FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

パットも下半身の安定が勝負

 故中部銀次郎さんは、「2mのパットの確率を高める努力など、

しても効果はあまり期待できない。」と言っています。

そして、「1mをしっかり練習する方が遥かに意味がある、

これがパッティングの上達方法だと声を大にして言いたい。

1mの練習を積めば3パットを防止できる確率は飛躍的に高まる。


と言っています。


実際、最も恐怖を感じ、外して致命的精神的ダメージを負う

パットは1m前後です。

部屋練でも2mのパット練習では外してもそれほどダメージ

はありません。部屋の平らなマットでの2mでも100%は無理なので、

試合の様なしびれる精神的プレッシャーは全然感じられません。

従って、本当に慎重に打つこともなく惰性で続けてしまいます。


そんな練習は意味があるのか? 考えてしまいますよね。


ところが1.5mで連続成功を賭けた練習は各段に慎重になります。

マッチを賭けたパットをイメージしながらの

連続成功を強制した練習では緊張感を感じることが出来ます。

連続成功自己最高記録を賭けて練習するとマジで慎重になります。

素振りもしますし、テークバックのワッグルも慎重にします。

ミスると失敗原因を真剣に客観的に検証しようとします。


なぜパッティングでイップスになる人がいるのか

1mのショートパットの失敗の惨めさ、失望、自尊心の崩壊、恐怖

を考えると、果たしてパット練習で本当に必要なものは何なのか

技術なのか 精神的鍛錬なのか

本番の、しびれて、筋肉が硬直してスムーズに動けなくなるシーンを

確実に再現して練習しないと殆ど意味はないと思います。

失敗の原因は恐怖心から来る筋肉の緊張なのだから。



部屋練でも毎パット全身の筋肉が硬直し、しびれ、恐怖感を

感じながら練習する事が、本番での恐怖を減少させる

唯一の練習ではないでしょうか。

こうなるとゴルフを超越しているようですが

そもそもゴルフとはそういうメンタルの勝負なのでしょうね。



緊張でしびれると恐怖心から上体丸ごとカップに近付いて被ります。

ほぼ100%のレッスン書では、その対策としてグリップ、腕、肩、上体

に言及するばかりで、スタンス幅以外下半身には全く触れません。

上体丸ごと被るのに、グリップ、肘、肩を少々いじったところで

全然無意味だと思いませんか ピント外れですよね。

本当の問題は下半身なのですから。


上半身に意識が行けば行くほど上体がどんどん浮いていきます。

対症療法ばかりで体もどんどん硬直していきます。

従って、レッスン通りすればするほど悪循環です。


ショットもそうですが、パッティングの名手は重心が低い



硬直して浮き足立って、浮きまくった重心を下げましょう。

アマは殆ど左膝も右膝も下半身がショット以上に

とんでもなく、ふわふわ浮いて流れています。

パットが下手な人は50cmを外していかにも不思議そうに

首を傾げますが、下半身がグラングランでは入る筈がないのです。

上半身を云々言うより、はるか以前の問題です。


まず、両膝と尾てい骨(または仙骨辺り)の3点をしっかり固めれば、

被りようがない。無理に背骨を曲げなければ軸は傾けないのです。

頭も右肩も勝手に止まり格段に安定します。

上半身が被るからといって、問題が上半身にあるのではないのです。

そして、間違っても肩の上げ下げではなく、

もっとずーと下の方の側筋、腹斜筋を使うと格段に変わります。

肩は結果的に上下するだけで、肩で動かしたらダメ。

ショットと同じです。肩なんか動かしたら浮きまくります。


痺れまくっても遥かに再現性は維持できますよ。
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR