ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

肩甲骨でバックスイングとは3  腕は前ならえ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

たったの2分のビデオですが内容が濃くて良いですね。

前回の続きですが、

左正拳突きなので左グリップが下がり、右グリップは上がります。

これによってテコの原理でヘッドは上がります。

ヘッドが上がる勢いで右腕はさらに上がります。

縦回転で左肩が下がり、右肩が高くなるので右腕は勝手に上がります。

ここまでがこのビデオですね。



質問にもありましたが、問題は腕で上げるなと言っても

実際問題トップまで上げなくてはならない。

どうしたらいいのか

「前ならえ」の感覚ですね。

トップで上腕は水平ですから前ならえまで上がれば十分。

その後は右ひじを90度に曲げるだけでトップの出来上がり。

前腕を「上げるのではなく、垂直に立てる」だけです。

上腕前ならえで、前腕90度に立てる。

左腕は伸ばしてついていくだけですね。

そうすると腕を上げる、クラブを上げるというより決まった形

を取るだけですね。実際それだけでもかなり高いです。

前にならえなら誰がやっても100%同じ形になりますからね。


 「前にならえ」は他にも様々な効果がありますね。

1、左右の腕をシンクロさせそれぞれの腕に無駄な動きをさせないので、

2、腕と体もシンクロし、クラブを体の前に維持できる、ずれない。

3、基本的に手の甲を縦に維持するという感覚が掴め、

手の甲の向きの変化が分かるようになる。











人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肩甲骨でバックスイングとは2 肩を閉じる=左肩甲骨の外転

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

インパクトギリギリまで「腰が開いても肩が開かない」

これは果たして本当なのか

プロの上半身はこんにゃくのようには柔らかいのか

プロのスイングを見ると明らかに肩が閉じて見えます。

後方からよく見ると左肩と言うか左肩先端だけが閉じて

後方を向いています。

実はこれは肩甲骨の外転で左腕と左肩が張り出して飛球後方を

向いているから閉じている様に見える、というか、

まあ実際それで肩が閉じている訳です。

ここに気が付かないとね。

124324110157816122952_07a.jpg

124324115272616123173_08a.jpg

124324120088716316567_09a.jpg








人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

肩甲骨でバックスイングとは1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

Youtubeで非常にナイスなビデオを見つけましたのでご紹介します。

まさに私がこれまで言ってきた

◎ ヘッドを上げる為には左グリップを押し下げる

◎ 肩は縦回転でテークバックで左肩を押し下げる
  だから左グリップは下がる

◎ 肩甲骨でテークバックする

◎ 右脚、足の外旋を使うことでスウェイしない
  股関節が入る

◎ 以上でテークバックでは頭は動かずスウェイしない


と同じ事を非常に簡潔にうまく説明したビデオです。

説明用語、切り口は全く違いますが内容は同じです。


 私が好きなダウンブローの「陳清波プロ」の愛弟子で

原江里菜プロのコーチの「森 守洋 もり もりひろ」 ツアープロコーチ。

暫く前からよく出てますね。

ひたすらダウンプローを中核とするスイング理論展開がメインなので、

今までと違い独特であり、簡潔で、非常に一貫性を持っています。

1977年、私と同じ静岡県の下田市出身ですね。

95年に渡米し、サンディエゴで4年間ゴルフを学び、

帰国後、陳清波プロに師事しています。

たった2分ですので先にご覧下さい。



内容は、申し訳ないですがハッキリ言って表現が分かり難いです。

非常にもったいない。ビデオの内容を順に私なりに説明します。

◎ まず最初に、テークバックでただ肩を深く(水平)回転させる意識だと

「体がずれる」と言っていますが、要するに軸となるべき頭が

大きくスウェイするという事です。当然戻す時に精度がガタ落ち。

肩の回転に意識を置くテークバックだと、ダウンでは今度は逆に

肩を元に戻す回転になるので肩が即開いてしまう。

◎ だから、「右サイドを引く」と言っています。

しかし「引く」は「引ける」に繋がるので実際かなり危険です。

「右サイド」と言えば、殆どの方は右腰、右お尻、右肩だと思うでしょう。

いずれも引くと殆どの方は「右膝も引けて」しまいます。

字幕では「肩を引く」と出ていますが、肩ではまた同じ事で

ダウン開始に即肩が開くことは変わりません。

「肩甲骨」を意識した方が確実に良いですね。

なぜなら肩は完全に上体の一部なので、肩だけ別の動きは不可能。

しかし肩甲骨は可動域分だけは肋骨と分離して動くので、

上体とは連動しない

また、肩甲骨意識だと確実に可動域が広がる。

◎ 左肩甲骨とその先の左グリップを下げて、右肩甲骨を引くと

ヘッドはテコの原理で上がる。

テコを使わずに手でクラブを持ち上げたら伸び上がって、

体が浮いてしまう。


私の言葉で通訳するとこうなります。

私が言いたかったのは正にこのビデオと同じです。


まだまだありますよ。


つづく



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ワンコが出てきて唖然茫然

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


結構長いスーパーな記事を長時間かけてやっと書き上げて


無事アップしたんですが・・・・・


なぜか大マヌケにもアップした後に別のタブの古いデータを


上書きしてしまった・・・


で、チェックしようとブログを見たら


まだワンコが・・・・・・・・・





唖然茫然、茫然自失・・・・




ショックで書き直す気力がなくなったので、





寝ます。



WBCも今日の貧打ではちょっと不安だな~



おやすみなさい




人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

超絶必殺大奥義!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


ついに解き明かされる、


超絶必殺大奥義




それは・・・・










































どっかで見たワンコ。

こいつ俺より稼ぎが良いんじゃないか

寝てる・・・・・・・・・・

父さん11













チャーンス














































































父さん21
































































父さん31

ガッははっ









いや・・・・決して無理やり更新しようとしてる訳じゃ・・・(汗









えっ必殺大奥義






「ゴルフはそんなに甘くは無い」・・・・・お父さんの格言。




人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

オリンピックでのレスリング廃止は絶対に許せん!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

 下らない記事ですが、なんと4日連続ブログ更新ですよ

7ヶ月ぶり位 の快挙かな

最近は更新が月にたった3回とかだったんですね(笑

それでも来て頂ける皆さんに大感謝です。


 昔からヤフオクは結構楽しく使っていましたが、

スマホ用ヤフオク公式アプリ ヤフオクアプリ

でヤフオクがかなり便利になりました。

入札だけなら5,000円以上の入札も毎月399円の

ヤフオクプレミアム会員費をボッタクられずに

済むようになりました。今のうちは・・・ですが。


出品の場合はプレミアム会費必須ですが、出品手数料は無料。

出品者登録手続きもスマホで一瞬で済みます。

面倒な住所確認とか日数がかからなくなりました。


 ただ、問題は無料なのはスマホアプリでの出品のみで、

スマホでもブラウザ使用だと無料じゃないですね。

このアプリが実際どれだけ使い物になるかまだ不明ですが

取り敢えず使ってみたらカスタマイズ性はゼロ。

なんかこの辺が、あのグループ企業の体質から考えると、

無料という餌でつられて結局は使えないアプリのせいで

またブラウザを使う羽目になり、また延々とプレミアム会員費と

出品料をボッタクる陰謀かと疑ってもしまうのですが。


でも、まー、手間はかからないので取り敢えずものは試しに

使ってみました。

出品料が無料ならまー良いか。つっても一回10円だけだけど。

でもホイホイ売れればいいですが延長やら、

価格変更してると結構バカにならないですからね。

一応アプリは超シンプル設計で超簡単に使えるので

スマホで速攻で本人確認、即出品者登録完了。

本当にメール返信で数十秒で済みましたね。

で、アプリで速攻で書いて出品しちゃいました。

出品時だけスマホアプリ利用条件で後はブラウザ使用もOKみたいです。

昨晩一気に5品出品したけれど、とっとと売れないかな。

邪魔な要らんクラブやらみんな売っちゃおうかな。

面倒なんで期間は2日だけに短くして、価格も相場数千円の商品を
(そもそも6日ってスゲー時間の無駄としか思えない)

100円スタートにしたら数十分で速攻で札が入り驚き。

ぶっ飛んでくれ・・・・まー無理だな。

しかし良く見てる暇な奴がいるなぁ~、住人か


 しかしヤフオクの取引も昔よりかなり大幅に減ったみたいですね。

今の日本購買意欲がない、物が動かない・・・ド不景気。

これで消費税が上がったら福祉以前に日本の先行き空恐ろしいわ。

自民党の大して使えない世襲議員達よ、多少は期待してあげるから

口先だけ君達の微々たる力の200%、いや500%位の力を出し切って

ミサイルやらテポドンやらの盾となり、

一生に一度位は自分達の懐勘定の為だけではなく、

お国の為に馬車馬のごとく働いみせてくれ。

また半べそかいて「僕ちゃん総理やめる~」って言うのは

止めて欲しい。日本の恥晒し者が再度総理とは情けない。


我々そりゃーもちろん世界平和の為にゴルフで頑張るんですよ。


あっ、そういえばオリンピック種目の入れ替え問題で大騒ぎ中ですが、

「ゴルフで世界平和」と言ってもゴルフの犠牲でレスリングが

消えるのはゴルキチとしてもちょっと道理が通らないかな。

IOC委員15人のうち9人が欧州人ですか・・・・。

国技の柔道も完全にフランスに乗っ取られちゃったし。

しかし同じ格闘技でも遥かに伝統のあるレスリングよりテポドン、

いや、テコンドーの方が採択とは100億歩譲っても信じられんな~。

アングロサクソンのじいさん達の横暴さも全く無茶苦茶ですね。

オリンピックでレスリング廃止は絶対に許せん


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

レイドオフの大きな勘違い

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


レイドオフでの勘違いがかなり多い様ですね。

もちろん巷のレッスン書のウソっぱちによる

認識違いのせいでもあるでしょう。

レイドオフとはトップの収まり位置だけの問題です。

アドレスからトップまでの途中経過の軌道も、

途中での手首の使い方も全く関係ないのです。

トップでの位置だけの問題なのです。

仮にテークバックでどんなに思いっきりアップライトに上げようが

トップでフラットでシャフトが飛球線と平行よりも背中側に外側を

向いていればレイドオフです。クロストップと逆ですね。

逆にどんなにフラットに、アンダーに上げようがトップで

右肩の上方より頭側にアップライトに上がり、さらにヘッドが頭の方向

を指せばクロストップやオーバースイングになり、

これを「アップライトなトップ」と言います。

男性の場合はクロスもオーバーも良くないです。

女性の場合は身体が柔らかいので、ある程度は仕方ないです。

今まで何度か説明したようにアダムスコットもタイガーも

アップライトに上げていってもトップでは左腕と肩と傾斜がほぼ平行な

トップに収まります。(若干左腕が肩のラインより高いが)

要するに後方から見ると多少山なりにヘッドが動いて行くわけです。

そういうプロは多いですが、逆にアンダーに上げてトップでクロス

する男子プロはほぼ皆無ですね。

要するに、殆どのアマは「レイドオフはテークバックもフラット目に

上げていく事でトップもフラットになる」と勘違いしているみたいですね。

そうすると大体アンダーに上がり、意図に反してクロスし易くなります。

本当はアップライトに上げた方が多少ロールしてもレイドオフにし易い、

失敗し難いはずです。アンダーが最悪ですからそのリスクは避けたいのです。

この辺がゴルフの難しいところですね。


レイドオフを推奨している訳ではありませんが、

レイドオフの長所はトップからオンプレーンへの距離が短くなる事、

クロスしないので切り返しでヘッドが遠回りせずシャフトが

捻じれない事、トップで右脇が開かない事等、軌道がシンプルになります。


アンダーに上げないキーポイントは右肩方向へのコックを早目にすることです。

更にトップで右脇をあまり開けない事。開けるとクロスします。

そして、トップで右手首を力まず、柔らかくして伸ばさないで、

右手は出前持ちスタイルで甲側に曲げ、手の平を斜め上に向ける。

左手首は甲側に曲げず、真っ直ぐに伸ばす事。

そうすればトップでシャフトは飛球線と平行以上に頭方向にクロスしません。

そして、垂直に真下にストンとトップの状態のままクラブを落とせば

シャフトが捻じれることなく簡単にオンプレーンに乗り、

ダウンでも捻じれないのでヘッドはあちこちに暴れなくなります。

要するにレイドオフ自体は悪くないのですが、

間違ってもテックバックはアンダーで上げない事です。

いかがでしょうか


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

手首のヒンジングとコッキングの解明 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

何か如何にもカッコ良さげなテーマでしょ

コッキングとヒンジングの違い・・・かなり混沌としていますよね。

というか全世界のゴルフ界でもまだこの定義は確立されていないでしょ。

What the hell is the difference between cock and hinge

とか、よくアメリカ人ゴルファーも言ってます(笑

訳すと「コックとヒンジングの違いは一体何なんだよ、クソッタレ」です。 

一生懸命のゴルファーはさらに hell の前に fucking をつけて

「What the fucking hell ~」とするとよりネイティブっぽく、

マンチェスター・ユナイテッドの香川真司選手のチームメ―ト

のスーパースターのルーニー選手っぽくカッコ良くなれます(大ウソ 

(タイガーはこれらの用語でかなり罰金を喰らってます(笑
強いて訳すと「クソッタレのドアホ、お前のカーちゃん出ベソ」
って感じかなって、大昔のガキじゃないつーの(爆 )

私はコックはV字に縦、ヒンジングは横方向の手首の動き

とする解釈が分かり易く、一般的かなと思います。

英語圏でも cock コックがバーティカル vertical 垂直方向に近く、

hinging ヒンジングがホリゾンタル horizontal 水平方向とするのが

最も一般的だと思います。

ただ、少し違うのは私はコックはV字だと言っているように、

正確にはコックは垂直と水平方向の複合的な手首の動きを伴う

ものだと思います。

cock と hinging が完全に別物とすると説明しきれないのです。

要するにコックとヒンジングの両方合わせて「コック、アンコック」

と言えると思うからです。特にインパクトゾーンではそうです。


 さらにコックは意図的、能動的動作で、ヒンジングは意図的ではなく

遠心力の作用によって受動的に加わる
という感じです。

もちろんヒンジングも重要な要素であり、受動的にうまく利用するのですが、

球を引っ叩こうとして能動的にスナップを使うヒンジングは別物で

かなり危険です。これは何時も言っていることですね。


特にインパクト前後の手首のコッキングとヒンジングの複合的働きの解明

が、真下に落とす、縦に振る、V字軌道、ダウンブロー等の

分かり難い手首の複雑な動作の連携を解明するキーになると思います。

これからここで徐々に解明していきたいと思います。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

手首のヒンジング 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


ヒンジ hingeとは英語で「ちょうつがい」で

ヒンジングhinging は肘や手首の

「関節(ちょうつがい)を曲げる事」です。

肘の動きは曲げ伸ばしのみで自由度がないので簡単なのですが

手首の動きは複雑怪奇になります。

縦、横、斜め、ローリング・・・・・。

一般的にコック、アンコックはV字軌道の斜めの動きです。

ダウンのアンコック時にはこれに遠心力がとてつもなく

大きく働くので当然テークバック時のゆっくりで

遠心力のない状態でコックを作る動きと、

アンコック時の動きは逆や、対称という訳にはいきません。

アンコック時の方が遥かに速く、ローリングも加わるので

極めて複雑で複合的な動きになります。

この部分の動きを詳しく認識しないと

ライ角を維持してリリース仕切るとはどういう事だ

となりますよね。

それに確かに縦のリリースだけでは絶対にダフりますしね(笑

体の横回転だけでそのダフリを阻止できるものか

そのカギは縦の遠心力と横の遠心力によって

縦のヒンジングと横のヒンジングが起こるからですね。

それをうまく利用する。

遠心力による横のヒンジングと体の回転の一致ですね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ラテラル・ヒップ・ムーブメントはドローでは大きいか小さいか?

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

 質問にありましたが、

lateral hip movement: ラテラル・ヒップ・ムーブメントの

lateral は英語で「横、側面に向かった」、hipは「臀部、腰の」

movementは「動き、動作」で、ゴルフでは

「ダウン時における左への腰の移動」という意味です。

同様に「movement」以外で「lateral hip~」と言う形で

「~」部分に使われる単語は、

move、shift、slide、drive、bump、sway 等がよく見られます。

 英語の勉強みたいになってしまいますが、

そもそもゴルフ用語発祥の英単語では似たような意味でも

それぞれの単語が持つニュアンスがかなり違いますので

そもそも下手な訳で日本語に化けたレッスンは注意が必要な訳です。


 上記の単語は皆、微妙に意味あいが違います。

それぞれの動詞での意味は、

bump バンプは「ドンとぶつかる」で動作の「勢い」があります。

同様にdrive も「(勢いよく)突進する、ぶち当たる」という

意味も含んでしまいますので要注意です。

逆に、slide は「滑らかに動く、滑る、そっと動く」という意味で

過激な力強い動きではなく、

shift は動きよりも「移す、変える、換える、交替する」という、

ゴルフだと右から左へ「移し替える」という意味を含み、

sway は「ふらつく、ぐらつく、ぶれる、動揺する」で

「安定しない動き」という悪い意味を含んでいますね。

面白いのは、これだけ違うとどの単語がゴルフスイングでは正しいのか、

またどれが自分のイメージとマッチするか選択の余地が出ます(笑


例えば、バンプはこの「勢い」の点の解釈のミスで混同される為

よく論争の的になります。そもそも lateral hip movementは

そう言った微妙な語弊を生じない為に輸入されたのです。

私もbumpやdrive の「勢い」はスウェイにつながる危険性があり、

誤解を招く言葉なので好きではないです。

果たして「ドスンと当たる」バンプほどの過激な下半身リード

による体重移動が切り返しで必要なのか

全然必要ないでしょ。バンプでは激しいミスリードですよね。

movement、move、shift、slide ならOKです。

私はshift なんかまさにイメージとして丁度良いと思います。

単純な右股関節から左股関節への乗り換え、荷重の移し替えで、

「移動する」というswayに繋がる可能性が最も低くなるからです。



 タイガーもマキロイもドライバーショットではアドレスから

インパクトにかけて10㎝程度は左に移動しています。

この10㎝程度が大きいかどうか、どこまで意図的か自然か。

ドライバーではもともと右股関節荷重で右に少し移動している事も

考慮すべきでしょう。

切り返しの下半身リードでも、遠心力でも当然起こります。

果たしてこの10㎝程度を意図してdriveするべきか?

それともswayを止めようとして左壁を強くしても結果的に

意図しなくても自然に10cm程度動くものなのか?

では、どれ位なら適正か?

視点を変えると、

ハンドファーストになる為に、ヘッド軌道の最下点が

アドレスよりダウンブローで球の先に移動する為にも

必要ですよね。


 また、ドローとフェードでも変わるのか、もしくは変えるべきか?

もちろん変わります。両者を比較すると

ドローはヘッドをインからアウトに振り出したいし、

フェードはフォローでインサイドに振り抜きたい。

要するに、ドローはフォローでは絶対インサイド

に入らない様にしたい、となると体が自然に反応して

ダウンでインサイドにグリップを落とす為に

空間を作らなければいけないので、 lateral hip movement が

多めに起こり、インサイドアウトのインパクトになる。

逆に、フェードはインパクトゾーンでインサイドに抜きたいので、

lateral hip movement を少なくして、フォローでインサイドに

腕の抜け道を作りたい。

ちょっと分かり難いかもしれませんが、移動量によって

インパクトゾーンでのヘッド軌道が変わるのです。

単純に頭の動きに注目すると、

むしろドローの方が頭が左に動き、フェードの方が頭が残る。

従って、よくあるケースで極端に頭を残し過ぎて結果的にフォローでも

頭が残ってしまう=クラブに引っ張られて左に乗っていけない場合は

フェード打ちと同様になり球が捕まり切れないですね。

従って左に乗って行けないのはインサイドにヘッドが抜けている証拠

とも言えるのです。


もちろん多くのアマはswayして頭から突っ込んでスライスを打つ。

しかし、これは上記のドロー打ちと全然違って、

その前に下半身リードと一緒に肩がガバッと開いて、

アーリーリリースでコックが思いっ切り解放され、

左ひじが引けて縮んだままの腕でフェースが開いて上を向いたまま

アウトサイドイン軌道で球をコスリ上げるからである。

なのに、もっと飛ばしたいゆえに、更に過激に体重移動してバンプ

してたら・・・・・・・

もうゴルフにならなくなってしまいますよね。

だからゴルフは難しい・・・・・。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

シャフトの前倒し感覚3

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

「シャフトの前倒し感覚」ですがなかなか難解だと思いますが、

グリップを体の中心に向けて、体の前傾方向にシャフトを倒す感覚

ヘッドがアウトに出る前にそれを可能にするためには、

体、胸が右を向いているうちにグリップ、次にヘッドを右脚前で下す

事が不可欠です。

要するに体・肩が開かないうちに下す=下す前に開かないで我慢する

ことが条件になります。

そう、極当たり前のことなのです。

 なぜシャフトを倒す感覚が有効なのか

多くのアマはコックのリリースでヘッドを下げるので、

コックを維持したままヘッドを下げる為には

どういうイメージを持ったら良いのか考えて辿り着きました。

もちろん万人に有効なイメージではないですが、

結構妙案だと思います(笑


更にクラブが常に体の前にある=クラブを右にずらさない

=振り遅れない=体が先に開かない、とも言えます。


 「シャフトの前倒し」と意識すると

体の開きを抑え、クラブを体の前に維持し、前傾を維持し、

体の浮きと右踵の浮きを抑え、タメを維持し、

脇を締めてグリップを引き付ける必要性が理解し易くなると思います。


グリップの引き付けについては左グリップを引くとテコの原理で

逆にコックが解けシャフトが寝るので、脇を締めることで引き付けます。

その点に注意して下さいね。

右手首を柔らかく維持したまま角度を維持し、脇を開けない、ですね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スクエアグリッップ以上に遥かに大事な縦コックし易いグリップ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

 スクエアグリップについてのご質問がありましたが、

何をもってスクエアグリップと言うべきか、

「スクエア」の定義が事実上不可能なので、

「縦コックをし易く、そしてそれを維持し易く、

さらに、力んでもコックが解けにくいグリップ」

を考えてみましょう。

 
 そもそも本来コックは、ほぼ縦に作ります。

「シャフトを立てる」と言う言葉も同義です。

右手甲方向への横コックでは単なる振り遅れか、

またはコネる結果になります。

要するに、クラブが体の正面から右に大きくずれるからです。

するとフェースは開く。

ズレたものは戻し、開いたものは閉じなければならないですよね。

わざわざ面倒な作業を増やすのは不合理でしょ?

グリップは常に出来るだけ体の中心を向いているべきです。

もしくは分かり難ければ、

クラブ中心に考えると「体を常にクラブに向けている」

と言った方が分かり易いかもしれませんね。

「怠慢こいて手先でテークバックするな」

っちゅうことですな。

そして体の中心として「へそ」を意識すると

具体的で簡単になると思います。

これは、クラブヘッドは常にへそのほぼ前方にある、

正確にはインパクト時には必ずへその正面に戻る、戻す、
(細かい誤差は無視。あくまでより再現し易い意識です。)

だからへそで球を打つ=「へそ打法」とも

私は呼んでいます。


要するに、 スクエアグリップ云々よりもまずは

縦(右肩に向けて)にコックが作れるグリップが

正しいグリップの大前提になるのです。

実は解ってしまえば簡単なことで、

例えば、左手がフック過ぎたり、右手を下から

グリップすると、コック方向は右肩より

フラットになりますよね。

そう言うアマはメチャメチャ多いです。

これではインにアンダーに上がります。

自ら関節がそう曲がるようにグリップしている

のですから当然仕方ないですよね。

縦コックではないので「いつまでもヘッドが上がらない」

事が問題なのです。

「ヘッドをインに上げ過ぎる」人の最大の問題は

実は単にコックが遅過ぎる、若しくは縦コックが

出来難いグリップにあるケースが非常に多いのです。

これは、気がつきにくいでしょうね。

それに気がつかないと、ただアウトに腕を出してしまう、

すると更なる悪循環に陥るケースが非常に多いです、

というか既存のレッスンでは殆どその点を指摘しない

と思います。

全く逆に昔レートコックが大流行したくらいですからね。

早いコックへの修正の指導も少なく、なかなか困難でしょうね。


 上記の様に横コックもしくはコックが遅いと

クラブは体の正面から大きく右にズレていきます。

特にスナップを使ってインパクトで球をより強く

ひっ叩きたい方は確実にそうなりますね。

でもそれでは著しく再現性が劣るし、

バックスピンが増えて全然ダメですね。

スナップを使えばヘッドスピードだけは多少上がる

左手が強い右手に負けてフォローで詰まります。

すると左肘が引けて、左腕が伸びきらないので

ヘッドが走らず球を押せません。

左肘が引けるとインパクト後にヘッドは即跳ね上がり

重心の短い短銃同様でラインなど決して出ません。

デカい衝撃音だけで、飛ぶ様な気がするだけの錯覚です。


また右手がウイークで被っているとコックは真上、

顔方向に上がってしまいますよね。

ここまで解れば、

実は、「縦コックし易い=コックが解け難い」

と言う事に気が付かれると思います。

やってみれば即分かる事なんですけどね。

これで正しいグリップ、少なくともお話にならない

グリップかどうかはチェックできますよね。


で、更にグリップを力んでもコックが解け難い

グリップを探してみてください。

実はそれが有るんですね。

どのレッスン書にもそんな事は書いて有りませんが。

そのヒントが肩、目線の高さの木の枝打ちや

膝付きショットにあるのです。

縦コックを解きグリップが浮いたら絶対に

自在には打てません。

ロングショットで「完全にコックを解く」と言っても

それはインパクト前やインパクトと同時ではなく、

インパクト後にインパクトゾーンの中で徐々に

延びていくものであり、多くの方はインパクトと

同時に伸び切るべきだと勘違いしていると思います。

これはとんでもなく大きな勘違いですよ。

ヘッドは重く、遠心力はとんでもなくバカデカイです。

それは到底力で止められる代物ではありません。

左グリップを下げ右手を引いて「テコ」を使うから

可能になるのです。

当然この場合コックが残っていないと無理ですよね。

確かにこれは分かってもかなり難しいです。

出来ないのは全く不思議なことではなく、

単に知識と練習不足だからです。

 もう一つ肘から落とす良い体感方法はつるはしの様に

クラブヘッドで柔らかい地面をかなり強く叩いてみることです。

アーリーリリースでヘッドから下ろすと

100%グリップ、肘が浮いてコックがほどけトゥ側から

地面に当たり、伸びきった手首を痛めます。

逆にヘッドを無視して放置して、肘、次に手首

と落として最後にヘッドがヒール側から

地面に食い込む様に試してみてください。

この時腕力で無理に下に引っ張りおろすと

余計にタイミングが毎回ずれて

ヘッドの重みを上手く利用できない事が解ります。

むしろ腕力ではなく、 腕とクラブヘッドの重さと、

背筋による前傾体制を利用して肘から落とす方が

より効率的に再現性高く強く地面を叩けると分かる筈です。

これが「自然落下」と言われる所以です。


 それらが解れば「クラブは体の前にある」、

若しくは、「体は常にクラブに向けている」、

また肘から「自然落下」「コックを維持してインパクト」

等の必然性が分かると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR