FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

コンバインドプレーン 7 トントンスイング 黄金ラインの重要性

  切り返し時に体の横回転より先に、まずトップから

腕を縦に振り下ろす為に効果的なトントンドリルが

メインのドリルとして紹介されています。
 
84 2

2回の予備動作を行うメモリー効果です。

素振りをキッチリ再現できるなら、素振りに取り入れれば

かなり効果があります。練習で取り入れるべきです。

この図の感じでは誤解が出るかもしれませんが、

コックは維持してトントンです。

この位置で杭の頭をヘッドで叩こうとすると

恐らくリリースが早くなり過ぎちゃいますからね。


私の場合はイメージはシャフトを立てたまま

右もも前部にグリップエンドを「グサグサスイング」ですね。

85 2



 次回は何件かコメントがきていますので、

トゥーダウンに抵抗してコック、ライ角を維持する

方法、理屈について説明しますが、

特に捕まりが悪いはずのドライバーでヒッカケが起こる

原因とその対策について考えてみたいと思います。


大型ヘッド、徐々に長尺化していくシャフトによる

トゥーダウンの増大の影響、

ヘッドスピードが速くなるゆえの遠心力に負けた

手首の伸びでライ角を維持できない影響、その結果

ライ角を維持する為に腕力を使って腕や手首が硬くなる問題、

これらの大きなキーポイントは「右肩」だと思います。

「右肩」を支えているのは右サイドの「黄金ライン」です。

右踵、右膝、右腰、右肘、右肩の縦のラインです。

この結果が「右肩」の高さ、位置に現れれるのです。

このスイングの後方のラインで、スイングはコントロール

されています。

左サイドで振りますが、コントロールするのは右サイドです。

ですから「右肩」に「右肘」注意すれば全然スイングは変わります。

その土台が右足ですから当然大きく影響しますよね。

スイングを後方から見ていても「黄金ライン」だけ見ていれば

欠点は殆ど分かります。
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR