ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ヘッドは720度回る 球を叩かないで腕の三角形を放る

 これは恐らく皆さんに共通する内容なので、ご紹介させて頂きます。

非常に重要なのでちょっと長くなります。

 はじめまして!!アルティメット さん、コメント有難うございます

> はじめまして。
> 不安定なスイングを改善したい、と思って色々検索しているうちに
ここにたどり着きました。
> ゴルキチさんの説明は非常にわかりやすく、非常にイメージしやすいです。
> これを実践できれば今まで超えられなかった壁を超えることが
できるんじゃないかと確信しています。
>
> 自然落下、トップからグリップを落とすイメージは掴んだつもりですが、
自然落下からインパクトにかけて加速していくタイミングがバラついて
イマイチ軌道が安定しません

>
> 今まではダウンで肩が開きコックがほどけてダフるのを嫌い肩を横回転
させたり、インパクトで身体を起き上がらせたり、あるいは身体を速く回す
ことで無理やり最下点を前に持ってくるような感じで打ってましたが、

>今は逆にダウンでやや沈み込んで縦回転をかなり意識しないと
>当たりが薄くなってしまうようになったんですが、
>(以前と比較したらかなり右肩が下がってアッパーに打っているような感覚

>これは正しい方向に向かっているんでしょうか?
>
> 出球に関しては、かなり強くなりましたし、
インパクトゾーンで球を押し込んで行く感覚があります

>
> ご教授の方よろしくお願いします。

 
 タイミング的にまだバラつきはあるが、以前より縦回転で球を押し込めて

出球が強くなった。しかし、アッパーに感じるのが疑問と言うことですね。


 結論から言うと、

「インパクトゾーンで球を押し込んで行く感覚で、出球がかなり強くなり

縦回転をかなり意識しないと当たりが薄くなってしまう」という事は、

問題ないと思います。

私も同様で、テークバックで低く入れた左肩と入れ替わる様に、

フォローでは右肩を低く入れていかないと「球に届かない」

という感覚があります。もちろん球のある位置には届きますが、

実際の球の位置は無視して、それに球よりかなり先を狙っている

から起こる感覚なのです。理想とする低く長いヘッド軌道上の、

インパクトゾーンの先のヘッドが辿り着くべきターゲットまでは

届かない
、と言う感覚なのです。



次に、アッパーの感覚はどこかに問題があり要修正なのですが、

どうしても、肩の縦回転に慣れるまでは、

1、左肩を引かなければ、という意識が少し強すぎる(笑

2、引くタイミングが早すぎる=放る腕と肩回転が一体化していない

3、肩の回転を先行させクラブを引っ張って加速しようとしてしまう

4、HWDから放るクラブと腕に引っ張られてから肩が回り始める

 という感覚がまだ薄い

5、そもそも顎を下に向けたままインパクトする意識が薄い

6、単純に肩甲骨、首の柔軟性が足りない


ような要因があると、肩の縦回転ゆえに余計に一瞬早くルックアップ

してしまう可能性は確かに高いです。

この点はもう一度以下を読んでイメージから修正してください。


 フォローでのヘッド軌道はあくまで低く長く、体重を乗せて行くのですから

アッパーのイメージが出てしまう=左グリップ、左肩、体が浮くので、

非常にと言うよりも「最も嫌な感覚」ですね。

いつも言っている様にグリップ、特に左グリップを低く、体の重心を低く

維持する事は常に最重視しています。

重心を低くとは、ひざを深く曲げるとか姿勢を低く構える事とは全く違い

浮かせないと言うことです。ジャンプ、四股踏み、丹田の呼吸法等により

イメージで重心を落とします。

左グリップはいつも言うようにコックのテコの要ですから、

左グリップが浮いたら最後、手首は伸び、コックは解け、

フェースが開き、左肩は浮き、体が浮き、左肘が引けて、

もう完璧に破綻、最悪ですね。



縦回転以外でのアッパーの要因は、

1、単純に球を追ってヘッドアップ、ルックアップ

⇒頭は右肩に押されて初めて少しだけ回る

2、スナップを使っているためヘッドが早くアッパーに上昇してしまう
 (右手首を横に使う、右手甲を横に曲げ伸ばし)

3、左腕を力んでツッパって伸ばし過ぎ左肩が盛り上がり

 グリップと体が浮く

4、左へのスウェイ、突っ込み、右サイド被り、右腕強すぎにより

球までの左腕の長さがあまって詰まり、左肩が上に逃げる



等の原因で、腕が低く長く伸びきる前に上昇軌道に入ってしまい

球を押し切れず、擦り上げてしまい体重を乗せきれなくなります。



 インパクトでは顎は真下向きで首を痛めない範囲内でビハインドザボール。

頭は右肩に押されて初めて回っていく。

これは、強い球を打つための絶対条件です。

私は「打ってから回る」と言う表現を使っていますが、

これはインパクトを確認してからヘッドに引っ張られる事で、

初めて「目線を上げていく」という感覚です。


これは、絶対アッパーに打ちたくない、ルックアップしないで

ビバインドザボールが目的です。

他方、ここで非常に注意して頂きたいのは、上記と「左脚の蹴り」
(飛球線後方≒体の右斜め後ろ)

「左肩の飛球後方への引き」のタイミングの違いの問題ですが、

この二つは「打ってから頭(目線)が回る」以前に既に始まっています。

目的が全く違いますよね。

「左脚の蹴り」はHWDから飛球方向と体の前方にへ振り出す腕とクラブ

の遠心力に対抗するための、カウターバランスとして機能します。

また、「左肩の飛球後方への引き」は、放り投げた腕とクラブの

スピードに対して肩の回転を遅らせないためで、左腕を詰まらせたり、

ブレーキをかけない為です。 間違っても

左肩の引きはヘッドを加速するためではなく、減速させない為です。



また、左肩を引く目的はあくまで右肩を飛球方向に出していく為に、

体を反転させる為に、背中側の左肩甲骨を左脚の蹴りと共に引いていき、

そして肩の回転を腕の振りに遅れさせないで一体化を維持する為です。

要領は左肩はクラブに引っ張られて、なで肩に下に下がった

状態のまま、左サイド全体で引く感じです。

左肩で引っ張り上げて左肩が盛り上ってしまうと左グリップが浮き、

三角形が崩れて、クラブの軌道が変化して再現性に欠けます。


分かるかな~

左肩とヘッドの綱引き、のイメージだと誤解を招くかな。

ヘッドと左サイド全体の綱引きかな~、要するに左肩は変に動かない、

左サイドを引いても終始なで肩の形は変わらないのです。


その結果左肩がヘッドに勝つ訳ではなく、拮抗した状態のまま

左右の肩がきれいに反転する訳です。この時の回転軸はあらかじめ

先に作れるものではなく、カウンターバランスによる土台の安定と、

左右の肩のバランス維持による自然なスムーズな回転の結果、

自然に確認できるものなんですね。

回転軸とは最初から固定しようとしたら、自由に動けないため

カウンターバランスが機能できないので、スムーズに回転できず、

結果的には余計に軸が出来ないと言う悪循環の皮肉なものですね。

あまりに長すぎるので分けます。


つづく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肩の縦回転とアップライトスイングの違い

 「肩の縦回転」「アップライトスイング」の違いをもう少し説明します。

前回説明した様に、「肩の軌道」、「グリップの軌道」、「ヘッドの軌道」

は全て全く異なります。


アップライトスイングとはトップで収まるグリップの位置が

アップライトで高い位置であって、

私が言う様に、肩を縦回転で左肩を低く入れたところで、

グリップ軌道は様々になるので、トップの収まる位置は

高くも、フラットにも様々に変化可能なのです。


また、ヘッド軌道についても「オンプレーンより下側=インサイドを通る

アンダーは非常にまずい」のであって、特段「アップライトに高い方が良い」

という事とは全く違います。


要するに、殆どのアマがテークバックの段階で気が付かないうちに

1、体が楽をして前傾を起こしてヘッドアップしながら肩を水平回転する

2、一般レッスンがインサイドアウト軌道をグリップ軌道の事ではなく、

ヘッド軌道だと勘違いさせている

以上の為、殆どのアマがヘッドをとんでもなくインサイドに低く引いており

ダウンでは同じ軌道でヘッドをインサイドから低く下ろそうとするので

あらゆる点でスイングが泥沼化して修正不能になっているケースが殆どです。

元を正せば、テークバックでグリップも左肩も上がっていくから

まずいわけです。


また、多くのアマは肩の動きと腕の動きが横回転で連動してしまっている為、

肩の縦回転=腕もグリップもアップライト

という誤解が生じるのです。


それらを治す為のひとつの適切なイメージが「左肩を低く入れる肩の縦回転」

なのです。



クラブ、ライ、球筋により、自分に適するトップの位置があります。

最終的にその位置にグリップがオンプレーンで収まればいい訳です。

それがコンパクトでもレイドオフでも肩の縦回転とは関係ありません。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肩の縦回転 球は目線で打つ

 ちょっと「肩の縦回転」と世間一般で使われるゴルフ用語の

アップライトスイングで混乱が起きているようなので (笑

(恐らく私の下手な説明が原因なのですが)少し説明します。

結論から言うと、「肩の軌道」と「グリップの軌道」と「ヘッドの軌道」

は全て全く異なります。常に個々に分けて別々に考えましょう。



「グリップ軌道」はトップから飛球後方、次に右足に向けて

落ちてくるので球の方向、飛球方向とは全く関係なく遠回りします。

「ヘッド軌道」はグリップよりかなり遅れるので、グリップと全く異なる

軌道で、最もスムーズに加速する滑らかなプレーンを要求されます。

 また、一概にインサイドインと世間で言われても、

実は「グリップ軌道」「ヘッド軌道」で全く違いますよね。

実際問題、世間では全然しっかり使い分けされていませんね。


 また、「肩は縦回転」と言っても一般アマのスイング自体があまりに

「水平過ぎる」のであって、特別とんでもなく「縦回転」にする

訳ではありません。かなり意識の問題です。

中級者以上ならビデオで撮ってもその角度の変化は僅かでしょう

今までより「肩を縦に回す」要領は、テークバックで

グリップエンドを低く、左肩を低く押し込んで行くだけの事で、

スイングはとんでもなく大きく変わるのです。


まず、頭の動きの量が著しく減り、右腰の引けがなくなり、右股関節から

外れなくなります。


例えば、よく「テークバックで頭を動かせ」という無責任なレッスンが

本当に多いですが、本当でしょうか

条件次第では本当でしょう。しかし、動かし方で全然違います。

恐らくこれは90%以上のアマのケースでは最悪のレッスンでしょう。

わざわざスウェイしろ、と言っている訳ですから。

確かに頭を水平に飛球後方にスライドさせれば肩は90度楽に入ります。

しかし、楽に肩が回る事が果たして正しい事でしょうか

少なくとも前傾をしっかり維持して、スウェイしないで、

捻転を作るのはきつい事ですよ。

むしろ、きつくなければ明らかに間違っています。

前傾したまま捻転を作る訳ですから。


しかも、同時に腰もいくらでも回り、確実に後ろに引けて、右股関節

から外れます。「股関節から外れる」とは骨だけでダイレクトに

地面を押せない状態=上体から右足裏に重心を加える

一直線のベクトル上から股関節がはずれてしまう状態を言います。

これを「右腰が引ける」とも言います。

これでは一生上手くなりませんね。

重要なのは、頭を動かすことではなく、肩の回し方にあるのですから。


二クラウスの「チンバック」はあごを飛球後方に向ける様に動かします。

これは背骨を軸にした頭の回転運動と言えます。

言い換えると、顔、頭の縦回転ですよね。

目線は飛球線と平行のままです


しかし、一般アマは頭を動かせと言ったら確実に

前傾した脳天から飛球後方に水平にスライドさせるでしょう。

「チンバック」ではなく、「脳天バック」です。

両目の目線は飛球線とは平行ではなくインサイドアウトにクロスします。


どうしても体が硬くて頭を動かしたいなら、もしくは頭の位置が最初から

左過ぎるのなら、アドレスで先に右に動かしておけばいいのです。

わざわざテークバックで好き好んでスウェイさせる必要などありません。

右にスウェイするから、反動で必ず左に突っ込むのですから。

そうすれば目線は飛球線と平行のまま維持できます。

素振りでは、目線を左右に振って、球を目線で打ってイメージします。

パターは誰でもそう打ちますよね。同じですよ。

そのためには肩はどう回せばいいいのか、おのずと分かるはずです。



 コメント紹介いたします。

まさ さん、こんにちは!!コメント大変有難うございます!!

> 解りやすい解説ありがとうございます!
> そうなんです。横振りが今の最大のネックです。
> さすがですね。スイング見られてるようで、感動しました!
>
> しっかり右に捻転し、左股関節に移していく肩を開かず我慢しながら
グリップをすんなり下ろす、結果的には飛球後方下半身はフィニッシュ
へ向かい、肩を腕と連動させずに縱回転させ、右足の蹴りも使って
インパクトスナップを使わず、全力でフィニッシュまで振り抜く

> という感じでしょうか?
> シャドーで作るとこが鍵になりそうですね。
> 横振りから縱振りへの移行はかなり大きな変化になると思うのですが、
板につくまでは飛距離などは考えないほうが良さそうですね。
> 特訓してみます!


 そうですね。まず右に股関節に乗り切ります。もとろんスウェイして

右に行き過ぎたり、腰を回しすぎたりして股関節から外れない様にです。

上で書きましたが、テークバックでのスウェイの確認は右股関節です。

右腰の引けは、頭のスウェイは殆どリンクしています。

頭がスウェイしたら腰が回りすぎて、股関節からはずれ右に乗るどころか

行き過ぎる訳です。

これは肩を90度回せないことより、よっぽどまずいことですね。



 グリップを下ろす、落とすイメージは右サイドが高くなる

肩の縦回転と左右の体幹筋の上下の伸縮を意識するとやり易いです。


 縦回転は左グリップを低く押し込めば、左肩も低く顎の下に入ります。

頭もチンバックの縦回転のイメージで、股関節が後ろに引けないで

捻転を強く感じられればOKです。


 ダウンブローに押し込むためには右肩が低く長く出て行かなければ

いけません。低い左肩と右肩が入れ替わり、縦回転で左肩は飛球後方に

引きます。引くタイミングが早すぎるとまずいですが、

要するに反転のタイミングですね。


 右足を蹴る代わりに、左脚は後ろに蹴って、左サイドは後方に振る。

壁を作るのではなく、更に強力なカウンターバランスですね。


 フォローでスナップを使うと引っ叩いて飛ぶような気がします。

実際タイミングが合ってH/Sが上がってもバックスピンで

飛距離は落ちます。手先を使うので体は楽ですが、

低く長く押し込めず、腕が伸びず、スイングアークが小さくなります。

フィニッシュも小さくなり、完璧に振り切れなくなります。

例えると、ライフルではなく精度の低い短銃のになると言う事です。


一度には難しいですが、理解して頭の隅においておけばいつでも

自分で修正可能ですよね。

頑張ってください!!

またご連絡お待ちしています
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左腕は象の鼻 左肩を上げたら地獄行きの覚悟 1

 チビ太 さん、おはようございます!!

頑張ってますね。寒くなってきましたからウォームアップとストレッチ

を忘れない様にして下さいね。急激に負荷をかけると関節痛めますよ

> ゴルキチ様!すいませんでした。まささんの記事を読まずに
先走りました。本当にすいません。


そんなこと全然いいんですよ。いつも有益なコメント有難うございます!!


> 今日、練習場でゆっくりと確認しながら練習しました。確かに長いクラブ
になると右肩など前に行きながら左サイドでひっぱっていました(泣)
まささんと同じかと思います。もう1、2さん自分のミスを発見しました!!

> 1つめは、長いクラブと短いクラブで、前傾角度がすごく変わります。
この境目で右肘の収まり違いが変わっています。

(アドレスからテークバックにかけて)
肘が少し身体から離れやすくなっていました。
多分、HSを上げ様とした現れです。肘が少しでも、身体から外れると、
ダウンにかけて、右側にグリップを落とせません。

その次に起きる悲劇が!!!((((;゚Д゚))))
> 外から振るイメージで右肩が前、前に行きます。もう、修正不可能で、
修正しようと右肩下げて、あれこれで!!後はチーピン、プッシュ、
ダフりとミスのデパートです(泣)

> 2つめは、右足の蹴りがきついのか?
左の方向に、首(支点)が左に流れて詰まっていました。
> 結論は、右蹴り我慢と左足の蹴りメインで右肘はヘソから離さない。

後は・・・HSアップ?のつもりで、
ドライバーはツルハシです。空振りの勢いで右肩を右踵に繋ぎ止める
感じで空振り
です。すると、スッゲー球の連発でした!!v(=^0^=)v

> 右肘が絶対に下(地面)を指す!!これが鉄則ですね!
短いクラブは前傾角度の関係で下に向きやすく。
長いクラブ程、脇が甘くなり、肘が少し外に向きやすいです。
構えた時の肘向き注意と、長いクラブ程、
縦に上げてないとわかりました!!今週は研修会です。
> また、結果を報告します。長々とスイマセン。嬉しくて報告させて
もらいました。過去の記事を噛み砕いて再読します。おやすみなさい!!


研修会ですか。東京近郊ですか


 かなり鋭い分析力ですね

殆ど的確にご自分のミスを分析できていると思います。

まとめるとこうですかね。

1.長いクラブはフラットになるので横回転気味になるのは仕方ない。

2.しかも、H/Sがアップするので遠心力で右肘が体から離れ易くなり

3.ドライバーは腕の力みで両肘が伸び易くなる。

両腕が伸びると体も必ず伸び上がり、起き上がり、グリップが浮く。

すると手首が伸びライ角が維持できなくなる。


4.当然ビハインドザボールで振り切る 左サイドだけでは左壁は出来ない


もう一つ考えられる問題は

5.左肘の伸び切り。左に突っ込むと起こり易いです。

左サイドを飛球後方に回さないと、左壁だけ作ろうとしても絶対に

止まりません。左サイドの逃げ場が無くなり仕方なく上に逃げます。

すると左肩が上がり、体が浮いて、グリップが浮いてアウトです。



 ここからは、特にチビ太さんに対してではなく、一般論ですが、

要注意は、左肩は終始かなりなで肩に下がったまま維持しないと、

ダウンブローに低く長く球を押し込むことなんて絶対に不可能です。

引き付ける右ひじとはまた違う使い方ですが、

左肘も必ず余裕を持って常に柔らかく維持する様に注意します。

イメージとしては、肩甲骨全体も含めて腕まで全体を

首からぶら下げる感じで、なで肩にだらんと下げます。

スイング中ずっとそのままブラン、ブランしています。

昔書きましたが、左腕は象の鼻のイメージですね。

だから「腕を放り投げる」、「ムチのように」というイメージ

が出るのです。

スイング中、脱力しているから腕が伸びて見えるが、

決して能動的に伸ばしているんじゃないんです。

遠心力で伸ばしているように見えるだけです。

ビヨーンと引き伸ばされる感覚です。

プロで左肩が盛り上がってる人は絶対いません。

アドレスから意識的に脱力で肩甲骨から腕まで全部

スイング中絶対に上げないで下げ続ける様に注意します。


殆どのアマの左腕は突っ張っていますね。

だから左腕が硬過ぎて詰まって、左肩が上がるか引けて、

スムーズにすんなりローテーションできない。

柔らかくぶら下がっていれば、全然余裕でローテーションできます。


結局、左壁を左サイドで作ろうとするからそうなるんですね。

左壁に左肩がぶつかって逃げ場が無くなるのです。

左壁の発想を捨て、カウンターバランスで飛球後方に振る方が良いです。



左肘の使い方についても結局草打ちの肘の使い方に戻る訳です。

ドライバーで力むとこの写真の右肘のように左肘も伸びます。

伸びきらせたら全然ダメですね。

右ひじ伸ばし 小

力んで左肘を伸ばすと制御不能になります。これは右ひじに限りません。

左肘も同様に力んで伸び切ったら絶対にボツですよ

伸びきったら左肩が盛り上がり、体全体を浮かします。

左に突っ込んだら詰まるので、肘を引かない限り必ずそうなります。

長さが余りますから。

ビハインドザボールで砲丸投げのように腕を放り投げます。



クラブが長くなってH/Sが上がるほど、遠心力が増加するほど、

この柔軟な右肘曲げと、引き付けが必須になります。

要領は右腕と右肘を柔らかく曲げて、軽く引き付けることです。

「ダウン時に右肩を落とさない為に、右ひじを自然に伸ばしていく」

ということと、この肘の余裕を残すことは全く別の事ですよ

勘違いしないようにしてくださいね

自然に任せて伸ばされていくが、この余裕は残して伸ばされていくのです。

右ひじ曲げて 小

シャドースイングなら左肘もこんな感じで軽く曲げて引き付けておきます。


 実はこの両肘は必然的な形なのです。

例えば、シャドーで両肘間隔を締めて、両肘を真下に向けてアドレスしてください。

ライ角維持するようにコックして両手をグリップし、腕は脱力します。

すると両肘はへそに近付き、上腕は胸の上に乗ります。

すると肘の角度はどうなりますか

伸び切らないで少し上に曲がります。肩はなで肩です。

コックを解くとどうなりますか

肘が伸びます。

では、左腕を力んで伸ばし切るとどうなりますか

腕が突っ張り、腕も手首も硬くなり、肩が盛り上がり、とても象の鼻のように

ブラント垂らして放り投げることなどもう不可能ですよね。

単にスイングに、腕の振りに急ブレーキをかけるだけです。


要するに、ライ角を維持する、コックを維持するには右ひじは自然に伸ばされても

内側(へそ側)と上側に柔らかく、軽く曲がっている余裕が残るのが自然。


左腕は肩甲骨から象の鼻。柔らかいから肩甲骨の稼動域が広がり、

直線運動が回転運動にスムーズに変わり、ムチの様にしなり、

腕を自分の肉体以外の物のように放り投げるイメージが出るのです。



硬く能動的に左腕を伸ばしていたら、自在に草打ちはできませんよ。


フォローは左腕が大事になりますので徐々に写真撮って説明しないと

いけないですね。

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダウンでの左サイドの体幹と捻転の使い方

チビ太 さんこんにちは!!

> フォローの振り抜きで、肩の縦回転が出来ていません(泣)
アイアンだと、ライ角維持で肩を縦回転出来ているとおもいますが、
ウッドや5Iぐらいから、縦回転できずに、起き上がりが早くなり、
縦回転できにくいです。
> たまに、上手く行くときは、ライ角維持もでき、回転しますが、
7Iみたいに縦回転してないような??草打ちでライ角維持のやり方が
分かり、短いクラブは、面白いぐらい綺麗にインパクト出来て、
方向や距離が安定してきています。特にアプローチが変わってきました。
しかし!!
> 多分、シャフトが長くなるに連れて、外から入る感覚がいまいち
理解不足だと思います。

> ライ角維持で、右肘下切断です。そこに、右肘から下も下に下に
下げていきます。絶対に横に振ると駄目と分かっていますが、長くなると
タイミング、クラブ待ちができずに、右肘下が横に振りたがります(泣)

長いクラブでの、落とすタイミングや落とし方が違うのですか?
教えて下さい!!お願いします。


 前回の記事の、まささんもH/Sが必要な時に

「左サイドで横に引っ張ってしまう」と仰っていました。

チビ太 さんも同様ですね。

もしかして今までの私の表現が悪かったのかもしれません。

実際、「自然落下、重力落下の利用」を意識して振り方が

分からなくなっている方が多いと思います。

「自然落下、重力落下」だけで落とすのではなく、最大限利用する

ということ
なのです。

それを利用して、腕を最速で振るためには捻転と体幹筋の最大限の

利用
が必要になってきます。


 恐らくお二人が疑問なのは、ダウンでの左サイドの体幹と捻転

の使い方
にあるのでしょう。


 もちろん自然落下、重力落下だけでは加速できません。

その振り方が問題なのですが、腕自体はつるはしと同じで

重力を利用してV字に縦に振り下ろすだけなのですが、

H/Sを上げる時は、腕ではなく下半身と体幹筋を使います。

最近の記事と全く同じ下図の通りです。

カウンターバランス 丹田 7

下半身は以前書いた様に、右脚は外旋、外転を利用して捻りながら

蹴りますよね。左脚は遠心力に対抗して飛球後方、斜め後ろにに蹴ります。

問題の左サイドで利用できるパワーですが、

1. 主に広背筋、腹斜筋の捻転

2、上図の体幹筋の上下運動の反動の利用

があります。

ただ、ダウンでは肩を閉じたまま腕の振りを縦に加速する

必要があります。

要するに、つるはしのH/Sを更に加速するイメージですね(笑

その方法は上記の図の体幹筋の上下運動の反動の利用

にあります。トップへの動きと逆に伸びた右体幹を縮めて、

左体幹を伸ばします。この時、広背筋と腹斜筋に溜まったタメも

利用します。


ただ、問題は肩を開かずに利用するのがキーポイントになります。

殆どのアマは肩を開きながら体を横に回して使います。

しかし、それは肩を反転させるインパクト以降での仕事です。

ダウンでは、これを縦に使う事によって体の開きを抑えます。

縦に使うには、何が必要になるのか

なぜ縦に使えないのか

それは肩を縦に回さないからです。


どういうことかというと、

テークバックで肩を縦に回して左肩を低く押し込みますよね。

と言うことは、インパクトまでにその肩が水平になると言うことは

下がっていた左肩が上がって、反対に上がっていた右肩が下がるのです。

肩を水平に回しているからこれが出来ないのです。

横に回さざるをえないのです。



しかし、決して左肩を必要以上に上げてはいけません。

そうするとアッパーブローになりますから。

だから右肩を低く入れていかなければいけないのです。

そうしないとダウンブローにならない。

むしろ、右肩を低く回さないと球に届かないと言うのはそういうこと

なのです。

プロペラのように肩を縦に回すには左肩は縦に飛球後方に回ります。

それによって右肩は加速して飛球方向に低く出ます。

その為にはどっちが効果的か

右肩を押す方か

左肩を引く方か



当然引く方が効率的ですよね。

左脚で飛球後方に蹴りながら。

すると右肩は最短距離で飛球方向に高速で出ます。

「HWDで体は既にフィニッシュに向けて振り始めている」
と言うのは

こういうことです。

飛球後方に引く方が重要だと言うことです。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ゴルフスイングは横回転ではなく縦回転

 今回もコメントの質疑応答です。

ゴルファーなら上級者でも誰もが持ち続けるテーマです。

まささん、おはようございます!!

> 自分の癖はフォローでのコックを使いすぎ、ひっぱたきしすぎて
腕とクラブが一直線にならず、左肘の向きがうまく畳めないこと
なのでこれからのテーマが非常に楽しみなのですが……
>
> おさらいなのでざっくり書きますが、
> 体幹を主としてクラブを左サイドから押し込んでいき、限界点、
いわゆるトップから右肘を下ろします。
>
> まず1つは、この下ろしは下ろし過ぎは問題ですか?


左腕は伸びていますし、タメができてヘッドが上にあれば下ろし過ぎ

は無いですね。むしろ、下ろし過ぎ程下ろせたら凄いですよ。

スナップは使わない方がいいです。飛ぶような気がしますが

結局は飛びません。リスト、スナップを使わないでフィニッシュまで

振りぬきます。左肘は常に真下に向けます。

また、ひっぱたくために右手が勝つと弱い左が負けて左肘が詰まって

引けて畳めません。その意味でも弱くて不器用な左腕の強化は

常に欠かせませんね。決して左リードとか、左で振れと言う訳ではなく

利き腕に対して、左腕は余りにも弱過ぎるものです。


> 何しろ右肘を右脇に絞りすぎてクラブが寝る癖もあるようなので、


 これは注意しないと誰もが起こりうる事です。

「絞る」と言う表現を使う方もいますが、右ひじはすんなり下ろす

方が良いです。「絞る」と言うと右肩が落ちたり、前傾以上に

右体側を縮める事になるので、確かに良いイメージではないです。


グリップを下ろす時に「クラブが寝る」と言うことは、

1、コックが解けて手首が伸びてヘッドが下がっているか、

2、左手が上、右手が下にある=縦コックではなく、横コックに

なっていて、ヘッドが体の前に無く振り遅れ状態
になっています。


> コーチからはグリップを遠回りさせろと言われますが、
> 遠回りしながら下ろすという難解が解けません。


 「グリップを遠回り」
とは、トップから球を打ちに行かない事、

=体を開いてグリップを一直線に球に向かって引っ張らず、

まずは肩を閉じたまま=右を向いたまま右足右側に下ろすという事です。

その為には肩が右を向いている必要があるのでを肩を開けませんし、

ヘッドが体やグリップの先行に対して遅れないようにタイムラグを

作れるという意味合いもありますし、グリップを飛球後方遠くに下ろす

ことにより捻転を維持する意味もあります。

トップから右ひじを真下に下ろしても体が右を向いたままなら、

左腕は伸びているので、グリップはトップの位置から

一度飛球後方に向かいます。

肩さえ開かなければ、右ひじを真下に下ろせばグリップは自然に

飛球後方に下りるので、遠回りに下りると言うことです。

肩を開いて、左サイドでグリップを飛球方向へ引っ張ると

様々弊害が出ます。これを「トップから球を打ちに行く」と言います。


> 肘が下りたら右足を蹴り出し、右サイド加重のまま体を反転させる。
> 2つめはここです。
> 右サイド加重のまま反転すると反転できても体重が右に残り過ぎて
しまいます。左股関節に乗せるタイミングがまだ掴めません。
また大抵は蹴りが早いか方向が悪いのか腰がボール方向へ突っ込みます。


 体重移動も誰もが持っているテーマですね。

切り返しは下半身リード=単に順番が上半身ではなく下半身です。

切り返し時点で既に回転軸を右股関節から左股関節に移します。

そうしないと明治の大砲になり、球に体重を乗せれません。

この絶対条件がトップで右股間に乗り切ることですね。

乗り切れないから、上体から切り返さざるをえないのです。

乗り切れれば、逆に上体から切り返すことは出来ません。


やってみれば分かります。傾いてバランスが大きく崩れます。

トップでの体重移動が不十分だから、捻転も出来ず、体重移動も

利用できないので上体リードにならざるを得ないと言えます。


この時、必然的に左股関節に体重が移り、腰が回転していきます。

ここで肩が開かないように我慢するので、腰と肩で捻転が更に増加します。


ここで体重移動を過剰にやり過ぎて一気に過激に100%左に

体重移動させるレッスンが非常に多いのです。

一気にやらないで、順序を追って体重移動するべきなのです。

これは、決して全体重を右サイドに残すと言う事ではありません。

 以下の理由によって、インパクトまで右脚に必要な体重が残ります。

1、インパクトまで肩を開かないから

2、クラブとヘッドを体の正面に維持するから体が先行できないから

3、右脚右側にグリップを落とすので当然右足に体重が乗るから

4、フィニッシュに向けて振り切る体制だから右足で踏ん張る必要がある



 切り返しでは回転軸を左股関節に移し、腰は先に回っていきます。

それが自然に左加重していく要因になります。

しかし、1~4は右足加重の要因です。

要するに以上の結果、両足に重心がかかります。

全て右脚に残すのではありません。

また、右脚にある程度の体重が残っていないとインパクトゾーンで

最もパワーがあり、スイングを操作する右脚の蹴りができません。

右に体重が残り過ぎている原因は、単純に勘違いで右に残す意識が

強すぎる、または下半身リードになっていない

=トップでの右への体重移動が不十分、上半身始動の可能性が高い

のどちらかだと思います。

左に乗り切るタイミングは腕の振りに寄る遠心力の作用と同時の

右脚の蹴り込みですね。


> HWDで左サイドから引っ張って下ろしているのも原因だとは
思うのですが、


左サイドで引っ張るのは悪くないのですが、問題はその方法です。

まず、横回転だからまずいのです。横だと肩も開いてしまいます。

腕を縦に振ればなんら問題ありません。横回転はグリップが

縦に下り切った後です。この修正はシャドースイングで

体の筋肉に記憶させるのがベストですね。

球を打ったらなかなか直りませんよ。

 次に、本格的な振りはHWD直前からです。完全にプレーンに乗る前に

力を加えすぎたら必ず軌道がばらばらになります。

これはボーリングと同じです。

フィニッシュまで振り切るためには、本格的に振り始めるタイミングを

かなり遅らせる必要があります。フィニッシュまで全力で振り切る

意識を持てばHWDまでは振れませんよ。

インパクトはスイングのただの入り口だと思ってください。

それでやっとバランスが良くなります。

 もうひとつの原因は、右サイドに捻転が足りないからです。

だから左で引っ張らないといけない。

右脚の捻転と蹴りで打つ意識をもっと強くすると良いと思います。


> 下手に肩を縱回転に意識するとインパクト前に
> 逆C度合いがきつくなり、ダブリギリギリのアッパー軌道に
> なってしまいます。


 インパクト前の逆Cなら、右サイドが落ちていますよね。

右ひじの落下と右肩の落下が連動しています。

右ひじの落下と、右肩の横回転は全く別の動きです。

両方横振りだと連動してしまいます。

腕は縦振りだけ、肩は横だけに回します。全く連動しません。

右肘を真下に落下させても右肩は全く微動だにしないものです。

「自然に右ひじを伸ばしていく」
と言うのはそのためです。

しかし、右ひじはインパクトまでは能動的には伸ばし切りませんが。

これもシャドーで完全に身につくまで練習するしかありません。

殆どのアマは腕も肩も横振りなのでそもそも殆ど連動してしまうのです。


インパクト以降は歩くのと同じ体制です。それに前傾をつけるだけです。

そしたら極端な逆Cにならないですよね。多少はなりますが、

フィニッシュまでしっかり振り切ればクラブが飛球後方に行くので

体は自然に前に出てI字に直立します。

左サイドは飛球後方ですが、右サイドは飛球方向にかなり出ます。

だから胸と背中が反転するのです。



> インサイドアウト軌道の癖があるとバランス取って、
左スウェーを抑えるとスライスがでるのと飛距離が出なくなる
のもこの辺に原因があるのでしょうか?


 軌道はヘッドとグリップで全く違います。

これも殆どのレッスンでは区別していないですよね。

グリップはかなりインサイドアウトで、ヘッドはかなり意識より

ストレートです。

体でクラブを横に引っ張るとスウェーします。体が開き、

フェースが開きます。横に引っ張らないで捻転と右脚で縦に打ちます。

回転のイメージをコマやでんでん太鼓の様に横ではなく、

風車やプロペラの様に縦のイメージにしたらいいと思いますよ。

腕を縦に振りましょう。縦に振ってもコックを維持するからダフらない

のです。草打ちで紹介しました右ひじ角度の調整も必要です。



> わからず屋な体ですみません。m(_ _)m
> まさか、肘下ろしの最中に左股関節に乗せるんですかね?


 私も、ゴルファーは皆わからず屋の体で参っていますよ(笑

そう、その通りです。というより、それ以前に既に左股関節に

回転軸を移しています。そして腰の回転でさらに移って行きますよ。

これが俗に言われる下半身リードであり、左への体重移動です。

実際は回転軸を右股間接から左股間接に移しているだけですが。

回転軸は背骨と考えるより、股関節だと考えた方が良いですよ。

下半身に意識を持っていった方が良いですよ。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ゴルフの「脇締め」の意味の違いと注意点

 今回はゴルフ用語としての「脇締め」について説明します。

また、コメントへの回答形式でいきます。

メンチ さん Re: テークバックについて

はじめまして!!

コメント有難うございます!!

分からないことはどんどん聞いくださいね!

> はじめまして。ゴルキチさん。
> 僕はテークバックからトップにかけてが納得がいかなく、
日々ゴルキチさんのブログで「テークバック」で検索をしながら
試行錯誤しております。 そこでゴルキチさんに質問があります。
>
> ①テークバックで腕をV字に右肩方向に上げるときは
常に両脇は締まりながら上げるのでしょうか?
> 今までは両脇が開き気味にテークバックしていたため、
脇締めを意識してやると、トップで両腕の位置が
すごく低く感じるようになります。


 ゴルフの場合「脇締め」の意味合いがかなり違います。

まず基本的にゴルフは、ゴリラスタイルで背筋を伸ばして

腕はブランと垂らします。と言うことは腕は肩から垂直に

脱力で下がっている訳です。ただ脇を締めると上腕が体に近付き過ぎて

垂直になりません。また、近づける為に腕に余分な力が入ります。


 ゴルフで脇締めとは2種類考えられると思います

1、上腕付け根と胸の前後の距離を近付ける事
  
 .そのうち腕を体に近づける(腕は垂直に垂れない)

 .胸を腕に近づける(背筋を伸ばし、肩を前に出さな=猫背にしない)

2、上腕と体側(体の横から)の左右の距離を近付ける事 

 
 良く聞かれると思いますが、アドレスでグリップする時

腕は横から(=肘を外向に)出さず、胸の前に乗せてから

=肘を真下向きにして、それは非常に重要で、

「両肘間隔を最初から最後まで締めろ」とはこの事です。

肘の距離を変えない=終始肘が下向き=フェース面が一定、

これが、「ゴルフの脇を締める」です。


 そして、腕を脇や胸に近づけないで、胸を上腕に近づけます。

実は、これで全く変わります。

この秘訣は皆さんもまず聞いた事が無いと思いますが、

これによって、腕は力まず、垂直に垂れ、背筋が伸びると言う

非常に効果がある秘伝です。


そして、「締める」と言うと「しっかり付ける」様に思われてしまう

と思いますが、そうではなく「近くを通す位」の意味だと
と考えて下さい。

あくまで力まない、硬くならない、腕を伸ばし切らないことが需要です。

しっかり付けてしまうと腕にブレーキがかかってしまいます。


 また、トップとフォローでも両肘の間隔は締めたままですが、

脇は当然開いていきます。この時にも脇締めを優先したら腕の動きが

制約されて上がらなくなってしまいます。

トップでは右上腕は水平まで上げるので右脇は90度開きます。

フォローでは腕を放り投げるので、肘間隔を一定以外は、

脇は開放します。

従って、終始「脇締め」と表現することもありますが、

この場合は、肘間隔一定=前から見たら脇は開いてはいない

ですね。ちょっと紛らわしいですがその様に判断してください。


> ②縦コックはテークバック開始後早めに意識してコック
したほうが良いのか?意識はせず自然にバックスイングの中で
コックされるほうが良いのか?どっちがいいでしょうか?
> 僕の感じだと意識して早めにコックすると球は高く上がるように
なります。
>
> 意識してやっていてもカメラで実際に撮ってみると、
こうもイメージと違うのかと毎回嘆いております。
> どうかご指導お願いします><


 縦のコックの動きと、横の体の回転の合成でプレーンが

決まります。 コックが早ければスティープに上がります。

体の回転の方が速ければ低めに上がっていきます。

私はHWB直前までは自分の目線で飛球線延長上を目安に

上げていきます。


常にチェックが楽ですし、後方からのビデオでは丁度良い感じ

だからです。通常これだとかなりアウトに感じると思いますが

それくらいストレートで上げた方が良いと私は思います。

インサイドにアンダーに上げるのは良くないですね。

ただ、シャフトの長さ、ライ、要求する球筋、各人のスイング

により、それは微妙に変わりますので試行錯誤で

自分にあった上げ方を模索していきます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左右体幹筋の直線運動

 下図のようにテークバックは左腹斜筋、背筋等の体幹筋を収縮させ、

右体幹筋を逆に伸張します
。これは単調な上下の直線運動です。

これに、左脚外転により押しながら左肩を低く押し込んでいく

直線運動を加え、右脚外旋で右壁が出来れば、単なる直線運動が

股関節と肩甲骨の回転機能により上体と肩の回転運動に変わります。

更に、体の中心の丹田(下図の橙●)に力を込めることで、

体の中心に軸ができて、回転運動を安定させます。

これは以前作った図ですが参考にしてください。

パターもショット同様深呼吸して丹田に力を込めることで

芯が出来て体に軸が安定します。

カウンターバランス 丹田 7


 これは肩の縦回転のイメージで、飛球後方からの図です。

黒線が前傾に対して垂直に回転です。

水色は殆どのアマが陥る前傾起き上がりの水平横回転。

赤が正しいイメージで上記の左体幹収縮、右体幹伸張により、

前傾軸に垂直よりも更に肩が縦回転になる根拠です。

肩の縦回転

もちろん右肩を肩で上げるとミスリードしたら危険です。

丹田を中心に左体幹の収縮と左右対照的にバランス良く

右体幹で上げるだけです。


 その意味では、本当の軸は背骨ではなく丹田とも言えます。

一般的に言われる背骨辺りの回転軸は全くの副次的産物でしかなく、

人体構造学的には両股関節と両肩甲骨のボールによって

直線運動が回転運動に変換される訳ですから、

回転軸は左右股関節間でスイング中ずっと移動する筈です。

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ナイスなリストレストの使い方

 ゴルフのリストの使い方じゃないです。

あの地震で私のデスクも被災して痛んでいたので新調しました。

私のデスクは2本のモニターアームスタンドで22インチモニタを4枚

取り付けています。非常に重いので震災の揺れで机の天板の

アームの取り付け部分が凹んでぐらついていたので、事務用机を

新調しました。以前は天板が木目でしたが、ごついモニターアームを

取り付けられる机がなかなか無いので、今回は天板を白にしたらまぶしい

想定外でしたので、緑のデスクマットを購入し、ついでにマウス、

マウスパッド、リストレストを新調しましたが、これがナイス
 
リストレスト小

えっ、このデスクマットって・・・・昔っぽくてダサい・・・・・・・・・・・・

ビニールがピカピカしてるし・・・・・・。

で、で、でも一応右側はレーザーマウス対応で・・・・・・

感触もソフトで良いですよ・・・。


良いんですよ、芝生の色だと思えば・・・・・眼にやさしいし色だし。


で、本題の写真の445mmの長いリストレストですが、

サンワサプライアウトレットで何と500円でしたので

残り3個全部購入 ラッキーと喜んでいたら、

アマゾンでも全く同じ物が533円で売ってました・・・・。

しかし、マウスパッドはリストレスト付がなんと300円

安いから残り2個とも購入。

で、試しにこの長いリストレストを2個横に並べるとマウスパッド

まで余裕でカバーします。1.5個分の長さで全然十分なのですが。

実は、これが非常にナイス

表面の生地がスルスル滑って手首の横への移動が楽

なのでタイピングが激楽 

最高なのは、段差が無いのでマウスとキーボードの移動が

横滑りでメチャメチャ楽です


しかも肘を突いても肘が気持ちいい。

前のリストレストは肘を突いたら加重で破けてジェルが出て来た・・・。


これならマウスパッドはリストレストなんか要らなかったが

安いし、横向きに使えばOK。誰かにあげてもいいし。

PCを長時間使う方は、こういう使い方GOODですよ

う~~ん、快適、快適
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

HWD以降、体は既に飛球方向と逆に振り始める 2

 最近、非常に重要な質問が多くなってきているので、

質問に答えながら、関連する他の解説も交えて書いていきます。

アタルさん、こんばんは

毎度ご意見、コメント有難う<(__)>ございます。

非常に良い質問ですね(教育番組みたい

> Q①
> 「V」字でのテークバック。
> アドレスを取り、その場で左手親指方向にV字に上げる。
そのまま上半身を捻転すればトップになる。
> このケースと、「テークバックは30cmは真っ直ぐ引く」
(特に1Wの場合右足の前まで)の意識は、上で書いた事を実践した
結果が、この様になると判断すべきでしょうか?
>
> それとも1Wに関してのみは、右足前まで引いてから
(インには入れない)、このV字で上げて、
アイアンはテークバックと同時に「V]字で上げる。。。。
> と分けるべきでしょうか?


 腕の縦の動きと、体の横回転のバランスで軌道が出来ますよね。

縦=コックが早ければヘッドは早めに上がり、体が先に早く回れば

ヘッドは低めに動いていきます。シャフトの長さによる円弧の大きさ

にもよりますし、人、ライ、要求する球筋によってケースバイケースです。

ただ、普通私は自分の目線で、HWB直前まで飛球線上を目安にして

上げていきます。後方からのビデオではそれで丁度良いです。


自分からの目線とは角度の関係で当然違いますからね。

それならいつでも、どこでもスイングチェック可能でしょ

HWBでは、定石どおりに飛球線に平行で水平ですね。

これは恐らく多くの方にとっては相当アウトサイド=体の前側

で上げていると感じるはずですが、それ位で大丈夫です。

クラブとヘッドはもちろん必ず体の前、要するにクラブと体が一緒に

回って行くように気をつけます。



ヘッドの上げ方・肩を押し回す方法

ヘッドの上げ方は左手でグリップエンドを押し下げながら上げるので、

左肩は低く押して回し込んで行くことでテコの原理で上げます。

意識では縦回転ですね。その意識でやっと前傾に直角で回れます。

要するにかろうじて起き上がらないで前傾をキープして回れます。

ダウンはその左右対照ですね。そうしないと前傾維持は不可能です。

肩の押し回し方は、あらかじめ深呼吸して吐く呼吸法で丹田に力を入れて、

まず、体の中心の軸をしっかりさせておいて、丹田を軸として

左右の腹斜筋、背筋等の体幹を単純に上下に伸縮させ肩を上下します。

左腹斜筋=わき腹部分を縮めて、右腹斜筋を伸ばします。

どちらをメインに意識するかはパターでもそうですが、個人差で

やり易い方、上手くいく方を模索して下さい。

ちなみに私はショットは左主体で(右サイドを浮かしたくないから)、

パターは両方かな。



体の中心である軸となる丹田が左右上下にぶれると、きれいに回転せず

スウェイや、右サイドが浮き上がりますから要注意です。

これにより肩を肩で上げ下げしたり、肩で肩を回転させる

のではない
ことが分かるはずです。体幹を使うだけです。

また、右脚全体は外旋で既に右壁がしっかり出来ているはずです。

左脚も押して行くので、もちろん体幹のみならず脚も使いますが。

左右の体幹の上下動は単なる直線運動、左肩を押し下げて行くことも

単なる直線運動の意識だけで、右股関節と肩甲骨が右サイドの壁、

丹田の軸があるゆえに、その直線運動を自然に回転運動に変換します。

ですから、回転運動の意識は全く不要などころか、

逆に回転運動の意識は軸のブレを誘発するだけです。

何度も繰り返しますが、股関節と肩甲骨以外、体は回転に適していません。

体でただ2箇所の肩甲骨と股関節の回転機能を意識的に利用します。


 肩も縦回転の意識なので(と言っても本来普通のことで、逆に多くの

アマがトップに向け起き上がって、気が付かずに水平回転になり過ぎる。

当然、縦回転の方がきついですが、その分自然に捻転は全然強くなります)

左肩を低く顎の下に入れる事ができ、頭を最低限しか動かさずに済みます。


 
> Q②
> 実はフォローで、まだまだ判っていません。
> トップが出来た♪ 今度はその位置で、左肩を開かず。。。
> 右肩を落さず。。。右ひじを真下に下ろしていく。
> いわゆる、右を向いたままで、上げた「V」字を落す。
>
> この時点ではまだ十分右足加重のまま、左腰は自然に
 アドレスの位置に戻る動きを初めている。。。
 HWDまで落し切ったポジションです。
> ここまでは合っていますでしょうか?(汗)


 合っていますよ。グリップではなくまず右ひじから落とします。

決してスナップを使わない。使うと言うことはアンコックですから。

アンコックはインパクトゾーンで勝手に起こりダウンブローになります。


そう、右足に向けて落とすので必然的に右脚に加重していきます。

右足に落とせば肩も開きません。

インパクトまで右脚に加重が残っているから右脚で蹴れます。

球を打ちに行き、球に向けて下ろせば右足が浮き蹴れなくなります。

また、フィニッシュ(もっと先でも良い)を目標に振っていくと

右足が踏ん張る必要がある為フィニッシュまで右足荷重は残ります。


左腰は自然に回させます。そうしないとタメは出来ない、ダフるし、

ダウンブローに球の先に最下点をもっていけません。


> 極論になるのかもしれませんが、この落しきったポジションから、
今度は「V」字で「上げて行く」動きが、理解できておりません。
> すみません。こんな質問で。。。。
> ここで「V」字に上げるという動きは、ゆっくりやれば、
確かに両腕は体の正面にキープされ、腰の回転に伴い左ヒジは
折りたたまれて抜けて行くのが判ります。

 
 上げません。これは後で書きます。

そう、クラブが行きたがる方向へ=手首、肘関節の抵抗が

最も少ない方向に抜くようにします。それが体のバランスを

保ち、H/Sを加速させる方法です。


インパクトゾーンを過ぎてからの加速なんて本当に意味があるのか

と思われるかもしれませんが、大有りです。

コマと同じで軸がド真中でバランスが取れたコマは最後まで

安定して回り続けます。結果に現れてしまいます。

最後までバランス良く安定しない=どこかが悪いと言う事です。

フィニッシュまで振り切れて始めてインパクトゾーンでも

自分の限界の最速で振れるバランスが出来ていると言う事なのです。

ボトルネックは遠心力と対抗する下半身のバランス、安定性です。


> 所が。。。
> これだと右腕の伸ばし、フォローへの抜け方が判らなく
 なっちゃいました。HWDまで来たら、伸ばしきる。
> これにより手をこねないでフェースターンが行われる。
 長いインパクトゾーンを作りたいと考えております。
> この後に、「V]字方向にフォローを取って行く。
> これだと「打って」から「回る」の感覚でもあるのですが、。。
>
> それとも、これは間違った動きで、インパクト=「V」字上げ。
これが結果的には正しい動きとして実践する動きなのでしょうか?


 意識的には上げないです、上に上げる操作はしないです。

シャドーでV字は惰性が無いから仕方なく上げますが、スイングでは

勝手に上がっていきます。むしろ上げちゃダメですね。

低く、低く、長く押し込みたいから。(余程の特殊ショット以外)

もちろんその意識が強すぎると全身がクラブと一緒に飛球方向に

スウェイします。

だから腕とクラブを飛球方向に放り投げると同時に、

体は既にフィニッシュの飛球後方に振る体制

=結果的に体全体とクラブが強く引っ張り合う

=結果的に右足に体重が残り、左壁の意識が無くても頑強に出来る

=フィニッシュまで振り切る意識でやっと全身に緩みが無くなる


昔リコックを推奨しました。しかし、辞めました(笑

そういうプロもいます。しかしアマはそのイメージでは

手首を過度に使って操作してしまうし、上に上げちゃうから、

やっぱり適切な表現ではなかったです。


 腕は脱力で飛球方向に放り投げて、同時に体全体で反対方向に

引っ張ります。これはムチで加速する様に引く動きと全く同じです。

引かれる事で飛球方向に伸びきった腕は今度は飛球後方へ

直線的に一気に向かいます。

放る力も、引く力もいずれも全く直線的な力ですが、プレーン上に

遠心力が働いているので、結果的にヘッドはきれいに丸く動きます。

意識して丸く動かそうとしたらメチャメチャH/Sは遅くなりますよ。

腕を放る前にトップから既に狙ったプレーン上に振り出しているので、

そのプレーン上を勝手に通ってフィニッシュに向かいます。

途中で腕で操作しません。すれば減速します。

そのプレーンがフォローのトップと対照の位置で左肘垂直で

肘を真上に折るプレーンです。

この時意識してやることは遠心力に負けないで、左右の肘間隔

を狭くして左肘が外側(背中側)を向かないようにするだけです。

左肘を背中側に引ひて曲げない=十分に肩を回してヘッドは体の前

を維持し続ける=手首と肘に抵抗がかからない=減速させない。


「打って」から「回る」と言う表現は、腕とクラブに引っ張られて

初めて回ると言うある意味極端な言い方かもしれませんが、

それくらいのイメージで打って丁度いいと思います。

腰は先行しますが、肩は先行しません。

ビハインドザボールで肩は縦回転で受動的に回されます。

それを表現したものです。



> ボールを両脇に挟んで腕が「体の正面から外れない」を考えれば
理屈では判るのですが、フォローで「体が正面を向いたまま
腕は抜けていく」と考えると。。。。

 正面をむいたまま腕は抜けていく

あれ、そんな書き方しましたか

じゃあ、それはミスです。勘違いさせて御免なさい。

いや、インパクト以降は放り出したクラブに引っ張られて肩が回り

先日図で書いたように肩の回転が逆にクラブに対して遅れない様に

クラブは体の正面に維持します。

肩回転の遅れの弊害

下は当然まずいですよ。


> 夜も眠れなくなります。。。爆
> 実際この動きで打ちますと、インパクトが「点」になってしまい
がちで、球がバラけてしまいます。
> でも、これが本当の動きだとした場合は、何を気を付ける事で
「ゾーン」となるインパクトになるのでしょうか。
> 何だかこの「V」字上げをマスターしないと進歩が無いのか?
HSが上がらないのか?と感じてしまいました。。
> 因みに、フォローで「チキンウイング」にはなっておりません。
>
> このフォローでの「V」字の抜け方をご指導頂ければと思います。
> もしかして。。
> 私はとんでもない間違いを行っていたのか??と感じてもいます。


ドラコン選手見てると良く思いますが、

インパクトなんて通過点どころか、ただの入り口ですね。

実はフィニッシュよりもっと先まで振るイメージでも良いと思います。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

HWD以降、体は既に飛球方向と逆に振り始める

 名無しのゴルファーさん、コメント有難うございます

>あの~お答えを・・・

では、カウンター・バランス・スイングなら
ヘッドの進行方向と、遠心力の反対方向に力を加える
カウンター・バランス・スイング理論で考えるとどうなるでしょうか

Half Way Forward=フォロー側水平辺りか

頭の真上辺りか

飛球方向と正反対の飛球後方か

つづく

>・・・・・この答えをお願いします。
端折ってすみませんが、眠れません。
よろしくお願いします。


ありゃー、寝不足にさせてごめんなさい m(__)m

徐々に外堀を埋めて行こうかと思っていたんですよ

でもそのまま話がそれて忘れたままの事も多いかな

そうですよね 気持ち悪いですよね。

答えは、歩くように自然にバランスを取ってフィニッシュするには、

HWDで既に意識として体は飛球後方に振り始めています。



もちろん100%ではありませんが、明らかに両方に振っていますね。

腕の振り、右足の蹴りの右サイドは飛球方向に振りますが、

左サイド全体は飛球後方に、そして左右トータルの体の重心移動の

意識は、強烈な遠心力に対抗する為に飛球後方に向かいます。

明らかに飛球方向ではありません。

だから、突っ込みも防げますし、右かかとの浮きも押さえられるし

左壁がしっかり出来るのです。


例えばある番組で有名プロ野球投手が「球を投げる右腕より

引き手の左手をしっかり引く」と強調していました。

歩行では左右の腕を前後均等に振らなければバランスが取れません。

また、3kgのバランスボールを振る事をずっと推奨してきましたが、

ドライバーの10倍の重さなので、その遠心力の強さが良く分かります。

腕を振り出す時点では、体は既に反対方向に重心移動していないと

その遠心力に耐えられないのです。

バランスボールを何度か振れば直ぐに分かりますよ。

もちろん腕は飛球方向に振りますが、同時に体は既に飛球後方に

振り始めてなければいけません。

そうしないと、スウェイ、突っ込みを止められません。

それほど遠心力が強いというか、右肩を高速に出して、腰を入れて、

両腕を伸ばしきって、スイングアークを大きくするためには

同時に体を飛球後方に振り出すイメージが必要なのです。

そうしないと、確実にバランスが取れない。

バランスが取れないと、絶対にスイングアークを大きく出来ない。

アマはバランスが取れないからスイングアークが大きくならない。

右サイドも左サイドも全身の意識が飛球方向だけに向かって突っ込むから

バランスが取れず、肩も回らない、インパクトゾーンでの角加速度が低い

=腕も伸びない=結果としてスイングアークは大きくならないのです。

スイングアークが小さいと言うことは、角加速度が低いスイング、

当たり負けするスイング、腕が縮こまったまま伸ばせられない、

バランスの悪いスイングの結果=証なのです。


 誤解を招くといけませんので、注意ですが、

腕を「脱力する」と言うことは腕を振り出した瞬間に、

飛球方向への腕の振りはもう終わってます。

その腕を振り出す瞬間には既に体は反対方向に重心を移して

いかなければ振り出す腕の遠心力に体の軸が耐えられません。

軸を維持する為に、体の意識は既に後方に振り出していますが、

これは決して「腕で」クラブを飛球後方に引っ張っていく

わけではありません

腕でクラブは操作しませんから。

腕でクラブを操作すると、この感覚は根底からミスを招きます。


飛球後方に振る


 具体的にHWDから飛球後方に振るとは、投手の左腕の引き手と同様に

左肩を引くことで右肩を出します。左脚で蹴って左サイド全体を

飛球後方に引く感覚です。これが左の壁の正体です。

壁を作る意識だけではスウェイは絶対に止まりません。

後ろに振らないと。

空手の突きもそうですが、突きの威力を出す為に引き手が

重要になります。要するに左肩を引けば嫌でも右肩が前に出る。

ゴルフも右肩を高速で出していく為に、右肩よりむしろ左肩の動き

の方が重要になる訳です。もちろん極端に左肩だけ引こうとしたら、

またインパクト前から肩が開いてしまいますので、

あくまで歩くように左右の腕を振る様に、左右のバランス感覚が重要です。

左右のバランスが維持できれば肩は、無意識に軸を維持して

勝手に高速で回転します。回転させようとしたら軸がぶれます。


そうすれば、前回説明した肩の回転遅れの致命傷も防止できます。

昔説明したように、普通に歩るける人なら、体の硬さの問題ではなく

プロのようにフィニッシュで胸を裏返しに反転できる筈です。

胸を反転できないのは体の硬さのせいでは全くなく、

単に両サイドがスウェイして突っ込んでバランスが悪いからです。

大きく腕を振って歩いてみてください。

誰でも胸は大きく左側を向きますよね。

体の硬さなんか関係ないじゃないですか。

両腕を飛球方向に振っているから思いっきり突っ込んで肩が回らない。

右肩が出ない。左肘が引ける。胸が返らない。

角加速度が上がらない。

腕が伸びない。スイングアークが小さい。

ローテーションできない。

飛ばない、方向性が悪い。


だから、肩は縦回転で両肘間隔を締めて左前腕を垂直に左肘を

真上に折っていかないと遠心力で思いっきり引っ掛けますよ




いつも繰り返しのくどい説明になってしまいますが、

様々なレベルの読者がご覧になっています。

出来るだけ誤解を招かない様に注意するとどうしても

重複したり、しつこい文章になってしまいます。

そのため文章が長くなりますがご了承お願いします。

文章での説明は本当に難しいですね

どんだけ書いても本当にきりが無いですわ
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フォローでの肩回転の遅れの大きな弊害 1

 インパクトまでは肩の開きを我慢しますが、それはあくまで

インパクトまでの話であって、インパクト以降は一転して、

逆に肩の回転を促す必要があります。

決して無理に能動的に回すのではありませんが、

タメていた捻転を一気に開放して回転を促します。

「高速回転」というより、私が言っている「反転」の感覚ですね。

このイメージの差は非常に大きいです。

 「高速回転」「反転」の違いはどこにあると思いますか

私の感覚では、胴体を能動的に回転してH/Sを上げるのが「高速回転」で

この場合H/Sを上げ様とする程、体のあちこちが力みます。

人体は構造的に肩甲骨と股関節以外回転に適していませんので、

胴体の高速回転、ボディーターンではシャープなイメージは

微塵も出ませんよね。


 しかし「反転」では、胴体を能動的に回転させるのではなく、

インパクトぎりぎりまで回転を我慢していた肩を、

インパクトでその我慢のロックをはずす事で、それまでかかっていた

以下の3つの力により瞬時に右から左向きに反転させられるだけなのです。

1、テークバックで出来たタメ、捻転を肩の回転を我慢する事で維持している

2、ダウンで腰が先に45度回る事で、腰と肩の捻転が更に増加している

3、クラブと腕に引っ張られ、閉めた左脇では左胸が腕に限界まで押されている


これらの作用によりロックをはずした瞬間、肩は瞬時にシャープに反転します

上体が脱力出来て、軽くなっていれば。

これは回転という動作ではなく、明らかに瞬間の反転ですね。

ぎりぎりまで我慢しているからこその、反転です。

鈍くて、でかくて、くそ重い胴体を高速回転させようなどという、

愚かな力みがゼロだからです。


要するに、のろまなボディーターンと腕力により腕を引っ張ってヘッドを

加速させるのでは全く無く、

のろまな体が腕の加速を邪魔させないようにする事だけが目的なのです。

ですから肩はインパクトで、回転の我慢のロックをはずした瞬間、

僅かな外的な力だけでも瞬時で回転させられるほど軽くしておくのです。

これはシャドーでやってみれば直ぐに再現出来る事です。

欲をかいて肩を高速回転させようと少しでも力んだら必ず軸が歪みます。

その瞬間全てが台無しですね。

しかし、肩、腕、上体と脱力したら腕をしなやかに振るだけで

簡単にシャープに反転できる事が分かる筈です。

これが、脱力しろと言う理由ですよね。



 手首と肘関節も同様で、ヘッドを加速するために手首のスナップや

肘を使うのではありません。意識的に使った瞬間に力んで硬くなり

高速な腕の振りの軌道を歪めて、加速を邪魔するだけです。

前回の記事の様に、手首も肘も最も抵抗の少ない方向に、

抵抗を少なくする様に脱力して畳んでいく事が課題なのです。

スナップでヘッドを加速させようなどと考えたら、

必ずトップからアーリーリリースになります。

切り返しで加速させてもインパクトでは既に減速しています。

ヘッドを加速させるのはインパクトゾーンであり、重要なのは角速度です。

インパクト直前まで全てのタメを残しておいて、インパクトゾーンで

一気に開放して角加速度を上げることが最重要なのです。


また、投球と同じでしなやかな腕の振りを胴体や腕で更に引っ張ったり

押したりして加速することなど不可能で逆に邪魔するだけです。


これらを確かに認識し、肘下切断でヘッドは放っておく。

放っておいてもクラブが体の前にあり、インパクトで体が正面を

向いていれば遠心力で勝手にヘッドは遅れずに戻ります。

ヘッドの遅れを取り戻すために手首で操作したら軌道からはずれて、

ヘッドにブレーキがかかり、ヘッドは2度と加速しません。



回転遅れによる致命的弊害

 回転遅れによる弊害は以下の様に致命的です。

その致命傷は下図の俗に言われる、左肘の引け=チキンウイング

フォローとしては最悪な現象です。

一般的にその原因は、左への過激な体重移動過多による

全身の突っ込み=スウェイ
だと思われていますが、

その防止の為に必死に体のあちこちを固定してスウェイを止めても、

今度はこの図の様に肩の回転不足によりチキンウイングになることは

あまり周知されていないようですね。

肩回転の遅れの弊害

「球を押し込むパワー=ヘッドの角加速度」、が必要で

その結果は図のインパクト後の同じ時間当たりの「ヘッドの移動距離の差」

で現われてしまいます。

同じ単位時間当たりの移動距離が長い方がH/Sは速いですから。

「ほんの一瞬のインパクトゾーン」を振り切れるかが勝負ですね。


インパクトで1t以上の衝撃を受けながらも当たり負けせずに

フィニッシュまで振りぬく、とは本当に意味がある事か

「打ったら仕舞いでフィニッシュなど大して関係ない」とも言われるが

果たしてどちらが本当なのか

果たして本当のスイングの終わりはどこなのか

等の疑問をお持ちの方は多いでしょうね。

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フォローの振り抜き方向と左肘の畳み方 1

 丁度タイミングの良いコメントなのでご紹介させて頂きます

アイアン大好き さん、はじめまして

コメントどうも有難うございます

> 偶然にもこのブログを拝見し、とてもわかりやすい解説に、
勝手ですが私のバイブルとさせていただいております。
> ゴルキチ様の解説を私なりにイメージして取り組んでおりますが、
インパクト以降のフォロー部分で疑問があります。

有難うございます。光栄です<(__)>

やっぱりフォローについてのレスポンスが多いですねー。

もう少し早くフォローに移った方が良かったですね。

> V字軌道、縦コックだけだと極端なアウトサイドイン(大根切りのような)
になるため、肩・胸を回すことで体からグリップが外れることなく
インサイドからシャフトが立って下りてきて、
なおかつ肩の開きを我慢することで右足前にグリップを下ろすことができ、
同時にタメが出来るという自分なりのイメージで解釈しております。
> 実際にショットが変わりシャフトのしなりを使えている実感があります。


 その通りですねクラブを体の前に維持すると、肩を開かないで

まず右肘を真下に下ろし、その後グリップをかなりインから下ろす。

かつ、コックを維持してシャフトを立てたまま、じゃないと

ヘッドは直ぐにアウトに出てしまいますね。

完璧な分析ですね


> ところが肩の開きを我慢することがフォローへの回転を邪魔しているのか
腕の畳み方が間違っているのか、インパクト以降のスムーズさがなく、
ドライバーなど長いクラブで飛距離を伸ばせていません。


 完全にご自分で原因が分かっていらっしゃいますね。

少し確信が足りず迷われているようですね。

インパクトまでと一転して、体の回転不足フォローの振り出し方向

左肘の畳み方腕を放リ投げるイメージ等が、

大きなテーマになってきますね。


> まだ余計な力や動きがあり、遠心力に任せ切れていないのかも
知れませんが、フォローに向けて加速するようなフィニッシュが
取れるようになりたいと思っております。


 HWD以降、体はフォローではなく、既にフィニッシュに向けて

振る体制になっています


そうすると体はクラブと腕と一緒に飛球方向に流れずに残ります。

カウンターバランススイングで考えると簡単になりますよね。

肘下は切断イメージで、フェースコントロール以外、

腕の振りに関しては、遠心力に任せて既に放り投げている状態です。

何かしらクラブに操作すると、逆にブレーキがかかります。

腕ごとクラブを放り投げて、出来る限り抵抗を少なくして

スムーズに行かせる事が課題ですね。

実は、手首と左肘間接の抵抗がかなり大きく作用します。

手首と左肘間接を畳む方向、畳み方が大きなテーマ
になりますね。



> 今回フォローについて一部触れていらっしゃいますが、
「体は回しても肩は開かない」これがスムーズに
しかも加速感を伴って出来るようになりたいと思っております。
> 何かの機会にその点について解説をお願いできればと思います。


 実際問題フィニッシュに向けて体が回転すれば肩は開いていきますが、

インパクト直後から体を早く回そうとし意識すればするほど

確実にそれより早いタイミングで肩が開いてしまいます。

もしも肩を横回転させていれば、更にガバッと肩が開きますね。

しかし、回転が少しでも遅れると左肘が詰まり、

フォローの抵抗が大きくなる


この問題を解決しないと先に進みませんね。

実は「肩を縦に回す」が、その解決手段の一つ>なんです。

飛球線に沿って回るので開き難く、かつ抵抗が少なく

スムーズに高速回転します。




フォローの振り抜き方向と左肘の畳み方

 この図を見てください。

体の前でV字軌道に振っている図です。

ちょっと分かりにくくて申し訳ないですが。

オレンジがアドレス緑が右肩上=トップ青が左肩上=フォローでの

トップと対称の位置
で、太い線が前腕、細い線が上腕、赤がシャフト

ピンク失敗例脇が開き、肘間隔が開き、シャフトが飛球線と

平行になりません。

ピンクはトップでフライングエルボーで頭の上にシャフトクロス。

はフォローで左肘が引けて、アウトサイドイン軌道で必要以上に

インサイドに引っ張り込んでいる状態を示しています。

V字軌道 正面 2

 脇を閉め、肘間隔を閉めグリップが黒線の様にV字に縦に動けば、

トップで右前腕は垂直でシャフトが飛球線と平行が正しい。

フォローはその対照で左前腕が垂直になり、左肘が縦に真上に

折れて抜けていくのが正しい。

当然、遠心力で多少外にずれますが、意識としては両前腕は

垂直に縦に曲げていきます。


これが手首と肘関節に唯一最も抵抗が少ない形であることは、

この図の様にV時に振ってみれば誰でも即座に分かる筈です。


ピンクの軌道では手首と肘関節に負荷=ブレーキがかかります。

腕を遠心力で放り投げた場合では、このブレーキは大きいですし、

フィニッシュまでたどり着かない原因になります。


従って、フォローで手首と肘間接の抵抗を最も小さくするには

ここに自然に抜けるようにフォローを振り出せれば正しいのです。

それは、トップの切り返しから既に決まってしまいますよね。


つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フォローも左体側上で前腕を垂直に立てて抜く トップと左右対称

改造 さん、こんにちは。

いつもコメント有難うございます。

最近かなりいろんな変化が出てきましたね

> 本日、私が撮った動画を見ていたら発見がありました。
> 自分と相文(ベ サンムン)の後方からのコマ送りでの比較です。

参考に相文(ベ サンムン)プロのスロー動画載せます。
注目はトップでの右前腕が垂直で、右ひじが真下に向いていること。
切り返しでそのまま肘先が向いている地面に素直に落ちていることです。


> 尚、同機器なので撮影条件は同じです。
> 1.私のスイング
>・top~HWDまでで、既にシャフトがぶれている・・
タメが解けて動いている。
>・トップから8コマでインパクト。

> 2.相文のスイング(ショートアイアン)
>・top~HWDまでで、シャフトがぶれておらずくっきり見える。
クラブは不動でグリップ(右肘)を落としているだけというのが分かります。

>・トップから7コマまでインパクト。
> グリップを落下時の“ゆっくり感”というのを感じたことが
ありませんでしたが、こういう事なのですかね。

> 素振りではやっていたつもりでしたが、
実際にこれで球を打てるようにしたいです。 


そうですか!すばらしい発見ですね。

こういうことは実際に自分で苦労して比較ないと発見できないし、

その差を実感できないですよね。

私もアマとプロの後方からの連続写真を詳細に比較した事はないです。

実際にシャフトがぶれて見えるんですね! 

では、ビデオ撮影で徐々に原因が段々限定され修正できますね。

ナイスですね。


ダウンでシャフトがぶれる大きな原因は、トップで

1、シャフトがクロスしている

2、右ひじが真下を向いていない

時などは右ひじを真下に落下できても、多かれ少なかれ

シャフトがねじれますね。

1 ではプレーンに乗る前にシャフトが方向転換しなければいけない。

その一瞬でねじれその後も反動でぶれ続ける。

2 は仮にトップでシャフトが飛球線と平行であっても、

肘の落下字に肘が真下を向くまでに肘先が横に移動するので、

その時にシャフトがスライドします。

一度ぶれると振動し続けるので、再現性が低くなります。

ベストな予防方法は、ヘッドを含むクラブを体の正面の範囲内に

終始維持してV字軌道で右肩上左肩上と上下させるだけです。


そうするとトップでの右前腕、フォローでの左前腕は遠心力が無ければ

垂直に立ち、肘は真下を指すはずです。

実際には遠心力で僅かに体正面より左右外側に僅かに出ますが、

なるべく耐えます。
耐えないとトップでフライングエルボー、

フォローで左肘引けにつながります。そうするとプレーンから外れて

軌道がいびつになりH/Sを妨げる大きな要因になります。



 そもそも、肘の動きはかなり限定されています。

体の前でグリップした時、最も抵抗が少なく肘を畳める方向は

どちらでしょうか

右肩上と左肩上方向だけですよね。
(真上だと顔面直撃してしまう(笑 )

グリップの位置はトップで右耳横、フォローでは左耳直ぐ横を

通す感覚です。遠心力で外に持っていかれますが、

感覚としてはかなり左耳に近いと感じると思います。

その方向だけ、手首も肘も何の抵抗も無く畳めます。

これが正しいフォローの方向です。


体を止めて真横なんて、とんでもなく抵抗があり無理ですよね。

ゴルファーが横に振っているように見えるのは手首と肘間接の動き

ではなく体の回転だけなのです。

手首のコック、リリースもほぼ縦だけ、ですからね。


さらに、上記のように肘を曲げ伸ばしする時、

脇と上腕はどうなりますか

脇は閉めて、上腕は体側に沿って垂直が正解です。

当然肘は真下を向きます。

外見的には遠心力で若干外に振られますが、意識はそれが正解です。

その方向にフォローが出せれば、手首はこねないし、

腕を放り投げるだけで全く抵抗無く振りぬけます。


前腕を垂直に立てる方法は、


1、終始両肘間隔を閉めて、しっかり一定にする事

 遠心力があるので簡単ではないです。

 むしろ、外に逃げやすい肘を内側に絞る位、意識的に

 両肘間隔を閉めないと必ず開きます。



2、トップの静止状態と、フォローを抜く方向で前腕を垂直に立てる。

 トップの右腕の形、位置は右腕で記憶します。

 まんま出前持ちスタイルになります。

 この点は賛否両論ありますが、あくまで人体構造的に論理的に

 納得でき、シンプルで、我々レベルのアマにとって現実的に

 習得可能で、再現性がある事を最重視した結果です。


3、殆どのアマが陥っている欠点ですが、フォローで体が十分に

 回っていないと左肘があまって詰まり左肘が後ろに引けます。


 この点は、殆ど知られていない事実です。

 インパクトまで肩の開きを我慢して(しかし肩が開かない限り

 腰は45度程度回って良い。むしろ腰を止めるのはまずい)

 インパクトの瞬間以降は全く逆に体を回さないといけない。

 ただ、気をつけなければいけないのは

体は回しても肩は開かない

要するに、ヘッドアップ、左脇の開き、振り遅れが

起きないようにクラブを体の正面に維持して速く回すことです。

実際は振り遅れとは全く逆に、放り投げたクラブ、ヘッドに対して

体が遅れたらまずい訳です。

その簡単な方法が「肩の縦回転」なんですね。

縦回転なら飛球線に対して大きく開かないからです。


4、過激に左に突っ込まない。

 飛ばしたい欲望で過激に体重移動しない。

 殆どのアマは、過大なボディーターン、下半身リード、

 右股間接に乗り切らないまま左に突っ込むので

 球に近付き過ぎて左腕の長さが余る。

 そうなると左肘が引け、インパクトゾーンで両腕ともに伸びきらない。

 押せない。ローテーションできない。

 思いっきりこねない限り、ひ弱なスライスしかでません。
 
 
つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フィニッシュまで完璧に振り抜くには 2 クラブじゃなくて、腕を振る

まさ さん、こんばんは。

コメントどうもありがとうございます!!

> やっと読破しました
> 大変勉強になっております。

ありがとうございます!!恐縮です。

> 早速ですが質問させてください。ちょっと前まで、
自分はトップからシャフトが寝て、あおり打ちになってました。

殆どのアマはそうです。普通にレッスン書を見てインサイドアウトに

振ろうとしたら殆どそうなりますからね。


> ブログを見て、まず限界まで腹斜筋を捻ること、
> トップから先にグリップを落としてから回ることを意識しています。


あ、上体の捻転より、まず下半身の捻転を先に重視してくださいね

上体の捻転を強くしようとするとスイングによっては

上半身の力み、オーバースイング、伸び上がり、アーリーリリース

に直結する可能性が出ますから注意してくださいね。


> すると重力によってグリップを下げると、イメージではインパクト
までは非常にゆっくりな感じがするのですがよいのでしょうか?
> 腰の高速回転まではいつもよりゆっくりなイメージになるので
飛ばないのでは?と疑問になります。
> 実際の弾道はボールがなかなか落下しない伸びが確認できてます。
ちょっとドローしますが。


その感覚で問題ないです。ゆっくりの方が無駄が無く良いと思います。

全部読まれた上での最初のご質問なので非常に貴重なご意見だと思います。

確かにゴルフ用語での言葉の説明では誤解を招くと思います。

私の説明が不十分なのでしょう。



 まず、H/Sはインパクト前後の一瞬の角速度の問題なので、

タメによる差の影響が非常に大きいです。

ですから、体や腕が動くスピードは全く関係ないです。


むしろ、一般アマレベルでは、体や腕のスピードが速い

と言うことは無駄が多い可能性の方が高いと思います。

ただ、最適なタメの大きさは、技量、人のよりそれぞれなので

体、腕のスピード、グリップスピードは全くそれぞれ異なり、

飛距離との連動性は無いです。

ドラコンでも両極端の範囲で本当に様々ですよ。



 次に、自然落下の具体例は、つるはしか、くわでの穴掘りです。

餅つきでも良いでしょう。ボーリングも同様です。


ご自分なら、どうやって重い先端部分を振ると説明しますか

「スナップを使ったり、腕力で引き下ろす。」と言うでしょうか

それは無いですよね。

そんな事は重すぎて疲れるだけで、効果がないと直ぐに分かります。

餅つきなら危険ですよね(笑

むしろ逆にコントロールが悪くなり、加速的にも逆効果だと分かります。

たまたま強烈に上手く加速できたとしても再現性がなく非現実的です。


ゴルフクラブは軽すぎるから重力落下の利用が感じ取り難いのです。

どうしても手先の力で加速する誘惑に駆られてしまう。

それがコントロールでも、H/Sでもとでもない逆効果なのです。



試しにウェッジのヘッドをシャフトの下に向けて頭の真上に縦に振り上げ

真下に向けてヘッドから柔らかい地面に突き刺してみてください。

ツルハシと全く同じ振り方になりますよね。

縦に真下に振れば、実はヘッドも腕も

相当重いと言うことに気が付くと思います。



クラブが軽いので腕を横に振るから

腕の重さが分からない。


そして、ヘッドをなるべく最短距離でほぼ一直線に真下に

振り下ろそうとするはずです。

その時、腕力も握力も全く必要ありません。

重力だけで腕を振っても決して腕もH/Sも遅くないですよね。

むしろその方が腕も速く振り下ろせます。

まず、最初にスナップや腕力ではなく「重力」を最大限利用します。

そして、しっかり軌道に乗って加速し始めてから、

初めて更に加速する様に押すように腕を更に加速して振り下ろします。

しかし、軌道がずれない程度に微妙に加減しながら押しますよね。

これは「クラブを振る」というより、

「重力落下+腕を振る」

ような感覚です。


と言った方が分かり易いかな。

投球のように腕は当然脱力でしなやかに使いますよね。

クラブを振ろうとすると特にクラブに近い部分が力みます。

でも、肘下切断イメージでクラブは重力に任せておいて、

単に腕を振れば投球同様、脱力で効率良く高速にしなやかに振れます。

ヘッドは放っておいても体の前にさえあれば振り遅れの心配はありません。


また、これはボーリングだと良く分かります。

同じ16オンスを投げても人によってスピードは全然違います。

パワーより落下してくる軌道を変えずに、上手く押す要領の差ですね。

欲望に負けて、力んで引っ張り下ろしたり、強く押したらボツですね。


まさ さんは既に殆ど自己解決されていると思いますが、

同様な疑問をお持ちの方はお分かりいただけたでしょうか



 実際のスイングでは、肘下切断イメージでグリップ、

クラブは完全に重力だけで落とします。

ただ、上記の説明のように腕は振ります。

この「腕の振り」で野球の投手の球速同様個人差でH/Sが全く変わります。


自然落下、重力落下、落とす、等のゴルフ用語がかなり誤解を招く

ことは分かっていても、簡潔に書くために
つい使わざるを得ないのです。

それ以外に「より良い簡単な表現」がなかなか見つからないか、

毎回面倒な説明をくどくどしなくてはならない。それは無理です。


ドラコンでも、ゆったり振る人と物凄くテンポが速い人の

両方がいます。その違いは「体の動きのスピード」の差です。

でも飛ばで必要なのは一点、一瞬だけです。

事実上「一瞬のインパクトゾーンでのヘッドスピード」

「角速度」なのです。


> また自分の場合身長も165と低いので全身を使いたいのですが、
主に下半身と腰回りの運動というか、動かさないように耐えるというか、
それで飛ばすという認識でよいですか?

下半身を使う絶対条件は「右に乗り切る」ことです。

右に乗り切ってから上半身で切り返したら

どうなると思いますか

左へ上半身から倒れますよね(笑

乗っていたら上半身始動など、したくてもできないのです。

完全に右に乗っていないから、上半身から切り返せるのです。

殆どの方は、ここに全く気が付いていません。

右に乗り切って初めて下半身から切り返せるのです。

そして、下半身を最大限に利用できるのです。

まず、右股関節に乗り切るのが大前提ですね。



> ちなみに正しいスイングができた時はHSは最低でも
いくつくらいでるのでしょうか?
> 以前は47くらいで今もさほど変わってはいないようです。
まだスイング間違ってるのでしょうか?

47なら全く問題ないですよ。

安定性、再現性を重視するならむしろ良いレベルでしょう。

世界レベルの女子プロでもそこまで行かないですからね。

通常の飛ばし屋でも49~51くらいでしょうね。

同じH/Sでもバックスピンで飛距離は数十ヤード変わりますよ。


丁度今ののテーマの「フォローの振り抜き」で、

H/Sはかなり変わると思いますよ。

上手くいけば5m/s位直ぐに変わるでしょうね。

とにかくヘッドスピードの邪魔をしているのが

主に左肘角度と腕の力みです。

それを治すのに筋力は要らないですからね。

要領だけです。


まささん、今後もよろしくお願い致します。

またコメントお待ちしていますね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フィニッシュまで完璧に振り抜くには 1

 フィニッシュまで振り抜くには何が重要なのか

まず、バランスが非常に重要ですね。

殆どの場合、意識が飛球方向に行き過ぎて、頭も体も突っ込んで

バランスを崩し、フィニッシュまで振り抜けなくなります。

きれいに振りぬけないと再現性も、方向性も、H/Sも著しく落ちます。

フィニッシュがスパッと決まった時は本当に気持ち良いものですよね


 では、常にバランスを維持するためにはどうしたらいいのでしょうか


 例えば、「歩く」時本能的に誰でも必ず腕を振ります。

左脚を踏み出す時に反対側の右腕を前に振り出します。

同時に左腕を後ろに振ります。

では、なぜ腕を交互に振るのでしょうか

理由は、その様に腕を振らなければ上体がねじれ、

上下動が激しくなり、バランスを崩すために、

不必要にエネルギーを消費してしまうからです。


ゴルフスイングも同様ですよね。

球がなければ誰でも歩く様に自然に振れるので

フィニッシュまでバランス良く振り切れます。

しかし、球を叩くから、狙うから、飛ばしたいから

自然の動きが妨げられしまう。

歩き方で言えば、両手を前後交互ではなく、

両腕ともに方同じ方向に振ってしまう
感じでしょうね。


だから、ヘッドをフィニッシュまで完全に振り切れない。

飛球方向に振り出したまま終わってしまう。


ではどうしたらいいのか


まず、以前から私が言ってきたのは、

トップからは球の先45度以上先をターゲットに振る

と言ってきました。

では、歩くように自然にバランスを取ってフィニッシュするには、

「HWDでは」、どこをターゲットに振れば良いと思いますか


歩行と比較すると、ゴルフは左右の腕を同じ方向に

振らなければいけないのでバランス維持が難しい筈ですよね。


では、カウンター・バランス・スイングなら

ヘッドの進行方向と、遠心力の反対方向に力を加える

カウンター・バランス・スイング理論で考えるとどうなるでしょうか


Half Way Forward=フォロー側水平辺りか

頭の真上辺りか

飛球方向と正反対の飛球後方か


つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右ひじの要領・目線写真

 インパクト直前の右ひじの目線写真です。

無意識に振れば遠心力で上の腕の様に真っ直ぐに伸びてしまいます。

球を強く叩こうと腕が力んでもこう伸びますね。

上下の写真を見比べると、上は腕も手首も自然に伸び切って、

腕が右肩から真っ直ぐ球方向に「斜めに」伸びています。

腕が力むとグリップも、肘も浮き、おまけに嫌でも体が浮きます。

それに、腕が伸び切ったら全部浮かせないと当然ダフりますよね。

写真の様に脇はがら開きになり、体との一体感がなくなり、

器用な腕は振るたびに毎回違った軌道で自由にバラバラに動きます。

さらに脇が開くのでパワーが全く伝わりません。

右ひじは真下より外側を向き易く、

アウトサイドイン軌道でインパクトでフェースは被り易くなります。

右ひじ伸ばし 小


下の写真は、正しい右ひじと手首です。

「右ひじは、体の内側と上側の2方向に曲がって」

肘は真下を向き、なるべくへその右側近くに収めます。


ゴルフの場合、「右ひじを内側に入れる=曲げる(肘下向き)」が肝心で、

両肘とも外側に曲がる=肘が外向き=肘間隔が開く

のは最悪です。

右ひじ曲げて 小

見ての通り右ひじをなるべく体の内側に入れて
(右肩が下がらない様に)

右前腕(手首から肘まで)を飛球線と直角になるようにします。



「右ひじを絞る」と言う表現をたまに良く聞かれると思いますが、

この事を指します。しかし、絞るイメージだけでは

右肩が下がりますので、要注意ですね。


空中草打ち練習を取り入れれば右肩が下がらなくなります。

「腕の縦振り」と、「肩の回転運動」をごっちゃにしない事が重要です。

確実に意識して分離して動かせる練習が必要になります。

割と直ぐに慣れますよ。


手首から右ひじを平行に動かし、前腕の角度でフェースの角度を

感じ取ります。グリップではなく右ひじリードのイメージです。

その意味でもトップから最初に右ひじを下ろす意識が重要になります。


 要領は、

まず、ダウンで右肘が下り切った後に、

肘を重力に任せて自然に伸ばしてグリップを早めに下げきります。

肘を伸ばす事が逆の様ですが、肘を曲げたまま維持しようとしない事が

右肩を落とさないコツです。

重力に任せないで、力でグリップを下ろせばインパクト前に

右腕は伸び切ってしまいますよね。


手首のコックを維持しつつ、右ひじを自然落下で伸ばして

右肩が落ちないように練習します。

そもそも、右肩と腕の上下動は剣道の面と一緒で全く連動しません。

連動してしまう方は、シャドーと素振りで反復練習して下さい。


要するに手首、ひじ、肩の動き、全て別々なんです。

もちろん複雑と言えば複雑ですが、出来てしまえば特段難しくは無い、

余裕で再現可能な自然な動きになります。


右前腕でフェース面を感じて振れるから再現性があります

たとえ力んでも上の写真のように不用意にフェースが被りません



面白い現象ですがインパクト前に腕が伸びきるとどうなるでしょうか

腕が伸びきると腰が前に出て前傾が起きるのです。

見えない程度でも、多少でも右ひじを曲げて維持していると

体が伸び上がらず、肩が盛り上がらず、腰が前に出ません。

要するに曲げていれば腕が力まず、余裕が残ると言うことですね。


前傾維持が著しく容易になります。

空中草打ち素振り試して下さいね。

草打ちでヘッドスピードは要らないですよ。


当然ですが周りに注意です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

草打ち1,000本素振り

 以前から言っていた私のお勧め素振りの

空中草打ち1,000本素振りを紹介します

フォローはなんと言ってもフィニッシュまでの「振り抜き」が勝負です。

バランスが良いフィニッシュはあくまで結果ですが、

スイングの良否の最高の目安になりますからね。


素振りは誰でもバランス良くフィニッシュまで振りぬけますよね。

でも球があると殆どのアマは豹変して上手く振りぬけません。

球を叩く事を意識し過ぎて、球をトップから打ちに行ってしまうからですね。

素振りでも一応目標、目安が欲しいので「草打ち、枝打ち」がお勧めです。

アイアンが「地上草打ち」で、ドライバーは「空中草打ち」です。

特に1,000本にこだわる必要は全く無いんですが、

無駄の無いスイングなら1,000本振っても疲れないはずです。

脱力出来ても慣れないとさすがに手の皮がむけますので注意です。

地面から肩の高さまで満遍なく枝がある草が良いですね。

空中草打ちは長いドライバーが良いですね。

こんな感じです。

IMAG0133 小2

これで地上20cm位。

IMAG0143小2

これで地上40~50cm位。

IMAG0140小2

ここは100~130cm位ですね。

IMAG0146小2

要領はいずれの高さでも、まずトップから脇を閉める様に

ひじを下ろし、体と上腕を一体化させます。

この時、両肘間隔を閉めてアドレスの時と同じ肘の位置に収めます。

次にシャフトを立てたまま=なるべくヘッドが上にあるまま、

グリップを最下点まで下ろし切ります。


特に左グリップは絶対に下げ切ること

下げ切らない限りヘッド上に維持できません。

左右のグリップのテコの応用でコックを維持することで、

ヘッドを下げないで、高く維持します。

50cm以上の高さになると右ひじを曲げて、右ひじの角度を小さくする事で

左グリップを下げ切ったまま、ヘッドの高さを120cm位まで

自在に維持できます。

要するに、この高さの違う草打ちの目的は、

コック=ライ角と右ひじ角度を調節、管理することでヘッドの高さ、

軌道を自在に管理することです。


この管理に慣れれば地面の砂打ちでも直線上を一定の深さで連続して

取れるようになります。バンカーが得意になりますよ。

ガードバンカーを怖がってばかりでは最善のコースマネージメントが

出来ませんよね。


この時点まで意識ではトップから肩を全く回していませんが、

実際はある程度回っています。腰はもっと回っていますよね。

これが腰と肩のねじれであり、上半身の捻転です。

これは腰を切って意識して作る物ではないですが、自然にそうなります。

インパクト以降に一気に体が「反転」するので角速度が最大になるのです。

我慢すればするほど角速度は上がる訳ですね。

なおかつ肩の回転=開き、を我慢するほどヘッドがその間に下りて来る

ので、振り遅れにならないのです。

肘がアドレスの位置に戻ってから体と肘が一体となって

本格的に反転する訳ですね。


確かに野球の投球のようにもちろん腕はしなやかに振ります。

そうしないと確かにH/Sは出ません。

しかし、ゴルフが投球と違うのは腕が体と完全に一体化して動く事です。

一体化はインパクトゾーンではもちろんのことですが、

フォローの振りぬきでも正面にあることが非常に重要になってきます。

アマの悩みの左肘が引けるの原因は、殆ど体の回転不足だからです。

フォローではインパクト前までとは一転して、今度は体の回転が遅れると

右腕の長さが足りなくなり、左肘が必ず詰まります。

インパクトまで止めて我慢していた体の回転を、

一気に開放しないと今度は逆にヘッドの動きに体の回転速度が

追いつかなくなるのです。

いつまでも体の回転を止めていてはいけないと言うことです。

徐々に説明しますが、この点でも肩は縦に回っていないと、

ヘッドに追いつかない。

肩が水平に回っていたら遠回り過ぎて遅くてダメなんです。

また、肩が水平に回る=左肩が開くですよね

肩が縦に回ればフォローで肩は開かないですよね。

もちろん縦過ぎても困りますが。

ここのところに気が付いてください。



 おっと、話がどんどん行き過ぎてしまいました。


話を戻しますが、

この体の反転の時にヘッドが体の前にないと振り遅れになる訳です。

ただ、質問にもありましたが、上半身の捻転はあまり強く意識

しないほうが良いです。

上体の捻転は意識すると必ず意識が上に行き上体が力みますから。

あくまで主役は下半身で、右下半身の捻転が重要なのです。

左肩の入りは柔軟性の個人差があるので無理に入れる必要性は無い

と思います。もちろんヘッドとのタイムラグを考えると、

肩は90度入ったほうがより良いですが、伸び上がるのはまずいですね。


そして、水平回転で捻転を作ろうとすると、下半身が後ろに引ける

ので下半身に捻転が出来ないため、上体に捻転を作ろうとしてしまい

伸び上がり、オーバースイングになります。


テークバックは左肩をあごの下に縦回転で低く入れていかないと、

主役の下半身に捻転は決して出来ませんし、

そうしないと左右対称ですからフォローでは右肩が浮いてしまいます。

水平回転で右肩が浮くとビハインドザボールは100%不可能です。

なぜなら、右肩が頭を押し出すからです。

右肩はあごの真下を通過して、頭を下から追い越していくから

頭が右肩の後ろに残るのです。


分かれば全然簡単な理屈ですよね。

頭の横から追い抜くのは不可能でしょ

地面に対して水平回転していた人にとっては、縦回転だと

右肩がかなり低く回ると感じるでしょう。

今までの手首維持、右ひじ管理無視で伸ばしっ放しで振るなら、

当然ダフると思います。それは仕方が無いですよね

手首も、肘もほったらかしで狙ったところを打つなんて

そもそも無理な話なんです。


野球を見ていているとよく分かりますが、インコースの球を脇を閉めて

肘を曲げて、グリップエンドが体を擦る位近くに引き付けて、

体の回転でホームランにする打ち方をたまに見ますよね。

草打ちの要領は、あの打ち方に非常に近いですね。

100cmの高さの草打ちは、左グリップを下げ切って、

左肘は伸ばしたままですが、右ひじを引き付けて右ひじ角度を管理し、

シャフトを立てて、ヘッドを高く維持します。

この感覚、要領が分かれば、インパクトで右ひじが伸びているのか、

曲がっているのかという問題ではなことが分かると思います。

ライによって、球によって、打ちたい球筋によって、右ひじ角度も、

脇閉めでの体への引き付けも、両肘間隔も、手首もしっかり、

ケースバイケースで、自分の意志によって管理しているのです。


レンジで高価な球を打つ前に、砂に書いた直線をきれいに打てる、

同じ深さで打てる様にする方が遥かに時間的にも経済的にも合理的です。

どうやったら一定に直線を打てるか考えますよね

なぜ、打った砂の深さが毎回、毎回バラッ、バラなのか

100m位クラブで地面を耕してよーく打ち方を考えた方が早いですよ。



つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

トップから右ひじを最初に下ろす!!

トップからどこを最初に下ろすのか

の答えは最近の記事で分かると思いますが、

右ひじですね。

ヘッドはアーリーリリースで論外ですね。

仮にヘッドから下ろすとテコの原理で、

グリップもひじも逆に浮いてしまいます。


グリップは放っておけばいいって感じです。

これも同様グリップから下げるとテコの原理でひじが浮きます。


結局、まずはひじです。ひじを下ろせばグリップは勝手に重力で

落ちてきます。ヘッドも同様最後に重力で落ちてきますね。

これがひじ下切断重力落下、自然落下イメージです。


「ヘッドを早く下ろさないと振り遅れになる」


と感じたら確実にアウトですね、一生報れません。

そう思うから腕や手先で操作する。

タメは絶対に出来ない。

ひじ下は放っておけばいいんです。


振り遅れはヘッドが遅れるのではなく、

単純に「体が先に行き過ぎる」だけの事です。


はっきり言っちゃうと、


早○○みたいなもんですわ


下手なレッスンの「タメるな」は

それを益々増長するだけ

あせってヘッドを下ろそう、

ボディーターンでクラブを引っ張り下ろして、

ヘッドスピードを上げようなんて

まさに自殺行為です。



では次回から、

フォローに行きましょうか



カウンターバランススイング理論で

フォローが非常に単純明快になりますよ

本邦初公開です!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR