ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左グリップ一本でライ角維持のテコの原理

無意識なライ角維持のグリップの重要性

 「ライ角が維持できない」と言う相談が非常に多いです。

ライ角がうまく維持できないと100%グリップの力みに繋がります。

ほんのわずかな余分な力みでも、手首、腕、肩、上体へと連鎖し、

固くし、スピードを鈍らせ、スムーズな動きを確実に妨げます。

それが、腕や手首の余計な動きを誘発します。

力み無く、殆ど無意識にライ角維持が出きることが非常に重要です。

基本のグリップを先にしっかり解決しないとマズイですね。


左グリップ内でのテコの原理

 先日の両手のテコの他に左片手内のテコがあります。

下の写真の様に、テコの原理だけで片手でもライ角維持は

かなり可能です。

左グリップ 2

写真の様に小指側、手首側の盛り上がった丘でグリップエンドを

押さえます。この部分はテコの応用で全く力は不要です。


左グリップの中でテコの原理でクラブを支える訳ですが

重要なのは腕と手首が固くならず、グリップ圧の変化しない

小指側3本のグリップによる支え、テコの支点ですが、

以前紹介した下の図の様に小指側に力が入っても、

腕の下側の「伸筋」を使うので腕は力まず、縮まず、固くなりません。

力みでマズイのは親指に繋がる「屈筋」なのです。


左グリップ4小

例えば、ウェッジでリフティングをやるように片手でフェース面を維持する様に

グリップしてみれば、リリース後も自然に、無意識にライ角が維持できる

感覚が分かります。



腕の上側の屈筋と下側の伸筋

屈筋6小


そして「伸筋」を使えば腕はしなやかでかつ伸ばしても強くなります。

この下の実験で屈筋を使うマズさと、それを使わず、

伸筋をうまく使う要領を掴んでください。

屈筋 伸筋 7 小

よくアドレスで脇を締めて、両肘を下に向けろと言いますが

このバレーボールのレシーブの様な腕の使い方が腕の下の伸筋

を使い、かつ、重心を下げる要領です。

両肘が横を向くと腕の上の屈筋を使い易くなります。

分かりますか?


 実際グリップは完全脱力ではないですが、小指側3本が

全く無意識に一定の力でグリップされている訳ですね。

終始一定の力でのグリップが訓練で無意識になっている

と言うのが本当でしょう。

この伸筋の無意識の力は腕、上体には全く連鎖せず、

手首の柔軟性を全く阻害しません。


グリップの勘違い

 上の写真に右手を上に添えれば、ライ角を維持している状態

と言うよりも、むしろアドレスでの極自然な状態なのです。

そして、下の写真はコックでのテコの応用ですが、

右指3本を支点に左グリップを押し下げればテコのみで

力は全く不要で、下の写真の様により容易にコックは維持でき、

これを全て解いても左手テコと右手のわずかな支えで

ライ角は維持できます。

コック・アンコックテコの原理 2

アドレスでのライ角もコックと一緒に開放されてしまうのは、

そもそも間違ったグリップをしているからなのです。

上から2番目の写真の様に片手でぶら下げてもアドレスのライ角が

テコで維持されているグリップが正しいグリップです。



つづく
 
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「脚の外旋・外転、膝と足首の屈曲・伸展、足(甲)の外転」位の解説

 先日、全米女子でぶっちぎりでメジャー4勝目の22歳

ヤニ・ツェン Yani Tseng プロ、テークバックで異常に骨盤が動かない

非常にテンポが速い印象的なスイングで、ぶっ飛びでしたね

 19歳からLPGAドライビングディスタンス6位に入っています。

今年は271yで5位です。身長が170cm体重は不明ですが70kg位かな?

安楽プロの胴回りの様に、強烈に体幹が強そうに見えます。

背筋が盛り上がって、逆三角の背中です。

ちなみに同じく22歳のミッシェル・ウィは183cmは273.8yで2位です。

やはり女子の飛距離は長身が圧倒的に有利ですね。


 彼女の右脚の右壁の強靭さの秘密は何でしょうか

「脚の外旋・外転、膝と足首の屈曲・伸展、足(甲)の外転」位

をビデオで解説します。



クリックで拡大
関節の動き6

 いかがですか?

要するに強固な壁としての右脚の固定方法は

1、足首と、膝、股関節の屈曲

2、足(甲)の外転(爪先の外転)足裏で地面を外側に捻りながら掴む

3、脚の外転(外側への突っ張り)と外旋


の圧力を脚の裏から地面に力強くかける事により足、膝、脚、股関節が

やっと不動になります。

また地面からの反作用で右脚内旋の圧力がかかります。

試してみれば分かります。

それによって骨盤の回転を止め、捻転を最大にします。

インサイドエッヂの意識だけでは脚の裏全体で支えられず

膝がぐらつきます。

やはりかなり捻って、突っ張らないと強固な脚、膝はできません。


 また、脚を屈曲した時=しゃがんだ時、または四股を踏む時

足と脚は自然に外旋しますよね。

誰でも膝が外を向き、爪先も外向きになります。

逆に伸展して直立すると両膝が膝が付き、足は平行になります。

要するに踏ん張る時は足も脚も外旋が自然で、インパクトで蹴って、

各関節が伸展した時は足と脚は両方とも自然に内旋するのです。

内旋させると右膝が前に出やすくなり、体が開きやすくなります。

だから、安易に内旋させないように右脚を外旋位(見掛けの形)に

維持させます。



 また、遼くんのツイストらしき動きで分かりますが、

あれは故意のツイストではなく伸展のピーク時に両大腿が

一気に強く内旋し、ぶつかった衝撃の反動で一瞬腰が逆転している

と思われます。

もちろん左壁を意識しているのでしょうが、止まっているボール

に対して故意に腰を逆転させる意味があるのか疑問です。

野球の阿部新之助選手のツイストはタイミングを狂わされた時に

ボールに対応するためだからです。


 面白い練習風景です。

右足不動、頭不動ですね。

練習器具はコックの方向と角度、オーバースイング矯正ですね。

以前使ってみましたが間違ったコックの方向の人には

驚くほど効果があります。





 ちょっと、参考に日本

国内の女子の体格を見てみましょうか。

超大型選手の三塚優子プロが172cm、65Kgです。

他に日本で超大型選手は全美貞ジョンミジョンプロで175cm、68kgですね。

貫禄の福嶋晃子プロは以外に大きくなく163cm、68kgです。

藤田幸希プロ170cm、56kg、小林浩美プロが170cm、古閑美保プロ167cm

森田理香子プロ164cm、上田桃子プロ161cm、宮里美香プロ161cm、

諸見里しのぶプロ160cm、有村智恵プロ159cm、不動裕理プロ156cm、

横峯さくらプロ155cm、宮里藍プロ154cm、馬場ゆかりプロ149cmですね。

あー疲れた。こう見ると藍ちゃん不利なのに頑張っています。


ちなみに今回予選2位通過の超横に大きかったメジャー1勝の

パット・ハーストPat Hurst プロは168cm、体重不明・・・です。

ポーラ・クリーマーPaula Creamerプロも大きくて175cmですね。


 なので娘には170cm行って欲しい。

1年生まではかなり大きかったのですが最近抜かれてます。

だから牛乳飲ませようと努力してるんですがあまり飲みません。

子供にカルシウムサプリもなぁー。

小魚山程食えって言ってもそんなもん続かないし。

ぶら下がり健康機に毎日ぶら下がらせて、引っ張ろうかな。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

皆さんの質問から、最近のテーマの練習方法

 一本足打法の海東英郎ドラコン選手のビデオです。

ドラコン界ではトップクラスの超有名選手です。

中京大出身の元国体陸上選手で、3年間プロゴルファーを目指し

研修生を経験されたそうです。凄まじい身体能力です。


 実はこの飛ばすための一本足打法、練習に最高です。

100%右脚に乗り肩を入れる練習でもよく紹介されてます。


 さらに、最近のテーマである以下の練習にも最適ですよ。

肩を開かないまま、グリップを下ろし切るまで、

左足着地をできるだけ我慢します。早く着地したら意味が無いです。

肩を開いていないので後ろ向きに左踵から着地と同時に、

左股関節に軸移動して右脚蹴り、背筋でスイングという

トレーニングが簡単に出来ます。

書いていた事が体感出来ると思います。


打つ前に上体が開かず、スウェイも出来ず、右踵も浮かないので、

タメ、軸移動、右脚蹴り、体重移動を完璧に利用できる訳です。




 ドラコン用マン振り薦めてる訳じゃないですよ。

一本足打法の参考ビデオはめったにないですからね


 くれぐれも体重移動は足の真上に体ごと乗っかることではなく

股関節に斜めに加重することですから本番ではスウェイしないように。

また切り返しでの左股関節への軸移動は回転軸を

右股関節から左股関節に変えるだけです。

これは外見で分からない位でも出来ます。

ただ軸は左に移動しないと右足加重、右股関節回転では

思いっきり明治の大砲でスピンアウトしますからね。

まー、バッバ・ワトソンみたいに思いっきり明治の大砲でも

世界ランキング13位ですからねー。

今度、逆に個性派スイング特集もやりましょうか



 よく質問頂きますが、グリップを下げきればその分ダフり易く

なりますが、この壁は乗り超えるしかありません。

参考のために、昔何度か載せた写真ですが、

この写真の様にテコを利用すれば力み無くライ角を維持できます。

これで調節すればグリップを下ろし切ってインサイドから振っても

ゆるゆるグリップにしても絶対にダフりません。

どんなにグリップ力を緩めてもテコ利用だとクラブも抜けて飛びません。

コック・アンコックテコの原理

 右親指は右指3本を下から引っ掛けると言う意味を強調するため

便宜上外して見せていますが、本当はグリップしてV字は作って下さい。


 殆どの方はグリップに隙間があり、グリップ圧を強くしている

傾向があります。それはこのテコをうまく利用していないからです。

私がよく言う水平素振りも、膝つきスイングもこのテコの原理を

理解することが目的で、グリップを浮かさない練習です。

これが出来ないとロングアイアンでの膝つきスイングは

絶対ダフりますから。


また、コックも、左肩を入れるのも、シャフトを立てるのも、

この写真のイメージが無ければできません。

テコを使い、クラブが飛んでも良い位グリップを緩めて振れば分かります。

テコができていればクラブは飛ばないし、

グリップ圧が減少し、手首・腕の力みが消え、腕が自然に加速し、

ヘッドが走り、手首が柔軟になるので勝手にローテーションします。

試してみて下さいね。



 ドラコンシーズン入りから松山コーチに合同練習によく誘われて

いたのですが、仕事が忙しくて1度も参加できませんでした。

先日LDJドラコン茨城大会水戸レイクスで優勝した

船田選手のスイングも見てみたいので

手首を痛めてから7ヶ月振りに昨日H/Sを計測してみました。

7ヶ月間全くドラコン練習ゼロだったので手首をかばいながら

稼動域を確認しながらやってみました。

この機械で計りだすとだんだんムキになってきてかなり危険なので(笑

50スイング位で止めましたが最高54.9m/sまで出ました。

昨年のドラコン練習時でも58位でしたので、筋トレゼロのメタボ

の現状にしては上等で、手首も大丈夫で一安心です。

20110621 小
(この機械頭悪いので10スイング位の記録しか表示できないんです)

 今日は手首は痛くはないですが、多少違和感がありますね。

今後少しずつAZASバット振って手首を慣らして、縮んでしまった

手首の稼動域を徐々に広げ、軸作りをしていきます。


 昨年は、様々な軽いのから、やたら重たい棒まで山程の練習グッズを

馬鹿みたいにガンガン振りすぎて手首を傷めて懲りたので(笑

今年は600gのバットだけで程ほどにしときますわ(笑

で、そのうちまたドラコン参加しますね。

右脚の蹴りと、背筋、腹筋だけ鍛えようかな(多分やらない)


野球選手の軸を維持する能力の研究もしたいですよね。

ドライバーはバットのたった1/3の重量ですからね。

絶対筋力だけではなく、「コマ」の様に軸をうまく維持する

「技」があるはずですよね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

石川遼 Ryo Ishikawa ロリー・マキロイ Rory McIlroy 2011

 二人の足を比較すると安定性の差が非常に良く分かります。

しかし、遼くんの足のばたつき程度はトッププロでも普通です。

マキロイの足は地面に吸い付いて離れません。

この強烈な右脚の蹴り上げでも両足が一切ブレないのは

股関節、膝、足首の柔軟性、稼動域の広さでしょうね。




遼くんはバンプした分がスウェイになっています。

だから左足が大きくめくれます。

フィニッシュでの左踵加重を意図している事かもしれませんが、

結果的には筋力以上の過剰な体重移動、マン振りだと思います。


しかしマキロイはバンプした分、左膝が後ろに戻っています

右骨盤を右脚蹴りで押し出すと同時に、

左膝を伸ばすことで、左腰を飛球後方に引き

スウェイを完全に止めています。

これは結局遼君の右踵の様にあっさり浮かないので

事実上スウェイしていないから出来る事だと思います。

フィニッシュで爪先が浮かず踵加重でない事もあります。

要するにマン振りではなく、余裕があると言う事ですね。


しかし、これほど振ってこの余裕は凄いです。

左足がゴムのようです。だから足が地面から離れない

驚異的な安定感です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

R.マッキロイ と 石川遼君の差 足と脚の外旋、外転、外旋位、伸展についてゴルフ史上初の解説

 マッキロイ悪夢を克服しましたね。

「タイガーなんて怖くない」と言うだけのBig mouth でも

全然許せる素晴らしいスイングです



R.マッキロイ(175cm,73kg)と酷似したスイングがなんと

石川遼君(173cm,68kg)です。体格も小柄、軽量、柔軟で瓜二つに見えます

が、マッキロイの強さの秘訣が

地面にべったり張り付いて微塵も浮かず、ズレもしない

遼君は両足共に必ず大きく浮き、めくれます。

ビデオでの「足」の安定度の差は一目瞭然。


 ゴルフ大好きさんから何とかしてくれと(笑、質問がありましたので

「足」と「脚」の外旋、外転、外旋位、伸展について

おそらく日本ゴルフ史上初の解剖学的、運動学的解説になります(多分)

空手とか柔術等の他のスポーツなら普通にあるんですけどね、

ゴルフでは30年間見たこと無いですね。

なので、独断でガンガン書いちゃいますわ。

まずは「脚」と股関節の動きからいきます。

本来「足首の関節」、「膝関節」独自の動きも別にあるのですが

一気に複雑になり過ぎるので、今回は股関節に対する動きで説明します。

専門家の先生、間違ってたら、教えてくださいね

R.マッキロイと石川遼 2.2
(マッキロイの方が全然腿が太い!!)

 下の写真も残念ながら安定性は全く別物です。

右足首から下は遼君の特徴ですが、インパクト前から全く粘らず

この時点で既に右踵がかなりあっさり浮いています。

右脚は単純に内旋し、右足も同じ方向にあっさり単純に内旋(爪先内向き)しています。

空手の回し蹴りでもそうですが、同じ方向では全く力のある蹴りはできません。

左足裏も既にめくれて浮いています。

が押さえられずに軽く浮き上がっている感覚が分かりますよね。

要は体力以上に振り過ぎて、力みで体が浮いてしまうのです。

R.マッキロイと石川遼 4

 それに対して、遼君より遥かにヘッドスピードが速いマキロイの

遼君より遥かに先の時点でも、まだ右足外旋(右向き)で、

甲が曲がって下に圧力をかけ押さえつけているのが分かりますよね

浮いていません。上体に力が入っておらず、余裕があるのです。

右足外旋(爪先外向き)状態のまま(外旋位と言う)、

外転
を平行に外に開く=左脚側に倒す)しています。

右脚伸展により蹴り上げているので、骨盤が回転していき、

自然に右脚には内旋の力が加わります。

これを内旋の力が加わった外旋位と言います。

がまだ外旋しながら外旋から、伸展により内旋に変わっていく

状態等を言います。

とんでもなく複雑な説明になってしまいましたが
(なので今まで避けてきましたが)

要するにマッキロイはこの思いっきり切れのあるスイングで

まだ全然余裕なのです。

そして、見る限り二人のの使い方は根本的に全く違いますね。



 更に驚異的なことはマッキロイの左足です。

スイング中終始微動だにせず、地面に張り付いて微塵も浮きません。

これだけ派手なスイングで全くずれず、めくれません。

タイガー、アダムスコット、ミケルソン、エルスでも動きます。

世界ランクトップクラスでもNo1の安定性です。

ちょっとありえない「足」と「脚」です。



 そしてこの右足の伸展による強烈な蹴り

伸展によって骨盤が押し回されて、腰が入っているのが良く見えます。

この生きた足、脚蹴りは殆ど世界NO1ですね。

他に見当たりません。

R.マッキロイと石川遼 5

この写真、二人のいつものスイングです。

どうですか? もっとも大事な土台の足を見てください。

下半身、体幹の圧倒的な差が分かるでしょう

大事なのは「足の裏」なんですよ。

次回、二人のこのビデオでさらに「足」「脚」の細々について

超オタクに分析します。

足裏フェチ


一輪車欲しいと言うので買って毎日練習したら

3日ですいすい乗れるようになりました

なんだ簡単じゃん、私もミヤタのが欲しい・・・。

娘も生意気に学校のミヤタの方が乗りやすいと言い出しました・・・。

一輪車 ミニ
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ジェフ・オバートンの典型的な体を開かずグリップを落すスイング 

 ジェフ・オバートンの体を開かずグリップを落す典型的な

スイングです。

また、最大の秘訣である右足の使い方に注目しましょう。

彼の右踵は全く浮かず、右拇指球でスピンアウトしない!!

なぜか?


あ、質問にもありましたが、私はなるべく誤解を招かないように

大事な時は「足」足首から下「脚」股関節から足首まで

使い分けています。

そうしないと本当の生きた足と脚の使い方が説明できないのです。

このスインガーの意図する動きは慣れれば外見からも分かりますが、

意識しなければ絶対に見えません。




このイメージ最高ですね

上体が全く開かずグリップエンドが飛球後方を向いて

右足より遥かに右側で落下しています。

で、背筋、腹筋モリモリ やっぱり軸は背筋と腹筋の体幹でしょう。

若干バンプが大きいのでバンプを真似するとスウェイしちゃいますが。

Jeff Overton


 まー、そもそもこの体勢で右足甲に向けてグリップエンドを

落としていこうとしたら、右足に体重が乗るので右踵が浮く訳もなく、

また左肩が開けないので体が開きようも無く、

落とし切ってから初めて曲がってタマっている右脚を

ドッカーンと伸展して蹴って、同時に全てのタメを開放していく

訳ですから、どこから蹴って本格的に振るのか

とかのタイミングも意思より必然ですよね。


彼の右爪先は踵が上がるまで右を向いています。

なぜか?



生きた足と脚、生きてない、死んだ足と脚

生きた足と脚 小

ヒントはここに。

 
 ちなみに第2弾超広角ビデオカメラで撮りました(笑

人間の視界と同じ超広角160度 これはカットしてますが。

今度のカメラは当たりか


 貴方の足と脚は生きているのか

それとも仮死状態

一生仮死状態も自分が気の毒ですよね
 
 Rory Mcllroy の脚は素晴らしく生きた蹴りです 最高ですね。

若さゆえにかつてのタイガーの様に柔軟で強烈に腰も入っています。

しかし、それゆえ逆に一旦狂出だすと怖いですね。

今度は「勝つゴルフ」と「負けないゴルフ」の両方が出来るかどうか

8打差でMcllroy の精神状態はどうなるのか楽しみですね 
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

落ちる、落す、下げる、引き下ろす の違い

 前回の続きです。

落ちる、落す、下げる、引き下ろす のイメージの持ち方

の違いは、結局個人差で結果を大きく左右する場合と、

全く変わらない場合もあるでしょう。

いろいろ試してみてそれぞれご自分に合ったイメージを

見つければ良いと思います。


 前回の「実際は左腕の行き場が他に無いので落ちるしかない」

について説明します。

まず、オンプレーンとはどういうことか?

多くの場合ヘッドの重心の軌道を指すケースが多いです。

そして皆さんもそれをイメージし、最も意識していると思います。

しかし、ヘッドの軌道は結果です。

ヘッド、グリップ、右肘のプレーンは全て違います。

意識すべきなのは体の一部である右肘とグリップの軌道なのです。

また、シャフトの角度は左右のグリップの位置関係=左手甲の角度

です。左手甲が立っていればシャフトも立っていますよね。


殆どの方はヘッドのアウトサイドインの軌道を修正する為に

ヘッドの軌道のみに注目してヘッドをテークバックからどんどん

極端にインサイドに低く引き、ダウンでもヘッドばかりインサイドから

下ろすオーバードゥーになっていきます。

殆どの中級者がその悪循環に陥っています。


グリップや右肘のプレーンなど全く無視しています。

すると必ずグリップは体から離れ、ヘッドと右肘は体正面から右側にずれ

左手甲は上を向き、フェースが開き、シャフトが思いっきり寝ます。

トップでは右肘が右にずれているので右脇が空きフライングエルボー

オーバースイングでシャフトクロスします。

はっきり言って典型的最悪なスイングです。


たった1つの僅かな勘違いで本来の目的の理想のプレーンとは

全く見当違いの、とんでもなく致命的なスイングが出来上がって

しまうのです。これでは何十年練習してもムダですよね。

悲劇です。


ヘッドではなくグリップと右肘のプレーンと

コックの方向・タイミング

左手甲の角度=シャフト角度だけを意識すれば、

本来ヘッドのプレーンはおのずと決まります。


インサイドアウトのイメージで下ろすのは

ヘッドではなくグリップです


その結果ヘッドがプレーンに乗るのです。

そしてグリップをインサイドから下ろすためにはテークバックで

グリップをインサイドに引く必要性は全くありません。

ましてグリップを不自然にインサイドに引いたら逆に絶対にダメです。


トップから右肘を縦に下ろすことがプレーンに乗るという事が

理解できない方もいるでしょう。

この辺はかなり過去の記事でプレーンの理論を書いていますが

トップではアップライトの程度こそあれ全くオンプレーン

なら、とんでもなく低いフラットなトップです。

タイガーもそうですが最近プレーンにより近いフラットなトップが

流行っていますがそれでもある程度トップは高くないと

スイングが小さくなり、捻転、重力も利用できません。

従って、トップはプレーンよりも確実に高いのです。

ですから右肘を早めに垂直に落下させるという事は

プレーンに最も早く乗せるということになります。

早めにオンプレーン乗せたほうが確実に有利ですよね。



お分かりになったでしょうか?

「実際は左腕の行き場が他に無いので落ちるしかない」

とはグリップの正しい行き場はそこしかないと言う事、

表現がおかしいとか言う次元では無いのです。

そして体が開かなければ、踏み込んだ下半身、

テークバックで出来た捻転、ストレスによって

必然的にグリップは水平ではなく垂直に引き下ろされる

これは感覚的には「落ちる」、「落下する」、「引き下ろされる」

等に非常に近いイメージになるのです。


 縦に下ろせないではなく、下ろすしかないのです。

しっかり前傾を維持し、懐を広くしてグリップを体の近くに

通さないとヘッドは絶対にアウトに出ますよ。

だから僅かに右に打ち出す本物のドローがアマには物凄く難しいのです。

ヘッドをインからアンダーに下からあおって手首でコネる

のはただの確率の低いヒッカケフックボールで、ドローではありません。

難しいかな。説明大変ですね。



 サングラスビデオカメラ来ました

オークリーなんちゃってですね(笑 他は全部オークリーです。

予想以上に悪くないですよ。

クリックで拡大
sunglasses DVR 中

テストではちゃんと撮れました。

動画サイズ、コマ数は表示通りでしたが画質は値なりです

が十分使えます。

ただ、大変大きな問題が・・・。

視野角が狭い

というか、サングラスと自分の腕では近すぎて

思い通りに画面に入りきらない。

なのでやはりその場で毎回モニターで再生して確認が必要です。

ノートPCなら再生は簡単ですが、持ち運びが面倒なので

電池駆動でSDHCカードでAVIが再生できる安い

デジタルフォトフレームかポータブルDVDプレーヤーかなんか

モニターに利用できるもので良い案は無いでしょうか?

携帯はやはりAVIは再生できず、デジカメ2台もダメでした。

ヤマダかケーズでSDHC持込んで展示品でテストかな。

ツタヤにも安いのが並んでいたな。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

落す、落ちる、落さない、に拘るのではなく、結果の軌道が全て

 「既存のゴルフ用語」の使用が誤解、ミスリードを招く

事が多いですね。

半世紀もの間に使う側の用法、聞く側の捕らえ方が

あまりにずれてきてしまった面があります。

いっそのことなるべく既存の理論にとらわれず

新理論、新用語を定義して使っていった方が良いかもしれませんね。

コンバインドプレーン理論などはその良い例ですね。


 例えば、「グリップを落す」について少し説明しておきます。

この表現について釈然としない方はかなり居るでしょうね。

これは、グリップの「横への動き」に対して、

なるべく「縦に、垂直に」動かしたいところから来ています。

切り返した時点から、プロでも嫌でも必ず体は開いて、

横回転して行きますから、グリップを意識してトップから

垂直に真下に下げようとしても実際には垂直には下ろせません。

アマなら心配しなくても頑張ってやっとオンプレーンです。


 それから、「下ろす」という能動的、「落ちる」の受動的表現の差は

捻転=ストレス、緊張が高ければ切り返しで左に少し踏み込むだけ

下方向に「落ちていく」、という意味合いがあります。

また、無理に加速させようと腕力で下に引き下ろさないで、

なるべく重力を利用して腕の力みを減らす、

下半身や背筋を利用すると言う意味合いもあります。


「肩を回す」「(左)肩を入れる」の差にも似ていますね。

能動的回転運動と捕らえるか、直線運動の結果受動的に回転運動

になるのか、意識の違いでかなり変わってきます。

「肩を回す」は水平のイメージになり易く体が起き易い人にとっては

「肩を入れる」の方が縦回転で前傾を維持しやすいかもしれない。

また、「肩を入れる」の方が直線的で右腰、右サイドの引けが減ります。

この様に、ちょっとした表現の差で受け取る方のイメージは

全然変わることが非常に多いです。

この辺りは非常に言葉の難しいところですね。



 例えばプロで昔から右足前でグリップが下がりきっている人は

当然「落す」もしくは「落ちる」意識などないかもしれません。

既に出来ていますからね。

本人は極フツーに振ってるだけで、

意識は自分にとって重要な全く別の所にあります。

でも、後ろから見るとちゃんと「落ちて」います。

だから多くのプロは「落とす」意識は殆ど無いと言います。


 また、ある程度上手でグリップの浮かないレベルのアマは、

自然にまたは勝手に「落ちる」と言うでしょう。

「落ちる」と言う言葉に違和感があるとしても

結局は「落ちる」と「同じ軌道」を通ると言うでしょう。

実際は左腕の行き場が他に無いので「落ちる」しかないのですが。

これは後で説明します。


 しかし、グリップがインパクトまで浮いている殆どのアマは、

当然「落す」意識が無いとプレーンの遥か上を浮きっぱなしです。

これは分かりますよね。


 問題はどの表現も処方箋もケースバイケースです。

だから「意識」や、「言葉」、「表現」自体を云々議論したところで

全然ピントはずれで、見るべき所は結果の軌道だけなんですよね

そんなものは議論するまでもなく後ろから見れば一発で分かります。

ゴルフにはそういう不毛な議論が本当に多いですね。

もちろん、このブログの皆さんの質問のことではないですよ。


 続く
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

カブトムシが続々と羽化してきました

 明後日くらいにサングラス型ビデオカメラが来ますので

ゴルフは暫くお待ち下さい。

6/9頃から32匹のカブトムシのさなぎが一斉に羽化し始めました。

早いですね。

これは羽化直後で内羽がまだ出ています。

じっとして動きません。

羽化直後 1 中

これは内羽が既に上羽の中に畳まれています。

少し濃くなってきています。

羽化直後2 中

なぜかオスだらけ。まだ羽がやわらかいです。

お互いまだ全く喧嘩はしませんね。しかし元気です。

まだ一匹角に殻がついています。

羽化後 2中

あす娘に学校に持って行かせます。

娘はメスの方が好きです。

なのでオスだけ持って行きます。

羽化 中

2令幼虫32匹からから1匹も死んでいません。

何匹出てくるか楽しみです。

かなり生存率は高いですね。

生命力が強く共食いは狭い状況でもしなかったですね。

混雑状態でもそれぞれ干渉しないでうまく蛹室が作りましたね。

素晴らしい生命力です。


 今年は早めにカブトムシの鈴なり捕獲に挑戦します。

また千葉でノコギリ、遠方に出かけてミヤマ捕獲に挑戦です。

家のコクワは皆越冬して毎日深夜にゴソゴソ元気にしています。

コクワは非常に強く、元気で、喧嘩しないで共存しています。

平和主義で非常に飼い易いですね。見直してしまいました。

今年はクワガタも繁殖させようと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腰を立てる=骨盤を立てる、腰を入れる

 BIKさん、いつもコメント有り難うございま

本当に熱心ですね 素晴らしい事です。

「腰を入れる」、「腰を立てる=骨盤を立てる」

これは以前から質問が多かった事で、

どのスポーツでも非常に重要とされることです。

しかし、型自体はそんなに難しく考えることはないんです。

写真の方が分かり易いので腰椎と骨盤の写真で説明します。


 上の写真は背中が丸まった猫背状態ですね。

丁度「あぐら」をかいて楽にした状態をイメージしてください。

この状態を赤線の様に「骨盤が(後ろに)寝ていると言います。

椅子ではPC画面を覗き込んで猫背でタイピングしている

非常に悪い姿勢ですね。

猫背 2

腰痛、頚椎痛、肩凝りの現代病の原因です。

私もよく矯正で腕の良い整体師に診てもらっていますが、

あちこちボキボキやってもらうと背筋がピンとしてスッキリします。


 次に、正座して胸を張って背筋をピント伸ばして

気合の入った良い姿勢をイメージしてください。

椅子に座っても出来ます。

腰を立てる 3


青線の様に背筋が反るように伸び腰椎は立ちます。

そして赤線の様に骨盤は垂直に立ちます。

この写真の状態を「腰を立てる=骨盤を立てる」と言います。

もしくは「骨盤を前傾させる」とも言います。


 ゴルフではこの状態のまま下の写真の様に

黄色丸の股関節を軸にして前傾させます。

腰を立てる 7 前傾

この状態で膝を軽く曲げて腕をブランと垂らした状態を

子供のレッスンでは「腕ブランでゴリラスタイル」と言います。

ゴリラスタイルとはゴリラが尻を突き出して

腰を反らし、腕を地面に付けて歩く様な姿勢です。


 なぜ「腰を立てる=骨盤を立てる」状態で骨盤から前傾させるのか

この下の写真は骨盤が寝たまま腰から前傾した状態です。

無意識に手抜きで普通にアドレスしたら誰でもこんな状態になります。

猫背 2 zennkei

オレンジ矢印は骨盤から大腿骨にかかる体重と圧力のベクトルです。

上の写真と下の写真のどちらが脚に体重、圧力がかけられますか

どう見ても上ですよね。


例えばスキーの場合、すねでブーツ、板の前半に強力に体重と圧力

をかけますが、腰を立てて、骨盤を前傾させていないと

絶対に体重、圧力をうまくかけられません。

猫背では後傾のへっぴり腰になり板を回せません。

腰椎と骨盤で上から押さえる様に股関節に体重と圧力をかけるからです。

猫背の写真では腰の入らない腰砕けで、

どうやっても股関節に体重を乗せられないのが一目で分かりますよね。


 更に重要な事があります。

今度は、逆に足の蹴りの力を100%上体に伝えるにはどうするか

腰を立てる 蹴り 前傾

こうじゃないと蹴りのパワーが上体に伝わらないですよね

ちょっと3Dじゃないので角度が表現できませんが、

右足を蹴り伸ばした状態です。

猫背ではパワーを全く伝えることができないのは一目瞭然です。

この写真を見て右脚のパワーを100%伝えようとしたらどうしますか

まず、骨から骨へと真っ直ぐ伝達させますよね

グリップが下り切る頃から右足の裏・踵を蹴り上げ、

体で最大・最強の大腿筋を使って右膝を思い切り蹴り伸ばして、

大腿骨で股関節を蹴り上げるます。

意識は蹴り上げますが、上から圧力をかけて押さえ込んでいるので

実際は以下の様に押し回す事になります。


非常に重要な事ですが、

両ももを締めるように右脚を左脚に寄せて行く様に蹴り込む事により

黄色丸の球状の股関節で骨盤の回転運動に変えます。

これが股関節と肩関節にしかない、直線運動を回転運動に変える

球状の関節の重要な働きです。

鋭い蹴りが軸となる股関節に伝えられ骨盤を高速回転させます。


腰自体を自ら切るものでは絶対にないのです

腰を能動的に切っている人は見れば一発で分かります。

フィニッシュで両ももに隙間ができ、しっかり付かないからです。

何人かはドキッっとしたでしょ(笑


 要するに、腰椎と骨盤で上から圧力をかけて押さえていなければ

下からのパワーがダイレクトに伝わらないのです。


体がふあふあ浮いていたら下からの蹴りが伝わりますか

だからいつも言いますが下への圧力に異常に拘るのです。


それは重いショートアイアンでの練習がベストです。

飛ばすためにも9Iで素振り、土打ち、草刈りでフォーム造りです。

ゴリラスタイルで骨盤を前傾させ、股関節を押し続け

インパクトに向けて「腰を入れて」いきます。


 では「腰を入れる」とはどういうことか

最も強い下半身のパワーを股関節、骨盤、上体へと100%伝える為に

中継点となるべき腰をしっかり立てて丹田に力を入れ、

ゴルフなら回転、空手なら突き、野球なら腕の振りへと

腰で力強く押し込んでいくことです。

空手の突きは腕ではなく右脚の蹴りと、腰で突きます。


 さらに「腰を立てる=骨盤を立てる」重要性は

そうしないと当然不動の軸は全然出来ないし、

下半身と上半身が連動しないものなのです。

テークバックで肩が入らないし、体重移動もできません。

やってみれば分かります。

猫背では肩は回りません。



 その他、改造さんから質問がありましたが、タメたいほど

体から遠く、グリップエンドを飛球後方に向けて下ろイメージです。

と言う事は、よりタメるなら、より上体を開かないと言う事です。

何度も取り上げていますがガルシアが良い例ですね。

右を向いたままトップでシャフト水平のまま=グリップエンドを

飛球後方に向けたまま、右肘をストンと真下に垂直に落します。

この垂直に落す距離がタメの大きさです。


そして右脚右側に下ろすと言う事は、必ず右足に圧力がかかるので

右踵は絶対に上がりません。切り返しで左足に軸移動しても

右足にも圧力がかかります。両足に圧力がかかるのです。

そうしないと全体重左脚にかけてしまい、上体が開いて

右脚が浮いていたら、そもそも大事なときに右脚で蹴れませんよね。

だからグリップを下ろし切るまで全ての捻転、

パワーが維持されるのです。


 実は、その為には右足の外旋が非常に重要になります。

右足を内旋させた瞬間に上体も回転してしまうからです。

そのうちビデオで説明します。

普通のアマはトップからいきなり右脚を内旋・外転するので

上体も必ず同時に開きます。人体構造上そういうものです。

ですから右足裏の感覚、使い方がとんでもなく大事なのです。

グリーンの傾斜でも、ティーグラウンドの傾斜でも、どこでも

ゴルフは足裏感覚が非常に大事なんですよね。


 次回のビデオで、右足前までに処理する事と

処理しないで、普通にインパクト直前まで放っておいた時の

違いをお見せします。

H/Sが全然変わりますよ。

左脚前でフツーに振ったら全然H/Sは出ないいんです。

どんなに筋トレして頑張っても。

ドラコン選手にはあんまり言いたく無いんだけど・・・。


あー、その前に水平素振りと、木の枝打ちを説明しないと

いけないかな。

山盛りで大変ですね。

やっぱりサングラスビデオカメラ買わないと撮りきれないな。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

縦コックと横コックのビデオ

 コメントの返信が遅れております。

大変申し訳ありません。全てしっかり読んでおります。

沢山の励ましのお言葉に大感謝です

必ずみなさん返事書きますので暫くお待ち下さい。


 ビデオ第2弾ですが、

腹をへっこますの忘れて、撮り直すのもスゲー面倒で

散々悩んだ挙句、どうせおやじだし載せちゃいました(笑

カメラの位置が胸なので目線とは少し違います

その角度のせいでグリップもスゲールーズに見えますが

まー細かいところは気にしないでください



変なところがあったら遠慮なく御指摘願い致します

また次回も、ビデオ特集続けますね

説明したい事が山の様にあって相当ビデオ本数が

必要になると思いますが、気長に行きましょう。


今日撮影用にちょっと奮発して良い三脚買っちゃいました。

しっかり目線と一致して固定できる小型カメラもあれば

楽だけどなあ・・・

結構目線と一致させるのが大変なんですよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

コックの方向 ビデオ撮影

 仕事の関係で更新が遅れまして申し訳ありません。

お約束どおりビデオを撮りました。

編集は時間かかり大変なので少しずつ撮っていきますね。


 常々思いますが自分で自分の姿は見れないので

自分から見える映像が重要だと思います。

でもなかなか無いんですよね。

やってみると分かりますがカメラのセッティングが

結構大変だからでしょうね。


 まずはコックの方向です。

やはり言葉よりビデオなら一発で分かりますよね。



Youtube ゴルキチ チャンネル

 これに体の回転が加わるのでアウトサイドではなく

飛球線後方に真っ直ぐ引けます。

次回以降ビデオで説明します。


 殆どのアマがそうですが、体の回転を考慮せずに

いきなり手首で右横にコックするからヘッドが体の正面から

大きく外れます。

フェースがガバッと開くわけですね。

一度外れるともう毎回正確に元に戻すことは不可能です。

殆どのアマは自らスタートから大きく外しているんです。

だから、当然振り遅れ、逆にヒッカケが起きます。

当たり前なんです、横にコックしてるから。

そして当然ダフリます。

これも横にコックしてるから。

次回以降ビデオで徐々に説明していきます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR