ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

アプローチの鉄則 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

afcly309@ さん毎度です!!

>ご無沙汰しております。待っていましたよ。
是非、アプローチの秘訣を教えてください。
私は、アプローチのミスが今でも連発しています。
技術的に問題があるのは分かりますが、それ以上に精神的な
プレッシャーでスイングが歪になっています。
助けてください!


ゴルフはネガティブ思考が激しく影響しますからね。

精神的プレッシャーを完全に跳ね返すには

完全に「素振り再現マシーン」になるしかないと思います。

もちろん大量のアプローチ練習に裏付けられた自信も重要なのですが。



で、技術的に重要だと思う事で

私自身が打つたびに気を付けることは


1、クラブヘッドと頭がテコで逆に動く感覚

図にするとZに近い感覚で、ヘッド軌道も頭も水平に直線的に逆に動く感覚です。


2、背筋を伸ばして(ある程度)首でつる感覚

実際問題そうじゃないとミリ単位での軌道制御は不可能です。

完璧に伸ばす必要は無いですが、猫背では頭からヘッドまでの距離を

ミリ単位で一定に維持するのは絶対に不可能。


3、ライ角の維持

右手首だけでライ角維持は不可能。左手首主体でと両手首必要です。

ライ角を立てるには、トゥー側は絶対に下げない。

従って手首は絶対に伸びない。手首は腕の上の筋肉が力めば絶対に伸びるので

死んでも上は力まない、殆ど使わない。常に下側の筋肉を使う。


要領は、トゥーを上げてネック側のソールを滑らせる感覚。

その為にはスタンスを開き、フェースを開かないと無理。

開く理由はロフトを寝かせる、と言うよりソールを使うため。

リーディングエッヂでザックリは死んでも避ける。 

最初から滑らせるのでは全くなく、最悪でも滑らせる気持ち。

開いて軌道上に沿って振れば嫌でもカット軌道になり、滑り易くなります。

開いて、その上更にカット軌道は勘違い。

グリップを浮かさず、テコで「Z」型に振るので、シャローに振れるはずです。

上から打つ、とはスティーブとは全く違う。

4、球との距離

球に近い位ほどライ角は寝ます。ダフり易い人は近すぎる。離れた方が良いでしょう。

但し、手首は絶対に伸ばさない。グリップ低くして、球から離れれば嫌でもトゥーは立つでしょ。

5、アドレスでのスタンスとフェースの開き具合でソールを滑らせる


上でも書きましたが両方開いてカット軌道です。しかし起動はラインに平行です。

インサイドアウトでもアウトサイドインでも理屈的に当然絶対にダフり易くなります。

ストレートストレートの意識が最も精度が高い。


こんなところでしょうか。


ミリ単位で起動を制御する・・・・・

数万発、数十万発の練習が必要ですが、間違いなく進化はしますね。





人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR