ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肩が開かない為の、左肩甲骨の動き方

 この和田プロのお話は非常に明快で解り易くて良いですね。

これは飛ばしに限ったことでは全くありません。

彼は東北福祉大出身のツアープロで宮里優ティーチングプロが師匠

なのです。

最後の部分2分40秒からが具体的で非常に良いですね。

「肩が開かない」とは実際どういうことか、非常に解り易い表現です

「左肩は上がっても良いので、シャフトに沿って動く」

と言っています。ただ肩甲骨で操作して、怒り肩に上がったらダメ



「体を開かない」、「肩を開かない」とは最終的には感覚的でもあり、

最後まで左肩甲骨を前に出したまま=後方に引かないで「外転」

させたまま維持する事でその感覚を得ます。  

右肩を前に出さず、下の写真の左肩の赤楕円部分さえ

飛球後方を指し続ければ自分の感覚として、

肩は十分に閉じているのです。


左肩甲骨を引いたら肩は瞬時に開いてしまいます。そしたら終わりです。

左サイドを引くのはあくまで左背筋であって、肩甲骨ではありません。        

124324110157816122952_07a.jpg

例として下の2枚目の写真の様に、両肩がなで肩のまま、

肩のラインが丸くなる様に肩甲骨が脱力でクラブに引っ張られて

「外転」したままの状態で縦回転していく
のです。

だから両肩共になで肩になります。

フォローは肩甲骨でクラブを操作しない。


そのまま左肩が上がって、右肩が左肩と入れ替わって下がっていきます。

和田プロが言うように左肩がシャフトから離れないとは、

この状態のまま肩を縦回転させると言うことなのです。

、インパクト 右手首 左肩外転 下方回旋 下制 2

まだ右手首伸び切っていない 体の正面

これでは右肩が落ちてダフってしまうというのは、

コックの問題でまた別次元の話で、混同するとグリップが浮きます。


その他、右腕が伸びるとはアーリーリリースのことです。

注意点はダウンで右肘を故意に曲げたまま維持しようとすると

必ず右肩が落ちます。インパクトまで右肩が落ちない様にする為には

逆に右肘はグリップの落下に伴って自然に伸ばしていくべきなのです。


本当に意識すべきは事は、右肘を曲げまま維持するのではなく

コックを維持するために、

右肘が体の近くにある意識が重要なのです。

右肘が真下に落ち、右肘が体の近くにあり、右肘リードで右肘が

へそ方向に向かっていけば右肘が力んで伸びることは

絶対にありません。



また、右腕が力むことが伸び上がりを生む最大の要因です。

右腕が力むのは要するにアーリーリリースですね。

それが諸悪の根源です。


「クラブをインから下ろす」と言うのは誤解が出ると思いますが、

インからおろすのはグリップで、決してヘッドではありません。

ヘッドは絶対にインから下ろさない。シャフトが寝ます。


紹介下都合上誤解がないように決して批判ではなく、

クローズドスタンスは一時しのぎでやったら危険です。

球が中に入り易く、右を向き易くなります。

クローズドスタンスに頼ってで球を捕まえていたら、

スクエアに立てなくなります。

あくまでグリップを近くに下ろす体感の手段ですね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

FAST JACKET用 改良ノーズパッド 完成!!

金栄堂の那須さんにわがまま言ってお願いしていたFAST JACKET用

スペシャル改良版ノーズパッドが完成しました名付けて 

金栄堂&ゴルキチ コラボ Golf Special Edition for FAST JACKET
(Flak Jacketも可)

たかがノーズパッドで騒ぎ過ぎ

いえ、いえ、これでOAKLEYが全く別物に変身しますからね。

これは、一大事件ですよ

日本中のOAKLEY販売店が戦々恐々となるかも。

改良ノーズパッド 小32

左から改良型、初期型、アジアンフィット、USモデル。
全部全然違うでしょ。改良型は長い。
パッド2


当然みなさんごぞ存知の通り、ゴルフは横目で目を振ってラインを

読むのでノーズパッド上下の僅かな隙間からの光の進入でも気になって

使えないのです。

今回の改良型は、ただそれだけを阻止する為にわざわざノーズパッドの

製作をお願いしたのです。

結論から言うと、

私の希望通り光の侵入を阻止することが出来ました

幅、前傾角度のフィッティングも完璧で、これで世界で唯一つの

フルカスタムメイド OAKLEY FAST JACKET

GOLF Special Edition TALEX Version
が完成です

これでスコアアップしないで、どうしましょうか


ここまでショップにやらせるゴルファーは他にいないでしょうね。

さらに、ここまでわがままな客に付き合うショップも金栄堂の那須さん

以外、日本中どこにも存在しないでしょうね

ミリ単位で要求してるんですよ(笑


 写真でも一目瞭然ですが、左側が改良ノーズパッドで

右側のアジアンフィットよりも上下にかなり長くして頂きました。

これによって赤線の間隔分パッド下部の光の進入を完全に遮断する

ことが出来るようになりました。視界が全く変わりますよ。

改良型パッド2

改良型4.小jpg

 下の写真、左が改良型で右は初期型です。初期型はオリジナルの

アジアンフィットのノーズパッドを高く、大きく改造したのですが、

上下の長さがオリジナルのアジアンフィットとそれほど変わらない

ために図の黄色○部分から光が若干漏れるのです。

特にパッティングの時になどは左右に目を振るので、

僅かであっても光の漏れは非常に気になります、私は。

SWANSのGW-3701はノーズパットの形状が非常に良く出来ているので

全く光の進入がない事が最大の長所だったのです。

初期型2


 初期型はノーズパッドの高さを高くして

目との間隔を広げる事で通気性を確保して汗をかいても曇り難くし、

更にレンズの前傾を立ててレンズ下部が頬に当たり難くする


事に成功したのですが、逆にフレームとの段差を拡大してパッド上下の

隙間を広げてしまい、パッドを大型化しても上下の光の進入を

僅かですが止めることが出来ませんでした。


目を振るたびに中央部から光がちらちら進入すると、

僅かな眩しさでも気になってライン読みに集中することは不可能

になります。一度気になるともうダメですね。

私はゴルフでFLAK JACKETを使っている人達が不思議でなりません。


 今回の改良版は上下を長くして、高さを少し低くして上部の赤丸の

フレームとの段差を無くし、隙間を減らすことに成功しました。

これによって上部からの光に進入が全く無くなりました。

高さが低くなっても長くなった分、下の部分が鼻との支えとなって、

目からの距離は以前と変わらず、通気性も変わりません。

見た目も薄くなって違和感が減り、非常に良くなりました。

改良型82小


左がずんぐりむっくりの初期型、左が長くスマートになった改良型
初期型 改良型 2

 
これまでずっとラウンドではSWANS GWシリーズがエースでしたが、

ピンチですね。今後テストラウンドでFAST JACKETと比較してみます。

このノーズパッドのおかげでエース交代の可能性が高くなりましたね。


フレーム幅、レンズ前傾は双方フィッティングで調整して頂いている

ので、かけ心地は酷似しています。オリジナルのFAST JACKETは

FLAK JACKETよりもむしろきつめですが、これはかなり広げて

かなり大きいSWANS GWシリーズと全く同等に緩くしています。

何時間かけてもきつく感じない、でも振ってもずれる不安はない

痛くならない、疲れない。

両方共に、レンズ幅も、レンズ高も大きく、ほぼ同じサイズで、

広いレンズ幅なので横目でもサイドは見易いです。レンズも全く同じ。

あとはラウンドで長時間かけてみて、実際どう感じるかでしょうね。

どっちが自然で気持ちよく感じるか、数回使えば明らかになります。

(上がGW-3705、下がFAST JACKET)
fast GW 小
(写真は初期型ノーズパッド)

GW-3705+TALEX True View Focus
TALEXトゥルービューフォーカス3 中

GW-3701+TALEX True View
SW-3701 小2


STRAIGHT JACKET、SPLIT JACKET、FLAK JACKETも大改造中です。

出来上がり次第また、報告しますね。


今回のノーズパッド、サングラスのカスタムについては金栄堂さんの

三代目の 那須丈雄さんに何でも気軽に聞いて下さいね。

日本でも数少ないカスタムスポーツサングラスの専門家です。

素晴らしい知識と情熱でいつもお世話になっています

スポーツグラス専門店 金栄堂さん 

金栄堂公式ブログ TAKEO's Opt-WORLD

TEL:0238-88-3062 kineido@jan.ne.jp
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

タメ=Lag の重要性 3 岡本綾子プロと宮里藍プロの共通点から解ること

樋口久子プロ、青木功プロ、岡本綾子プロが世界ゴルフ殿堂入りの

ただ3人の日本人です。

写真は1987年36歳でアメリカ人以外で史上初のLPGAツアー賞金女王

を獲得し、米LPGAツアーで17勝した岡本綾子プロの

44才頃の5Iのショット写真です。

17年前に購入した天才の本からです。

IMAG0600.jpg

今は新装版で売られているようですが中は見たことはないです。
当時の「岡本綾子lesson」は3,000円でした。新装版は小型版ですね。
【送料無料】岡本綾子lesson!新装版

【送料無料】岡本綾子lesson!新装版
価格:1,260円(税込、送料別)



(クリックで拡大します)
岡本綾子2

彼女の特徴は肩の入りは浅いかわりに、腰の回転も少ない

腰の回転が少ないから、決してオーバースイングにならず

トップでもヘッドが垂れず、シャフトが立ち、捻転が十分溜まる。

だから、ぶっ飛ばして、さらに、抜群のゆったリズム、べた足で

再現性も抜群でしたね。

まー、そもそも今の女子プロとは基礎体力が全く違いました。

だからこそできたスイングフォーム、安定性、飛距離なのでしょうが。

ジャンボと同じですね。



そもそも社会人ソフトボールのエースで4番、国体優勝ピッチャーです。

その後、22歳でゴルファーに転進し、2年足らずでプロテスト合格、

さらにプロ入り初年度に即優勝の天才中の天才です

そしていまだに彼女のスイング、指導力、発言の影響力は大きく偉大です。


この写真、トップからそうですが、シャフトが立った時間が長い。

下段左から2枚目、インパクト前にグリップが球を追い越しても

まだトップからのコックが殆ど維持されたままです。

先日のマキロイのショットの写真と全く同じでしょ


彼女はいつも「クラブを立てて使う」、そして「できるだけ長い時間

グリップエンドを球に向ける」
と言っています。

できるだけリリースを遅らせる我慢をしろ、と言うことですね。


これは、左腕を伸ばし、左グリップを下げたまま、右脇を閉め、

テコの支点となる右手人指し指に圧力を感じながら、

リリースを我慢
しなければできません。


さらに、インパクト直前に左手首支点でクラブを高速回転させないと

振り遅れ必至です。

テコでコックを作り、維持すればリリースは簡単で瞬時です。

タメる程、高速回転し、角加速度が増します。

だから、腕力、握力だけで無理やりコックを維持しても必ず振り遅れます。


また、クラブが重い方が回転させ易い=捕まえやすい。

なぜならクラブの重さを利用してリリースするから。


テコを利用するからコック維持にクラブの重さ、長さは関係ない。

だから、腕力でクラブを操作する人は軽いクラブを好みます。

重めのクラブで重さを利用したほうがゴルフは楽なんですが。

また、脱線しましたが。



 宮里藍ちゃんがレイトコック、ストロンググリップで失敗した

そもそもの原因はオーバースイングを修正する為だったのです。

しかし、米ツアーでは自分のストロンググリップのシャットフェース

だけでは勝てないと確信しました。

そして、3年程前にいよいよ決意して、下から握りがちだった

ストロンググリップをスクエアに近く矯正したのです。


実は、その後の米ツアーでの大活躍は実はこのグリップ矯正により、

あの独特のレイトコックを修正し、以前よりもアーリーコックで

コックを柔らかく、上手く使えるグリップに修正したのが

最大の要因である、と言う事はあまり知られていません。


ストロンググリップは理屈ではコックの稼動域は広がるはずですが、

コックを柔らかく使えず、スイングの幅が狭くなる事も多いのです。

岡本綾子プロは球筋の打ち分けではグリップも変えていました。


共に天才的なリズム感で世界で活躍する二人には面白い共通点が

あるのです。


 LPGA17勝の岡本綾子プロでさえ幾度も2位で涙を呑んで、とうとう最後

まで取れなかったメジャータイトルを藍ちゃんが取れるかどうか

とは言っても、実は岡本綾子プロは1984年に全英女子オープンで

2位に11打差のぶっちぎり優勝しているのですが、

当時はまだメジャー昇格していませんでした。

ただ1991年にも、福嶋晃子プロが優勝しています。

もちろん35年前、樋口久子プロの1977年全米女子プロゴルフ選手権

が日本人唯一のメジャータイトルなのですが・・・。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

タメ=Lag の重要性 2

 ざっと全体的に追加しました。

今後しばらく同じ記事に徐々に加筆していきます。



アドレス。球は左脇の下(赤線)、橙線は体の中心で頭は中心より右。

ハンドファースト1


 これは理想的なトップ。ヘッドはグリップより高い。

理想のトップ 3


写真を単純に図式化して説明するとこうなる。

トップへの動き2

図の説明の通りだが、重要なことはアドレスからトップで

右腰は真後ろに動くだけ。左右には全く動かないし、出来るだけ回転させない。

右ひざは不動で、仙骨=尾てい骨も動かさない意識。

しかし、肩の縦回転により左肩が下がって顎の下に入り、右肩が上がり、

右体幹が伸び、左体幹が縮む。肩の回転と右体幹の進展につられて

右腰が切れ上がりながら真後ろに引け、同時に左腰、左ひざが右サイドに

寄って来る。


切り返しの瞬間。体全体がほぼ真下に沈み込む。

若干左が多いが両足に加重している。

沈み込み 右肘落とす

 
高い右肩が落ち、伸びた右体幹が縮んできた。
ヘッドは僅かしか動いていない。
この右手首のコックをインパクト直前まで維持し続ける意識が必要。
右肘落下

肩を開かず、右コック維持でシャフトが立っているので
ヘッドは確実に右肩口の体近くから縦に落ちる。
ここしかプレーンに乗せるチャンスはない。

ヘッドに慣性モーメントが全く働かないでストンとプレーン上を落ちる。
ここで我慢できずに力んでヘッドを走らそうとすると腕が伸びて
ヘッドが体から離れ逆に減速する。

コックを維持してグリップを右腰まで落とし切る。
右肘が落ちた

HWD。この右手首維持が重要。右肩が下がり切り、右体幹が縮んだ
右肩を落とさない、開かないように必死に我慢している。
左肩はなで肩で肩甲骨が前に出たまま。
HWD 右手首

上のコックをどこまで維持し続けられるかが勝負。
右手首維持


ハンドファースト2

 ここが最も重要なところ。
意識はグリップが球を超えても右手首のコックが赤線の様に
残っているイメージ。ここで瞬時にクラブが回転する事で
最大の角加速度と本物のダウンブローが得られる。
右手首のコックを我慢すればするほど角加速度が増し、高速回転する
事が解る。どんなにタメても体が開いていなければ振り遅れはにはならない。
多くのアマは体が開いた状態で手首だけでタメるから振り遅れる。

そして、この意識がないとトップから正しいプレーンに乗らないし、
ダフリ、アウトサイドインは治らない。

右手首のコックは維持されたまま使われていない。
右腕を使わないので右肩が前に出ず、体も浮かない。
インパクト前 クラブを回転

インパクトゾーンではグリップを止めるのではなく、ヘッドをフリップ
しない(跳ね上げねい)ように逆に走らせなければならない(橙矢)
なで肩維持で、右肩甲骨はまだ前に出たまま開いていない。
右手首コックはまだ残って維持されている。
、インパクト 右手首 左肩外転 下方回旋 下制 2

球が離れてもまだ右手首コックは残っている。
結局、ヘッドスピードを上げる為、球を叩くためのコック維持ではなく
ハンドファーストでロフトを立てたまま球を押し込む為に右手首は維持
されたことがわかる。ここでスナップを使ってヘッドを走らせれば
ヘッドスピードは上がっても、フリップして逆に飛距離も、精度も落ちる。
最後まで右腕は使われなかった。

インパクト直後

まだ右手首は伸びきっていない。右肩がヘッドスピードに負けずに出ている。
しかしヘッドはまだ体の真正面
に維持されている。両肩は丸く、なで肩で力みは全くない。
肩甲骨が伸びきったままヘッドと背筋が引き合っている
まだ右手首伸び切っていない 体の正面

ここでやっと右手首が伸び切った。ヘッドがやっと体中央より少し左へ。
これなら引っかけドフックが出る訳がない。

左腰が真後ろに下がり、ヘッドと背筋の引き合いは依然均衡状態。
左に壁などない。右足から左背筋のアーチ(青線)と引き合っているのが解る。
フィニッシュまで振り切る意識がなければ、この体勢は絶対に出来ない。
やっと手首が伸び切った 背筋と引き合う


右肩が顎の下を通り強烈に飛球方向に出てきているので
ヘッドが跳ね上がらない。
まだヘッドは体の正面の範囲

左肩口から左右対称にやっとヘッドが跳ね上がってきた。
左肩口でやっとヘッドが跳ね上がった

しかし、左かかとが全く浮かないですね。
これは右腕を全く使わないから体が浮かないからですよ。
ヘッドを下に、下に使っていますね。
意識すべきフィニッシュ

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

タメ=Lag の重要性 1

 引き続きRory McIlroy ロリー・マキロイでみてみましょう。

テーマはタメ=Lag(英語でLagと言い、遅れ・差と言う意味)です。

どうやってもタメの重要性は避けて通れませんね。

アドレス、球は左脇の下(赤線)、橙線は体の中心で頭は中心より右。

ハンドファースト1

このトップは遠心力で行き過ぎて、若干背ずじが反り少しヘッドが垂れた。

腰が反った オーバースイング

アマのオーバースイングはもっと背すじが反って、上体が左に傾き

頭が左に戻り、左脚加重のリバースピボットとシャフトクロスになる。

原因の殆どは腰の回り過ぎ右ひざ角度が伸びて後ろに引ける事

肩は頑張って90度回しても、腰はなるべく回さない。最も重要なのは

右ひざを不動にする事。右ひざが不動なら腰はそれほど回れる筈がない。


下は理想的なトップ。全身に力みがなく背すじが全体的に右に傾く

傾く理由は左サイド全体が右に寄って行き顎の下に入っていくから。

従って頭は不動でも体重は十分に移動して右股関節過重になる。

理想のトップ 3

まず、頭、肩、腰、膝、足を見ると、頭はずっと不動で、

肩(赤線)が90度以上最も回っており、次に腰が約45度(黄線)、

右ひざが固定(ピンク)で左ひざが22度(青線)右ひざに寄って行き

土台の両足は不動である。


沈み込み 右肘落とす

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フィニッシュで左右の内ももを必ずくっつける

ドライバーでもハンドファースト

 現在世界ランク3位のRory McIlroy ロリー・マキロイですが、

アドレスではグリップはほぼ球の真上で球一個分位ハンドファースト。

球の位置は左脇の真下です。オレンジ線は体の中心。

ハンドファースト1
ハンドファースト2
 
 インパクト直前でグリップは更に10cmほどハンドファーストにずれています。

10cmだとレベルと言うより殆どダウンブローに近いですね。

まあグリップは上がっていきますが。

黄色線は左足内側。腰も10cm程飛球方向にずれているので

グリップのズレ=腰のズレ=バンプによると言えます。

実際、グリップの位置は左股関節前からずれていない

頭の位置はアドレスからずっと不動で下半身だけスライドしたと言えます。

ハンドファーストにするには左腰のバンプか

10cmのバンプはプロでも大きい方です。

従って意図的なバンプなのか、耐えても遠心力でスウェイ限界なのか

意見が分かれますが、ただ左腰の意識的なバンプはあり得ないでしょう。

左腰は真後ろに引く意識だけで横にはスライドさせませんから。

また、左を引かないと右が出て行かないですから。

ましてやアマが意図的にバンプなどしたら全身突っ込んで、

頭を残す事など到底不可能です。

仮に残せたとしても上体が大きく右に傾いてリバースして

明治の大砲でかちあげショットになるだけでしょうね。


左右の内ももをくっつける意識

非常に効果的な下半身の動きの秘訣は「左右の内ももをくっつける」

意識です。この意識だけで右ひざが前に出なくなり、

右脚が直線的に左脚に寄って行きます。

自然に下半身から右脚、右サイドが左へ出ていくので確実に左に

乗っていけます。下半身にかなり締りが出るのが解る筈です。

この動きが出来ればハンドファーストになります。

下半身から右サイドが前に出てくるからグリップも左へ押されます。


逆にこれをしなければ、左に乗り切れないでしょう。

解りやすい目安としては飛球後方から見てフィニッシュで左右のももに

隙間が出来るのは良くないですね。見なくても感覚で解りますが、

プロで開いている人は一人もいませんが、アマは殆ど開いていますね。

両内ももがしっかりくっつかないとフィニッシュが安定しません。


ハンドファーストはタメの結果

 さらにハンドファーストは当たり負けに対抗してロフトを立てる目的を

重視しがちですが、タメ、コックが溜まっている状態の結果なのです。

タメで最も注目すべきなのは左手首よりもむしろ右手首の角度です。

右手首がほどけていない=スナップを使っていない。

インパクトゾーンでのスナップを「フリッピング」と言いますが

「キャスティング」と並んで最も忌み嫌われる手首のスナップです。

インパクトゾーンからフォローにかけてのリリース=右手首は次回。

つづく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

力んだ右腕が体全体を浮かせる

 珍しく女性からのコメントがうれしいのでご紹介します。

> ゴルキチさんこんばんは♪
> いつも「フムフム」拝読させていただいています。

はじめまして、コメントありがとうございます!!

女性でこのオタクブログを読むとは・・・どんな方なんだろう

純粋に凄く気になりますね、常連のおやじ達も絶対そう思いますよ(笑

> ゴルフ歴は1年未満、ラウンド経験2回(ベスト117)の女性ゴルファーです。
> 今日は感動的な気付きがあったのでゴルキチさんにお伝えしたく、
> 初コメしました!
> これまでトップでオーバースイング&シャフトクロス
> →ダウンでシャフトが寝て降りてくる
> →ダフリ&トップの繰り返し、
> という症状が出てしまうことが多くあり、解決方法を模索するも、
> 開眼か!?と思っては、打ちのめされて、、、の繰り返しでした^^;

えー、1年未満で凄い知識と自己分析力ですねスゴ。

マジで10年選手の表現ですよ

女性で2ラウンドで117なら相当上達早いですね。

ソフトボールとかスポーツやられていたでしょ

> ですが!!
> ゴルキチさんの仰る「縦コック」と「腕は縦に上がる」を鏡の前で研究し、
> 素振り&球打ちを繰り返すうちに、イメージと体の動きが一致しました!!
> 今までは"テイクバック"という言葉に騙されて?か、
> 後ろに引くイメージが強く、「横コック」をしながら腕を引いていたことを発見!
> そうではなかったんですね。
> コックは縦、腕の動きは縦に上げる、だということがようやく理解できました。
[太字]> これによって、腕は胴体の幅からズレることもなくなり、
> オーバースイング&クロスシャフトも治りそうな予感(^^)v[/太字]
> (今のところ、まだハーフショットで繰り返し練習してます)

全くその通りです1年でそこに気が付かれるとは天才ですね。

腕はV字に動くので少し斜めですがほぼ縦に上下するだけなんです。

だから狙った打点に打てるのです。


つるはしと同じです。

女性ならつるはしなど振ったことないと思いますが(笑

重過ぎて上下にしか振れないし、腕力も手首も使う気にもなれない。

クラブもヘッドが重過ぎるとイメージすれば良いのです。

腕も体も両方横に振ったら同じ打点に落とすことは不可能です。

まず大事なのは、シャドーで腕の縦の動きと、体の回転運動を

別々に繰り返し、完全に切り離す感覚を覚える事です。


 スイング始動時に既に全て決まります。

最初に手先でヘッドを横にあげたらおしまいです。

極端にやるとヘッドをアドレス位置に置いたまま、

前傾維持して胸を先に飛球後方に向けます。

するとヘッドが先に体から右へ外れることは出来ません。

必然的にヘッドは体に対して縦に上がるしかないのです。

ヘッドが体の回転に対して大きく先行しなければクロスにはなりません。

また、女性の場合は体が柔らか過ぎるのでトップで腰が回り過ぎ、

さらに腰が反ってしまうケースが多いです。

女子プロもかなり多くがオーバースイングですが、

練習量と筋力がなければ、戻すのが確実に難しくなります。

まず肩は90度回しても、腰は45度以上絶対に回さない、

殆どの女性と、オーバースイングの男性も60度位回っています。


腰の回り過ぎに良いことは全くありません。

肩は90度、腰はその半分の45度、ひざは22.5度回るイメージです。

肩が最大で足が止まっているので、1/2、1/2位の計算です。

但し、右ひざはアドレスから完全に固定(意識)ですから、

左ひざが僅かに前に出て右を向く訳です。

その為には

1、右腰を後方に引きすぎない事、

2、左ひざをあまり前に出さない、

3、右ひざの位置と角度を完全に固定させ(強い意識)、

4、仙骨、尾てい骨を固定させる。

スイング中、左右の腰はそれぞれが前後するだけで回転させません。

勝手に回転してしまうだけです。

前後するだけだから、当然左右にスウェイもしないで、

背後に動きながら切り上がる様に上に動きます。

ダウンで左にバンプする様に動くのは遠心力で仕方がないから。

意識は真後ろに切り上がるだけです。

5、トップで腰は反らさない

6、腕を上に上げない


そうすればオーバースイング、クロスが止まります。

シャドーで鏡で見ながらシャフトが正しい位置に止まるまで

下半身を締めれば良いのです。

実際のスイングではクラブの重さで遥かに遠心力が働きますので、

シャフト水平どころか立てる位で十分です。

また、グリップは肩の高さ位で十分です。

見た目は左肩が下がって右肩が上がって、更に先のグリップが

高く見えるのです。また、位置エネルギーを考えると

オーバースイングでヘッドが下がるのは損ですよね。

ヘッドは高い位置から下ろすのが位置エネルギーを使えるのであって、

オーバースイングでクロスしたらヘッドをそのまま落とす

ことは出来ません。理想より低い位置で変な所にある訳ですから

一度持ち上げて、さらに正しい位置に捻り戻す必要があるのです。

その間にシャフトが間違った方向に捻れ、しなります。

その反動でシャフトがスイング中あちこちに暴れ続けます。

そして、その間に体が先行して回ってしまうので

ヘッドが体より遅れてしまうのです。

オーバースイングの人はヘッドを修正する間、体の回転を止めて

待てないといけないのです。それは非常に難しいですね。

また、オーバースイングでは確かにヘッドの助走距離は稼げます。

多くの女子プロはそれで飛距離を補おうとしています。

しかし、逆に捻転は出来ず、反復性は著しく落ちます。



> まだ、ダウンでの脱力の感じが難しいです。
> コックをキープしたまま降ろそうとすると、
どうしても腕に力が入ってしまいますね~^^;
> さらに精進します。


 脱力で重力落下の方が十分効率良く地面を強く叩ける事が

体感できれば良いわけですね。

腕は縦に振るので力めば地面に叩きつけてしまいます。

縦振りだからこそ自然落下で十分なのです、というか

自然落下の方が実は逆に強いのです。実験してみれば解ります。

例えばアドレスから体を一切回転させずずに、

クラブを右肩の上に上げます。

そして、脱力して最初は腕の重力だけを利用して

まず両肘から先に落とします。次にグリップを落とし、

最後にヘッドをヘッドの重力で落とします。

これはつるはしと全く同じで、手首のスナップで振りません。

スナップを使って手首を伸ばせば手首を傷めます。

腕力よりも背筋を使って上体で下に向けて圧力をかけると

強く振れる事が解ると思います。腕は非常に重く、

重力と僅かな背筋でヘッドを地中に叩き込んで食い込むほど

強く振れます。これ以上強く振る必要は全くないですよね。



腕で横に振るから腕が力むんです。縦に振ればダフるから

力めない。腕を腕で横に振って手首が力むからコックが解ける。

コックが解ければ手首が早期に伸びるわけですから必ずダフる。

ダフるからグリップを上げ体を起さざるを得なくなる。

悪循環なのです。

特に右腕が力むと右腕が体を押し上げていくので

体全体が必ず浮きます。素振りで解る筈です。

また、アッパースイングだと更に体は浮きます。

だからドライバーは非常に浮き易くなる。

力んだ右肩が体全体を押し上げるので、低い左肩と入れ替える

様に、右肩は顎の下を通って低く長く飛球方向まで

完全に出て行き、胸が背中側にひっくり返ります。

だからドライバーでもダウンブローの意識が重要

球が左にあるので勝手にアッパーになるから大丈夫。


右腕は右肘を落とし、インパクト以降下方向に伸ばして行く

だけで、上には上げない。

もちろん体が回るので腕は結果的に横に強く振られます。

だから飛ぶのですがそれは腕で横に振っているのではありません。

> 長文で失礼しました!
> これからも、ゴルキチさんのブログを頼りにしてます!!
> よろしくお願いします☆[色:FF3399]色付きの文字[/色]

こちらこそ宜しくお願い致します!!

頑張りましょうね!!

またコメントお待ちいしています
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パッティングの基本中の基本 コックはゼロで肘からヘッドまで一直線

 パッティングは自由と言っても、やはり基本はあります。

子供達を見ていてもフォームの良否が上達速度をかなり左右します。

できるだけ再現性を高める為にはまずフォームとスイングを

自然かつシンプルにする事が先決です。


写真はタイガーとマキロイです。タイガーは正にアドレス状態で

マキロイは打った後なので少しそれぞれの角度がずれています。

Rory Tiger Patting4

基本その1

まずは、コックはゼロ。意識してますか

殆どのアマはここに頓着ないですね。

この赤線が一直線でないと傍から見ていて入る気がしません。

シャフトと左前腕が一直線を強く意識します。

しかし、写真の赤線では外見上少し曲がって見えますが、

意識としては肘からヘッドまで一直線です。

手首で重いヘッドを前後していると一定に落ち着く角度が解ります。


基本その2

両てのひらをパチンと合わせてからずらしながらグリップする。

合っていないと両手のひら、甲でアライメントをとりにくい。


基本その3

膝は軽く伸ばしてお尻を高くする。(青線)

両方の腰、お尻は完全に100%固定

ここが動いたら一生3パットは消えませんね。

さらに丹田に力を入れて丹田から下は全て完全に固定。


基本その4

ボールは左目の真下か僅かに外、中はダメ。(オレンジ線)

真下だとラインと目線が一致するから。

またパッティングは必ずアッパーに打つ。その為に左に置く。



基本その5

以上の条件下で、腕脱力でグリップを肩から真っ直ぐ垂らし(黄緑線)

肘の曲げ角度を調整する事で地面とソールのライ角を合わせる(黄色線)

そして目線が球の真上にになる様に前傾して自然に背中を丸めます。

すると上腕から肘は胸に触れグリップは非常に体に近くなります。
(ピンク○)


基本その6

約80度傾斜する黄色線のプレーンがイメージできます。

目線のオレンジ線は地面に垂直で90度。

赤線のパターのライ角は70~72度位。私は75度に立ててます。

すると写真のように約70、80、90度の3本のラインができます。


基本その7

手先、腕、肩甲骨でヘッドを振ると大事な時程痺れるので、

丹田周りの、左右の体幹筋の上下動だけに専念する。

すると肩の上下動に伴ってヘッドは勝手に左右に直線運動します。

意識はあくまで左右体幹の上下運動だけで肩は結果的に上下動する。


ヘッドを凝視して、ヘッドの動きに全意識を集中して

必死に左右真横に真っ直ぐ往復して振ろうとしていたら

永久に上達しませんよ。

体幹の上下動だけで勝手に真っ直ぐ動くので、

アプローチ同様テークバックではヘッドの挙動など無視して

ターゲットに集中すること。

アプローチでチップインを狙ってもヘッドの挙動をいちいち

目で追わないですよね。意識はターゲットにありますよね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右腕を低く長く「押し込む」真意 アームローテーションの正体

 右腕を低く長く「押し込む」とは単に球を押したい訳ではありません。

インパクトゾーンで自然に起こるべき、一瞬で球を包み込む現象

右前腕の「回内」を意図しているのです。

当たり負けによるフェースの開きと、ロフトが寝るのを防ぐ為に、

ロフトを起こして、球を捕まえながらむしろ加速していくイメージ

で振り切るのが目的です。

この動きをイメージできればあなたのスイングは大きく変わる筈です。

アドレスでのゴルフグリップはこの図のほぼ「中間」にあたります。

(肘の角度は無視です)

kai01.jpg
(たれいらんさんの「へりくつバレーボール」から写真、一部文章を引用させて頂きました)

 「空手の突き」をイメージして頂くと最も具体的ですが

骨格の構造上左下図の様に腕、肘は縮むと自然に掌が上を向きます。

これを前腕の「回外」
と言います。

逆に右図のように腕、肘が伸び切ると掌は自然に下を向き「回内」します。

ゴルフクラブを持っていればシャフトを軸に自然に反時計回りに

瞬時に球を包み込むように回転させる事ができる訳です。

これが右腕は「空手の正拳突き」に近いと言われる所以です。

4-002.gif
右肘が曲がると回外       右腕が伸びると回内


「バレーボールのスパイクやサーブを打つ時は前腕を必ず回内
してボールを打ちます。右腕を伸ばすと丁度スパイクやサーブ
のヒットポイントに来ます。ボールにフィットするように
手のひらの面の向きを変える動きです。
体の前のボールを打つという動作には前腕の回内が、
手のひらの面をボールに合わせるためにどうしても必要です。

(たれいらんさんの「へりくつバレーボール」から一部文章引用)

これはゴルフでのインパクトゾーンで球を打つ動きと

全く同じ事ですね。
4-005.jpg
(たれいらんさんの「へりくつバレーボール」から写真引用)

回内はスポーツの現場ではもう一つの意義があります。

「ヒトが上肢で大きな力を発揮する時には前腕を回内した状態で使う」

という原則です。
渡会公治氏の「Sportsmedicine Quarterly」の記事の中で
回内での運動の実例として以下のスポーツが紹介されています。
「空手の正拳突き、肘打ち」「ボクシングのストレートパンチ」
「野球、ソフトボールの投球」「バッティング」
「バレーボールのサーブやスパイク」「テニス、バドミントン」
「柔道の投げ技」「剣道」「弓道」「相撲の押し、突っ張り」
「「水泳のストローク」「砲丸投げ」「槍投げ」
以上のスポーツでの腕の動きは、全て大きな力を発揮する時の
腕の動きで、前腕を回内して行っているのです。

脚と同様、腕の捻りのパワーですね。


 生態学的に詳しい説明は以下の通りです。

「この骨格図は前腕を回内すると大きな力が発揮出来るということを
説明した図です。前腕部にはとう骨と尺骨の2本の骨があります。
回内すると2本の骨がX状に交差します。
回外では骨の中心軸を通る線を結んでも折れ曲がった線になります。
回内では一直線になり肩関節でスイングされた腕は一直線に
ボールぶつかり、エネルギーロスが少なくなります。」


回内2

「さらにこの線上に上腕と前腕の骨の大きい、強度に優れた部分
(上腕骨顆部ととう骨末端部)が並ぶので、スイング時の
力を伝える効率が高くなると考えられます。スパイクで
腕を前方に振りだす直前は前腕は回内と回外の中間にあります。
手は小指側からボールに近づいていきますので、
この様なボールへのアプローチを
「手刀を切る様にボールに手を当てる」という表現もある様です。
このバックスイングの局面からボールヒットの間に前腕の
回内運動が起きて打つ瞬間にはボールに掌の面が合います
(たれいらんさんの「へりくつバレーボール」から一部文章引用)


 いかがでしょうか

バレーボールは素手で160km/hのスピードのスパイクを打ちます。

背筋で体を反って腕を後ろに振ってその反動で打ちます。

インパクトは右腕を「中間」から「内回」させます。


もちろんゴルフで右腕で引っ叩くイメージはまずいですが、

右腕を伸ばして「内回」の動きは同じですね。

 

 また、面白い話ですが肘痛ではよくテニスエルボーが

挙げられますが、スウィングにおいて、

肘をたたんだまま打つと、回内・回外運動が制限されてしまうので、

むしろ力がうまく使えずに肘を痛める原因になるそうです。

テニスエルボーの原因で一般に言われている「打点の遅れ」

とは肘が伸ばせないまま打つから肘を痛め易いと言えるそうです。



要するに、右肘が曲がっていては回内運動が制限されるので、

腕力で無理にやっても全く無駄だと言うことですね。

左肘も同様で曲がっていては左腕の回外運動も制限される。

インパクトゾーンで両肘が曲がって余っているのでは

全く話にならないと言うことです。

自然の内回を感じ、それを自在にタイミングよく誘導

できなくてはならない。



腕や手先でこねたり、ロールしてフェースターンしても

インパクトゾーンで瞬時にローテーションなんて不可能です。

右腕を低く長く押し込んでいきたいですね。

右肘、右腕が伸びなければ「回内」は起こらないので

その為には右肩はどうあるべきか

左へ突っ込まない、左壁の強化の意識だけで足りるのか

カウンターバランスのイメージがはなぜ必要なのか


明日から、もう手でこねる気はしないでしょう
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ホーガン・プレーンとコンバインド・プレーンとの違い

 誤解があるといけませんので確認の意味で。

スイング時に、よりシンプルに「入り口」「出口」を一致しやすくする為に

両肩口以下の部分の左右対称のヘッド軌道のプレーンをイメージするなら

ホーガンプレーンがよりシンプルで良いと思います。

しかし、本来のスイング全体、グリップ軌道、シャフトラインを考慮するには

当然以前から言っているコンバインドプレーンです。

違いはホーガンプレーンは単純にヘッド軌道をプレーン化し、

コンバインドプレーンはグリップ軌道を主体にしている

と考えていいです。

要するに第3者から見た結果的外見よりも、

よりスインガー主体の主観的イメージを具体化したと言えます。


コンバインドプレーン小

特にコンバインドプレーンはダウンスイングで最も効果的な

イメージですが、テークバックではインサイドに引き易くなる

のでお勧めできません。


 下半分はHWD=ハーフウェイダウン以降のシャフトプレーンで、

上半分はトップからHWD=ハーフウェイダウンまでグリップエンドを

真下に縦に落とすイメージを表現
しています。

(オーバースイングならトップから真下じゃないか・・・)

右ももにグリップエンドを上から刺す、

右ポケットにグリップを差し込む、

もしくは右足よりもっと右に落とす、位のイメージです。


HWBから上のプレーンが垂直に近いこのイメージなら

テークバック、フォローともにインサイドには大きく入りません。

もちろん実際には垂直ではないですよ、あくまでシンプル化した

イメージです。


スイングは右から左へ直線に振るイメージと

肩の縦回転のイメージに非常に有効なプレーンですね。


もちろん結果として腕は体と一体化して回るべきです。

しかし、嫌でも勝手に回ってしまう体の回転は

むしろ排除して考えた方が、

現実的に持つべき意識をよりハッキリさせてくれますよね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左右対称のプレーンをイメージ

beさん、毎度です

フォローの方向ですね。

簡単ですよ。単純に左右対称です。

「>もう一つ教えてください。
テイクバックからトップ、インパクトだけで、課題が山積みなんで
フォローはそんなにケアしていないのですが、
フォローの方向が悪いって言われるんです。

インパクトで飛球線に背中を向ければそのまま放り投げる感じで、
そして体に巻き付くイメージ。
ただ、右肩が起き上がってきて正面を向く事で、「左に振る」
とも聞いたことがありますが。
この辺、軸・グリップ・ヘッド等々の動きで、肩の縦回転以上に
説明が難しいですかね。

頭でっかちより、理想のスウィングをイメージして、すっと、
そのまま打てるようになりたいです。
でも、細かなイメージを教えていただける事、凄く有効です。」


 基本的には左右対照のプレーンが絶対的に正解です。

「入り口」と「出口」が一致する事が方向性、飛距離upの

最大の条件になります。


これは飛球後方から見てプレーンが重なれば良い訳です。

問題は、プレーンは手でいくらでも操作できてしまいます。

特に多くのアマはダウンスイングを手で操作します。

しかし、手で操作すると必ずフォローのプレーンが狂い

入り口と出口が一致しません。

プレーンはあくまで結果であり、小手先では作れない

という事なのです。


 特に問題なのはいつも言う様に

インサイドに低く引いてしまう事。これは最悪です。

ゴルフに慣れた中級者に多いですね。

スライス克服のための過度のインサイドアウトスイングです。

ダウンでもヘッド軌道はインから低くアンダーで

インサイドアウト軌道になります。

するとフォローは下から上へアウトにあおる形になります。

これではテークバックで既にミスショットが確定しています。

ですから「入り口」と「出口」を一致させようとするなら、

そもそものテークバックをフォローと一致し易い様な

上げ方に気をつけるべきなんです。


 
 インサイドアウトにアンダーからアッパーに振るのが最悪。

まだアップライトからダウンブローの方がましでしょう、

というか、そもそも私の経験上でもアンダーの方にとっては

びっくりする位アウトサイドに引き、アップライトに上げる

位でも丁度良いと思います。

それ位インサイドに上げて下からあおっている方が多いのです。

要するに、テークバックとダウンのプレーンを今よりずっと上に

引き上げるイメージです。


 例えば丁度こんな感じのイメージです。

トップの「入り口」が右肩口位で、フォローの「出口」が左肩口位

で一致するプレーンを最もシンプルにイメージすると、

「入り口」から「出口」の間のヘッド軌道は、大体

この肩に乗った板位に沿って動くとイメージできます。

あくまでシンプルに左右対称が主目的ですよ。


当然、クラブ、各人によってプレーンの角度は異なるので

その都度適正プレーンの傾斜と入り口の位置は変わります。

そして、あくまでグリップではなくヘッド軌道だけです。

グリップも右肘も全く違う動きをしますから。

ベンホーガン

この左右対称の具体的なイメージがないゴルファーが

正確に左右対照のスイングをするのは奇跡でしょう。


テークバックやダウン初期に既に修正不能の位置に

大きく外れますから。

(この図は殆どの皆さんがご存知の通りベン・ホーガンの
「モダンゴルフ」のガラスの仮想スウィングプレーンですが、
今は単にこの図だけ丁度良いので利用させて頂いているだけです。
彼の理論はネットで山のように出ています。
うんざりする和訳ですが・・・。)

 ただ、プレーンはあくまで結果です。 

結果としてこのプレーンに自然に載るための意識として

重要なのは、基本的にスイングは右から左への直線運動だ

というシンプルなイメージです。


ヘッドを飛球線上に引いて押し上げて、飛球線上に下ろして、

フォローも飛球線上に打ち出すだけでいいのです。

プレーンをなぞろうとすれば必ず小手先で操作します。

それがまずいのです。

スウェイさえしなければヘッド軌道は勝手に

インサイドイン軌道にならざるを得ないのですから。



 ちょっと難解なのですが、

>右肩が起き上がってきて正面を向く事で、「左に振る」
とも聞いたことがありますが。


これは胸が飛球方向を向いて初めて左へ振るという事

でしょうか

なるべく左には振らないで待てということでしょうか

もしそうなら、ヘッドアップし易い、起き易い、引っ掛け易い方

はそのイメージで良いと思います。

例えば、壁(少し離れて)を背中にしてスイングして、

後ろの壁に当たらないようにスイングするレッスンがありますが、

そんな感じでしょうか。

私は肩の縦回転でそれに似たイメージを持っています。

パターの延長のようになるべく飛球線上を真っ直ぐ振って、

飛球方向に真っ直ぐのベクトルで力を加えたいですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

体は回転させない、直線運動の結果に勝手に回るべき

ゆたきち さんはじめまして!!

コメントありがとうございます。

ゴルフの質問に初歩も恥ずかしいも絶対にないですよ

ゴルファーは皆ほんの僅かなスコアアップに必死ですからね(笑

私も藁をもすがる思いで日々ゴルフ上達を考えていますよ(笑

今回の「回転軸の角度」は多くの方に良い参考になると思います。

「>はじめまして。
毎日拝見しており、大変参考にさせていただいております。
ありがとうございます。 初歩的な質問ですみませんがm(__)m

アドレスのとき、当然右手が下に来るので右肩が数センチさがり、
回転軸である背骨は少し右に傾きますよね。
その状態のままテークバックすると、ややインサイドにあがり、
気持ち悪いんです。これは間違ってますよね?

飛球線後方に直線的にテークバックすると、どうしても右腰が
伸びてリバース気味になってしまい...
勇気を出して恥ずかしながら質問を投稿した次第です。
何卒ご教授願えますでしょうかm(__)m」


 それは確かにむちゃくちゃ気持ち悪いです。

それが気持ち悪いと気が付かれているだけでもセンスがあります。

あとはほんの僅かなイメージチェンジだけで大きく変わりますよ。

それが肩の縦回転なんです。


殆どのアマはそれを気持ち悪いとも、おかしいとも思っていません。
 
確かに理論上、腕の長さだけを考慮したら右腕が短くなり、

右肩を下げざるを得ない、となりますよね。

殆どのレッスン書でも軽率にそう書いてあります。

でも現実は全く違います。

左肩を下げる事は誰でも全然簡単にできます。

なぜなら腕の長さの差よりも、肩甲骨の下方回旋と下制による

スライドの方が遥かに大きいからです。


肩甲骨の構造と動き

誰でも5cmは余裕で下げられます。

それによって意図する球筋に合わせて肩のラインを調整します。

アッパー狙いなら右肩を下げて背骨を僅かに右に傾け、

低い球なら左肩を下げます(イメージですが)。


ドライバーでもアイアンより球の位置が左にあるので

右腕の長さが足りなくなり、右肩が下がり、背骨は傾くと言います。

しかし、これも肩甲骨のスライドで調整できる範囲です。

ティーアップ、球の位置だけでも既にアッパーの要素が十分に

出来ているので、更に上体を傾け視線を上げてまでアッパーに

打つ必要性は今のクラブでは全くないです。


とは言っても、実際問題無意識なら右肩は多少下がりぎみです。

腰の位置にもよりますが、背骨が右に傾いているとします。

ここで問題なのが肩の水平回転と縦回転ですね。

傾いた背骨を回転軸と意識した水平回転(に近い)だと

傾いた軸が右を向けば、その最先端にある頭は大きく

飛球後方にスライドします。つられてテークバックもインに引けます。

そして、スウェイした頭と上体が右脚の真上に乗るので十分体重移動

した気分になります。体も楽です。

しかし捻転は殆ど出来ません。これが大きな落とし穴ですね。


この失敗は背骨全体を1軸の回転軸と意識した結果に起きます。

背骨全体を軸とすると本能的に正しい自然な動きをも妨げて

しまいます。全く不自然なのです。

軸は左右の股関節上(非常に狭く20cm程度だが)で移動するので、

仮にアドレスで軸が傾いていてもトップではほぼ垂直

(正面から見て)になります。

この時意識すべき軸は前傾を維持する為に重要な頭の回転軸だけで、

顔の縦の中心軸ががずれない様に=あごがずーと真下向き

を意識する位です。

むしろ、体を貫通する1本の硬い直線をイメージする背骨は

自然な動きを大きく制限するだけであり、そんな体の回転軸など無視して

止めるべき点だけを意識した方が遥かに自然で良いと思います。

 
 体の回転軸は移動するもので、固定などできる訳がなく、

直線でも筒状でもなく、硬くもなく、柔軟に変化するのであり、

そうなるとそもそも存在するとは言えないし、

無理に定義する方が不自然ではないでしょうか

誤解を招く結果になるだけだと思います。

それに第一、体が回るのは結果であって、意識的に回したら

捻転など出来る訳がない。

回したくないのに無理に回されるから捻転が出来る

もんじゃないですか

ゴムで考えると伸ばし難くい太くて強いゴム程伸ばし難いが

少しでも伸ばせば大きなパワーが溜まる。

伸ばし易い弱いゴムはいくらでも伸びるがどこまで伸ばしても

所詮パワーは弱い。

そもそも回そうとするから捻転が溜まるどころか、ずるずると

どこまでも回ってリバースまで行ってしまうのです。


 止めるべき点は、あご先(と脳天)、右ひざ、仙骨(尾てい骨)の3点です。

これでスイングし難いなら、そもそものアドレスが悪いのです。

それぞれの位置をアドレス時点で修正すれば良いだけの事です。

それを怠るからスイング開始後にあちこち動くのです。

始動後に動けと言う、いい加減なレッスンも多すぎますよね。



 リバースになるのは、体を回そう、クラブを上に挙げ様とする

から行き過ぎるのです。


そういう意識を捨てれば直ぐに治ります。

スイングは右から左に振るのですから、テークバックは上に挙げる

のではなく、飛球後方に真っ直ぐ引くものなのです。

スイングは直線運動という意味はここにあります。

再現性を高める為と捻転を作る為に、上記の3点を止めると

飛球線に平行に、飛球後方遠くに向けてテークバックする

意識なのに、3点を止めているので勝手にインサイドに入り、

勝手に回転運動になってクラブがトップに上がってしまうのです。


むしろ、上げる意識とは全く逆に左グリップを押し下げ、

左肩を押し下げていく意識で勝手にヘッド、右肩、右腕が

上がって行く訳です。


これが肩の縦回転。


トップでの肩のラインと左腕のラインがほぼ一致します。

腕が僅かに高い程度です。

と言う事は一体どういうことか

要するに腕もグリップは右肩以上には殆ど上がっていない

と言う事なんです。それ以上挙げる必要性がないのです。

左が下がって右サイドが上がるからグリップが本来以上に

高く上がっている様に見えるのです。

グリップエンドが下がるからテコでヘッドが上がる、

その後、左肩が下がるからテコで右肩が上がる、

右肩とヘッドが上がるから、右腕とグリップが上げられる。

それ位のイメージで良いのです。

要するに反対側を下げる意識でテコで上げているだけです。

だからダウンスイングに反転した時あっさり自然落下できる。

そもそも挙げていないからです。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左手支点でシャフトは瞬時に180度回転する

 シャフトを立てたまま下ろす。寝かせない。

寝るとはどの方向であれ単にシャフトが横になることですが

横になるとヘッドの慣性が余計な方向に働き抵抗が発生します。

結構大きな抵抗になります。するとスイングが不安定になります。

ヘッドに慣性が働かないように上に残して大人しくさせときます。

スイングの邪魔をして欲しくないわけです。

シャフトが立っているからストンと素直にグリップが落ちます。

ヘッドも下りたらグリップが浮きます。

ヘッドが落ちないでグリップが最下点まで落ち切るから、

今度はインパクトに向けてグリップを上げて行けます。


 例えば砂に引いた直線を一定に打つには下げ切ったグリップを

上げていくことで、テコを利用してヘッドを意識的に下げます。

しつこく言いますが左脚蹴りと左背筋をタイミング良く使います。

その時左手首を支点としてシャフトが角速度を増して縦回転します。

立っているシャフトが一瞬で180度回転します。

一瞬です。


殆どの方はこの回転を手首のスナップ、腕で行います。

これでは加速しない。


あくまで腕、手首は脱力でテコを使います。

だから遥かに高速に回転する。

高速だから絶対に振り遅れない。

グリップを上げるといってもテコを利用した、単なるきっかけ作り

程度で、ヘッドは瞬時に落ちます。

グリップを上げるのはほんの僅かです。

もちろん上げ過ぎは禁物。



 細かく考えるより、やった上が早いです。

考えずにシャフトを立てたままストンと落とす。

そうすれば嫌でもグリップエンドが右足に向けて落ちます。

グリップが落ちたら今度は反対にグリップを上げると

シャフトは勝手に左手首支点で縦に加速して回転します。

この時もちろんライ角は維持していますよ。

そして右手が左手を追い越せばローテーションします。

追い越し過ぎれば引っ掛けですから、左グリップが止まるか、

減速し過ぎると引っ掛けますよね。

要するにグリップは飛球方向に走りながら、クラブは左手首支点で

回転し、同時に右手が左手を押し越して行く訳です。


ヘッドは低く長く出したいので当然左グリップも走り続けます。

それに負けないように右グリップが出て行かないと

ローテーションしないですよね。

だから左手首支点で回転つつ、右手は左手の外側を回っていく。

だから左を引く事で右をしっかり出していきます。

多くのアマは両方一緒に飛球方向へ突っ込んでいく。


フォローで注意する意識としては、

かなり右肩がヘッドに引っ張られて出て行きます。

これは肩甲骨の稼動域が広くないと結構きついです。

同時に左腕も完全に伸び切ります。

左肘は引けるどころか完全に飛球方向に脱力で伸び切るのです。

と言う事は、左肩より右肩が飛球方向に出ている位の意識

じゃないと無理ですよね。

そのためには左肩が飛球後方に回っていないと厳しい。


繰り返しますが、左手支点でシャフトは瞬時に180度回転

させるので砂に描いた直線を狙ってタイミング良く

一定に打てるのです。

ムチでタイミング良く手元を引く感覚と全く同じです。


それがタメです。タメがあるから正確に、かつダフらない。

アーリーリリースでダラダラ回っていては全てが無理です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

another 肩の縦回転の簡単体感方法

 この肩の縦回転ビデオを解り易く自分で体感する方法ですが、

両手を広げて回転すると肩のラインの角度が立っている事と、

頭の回転軸の維持、右腰が逃げない捻転の強さが体感できる

と思います。

一見馬鹿馬鹿しいと思われるかも知れませんが・・・。

膝タッチと似たようなものですが、これはトップでは左手で、

フォローでは右手で前方の地面の上の仮想物にタッチする様な

イメージですね。



毎度芸のない下手な絵ですが・・・・

この絵じゃ前傾してるように見えませんが

ビデオ撮って編集もかなり面倒なので・・・(汗

こんなもんでいいかな と・・・・思います。

縦回転1

縦回転2

縦回転3

 要は

1、頭はアドレスからビハインドザボールを強く意識して

真ん中より右に置くべき。そうすれば回転軸は最初から

右寄りにずれているため頭の回転軸を固定する意識で

テークバックしても、トップでは自然に右股関節に

十分加重できる。

アドレスで頭が真ん中にあるとトップで行き過ぎて

リバースピボット=左足加重になる。

だからテークバックで頭を動かせというのは間違い。

アドレスで右に置いておけば良いだけの事。

動いたものは反動があるので、必ず行ったり来たりになってしまう。


2、頭の回転軸に沿って、左肩を低く押し回して行くと、

右肩は上に行き、グリップも右肩の高さに上がる。

胸は前傾を維持したまま飛球後方を向く。


注意点は、トップでシャフトが水平、飛球線と平行になる事を

必ず確認すること。前傾を維持する程、逆に右肘が浮き易くなり、

意識しなければシャフトクロスする=飛球線と平行にならない。

右肘を浮かせず、必ず真下に向けないとクロスする。

「右ひじが真下」とは、前傾しているので実質前傾分だけもっと

右肘が前側向きで、グリップは背中側に傾いている。

これは結構きつく、コツはトップで腕を捻るように使う。

また日々肩甲骨の稼動域を維持していないと出来ない。


ここで肩甲骨の柔軟性、稼動域の広さが問われる。


これらが解っていても出来ないのは、肩甲骨の柔軟性、

股関節の柔軟性が欠如している可能性もかなりあります。


テークバックで左手を下げていくことで右肩が上がり、

右手も上がりトップができる。

フォローは頭の回転軸をトップから維持したまま、左手、左肩ではなく

左背筋を引く。すると右腕、右肩は低くどんどん出て行く

ここでアッパーになるのは右手首の角度を制御できないから。

右手首の角度を維持していれば、安定した低い球が打てる。

スナップを使ってヘッドを加速するとアッパースイングになり

高さも距離も安定しない。

もちろんただ右手のひらを飛球方向に向けて出していっても、

今度はヘッドが遅れ、グリップが先行して球を押し出す。

クラブが体の正面で一体化していれば、右手首の角度を維持

していても、手のひらは体の回転とともに球を捕まえる。


そもそも、テークバックで左手でロールしながら上げると

ダウンでも手首を使ってしまう(=手先で上げる)。

左手はテークバックしなければ(しない意識ならロールしない)、

フォローでも使わずに済む。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本当にストロンググリップは正しいのだろうか?

 前回は基本であるアドレスでのグリップの位置の話でしたが、

更に基本であるグリップについてもう一度考えてみましょう。

当たり前の様になっているストロンググリップは

果たして本当にあなたに合っているのか


ストロングのまずい点は

1、テークバックがインサイドに入り過ぎる

2、従って、ダウンでヘッド軌道がアンダーでインサイドアウト

になりがち

3、すると押し出し、引っ掛けの両方が出る


以上は極普通に言われている欠点ですが、

その他に私が特に感じる事は、多くのアマが陥っていますが

ストロンググリップだと

4、左肘と左腕を突っ張って左グリップで上から押さえつける

傾向がある
のです。


左グリップを浮かさないで押さえる事は重要ですが、

左腕は絶対に突っ張ってはいけません。

特にアプローチ、ショートアイアンはバンスを振るイメージで

打ちますが、左肘を緩ませ(脱力で伸びて見えるだけ)、

腕をかなり柔らかく使う努力をします。

左腕が突っ張っていたらバンスを使う打ち方なんて無理です。


例えばパターは左右対称で手のひらをしっかり合わせて打ちます。

いちいちグリップに迷いもないし、ダフることもありません。

もちろん上から下への遠心力がないから当然ですが、

肘を曲げてグリップを下から上へ吊っているからですよね。


ショートアイアンはそもそもスピンをかけて止めたい、

ならフェードの方が安全、絶対に引っ掛けたくない、

チャックリは死んでも嫌だ、

ならストロンググリップなんて必要ないですよね、

しっかりローテーションを誘導できるなら。

左手甲でラインも出しやすいし。

スクエアグリップの方が理にかなっている様にも感じます。


そうなると、ショートアイアンだけではなく、

何番までスクエアグリップが良いのか

もしかしてドライバーも含めて全部か


陳清波プロの言う通り、スクエアの方が合っている人も

たくさんいるんじゃないかと思います。



 できるだけ柔らかく打ちたい、

唐突なド引っ掛けはもう懲り懲りだ、

被った左手に対して右手グリップが決まらない、しっくりしない

等の方はショートアイアンからスクエアでテストする手もある

と思います。


実際、ストロンググリップのせいでインに上げすぎている事に

気が付かない、左肘が突っ張っている、右手を下から

グリップし過ぎ、等の方が多過ぎます。

それで左肘の突っ張りさえほぐれれば、楽にローテーション

するのでむしろ逆にスライスもし難くなるはずです。

ドフックはもちろん減りますし。両得かも。


私はショートアイアンはパターの延長のグリップのつもりで

肘、腕を死んでも柔らかく使うように気をつけています。

そうするとストロンググリップは合わない・・・。

少なくとも130Y位まではスクエアグリップで柔らかく、

なんとしても精度を維持した方が良いような気がします。


皆さんどう思われますか

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

アドレスのグリップ位置と最下点の関係 リリースのタイミングは?

 匿名さんから非常に良い質問を頂いたのでご紹介します。


 はじめまして!!コメントありがとうございます。

今更聞けない質問こそ、とんでもなく重要なヒントがある

ものですよ。基礎はいつまでも重要です。


「>いつも参考にさせていただいています。超初心者的質問です。
>ドライバーは最下点がボールより(右利きだと)右ですから、
>クラブは簡単にソールできますよね。
>アイアンをソールさせるとしたら、どういう基準で構えるのが、
>正しいでしょうか。」


 この疑問は実は非常に奥が深いし、重要ですよ。

基本的にアドレス時のグリップの真下に最下点が来ると

イメージしてアドレスします。

これがインパクトの再現性を高める為、タメを作る為、

タメを開放するタイミングとその方法の為に超重要なのです。

実際は正しいスイングでもインパクト時にグリップ位置は

アドレス時より飛球方向に若干ずれますが、

これは不可抗力の遠心力による問題なので、

あくまでイメージは同じ位置にグリップを戻します。


シャフトは垂直に立った場所で長さが最大になるので、

グリップの真下に最下点は来る筈です。

(もちろん実際のインパクトではライ角維持されているので

垂直ではなくライ角分は差し引きますが)

だからドライバーのグリップは球の手前でシャフトは

ほぼ垂直にアドレスします。(正面から見て)

アイアンは10cm程度ハンドファーストで球の先にグリップ

位置があります。

要するに、仮にインパクトでグリップ位置が全く同じ位置に

戻り、かつシャフトがそこで垂直に立てば想定通りに

最下点が訪れる訳です。実際にはバンプ等でグリップは

少し飛球方向に流れるので想定より最下点は更に球の先になり、

より薄く長いターフが取れればベターなのです。


そのイメージを持ってアドレスし、そのイメージを維持

したままインパクトを迎えると、体の回転の問題以外に

グリップを軸とするクラブ=シャフトの回転の方が

より重要になってきます。

そのイメージがあるからこそインパクトでグリップの

位置が一定になるのです。


 基本的にコックもリリースもテコの応用で、

左グリップを下げればヘッドは上がり、

左グリップを上げればヘッドは下がります。

無意識でもグリップが浮けばヘッドは下がりダフリ易くなり、

強制アーリリリースしてヘッドを下げればグリップが浮き

ますますヘッドは下がりダフリ易くなります。

コックが維持できないと意識と反対の結果になる訳です。


 逆に最下点にヘッドを正確に入れるためには、

下げ続けた左グリップを左脚蹴りと左背筋で上げれば良い

訳です。そのタイミングがリリースのタイミングです。

ヘッドの重さと遠心力でリリースは自然に起こりますが

再現性を高めるためにはそのタイミングを誘導してやる

必要があります。

そのためにシャフトが縦に回転するイメージを常に把握する

必要があります。


超初心者的質問どころか、超高度な質問ですよ。


つづく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

OAKLEY FAST JACKET 使用インプレッション 1

 今シーズン用のNEWサングラスが先週到着しました

OAKLEYで今最も注目されている FAST JACKETです。

宮里藍プロシグネチャーの限定モデル パールホワイトです。

日ハムの斉藤祐樹選手もキャンプで青色を掛けていましたね。

今回も私の希望通り金栄堂さんでかなり細部まで調整して

カスタムフィッティングして頂きました。

写真の大型ノーズパッドも金栄堂さん特製オリジナルです。

特にゴルフ用に合わせてお願いして作って頂きました

いつも綿密にカスタムメイド調整をお願いしている

スポーツグラス専門店 金栄堂さんならではの出来です。

他の店ではここまで出来ませんからね。

Fast Jacket 5小

aifastimg 2

このカスタムメイドのFAST JACKET+特製ノーズパッドを

手持ちの全てのフレームと様々比較テストした結果・・・、

ゴルフ用としては秀逸 です。これはかなり使えますね

そもそもは自転車等のスピード競技用に開発されたモデル

のようですが、カスタムフィッティング次第で、

私が最も愛用しているゴルフ専用に開発されたフレーム

SWANS GW-3701に匹敵する快適さです。

今までのOAKLEYらしからぬ圧迫感のないかけ心地で

正直なところかなり驚きました

交換用特注レンズ

 交換用レンズは4種類です。上2セットがいつものTALEXで

下2セットは付属品です。上からから順に

1,TALEXトゥルービューフォーカス 透過率12% XLシェイプ

2,TALEXトゥルービュー 透過率30% XLシェイプ

3,付属のOAKLEY SlateIridium 透過率23% 

4,付属のOAKLEY G30 透過率30%ローズベースに薄めのIridium

他、ハードケース、袋、レンズ拭き、黄色のアメリカ仕様ノーズパッド

撥水コート塗布剤が付属しています。

Fast jacket 6小



細かいフィッティングの重要性


サングラスにフィッティングは必須です。特にOAKLEYは。

この図の様に鼻が高く、顔幅が狭い白人用の設計です。

市販品のままでは殆どの日本人には合いません。

img012.gif

多くの方は試着段階で即違和感を覚えると思います。

左右のカーブがきついのでこめかみ部分がきつく、
(短時間では気にならないが、長時間のゴルフでは重要)

額の中央上部に隙間が大きく出来て上から光が進入し、

内側でレンズがその光を反射します。


鼻が低いのでレンズが目に近くなり過ぎ、

また、レンズの前傾が強くなるため、レンズの圧迫感が強く、

頬に当たり易く、汗が付き、通気性が悪くなり蒸れて

直ぐ曇り易くなります。

しかし、OAKLEYのブランド力、ファッション性を捨て難く

そういうものだと思い込んで我慢している方が

実は殆どだと思います。

十分にフィッティングをした人にしか、OAKLEYの本当の

良さは分からないと思います。

市販品のアジアンフィットと言っても、ノーズパッドのサイズ

が少し大きくなるだけで、フレームは何ら変わりません。

Fast Jacket 1小

今回は以下の3点のフィッティングで完璧になりました。

1、横幅を5mm強広げる

カーブが緩くなるためフレーム中央部分の隙間がなくなり、

額にフィットします。光、風、ほこり、花粉の進入が減ります。

また、これだけでサイドのきつさが大幅に軽減され、

かけ心地が軽快になります。決して落ちやすくはなりません。

これならゴルフで1日中かけていても痛くなりません。


2、レンズの前傾角度を立てる

上部からの光の進入が減り、なおかつ、立ったレンズにより

その光の内部反射が大幅に減ります。

要するにOAKLEYが内部の反射が大きくなる理由は、

フレームが顔の形状に合わないため、レンズの前傾角度が

きつくなり過ぎるのが大きな原因と言えるでしょう。


 また、ゴルフの場合、視覚にはかなり神経質になります。

圧迫感はストレスになりますし、密閉性が高いと蒸れて

汗で曇ります。レンズの前傾角度を立てる事により、

レンズ下部の隙間が大きくなるため通気性が良くなり、

また、頬に当たり難くなります。

これで大型のXLレンズでも頬に当たらなくなります。


3、金栄堂特製大型ノーズパッド

付属のアジアンフィットでは不十分です。

特に夏ゴルフでは密閉性が高過ぎ蒸れたら使い物になりません。

目から離す為には大き目のノーズパッドが有効です。

また、中央部分からの光の進入を防ぐためにも、上下に大き目の

パッドで遮るのが効果的です。

ゴルフはラインを出すために目を左右に振るので、

ノーズパッド上下の中央部分から眩しい光が僅かでも進入すると

非常に気になって使えません。

だからパッティングだけはグラスをはずすプロも非常に多いです。

金栄堂HP FAST JACKET

OAKLEY HP FAST JACKET



FLAK JACKETとは全く違う

FAST JACKETはレンズを簡単に交換できるスウィッチロックシステムが

搭載されたニューモデルで、それ以外一見FLAK JACKETに酷似していますが、

細かく検証してみると実は全くの別物です。


 上の2本がFLAK JACKETで前方から見ると似ていますが

細部も見え方も全く別物でかなり進化しています。

Fast Jacket 9小


先シーズンまでに使用ゴルフプロが激増したFLAK JACKETと比較すると

あらゆる点で雲泥の差です。

むしろスウィッチロックシステム自体よりも、それ以外の進歩の方が

遥かに魅力的なのです。

今シーズンはFLAK JACKETから移行するプロが間違いなく激増する

と思います。


 

 最も大きな特徴は、下の写真の様にFAST JACKETは

フロントフレームからテンプル=アームの接合部にかけて

流れる様な一体成型になっています。

それは、もう一つ下の写真で上から見ても良く解りますね。

全てのフレームも、より太く、立体的構造を上手く活用し、

軽量化と剛性の強化を非常にうまく両立しています。

ボリューム感のあるデザインで非常に造形的にも

機能美があふれ美しいですね。

一方、FLAK JACKETはフロント部とアームは全く別構造です。

FAST JACKETと比較すると、剛性も、かけ心地も、

デザイン的美しさでも最早時代遅れの感は否めません。

Fast jacket 7小


 下の写真から、フレームが太く、さらに一体成型、

立体構造を上手く活用しているのが解ります。

中央部分の凹凸からも厚くなっているのが解ります。

オリジナルの大きさは両者ほぼ同等だが、フィッティングにより

大きく幅を拡大しているのが写真でわかると思います。

Fast Jacket 2小

スウィッチロックシステム

緑部分がスウィッチロックシステムです。

FLAK JACKETは実際問題レンズ交換する気にはなれなかった。

ラウンド中はもちろん昼休みでさえやる気にならない。

硬過ぎる、壊れそう、レンズが手垢だらけになるから。

FAST JACKETは非常に楽になった。慣れればラウンド中でも

交換可能です。ただ、レンズ表面をつかむ必要性はあります。

従って手垢は少なからず付き、拭く必要あり。

Fast Jacket 8小

むしろ、スウィッチロックシステムの有難さよりも

丁度スウィッチロックシステム部分が厚くなるので

掛け外し時に非常に持ち易い

これは試着すれば誰でも即感じられるはずです。

さらに、この部分が厚く、太くなることで接合部分の剛性が

非常に高くなっています。これによりフレーム幅を広げても

安定しています。この点はFLAK JACKETより大幅に加点ですね。



 ちなみに金栄堂さんのFAST JACKETのスウィッチロックシステム

の解説ビデオです。




重要なノーズパッド

 このノーズパッドの高さの違いがGoodなんです

やはりOAKLEYはオリジナルのままでは完全に白人用です。

日本人の鼻の低さ、扁平顔に合わせたフィッティングに

マッチします。

Fast Jacket 10

 上から順に金栄堂オリジナル ゴルフ用大型ノーズパッド

OAKLEY純正 アジアンフィット タイプ (要するに鼻に低い日本人用)

OAKLEY純正 世界標準仕様(鼻の高い白人用って事)

ノーズパッド2


1眼式フレームに近い見え方

さらに下写真のように左右2枚のレンズのつながりの角度が

少なくなるようにフレームが微妙に改良されており、

野球で人気のRADARなどの1眼式(1枚レンズ)のフレームに近い

左右の視界のつながりでゆがみが少ない見え方になる様な構造に

なっています。

ゴルフは左右に目を振るので、より視界が歪み難くなる訳です。

fast1.jpg

写真でも上の図の様な角度になっているのが解ります。

レンズ自体は同じカーブなのでフレームとレンズの

切れ込み部分が改良されています。

Fast Jacket 3小


 GW-3701はファッション性の点で許せないという方も

多いでしょう。

OAKLYファンの方、FAST JACKETはいけますよ

ノーズパッド形状をあと少し改良してGW-3701のパッド形状に

近づけられればもう完璧ですね。

那須さん、宜しくお願いします


カスタムについては金栄堂さんの三代目 那須丈雄さん

に何でも気軽に聞いて下さいね。

スポーツグラス専門店 金栄堂さん 

金栄堂公式ブログ TAKEO's Opt-WORLD

TEL:0238-88-3062 kineido@jan.ne.jp

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR