ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

最も大事なことは右手首90度を維持してダウンスイング

ジャンボが最も重視していた点、

それは右手首の90度を維持してダウンスイングする事。

その為には左グリップエンドから下す事が不可欠。

テコですね。

手首だけの力で角度を維持しようと意識すれば手首が硬くなります。

そうするとインパクト直前までタメてもインパクト直前での

スムーズで自然なリリースができず、せっかくタメても瞬時にリリース、

インパクトゾーンで加速できません。


瞬時にリリースするためには手首を脱力で柔らく使う事が

絶対に不可欠です。

要するに手首で角度を維持しようとしない事が肝です。


ジャンボ軍団が重視したこと。

それは左グリップエンドから落とす。

要するに、ヘッドは振らないで、逆に置いてきぼりです。

ヘッドを走らせよう、球を捕しっかりまえようとするから

トップから球を打ちに行ってしまう。


最悪なのは、スナップでヘッドを走らせようとする事。

確かにヘッドはダウン初期から加速しますが、

インパクト前には減速し始めます。

しかも、ヘッドが先行し体とヘッドの位置関係が毎回ズレる。

アウトサイドインでしかもフェースが被ってド引っかけ。

体が力んで開けばドスライス。

スナップでヘッドを走らせてしまうと、アーリーリリースになります。

手首角度維持どころか正反対で手首が伸びて、ハンドレイトで

トゥーが下がり100%ダフリます。

だからダフらない様に伸び上がる、ハンドアップする悪循環。

そしてロフトが寝て、フェースが開き、へなちょこスライス。

無間地獄の悪循環ですね。


体の右、かつ体の近くにグリップエンドから落とすと

前後の体重移動はどうなるでしょうか

答えはアドレス時よりも後ろに移動させる意識ですね。

結果はともかく、意識はそうですよね。

もし、アドレスよりもさらに前方に重心移動したらどうなるでしょうか?

明らかに前に突っ込みますよね。

ヘッドはアウトに出て、両脇が空き、体は前につんのめり、

腰が前に出て体が浮き、グリップが浮き、前傾が起き、ヘッドアップします。


前後の体重移動を意識してみましょう。

結構、難しい課題ですよ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ボールのスパイン調整機 Check Go Pro

私も良く利用していますが、

Netで最も有名なクラフト店の一つのTEEOLIVEさんで

数年前に流行ったボールのスパイン調整機の

Check Go Pro が再登場していました。

2,980円なら買ってもいいでしょうね。

試合球のテスト用に。

店頭に持ち込んで良い球だけチェックしたりして・・・。

(店長に頼んでマジでやろかなぁ)

円高のおかげですね。以前は3倍位していましたからね。

teeolive Check Go Pro

CHECK GO PRO


こうやって使います。

市販ボールはほとんど全部ずれていますね。



確かに重心のズレた球は確認できます。

ただし、水平に高速回転してチェックします。

そして、重心がズレたボールをあえて試合で使うために

赤道=横 にラインを引きます。

ちなみに最初は消せる蛍光等の水性ペンで適当に書いてから

油性で書き直した方がキレイに書けます。

もともと重心がズレてる球ですから神経質にならない方が良いですね。

回転中はアバウトに書き、仕上げできれいに書いた方が良いと思います。


(本質的解決方法としては、そんなボールは捨てましょう、
わざわざ手間をかけて線まで引いて使うべきではありません
と、言いたいところですが。
実際トッププロはズレたボールなんて支給されないだろうし。
でも市販品が殆ど全部ズレてると分かっているから仕方ない訳で、
それ位の技術はいい加減何十年も作ってるんだから
ボールメーカーも何とかしろ、と言いたいですが・・・・。)

で、横に引いたラインを実際には縦に使います。

これって・・・実際同様に縦に回したらどうなるんだろうか

遠心力で重い重心が下ではなく、赤道にくるんでしょうか?

縦回転での調整は機械の構造上難しいでしょうね。

高濃度食塩水に浮かべる手法もあります。

この場合では南半球が重いわけで、左右どっちかに曲がり易くできないのか?

どなたか物理に詳しい人分かります?

もし故意に利用して曲げ易くなるなら違反じゃないのか?

むしろドライバーより傾斜のきついパッティングラインなら

変わるかも・・・。

実際どんだけ効果があるのか、どっかでチェックして欲しいです。

ボールメーカーの苦情でできないかな?


私も愛用していますが、ツアーベルベットラバーも安くなりました。

teeoliveさんで290円 メール便です。これは激安ですね。

最近はバックライン入り、パターグリップ交換も慣れて

大騒ぎした注射器もあまり使わなくなりました(笑

単にアバウトになったのかも(笑


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腕を縦に振る1 体重移動の罠 突っ込み

「左への体重移動」と「左への突っ込」み、「肩の早い開き」は

同義であるとも言えます。 

「左への体重移動」は実は結構きわどい問題ですよね。

 
むしろ右サイドに早めにグリップエンドを落としたいなら

体重は右脚にかかるはずで、能動的で早すぎる左への体重移動は

やみくもに体を左に流すという逆効果になるだけです。

また、左への体重移動は腕を縦ではなく左横に振る事を助長し、

または、腕を左に振ることで余計に過激に引き起こされます。


そもそも、左への体重移動は結果的に勝手に体が反応して起こる

ものであり、変なレッスンで勘違いして能動的に行うと

逆効果ばかり、という結果になるでしょう。


 同様に、殆ど語られる事は少ないですが、

前後の体重移動について考えてみましょう。

ゴルフは前傾するので、アドレスでは当然つま先寄りに体重が

かかります。

猫背ほどかかと寄りに移動しますが。

では、ダウンスイング時には「どうなるように」意識するべきでしょうか?

または、結果的にどうなるべきなのでしょうか?

1、つま先?

2、足の前後真ん中?

3、かかと?

ゴルファーにとっては、左への突っ込みだけではなく、

前への突っ込みも大きな課題ですよね。

伸び上がりも前への突っ込みの結果です。

脇が空き、グリップが体から離れ、腰が前に出てしまいます。

みなさんいかがでしょうか?

前後に体重移動、分かっているようで実は結構難しい問題ですよ。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ロフトを立てる 9 テークバックでの右サイド

 スウェイしないテークバックでの右サイドの使い方を

簡単にまとめると、

1、右ひざを正面を向けたまま右脚、右足を外旋させながら、

右股関節をその場で切り上げる。


2、おでこから顎先のラインで前傾軸の維持を意識しながら、

同時に尾てい骨の位置をずらさないように意識する.



3、1,2から必然的に、肩甲骨がズルズルスライドしながら

左肩が顎の下に低く入り、右肩甲骨が真後ろ上方にスライドしていく

形になる。

今までスウェイしていた人にとってはかなり肩が縦回転している

ように感じるはず。


4、テークバックでは左の肩甲骨で押す、右の肩甲骨で引く、

は均等に使われる
ことにより、前傾軸がきれいに維持される。

巷での議論の「左で押す」でも「右で引く」でもない。

要するに、左サイド、左肩甲骨で押す力と、右サイド、右肩甲骨で引く力

は均衡しているべきである。(各人のくせ、イメージ、欠点修正にも

よりますが。特にリバースピボットの人は要注意)


フォローでの突っ込みを防ぐには、まずその大きな原因となっている

テークバックでスウェイを治さないとね。


くれぐれも、右腰が後方に引けるように右肩で引かないで下さいね。

両肩甲骨のスライドですよ。

スライドする分には「伸び上がり」は起きません。

右肩や腕を上げるからまずいのです。

むしろ、左グリップを逆に押し下げる事でヘッドを上げます。

精度も飛距離も肩甲骨のスムーズなスライドが勝負です。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ロフトを立てる 8 腕は縦に振る 横に振るから突っ込む

腕をに振ったら絶対に突っ込みますよ。

低く長いフォローと言っても

腕は必ずに振ります。

腕をに振るから体がスウェイし、突っ込むのです。

突っ込みがちなら、まず、そこを疑った方が良いですね。

腕は体の回転と遠心力により横に「振られる」ものです。


また、テークバックで頭が右にスウェイすると

ダウンで元に戻る反動で必ず左に突っ込みます。

前傾軸の頭が左右に大きくぶれる訳ですね。

頭を動かすことで体重移動をし易くする、

とよく言いますが、

また次元が違う話です。


肩の縦回転はアップライトのイメージではなく

前傾軸を維持して回転するイメージです。

左肩をあごの下に入れ、右肩を入れ替えるイメージですね。

前傾維持とは結構そういうイメージになると思います。



テークバックで前傾軸を維持する=特に頭をスウェイさせない

ための右サイドの使い方、動き方が非常に重要ですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

モバイルPC Dynabook R731へ買い換え検討中 

今使っているモバイルPCがこれ。dynabook SS RX2SL。

SSDで光学ドライブ付きで約900gの名器ですね。

SS RX2 2

この性能でこの軽さ、薄さはモバイルではLet’s noteより

確実に上ですね

まだまだかなりきれいで、SSDなので十分高速なのですが

USB3.0がない、32bit、webカメラがなくスピーカーがしょぼい、

C2Dでは動画のエンコが厳しいですね。

外出先でyoutube用に短い動画編集でもできたら便利なんですが。

SS RX2 1

SS RX2

CPU性能を除いて現実問題今話題のウルトラブックより良いです。

重量もこの方が全然軽く、しかもドライブ付きですからね。

外付けが安く軽くなったとはいえ、やはりないと何かと面倒。

ウルトラブックはむやみに薄いだけで実は結構重いし、

RAMも増やせず、何と言っても致命的なのはバッテリーが交換できない。

どれほど薄くても、その点は実用性からして譲れませんね。

800gなら十分考えますが、まだ未熟ですね。

予備バッテリーがないなんてはっきり言って使えない。

SS RX2 5

パームレストのクロのパッドは100均のマウスパッドで自作。

Goodですよ。セロテープ丸めて裏面を軽く付けてるだけ。

写真のバッテリーはヤフオクで山ほど格安で入手可能です。

ちなみにこのバッテリーは東芝純正品の中古で1000円入手。

全て当たりで各々6時間は持ちます。

これで出先でもACアダプタなしで18時間はOK。

この点が型落ち売れ筋商品のメリットですね。

自作パッド2

しかしモバイルでもAC電源で使うことも多い訳で、そうなると

バッテリーを終始外せないウルトラブックのバッテリー寿命は

著しく劣化が早い筈です。

充電池は100%超えてのAC接続は致命的な負担ですからね。

その点ハッキリ言って今のウルトラブックは半分おもちゃですね。

とても買いたくなる代物ではありません。


 今回は作業性を考え、もう少し画面の大きい13.3インチが

ターゲットです。

で、候補はやはりDynabookで、SSの後継機のR731。

PCは30年まえのDOSから使ってますからね。

ラップトップの時代からやはり何と言っても世界のDynabookです。

数十年後発の家電屋のLet's noteやVaioはちょっとね・・・。

Let'sのブサイクにやたら分厚く醜いデザインは絶対に許せないし。

あっ、使ってる人ゴメンネ。

東芝製SSDの優秀性、起動の速さ、安定性、信頼性、

サポート体制、Vaioのように山のような糞ゴミソフト

がないのも絶対条件ですね。


で、第一候補でなんと激安情報発見

ヤフオクの中古より安い位です。

東芝ダイレクトのキャンペーンです。

dynabook R731/W3PE(PR7313PERGBW)

13.3型ワイド/i5-2450M/SSD/WiMAX)【ポイント10倍】

で実質9万円弱。激安ですね。5万5千円位の値引きですね。

今日午後まではポイント5倍でした。

やっぱSSDモバイルノートは東芝でっせ。


東芝ダイレクトPC dynabook R731


これか、超激安のASUS ZENBOOK UX31E-RY128
(薄いだけで実測1.4kg以上。公称1.3㎏よりはるかに重い)

がコストパフォーマンスでベストなモバイルじゃないかな。

R731 3

仕様詳細

ゲームやらなきゃモバイルならi5で全然充分です。

R731 2

今はChrome、Gmail、クラウド、スマホで完全に同期してるので

PCが何台あってもPCの子守の手間は大してかからないですからね。

クラウドはYahoo,Skydrive,Dropboxで無料で80G位、

SDHC32G、USB3.0 32Gも3,000円ですから

下手に容量を大きくするよりSSD128GBの方がbackupが楽。

う~ん、この値段なら欲しいな、ポチりたいな・・・・・。

これ買うと家にPC8台、タブレット1台、それにいつのまにか

どんどん増えたスマホがゴロゴロ9台になってるし・・・。

もうHDDなんかのろまで使えませんわ。

ゴミ処分しないと。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ロフトを立てる 7 ヘッドを立てる

野球のバッティングって参考になりますよね。

この記事非常に面白いです。

少年野球教室 なぜヘッドが下がるのか?

ゴルフでもヘッドを立てる意識でスイングが全然変わります。

手首の角度が維持され(リリースが遅れ)、脇が閉まります。

さらに、左グリップを押し下げ、右ひじを引きます。

右ひじを吊り上げるように右脇を占めてインパクトしてから

右ひじが伸びて右肩が低く入っていき低く長いインパクトになります。

まさに野球同様このイメージですね。

img-102.gif

グリップが浮いて、脇が空き、トゥー側が下がっては

話になりません。

フェース面よりソールを意識、ですね。

球に合わせて「しっかり当てよう」とする程良くないですね。

球は無視して自分のスイングをする、ですね。


しかし、アーニーエルス、藤田寛之プロのスイングって

やっぱりゆったりで参考になるイメージですよね。

でもエルスのグリーンオーバー、パターでの転がし上げの

アプローチショートは痛恨のアンラッキーでしたねー。

ジム・フューリックもあれだけ頑張って最終ホールでの悲劇。

つくづく「運命」の悪戯を感じさせるUS.Openでしたね。


国内女子はあまりに韓国勢の圧勝でいまいち面白くないし、

次の楽しみは松山英樹選手の全英出場ですね。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

US.Open タイガーチャージが見れるか

今USOpenの3日目を生で見ています。

しかし、結局主役はタイガーですね(笑

私生活での世間の制裁、左ひざの故障、スイング改造を乗り越えて

戻ってきたスーパースターが必死に黙々と耐えて戦っています。

今エルスがロブショットのチップインでイーグルを取りました。

なんと17歳のアマチュアのホスラーが4バーディーで+3です。

17歳の高校生ですよ。凄過ぎですよねー。

藤田選手も耐えて頑張って予選通過しましたね、立派です

「自分ができる事だけをやる。」と言っていましたね。

そこなんですよね、なかなかできないことですが(笑

また、是非タイガーチャージ見たいですね


カブトムシが羽化しました!!羽化直後ですよ。

今年は昨年よりうまく育って大型です。

20120614 羽化 小

20120614 羽化2小

毎年卵から見ていますが生命の神秘ですね!!
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ロフトを立てる 6 腕は伸ばすのではなく伸ばされる

 なんか毎日涼しいですね。

このまま秋までずっと涼しいと良いんですが。

毎年飼っているカブトムシは全て蛹化して

今月中には全て羽化するでしょう。

毎年羽化不全が数匹いてかわいそうなので

今年は全て人口蛹室を作って羽化を観察したいと思います。

毎年言ってますが是非ミヤマクワガタを採りに行きたいな・・・

娘は夏休みは夏期講習、夏期合宿で夏休みが数日しかありません。

勉強漬けの夏休みになります。

あとは数日田舎に帰省して終わりですね。


 いよいよ明日からUS.OPENですね。

復活をかけたタイガーとミケルソンの同組対決が楽しみですね。


 前回までの続きですが、腕を「伸ばす」と「伸ばされる」の

微妙な違いでとんでもなく大きな差になります。

「低く押し込む」と言っても腕を能動的に突き出すように伸ばす

のではなく、ヘッドの遠心力によって、ヘッドに引っ張られて

腕が伸ばされるのが正解です。

そして腕が伸び切ってから肩が回され、右肩が出て行く。

ヘッドの遠心力を無視して無理に飛球方向に腕を突き出して

ヘッドを出して行くと、打つたびにローテーションの量が変わって

捕まりすぎて引っかけたり、それを嫌って押し出したり、ですね。

「打ちに行く」とやられますね。

そこんとこ気を付けると、突っ込みや、肩の早い開き、

また、体の残し過ぎも防げます。


 これ、なんとクロックスのゴルフシューズ。大人気ですね

やっぱりクロックスは楽チンで好きなのでメチャ気になります。

練習用に買おうかな・・・・。

しかしほんとにハンク・ヘイニー監修かな?(笑



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ロフトを立てる 5 目線を低くする

当然のことなのですが高い球を打ちたい時は目線を高くしますね。

逆に低い球を打ちたい時は目線を低くします。

殆どの方は無意識にでもやっている訳ですが。

そうする事によって左腰が左に出たり、腹、胸が上を向き難くなり、

インパクトゾーンでのグリップの上昇を一瞬でも遅らせることができます。

リストターンが減少し、球を押し込み易くなります。

ビハインドザボールと逆ということでは全くなく、

軸を傾けないで腕を低く伸ばしていき、ヘッド自身が行きたい様に

低く出て行ける様に右肩を出して行くということです。

右肩が止まってしまうと左肩支点より右肩支点になり

急激にヘッド軌道はインサイドに上昇へ向かってしまいます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ロフトを立てる4 スイング軸を傾けない

ティーアップしたボールでも低く長いフォローでライナー

を打つイメージがロフトを立てて「押し込む」スイングですよね。

一見ビハインドザボールと低く長いフォローは逆Cになる様な

イメージを持たれる方が多いかもしれません。

しかし、これは下半身、特に左腰がスウェイすることが原因です。

フィニッシュでおなかが突き出るようではかなり問題ですね。

要するにスイング軸を傾けない

それはビハインドザボールでも問題なく可能です。

アイアンで飛ばそうとしてスタンスを広げすぎたり、

左右の体重移動が大き過ぎる事が大きな原因でしょう。

クラブは右から左に振りますから勝手に体重移動するので、

私は左右の体重移動なんか無視した方が良いと思います、

もちろん手振りの明治の大砲の場合は例外ですが。


 もし、これができるなら、

私はスコアアップに最も即効性があり簡単な手段何だ?

と聞かれたら「スチールシャフトの7woodを買う事だ」と答えます。

ウッドの形状を意識せずにアイアンと同様に

上記の打ち方ができれば、200Yの木越え、池越え、

バンカー越えでも上からズドンとグリーンをダイレクト

で狙えますからね。

真面目に気合を入れて3Iなんか使うのは全くバカバカしく

なります。適当に打ってもミスは3Iの数分の一だと思います。

もちろん「ダウンブローと傾かない軸」が重要ですが。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR