ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ノーテークバックでカウンターバランススイングをマスター

 球の後方10cm以下にアドレスしてノーテークバックで

カウンターモーションだけでパッティングします。

左右対称の極小さい振り幅で打ちます。

フォローは出さず止めるか、アドレスに戻します。

戻すと頭も決して球を追えないんです(笑

子供も思惑通りうまくワークしますよ(笑

するとヘッドの動きがスローモーションの様に良く見え、

ミスパットの原因が自分でも直ぐに分かります。

パッティングはインパクト直後で決まりですから。


 スナップを絶対に使わないように手首の角度は決して変えず、

ハンドファーストのまま左サイドリードです。

必然的にアドレスから左脚加重ですね。


 球を打つためには嫌でも頭は飛球後方に下がります。

カウンターをどんなに説明しても上手く出来ない子供が

これだけで即座に出来る様になりました。

子供でも「頭を逆に動かすと球が飛ぶんだと分かってくれます。

すると要領を覚えてきて次第にショットも頭が被らなくなってきます。

頭が被らないと当然肩が開かなくなります。

カウンターの意識だけでスイング修正がシンプルになりますね。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ゆるゆるグリップによる外旋と内旋 パッティングの素振り 勘違い4

 また、重要な勘違いの続きです。

前に進む為に解決すべき基本的に重要な勘違いが多いので。


グリップによる前腕の無意識の外旋と内旋


 先日「ゆるゆるぐリップ」はフェースが安定しないと書きましたが、

もう少し詳しく説明すると、小指側3本の伸筋主体でグリップし、

親指、人差指をルーズにすると大きな問題が起きます

インパクトでほんの少しグリップ圧が増加しただけでも

左前腕が外旋し、フェースが被ってしまうのです。

何度かこの質問がありましたが経験ある方は多いと思います。

なかなかこの原因には気がつかないと思います。


 逆に右グリップは屈筋の親指、人差指を強く握ると

前腕が内旋するので被ります。左腕と逆ですね。

右腕が力んで屈筋を使うと被るのは、これと右脇開きが原因です。


 と言う事は、フェースが被り易くヒッカケを嫌う方は

左人差指と、親指をルーズにしないで押さえる(強い必要はない)。

逆に右グリップは人差指、中指、薬指を下からひっかけてグリップ。

右人差指はクラブを操作しない様に気をつけテコだけに使います。

右親指は軽くグリップ上面に置いてプレーン意識に専念ですね。


 この様にグリップは1本、1本の指の握りまで奥が深いです。

シングルを目指すなら単に100切り目標のレッスンの

安易なゆるゆるグリップを真に受けないようにしましょう。


 これはパターにおいても非常に重要です。

自分の癖により左右各指のグリップ圧を工夫して調整します。

これらの動きはレッスン書では決して出てこないので、

日々の自宅パター練習で自分1人で試行錯誤して研究します。

それがショットに生きるのです。


インパクト直後にヘッドを止める

 パッティングの部屋練は数百発直ぐに出切る筈です。

例えばインパクト直後に毎回ピタッとヘッドを止めてチェックしましょう。

被っているか、イメージと軌道が違うか、安定しないか。

インパクトでヘッドがどう出ているか毎回よーく見えます

もちろん「カウンターバランススイング」で

しっかりグリップで短いストロークでパチンとしっかり打ちます。


次にインパクト直後にヘッドを引き戻す

 また、止めるだけでなく

インパクト直後に直ぐにアドレスにヘッドを引き戻してみましょう。

それを延々と繰り返します。

どうなると思いますか やれば直ぐに分かります。

ヘッドが短い長方形の中で動くのがよーく見えます。

するとどうなるでしょうか

ターゲットよりもその長方形に意識が強烈に集中します。

そして、あっと言う間に往復真っ直ぐ振れる様になります。

また、そこに意識が集中するのでヘッドアップどころではなくなります。

下手な歪んだフォローも出なくなります。

さらに、短い振り幅と球とのコンタクトでインパクトがしっかりします

直ぐに引き戻さなければならないので手首が折れない

これは超画期的でしょ。プロもこれで散々悩んでますからね。

パターの場合これでヒッカケ、押し出しが減ります。

下りでもなでるようなヘナチョコチ・キンパットが減ります。

体幹じゃないと延々と連続往復で振れません。腕では全然無理です。

良い意事尽くめですよ


確実にスコア爆進!! パターの連続素振り

 そして、30cm幅位で連続素振りをしてみましょう。

速いテンポで数百回。タダですからね。どこでも出来ます。

最もストローク数の多いパッティングだけ素振りがないって

おかしくありませんか

一番重いクラブなんですよ。結構体幹きついですよ。

一分以内に気が付くと思いますが、ゆるゆるグリップが

正しいと思いますか

ショットでも連続素振りが超効果的なんですが、要するに

素早い連続素振りは自然にムダをそぎ落としていく行為なのです。

最も合理的で効率的なスイングに自然に近付いて行くのです。

そしてそれを確認しながら体に染み込ませていけば良いのです。

レンジじゃ出来ないですね。

そうそうパッティングは死んでも手首固定しましょうね。

で、スタンス狭く左脚加重です。

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スイングの核心 「間違ってもクラブと同じ方向に動くな」 勘違い3

 勘違いの続きです。

今回は先に少し難しい暫く前の「カウンターバランス」に関する

お話です。スイングの核心に近い事なので先に触れておきます。

ヘッドの進行方向に一緒に動かない

左右、上下、前後全てクラブと同じ方向に動かない

カウンターバランスですが、要するに「クラブと逆に動け」と言う事です。

左右のスウェイ・突っ込み、オーバースイング、リバースピボット

前傾起き上がり、腰が前に出る、等は全て

左右、上下、前後のクラブの進行方向 と

同じ方向に頭と体の重心が突っ込んで起きるミスなのです。


実はカウンターバランススイングはなんら特別ではなく、

クラブの遠心力に対抗してスイングバランスを維持し

安定させ、テコの作用を利用してパワーを増幅させる為に

プロでは極普通に行われています。


ターゲットの正反対に頭を動かす

 「カウンターバランススイング」とは、

常に頭か体かのどちらかで重心をヘッドと反対側に移動させます。

パターにおいてはインパクトでは必ずターゲットラインと正反対に

わずかでも頭を動かすこと



スイングは1軸の回転運動ではない

カウンターバランススイングで片腕パッティングしてみると

良く分かりますが、腕も肩も使わずに体の左右の動きだけで

テコを利用して簡単にターゲットに向けて打ち出せる事が

よく分かると思います。

テコを使わず片腕だけで正確に振り子スイングは無理です。

これで、パッティングは軸を中心に肩を上下させる振り子運動

ではなくカウンターバランスが正解だと分かると思います。

プロのパッティングをよーく見てください。皆頭が逆に動いて

います。カウンターを使っているのが分かる筈です。

ところがアマはどうでしょうか

皆、頭がヘッドと一緒にターゲット方向に動いています。

理由はレッスン通りに軸中心の振り子運動をしてきたからです。


カウンターなら間違っても頭が被りようがない

 最初から「カウンターバランススイング」だけをしていれば、

球を追って頭が突っ込み、フェースが被り、おっかなびっくり

球をなでる事も、もう全て心配無用です。

頭が球を追って被らないための対症療法・逆療法とも

一生おさらばです。


「球のあった場所を見続けろ」、

「カップインを耳で聞け」など山ほどありますが、

果たしてそういった山程のレッスンで治った試しがあるでしょうか

「球を見るな」ってメチャクチャ無責任ですよね。

球の転がりをしっかり見なければ返しのラインも分からない。

怖いもの見たさじゃないが、練習で出来ても本番では出来はしない。


スイングは直線

 「カウンターバランススイング」だと

死んでも頭が突っ込まないばかりではなく、能動的に腕も肩も

動かさないので最後まで肩のラインを維持することが

非常に容易になります。

もちろん理屈ではライ角があり約80度弱のプレーンで完璧に垂直

ではないので100%直線で振る事は不可能ですが、

普通のパッティングではしっかり打てれば振り幅は僅かなので

「スイングは直線」との認識で問題ないですね。
 

ショットは左右、前後、上下にもカウンター

 ショットにおいてはカウンターの方向はパターの様に

左右だけではなく、左右、上下、前後と複雑である
ことは考えれば

直ぐに分かりますよね。

常にカウンターバランスのイメージがあれば、一見複雑、難解な

動作も実は非常にシンプルになります。


 いやー、これで説明も激楽になりました

カウンターバランスならハンマー投げに非常に近いので

左右の股関節の軸以外はどうでもいいんですが、

あえて言うなら1軸でも、2軸でもないですね。

明らかに軸は常に移動しています。

そう考えるのが自然ですし、そもそもそう考えないと

まともにスイングできない、まともに動けないです。

レッスン書はどうしても軸を固定したい様ですが、

軸を固定すると一見スイング理論の理屈付けをし易い様ですが

無理です。

軸は左右の股関節間で移動しており、スイングの結果としてできる

ものだと考えた方が良いと思います。

ハンマー投げは軸がどんどん移動しながら回転して狙った方向に

投げています。軸を固定する理論では全然飛ばせませんよね。


つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

爪先は開き、左踵のベタ足は意識、左肩を入れるとは 勘違い2

 前回の「勘違い」の続きですが、


1、両爪先の角度

まず、アドレスでのスタンスですが両爪先は自然に開きます。

左右の足が平行では見た目にも不自然で不安定です。


股割りをしてみれば分かりますが、人間の骨格の構造上

脚を曲げて重心を落として踏ん張れば必ず爪先はかなり外側を向きます。

それに左右に壁を作るのに外側を向いていなければ踏ん張れません。

そして両脚は常に外旋している為、爪先は開きます。

さらに、フォローでは左爪先が開いていなければ左膝を壊します。

(パターは別ですが)

スイング時にずらすのは安定性に欠けます。



2、左踵べた足

 次に、テークバックでの左踵のべた足はあくまで意識です。

結果的にテークバックで我慢していた左踵のがに股、ベタ足が

左肩を入れる為に、左肩に引っ張られて5cm程度上がってしまうのは、

全く問題ない事です。ダウンで踏み込みの反動を使うために

能動的に左踵をぺロンと大きくめくり上げるのは非常にまずい事ですが。


テークバックは骨盤、肩甲骨の稼動域の広さがストッパーにも

なります。その稼動域が狭い方は左踵が上がります。

そうしないと、肩が入らない分上体の伸び上がりでカバーしようと

してしまいます。頭固定の意識過剰と同様ですね。

あくまで頭も踵も「不動」が目的ではなく「スイングの安定と再現性」

が目的であり、その過剰意識がスイングの自由を奪う程では

明らかに問題ですよね。

もちろんオーバースイングになりがちな方は、ベタ脚で矯正できますが。


3、右踵の浮き

 また、ダウンでの右踵も同様で、インパクトまで完璧に上げない

訳ではなく、股関節の稼動域の広さや、スイングの個性で

そのタイミングは変わります。要はスイングの安定性と反復性

であって、意識と結果的な外見は違って当然ですよね。


4、左肩を入れる

 そして何度も言っている「左肩を入れる」とは、

「左腕を伸ばす」事で押し込みます。腕がゴムの様に伸びる

訳ではなく(そもそも腕自体は伸びない(笑 )、

肩甲骨を前にスライドさせるのです。背骨から離れ、広がるのです。


 例えば、空手やボクシングで相手との間合いを取りますが、

想像以上に相手の腕が伸びてパンチを入れられる時があります。

これは決して相手の関節の靭帯が柔らかくて伸びているのではなく、

肩甲骨の稼動域が想像以上広いのです。これと同じ事なのです。


 また、コック時には左腕を伸ばして、さらに右腕を縮めます。

左肩甲骨とは逆に背骨に近づけるように引くわけですね。

但し、これはあくまでコックの一連の動きであってテークバックで

体を回すために右サイドで背中側に引くことはお勧めできません。

テークバックと同様にフォローでも背中側後方に能動的に引く動きは

パワーを「逃す」動きで良くないですね。


5、肩甲骨の稼動域の広さ、肩甲骨を鳥の様に使う


 肩関節と骨盤だけがボール状の関節で、上下・左右・前後に自由に

動かせます。前述の様に一定のトップを決めるストッパーであり、

重要な大きな稼動部分であるので、この二つの動きを意識・制御・管理

する事は非常に重要な事なのです。

 
 ドラコンの間井谷プロが飛ばす秘訣を一言で

「肩甲骨の稼動域の広さ」と仰っていましたが、

単に関節の柔らかさを言っている訳ではありません。

イチロー選手にしてもそうですが、

肩甲骨を広く、柔らかく、上手く使っていると言う事なのです。

どういうことかと言うと、

鳥が羽ばたくように左右の肩甲骨を自在に使いこなすのです。

肩甲骨から腕を動かそうと意識したことがありますか

そういうスポーツをしてきた方にとっては極当たり前の事で

「肩甲骨の稼動域」と言えば通じますが、そうじゃないと

単に間接の柔らかさ以上伝わらないかもしれませんね。

肩甲骨を使う意識がなかった方は、試しにハンガーに吊るした

洋服をに向けて力んでパンチしてみて下さい。

届く間合いを計ってから、脱力して肩甲骨を柔らかくして

前にずらす、背骨から離して開く意識で打つと10cm位伸びるのが

分かると思います。そういう意識だけでも稼動域を広く使えます。


 白人は日本人より遥かに腕が長いです。同じ身長で5cm以上違います。

188cmのタイガーと170cmの日本人では10cm以上違うでしょうね。

これはショットでも大きく影響します。

銃身の長いライフルと拳銃の精度の差みたいなものですね。

ですから、肩甲骨の稼動域をフルに使って腕を長く使えれば

短銃がライフルのパワーと精度になるのです。


勘違いって山程あるでしょ。


つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

レッスンの勘違いと行き過ぎ 「頭を動かさない」 1

 先日、知り合いのスイングをチェックしました。

非常に素直で、レッスンも額面どおり信じて実行するタイプです。

少々の勘違いと行き過ぎで滑らかに動けなくなっていました。

確かに曖昧なレッスン用語を何気無く使ってしまう方も問題ですが。

一般的な「行き過ぎの多いレッスン」を挙げてみます。

  
「頭を動かさない」勘違い

 ジャック・ニクラウスのチンバックは有名ですが、スイング始動前に

まず頭を右に向ける事でスイングをリードしています。

首を回す事でテークバックし易く、誘導しています。

彼は頭を動かさない事と、頭を安定させる事は全く違う」

と言っていますが、そういう事なのです。


まず、「頭を動かさない」とは、上下、左右の二つの動きを指しています。


 テークバックで頭が上がれば、ダウンでは必ず下がります。

この頭の上下動は最もまずい頭の動きです。タイガーの様に

ダウンの踏ん張りで少々下がるだけなら良いのですが、

一瞬のスイングでの上下双方の動きはジェットコースターと同じです。

丹田に力を入れたまま腹直筋を伸ばさず、へそを下に向けたまま

骨盤を前傾させて、前傾維持は当たり前の事なのですが、

兎に角、テークバックで腕を上に上げない。

テコで左グリップを押し下げるコックの動きによってヘッドを上げる。

この時左肩は想像以上に押し下げるイメージで「縦回転」になります。

そうしないとあごの下に入った左肩が頭を押し上げてしまいます。

殆どのアマは前傾を維持する意識があっても、肩を「水平回転」させる

意識がある為、9時と3時より上では必ず上体が起きていきます。

水平に回し込んで行く肩、バックスイングで左肩、フォローで右肩が

水平だと高過ぎるので、必ず前傾が起き上がらされ、上体が伸び上がり、

体が浮き、頭も上がり、結果頭がスイング中激しく上下動するのです。

肩は水平回転ではなく、感覚としてはかなり縦回転です。

「前傾角に対して水平」と言いますが、アマはそもそも前傾が甘いし、

イメージとしてはかなり縦回転です。そうしないと前傾維持は無理

ですし、「頭を安定」させる事は不可能です。

両肩のラインにシャフトを当てて振ってみれば直ぐに分かりますが

シャフトを水平に回せば体は非常に楽ですが頭は思いっきり左右に

動き、肩もガンガン開き、スイングは水平の円弧を描き易くなります。

縦に回すと体が苦しく、骨盤の切れ上がり、脚に強い捻転、

自然に加重を感じると思います。そして、頭は安定し、肩は開かず、

前傾を維持でき、ヘッド軌道は直線的になります。

ここが大きなポイントです。


左肩を入れる、左グリップを押し下げて腕を上げないとは、

そういう事です。


このコツが「カウンターバランススイング」にあります。

今後また、ショットでの練習方法を紹介していきます。


 一度浮いてしまったら電車の脱線と同じで、修正は不可能です。

体も足もグリップも地面から離れる「浮き」はパワーを殆ど空中に

逃がします。地に足が着かない、支えのない「空回り」ですね。

死んでも浮かない。ガルシアやリッキーファウラーを見れば

分かりますが、トップを上に上げる意識など全くないです。

飛球後方に左グリップ、左肩を押すだけの感覚です。



 がに股アドレス、ガルシアの様にフラットでコンパクトなトップ。
全く浮きのない、バタつかない踏ん張りが効いた安定した下半身です。
本人は意識していないでしょうがマキロイと同様にツイストに見えます。
左肩が低く、非常に深く入り、肩甲骨の稼動域が非常に広いです。
切り返しでの左股関節への体重移動によるリードでも股関節の動きが
非常に柔らかく稼動域の広さが感じられます。
トップ、切り返し、リリースでの手首の使い方も非常に柔らかいですね
遼くんの表面的なマン振りとはかなり違う、体幹の力強さを感じます。

 

 頭の左右の動きは勘違いは山程あります。

まず、ニクラウスの言葉通り、左右の動きは頭は「不動」ではなく

「安定」なのです。多くの勘違いの元は

そもそものアドレスでの頭の位置が間違っています。

殆どのアマの頭はアドレスで球の真上に近い


プロはニクラウスの様にチンバックしないとしても、アドレスから

右に傾いているか、右を向いています。二クラスのチンバックと

同じ事をアドレスで既にやっているのです。

だから、そもそもテークバックでアマの様に球の真上にないので

右に動く必要性がない。先に動かしてあるのです。


 そして、左右の動きで遥かに重要なのはテークバックよりも

ダウンでの「ビハインドザボール」です。

一度右に動いたものは「反動」で必ず左に戻りたがりますが。
 
この反動が怖いので最初から少し右に置いておきます。

 そして、そもそも「頭」とは脳天より「首の付け根」です。

何故なら頭だけが傾こう回ろうが、肝心の肩との結合部分の首の付け根

さえ安定していれば肩は上下・左右にはズレません。


それに、前傾して肩が回れば顔が正面を向いたまま微動だに

しなかったら首が壊れますし、リバースピボットになります。

頭はアドレスから少し右に置くか、ニクラウスのチンバック

の様に右を向ければ無理なくテークバックできます。

それに、頚椎には捻転は要らないですからね(笑


 むしろ頭を止める意識が強過ぎて左肩が入りきれない、

右股関節に完全に体重移動できない、リバースピボット

(トップ時に右脚から左脚加重に逆転する)する方が、

遥かにまずいです。

各人のトップの大きさを決めるストッパーの役割は、

股関節と、肩甲骨の稼動域の広さの問題でもあります。

広い人は頭を止めて、左踵もベタ脚でも問題ないです。

しかし、硬い人は頭も動き、左踵も引っ張られて少しは上がって

いかないと理想のトップが出来ません。

その分アドレスから右に置けばそれだけで済むのです。

事実上、ショットはトップで90%以上決まりです。


先に進む為にかなり支障となっている勘違いが多そうなので

あといくつか説明していきます。


つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テコを応用した「ゴルキチ・カウンター・バランス・スイング」2

 ググっても出てこないので勝手に命名します。

これが「ゴルキチ・スペシャル・カウンター・バランス・スイング」

です・・・・・(ドラゴンボールのゴテンクスの技みたいでチョダサい?確かに)

商標登録しようかな 中国版新幹線みたいに

今日は、「カウンター・バランス・スイング」のパターでの練習方法です。


 「カウンター・バランス・スイング」はテコの応用です。

左右のグリップもテコ、左グリップ内もテコ、スイングもテコですね。

テコなら全然少ない力で済み、それゆえ精度も反復性も増します。

また、スイングの動力源の力点と、エイミング(狙う事)だけの作用点を

明確に分離、独立、管理することが可能です。

要するに、指、手首、腕、肩をスイング動力源として不必要に動かす事で、

自ら精度を落す必要性がないのです。

そして、最も重要な事は軸回転スイングで最も困難な

「回転軸の維持」など必要ないのです。

3次元スイングの「回転軸」が消え、限りなく2次元に近い平面的な

スイングになり「回転軸」の代わりに「支点」が存在します。

「支点」は単なる平面上でのですから、それをイメージ、維持

する事は「回転軸」より遥かに容易です。

回転ではないのでインサイドイン軌道ではなく、ほぼ直線軌道で、

飛球線と平行に振ることが可能です。


 要するに今までずっと言ってきた、「スイングは直線」が、

「カウンター・バランス・スイング」によって説明できると思います。



1、まず簡単なパターでの体感方法と練習方法

 テコではスイングの動力源が「力点」です。実際にはパターの延長線と

「支点」は見えませんがイメージして固定します。

「支点」以下の「作用点」は決して能動的には動かさず

ひたすらエイミングだけに専念します。

カウンターバランススイング3

 まず、みぞおち辺りの支点を意識しながら、力点の頭を左右に

動かすことでテコの原理の応用で腕・肩の▽パターを振ります。

肩と腕は全く使わず、三角形とパター、上体は一体化したまま振られます。

実際のパターではこの絵ほど大きく振りませんので

頭を少し動かすだけでヘッドは大きく動く事が分かると思います。

肩を一切水平に横回転せず=肩を開閉しないで

肩のラインさえ終始飛球線と平行ならば


飛球線と平行、かつ直線的に振る事が可能になります。


 頭が動いても両膝と尾骶骨の三角形は出来る範囲で固定します。

骨盤は上体の動きと共に左右の股関節間で滑らかに体重移動します。

しかし、外部から見えない程度に滑らかに、静かに動きます。


パターでは手首固定、▽固定なのでグリップはしっかり握ります。

グリップ上面の両親指をしっかり押さえて「飛球線と平行」

を意識して狙えば芯を外してもフェース面もぶれず、

また、被ったり開いたりし難いです。

パターでもゆるゆるグリップは???ですね。


常識ですが右手首の角度は死んでも絶対に変えない様に気をつけます。

それでも変わる人は逆ハンドのクロスハンドグリップにします。

すると今まで手首がグラグラ動いて、スナップで打っていた事が

良く分かります。アマは普通に打てばそうなりますが。

クロスハンドは意外に早く慣れます。

逆ハンドでも右手で距離感をイメージすればショートパットも

(スイング動力はあくまで力点ですが)大丈夫です。

練習だけでも手首固定の要領を十分に体感できます。


 スタンスは狭目でグリップを低くして、頭とヘッドが引き合う

感じの方がカウンターがやり易いかと思います。

今まで背骨の回転軸を意識して肩を回していた方は、

インサイドインの軌道が直線になる事が良く分かると思います。

変なヒッカケ、押し出しが大幅に減ります。

軸回転のスイングが非合理的である事が体感できると思います。


2、実践パタースイングへの応用

 1で要領を覚えたら、実際のパターのスイングです。

徐々に「支点」を上に上げて行きます。最終的に「みぞおち辺り」から

「首の付け根」まで上げます。すると今までの「力点」の頭が固定され

「力点」が「支点」の下側で「作用点」の間に移動します。

ここで重要な事は、意識する「力点」は図の緑色の2箇所です。

1、側筋の腹斜筋、背筋の特に背筋の上下の収縮イメージ

2、骨盤の動きによる股関節間での体重移動
 です。

この時、骨盤は左右に動くのではなく左右で上下に切れ上がる様に動きます。

だから、外見上お尻は微動たりしなくても内部では骨盤は左右の股関節で

切れ上がる様に上下しているのです。

この動きはショットで非常に重要になります。

難しそうですが、実はイメージするだけで頭を止めていけば

自然に体がそう動くことが分かると思います。自然な動きなのです。

腹斜筋も使いますが、緑色の辺りの背筋を伸縮させて

肩を上下させるイメージを持つとやり易いです。

カウンターバランス 5

 私が「背筋で振る」と言ったのはこういう理由です。

実は側筋、体幹筋は横の伸縮より縦の伸縮の動きの方が

遥かに大事なんです。

スイングが回転運動だとするとトップでは左腹斜筋が横に伸び、

右腹斜筋は縮むと考えがちです。

しかし、「カウンター・バランス・スイング」の直線運動だと

体幹筋の動きは右側筋が伸び、左側筋が縮むと言う、

全く正反対の認識が起きるのです。

当然そうなると筋肉の使い方も大きく変わるはずです。



 ついでですが肩はもちろん水平回転などではなく、

かなり縦に回ります。左肩は顎の真下に入ります。

下に入った左肩があごを邪魔したり、上に持ち上げたりしません。

と言う事は、普通のアマはテークバックで左肩が全然高すぎる。

全部浮いてると言う事ですね。

もちろん前傾の浅過ぎもありますが、過去の右肩下がり

対症療法レッスンでの「肩は水平回転」の名残でしょうね。

 
 背筋を縦に使うイメージなら、縦のスイング、自然落下、重力落下が

容易にイメージできます。 トップからいきなり横回転で

肩が開くアウトサイドイン軌道も大幅に減るでしょう。

骨格の構造上、人体に合わない無理な回転運動でなくなるので

土台が遥かに安定します。


この時も両膝と尾骶骨の3点は出来る範囲で徐々に固定していきます。


 もう1つの力点、骨盤の左右での切れ上がりの動きによる

股関節間での体重移動です。

骨盤は上体の土台で完全に繋がっていますので、

スイングの大きな原動力となり、上体の動きをスムーズにします。

パターではパワーが要らないので下半身は完全に固定ですが、

ショットではこれにフットワークが加わり骨盤を能動的に

動かす事が可能です。

その動かし方が重要なキーになりますが。


 カウンターバランスはヘッドの進行方向と反対側に上体の重心

を移動する
ことで、強力な遠心力に対抗してバランスを取りつつ、

テコの力を利用してパワーをフル活用します。

部分的には、かなりハンマー投げに近いです。


ただ、ショットではパターと違ってヘッドの進行方向は

ヘッドがHWBの9時、トップ、HWDの9時、HWFの3時を過ぎると

同時に飛球方向と飛球後方とで正反対に逆転します。

そこで上体の重心を移しつつ、蹴りも入るので、

上記のパター練習より場面場面では遥かに上半身と下半身が

複雑な動きになってきます
が、基本は分かると思います。

そして、プロのスイングを見る視点が変わってきます。

プロのパッティングもよーく見ると実は肩の上下動や軸回転ではなく、

多かれ少なかれカウンターで打っている様に見えてくるでしょう。

左肩が開いて、頭が球を追っかけるプロなど見た事がないです。

また、ショットでの応用は今後説明していきます。

  
 ちなみに私はパターのライ角を思いっきり立ててライ角75度に

しています。

カウンターバランスで平面で直線的に振っているからです。

自分のライ角の適性は店頭でもヘッドの後ろから携帯でビデオ撮影

すると、3発撮るだけでも明らかに分かります。

オリジナルでスクエアに打てる方が珍しいいでしょうね。

ロフトが立っているので変わらない、と言われますが

実際は結構変わります。パターは要求する精度が高いですから。


 私のスコッティ・キャメロン・スタジオ・セレクトの

オリジナルのライ角は71度です。

素材は303ソフトステンレスで軟鉄ではないので折れ易く、

量販店のクラフトではライ角調整は受け付けてくれません。

ですから、硬い素材は腕の良い有名な個人のクラフトマンで

数回の調整だけにしないと、ひびが入りますので

自己責任でお願いします。

なお、普通のステンレスは無理ですので買う時に注意が必要です。


 規制では最大80度まで立てられます。

長尺は長いので限度いっぱいの80度が殆どです。

だから、長尺は縦に振れるので方向性では非常に有利なのですが

いかんせん長くて重すぎて距離感がかなり難しいですね。


 また、やたら長くなってしまった・・・。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

自然にライ角が維持されスクエアに戻るグリップ Vol.2

 例えば、未だに人気の高いダウンブローで有名な陳清波プロの

グリップはスクエアで、しっかりグリップでも有名です。

私はスクエアかストロングかの程度は各人の骨格により

全然変わって当然だと思います。

ストロングもスクエアもありません。

要は自分にとって最も再現性が高い角度が重要であって、

他人のグリップの角度などどうでも良い
ことです。

自分に適した角度は自分だけの角度なのです。

目をつぶって振っても元に戻る角度が最も再現性が高いに

決まっていますから。 


 そして、最近の殆どのレッスンで見かける「ゆるゆるグリップ」

は大変な弊害があると思います。

「ゆるゆる」=「脱力だが隙間なくしっかり」とは

絶対に受け取れません。

「ゆるゆる」=「隙間だらけでブカブカ、グラグラ」でしょう?

ゴルフを知らない人に聞いても誰でもそう思います。

そんなグリップではゴルフになりません。

確かに手首が硬い90%以上のアマにとって即効の特効薬

になりますが、とんでもない副作用があります。

ただ、その副作用に気がつくアマは殆どいないので放って置かれます。

「全ての指がしっかり隙間なくグリップ」しても、腕と手首が超柔軟に

使える。
それが正しいグリップであって、

力が抜けないから、腕も手首も硬いままだから、イージーな対症療法で

大事なグリップを犠牲にして、「ゆるゆる、グラグラ、隙間だらけ」の

グリップを薦めるのは大いに問題があると今までずっと感じてきました。

 

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

カウンター・バランス・スイング

 ビデオの説明を分かり易く書き換えました。 

これまで言葉で伝えきれなかった

もう1つの見えないスイングの原動力

「カウンターバランス」を使うだけで、

かなり分かり易く説明できたと思います。

簡素化しましたので見易くなったと思います。
 


一軸理論の完全否定になると思います。


 動画編集も数やらないと要領よく出来ないですね。

しかし、編集は時間かかりますわ。

i7 Win7じゃないとしんどいなぁ。

もっと速いPCが欲しいな。

SSD良いな・・・。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

縦コックと横コック Vol.2

 前回の縦コックと横コックのビデオの第2弾です。

縦コックの方法と目安をビデオで紹介します。

多くの方はヘッド軌道ばかり気にして

ひたすらヘッドをインサイドアウトもしくは

インサイドインに振る事を最優先して、

グリップの軌道を殆ど考慮していません。


このビデオでヘッドではなくグリップをインサイドアウトイメージ

に振ることが重要だと分かると思います。

グリップが適切な軌道で、タメができれば必然的にヘッドは

想像よりも、かなりストレートに近く振られる事が分かると思います。

グリップは体に近く、ヘッドは飛球線上を直線的に振る事が秘訣です。

その中でヘッドは、ほぼシャフトを軸にローテーションしていきます。



 右足前まで脚と体幹で低く真っ直ぐ引いた後、

コックと体幹の回転を同調させてHWB直前まで

「自分から見て飛球線上」に上げて行きます。

飛球線という簡単な目安に沿って上げるので

ビデオで撮らなくても良いので練習は簡単です。


直ぐにさっと上げられるようになります。

HWBが中継点での目安です。

そして終点のトップの形が決まっていれば

おのずとプレーンは決まります。


その為に、左肩をしっかり入れた、右腕の形が決まった

トップの形をしっかり記憶しておかないと

プレーンも再現性がなくなります。



 また、問題は下半身での骨盤の動かし方ですが、

これは、今試行錯誤してビデオを撮っていますので

近いうちに紹介します。

骨盤の動きを感じ取れないと、脚と体幹を上手く使うことは

出来ません。要するに、下半身リードとは左右の股関節間で

骨盤をスムーズに動かし、制御する事なのですから。


 これまでお話した右脚外旋、外転、左脚外転等で骨盤を動かし、

同時に体幹と腕による縦コックを調和させてプレーンに乗せます。

また、上体が開かず、かつスウェイしない切り返し方法についても

ビデオを撮って紹介していきます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右前腕は「肘下切断イメージ」で右肘リードでスイング

 これが右肘リードです。

アマでは気をつけてる人は結構少ないですね。

くれぐれもやり過ぎて右肩を落さないように注意です。

スムーズに出来るには、習慣、慣れ、肩甲骨の稼動域の広さが

必要だと思います。右腕の動きの再現性が高くなり、

絶対にヒッカケたくない時、ショートアイアンでは

非常に有効です。


 右腕が力んで腕の上側の屈筋に力が入ると、

右肘が曲がって、右脇が開いて正面から見て「く」の字に見えます。

これは最悪です。

インパクトでの右前腕の角度の再現性がなくなります。

また、アウトサイドインで引っ掛けやすくなります。

 右脇締めて、タメがあれば自然に右肘から入ってくるんですけどね。



 ちなみに「肘下切断イメージ」とは

単に肘下を消し去り、何もないのだから、肘下では何の操作できない

というイメージを作る為のイメージです。

ゴルフはイメージですよね(笑

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

自然にスクエアに戻り、勝手にローテーションするグリップ

 こんな程度のビデオでも、どえりゃー大変ですわ(急に名古屋弁、違う?)

三脚を抱え込んで目線に近く撮っています。



なので三脚が邪魔でところどころ自由にうまく写せず、

無理があるところもありますが

イメージは伝わると思います。

ご配慮下さい

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「切り返し」のイメージを変える


 落すためには、力む程力は必要じゃないですが捻転は必要です。

トップはグリップの高さの頂点ではなく、耐えうる捻転の

限界点です。

当然それなりにテークバックは張りがあるべきで、

多少きつくなかったらトップじゃないです。

くれぐれもあちこち力むほどではないですが。

テークバックで右サイドで引いて、左サイド緩めて楽していたら

捻転なんか出来ません。

 ダウン開始後もまだ写真の様に肩を開かず、赤線の様に

捻転を維持し、コックを維持しないと。

逆行
 
 
 また、トップに来てから「切り返す」のではなく、

実質トップの前に既に「切り返し」ています。

左脚、右脚、体幹で、ジワ―――っと圧力かけて切り返しています。

だから腕ではなくトップでクラブが受動的に止まり、

トップでシャフトがしなります。

いわゆる「トップしなり」です。

腕でトップの形だけ作ると、「トップしなり」は絶対に出来ません。


だから脚でスイングしないと「自然落下」も「重力落下」も出来ません。

トップしなりができるスイングなら、

腕で引っ張り下ろさなくても勝手に落下するのです。

そのずっと前に準備が終っているからです。


 確実に誤解を招く「切り返し」って言葉なんか

要らん気がします。邪魔くさい。


多くのアマがやっている「切り返し」って、急激で、過激で、

力む、非常に危険なイメージですよね。

大体こんな感じですよね。

トップで手を止めた瞬間、ズドーンと一気に左にバンプして、

100%体重移動。同時にズバーンと思いっきり肩全開、

おまけに、渾身の力で親指、手首、腕で一気にコック解放

HWDまで超高速で加速するが瞬時に全パワー出尽くし

右足前で既に息切れ状態・・・・。


 左脚の軸移動とそれに伴う体重移動は、単なる「ダウンのきっかけ」

であり、本当の「切り返し」じゃない・・・

切り返しの全てではない・・・

一般の切り返しのイメージとは異なるもの・・・・

・・・やっぱり言葉の定義や、レッスン書での使われ方の統一性が

おかしいんですよね。




 それはさておいて、 

普通のアマの「切り返し」の過激な体重移動、体の横回転開始の

イメージは、実はHWDからのスイングと全く等しいです。


だから、いままでのトップでの過激な「切り返し」のイメージを

そのままHWDに移動させれば、とりあえず全て丸く治まるかと

思われますが、いかがでしょうか

こんな感じで。

私はこの「トップでループのイメージ」で落せるようになりました。

ホントにループしたらまずいのですが、過激な負荷をかけず

「丸く切り返す」様なイメージです。

切り返しの移動3

 うーん、

単にヘッドの反転の現象を「切り返し」と勝手に定義すべきか

ヘッドを停止させるための前段階の動作か 

ダウンのきっかけの動作か

結局、毎回文章で説明すべき・・・・か、やっぱりね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

なぜ背面打ちが良いのか?

 katoさんはじめばして!!

良いコメントありがとうございます!!

> 背面打ちの練習を続けています。アイアンだと抜けるような
素晴らしいドローボールが出ます。
> でも、正面を向いて打つとフェード系か引っ掛けです。
背面打ちを実践ショットと繋げるにはどうしたらいいのでしょうか?
ひたすら背面で打ち続けるしかないのでしょうか?

古い記事読んで頂いて有り難うございます

あはは 皆さんそんな感じで仰いますよ。

背面打ちはメチャメチャ良い練習方法なんです。

スタンスは真後ろ向きではなくても、45度のスタンスなら

実戦のコースでも使えるくらいです。

何よりただのスタンスの違いだけで、正しいスイングとショット

を体感できるのはこれ以外になく、非常に素晴らしい事です。

実際に御自分で通常の間違ったショットと正しいショットを

両方打ち分けられるのですから非常に良い人体実験ですよね(笑

絶好のチャンスですから、いろいろ比較研究してみて下さい


 自宅でクラブを持たずシャドースイングで何が違うのか

検証してみると、山程の上達のヒントに気が付くと思います。

練習場では落ち着いて比較できませんからね。

球を打つのに夢中で


 ここから先は、katoさん独自のことではなく、

一般論でお話しますね。アマの多くの一般論なので

多少きつい内容もあるかもしれませんが気にしないで下さいね。

丁度良い質問なので、ついでにいろいろ書きますね。


 まず先に、注意点は背面打ちも必ず下半身始動です。

脚で振ります。適当に手打ちは絶対ダメで逆効果です。

なぜ、背面打ちが上手く打てるのか

1、体を全くひねらないのでトップを毎回正しい位置で再現できます。

シャフト右肩上で飛球線と平行・水平、上腕水平、前腕垂直で肘真下向き、

手首・肘90度、左手首ほぼ真っ直ぐ、全然余裕で再現出来ますよね。

これはとんでもなく凄い事です。

そもそも毎回スタート位置がずれたら再現性などある訳がないのです。

まずはトップの位置を記憶して決められないと絶対に上手く打てません。

トップの位置、形は「右腕が必ず記憶」しないといけません。


2、トップの位置が決まると、誰でも嫌でも腕をV字に縦に使います。

ただ腕で右肩上に担ぎ上げるだけですから、最短距離で直線的に上げます。

これが腕の正しい動かし方。腕はV字に縦

ダウンは全く同じ軌道をアドレスに戻すだけ。簡単でしょ。

たった一本の同じ直線上を斜めに上下するだけなんです。

だから「再現性がある」と言えるのです。


要領は体の回転と腕の縦振りを独立させる練習です。

体がどう回ろうが知ったことではなく、

腕は死んでも、右肘、グリップとヘッドを体の正面の範囲に収め

ひたすら、同じ軌道を上げ下げするだけ。

馬鹿になってそれ以外絶対にやらない。

つまらない欲を出して、腕や手首や指で飛球方向に加速しよう

などとしたら、100%減速させるだけです。

この時の注意点はテークバックは左グリップを下げてヘッドを上げ、

ダウンはヘッドを上に残して、グリップを落ろす。

ダウンでヘッドの加速はインパクト直前からです。


 横に振るのは、足の役目です。体幹の捻転開放と、

脚で骨盤を回して振ります。

クラブは常に体の正面に維持するので、体が回れば勝手に

クラブも付いて来て横に振られます。体がクラブを連れて来る感じです。

腕を横に振るという行為は、要するに腕とクラブの重さ、重力を

全く無視して、能動的に腕を使っている事です。

手はどうとでも自在に動くので一旦横に振ってしまったら最後、

あらゆる所へいくらでも動かせますから、 再現性はゼロです。


3、体、肩がひらけない。右肩が前に出せません。

だからグリップも、ヘッドもアウトに出せません。

だからグリップの行き先は下しかないのです。

これが普通スイングで出来るかどうかが勝負ですね。



4、下手に無駄な体重移動できないので飛球方向にスウェイできない。

だから頭も残り腕が伸びる。腕さえ伸び切れば嫌でもヘッドは

シャフトを軸に勝手にローテーションします。

そして脚で腕とクラブが振られれば勝手に左股関節に体重移動して行きます。

だから、ターゲットの少し右に打ち出せばドローで打てます。

右肩の出方で腕が伸びきる位置を調節すればフックの程度を調節できます。

良い事ずくめですよ。


 通常のショットに応用するにはスタンスだけ変えて、

あとは上記の事を意識して、全く同じ打ち方をすれば良いのです。

正しい動きを体感できるのですから、再現するだけです。


体感出来ないのは、下半身と骨盤の回転の動き、壁作りですかね。


 通常のショットとシャドーでよーく比べてください。

体が開いて右肩が出て、グリップ、ヘッドがアウトに出ていると

思います。軽いアウトサイドインだとフェードか引っ掛けになります。

出球は必ずターゲットの右に打ち出す練習をして下さい。

まず、アウトサイドイン軌道を直すのが最優先です。

正しいフェードはインサイドインでフェードです。

アウトサイドインのフェードは軽い擦りスライスです。


 自然のローテーションはビハインドザボールで

腕が伸びきらないと起こりません。

スウェイして腕が伸びきらないと手でコネるしかありません。

また、下半身始動で脚で振らないと腕は絶対に伸びきりません

腕で腕を無理に伸ばしても余計にダメです。腕は振られて伸びるのです。

腕が伸び切るからヘッドはローテーションせざるを得ない、

だからスウェイして肘が曲がって伸びきっていない人は

100%コネて打っていると言う事です。

要するに練習場のアマの98%はそうでしょうね。


 脚で振ることの重大さは、スイングの全てに現れます。

腕で振ると下半身が動かず、止まります。

下半身が止まって、上半身だけが回ると腕は前に、アウトに出ます。

腕がアウトに出ると遠心力で腰が前に引っ張り出されます。

腕で振ると必ず体も浮き、グリップが浮き、腕が縮みます。

下半身が止まっているので、上体から左に突っ込んで、スウェイして、

ビハインドザボールも出来ず、腕が伸びず、左肘が曲がり、

後ろに引けます。だから自然なローテーションは絶対に出来ません。

だからコネてインに引っ張り込むしかない。

これらは全て腕で振っていることが大きな原因です。

腕で振っているつもりがなくても、結果がそれを示しています。

腕を使わないとは指先まで伸筋以外は相当な脱力です。



また長くなってしまった。


 夏用Newサングラスが金栄堂さんから到着です。

TALEXの新作のTRUE VIEW FOCUS 偏光 透過率12%

カッチュウ、ハードマルチコート+SWANS GW-3701&3706

TALEX TRUE VIEW FOCUS

濃いので目は見えません。でも、見た目より明るいですね。

OAKLEYの透過率9%をテストしていたら、炎天下で

透過率30%のTRUE VIEW が眩しくて、物足りなくなってきました。

TALEXトゥルービューフォーカス3 中
カッコイイでしょ!


 左はOAKLEY SPLIT JACKETのBlk/SlvrGhostTxt
ブラック・シルバーゴーストテキスト

OAKLEY 純正偏光レンズ +Black Iridium Polarized 透過率 9% 

グレーのミラーです。最近プロでもたまに見ますね。

威圧感はバッチリですが、OAKLEYは夏は蒸れて暑い

比較 中

炎天下の芝生で3日間使って、比較検討結果・・・

OAKLYの得意な濃いレンズでも、TALEXの圧勝ですね

私にはOAKLEY偏光レンズの優位性が1つも見出せませんでした。

だって日本で顔面に銃弾食らう事ってまずないですからね。

ってことは、SPLIT JACKET も STRAIGHT JACKET も

TALEXレンズに入れ換えですね。


 じゃーなんでプロがトーナメントでほぼ全員OAKLEY使ってるかって

・単に片山晋吾プロ以外TALEX 偏光の良さを知らない、

・偏光レンズの見え方が嫌い、

・ツアープロは試合前にOAKLEYはタダで何ぼでももらえるから、

・でもTALEXは残念ながらプロでももらえない、

だからです。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

間井谷知謙プロ のスーパーショット

 昨年のLDJのドラコン大会のビデオですが

間井谷知謙(まいたにとものり)プロ のスーパーショットです。

一見その辺のアンちゃんに見えますがドラコンでも数少ない

日大ゴルフ部出身のツアープロです。千葉出身

177cm、80kgですがドラコン会場では小柄に見えます。

H/S65位ですが体が全く浮かず、インパクトで全パワーを

集中するメチャカッコイイスイングです

ルーティーンも参考になります。
 


いつもルーティーンでアドレスしたまま球をかする位

のところを振ります。

球に当たるんじゃないかと見ているほうが怖い

私が真似したらきっと当てて笑われるでしょうね

股関節間の体重移動、下半身始動、下半身をスムーズに使う予行ですね。


以前にも書きましたが、そのかっこいいスイングと飛ばしの秘訣は

と聞いたら「即座に肩関節の稼動域の広さですね」と答えて頂けました。

そして「自分は柔らかすぎる」とも仰っていました。

それはトップの大きさのことでしょうね。


しかし、こういうスイングは見るだけでもイメージに影響しますね。

それに日本人のトップクラスの限界のスイングを見ておくと

その辺の飛ばし屋と回ってもなんとも思わなくなりますよ


しかし、H/S65って凄いなー。何で

怪物でH/S70の人がいましたが、腕はかなり・・・。

なんとかH/S60いってみたいな・・・・。


で、ちっとドラコン用ドライバー振ってみました。

今年まだ数回のH/S計測ですが体が覚えてるみたいですね。

復活してきてますよ!

やっぱり上半身の筋トレなんか要らないな。(メタボの言い訳)

56.6 2 中

でも、60はやっぱり下半身強化必要だな。(やらんと思うけど)


 あ、そうそう、ドラコンで尚更痛感したのが

本番で打つ直前最後に気をつけることは1つです。

素振りと全く同様に振る事です。

要するに、球を打つんじゃなくて、スイングする。

フィニッシュまで緩めず振り切るスイングをすることですね

「当たり前じゃん」と思うでしょうが、意外に出来ないんですよ。

そもそも飛ばすことが目的だし、実際本番は球があるから

親の敵の様にぶっ叩きたくなる。

ストロークでも同様で球を狙った所に「打つ」ことが目的ですからね。

球があっても球を無視してスイングできないと、大抵

・球を打ちに行く

・当てて終り

・球を見に行く

・大敵のテンポが狂う


はめになります。

絶対にフィニッシュが緩みH/Sが落ちます。

間井谷プロやビジェガスの様なフィニッシュまで加速し続けるスイング

が、もちろんストロークでも良いお手本ですね。


だから本番の緊張をイメージして、自分の好きな選手のスイング

テンポをイメージしての素振りが本当に大事ですね。

レンジでも、アプローチでも素振りの再現が最も大事ですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

飛球後方に振る 遠心力と向心力の利用

 あたるさんがコメントで丁度良い面白いビデオを紹介して頂いたので

ご紹介します。

> 本日、ちょっとレンジで試してみました。
> ↓この動画の動きです。
> http://www.youtube.com/watch?v=V79zKEBBYLA&feature=related



> これだと、ゴルキチさんに散々尋ねていましたリリースの問題が
 緩和されたような気がしましたが、
 ゴルキチさんから見られて、この練習方法はいかがでしょうか?
> 遼くんとマッキロイの右足の粘りの差の違いも体感できるような感じがしました。
> ゴルキチさんが一生懸命お伝えしようとしていらっしゃる感覚に似た点はございますか?


 あたるさん、こんにちは!!

このビデオ勉強用の材料にGoodですよ。有り難うございます!!

トントンドリルの延長みたいな感じのドリルですね。

効果的なフットワークを自然に使えるのが良いです。

ただ、このビデオは大きな問題点があります。

先日の下の図を見て下さい。

「胸を開きたくないので」と言っていますが、開く打ち方は緑線ですね。

トップから球を打ちに行くと肩が開きますよね。

で、彼のお勧めは重力と同じ赤線なんです。

ところがこれでは非常にまずいんです。

胸は開きませんが緑線と同じく力のベクトルは地面方向で

絶対に飛球方向のオレンジ線には向きません。

絶対に円弧のレールに乗らずいきなり脱線で崖下に転落って感じです。

ではどうしたら良いのか

スイングのベクトル10

クッションをピンク線方向に投げるんです。

するとどうなりますか

あ~ら、不思議。

円弧を描いて左グリップがオレンジ方向に走るでしょ

遠心力(慣性力)と向心力の応用ですね。


さらに腕の重さを感じ、重力を利用して円弧のレールをイメージして

レールから外れない範囲で、徐々に、かつ最も加速できるように

押していきます。そして、加えるパワーがグリップが落ちていくに

従って大きくなっていく黒線と(太くなっていく)

球に与える水平の力のオレンジ線ベクトルをイメージして

クッションを飛球後方に投げてみてください。

左手が更に自然に円弧の上を滑るように加速していき、球にオレンジ線の

水平のベクトルの力を伝えらえられる事が実感できると思います。

いかがでしょうか


球と切り返し方向と全く逆方向に振りだすからプレーンに乗る。

遠心力、反動、捻転維持で余計に勝手に走る。

皮肉な話ですね。


 実際のクラブではクッションを投げるほど極端にはできません。

また、最初から飛球後方に振り出して加速は困難ですが

イメージは十分に分かると思います。

「トップから球を打ちに行かない」とはこういう事です。

さらに

落す過程でグリップエンドを飛球後方に向け続ける(青矢印)

ほどタメが効いて、かつ勝手に高速でローテーションします。

もちろんやり過ぎは禁物ですよ

腕を意識して伸ばす程ではなく、イメージ+α程度でOKです。

当然、操作して向けるんじゃなくて、そもそもトップでは飛球後方を

向いているんですから、手首柔軟で

操作しないで維持するのです。


 それとおまけですがダウンブローとは上から打ち込む事ではありません。

ダウンブローとは単にヘッド軌道の最下点が球の先に来る事です。

それ以上の何ものでもありません。

理想的のダウンブローは全く逆にシャローな入射角で

薄く長いターフが取れる打ち方です。

シャローにコンタクトするということは球とのコンタクトポイントの

許容範囲が増え、かつスピン量も安定するのでミスが大幅に減ります。


> それにしても。。熱いですね。。
> バーム24本、1ケースが1980円で売っていましたので、
> 思わず買っちゃいました。。

暑いですね。

扇風機買いに行ったら売り切れで全然なくなってました


あたるさん、良いビデオどうもです

解説いかがでしょうか

納得していただけましたか

またコメントお待ちしています
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

カミロ・ビジェガス のコンパクトなトップでフォローで加速するイメージ

 目線でのビデオカメラが全然上手く撮れません

やはり目と腕では近すぎます

それと広角過ぎても歪みが気になります

三脚で上手い角度から撮るしかないですね。

頭の上からなら目線に近い画像になるんでしょうが

実際セッティング、撮影が素人1人では無理ですね。

また、少しずつ挑戦してみます。



 前回の続きです。


カミロ・ビジェガス Camilo Villegas のコンパクトなトップで

フォローで加速するイメージトレーニングになるビデオです。

明らかにコンパクトなトップでインパクトから加速しようとする

意思が見えますね。

 また、特徴的なのは、切り返しで左股関節に軸移動しますが

重心はずっと右に残っています。

だからフォロー3時(HWF)でのクラブとの引き­合いが凄いですね。

体重を後ろに残す事によって、思いっきり腕が加速され

ゴムの様に伸びています。

まさに松井秀樹選手の様に野球のホームランバッターのスイングですね。

そして、左脚が踏ん張り続け、上体は飛球後方に反る様に残り、

右脚が伸び切るほど左に乗って行かず、

フィニッシュではむしろ右に戻っていますね。

野球選手でもパワーヒッターしか出来ない、

スイングの遠心力に逆行する脚力、体幹筋力が必要になります。

このビデオではちょっと左足がばたつくのが気になりますが

それ程強烈に踏ん張っていますね。



このフォローを重視するイメージだと

HWDまでは力まずにレール上から脱線させずに

グリップを「重力落下」できそうですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「重力落下」はスイング円弧のレール上を加速するイメージ

 時間がないので急いで書きますね。


 前前回の「左グリップのテコ」の続きです。

ダフらなければグリップ(ヘッドではない)を落し切れるはずです。

ライ角が維持できないからダフる。

ヘッドが体の正面から右にズレ、シャフトが寝るから

ヘッドがグリップより早く落ちるのでダフる。

ヘッドを加速したくて腕や手首や指で操作するから

手首が力んで、伸びて、コックが解けてダフる。

球に向かって力んで地面を叩きつけるからダフる。

また、右肩が落ちるからダフる。


ヘッドがグリップより先に落ちなければダフりません。

その為にはタメ=コックが維持されていなければならない。

グリップが先に落ちる、手首は柔軟だからヘッドは必ず上に残る。

結果当然シャフトが立つ。

簡単な事で、例えば、糸の先に重りを付け落せば

落す前に糸が水平だろうが、直ぐに糸は鉛直方向に真っ直ぐ立ちます。

それと全く同じ事です。

タメは作るものではなくヘッド、クラブを全く操作しないから

勝手に出来て、維持されるものなのです。

タメを作ろうとしたり、維持しようとして、形だけを真似して

指に力が入った瞬間100%ダメですね。

手首を柔軟にして、ヘッドを体の前に維持して、腕はV字に振るだけ。

クラブを横に振るのは体の役割で、体が右から左へ向くから。

腕は極めて自然な方向にV字に上げ、V時に下ろすだけの

超単純な反復作業なので再現性があるのです。

だから振り遅れなどあるはずがない

ところが、振り遅れるのは、自分で勝手に腕で右横にクラブを振って

ダウンで今度は左横に振って戻さなければいけないから振るから遅れる。

自ら振り遅れの原因を作り出しているのです。

また、横に振るから手首や右人差指、屈筋を使って引っ掛ける。


腕はV字にだけ振れば激楽ですよ。

横に振るのは体の役割。

ただ、だからといって体を超高速軸回転させようとするのは

大間違いで、股関節と肩関節にはボールが入っていて、

直線運動を高速回転運動に変えてくれます。スグレモノです。

直接体を回転させようとしたらスゲーのろまになります。

全て直線的イメージの捻転開放、蹴り、壁によって股関節が

高速回転運動に変えてくれます。

しかし、そもそも肝心の骨盤は実質回転運動なんかしませんよね。

ただ右股関節で45度、左股関節で45度、たった90度程度

方向転換というに過ぎない動きです。フォローは惰性で+45度だけ。

事実上軸は右股関節から左股関節に20cm近く動きます。

20cm軸が動いて、たった90度の方向転換を

果たして回転と言うべきなのか

言える事は、

トップから出来るだけ体を開かない様、回さない様に努力して、

フォローでも膝が前に出ない様に出来るだけ直線的に蹴るだけですね。




根本的にまずい事

 下に下手な図解が有りますが

落し切るために、脱力の確認の為に、プレーンに乗せる為にも

やはり「重力落下」、「自然落下」のイメージが避けて通れないです。

もちろんトップからは、クラブと腕の重力だけで自然に落下して、

おまけに加速する訳ではありません。

「重力落下」は切り返しで重力を確かに感じ、利用して軌道に乗せる、

「自然落下」は左への軸移動に伴う体重移動による自然な捻転開放を

利用した切り返しという意味が込められています。

 要するに、感じられない人は以下をチェックしてください。

1、テークバックでしっかり左肩を入れる、

2、しっかり体重移動=右股関節で体重をガッチリ受け止める

3、強固な右壁(足首、膝、股関節)で捻転をしっかり受け止める

4、腹斜筋、背筋等にも捻転を蓄える(力まないように)

5、切り返しから両脇が体に付くまで=落し切って、プレーンに乗るまで

は振るのは我慢=それまでに力むと必ずプレーンから外れ

再現性はなくなるのです。


 トップは上げたクラブの高さの頂点ではなく、捻転が最高になって

耐え切れなくなった時点です。従って、捻転を本格的に開放する

意識が無くても、左股関節への軸移動により自然に捻転維持の限界に

達し、開放され、それが要するに「切り返し」なのです。


ですから、以上が正しく出来ていれば、トップからスイングしなくても

「重力落下」を感じられるはずです。


 それが感じられないと言う事は

1、様々な要因で力みが抜け切れていない。

どこかで間違っているために結局腕でクラブを操作。

2、緑線の様にトップから一直線に球を打ちに、叩きに行っている。

加える力のベクトルが全然違っている

=切り返しから加速しようとして下へ振り過ぎ

=水平に力を加えるイメージが足りない

⇒インパクト直前からフォローで球を押すように加速するイメージ

が要因として考えられます。

全て力み、腕によるクラブ操作ですね。


スイング円弧のレールのイメージ 


 下図の様な左肩を軸とした左腕のスイング円弧のレールを

イメージして下さい。

左肩が開かない程飛球方向への軸の移動は少なくなり飛球後方に残ります。

スイング中、左腕を伸筋と遠心力と重力で伸ばし切るようにして、

左肩を力まず浮かさないで、前傾を維持する限り、必ずグリップは

最下点を通るはずです。そうすると図の黒線の様な左腕の先の

グリップのきれいな円弧が、レールの様に存在するはずです。

スイングのベクトル8

このレールを意識して、グリップをレールの上を落下させます。

このきれいな円弧のレールに乗せる条件は

1、緑線とは逆に、飛球後方ピンク線の方向に左グリップを押す

2、その為には、左肩を開かない=軸(左肩)をなるべく飛球方向に

移動させないで、右肘の垂直落下に連れて、左グリップエンドを

飛球後方に向けたまま、真下に落として行く。

グリップは球方向ではなく飛球後方に、飛球方向に背を向けて

振られるべきなのです。

手首を超柔軟にして、クラブヘッドはトップに置いておきます。

絶対に終始腕上側の屈筋を使って手首、親指、人差指でヘッドを操作しない

そうすれば図のシャフトの様にタメができます。

問題は右足前でローテーションを処理できないと、

必ず振り遅れるのでトップからヘッドを操作しないと間に合わない

事を体が覚えてしまっているのです。

その壁を打ち破らない限り、永遠にタメはできませんし、

腕、手首、指でヘッドを操作するスイングは生涯治りません。

黒線の太さはスイングを加速する為に加える力のベクトルの

大きさです。オレンジ線はベクトルの方向です。


 きれいな円弧のレールはトップが出来た時点で既に存在します。


そのレールにピンク線のベクトルの力を加えて左グリップを乗せます。

過激に力を加えると必ずそのレールから即脱線しますから、

脱線せずによりスムーズに加速するためにも、

重力と自然な捻転開放をうまく利用するのがベストなのです。

腕力で引っ張ると重力を感じられません。重力で落ちていくものを

上手く押して加速していくからこそ重力を感じられるのです。

脱線させないで最大限加速させるためには黒線の太さで、

オレンジ線のベクトルの方向でパワーをかけていくイメージです。

フォローで加速するイメージです。


つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

股関節、膝関節、足首・足関節(そくかんせつ)の動きの写真

 1、股関節、2、膝関節、3、足首・足関節(そくかんせつ)の動き

を表現する時、非常に勘違いが起き易いので分かり易い写真で

説明しておきます。


 まず股関節では前後、左右、内旋(内側にねじる)、

外旋(外側にねじる)6種類の動きがあります。

ここで勘違いが生まれやすいケースは(使う側でも)


1、股関節を動作の主語にすると、足を動かすか、骨盤を動かすのか

どちらを能動的に動かすのか分からない。

出来た結果の関節の角度だけを語ってもスインガーの意思を無視した

スイング分析など全く何の意味も無く、むしろ誤解を招き逆効果。


2、骨盤と脚の両方を同時に動かした場合非常に複雑になる。

例えばテークバックで、仮に骨盤は左脚と上体によって

受動的に右に回ったとします。

一方、右脚は能動的に右にねじって外旋の圧力をかけても、

足の裏が地面で固定されているため脚は殆ど動きません。

結果、トップでは骨盤は右大腿に近付き股関節の角度は

小さくなるので、スインガーの意識、意図を無視して

股関節の角度が小さくなった、という結果だけを見て

「右股関節を内旋した」または「骨盤を内旋した」とだけ言って、

肝心の右脚の外旋には触れない可能性が大きいのです。


 この解説ではスイング解説にはなりません。

逆に聞き手は大いに勘違いするでしょう。

あたかも、テークバックは能動的に骨盤を回転させている、

または、右足を内旋させれば骨盤が右に近付いてくるかのように、

勘違いする人も出るでしょう。

ゴルフの場合特にその点に注意する必要があると思います。


 では、下の6つの股関節の動きを見てみましょう。

ゴルフで重要なのはアドレスで股関節から前傾する屈曲

右脚を後方に蹴って、腰を入れる時に重要な伸展

左右外側に平行に突っ張るように押し出す外転と、

大腿を外側にねじる外旋です。

内旋は膝が内側に入って下向きに下がり易く、

不安定に動き易くなります。がに股と逆の動きです。

内転は、スウェイして股関節から外れてしまいます。

股関節の動き2


 膝の動きは、曲げ伸ばしと、内・外の回旋の4種類です。

踏ん張り・沈み込みと、蹴り・押し込みで使う、膝の屈曲と伸展

垂直飛びのジャンプの動作と同じです。

ちなみにジャンプは爪先立ちでは全然飛べません。

爪先ジャンプと足裏全体でのジャンプでは比較になりません。

肝心の蹴る時に右踵が浮いていては力強く蹴れないと言う事です。

下腿の外旋、内旋は大腿と連動して膝が動くのが分かります。

ゴルフでは外旋でがに股、内旋で膝が内側に下がり易い動きですね。

膝関節の動き 2

全米女子でヤニ・ツェンが3日目に何度かミスしましたが

テークバックで左脚が内旋すると左膝が中に入り過ぎ、

右下を向き落ちます。すると左サイドが潰れて、下がって

ギッタンバッコンになり、ダウンでは右肩が下がってアンダーで

インサイドアウト軌道になり、あおり打ちになり引っ掛けてました。



 足の動きは股関節とほぼ同様で6種類です。

底屈は「足首の伸展」、背屈は「足首の屈曲」と言いましょう。

底屈、背屈なんて知ってる人は稀でしょうから(笑

こんな言葉使ったら絶対混乱しますよね。

足首の伸展、屈曲はスキーではメチャメチャ重要です。

どんなに前傾しても足首が伸びていては踵加重のへっぴり腰で

板の操作不能になります。

ゴルフでも右足首が伸びると膝も伸びて腰が引け壁が崩れ

限りなくオーバースングになります。


 足首で内反、外反の意識はないですが、どうなんでしょうか?

足の内転も使わないですね。


 外転は爪先を外側に足裏全体で地面をねじるようにグリップします。

テークバックからインパクトに向けて蹴るまでは、

同時に右脚も外旋、右膝と右足首を屈曲します。

すると右脚は外旋の圧力と地面から受ける反作用の力が拮抗して

不動の強さが生まれ、同時に寄ってくる骨盤との捻転がより強力に

なります。

要するに、地面からの反作用と捻転を全て右足、右脚、右膝、右股関節

で受け止め、瞬時に反転して飛球方向に蹴り込んで行ける体勢で

右脚が強烈に作用・反作用で捻られて踏ん張っているのです。

足首・足関節

ちょっと気をつけてみるといろいろ気が付いて面白いですよ

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR