ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

トップでの右肘の緩みとキャスティング

先日ドライバーショットで自分でも気が付き難い癖を

ティーチングプロに指摘されました

ドライバーでのフルショットでトップの最終段階で一瞬右肘が緩む

ことによって自然にキャスティングが誘発される現象です。

トップでの右肘の緩みでほんの僅かでも90度以下に曲がり過ぎた右肘が、

切り返しと同時に90度以下に曲がったほんの僅かな分が逆に伸びてしまうのです。

曲がリ過ぎたものが、ただ自然に伸びるという極自然な現象ですが、

全く無意識に起こる事と、遠心力によりその影響は想像より遥かに大きいのです。

これはかなりやっかいで恐ろしいことです。


要するに楽をすれば誰にでも起こり得る

「手先でクラブを上げる」長年染み付いた癖

がフルショットで出てしまう訳です。

こらは球を強く叩きたいという意識も当然影響しています。

それがトップ後も、手先で僅かにさらにクラブを上げてしまう・・・。

遠心力による勢いも当然あるので実際かなり意識しないと止められないですね。

トップで右肘を90度以上に確保する意識で止まるようになりましたが、

忘れたり、力めばまた出るでしょうね。


逆にこれに気が付いたおかげでこれまでの突発的な致命的ミスショットも

納得がいきます。

アイアンの再現性も増す筈です。

いやー、久々の超大収穫でした。

しかしこれは間違いなく殆どのアマに共通する課題ですよ。

また詳しく書いていきます。

右肘の90度の角度をトップのままストンと腰まで縦に落とす。

何をおいてもまずこれが最優先ですね。

切り返しで右肘の角度が僅かでも大きくなれば

即キャスティングでヘッドはアウトに急激に飛び出します。

キャスティングの意識など全くなくても。


これは本当に恐ろしい現象ですが、

気が付けば間違いなく大幅にスイングを修正できます。

この発見は皆さんにも間違いなく朗報ですよ
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フィニッシュまで振り切る重要性

tommyさん、まいどです

いつもコメント本当にありがとうございます。

「> PROのSWINGはすごい。小生も下手ながら研究をしていろいろ
試しました。 一番難しいのはPROの club HEADが縦に落ちてくる、
すなわちclubが寝ないことです。 腰も身体も既に打つ態勢に
入っているのにHEADはまだTOPに止まったままでも腰は既に
切れている。HEADはTOPに置いてある。 これがシロウトはできない。
金が取れないPROがこれができていないのではないかと思う。
何とか感じだけでもclubを縦に落としたいので練習方法を
教えてください。」


タメを維持する最高の方法はフィニッシュまで振り切る体制

を整える事と、完全に振り切る強い意志でしょう。

ヘッドに引っ張られてフィニッシュに至る素振りを心がけて

続けていけば解りますが、タメを維持できなければフィニッシュまで

辿り着くことは不可能だからです。

なぜなら、インパクト後に大幅に減速するか、その後も加速できるか

で全てが決定的に変わるからです。



フィニッシュまで振り切ることの重要性

突き詰めると、フィニッシュまで振り切ることだと思います。

常にイメージすべき目標はこの図です。

意識すべきフィニッシュ

もちろん肩甲骨の柔軟性を高めることも目標ですよね。

フィニッシュの効果はなかなか理解し難いと思いますが

様々な点で絶大です。これまで幾度となく痛感してきました。

このフィニッシュが毎回無意識に取れることが私達アマが目指すべき

スイングの最終目標の一つと言っても過言ではないと思います。

良いスイングは結局フィニッシュに集約されるからです。

例えばプロでこの様なフィニッシュが取れないプロはほぼ皆無です。

フィニッシュまで振り切るのは非常に難しいことです。


フィニッシュへの到達を妨げるもの

それを妨げるものは一体何なのか

もちろん柔軟性や、脚力の不足、力み、バランス等がありますが、

殆どの方が見落としている重要なものが、クラブの慣性です。

コックをリリースした瞬間は右腕が伸びヘッドは加速します。

そしてタメを全てリリースした直後、伸びきった右腕により大きく

遠回りするヘッドは直ぐに急ブレーキがかかり、急激に減速します。

ヘッドを加速する意図ではなく、ただ振り遅れの解消を意識した瞬間に

無意識に強制リリースが始まり、その直後タメは全て開放されます。

そして多くのアマのケースではインパクト前にヘッドが急激に減速し、

インパクトの瞬間に当たり負けで更に大幅に減速し、フェースが右に開き、

ロフトが上を向いて寝て、スピン過多の直進性のない擦り球になります。

こうなるとフィニッシュまでヘッドが走ることなど100%不可能です。

無理にフィニッシュまで腕で持っていっても、極めて格好の悪い

無意味なフィニッシュになります。


フィニッシュに到達する原動力

では、フィニッシュに到達するための原動力は何でしょうか

インパクト後も加速し続けるヘッドの慣性と、フィニッシュまで振り切る

脚、腰の体制と強い意志
、最終的には無意識の習慣でしょう。

これは素振りで養った習慣がないと身に付かないと思います。

高校球児や剣道の素振りがなぜ必要なのか・・・と言う事です。

体はダウン時には既にフィニッシュに向かって振っている

とはそういう意味で、ダウン時点で既にフィニッシュに至る体制

が出来ていくのです。

意識としては球を上手く叩く事より、フィニッシュまで行き着く事

の方が、遥かに重要なことで、これは間違いなく事実です。

これは、今まで何度も言っている素振りの再現と言う意味でも、

左右対称のプレーンをイメージして実践するためにも、

方向性の高い強い球を打つために当たり負けを防ぎ、

インパクトゾーンの遥か先まで加速しながら振り切るため

にも絶対に避けて通れない事なのです。


素振りとシャドースイングによる練習

しつこいですが素振りとシャドースイングが最も有効だと思います。

もちろん様々考え抜いて、試行錯誤を繰り返しながらですよ。

アーリーリリースの最大の原因は無意識に球に合わせて

振り遅れないようにしてしまうことと、

球を叩こうとする腕の力みによる右腕の伸びです。

スイング矯正は正しいスイングを繰り返し体に染み込ませる事です。

球がなければ球に合わせる必要がなく、腕も力まないので

アーリーリリースを矯正できます。

要するに球を無視して、球に合わせず、

ひたすら自分のスイングをする事に集中するべき
なのです。

ある意味アマチュアゴルファーの間違った本能との戦いでもあります。


最大、唯一の効果的意識

ヘッドスピードが最高速になるターゲットポイントを

球の位置ではなく明らかにその遥か先に設定します。

ストレスなく完璧にフィニッシュまで到達するためには、

これしか方法はありません。断言します。

それは要するにインパクト直前までタメを維持すると言うことに

他なりません。

もちろん、これは「タメを深く作る」と言うこととは全く違います。

適したタメの深さは各人のスイングによりそれぞれですから。

要するに右腕、右肘を腕力で伸ばしてリリースしないで、

信じてヘッドの重さと遠心力にまかせれば自然にリリースします。

もちろんタイミングの微調整はありますがテコなので腕力は要りません。

これはこれまでのスイングの既成概念を捨て去らない限りできません。

振り遅れは肩が先行するからで、どうしても肩が開いてしまうなら、

逆に肩をクラブに向けておく意識で解決できると思います。

子供が直ぐにうまくなるのは力がないゆえに、クラブの重さに任せる

からなのです。


タメは、まさに古閑美保プロが強調していた様に、シャドーでダウン時

にヘッドが首の近くを通り、首に巻きついて下りてくるイメージです。

その為には、左腕を飛球後方に伸ばし左グリップでグリップエンドを

遠くに押し続けたまま、逆に右肘は体に引き付けて右腕を短くすれば

テコでコックは勝手にかなり深く維持されます。

そして、肩が回る前にまず右肘を縦に落とせば再現は出来るはずです。

クラブを振るという既成概念は捨て去って下さい。

まず、グリップを落とします。「落とす」イメージが合わなければ、

まずはグリップを「下に振る」でも良いです。

腕が力むと真下に落ちないし、落とし難い。

腕もクラブも実際かなり重いです。

例えばトップから腕が急にタコ糸になれば絶対に落ちますよね。

ただ単に「落とす」か「下に振る」でいいのです。


また、下に振れないのはタメが維持できない為ダフるからとも言えます。

逆に言うと、

下に振ればタメがないとダフるのでタメられる様になります。

もちろん距離、ショットによって必要なタメは異なります。


また、左肩を低く入れれば右肩は当然上に上がり、右腰を切り上げれば

右サイドが上がり、トップからグリップを落としやすくなります。


全て、シャドー、素振りで体に叩き込みます。

理解しただけでは当然出来ません。できるまでが相当な努力と、

それなりに数ヶ月、人によっては数年かかるかもしれません。

プロでも永久にスイング改造し続け、何度も失敗するのですから。


下に振るイメージ

胸、肩が回る前にグリップを落とす、右に向いたままグリップを下ろす、

落ちるまで右に向けておく、等様々自分に合うイメージを模索します。


その前に、まず、私のトップでの前傾維持のイメージは、

左肩がかなり低く入り込み、胸は飛球後方を向き、右腰が切れ上がり、

右腰は真後ろに引けるが、右ひざは右脚外旋でアドレスから終始不動、

背骨、頭の軸は飛球線に垂直のまま不動、

その結果右サイドが上がります。


前傾以上に、意識では上体はかなり傾いていているイメージです。

重要なことは骨盤は横ではなく、切れ上がって縦に回るので、

右腰を真後ろに引くと言っても行き過ぎて逃げる事はありません。

肩も縦回転ですから同じ胴体の骨盤も縦に回ります。

縦に回るから可動域に限界があり捻転が強烈に溜まるのです。

横に回すとどこまでも回す事が可能なので捻転は出来ません。

恐らくゴルフ理論では腰が縦に回ると言う概念は存在しない

のではないでしょうか


しかし、野球のピッチングでは当然のごとく日常的に言われています。

サイドスローは腰が横に回り、オーバースローは縦に回らなければ

いけないのです。当然ですよね、完全に繋がっているんですから。

しかし、腰が切れ上がるということは明らかにそういうことなのです。


そして下に振るとは、右肘、グリップ、グリップエンドをほぼ真下に振ります。

その時テコでコックを維持するだけでヘッドは放っておきます。

まず、「振るのはグリップだけ」と考えてください。

シャフトはタコ糸とかイメージすればいいでしょう。

ヘッドやクラブ全体を真下に振るわけではありません。

プレーンを考えるとき、肘、グリップ、シャフト、ヘッド全ての

軌道、プレーンは全く異なります。それぞれ別々にイメージします。


下に振っても肩は右を向いたままグリップを先に下ろすので、

当然クラブは体の前にあり、振り遅れ状態もなく、

それが出来ればヘッドはアウトには絶対に出ません。

グリップを下ろす前に肩を回すから、ボディーターンでクラブを

引っ張ろうとするからヘッドがアウトに出るのです。


グリップを下ろし切ってもタメは維持されています。

そのまま肩を回して、クラブを体の前に維持したまま連れてきます。

そしてインパクトですからどんなにタメても振り遅れなどありえません。

グリップは体の近くを真下に振っても、ヘッドはシャフトにコックの

角度がある分体の回転と共に遠回りして心配しなくても遠心力は

十分に働き加速します。

意識しなくてもビデオのプロのようにヘッドは勝手に振れる訳です。


ということで、グリップはかなり下に、縦に振ります。

これは頼まれた友人達に教えても皆かなり驚く程です。

スイング自体の既成概念を打ち破らないと出来ないと思います。

しかし、単に真っ直ぐ下なので出来てしまえばむしろ簡単です。

ただ落とすだけで加速します。

左腕を伸ばした範囲でグリップは殆ど最短距離を通るのですから。


また、本当の前傾維持では体も相当傾いて感じるようです。

お辞儀と同様に正面で真下を向く動作は日本人は得意なので

前傾しても違和感なく問題ないですよね(笑

ところが、トップとフォローでは胸が真横向きにサイドに傾く訳で、

その様な動作は他に殆ど日常では体験しないので違和感爆発です(笑

だから直ぐ楽をしてトップとフォローでは起きてしまい、

そのこと事態に気が付かないのです。

トップで左肩を低く入れる、フォローで左右の肩を入れ替えるとは、

前傾を維持することに他なりません。

右肩が落ちる事、ダウンで右肘は伸ばされる事等は又別の事です。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダウンで右肘は伸ばすのか、伸ばさないのか

コメントご紹介します。

オーパスワンさんはじめましてコメント大変ありがとうございます。

ダウンで右肘を伸ばすのか、伸ばさないのか、の質問ですね。

「>酒とゴルフをこよなく愛するものです(笑)
ふとしたことからこの記事を知りダーッと読むにつれ
ごるきちさんのゴルフに対する情熱と知識と努力にやられました。


 あはは、ただのゴルフキチガイですが、お褒め頂いて光栄です

でも情熱はずっと持ち続けたいですね。

しかし最近人生半ばにしていろいろ考えてしまいます。

自分にとってゴルフとは一体何なのか。

限界は・・・・。

でも、古市忠夫プロのように60歳でPGAプロテスト合格もあります。

プロと言わなくても、5下シングルなら誰でも可能性はります。

希望を捨てる訳にはいかないですよね


>記事とはあまり関係ないのですが質問させてください。
今まで独学で自然落下を習得したくて練習しているのですが
かなり前の記事(多分一、二年前か)でトップからコックは解かずに
右肘を伸ばしていきグリップを下げきるとありますが、
プロのスイングなどを見た自分のイメージだとトップの形のままストン
と下に右肘を曲げたのを維持しながら右わき腹あたりまで落とし
そこからグリップを右太股あたりに下げるものだと思っていました。

>本来の動き方として正しいのはトップの位置から胸は開かずに
右肘そのままま下げるのではなくコックを維持しながら右肘を
伸ばしていき右太股付近までグリップを下げきる
イメージで間違いないでしょうか?

>長々ともうしわけありませんm(_ _)m
よろしくお願いします。」


 実際この点で疑問を持たれ、矛盾を感じている方は非常に多いです。

また、ここで勘違いをされて右肩が落ちたり、腕と体が一緒に

一体になって動いてしまっている方がメチャメチャ多いです。


2段階で考えてみましょう。ダウンスイングで最も重要な事は

まず、最下点までグリップを落ろす事です。

ダウンで右肘が落下後に右肘が伸びなければ

グリップは絶対に下りません。
ですよね

かといって主体的に右肘を伸ばす=右腕を伸ばせば100%

アーリーリリースになりその瞬間にコックは解けます。それは困る。

従って、グリップの落下に伴って自然に伸ばされるだけです。

じゃないとグリップはいつまでも落ちませんよね。

但し、右肘が伸びきらなくてもグリップは落ちます。

むしろ伸びきったらコックが解けてダフります。


次に、かといって仰る通り確かに右肘は伸び切りません。なぜなら、

1、テコでコックを維持する=左腕を長く使い、右腕を短く使う

=右肘を曲げる事でテコを利用してコックを維持します。

2、インパクト以降低く長く押したい=右肘が曲がっていて

伸ばす余裕が必要になる。



要するに、

右肘はタメを維持できる範囲で自然に伸ばされていく

訳です。

そして、右肘を曲げておく事自体が目的ではないのです。

目的はタメを維持する事であり、そのために右腕を短く使う、

=右肘を曲げて体近に通すのです。

上記のイメージで動きは大きく変わるはずです。



 また、勘違いし易いのは、

腕と体の動きは独立性を保ちながら、同調して動くのです。

全く別の動きが、全体的な再現性を高める為に同調するのであって、

腕と体がくっ付いて一体化して動く、と言う意味ではないのです。


右肘を意識し過ぎて、腕と体が一体化すると必ず右肩が落ちます。

右肘は体に近くを落下して通過するが、決して一体化してはいない。

全く別々に独立して動くものです。そう意識して練習しないとできません。


同調するとは、クラブが体の前にある=クラブを体の前からずらさない

=グリップエンドが常に体に向いている=胸をクラブに向けている

=肩が開かない、という様な動きを指します。


同様に勘違いしやすいのは「脇を閉める」ですが、これも締めるが

くっ付き続けるわけではないのです。

正確には「脇を閉める」と言うよりも、

「上腕、肘を体の近くに通す」、

と言った方がより誤解が少ないでしょう。


トップでもフォローでも通った後はあっさり通り過ぎて離れていく訳です。

脇を閉める意識が強すぎると、いつまでもくっ付いたまま離れることが

出来ません。フォローで低く長く押して、大きなアークを作るためには

逆に脇は空けて行かなくてはいけません。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

クラブは体の前、肩を開かないは、胸をクラブに向けておく事と同じ事

コメントをご紹介します。メンチさんおはようございます!!

丁度説明しないとまずいなと思っていた事で、タイミングが良かったです。

恐らくかなり多くの方がメンチさんと同じ疑問を持っていらっしゃると思います。


「 >>腕は普通のスイングと全く同じで、体を回さないだけですよ。
剣道の素振りと殆ど同じです。

>体を回さないで右肩前に上げると、グリップは飛球線後方から
見ると外に上がって見えますよね?(アウトサイドに?)
それに体の回転を加えるのでテークバックで両手(グリップ)は
飛球線真っ直ぐに上がっているように見えるのでしょうか?

>今迷っている点は、腕V字縦に上げることを意識しすぎるのか、
グリップがテークバックでアウトに上がりすぎている
のではないかという点です。
※両手(グリップ)をアドレス位置から右斜め前方向に突き出す
感じで上げている+体の回転 テークバックでのグリップ軌道は
「腕V字縦+体の回転」で飛球線真っ直ぐになるようにするのが
良いのでしょうか?

>体を止めて腕V字縦りはなんとなくわかったのですが、
これに体の回転を加えた実際のスイングでのグリップ軌道で迷っています。
お忙しいと思いますがどうかお助けくださいゴルキチ先生゚・(ノД`)・゚・」


確かに「クラブは体の前」だけを意識すると、逆にヘッドがプレーンを

大きくアウトに外れる可能性が高いですね。

まず重要なことは、クラブが常に体の前にあること、かつ、

ヘッドがプレーン上にある、という事なんです。

順番を逆に言うとより解り易いと思いますが、

まずは、ヘッドが正しいプレーン上にある事を最優先する、とします。

その上で、そのプレーン上にあるクラブに対して、常に体の正面を

向ける
、と言った方がより誤解は少ないでしょう。

要するに、ダウンにおいても

間違って早く開いた肩の正面にクラブを合わせるのではなく、

正しいプレーン上にあるヘッドに対して体を向けておく
べきなのです。


これまで私の説明不足だったと思います。申し訳ありませんでした。

両方の言葉で伝えた方が確実でしたね。


娘にⅤ字軌道ドリルをやらせた後にも全く同じ現象は起こります。

体の正面に上げる事を最優先してしまうので、体が回る前にまずヘッドが

ガバッとアウトに上がります。ダウンも同様です。

体が早く開くので、それに連れてヘッドもガバットアウトに出るため

そのままではドリル前より余計に悪い結果になります。


修正方法は、テークバックでは最初の約30cm位、右足前位までは飛球線上を

低く真っ直ぐ、コックを入れないで、体の回転でヘッドを引きます。

意識としてはヘッドを引くより、先に胸を飛球後方に向けるイメージです。

「左腕はテークバックしない」と似た様な意味になります。

これがⅤ字軌道で縦に上げてもヘッドがアウトにガバッと出ない秘訣です。


殆どのアマは手先でクラブ、ヘッドを上げます。

要するにこれは、体の回転より、ヘッドが遥かに先行すると言う事です。

手首でヘッドを右横に振る訳ですね。

その瞬間にヘッドは体から大きく右にずれます。

一度ずれたらものを元に戻さなければいけないという時点で、

もはや再現性の維持は期待できないのです。


自分から見てグリップではなくヘッドを飛球線上に沿って上げて行き、

HWBで少しインサイドに入ってシャフトが飛球線と平行、水平になります。

HWDでもそこが唯一の中間点のオンプレーンの確認場所になります。

次は右肩口から入って、トップでは再度シャフトが平行、水平になります。

フォローでは左肩口が左右対称のプレーンの確認場所になります。


一方、ダウンでの修正方法はシャフトを立ててグリップエンドを真下に下ろし、

ハンドファーストになるまでコックを維持したまま、

インパクトでヘッドの重量にかかる引力と遠心力だけで左手首支点で

クラブを回転させリリースする練習です。

意図的にリリースしなくてもヘッドの重力と遠心力で勝手にリリースして、

振り送れずにインパクトに十分間に合うという事を体感させるわけです。


もちろん要領と理屈の理解は必要です。テコの原理に尽きます。

右腕を伸ばさないで、右肘は体の近くに維持する。要するに右腕を短く維持。

これは、「右肩を前に出さない」、「右肩を落とさない」も同じ意味なのです。

一方逆に、左腕は伸ばし、左グリップを浮かさないで低く押し下げたまま、

グリップエンドを低く維持します。

左肩はなで肩で肩甲骨を外転したまま、左肩を開かないとは、

要するに左腕を長く使うと言う事なのです。


インパクト前後でヘッドにかかる強烈な遠心力で勝手に右腕は伸ばされます。

力が抜けていれば。

すると一気にタメ解け、クラブは高速回転して勝手にインパクトします。

もちろんインパクト時の左グリップの位置の再現性、グリップ速度で、

グリップエンドが上がる=リリースのタイミングの多少の操作は必要

になりますが、テコの応用なので腕力も握力も全く必要ありません。

そのタイミングが反復練習による技術ですよね。


 結論としては、

「インパクトゾーンまで肩を開かない」、と言う事も

「クラブは体の前」も、体をクラブに向けておく事と

考えればいいのです。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

メトロノームが自然にスイングを作ってくれる

以前メトロノームを使用してスランプから脱出した古閑美保プロの

お話を紹介しましたが、先日のTV番組の「ゴルフの真髄」でも

その事をかなり強調していました。

手短な話でしたが、元賞金女王の大まかな日頃の注意点が参考になる

ので録画したTV画面をビデオで取りました。

なので、かなり画質が悪いですが(笑 紹介します。



キーポイントは、

1、まず、「真っ直ぐ立てれば」と言う条件付と言う事は

プロでもそれが難しく、常に注意しているんでしょうね。


2、打つ前よりもボールに当たった後の事を意識。

打ってからいかにボールがフェースにくっ付く時間が長いか、

低く長く押していくことを意識
している。


3、メトロノームを使って同じ練習を繰り返す。

51bpmのかなりゆったりテンポで1,2,3のリズム。

メトロノームが自然とスイングを作ってくれる。


4、「クラブが体に巻きつく感じ」、これがタメです

ヘッドが体の近くを通るから巻き付く様なイメージになります。

シャフトが立って下りるとヘッドは体に近いままです。

寝ると体から離れますよね。


5、常にフィニッシュに持っていく意識でスイング。

良いフィニッシュが取れれば良いスイング。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右腰を前に出さない 右脚&右足の外旋とその絶大な効果

 ダウンで右腰は絶対に前に出したくないですね。

しょぼいビデオですが、外旋でそれを簡単に止められますので、

もう一度試してみてください。

右足裏にネジが付いていてそれを地中にねじ込ませる感覚です。

足裏全面が、ネジで地面に強力に固定されるので、

インパクト直前まで以下を実感できます。

 1、右かかとが上がらない

 2、右ひざが前に出ない

 3、右腰が前に出ない(=体が開かない)

 4、グリップがアウトに出ない

 5、強力な右脚に十分捻転を蓄積できる

 6、右足裏全面で蹴れる



ダウンで上体の捻転が解けた後でも、

インパクトで右脚の捻転を一気に開放できます。

右脚の強力さを実感し、下半身に意識が下りて行く

感覚が良く分かるはずです。



ダウンで蟹股に又割れ状態になる感覚が分かります。

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2012/03 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR