をかき続けます。

本番での緊張状態でも平常心でパットが再現できる自信をつけねば。


例えば、これで数%でもカップインの可能が高まるかも。

パター手首 6

これは通常の構えよりハンドアップにしてシャフトを立て、

パターを吊る様に手首に角度をつけます。

すると手首の動きがかなり限定されます。

グリップの角度を変えればライ角は調整できます。

当然合わない人もいるでしょうが、

トライする価値は十分にありますよ。

私はこれで手首の動きがかなり減って「狙える」と実感できます。

ボールポジションも真ん中近くより普通に左めに変えました。

この試行錯誤が毎日のパター練習ですよね。


ちなみに私はパターのライ角を71度から75度に立てています。

違和感無く構えられるなら、長尺が方向性で有利なように

シャフトは垂直に近い方が方向性を出すには有利です。

実際、ライ角は80度以下という規制で制限されています。

90度の長尺だとあまりにも簡単になっちゃうからでしょうね。


以前も書きましたが、両片手打ちも必須ですね。


100歳までゴルフ人生長いですからこつこつ行きましょうか。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「頭がいいゴルファー悪いゴルファー」

 いきなり凄いタイトルで驚いたでしょ?

大した内容ではないんですが、グサッときますよ。

頭が良いゴルファー syou

いきなり、まえがきからきますよ。

本文1 小

「ゲ、ゲッ、俺、俺

そう、そう、もちろん、あなたの事ですよ

本文22小

グサッ、グサッ、グサッ、グサッと

やられたでしょ

私もやられました、私も頭悪いです



でもここまで言われると逆にスッキリ


ポーカーフェースでクールなゴルファーに変身して

ライバルを見返してやりましょう


今日は字が少なくて楽





本文一部サンプルページが見れます
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

大人気のツアースティック

 Jeepでツアースティック買ってきました。

色は娘が「絶対オレンジ」と即決。ピンクは少しくすんでます。

オレンジ、白、黄色が明るくて見易いかな。

でも白は中央の白いテープが見えない。

長さ122cm、直径8mmの樹脂製のなんでもないただの棒2本です。

縮めたり、曲げたり、つなげたりの芸当は何も出来ません。

全くただの棒。まさに長い色鉛筆。

ツアースティック 2 小

別に100均の園芸用の棒にテープ巻いても良いんですが、

このケースが良いですね。で、長く使えてるなら安いものです。

黄、オレンジ、紫、ピンク、青、赤、ライトグリーン、白

の8色です。

片方が黒のビニールのキャップ付きで、反対は鉛筆の様に

尖っています。地面に刺して立てれるようにですね。

空洞のない樹脂製なので叩いても折れ難いと思います。



ケースはグリップより細く、キャデーバックに入れると

ドライバーより数ミリ長い感じですね。

たまに見かけますが細いので全く違和感がなく、

カラフルでむしろ上手そうに見えます。

遼君やプロも結構持っていますね。

真ん中の白い部分はただの白い蛍光シールです。

ツアースティック 小

うーん、パッティングも有った方がやっぱり全然入りますね。

本番グリーンでこの2本の棒が即イメージできれば良いんですが。

池田勇太プロなんかメチャメチャ決断が早いですからね。

子供の練習にも凄く良いでしょうね。


故中部銀次郎さんもゴルフはアドレスに始まって

アドレスに終ると言っていました。

今度ラウンドでティーショットで確認してみようと思います。

2本でスタンスとターゲットに置いてみて、

ホールによっていかに自分の感覚がずれているのか、

正しいスタンスならどれほど良い球が出るのか、

どれだけミスが減るのかじっくり試してみたいものですね。


時々とんでもなく右向くおっちゃんがいるので

どんだけ変わるか人体実験してみないな。


クラブのシャフトではテーパーがかかっているので

この派手な細い棒の方が全然使い易いでしょうね。

まさに盲点を突いた商品ですね。


送料無料
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ローテーションの秘密

 昨日の訪問者数は新記録の1,672人でした

びっくり仰天 

皆さん、こんなヘタレブログに毎日御訪問有り難うございます

大感謝です

なぜか超久々に人気ブログランキングも1位復活

でもヤバイなー、気楽に下手なこと書けないな~

と言っても実力以上のことも書けないですからね

ゴルフと一緒で

調子に乗ってバンバン書いちゃいますね

今、手首負傷でまだしばらく練習できませんから



 では、昨日の続きです。

自然なローテーションって言われて難しいですよね。

タイミングまで自然じゃないですから。

何かきっかけが必要です。

では、よく聞きますが、

「左腿付け根にグリップを引き付ける」

て、どういう意味だと思いますか?



グリップスピードを減速させるため?

いえ、前回言ったように減速じゃなくて加速するためです。

グリップ全体じゃなくてグリップエンドを引き付けるんです。



「で、どうやって加速させるんだ」 と思うでしょ?




テコの原理でトゥー側を加速するのです

もちろんグリップエンドも減速しないで加速しながらですよ。


だからヘッドは球を捕まえて一気に加速

勝手に。


で、シャフトは一気に飛球線と平行にします。

トゥーは上。


こんな感じです。

ローテーションの秘密


これが分かるとゴルフが変わるかも


これで振り遅れとはオサラバですね。

思いっきりタメれます。

でも、あまり飛距離を伸ばそうと思うのは止めましょうね。

まずは、スコアを伸ばしましょう。

平均飛距離は徐々に自然に伸びますから。


お友達のはちみつくんさんの練習場です

ドリームゴルフガーデン はちみつくんのブログ 女子プロゴルファーに育てる

前橋、高崎、藤岡、足利、佐野、熊谷、本庄、桐生

の皆さん遊びに行ってあげて下さいね!!

群馬県伊勢崎市境下渕名796

大きな地図で見る

いいな~。私なら住んじゃいます。

CIMG3390_convert_20101022204732 2

エライ娘さんもお手伝いですね

CIMG3407_convert_20101025212219 2

質問も出来るんですね、これはナイスですね

近くなら毎日遊びに行っちゃいますよ
CIMG3395_convert_20101024200528 2
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フェースは開くから自然に閉じる それが分かればタメも出来る

 なぜ自然にフェースローテーションするのか?

なぜ自然にアームローテーションするのか?

水平素振り、膝つきスイングでわかると思いますが、

テークバックで人体構造上自然にフェースは開かされます。

フェースを閉じたままでは右肘が押し出されます。

受動的に開かされるので、もちろん開きすぎはまずいです。

その時左腕が内旋します。右腕は外旋します。

その時反転のための捻転エネルギーが蓄積されます。


そのエネルギーをどこでリリースするのか?

タイミングが早いとフェースが被って引っ掛けです。


コックのリリースと同じですよね。

コックもリリースが早いとハンドレイトでヘッドが早すぎて

引っ掛けます。

また、コックをリリースした瞬間にグリップ・体が上に浮き始め、

球を押せない、左に乗っていけない。

飛ばない、精度も低い。



ではリリースポイントを遅らせるためには、

どうしたら良いのか?


単純にもっとフォローサイドでリリースしましょう。

そのためにグリップでヘッドをもっと左へ引っ張ります。


グリップでヘッドをもっと引っ張ればハンドレイトには

絶対にならない。


トップから右足前までグリップを下ろし切り、

左腿まで加速してから、両腕の捻転を一気に開放して

フェースローテーション。

同時にコックも解放して一気にリリース。

リリースと共に更にグリップはヘッドに引っ張られて加速します。

だから右腕が伸ばされ、左に乗っていけるのです。


グリップは下への圧力をかけたまま加速し続けるのです。

要するに左グリップはトップからフォローまで、重力を利用して

ずーとひたすら上から下へ落としていくだけなのです。



だから、リリースさえしなければ上方向に働く力は皆無

なので体は浮きません。

リリースするから浮くのです。



ではなぜ早くリリースしてしまうのか?

経験上振り遅れでフェースローテーションが遅れることが

分かっているからでしょう。


フェースを開かないから腕の捻転が作れない、

作れても知らないからうまく使えない、

リリースのタイミングが分からないのです。



加速したグリップから一気にアームローテーションの捻転を

開放すれば一気にフェースローテーションします。

振り遅れなどなりません。


振り遅れなければ、コックのリリースを遅らせることが

可能になりますよね。


コックのリリースを切り返しから、インパクトゾーンまで

・・・天と地ほど遠いですが、

我慢する・・・、というと大変そうに聞こえますが

要するにずっとリリースしないのです。

どうせ遠心力で勝手にしますから。

イメージできますか?


眠くなりましたので寝ます。

早く球打ちたいなー。



そーいえば、

はちみつくんさんはいいなぁ~。

毎日死ぬほど球が打てて。

楽しそうだな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

私の100億倍ごるきちのはちみつくんさんが・・・・

やっちゃいました。

娘さんのために買っちゃいました。

な、な、な、なーんと、ドリームゴルフガーデン

住所は、群馬県伊勢崎市境下渕名796です。

ナビならば、サンウッドゴルフガーデンで出てきます。

ここ

日本海と太平洋のほぼ真ん中。
佐野アウトレット、佐野厄除け大師のちょっと西で
軽井沢のちょっと東で利根川の近く・・・。ちょっとじゃない
ドリームゴルフガーデン

Google mapはここクリック

クリックで拡大
ドリームゴルフガーデン2

私なら左打席から奥狙いだな。入り口から近いし。
航空写真

色は娘さんが決めました(多分)うちの娘だときっとオレンジ。
ここからメジャーを取る子が誕生しますよ

いいな~。
CIMG3371_convert_20101022204615 2

ゴルキチブログ見たって言えば、はちみつくんさんの

熱血フリーレッスン時間無制限1本勝負(たぶん)


その前に、ちなみに、Kコーチの

 「パパが右プッシュアウトした時」


でも、パパの理論はプロ以上!!(風のうわさ)

いいなあ~、たのしそうだなあ~。


上手く行けば可愛い娘さんのワンポイントフリーレッスンも!!
(スケベおやじ除く)


Kコーチのスクール参加者は、

コンペ用お笑い出し物レッスン会もあるそうです!!(要望次第)


近いうちに私も研修生として雇ってもらいます(願望)


爆笑したら目が覚めちゃった。

私も物まねしてから、アプ錬やろかな。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

インパクトゾーンでグリップを加速する

 最近の一連の記事の続きで非常に重要な問題ですが、

ハンドファーストで打つためには

インパクトゾーンでグリップをしっかり加速させる必要があります。

殆どのアマが出来ていない致命的な欠点と言えるかも・・・。


下図の様にH/S=ヘッドの速度V1+グリップスピードV2になる。

きっちりビハインドザボールが出来て、スウェイしなければ

ローテーションは意図した位置で自然に起きます。

仮想ボール 2

ローテーションはヘッドスピードが上がってグリップを

追い越すことで自然に起きます。

あくまで、ローテーションがきちんとできる範囲ですが、

左グリップのスピードを上げた方がハンドレイト、

ダフリのミスが大きく減ります。



実際問題、

グリップスピードが上がってもH/SもV1+V2に上がる

ので理論上、力まなければローテーションには関係ありません


が。


グリップスピードを上げられれば、

低く長いダウンブローが容易になり、ダフリに寛容になり、

ターフもしっかり取れ、ヘッドの抜けが良くなります。


H/Sを上げるために力任せにグリップスピードを上げる訳ではありません。

V2のアップなどV1と比較したら全くビビたるものです。

力んだらただV1が確実に大幅に落ちるだけです。

「球を意識して減速しないで、

球のずっと先までグリップを加速し続ける」


と言う事です。

この時、意識するのは仮想ボールで、本物のボールとヘッド

ではありません。より体に近いグリップです。


実物の球とヘッドを意識を集中するとインパクトが必ず「点」

になるからです。



 以上が理解できれば、

「右腕が伸びきらない、左に乗り切れない理由」

が分かって来ると思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左ひじは伸ばし切らない 伸ばすから肩が逃げ、体が浮く

 肘とは伸ばしきって使うものではありません。

どんなスポーツでもそうですが、肘が伸びきったら

まともに動きませんよ。


腕が完全に伸びている様に見えても肘は僅かに曲がっています。

余裕を残しています。

肘が伸びきると衝撃を吸収できなくなり危険なのです。


格闘技で突きや蹴りで関節を伸ばしたら直ぐに痛めます。

逆に取られれば直ぐに脱臼か折れます。


 ところがゴルファーはアドレスやインパクトで

左腕を伸ばそうとして、左肘を伸ばし切る方が多いです。

レンジでもかなりの方が伸ばしきっています。

左肩が押し上げられているので直ぐに分かります。

それを「左肩が引けている、逃げている」といいます。

アドレスから引けていてはパワーは全然球に伝わらないでしょう。


腕を伸ばすことと、肘を伸ばし切ることは全く別です。

肩は両肩ダランと下げてなで肩にします。

腕はそこからブランと垂れ下がります。

今まで両腕を一生懸命伸ばしていた方は、5角形に感じるかも

しれませんが、それ位脱力で良いのです。


インパクト時も同じです。肩はダランとなで肩で脱力のまま。

左腕は遠心力で伸び切って、グリップは最下点まで

下り切っています。

左腕に力が入ってクラブを操作した瞬間左肩が上がるので

直ぐに分かる筈です。

左肩が上がった瞬間、グリップが浮き、ヘッドが上昇し

球を擦り上げます。


左肩が上に逃げて、一気に体全体が浮きます。

どんなに良いスイングでもそれで全て台無しです。


下に圧力をかけ続ける、重心低く体を浮かせない、

腕脱力で左グリップを下げる、左肩を逃さないで低く維持する

ハンドファースト、シャローなダウンブローで

タメを維持して振り抜く



ちなみにトップは右腕で上げるのではなく左腕で押し上げ

体から飛球線後方遠くに上げるから左腕が伸びます。

ただ伸ばしているのではありません。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ハンドファーストの方が全然簡単

大手ショップのクラフトマンと話すと、スロー写真で見ると

ハンドレイトでインパクトしているアマがかなり多いそうです。

ハンドレイト=ヘッドファーストは、リリースが早すぎて

腕とシャフトがくの字でインパクトすることです。

腰の回転が止まってヒッカケが出る状態も同様です。

インパクト前にヘッドがグリップを追い越した状態です。

ハンドレイト


ハンドレイトだとフェースが上を向くのでロフトが増えます。

一見球が捕まっていても打ち出しの出球から左で、打球が高く、

バックスピンが多いのが特徴です。

下からあおり打ちで擦リ上げるのでインパクトゾーンが短く

フェースの向きも不安定になり左右に曲がります。

もちろん飛距離の点でも、ロフトが寝て、インパクトゾーンが短く、

バックスピンが多いので、かなり落ちます。


また、アイアンだとダフリ、トップ共に多くなります。

インパクトゾーンは点であり、高度な技術が要求されます。

ハイハンデキャッパーほどあえて難しい球の打ち方をしている訳です。

ハンドファースト

上図が適正なハンドファーストの程度の目安です。

短いクラブほどハンドファーストが強くなります。

ドライバーはゼロと言われますが、ゼロのイメージだと

ハンドレイトになる可能性が高くなります。

私はドライバーもダウンブローのイメージなので

若干のハンドファーストのイメージがお勧めです。

シャローに振れれば必ずアッパーになるので、

イメージもアッパーだと必ずアッパーになりすぎるからです。



では、ハンドファーストで打つ秘訣ですが

下図の様にアドレス時に赤い仮想ボールをイメージして

グリップ払い打つイメージです。

仮想ボール

インパクト近辺では球やヘッドの動きを見るより

グリップの軌道をイメージしたほうが良いですね。

球を見すぎると突っ込んだり、腕で当てにいく動きが強くなります。

グリップもむしろ加速してインパクトした方が

ゾーンで捕らえ易く、ミスが減ります。

インパクトでまだ加速しているということは、

球のもっと先の最下点までダウンブローで

振り切っていくためです。



また、ハンドファーストにするためには、タメが残っている事

=早期にリリースしない事が大前提ですが、

インパクト前にヘッドを加速して球を叩くのではなく、

インパクトしてからリリースして払うように押すイメージが

不可欠です。

インパクトゾーンでグリップを加速しながら、

遠心力でそれまで維持していたコックをリリースして

フォローまで押し切る


イメージを持つとタメが残せるようになると思います。



 それから、そもそも右足前でグリップは既に最下点に

下り切っていますから、その後グリップは水平に動きます。

ですから、グリップを下げることでダウンブローにすることは

そもそも不可能なのです。

従って、ダウンブローの唯一の方法はハンドファースト以外に

有り得ないのです。



グリップを下げて、腕で打ち込んでダウンブローをイメージする

ということは、根本的にスイングが間違っているのです。


球を沢山打つよりこの辺のイメージをしっかり持って

9I以下で集中的アプローチ練習の方が上達は早いです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

なぜ、体、グリップ、右足が浮くのか?

 フォローまで圧力を下に掛け続けたいですね。

そうしないと球を押し切ることは出来ません。

グリップが浮けばインパクトゾーンが短くなり、

フェースの動きも安定せず、ただ球を擦り上げてしまいます。

押し切れないとバックスピンもサイドスピンも増え、

飛距離も方向性も落ちます。



なぜ、体、グリップ、右踵が意に反して浮くのか?

何が浮かせるのか?


浮かせる力が何か働いている筈ですよね。

抑え込めない程の強力な力が一体どこから生まれるのでしょうか?

では、また来週。

つづく。






ウソ。


結論から言うと、

切り返しからの早期の力みとアーリーリリースが原因ですね。

コックをリリースするとヘッドが下へ、グリップが上に動きます。

だからグリップ、肩、体、踵と上への圧力がかかって

浮いてしまいます。

切り返しから力むほどこの力は強力になります。


意図とは全く反対の力が働いてしまうのです。


では、どうしたら良いのか?


ひたすら左グリップを下げ続ける事です。


ダウンで真下にグリップを下ろす秘訣も、

兎に角左グリップを真下に下げて行く事です。

そして、インパクトまで左グリップを下げ切れば、

右グリップは常に上にあるので必然的にコックは維持されます。

要するに単純に、右手が左手の真上にあればシャフトは立ち、

コックは維持されるのです。
簡単なことですよね。

終始左グリップを下げきることが出来れば、

コックは解けず、上への圧力は発生しないので浮きません。

要するにリリースしない限りグリップは浮かず、

ヘッドは落下せず、ハンドファーストで、シャローな

ダウンブローになります。



フォローでも左グリップが下に有り続けます。


リリースのタイミングが遅れないのか?


全く大丈夫、心配無用です。

リリースは意図するものではなく、嫌でも重いヘッドの遠心力で

勝手に起きるので、腕と手首さえ力んでいなければ

振り遅れなどありません。


当然、左グリップは球の先も、フォローでも下げ続けます。

左脇を開放していけば右腕はどんどん伸びていき、

左肩支点で勝手に上がっていきます。





スイングの1つの「動作」「結果」には必ず因果関係があります。

プロはその因果関係の「存在」を知ってはいますが、

論理的に解明できてはいないでしょう。




今までに間違っていたプロが語ってきた理論は山ほどあります。

「存在を知っている」事と、「論理的に解明する」事は全く別です。



因果関係を論理的に解明できれば、技術的には短期間で

飛躍的に上達できることは間違いないでしょう。

それに減点ゲームのメンタルトレーニングが加われば

ハンデは劇的に減少するに違いない
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

最下点の僅かなイメージの差

Norton 90日試用版×2 これで半年タダですよ


 皆さんアイアン、FWでは最下点のイメージは当然球の先に

あると思いますが、距離はどれくらいでしょうか?

それによってショットは大きく変わります。

球1、2個分先の方が多いのではないでしょうか?

もしそうなら凄くスティープな軌道になり、点の勝負になります。

ザックリと紙一重の難度
ですし、

スピンコントロールが難しくなります。(下図の青線)

最下点のイメージの差

赤線の様にアバウトに球のず―――と先にイメージすると、

自然にシャローな軌道になります。

要求されるインパクトの精度は「点」ではなく「ゾーン」になります。

少々失敗しても大した事はなく気楽に打てます。


これがタメが効いたハンドファーストのダウンブロー軌道です。

タメはインパクトした後に遠心力で勝手にリリースされます。

極普通に脱力できていれば。



シャローに打つためにグリップを早く下ろし切ります。

そしてひたすら左グリップを低く、低く振れば

圧力は下方向にかかり、コックが解けず、ヘッドは下らず

ダフりません。

ダフりを恐れてハンドアップにするのは全く逆効果。

ダフルなら左グリップを更に下げ、右が上。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

なぜ右腕が伸びていかないのか

 大型マレットパターで飛球線上でヘッドを真っ直ぐ動かす様に、

また、正面のターゲットに向いてアンダーハンドでトスする様に

手のひらを飛球方向に向けたままスイングすると右腕は伸びません。

ローテーションする、しない、自然に勝手にする、

の議論がうんざりするほどありますが、

体の前で右腕をダランとぶら下げ完全脱力で左右に振れば

テークバックで勝手に開きインパクト以降は勝手に閉じます。

誰でもわかりますが、右肩支点で腕がロールします。

肩が止まっていようが、動いていようがロールします。

それが極自然な当たり前の動きです。

脱力した腕の自然なロールの動きの中で

右手のひらが上を向く瞬間などあるでしょうか?


無いです。


よく「すいくい打ち、球を上げようとしない」という

レッスンがありますが、

本人達は「上げる意識などさらさら無いのに」と思うでしょう。

それは意思があろうが無かろうが、ただ

「右手のひらが一瞬でも上を向く」動きを指している
のです。

ファンドファースト、コックを維持する、右手首の角度を維持する

アーリーリリースしない、上げようとしない、と言いますが、

全て同じことで、要はビジネスゾーンでは

右手のひらを絶対に上に向けないことなのです。



振ってみれば直ぐに分かります。

インパクト以降手のひらを飛球方向に向け続けると

手のひらは上を向いていきます。

フェースは右手のひらと同じで動きで、当然上を向きます。

大型マレットパターの怖い点はここにあります。

その他のクラブと全く違う手首の動きをしなければいけない。

毎日打っているプロなら出来ますが。

しかも超高速グリーンなら仕方ありません。


完全脱力で自然に振られれば手のひらは絶対に上には向かず、

ロールしながら飛球方向にどんどん伸びていきます。


なぜか?上昇しないからです。

ハンドファースト、コックが維持されていれば手のひらは

むしろ下を向きながらロールします。

インパクト後にリリースするイメージでも遅すぎることは

絶対に無いです。


トップからグリップを真下に落下させる、コックを維持する為には

ひたすら左グリップを下げ切れば良いのです。




手首はやっと部屋練でアプローチきるようになりました

球は拾うのが面倒なので70球に増殖中

バランスディスクは数日間でも効果絶大ですよ
部屋錬 小 2

Jeepにツアースティック買いに行こうかな。

金・土曜両方お誘いがきてますがまだラウンドは止めておこう。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

SWANS GW-3701フレーム 遼くんも使ってますね

 遼君も使ってますね。SWANSのGW-3701です。

私のお気に入りのゴルフ用に開発されたフレームです。

yk-gw3701-00 2

一見スポーツタイプに見えないですが、逆に飽きないですね。

生き返りのドライブでも変更レンズは必需品です

この夏もいろいろなサングラスとレンズを使ってみましたが、

ゴルフプレーでは未だにこのフレームに勝るものは無いです。


001368 2


ゴルフ用サングラス専門の金栄堂さんのHP
TEL:0238-88-3062 那須 丈雄さん

コダックのPolarMax6160テンダーグレー偏光レンズ

を使ってカスタムメイドで作って頂きました。

いつも丁寧で、親切に相談でも乗って頂けますよ。

今回もフレーム調整、コーティングで特殊加工して頂きました。



 人気モデルとの形状比較です。

OAKLEY FLACKJACKET レンズ:SlateIridium

矢野東プロ、宮里藍プロ、イチロー選手使用レンズカラー

ゴルフ用サングラスではFLACKJACKET最人気商品ですね。

使用プロは最多です。

SWANS GW-3701の方がレンズの幅も高さも遥かに大きいです。

P1040451 2小


FLAKJACKET XLJ U.Sフィット 最大サイズのレンズです

レンズが大きく外人選手の使用率が高いですね。

かなり大型レンズのUSフィットはレンズ下の隙間が殆ど無くなり

目をきっちり完全に被いますが、頬に当たります。

隙間が無くなり過ぎて、換気が悪くなり夏は蒸れ、

長時間の使用では次第に圧迫感を感じるようになります。

P1040452 2小2

SWANS GW-3701のレンズの方がフレームもレンズ幅も広いです。

そのため少しルーズ気味に感じますが長時間の使用には

緩めの方が良いですね。緩めと言ってもずれたり、

帽子に載せて置いても落ちたりはしません。

レンズの高さはほぼ同じなのですがノーズパットが高くので

レンズの下の部分に隙間が出来て蒸れません。

またレンズと顔が適度に離れるため曇りません。

左右、上下に隙間があるので圧迫感も全くありません。




おなじみのSWANS WARRIOR-BM 石川遼プロ使用モデル

中央の隙間が大きく光の漏れが激しい。

またフレームがかなりきつい!私は18H絶対にもたない。

遼君以外の使用プロは契約プロ以外殆どいない。

遼くんが使用している理由が分からない。

P1040507 3



 掛け心地と光の漏れで非常に重要なノーズパッド形状の比較です。

一番左SWANS GW-3701が最大で全く光が漏れない。

中央のWARRIOR-BM は透明のシリコン製の柔らかいパッドで、

調整の自由度は高いが、光の遮断性の点では全く劣る。

右側のOAKLEY FLACKJACKETも見ての通りGW-3701と比較すると

かなり小さく上下から光が漏れる。

P1040496 2

また、日本人の鼻の低さからレンズと顔の距離を維持する

点でも、安定性の点でもこの大きさと形状は非常に心地良いです。

18Hですからファッション性より機能性ですよ。

それにオークリーちょっと多過ぎ。

GW-3701お勧めですよ





金栄堂さん 
GW-3701+コダックテンダーグレー偏光レンズ カスタムメイド 
TALEXレンズは電話 0238-88-3062 那須 丈雄





OAKLEY RADAR ICHIRO 51 SIGNATURE
 イチローモデル

デーゲームが増え、野球選手のサングラス使用が非常に増えました。

プロ野球界では圧倒的な人気です。

中心が繋がっているため視界が途切れない。

しかし、レンズの選択が限られます。

プロゴルファーでの使用者はいないですね。

ichiro2010b 2

Newレンズの使用感は、

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

三浦技研 WMF-05 52°57°オーダーしちゃお

 アイアンは全て、まんまこうなる予定

全部変わります

なぜ三浦のヘッドが全く違うのかその秘密がこれ。

精密鍛造製法
W.D.D. accurate forged
精度の秘密

メーカーに電話したところ、現在は大手メーカへのOEMはないそうです。

しかし、USPGAメジャー選手へのOEM供給は多数あるそうです。

要するに大手メーカーデザイン・刻印のプロトタイプですね。

見た目は大手メーカープロパー品でも、中身だけは全く三浦製って奴。

WMF-05 9

出っ歯に見えないネック形状。

キレイにストレートに見えてラインを出し易い。

CB2006のPWとの繋がりもVery Good

ノンズロの予感おやじ

WMF-05 12

三浦なら道具のせいにはきっとしない。

WMF-05 8


メチャメチャ美しいですね

WMF-05 52 2


買わずにはいられない

WMF-05 5

もうダメ

img41063053.jpg

カッチョ良いなー

買うっきゃないでしょ

ウェッジは新品だな。



で、しつこく30個限定キャディーバッグチェック。 

89,250円。 高! えっ売り切れ

MGバッグ 2

こっちは59,500円 色が違うだけじゃん。

でも、高いなー。

見たことないから良いなあー

l_photo012.jpg

でも恐らく誰も気がつかないな。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

バランスディスク かなり効果的ですよ!!

 子供のレッスンで一目惚れしたバランスディスクが届きました。

汚い足で申し訳ありませんが実際に打ってみるとこんな感じです。

かなりしっかりしています。体重95kgでも全く問題なさそう。

スポーツクラブの1個数千円の高いのも使いましたが変わらない。

送料込みで1,700円は十分安いです。

バランスディスク12

大きさは直径31cm位、厚さは10cm位。丁度良い大きさです。

膨らませ方によっていくらでも厚くなります。

バランスディスク22

突起は足裏マッサージになる位結構しっかりしてます。

でも裏面は平らなので痛くなったら両面使えます。

バランスディスク32

打った感想は、足元がかなりグラグラするが意外とちゃんと当たる

体が揺れてもヘッド軌道はしっかり安定して振れますね。

意外な人体の能力。

振り続けているといろいろ気が付きます。

ディスクの上はかなりバランスが悪いので、ずっと足裏全体で

前後左右に微妙に重心を動かしながら、かなりバランスを

取る必要があります。この時、拇指球加重とか土踏まず加重

とか部分的な加重の意識なんて全然無理ですね。

足裏全体で必死ですから自然に最も合理的になるのでしょう。

足はやっぱりがに股に近くなりますね。

膝の角度はあまり曲がりません。


そしてスイング中は足腰、体をムダに動かせない。

要するに体はバランスを取るのに必死で、

バランスを崩すような不安定な動きはできません。

肩が開いたり、左右の肩が上下したり、ルックアップ、

ヘッドアップ、前傾起き上がりも起きません。

体重移動も殆どできないのでハーフショットしかできませんが

無駄な動きがないスイングを叩き込む良い練習になります。


 一方、腕のスイングはそんな体とは独立して動きます。

グラグラした体と一体化していたら球など打てません。

もちろんちゃんと腹斜筋とコックで上げているので

手だけで振る手打ちではありません。


初動で足腰が一緒に動くテークバックだと確実にぐらつきます。

しかし、腹斜筋で上げるとぐらつきません。

どうしたら安定したテークバック、切り返しが出来るか

確かめられます。

体と腕を分離するとはどういうことか。



 これらを意識して確認してから、床の上で同じ様に

踏ん張って打つと、踏ん張るとはどういうことか良く分かります。

また、腕と体の切り離しが分かります。

もっと早く買ってやれば良かった。

タイヤ利用

この子もこの後にスイングが一変して下半身がどっしりして

重心がズドンと落ちましたよ!!



ところで、これいいなぁー。

WMF-05 62

リーディングエッヂは結構ストレート。

丸くない。アイアンぽいです。出っ歯には見えない。

三浦なら間違いないと思う。気分的にも信頼できるし。

見れば見るほどオーダーしたくなってきた・・・・。

どーしよ。

img41063053 1

ウェッジはやっぱ新品でしょ。

今のクリーブランドの52°はもう錆びだらけで古いし・・・。

CB2006のPWにも合わないし・・・。

買うしかないか・・・。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

側筋(腹斜筋主体)で上げる

 スコアメイクさんから腹斜筋でテークバックを始動する

事について質問がありましたので回答致します。

 図解速成目からウロコのパット術 著者: 田原紘の紹介で

丁度この53ページに絵と説明が出ていましたのでご紹介します。

側筋 パッティング1


ここで言う「側筋」とは、腹部の横の部分を指していますますが、

まず「側筋」という筋肉自体は存在しません。

「側筋」のメインである「腹斜筋」という筋肉はありますが、

この筋肉は、体をねじったり横・斜めに傾ける働きをします。

 一般的に「腹斜筋」と言うと、大雑把に下図の

外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、腸腰筋を含みます。

体を真横に倒す時はこの腹斜筋と背中の方にある「腰方形筋」

という筋肉がともに働いて体をコントロールして倒します。


田原紘上プロの解説は背中側は「腰方形筋」を特に意識する

ように言っていますが、「腹斜筋」を中心とする「側筋」全体

の中でも前と後ろを区別して意識するんでしょうね。

腰方形筋

青で囲んだ上の腰方形筋と下の外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、

腸腰筋
が一般に大雑把に言われる「側筋」や「腹斜筋」に含まれます。

側筋

パターに限らず、ショットでもテークバックするとき、

ダウンするとき共に「側筋」を意識すると、

腕でひょいと上げることが全然間違っている事が良く分かります。

しかし、腕で振らないからボディーターンや下半身リードだ、

とは全く言えません。むしろ体はできるだけ不動に近く、

主役のクラブと腕だけ振ります。


ただ、腹筋、背筋と大きい筋肉は不器用なゆえに再現性が

あっても繊細なタッチ、距離感は出せません。

したがって右手の距離感と側筋の再現性の両方をうまく

使うと効果的ですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

手振り上等

 昨日も知り合いのプロからお誘いがありましたがお断り・・・。

手首はちょっと打てるようになってきたので自宅屋内で三浦アイアン

を少しずつ打っています。やっぱり良い感じですね!!


PWのFPが5.0mmなのでショートアイアンがストレートで

非常にラインを出し易いです。球も拾いやすい。

さっと構えても、ヒッカケそうな不安が出にくいですね。

しかし、ロングアイアンはFP3.0mmと多くないので易しいです。

また、ツアーモデルのブリヂストン703と比較すると

同じシャフトDGS200で三浦CB2006はロフト1~2°寝て、重量重めで

長さ37.5で同じなので打ち易くなるはずです。

必要なのはライ角調整、グリップのバックラインの調整位ですね。


部屋練ではミドルアイアンでスリークォーターなら

天井をぶち抜かないで振れます。

いっそのこと天井全部剥がしたいのですが・・・。


今PCで木魚みたいなメトロノーム聞きながら書いています。

65ビートのゆったリズムを体に染み込ませようと思って。

部屋練ももちろん全ショットメトロノームを聞きながらです。

フリーソフトのアート・メトロノームをVectorでダウンロードして使っています。

沢山あっていろいろダウンロードしましたが

これはいろんな音が山ほどあって選べるので一番お気に入りです。

他のソフトで音を沢山選べるのはないです。VISTA対応では。

問題はスペースキーで停止、開始されるので何か書きながら

聞いていると変換キーを使わないといけないです。

スペースキーと連動しないと助かるんですが・・・。


今は65ビートで全ショット打っています。

ちなみにこれWEBメトロノームはインストールしなくても使えるのですが

これは体に染み込む音じゃない。

ノイジー過ぎて優雅な気分でPC作業もできません。

長時間聞いているとやはり洋楽器より木魚やししおどしの竹の音

みたいな音が日本人には合っていますね。

img10123029051.gif
楽天で360万円の木魚

木魚は要らないですがこういう庭があったら良いなあ。

東京じゃ無理かな。
images2.jpg

普通は安静時には心拍数は60前後です。

ゴルフの時は歩いているし緊張で少し上がるので

走ったり、異常な緊張でない限り、65~70位なら

心拍と同じテンポになります。

これが自然で再現性が高いのでしょうね。

だから走るとテンポが乱れるので良くないんですね。




今友人からスイング相談受けていますが、

原因は日本人ゴルファーを無限地獄に陥れている

ボディーターン症候群ですね。

主役はクラブです。

しかし、日本流ボディーターン理論では腕を動かすことは罪悪で

常にクラブと腕より足や体ばかり動かさないといけない。

でんでん太鼓のイメージは誤解を招く事が多いので

好きじゃないのですが、

腕だけはあの「紐」であることは良く似ています。

デンデン太鼓のイメージの非常にまずいところは

軸がひもの先の球に引っ張られるイメージは全く出ない。

直線運動のイメージも全く出ない。

あれでは回転運動と勘違いして軸を高速ターンしたくなります。

体幹ばかり意識が行って、クラブを無視して胴体ばかり回したがる。

実際ボディーターン、下半身リード、レイトヒットと言う

誤解を招く言葉のセットは体さえ使えば腕とクラブは勝手に

正しく付いてくるという、とんでもない誤解を招いています。


実際はテークバックでも体は不動でクラブ、腕が先に動く。

小田プロは始動はコックだけで挙げています。

先にあげればインに引くミスが減り、コックが意識できます。

小田孔明12
小田孔明22

インパクト以降も明らかにクラブリード。

頭とクラブヘッドが思いっきり引き合います。

小田孔明8.5
小田孔明8.7

腕はデンデン太鼓のただの「紐」でゴムの様にビヨーンと伸びます。

クラブが腕、右肩、前傾、右足を引っ張っていきます。

だから、低く長いインパクトができる。

左に乗リ切れる

ボディーターンで体や腕がクラブを引っ張ったら

絶対に左には乗リ切れません。低く長いインパクトなど不可能です。

前傾して腕はブランブランです。

小田孔明9

クラブに引っ張られて右肩が飛球方向に出て行かないと

左に乗り切れない。腕か体でクラブを引っ張ったらダメ。

小田孔明10

ボディーターン症候群の方はボディーターン、下半身リード、

レイトヒットを一切忘れましょう。



良いドリルがあります。これ。

赤上げて、白上げて、白上げないで・・・・

子供は体をどう動かそうとか、どこの筋肉を使うとか

一切考えません。人体の自然な動きをします。

エパック

このドリルは前傾して腕ブランでバトミントンのラケットを持ちます。

ラケットの面は紅白で右手のひらと右手の甲の向きとほぼ同じです。

9-3時のハーフスイングで正面の人に9時で赤=右手のひら、

3時で白=右手の甲を見せるのです。

この時子供はフェースローテーションなど一切考えませんし、

彼らにとってそんなことは知ったことではないのです。

しかし、完璧に自然なフェースローテーションの練習ですね。


当然ハーフショットと同じで手で上げ下げしています。

子供にボディーターンだ、下半身で振れと言ったら

まともに振れるでしょうか?

とんでもないグチャグチャなスイングになってしまいますよ。

手振り上等、だから下半身不動、体も開かず、前傾も起きません。


子供は腕力がなく、クラブが重いのでクラブを振る為に

一生懸命に体をちゃんと使います。

子供の頭の中にはクラブを振ることしかないのです。

体を動かす意識など全くない。

だから我々大人の様に、変な、奇妙な、無駄な、みっともない

動きが全くない。

だから数年でシングルになれる。

我々の様にショットの結果に対して負け犬根性、ネガティブ思考、

恥ずかしい、カッコ付け、緊張、不安、恐怖、劣等感がない。

英会話と一緒であっと言う間に上達します。


ところがボディーターン、下半身リード、レイトヒットを

習った我々は全く逆で一生懸命腕を振らないようにしてきた。

体軸ばかりデンデン太鼓の様に必死に回そうとしてきた。

だから下半身も上体もグラングラン動きまくる。

なのに最も肝心の腕とクラブは全然動いていない。

そりゃーそうですよ。

「腕を動かさないで体と下半身でクラブを振って球を打て」

と言うんだから、そんな不可解極まりない動きは不可能。

で、あっちこっち治しても腕を振らんと一生治らない。


手振り上等、手振りが基本。

パターもアプローチも手振りです。

これが全ショットの基本です。

練習は手振りハーフショットだけで十分。

ボディーターンで振ってたら一生、

不安、恐怖、挫折、敗北、屈辱、自己嫌悪、劣等感、愚痴、

タメ息だらけの負け犬ゴルファーで終ってしまいます


手が先、手振りと言っても腕力で振らないですよ。

パターもそうですが腹斜筋であげます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

不安と恐怖に打ち勝つ

「How to Play Consistent Golf」堅実なゴルフの方法
by Tom Kite and Larry Dennis

の中で1981年と1989年に2度賞金王に輝いたTom Kite トム・カイト

が語っています。

怖がらないプロはいない

この件についてPGAツアーで
語られたことはなく、誰も認めようとしない。

しかし、
いくら平静を装っていても、どのプロも神経質に

なっていて、死ぬほど怖がっているかも知れないし、

吐き気を催しているかも知れない


上はジャック・ニクラスから下は初優勝を狙うプロ、

初参加のルーキーに至るまで、同じように恐怖を感じている。

あなたのコースのクラブ・チャンピオンシップに勝とうと
している人や、18番で賭けに勝つための3フィートの
パットをねじ込もうとしている人も同じことだ。

あるショットの成否、勝利や敗北について心配が湧いて来たら、

中国の7億人の人たちを思い浮かべるべきだ

彼らはあなたの一打のことなど知っちゃいない

どうでもいいことなのだ


興奮・ストレス状態ではアドレナリンが大量に分泌される。
もし、ある決定的な瞬間にアドレナリンが機能しないとすれば、
あなたはその瞬間をあまり気にしていないか、
既に死んでいるに違いない。

興奮するとスウィングが速くなる。

これはアマチュアに限らず、プロも同様である。


スウィングを速くし過ぎると、しっかりしたインパクト
が損なわれ、飛距離をロスする。

私もトーナメントにおいては、ほぼ毎日のようにアドレナリンと

恐怖に直面しなければならない。

その際、テンポとルーティーンに集中して乗り切る。

かなりゆっくりスウィングしたと思ったスピードが

通常のスピードかも知れない。



非常に面白いですよね。

そもそもゴルフはプレッシャーに打ち勝つゲームです。

ポーカーフェースのプロでさえ毎日「アドレナリンと恐怖」

と戦っているのです。

ただでさえ誰もがプレッシャーがかかるゴルフで、

更に毎度のごとく、

自らスコアのプレッシャーをかけ

自分の力以上のショットを期待し

同伴者、後続、若いキャディーにカッコいいところを見せよう

OB、林、谷、池、バンカーに打ち込むことを過度に心配し

山ほどの失敗の記憶を蘇らせていたら


果たして・・・どうなるのか

「不安と恐怖」で筋肉が硬直しまともなスイングなどできる筈がない


通りで上手くなるわけないわな


俺のゴルフはまるで煩悩の塊だ・・・


では、何事にも不惑の悟りを得た仙人の境地に至れば良いのか・・・


そりゃー、もっと無理だろ。 ニクラウスを超える気か?



不安、恐怖、挫折、敗北、屈辱、自己嫌悪、劣等感、愚痴・・・・・

タメ息・・・・・・・・・・・




でも直ぐにまた性懲りも無くゴルフに出掛けてしまいます


どうせまた挫折と敗北と屈辱と自己嫌悪を味合うのに・・・



中毒を通り越してゴルファーはきっとマゾなのだ
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

劇的に進歩する時、一体何が起こっているのか?

 南カリフォルニア大学(USC)のモーガン・マッコール教授

の「Quantum Leap Experience」という研究のなかで

「人の成長は漫然と漸進的にゆっくり進むのではなく、

ここぞと言うときに大きなジャンプがある」
と言っています。

皆さんの周りにもいきなりゴルフが変わって

劇的に上手くなった方がいらっしゃると思います。

一体何が変わったのか?

技術か? メンタルか?

子供も短期間で劇的に上達する典型ですよね。

では、技術より、メンタルでしょうか?


 宮里藍プロは54 Visionのメンタルレッスンを

世界ランキング1位の要因として挙げています。


Golf Digestによる2010年9月の宮里藍プロのインタビューで

良い事を語っていました。訳もつけました。

「Q: You won a lot of tournaments before joining the LPGA Tour
in 2006, but it took you three years to win. Why?

質問:2006年LPGAに参戦する前は何度も勝っているのに、
LPGAでの初勝利までに3年かかっているが、その原因は?

A: I was so young when I came over here, and I couldn't speak
any English, so I didn't have a very strong confidence.
The environment was so different; it took awhile to get used to.
But then I started working with Vision 54 [coaches Lynn Marriott
and Pia Nilsson], and they've helped me a lot. My confidence is back.

藍:USに来た時私はまだ非常に若く、英語も全く出来なかったので
強い自信を持つことが出来なかった。環境も全く変わったので
慣れるのに暫く時間がかかりました。

しかし、Vision54のリン・マリオットとピア・ニールソンの
多大な指導により、自信を取り戻す事が出来ました。


Q: That's evident; you've won five LPGA events in the past 12 months.
Mentally, what has changed?

質問:過去12ヶ月でLPGAで5勝を挙げた事でも明らかですが、
精神的に一体何が変わったのでしょうか?


A: It's like there's another Ai Miyazato inside me that controls me.
She keeps me from thinking bad things and allows me to give myself
some very good self-talk.

藍:もう一人の宮里藍が自分の中にいて、私をコントロール
しているのです。彼女は私のネガティブな思考を、
ポジティブな独り言に転換する手助けをしてくれるのです。


Read More http://www.golfdigest.com/golf-digest-woman/2010-09/golf-sternberg-miyazato-interview#ixzz127UhieRA


最後はちょっと変な訳になりますが、常に客観的に見る

と言う事は、主観で一喜一憂しないと言う事でもあります。


究極のポジティブシンキングとは何か?

全てのアンラッキーも成長のためと喜んで受け入れ、

プレッシャーを喜んで楽しむことでしょうか?


「GOLF54ビジョン」自体は非常に読み難い本ですが、

アマにとって直ぐに役立つ点を紹介しますと

・主観を交えず感情を一切表現しない。客観的に状況を眺める。

・障害があるからこそ面白い。荒天でプレーできる時こそ

願ってもないチャンス

・OBを目の前にしてもその存在自体を無視してターゲットだけを見る。

・もしOBに打ち込んでも他人事の様に何事もなかったように振るまう。


ポーカーフェースとよく言いますが、精神力の強さの現われです。

私も含めて多くのアマチュアは、

・既に打った球に向かってワーワー騒いだり、

・悪いライにはまった不運に文句を言ったり、

・自分で招いた結果に対してぼやいたり、

全てメンタルの弱さでしょうね・・・・。

今まで大変恥ずかしい事をしてきたんですね。


今後は、全ての悪い状況を逆に成長の為のチャンスだと喜びましょう


・大雨でも強風でも大喜びで楽しんでプレーする

・藍ちゃんの様にもう一人に自分が全て客観視する

・OB、ミスショットにも人事の様に振るまう、決して動じない
(あっ!! とか今後死んでも言わない)

・バンカー、ディポット、木もやったー、ラッキーと

良い試練を与えてくれた神様に感謝して大いに喜ぶ!

・スコアに一喜一憂せずに目の前の1打がマッチを決める

1打だと常にプレッシャーを感じて集中する

・ストロークプレーだと毎度のダボで切れるので、

マッチプレーでホールごとに気持ちを清算して切り替える。



どうでしょうか?

これで劇的に進歩するかも
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

チビの練習 別のスクールで体験レッスン

 あるジュニアスクールの見学で生徒達のレベルの高さに愕然

体験レッスンを受けてきました。

実は1年前から気になっていたのですが・・・・。


フィニッシュで止まって爪先で3回トントントン・・・トントン。

3回だって。5回もやらなくて良いよ。



うーん、この一年の進歩はとても及第点に及ばないな

もっとしっかりしたカリキュラムで競技出場を視野に入れた

計画性がないと子供の意欲も競争心も全く出ない。

強いライバルがいて、もっとコースをラウンドして

楽しさを教え込まないと、このままじゃ全然ダメだ

ちょっと自分のことに集中しずぎたな・・・。大失敗。


赤上げて、白上げて、白上げないで・・・・

エパック

完璧にフェースローテーションの練習。

アドレスのルーティーンでも腕ブラ~ンがあります。


上級生がバランスディスクの代わりにタイヤの上で素振り

直ぐに下半身の安定度が見違えます、オーマイガッ

タイヤ利用

最安バランスディスク速攻オーダーしました。

2個で1,700円送料込、安!



恐るべしジュニアレッスン合理的です。


自分もジュニアに戻りたい・・・・・・

で、きれいな可愛い先生に教わりたい・・・あ、違うか
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

三浦技研 CB-2006 買ってしまった!!

 また、買わずにはいられない病が・・・・

で、速攻で見つけて買ってしまいました。

多少ソールにすり傷はありますが中古としては程度は極上品

S200で重量が心配でしたが、全く問題はなく

あまりにキレイなのでしびれて試打なしで速攻ゲット

5I 37.5インチ 430g D2 ツアーベルベットラバー バックライン有

この手首の怪我ではろくに打てないし、

だめならS400、X100にリシャフトすればOK。

CB2006 8 小

元オーナーに申し訳ない位安く、更に20%OFFで超激安。

それでもしつこく四の五の難癖つけて言って値切りましたが

やっぱり1円も値切れず。

しかし、このまま他で売っても儲かるかるんじゃないか

バックフェースもほぼ無傷!!

CB2006 2 小

三浦技研は全てカスタムかオーダー品なので

いくらヘッド品質が良くてもクラフトの組上げの腕が問題です。

まず、シャフトがホーゼルに真っ直ぐ入っているか

ネック方向からと、グリップ方向からの両方から慎重に見て

全クラブのシャフトの刺さり具合をチェック

まー三浦製は全てホーゼルの穴が完璧に真っ直ぐなので

余程間抜けな工房でない限り曲げて入れる方が難しい。

l_photo03.jpg

CB2006 178

次に、重量フロー、バランスをチェックします。

三浦はヘッド重量の個体差の誤差はほぼありません。

なんと重量誤差±0.5g

グリップ重量、接着剤の量、両面テープの量等で番手ごとの

重量フロー、バランスがばらつきます。

特にグリップは最も普及しているGOLFPRIDEのツアーベルベット

の50gでさえ47~52gと上下5gの誤差は普通です。

手で持ってもその重さの誤差は分かります。厚さが違うのです。

CB2006 15

これをしっかり合わせるのがきちんとしたクラフトの仕事です。

大手メーカーのプロパー品はほぼ全て中国工場で素人が

接着して組み上げます。

だから、ほぼと言うか実質100%全てにおいていい加減です。

ですからクラブに詳しい方はオーダーか、新品購入でも信頼できる

クラフトで一度全てばらしてから再度組み上げし治します。

Cb2006  11

このクラブはバランスも重量フローも完璧

これでまともな工房の仕事か分かります。

ひでーのはカスタムでも重量フローもバランスもバラバラ。

ライ角調整の傷も無し

ホーゼルもキレイ

フェースも非常にきれいで扱いが丁寧

グリップはほぼ新品でバックラインの角度も見たところほぼ

これ数ラウンドしかしてないですね。

何で売ったの

CB2006 1 小

様子見ながらグリップ抜き差しは自分で速攻で出来ますから。

CB2006 3 小

ライ角、ロフトは計測器が店舗になく計れませんでしたが、

丁寧に構えてフェース、ソールを見た感じは全番手OK。

いずれにせよロフト、ライ角は全部調節するので問題なし。

三浦製はオーナーが相当変にネック曲調整でいじっていなければ

重大な欠陥の心配ありません。

ネック調整はネック、バックフェースのキズあとで分かります。

また、三浦は新品購入時にライ角をオーダーできます

なんとオーダーを受けてからライ角調整して溶接します

だから納期は約1ヶ月もある。長!!

大手メーカーは個体差で対応それ程バラバラ。

CB2006 4 小

下の写真のMGのロゴの後の○マークが新溝対応の印。買ったのは旧溝。

日本オープンに出る時は新溝買わんとね。

プロテストで必要になったら両方で使い分けよ。

CB2006 10

しかし、さすが三浦、形状も仕上げも美しい

Wニッケルクロム・サテン仕上です。

つるぴかミラー仕上げと高級感が全く違います。

溶接、削り、仕上げは全て自社製で三浦の職人による手仕上げ。

当然全部日本製

そして、三浦の最大の特徴は素材の良さ。

全メーカーでも比較にならない位圧倒的に素材が違うそうです。

全世界のメジャープレーヤーをうならせる打感、精度、

神の手によるシェイプフロー。

タイガー、ミケルソン、グーセンも三浦製とか。

自慢してる様で、むかつかれるでしょうが

その通り大自慢です

うっしっしっ

これ7番ですよ。メチャきれいでしょ

何で売ったの

わかんねー。

CB2006 5 小

難しそうなイメージは皆無。

写真で見るとトップラインもちょっと厚いが、

ダサくないですよ。

マッスル買う気はさらさらないし。

CB2006 7 小

最も心配だった重量も現エースより2、3g重めでGood。

もともとカスタムの三浦なのでリシャフトによる

売却時のリセールバリュー減少の心配も要らないし。

リシャフト時には重量、バランスは徹底させますから。

一般には知名度が全然低いので、超高品質なのに

中古価格は超激安

下手な仕事か見抜けるなら、新品で買う気になれないな。

多分この価格なら一生売らないで持ってます。

元オーナーさん有り難うございます

大感謝で使わせて頂きます

CB2006 13

Wカット・キャンバーソールとやらで抜けは非常に良さそう。

今のクラブは皆こんな感じですが。

実は軽く振る為にDGX100からDGS200で暫く練習します。

だめならX100かS300にリシャフトです。

DGは一本1,500円ですから。

早く打ちたい

三浦技研HP CB-2006



三浦のキャディーバックも欲しいな・・・。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

アッパー軌道でも ビハインドザボール で 必ず意識はダウンブロー

 HWD(シャフト水平)では右足前でグリップは最下点まで

下ろし切りインパクトゾーンまでグリップは水平に動く。


ヘッド軌道はボール手前で最下点を迎え、徐々に上昇する

シャローなアッパー軌道が理想だが、

アッパー軌道を意識した途端にグリップは必要以上に

どんどん上昇し、確実にスイングは地獄に落ちます。


ビハインドザボールがしっかり維持出来ると、

むしろ逆にかなりダウンブローを意識して

頭・上体をフォローまで低く維持しないと

グリップ・ヘッド軌道を低く維持できない。



更に、グリップを低く維持する秘訣は

インパクトでコック・タメがまだ残っている状態を維持した、

ハンドファーストが必須です



リリースが早いとインパクトでヘッドが先行しフェースが

上を向いてバックスピンが急増します。

それがハンドレート=ヘッドファーストです。

バックスピンが減らない方は、ここに問題があるケースが

非常に多いです。これは超高速写真で撮らないと

自分では気がつきません。

フェースが開き易いので非常に多いバックスピンで右にふける

球が出易いです。これを嫌ってもっと右手首でこねると

フェースが閉じてインパクトするため右へのフケ球が

フックボールになります。

これで修正できたと思っていてもバックスピンは減りません。

このパターンで止まっている中級者が多いですね。

アーリーリリースを助長し、ヘッドファーストになる超悪循環です。

ここに気が付かないと一生飛ばないし、スコアアップしません。

無間地獄です。だからタメが超重要なのです。



また、腕を完全脱力してゴムの様に伸ばしきらないと

グリップは低く長く動きません。


腕が力んだ瞬間に腕が縮んでアッパー軌道になります。

特に右腕が力むと右肩支点でドアッパースイングになります。



低く長いグリップ・ヘッド軌道は想像より遥かに高度で複雑です。

それを達成しようとした結果できたスイングが下の写真です。

アッパーブローどころか上体は完璧に超ダウンブローです。

これが現実のヘッド軌道と意識の大きなギャップです。

p・ミケルソン
ミケルソン
ポーラ・クリーマー
ポーラクリーマー10
カミロ・ビジェガス
カミロ・ビジェガス

1、タメを維持する事=ハンドファースト

2、腕脱力で左肩支点(=右腕脇役、左腕主体)でゴムの様に伸ばし

3、思いっきり頭、上体、前傾、グリップを低く維持して

低く長いインパクトゾーンで加速しながら球を押し切る



そうしないと、球を擦り上げ、余分なバックスピンを山程かけ、

フェース面も上を向いて開いたり、引っ掛けたりで

真っ直ぐ維持できない、飛距離も方向性も格段に落ちるスイング

は修正不可能です。

小田孔明
小田孔明34
小田孔明4
小田孔明54
小田孔明5.5
小田孔明 5.6
小田孔明62
小田孔明72
小田孔明83
小田孔明8.5
小田孔明8.7
小田孔明9
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

正しい頭の位置とシンプルなテークバック 

 アドレスの軸の傾斜なりに回転して胸を飛球後方に向ければ

すんなりトップの出来上がりです。左肩はスッと入って簡単です。

左サイドは真っ直ぐ伸び、腹斜筋が伸張します。

そして、「入る」という字になり右足がつっかい棒になり、

右股関節でがっちり受け止め、右股関節に捻転が溜まります。

小田孔明プロのフェアウェイウッドショットビデオ
小田孔明34

もしも、頭が赤線の真上で回転軸に傾斜がなかったらどうなるか?

右腕を上げるためには左サイドを下げないと上げれません。

そして右サイド全体を押し上げてクラブを上げざるを得ません。

そうするとまさに、しつこいようですが左の体操のお姉さんの動き。

捻転2

左サイドの使い方と腕の上げ方は前のビデオでもう一度。

胸を飛球後方に向け、左サイドを押し込んで左腕で上げます。

テークバック 1

そしてトップは「右肘真下向きで出前持ち」で添える。

これが理想のトップの形

実際はもう少し右ひじが高くなりますね。

トップ出前持ち

右腕を使わなければ、右腕であごを押し上げて、

必要以上にオーバースイングすることも出来ません。

このビデオで「左半身を顎の下に入れる」と表現しています。



小田孔明4

HWDまでコック維持して、ここからリリース開始。

ここで大切なことはグリップを真下に下ろすが、

グリップを下ろす意識が強すぎると、

体全体が落ちてしまう。

むしろ人によっては右肩、頭を落さないで右肘を伸ばしていく

意識の方が大事かもしれない。


小田孔明53

この写真で分かるが、胸が右を向いたまま、

インサイドから右足前に完全にグリップを落し切っても

右肩が落ちなく、かつ、タメが維持されていれば

絶対にダフらない。


がに股の踏ん張りはむしろ沈み込みよりも、

逆に沈み込まないための踏ん張り。

だから体が落ちない。ダフらない。

ダフらないからストンとインから落せる。

そもそも、アドレスと同じ高さに戻すだけなので、

ダフりません。


ダフりを恐れてグリップが浮くと逆にヘッドは下りますよ。

小田孔明6

インパクト後もまだタメが残って加速中

だから当たり負けしないで押し切れる。

だから、フェースが維持できる。

だから、変なスピンがかからない。

右踵もかなり押さえ込まれているため、

肩が開かずスウェイしない。

小田孔明7

やっとリリース完了。

まだ、まだ、もっと加速中

小田孔明82

この位置で既にシャフトが立っている。

タメが強いのでリコックも早い。

まだ加速中ですよ

ここで緩めたら1,2のテンポでフィニッシュまで振り切れませんよ。

小田孔明9

左は遼くん、右はLDJドラコンチャンピオン南出仁寛プロ、真ん中デブッチョ

デブッチョ前傾起きて右肩高いですね。左足閉じすぎかな?

debu54.jpg

えっ?小さくて見えない?



あー、手が疲れた。

これでみなさんシングル入り確定

既にシングルは5下当確

おめでとうございます

うさぎさん、来シーズンからちゃんとドラコン出て下さいね

つづく。


最高級アイアン三浦技研


カッコイイ・・・・・

鉄の素材も精度も世界でダントツNo.1エポンも比較になりません。

BSなんかのプロパー商品のOEMも作ってますが、実は同じ三浦製でも

製造ライン、素材、削りが全く別物です。

打感がまるで違います。注意してください。持ってたらめんご。

ネック部分のカーブの美しさと、ソールの抜けが抜群です。

また、買わずにはいられない病が・・・。

見え張ってマッスル、新溝 か・・・・

謙虚に安全パイでCB2006。 

真ん中のCB1006は中途半端なノンポリだから最も嫌いなパターン

ボツ。持ってたらゴメンネ。

5003.jpg

こーゆー中途半端なの意味あるのかな? 半端な見栄??

これなら潔くマッスルにするべ?

cb1006.jpg

微妙なグースの差。

2006.jpg

三浦技研HP



このバッグは超上級者じゃないと似合わないすね。

09cb.jpg

バッグ、バカ高いし・・・。でも欲しい・・・・・・。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

頭の位置は右側 アドレスで右肩は少し下がり背骨は右に傾く

 アドレスの頭の位置は非常に重要です。

頭の位置が回転軸を決定するからです。

最初から正しい位置に頭をセットしておくか、

テークバックと同時に頭を動かすか、それは自由ですが。

これによってレッスンでも

「頭は動かすな」、「動かすべきだ」と衝突する理論が

実は全く同じ事を言っていることが分かります。

要するに単にアドレスでの頭の位置に違いがあることに

気がついていないから問題がややこしくなります。


先に動かしておくか、後で動かすかだけの違いなのです。

 
 小田孔明プロのフェアウェイウッドショットビデオです。

2009年賞金ランキング3位の飛ばし屋です。176cm、90kg。

非常にタメの効いたスイングが特徴です。

アドレスからフォローまで頭はほぼ全く動きません。

むしろ僅かに飛球後方に逆行します。

黄色線の軸である背骨は頭が右にあるので右に傾いています。

その分右肩も下っています。グリップも右が下ですから。

この頭の位置と軸の傾きがスムーズなテークバック

の為に非常に重要なのです。


注意点はアドレス時の背骨の傾き

トップでの背骨の傾きです。

小田孔明12

タメの意識が強いですね。始動は真っ直ぐコックだけで引きます!

小田孔明22



 急に変な写真ですが、誰でも経験しているラジオ体操の

側筋・腹斜筋を伸ばす体操です。

どっちのイメージがゴルフスイングに近いでしょうか?

トップで伸ばすのはどちらでしょうか?右サイド?左サイド?

捻転2

左の写真はスインガーから見て右サイドを伸ばしています。

頭が左に倒れ、左サイドが潰れて縮んでいます。

腕はオーバースイングで、リバースピボットになっています。

こうなっちゃう上級者も結構多いです。


ゴルフスイングとはちょっと違いますが右写真の様に

本当は左サイドを伸ばさないといけませんよね。

左サイドを伸ばすためには頭は右に行き、

腕は頭の上より飛球後方で遠いほうが伸びますよね。




 では、下は続きのトップの写真です。

緑線の左側筋・腹斜筋を伸ばす体操と同じ動きです。

頭は右側、腕は飛球後方体から遠いです。


この時左足からグリップに繋がった青線のゴムを伸ばす意識で

右肘の角度を90度以上に保ちます。

そうすればグリップは体に近付かない


一見コンパクトですが、左肩は十分入ってトップは高い!

前腕とシャフトの角度もほぼ90度で問題なし。

これでもっと深いトップを意識して、右肘が90度以下になると

グリップは体に近付き青線のゴムは逆に伸びずにたるむ。


要するにせっかく伸ばした緑線のの左側筋・腹斜筋が

逆に縮んでしまう。

小田孔明34

そして注目の軸となる黄色線の背骨の角度です。

アドレスと比べてどうですか?

全く同じでしょ?

アドレスの回転軸がそのまま維持されている。

だから頭が動かない。

要するに、正しいトップと同じ頭の位置・前傾軸を

アドレスで先に作って置けばスイングがシンプルになります。


アドレスで真ん中に置いた頭をテークバックで動かしても

別に良いのですが。

ただその場合、動かした頭をインパクトでアドレスに戻らない様に

注意しないと行ったり来たりになり易いですが。

小田孔明4

すっげータメですね

かっちょえー!!

このタメはテークバックのコックから明らかに意識してますね。

小田孔明53

これがトップからHWDまでの真下への落下です。

頭の上から腰までピンク線を真下に下ろしてますよね。

しかも、まだヘッドは殆ど真上にある!!

このタメですよ

ここからフィニッシュに向け加速し続けて行きます

インパクトゾーンよりず―――――――と先まで。

過激に振らない。加速し続けるイメージ。

あーつかれた、手痛て。

今日もラウンドお誘い来ましたが断りました・・・。

つづく

小田孔明6
小田孔明7
小田孔明82
小田孔明9
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

馬鹿が手首負傷

 7月にドラコン練習で痛めた左手首・・・4連荘ゴルフで無理して

やられました

大馬鹿者です。皆さんはこの馬鹿見て気をつけて下さい。

手首の腱を痛めているそうです。甲側にギブスはめて固定。

5日目なのにまだ結構痛い。重症か

近所の良い接骨院で

「完治には1~3ヶ月位かかるかでしょうと・・・

10月の試合は先々考えて止めた方が良いですね。」

せっかく6,7,8と三連荘でゴルフのお誘いが有ったのに・・・・。

全部キャンセル・・・。

手首怪我0 小

患部は丁度手首の脈を計る部分の一点です。1週間位冷やせと。

手首怪我2小

保冷剤を乗せてサポーターで止める。

手首怪我3小

冷やしてない時は、包帯の上から更にがっちり止めておく。

PCが・・・打ちにく・・・。

手首怪我1小

 いろんな格闘技、スキー、ゴルフ等々結構過激にやりましたが、

腰の手術以外の怪我は突き指くらいで全く皆無。

靭帯や腱は今回が初めてです。
 
最近、何でも「年齢的に・・・」「加齢による・・・」とか、

「もう年ですから気をつけましょう」とか

まるで、おやじに言うような失礼な事を平気で言われます。


確かに少し、でぶっちょおやじだが・・・。


でも、おいおい、冗談じゃない 

俺を一緒にするなよ


なめんなよ、アラフォーよりちょっと上だからって。

45歳のでぶっちょ山本昌だって5勝1敗 防御率3.2だぜ

月例出てやるぞー

よーし、右手一本で1,000本パターだ!!(ホントか?)
右手一本練習小

テーピングガチガチにして軽く打ちゃーへっちゃらさ。

かえって力めないからちょーど良いぞ





100叩きしても言い訳になるし。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

トップを正しく決めて止める方法 踵加重の行き過ぎ

 知り合いのツアープロとのラウンドで山ほど注意されたので

プラスハンデお二人のトップアマの助言と共に徐々に書きますね。

まず、大事なことは踵加重を注意されました

 以前は一度も言われなかった事で明らかに行き過ぎみたいですね!!

ヤバイなー。真似された方も注意してくださいね。

プロに指摘された欠点は、

踵加重だと右膝が伸びて右腰が回り過ぎて後ろに引ける事。

そのためトップでピタっと止まり難くくなる。

プロの意識では捻転というような捻りあげる意識がなく、

2箇所だけしっかりと止めておけば自然に、勝手にトップで

クラブがピタッと止まると言うのです。

その2箇所とは「右膝」と「骨盤と脊椎の接点」です。

この2点さえ止めれば良いと言うのです。


「右腕の形、位置、トップの位置を記憶しなくても良いのか?」

「そんなこと考えなくても、この2点さえ動かなければ

自然に決まったところで必ず止まる。腕で止めたら絶対ダメだ。」

実際プロのショットはピタッと一瞬見事に止まります。

微動だにしません。この止まり方はアマと全く違います


確かにこれだと上体に捻転は出来ませんが下半身はきついです。

私も以前からそう思いますが上体に捻転を作るイメージだと肩が早く

開きやすいです。上体よりも下半身の壁で捻転を作る感じる方が

上体から動かないので良いと思います。


 アプローチも下半身が動くと注意されました。

気分を出して反動を使っていたようです。

「下半身がグラグラしていたら、全然話になりませんよ。

距離感が出ないじゃないですか? 下半身はガッチリ不動で

上体だけで打たないと距離感は出ませんよ。」


雨のラフと高麗芝であまりに距離感が合わず難しくて、

4日間で逆に変な打ち方になっていたようです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

大きいフィニッシュは誰でも可能か?

 大きいフィニッシュには柔軟性、筋力、足腰の強さが必要か?

いいえ、必要ないです。誰でも出来ます。

大きいフィニシュが取れればヘッドスピード、精度、再現性、

全て確実に良くなります。


コンパクトなトップの飛ばし屋は沢山いますが、

小さいフィニッシュの飛ばし屋、トップアマは皆無です。



 簡単な方法は、兎に角水平素振りです。

何も考えなくても肩の高さで水平に首に巻きつくように水平素振り

をすれば誰でもローテーションして振れます。


それが正しいローテーションです。

体の構造上ローテーションしなければ振れないのです。


それを巷の勘違いさせるレッスンの様に

ローテーションしないで振ったら両肘が引けるだけでスムーズに

水平に振れないし、首に巻きつきません。

両肘の間隔は終始一定なのです。



 水平素振りをそのまま前傾すればほぼ正しいスイングになります。

誰でも首に巻きつけられる筈です。

そのままトップでは胸を飛球後方に向け、

フィニッシュで飛球方向より左まで柔らかく振れば大きなフィニッシュ

の完成です。

両肘間隔を締めて、重いウェッジ(クラブは短いほど重い)の

ヘッドの遠心力に引っ張られれば、体は確実に意思以上に回ります。

自分がタコの様に軟体動物になったつもりで全身脱力して、

スタンスを狭く
してヘッドに振られてみて下さい。

フィニッシュでシャフトが水平に首に巻きつけば勝手に

飛球方向にほぼ平行になります。

コツは首に巻きつけることです。


 同じテンポで1でトップ、2でフィニッシュまで振ります。

フィニッシュで3秒止まります。

「3秒止め」を頑張って続けて習慣化する事が出来れば完璧です。

ストレッチ、土台強化トレーニングになります。

本番でもそれが出来れば決して力まず再現性が遥かに高くなります。



同じ所要時間で、3倍の移動距離(正しくは角移動量)を振る事になります。

決して速く振ろうと思ってはいけません。速く振ろうと思った瞬間に

全身力みます。力むと確実にフィニッシュに辿り着きません。

「1,2」と言って同じテンポで振れば自然にヘッドスピードが

速くならざるをえないのです。

テークバックもゆっくりにならざるをえない筈です。



何度も大きいフィニッシュの最後まで振っているうちに、

何も考えなくても、インパクトゾーンでのヘッドスピードが

上がっていくことが分かる筈です。

そして、更に肩が開く前に脱力でグリップを真下に下ろしてタメが

できると更に簡単に速くなり正確性が格段に増すことが分かります。

角速度が上がるのです。

遼くんと薗田プロのスイングは非常に対照的で面白いですね。

薗田選手はスタンス狭く内股気味でインサイド加重で、

非常にゆったりスイングで腕の動きが良く見えます。

タメで角速度を徐々に加速して、完璧にミートしています。

遼くんのド迫力スイングと全く逆ですね。

しかし、飛距離能力は薗田選手の方が上です。

もちろん体格差が大きいですが。

薗田峻輔178cm85kg 石川遼174cm68kg。

トップアマは殆ど薗田プロタイプのスイングです。

腕はゆったり振っているのに、行って見ると飛んでる。

そういうスイングは曲がりませんね。

強いスイングです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

4連荘4日目はプラスハンデ2人とツアープロとラウンド

 今日はプラスハンデ2人とハンデ6の方と1ラウンド後

ツアープロと2人でハーフでした。

シビレました。

プロは全ショットが正にお手本で、当たり前の様にフォームも

球筋もメチャカッコ良いです。

パター以外は全ショットあまりに簡単に打ち、当たり前の様に

寄せて、ポーカーフェースなのでスーパーショットに見えません。


プラスハンデのアマは数ホールではその強さは分からないです。

個性的で、恐ろしく固いアプローチで恐ろしくパットが上手いです。

パットだけはプロより上手いかもしれませんね。

プロは天才的才能を感じますが、アマは努力、気迫、集中力を感じます。

皆さんに山ほど教わりました

皆さんそれぞれ自分のスタイルがあります。

何が正しいというのではなく、各自に合ったそれぞれの打ち方があり

自分自身のスタイルを見つける事が一番大事だと言われました。


プロのレッスンはまたまた山ほどの衝撃でした。

課題がてんこ盛りです

いろいろフォームを変えた反動が出ています。

いくつかやり直しですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR