ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

パッティングは腕の下の筋肉

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

パッティングは腕の下=小指側の筋肉を使います。


それだけで転がりが断然素直になります。

グリップの下側がしっかり動くので

ヘッドをコネないわけです。

下側を使うのはパッティングだけじゃないですが。

右手親指側=上側の筋肉は最悪ですね。

下側を使う意識がなく、無意識だと

日常的に使いがちな上側を使ってしまいます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト

パターのウエイトを両方14gから16gに変更。ヘッド重量合計4gUP。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

中古で16gのウエイトを2個1000円で購入。

イッチ―ビッチーのウエイトを

左右共に14gから交換して

ヘッド重量を実測で約4.5g増加しました。

16g 2_R2

各ウエイトの重量は結構いい加減で個体差有り。

左側の16gの方は素材が変わって

むしろ体積は小さくなった

今後更に鉛を追加しての改造余地有りですね。

これなら16gから20g位へのウエイトアップは可能でしょう。

あと合計で8gUPでもいけちゃいますね。

16g 3_R2

うん、うん、更に良い感じに仕上がってきましたよ

オリジナルの4gから左右16gへと

合計で12x2=24gもヘッド重量upですよ!!

クラブ全体ではグリップ変更による約20gup、

カウンターバランスによる59gupも入れると

なんと20+59+24=103gアップですよ!!

でもそれ程重く感じず、グリップ浮かず、

グリップ起動が安定、ライ角維持容易、

バックストロークを大幅に短くしても

球足がいい感じで伸びた。

今のところ良いこと尽くめですね。

カウンターバランスの威力、

かなり恐るべし

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

DIYでパター改造  自力でライ角調整の秘伝!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

今日なんとDIYでライ角調整に挑戦しました。

実はこのスパイダーセンターシャフトは

ヘッドを踏んづけてシャフトをただエイヤ

で曲がるという巷のオタク達の噂がありまして
(もちろんシャフトが曲がらない様に慎重に。)

で、面倒なのでやっちゃいました。

何の技も力も要りません。こうです。

ライ角調整3_R2


ただシャフトが曲がらない様に、ネック部分にパワーがかかる様に

シャフトを力でグリグリ立てるだけ。

ま、どうせ失敗したらショップで直せばいいやと軽い気持ちで。


イッチー・ビッチーのメーカー公表ライ角値は70度です。

ショップでの実測で70.5度でした。

何度も試打、インパクト時のビデオ撮影の結果73度位に立てようと決定。

何の科学的根拠も無し。

ただ過去の経験上気持ちよさげな感じなので。

ライ角矯正前の70.5度の写真を撮るのを忘れた。。。orz

結果はこの通り

やったぜ、ベイビー

ライ角チェック_R2②

ねー、ねー 73.0度ピッタリでっしゃろ

たった3回くらいエイヤで上手くいきました。

所要時間は約1分。

超簡単でまたまた拍子抜けですた。

おかげでライ角調整費3,000円浮いちゃった !(^^)!

もしかして自前調整を想定してこのネック設計したの

とか疑うほど超簡単です。

でも良い子は絶対に真似しない様に

普通2.5度はヒビが入る限界数値ですからね。

そのうちポロっとモゲルかも。

責任持てないですよー!!

まー、それでも中古で良品でも激安なんで良いんですけど。


最初自分で測って70.5度で合わせたので

たぶん大丈夫。

気分だから+-0.5度位はどうでもいいんです。

兎に角+2.5度は成功したんだから。

もちろんシャフトも曲がっていはいませんよ。

ぐるぐる回してチェックしました。

ネックもヒビは入ってないですね。

素材は鉄ですが、かなり柔いですね。

もちろんこんな事は初めての経験です。

今後たまにライ角チェックしないと
 
地面ぶっ叩いただけでもやばそうですね。


で、試打結果は。。。。。

Gooooood

完璧だぜい

バコ、バコ

スコン、スコン

入って

世界のエイオキも

ぶったまげ


これならまじでハンデ5縮むわ。

きっと、いや絶対、うん、たぶん。

ライ角って絶対気分的に超重要ですからね

少しでも合ってないんじゃないかと疑いがあると

気持ち悪くて手先で絶対に変な操作をしでかしますね。

気の済むように合わせた、というだけで確実に

スイングがスムーズに変わりますね。

1度未満は計測誤差なので構わないんですが。

自分で納得しないと絶対スイングがスムーズにできない。

パターを信用できないから。


これでクソッタレどもコテンパのゲロゲロにしてやろっと、

ウッシッシ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

バックストロークはできるだけ小さく

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

片山晋呉プロが以前こう言っていた。

「なぜタイガーはパッティングが上手いのか
それは バックストロークが小さいからだ。
バックストロークが小さければ、
それだけ軌道がブレにくくなり、
芯を外さなくなる。
方向性も転がりも良いボールになる。」

アマチュアはバックストロークが

大き目の人の方がはるかに多い。

インパクトで「加速」とは逆に緩めて合わせる。

センターシャフトはまずは芯を外したくないので、

バックストロークは小さい方が確実に合う。

また今回はカウンターバランスによって、

ヘッド重量を重くしているので

ストロークはむしろ小さくていい。


バックストロークを小さくする事に注視すると、

当然芯に当たる確率が高くなる。

そして当然フォローに意識が行く。

「点で打つ」より、「線でライン」が出る。

スイングは左右対称と言っても、

もちろんフォローの方が大事だ。


更に特に左グリップがしっかりする必要性が

理解できるはず。緩んでいたら無理。

また体幹で振る「へそ打法」の必要性もわかる筈。


グリップにも当然ルーティーンが必要で

私は左足前にヘッドを置いてライ角を合わせ、

シャフトと前腕を一直線にグリップしながら、

ライ角を維持したまま両肘を身体に引き付けながら、

球との距離を合わせて股関節から前傾する。
 
ライ角維持は明らかにカウンターバランスによる

大幅な全体重量の効果が大だ。

更に、股関節から前傾するからこそ、

股関節=下半身にどっしりと重心をかけられ、

だからこそ下半身が安定する。

すると背骨の前傾が常に一定するので

球との距離を一定に合わせ、維持し易くなる。 

また、股関節に過重しない猫背よりも

明らかにしっかり背骨に回転軸ができる。


更に「間」が短くならない様にテンポも大事。

1,2,3と。


結構良いことづくめですョ。

今のところ実験はかなり思惑通りに

上手くいっていますよ

部屋練では明らかにかなり、相当精度が

上がっています、マジで

距離感やパンチが入る問題はまだ不透明ですが、

かなり懸念していた「重心深度後退」による

インパクト感覚のタイムラグのデメリットは

既にかなり慣れてきているようです。

まーもともとパッティング下手だったし

もう、かれこれ1万発以上は打ちました。

世間一般で言われる程のデメリットより、

今のところ100倍メリットが大きい感じです。

既にセンターシャフト以外は全く眼中にないですね。

センターシャフト、劇良いです。

重心距離ゼロのメリットは打点によるブレなんか、

遥かに補って100倍余りある感じですね。

全く一般常識の落とし穴、屁理屈ですわ。

今の私にとっては。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パッティングの基本中の基本 シャフトと前腕は絶対一直線

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

両親指グリップの上で真下向きで

前腕がシャフトと一直線。

これもアマは殆どできてないですねー。

ただでさえ難しいのに、

一直線でなければとんでもなく複雑な動きになります。

制御不可能ですよね。


そして、骨盤から前傾して股関節に荷重。

木戸愛プロのがそうですね。重心を落としました。

単なる猫背だけでは重心は落ちません。


それで、ライ角に合わせて前傾し、

両肘を体に引き付けて距離を調整

パッティング3_R2

で、へそで振る

要するにへそから上が固定ですね。

肩で振る意識だと肩から下とずれる。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パターで正しいライ角維持が可能なグリップ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

パターのグリップですが、ユルユルグリップの弊害で

グラグラいい加減グリップの方が多いですね。

こんな感じですね。

何が悪いか分かりますか

ダメグリップ_R2

殆どの方はお分かりだと思いますが、下が正しいグリップ。

左親指がシャフトと平行で真下を向きます

微妙な差ですがこだわりたい所だと思うます。

更に右親指も同様です。右は左ほど

完全に真下向きにこだわらなくても良いでしょうが。

正しいグリップ_R2
(右片手でカメラを撮っているので、真上ではなくちょっと右斜めからの写真ですね)

もちろんグリップは自由です。

しかし、まずは毎回の「基準」が必要ですよね。

上のグリップではライ角維持は困難でグリップが浮きます。

さらに親指の向きが一定しないので毎回違ったグリップになります。

「基準」が無い訳ですね。

下の写真ならグリップは浮かない=ライ角維持可能で、

毎回バラバラにはなりません。

またこのグリップだと自然に左ももの前にハンドファースト気味

になると思います。

で、シャフトと前腕が一直線になる様にします。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

マーク金井さん大絶賛のプロバランスパター

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

約1年前のマーク金井さんの記事です。

マーク金井大絶賛(▼▼)b プロバランスパター



私もウエイトバランスに鉛板を巻いて

100gテストしましたが、

ちょっと重すぎでした。

慣れれば筋トレにもなるし良いかも。

でも、物はほぼ同じですね。

言ってることも。

プロバランスパターキット

11,800円だとオデッセイならパター本体より高い。

いくら何でも普及するには行き過ぎでしょ。



これで全く十分です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

センターシャフトの打ち方の基本

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

センターシャフトの最大の特徴は

「オフセットゼロ」

そのためハンドファーストになりにくい。

だから球を左足前位にセットし

さらにハンドファースト気味にする。

オフセットがない為ハンドファーストにインパクト

しないとフェースが寝てアッパー軌道になり易い。

すると極端に方向性も、転がりも、距離感も悪くなる。


また、ボールを左に置いた方がアドレスで右に向きにくい。

左に置くということは結果的にひっかけにくくもなる。

したがって引っかけを嫌う人にはかなり効果的。


今回はセンターシャフトの欠点である

芯を外した時の左右へのフェース面のブレを補う為に

スパイダーのウエイト調整システムを最大限利用して

重心深度を大きくし、芯を広げる。

そのためにもカウンターバランスは非常に有効なのだ。

ただ、ヘッドが極端に重くなると距離感が難しくなる。

それを補うためにもグリップを太くする必要がある。

グリップが太い方が重量を確実に軽く感じる。

更に、寸胴グリップでグリップエンドを余らせて

バランスを効かせてヘッドを軽く使う。

これらは、今回の実験での対抗策である。

と言ってもIOMICの標準モデルのラージサイズは

それ程違和感が出るほど太くはない。

左が多少太く、右が寸胴になっている。

角張っていて平面が多用されて四角っぽい。

私はその方が握っただけでも非常に方向性を感じ易い

と感じます。これは人それぞれでしょうが。

最近IOMICは随分WINNに押されて陳列面積が小さくなっています。

なぜだろう?

Winnの軽さが人気なのだが、

パターはバランスに神経質になる必要性は全然無い。

コストの問題があるが、IOMICももっと種類を出して

頑張ってほしい。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

重心距離ゼロのセンターシャフトの幸福感

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

ウエイト調整が出来るキャメロンの最新のセンターシャフトの

Golo S ですが、キャメロンは最初から15や20gが入っているので

+20gとかアップサイドの調整が難しいです。

スパイダーのネックは3種類で「ダブルベンド」「#3ホーゼル」

「センターシャフト」。右がクランクネックが付いたタイプ。

右はダブルベンドよりネックがある分まだ性能的にはましだが

どうしても引っかかる感じが拭えないから、論外で没。

ダフルベントはセンターシャフトと比較すると

あまりにも挙動が不安定だし、芯がボケすぎて即没。

Golo 比較_R2

また、Golo S はウエイトの場所がフェースに近い為

スパイダーの様に重心深度を思い切り大きくして

センターシャフトの最大の欠点である

芯の狭さをカバー出来ない。

それに、両者比較すると良く分かりますが実は

イッチービッチはそれほど大きくない。

逆にキャメロンの Golo Sの方が全然フェース幅は広い。

センターシャフトは芯が狭い故に

逆に芯の位置をぼかしたくない。

フェース幅は狭い方が芯に集中できると思う。


だから数値的な同じスパイダーでも数値だけを比較すれば

当然デカい方が良い。

しかしデカいのは明らかに芯のイメージがボケる。


また、同じセンターシャフトでもシャフトの入り方が様々ある。

ネックからどセンターに入ってる奴は全然ダメ。

スパイダーは中心より少し手前から入って

打点である芯がシャフトの延長上にある。

要するにシャフトの先端で球の芯を打てる感覚がある。

そうイメージするとヘッドよりシャフトだけを振っている感覚になる。

要するにゴルフクラブの最も面倒な点は重心距離の存在にある。

シャフトの先端に芯がある事の恩恵はデカい

グリップさえ合っていれば容易に芯に当てられる。



Golo Sは違う。シャフトの延長上に芯は無い。

そしてフェースバランスではない。少しトゥーが下がる。

要するにしっかりスイングできれば少し捕まりが良くなる。

これはわざとそう作ってある。

ずれているからこそ捕まりが良くなるとも言え、

僅かでも芯が広くなる。

逆に言えば芯の位置が不鮮明にも思える。

要するに「重心距離がゼロではない」のだ。

その長所と短所があるが私としては中途半端にも思える。

たまたまその重心距離に合っていれば完璧なのだが。


で、重心距離がゼロの場合どうなるのか

シャフトの先端で球を叩くイメージを持てる。

丁度こんな感じだ。

右のヘッドの形は無視、忘れて、

意識としては真ん中の棒の先端に付いた球で球を叩く感じ。

芯5_R2

右の架空の白丸だけをイメージして球を叩くだけでいい。

ヘッドの動きもテークバックも無視。

芯8_R2

グリップさえ自分にぴったり来ればフェース面は見なくても

イメージできる。

棒の先で球を打つのは見なくてもできるはずだ。

しかも、受信距離がないので棒の先端とラインも一致している。

なぞればいいだけ。

ということは、ラインを出し易く、しかも芯で打ち易い。

そうなればヘッドは当然結果的に正しい軌道を動いているので

ヘッド軌道など意識する必要性は無い。

ただ棒の先端でライン上に叩き出せばいい。

家練でもメチャメチャ入るんだけど・・・・

なんかスゲースコアでるかもしらん。

重心距離ゼロってなんて幸せなんだ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

今さらながら マジンガーZ ちっこいクモ=イッチ―ビッチー

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

これが今回の必殺パターヘッドだ

じゃーん!!

480z_R2.jpg

あ、間違えた。あまりにもそっくりなんで。

こっちでした。

DSC00434_R2.jpg

ガキーン

ただの昔のちっこめのスパイダーいっちーびっちー

いまだに人気です

上_R2

どうしても、構えるたびにマジンガーZを彷彿とさせてしまう・・・

のは私だけ?

本当はこの手の頭がドデカくて邪魔でデザインセンスのないパターは

使いたくないのですが・・・・

今回のテストでベストマッチしてしまいました。

例えば、安上がりにするためにネックなしでシャフトを

ぶっ刺しただけのセンターシャフトが多いんですが、

それだとライ角調整できなくて困るんですね。

これは一応ちっこいネックが付いているのでかろうじて

なんとか曲げられる。

付け根が細いので3度以上曲げたらたぶんポッキリいきそう。

この個体はオリジナルで70.5度しかないです。

打った感じ72、3度にしてみたいな。

それに今回はこのウエイト調整を利用したかったんです。

さらにどうしてもセンターシャフトにしたかった。

イッチ―ビッチー7_R2

昔のドライバー用のウエイトが

4,6,8,10,12,14g と6種類と自作品がてんこ盛りあるので、

それを利用できるし。

ゴルフパラダイスでも中古を一個500円で売ってます。

ウエイト

オリジナルのレンチはどっかに行ってしまったので

ホームセンターでこれを購入。

間違ってもバカ高いオリジナルレンチを買わない様に

この方が百倍使い易い。

反対の軸をつまんで高速で回せるので一瞬で交換可能。

レンチ

ちなみに裏側です。

イッチビッチー_R2

今は白が流行っていますが、

これを持参でビクトリアで新型スパイダー達と散々比較しましたが、

ウエイト調整すれば色以外殆ど変わらないのでこれで全然OKです。


 なぜ山ほど試打して最終的にこれになったのか。

今回の実験目的のカウンターバランスを使用

⇒ ヘッド重量UP必要

⇒ となるとこういうウエイト調整システムがあった方が便利
(キャメロンはKombiセンター改かGolo Sしか選択肢がなく
いまいちだった)

⇒ ヘッドを重くできるならセンターシャフトにかなり有利

⇒ それならラインが出しやすいセンターシャフトが良い。

アダム・スコットもキャメロンKOMBIのセンター改とスパイダー

を使ってるし。

イッチービッチー+カウンターバランスシステム

+オリジナルウエイト4+4gから14+14gへと一気に20gUP

すると・・・・・

おー―――、いいじゃん

センターシャフトの欠点が殆ど感じられない

曲げたらもげそうなネックだが。。。。

DSC00391_R2.jpg

横からもおまけ

イッチービチーサイド

フェースバランスです

フェースバランス_R2

スパイダーの全てのネックをかなり試打しましたが

イッチ―ビッチーのセンターシャフトが最も良いイメージでした。

というか、他のネックとでかいスパイダーは雲泥の差で

全く使い物にならなかった、私には。

この仕様ならセンターシャフトかなり気に入りましたね

このヘッド、構造の利点を最も生かせるネックだと思う。

イッチ―ビッチー4_R2

スパイダーの長所は真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出し易いと言われますが

ヘッドの動きなど全く意識する感覚は無く、

何も考えずに狙ったライン上に

シャフトの先っぽでボールの芯を打ち抜きやすい

要するにテークバックを意識せずラインとターゲットに

意識を集中したまま芯で打てる。

スパイダーが良いというより、

センターシャフトの欠点を補って、生かせるパターだと思う。

その為にはカウンターバランスは非常に有効だと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR