ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スムーズに振り抜ける軌道は1段「高い」プレーンを意識

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

何の抵抗も違和感もない加速し続けるスムーズな振り抜き

が目標ですよね。

多くの方が見落としがちな重要なポイントがあります。

「理想の軌道は左右対称で高い軌道」

なぜならトップとフィニッシュはほぼ同一軌道上にあります。

ということは自分から見て左右対称な軌道でなければ

トップとフィニッシュの位置は著しくずれるはずです。

でなければどこかで無理に捻じ曲げて同一軌道に戻しているのです。

円弧はかなり大きですから左右対称という事は

自分から見える範囲ではかなりストレート・ストレート軌道

になるはずです。

まず、インに引き過ぎは絶対にダメ。

またよくレッスンでストレート・インに振れと言いますが

それはアマにとってはウソです。

そんな意識ではまず間違いなくアウトサイド・インになります。

アウトサイド・イン軌道は最悪でフォローで

インサイドにかつ低い軌道になるので左ひじが確実に

詰まります。それではひ弱なスライスしか打てません。

多くのアマがそうですが・・・。

試しに左肩口の低いフォローと左首上部への高いフォローでは

どちらが左肘が詰まらないか試してみればすぐに分かります。

当然高い方が左肘が詰まらず振り抜きは格段に良くなります。

その場合左右対称ですからテークバックも高くなるはずで、

そうなると殆どの方にとってかなりストレートに引いてかつ

コックを入れながら高く上がっていくと感じるはずです。

そしてかなりアウトに上げているような錯覚に陥ると思います。

しかしそれが左右対称のストレート軌道です。

高目のストレート軌道は最もダフリ難く、ラインを出し易く、

重力を利用してダウンブローに打ち易く、左ひじが詰まり難く、

H/Sが出易く飛んで曲がりません。

肩口のプレーンを少し高く上げて見て下さい。

振り抜きが音が変わります

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ヘッドと頭は逆に動く 3

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

うさぎさん、ご訪問、ご意見大変有難うございます!!

> 先日の踵加重意識するようにしています。
> 今日のヘッドと背筋のお話、
> これまで、フォローのまだ低い時点では
> 引っ張られる感覚で頭残して…って
> 素振りでは気にしていましたが、
> フィニッシュへと向かう地点でのヘッドは後ろで
> 身体が飛球線方向っていう意識はもったことがありませんでした。
> このあたりが、ヘッドが走らない理由のひとつかな?

うさぎんさすがですね!!
フィニッシュが全てのスイングの是非を示しているのは明らかです。
また、その是非を左右するのは初動にある事も明らかです。
勿論、ほぼ片手シングルのうさぎさんですから以下の事など既に
おわかりの事と思いますが、タイミング抜群で良い内容のご質問
ですので、読者全員に分かる様に細かく書かせて頂きますね!

フィニッシュはあくまで結果ですが、フィニッシュに
自然に辿り着かないという事はそれ以前の体重移動が
多かれ少なかれどこか間違っているという事も明らかです。

試しに意識してヘッドと頭を逆方向に動かし、
常に背筋をヘッドと引き合うように使ってゆっくり素振りしていると、
割と簡単に理屈は体感できると思います。
最初はぎこちなくても直ぐにスムーズに自然になってきますよ。
全て一連の流れなので初動が最も肝心になります。

テークバックでクラブヘッドと反対に頭を左へ少し動かす、
というか実際には見た目上左に動かず右に動くとしても、
頭の回転軸の右への流れ、右サイドの引けは確実に減ります。
重要な事は少し左に圧力をかける意識だけで
フォローでは反動で右に動きやすくなります。
これは非常に重要なことで、これによりその後のスイングの
全てにかかわってきます。

テークバックで最も怖いのは、安易に右に流れ過ぎる事で、
(90%以上のアマがそう。しっかり右股関節に乗り切れない為、
頭を右に動かせという無責任なレッスンが殆どだから。)
たとえそれが2,3センチであろうが程度の問題ではなく
右に行ったものは次の動作では反動で必ず左に行くのが道理なのです。
右、右の動作も可能ですが、絶対に不自然で、再現性など全く無く、
反動が利用できないので最後のフィニッシュまで至る事は不可能で、
明治の大砲になります。これもやってみるとすぐに分かる事です。

常々私は「テークバックで頭を右に動かすな、左肩をあごの下に入れろ」
と言っておりますが、これは意識の問題で実際には少し右に動きます。
完璧に動かなければ窮屈過ぎますし、
2軸なら左右股関節の間は10㎝はあるので数センチの右への動きは
仕方ないのです。
ただ、重要なのは意識している人は圧力はしっかり左にかけているのです。
これは普通目には見えない(分かっている人には一目でよく見えますが)
大きな違いです!!
これによって右への流れが格段に減ります。
流れて右に向く顔も、右腰の引けも、右サイドの浮き上がりも
全て変わります。
するとフォローも、フィニッシュも大きく様変わりします。

テークバックで右サイドに流れ、さらにフォローで無理に右に残す
とやってみれば分かりますが、確実にそっくりかえる明治の大砲
になります。スムーズな体重移動が無いスイングになるのです。
そういう方は私の言うヘッドの反対に動くカウンターバランススイング
は理解できないと思います。

テークバックで左への圧力を少しかけるだけです。
無理にでは無く顔の向きを少し下向きで維持する。
それだけでも変わります。
右へ流れるまま放置すれば楽です。
しかしそれではその後のスイング全てで反動を全く利用できません。

兎に角テークバックで右へ流れればその時点でそっくり返る
明治の大砲になるのは自明の理なのです。
(大袈裟ではなく腕が首に巻きつくフィニッシュに到達できない
アマは全て明治の大砲といえます。最後に左へ乗れないのですから。)
そういう意味で初動が全てを左右します。
また、初動での右への流れがいかに恐ろしい事かお分かり頂けると思います。

ちょっと、繰り返しのしつこい文章になってしまいますが、
非常に重要な事なので確実に分かる様に書きました。
また度が過ぎてもまずいですよ!
右股関節にしっかり乗るのは大前提です。
そのためにはやはり「右脚外旋で捩じる」ことが
右へ流れず、パワーを溜める秘訣だと思います。

あ、もうひとつ先日質問の解答でも書きましたが、
トップで出来たタメはインパクト直前から使います。
切り返しで使うものではありません。
ですから、切り返しでトップから背筋、腕で引っ張り下す
のは間違いです。
それでは一気に体が開きます。
体、肩を開かないで切り返す=タメを残す、のです。

切り返しは右を向いたまま、重い両腕にかかる重力を利用して
腕とクラブを一つの塊として落下させながら放るイメージです。
だから重いものを抱えて背筋を使って放るのと同じです。

軽いから腕でクラブを引っ張りまわしてしまいます。
そうではなく重い腕とその先のおまけに付いているクラブ
を背筋で振ります。
この点は確実に多くのアマは間違っています。

タメはインパクト前に体の反転で一気に加速で使います。
それまでは重力を最大限使います。

トップでの「間」も腕で引っ張り下す限りできません。
重力で落下を始めるのを待っはじめて「間」が出来ます。
落ち始めたら軌道を変えない程度にうまく押しながら
加速させます。ここが技術ですね。
でなけらば「間」なんか絶対にできません。
切り返しで腕で引っ張り下す限り、「間」は不可能です。
だから殆どのアマはここに気が付かない限り
「間」は絶対にできません。

逆に重力を最大限利用しようとすれば
嫌でも勝手に「間」が出来ます。
考える余地もなく出来、
タメも維持されます。

ちなみに「腕で引っ張る」と、「腕を体に引き付ける」
は別です。
腕はスイング中終始体に引き付けておきます。
それで振り難いという方は腕で振っているからです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ヘッドと頭は逆に動く 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

クラブヘッドと頭は常に逆に動きます。

「 Z 」のイメージですね。

同じ方向に動いたらクラブヘッドに引っ張られて

体全体が流れてしまいます。

テークバックではクラブヘッドは右へ動くので、

頭は逆に左へ動くべきです。

少なくとも意識では左へと圧力をかけます。

外見上はそれで初めて頭はほぼ不動か、

若しくは2軸の右への重心移動と相殺された結果

僅かに右に動きます。

しかし、どちらにせよ

意識では頭をしっかり左へ動かしているので、

フォローでは容易に逆方向の右に動かせます。

反動を利用するからこそできるのです。


最初に左に動いたからこそ右へ動かせるのです。

もし、テークバックで逆方向を意識しなかったら

反動を利用できないのでスイング中頭はずっと

ヘッドと同じ方向に動かいてしまいます。

テークバックでは右へ流れ、インパクトでは前に突っ込み

フォローではただ左に流され、

フィニッシュでは左に乗り切れず明治の大砲になるでしょう。

要するに、テークバックで頭が右に動くままに放置していたら、

またしっかり体重移動をしようとして頭を右脚の上に乗せようと

クラブヘッドと同じ方向に動かしていたら、

フォローでどんなにステイ・ビハンド・ザ・ボール

をやったところで、既に全てが手遅れという事です。

右に動いたものは必ず左に戻るのが道理だからです。

右に動き、その後さらに右なんて絶対にないです。

テークバックで左に動くから、

外見上そう全くそう見えなくても左方向に力、圧力を加えるからこそ、

フォローでは反動を利用して確実に右に動けるのです。

外見上では絶対に見えない意識の力が山ほど働いています。

ゴルフ・スイングはそういうものであり、

そう見ないとスイングの真理は見えてきません。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

アームローテーションは「回外と回内」≒「両肘の伸縮」の結果

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

2012年2月13日の記事で両肘の曲げ伸ばしの結果として

回外と回内が起こり、更にその結果としてアームローテーション

が起こると説明しました。

それは人間の骨格の構造上自然に起こる現象なのです。

水平素振りでその動きは確かめられます。

トップでは右肘は最大限まで曲げられるので、右前腕が回外し

右手の平は自然に上を向きます。

逆に左肘は伸ばされ回内して左手は下を向きます。

ダウン、フォローで逆の事が起こります。

肘が曲がるか伸びるか、手の平の向きが下か上かだけで

結果的に回転運動に

右腕を低く長く「押し込む」真意 アームローテーションの正体

絵が変ですが図左端は肘が伸びていて、図右端が肘が曲がっている
想定して下さい。
kai01.jpg

 上図から「空手の正拳突き」をイメージすると分かり易いですが

骨格の構造上図の様に肘を曲げると掌は上を向きます。

これが前腕の時計回りの「回外」
ですね。

逆に肘が伸び切ると掌は下を向き「回内」します。

ゴルフなら回内によりシャフトを軸に反時計回りに

瞬時に球を包み込むように回転させる事ができる訳です。

球を捕まえるために手首でフェースをこねる必要はないのです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腕のローリングとアームローテーションの違い

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

ゴルフにおいて

「腕のローリング」と「アームローテーション」の違いについて

厳密な定義は無いと思いますが、

私なりには意識するポイントが全く違います。

このアームはフォア アーム=フォーアーム 

前腕 を指し、アームローテーションは

前腕部分のローテーション=前腕の回転 を指します。

しかし前腕だけに意識が行くと肘下だけの回転でも

済んでしまいます。

というか簡単にやれば必ず誰でもそういう動きになります。

肘上の上腕の動きを伴う必要はないのです。

では私の「腕のローリング」は肘から上の上腕の回転

ポイントを置きます。

前腕の動きはあくまで上腕の運動の結果です。

「上腕の回転」により結果的に「前腕を回転」

=アームローテーションするのです。

やってみれば分かりますが、

左脇はしまったまま肘は体の近くを擦る様に通り

結果的にはアームローテーションしますが

動きは全く別です。

目的は同じでも、全く意識も動作も異なります。

これがゴルフの難しい所でしょうね。

腕を一本の棒の様に伸ばしてその軸となる骨を回転させる

イメージとは違います。

肘下は自由で上腕の回転です。

肘や手首が曲がっていても関係ありません。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腕のローリングとフェースローテーションの違い

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

ローリングに限らず重要なことは

「肘の向き」の意識なんです。

常に「肘は下向き」を意識して下さい。

それだけで全てが変わります。

トップではクロスしない為に右肘を真下向き。

それで右脇が締まり出前持ちのレイドオフぎみになります。

トップから縦に落とす時もそのままで右肘が下向きのまま。

その後左肘を真下に向けて行けば

シャフトの前倒しと同じ事です。


 フェースローテーションだけなら

手首だけでも十分に出来てしまいます。

殆どの方はそうなります。

そうすると左肘は下向きではなく左向きのままで、

左脇は空きっぱなしのままになり、

左肘は背後に引けるしか行き場がなくなてしまいます。

しかし左肘下向きを常に意識した腕のローリングでは

逆に手首をこねる必要性が全く無くなるのです。

手首は固定の意識のまま(惰性でかえりますが)

左肘を回転して真下向きにする運動です。

手首をコネないのでフォローでも必要以上に手首が回転することなく、

左肘の下向きと正反対にシャフトは立って上がっていきいます。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

中山法華経寺でお散歩 時間が止まった空間

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

千葉県市川市のJR下総中山駅前にある中山法華経寺に

お散歩に行ってきました

駅から南北に真っ直ぐの参道の途中にある黒門を抜けると、

驚くほど立派な仁王門が真正面にどーんと目に飛び込んできます。

IMG_2820_R2.jpg

荘厳な佇まいの五重塔も実に立派で威圧感すら感じます

DSC0000211_R2.jpg

重要文化財の大仏様も大きく威風堂々。

他にも国宝、重要文化財の建造物が数多くあります。

13946354_R2.jpg

参道を含めて約1㎞もある巨大な空間はまるで

いきなりタイムスリップした異次元空間です。

行き交う人々も、自然の生き物達も、街並みも、車の走り方も

全てが都会とは確実に何か違って見えます。

明らかに厳かな空気の中、時間がゆったり流れている。

今風には

「関東で指折りの強力なパワースポット」

とも言われていますが

確かに「なるほどな」と納得させられます。

一体何が、どう、何故違うのか

それは鎌倉時代からの悠々たる時の流れ、

土地やその土地の人々に刻まれた歴史こそが

そう感じさせるんでしょうか。

神聖な空気が全てに染み渡っている感じです。

中山法華経寺_R2

境内には渋くて良い雰囲気の茶店があります。

今度はゆっくりお茶したいな

何時間でもいられそうだな。

人によくなついたネコちゃん達もいっぱい元気に生きています。

本当に癒されます。

どこかに置き忘れてしまったものを思い出した様な感覚。

歴史のなせる力、と考えるしかないのかな。



 ここは法華経寺のすぐ近くの高台にかつてあった

今は無き文化財だった中山文化村。

P1250487_R2.jpg

一般開放されていた情緒ある庭園。

P1250492_R2.jpg

文化村の中にあった市川市に寄贈され保存されてきた

資産家の邸宅、旧片桐邸です。

P1250503.jpg

本当にいいなぁ~ここ。

時間が止まっている・・・・。

昔はここから海が見えたそうです。

鎌倉みたいだな・・・良いなぁ。


 都会では常に皆が何かに追いかけられている様な焦燥感を感じます。

一体何を求めてか、コンクリートジャングルや地下鉄の中で

ただ闇雲にあくせくし、四苦八苦しながら「生かされている」

自分は一体今何を求めているのか、

今までずっと何を求めて生きてきたのか・・・

50歳を過ぎた今になって疑問になってきた。

しかし、現実問題そこから逃れられないのなら、

せめて可能なら慎ましく、こんな素敵な所で生きていきたい・・・。


宮沢賢治 の「雨にも負けず」の一部分

・・・
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
・・・
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
・・・・
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
わたしはなりたい。


 ここまで悟れる幸せな人はほんの僅かだろう。

しかし、不可能ではないと思う。

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という超絶バブル時代がかつてあった。

幻の様だったが良き思い出と共に、また確実に傷痕も残していった。

そして日本古来の美徳である質素倹約の時代にまた戻った。

果たしてどちらが日本人として幸福なのだろうか。

ゴルフも欲を捨て、悟りの境地に達しないと

これ以上の進歩は無いのだろうな。

そのうち是非法華経寺の長期の荒行をやってみよう。

きっと人生もゴルフも変わると確信した。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

常にヘッドと背筋は反対方向に動く 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

 いきなり踵加重と言ってもピンとこないかもしれませんが

例えば常にヘッドに対し体を反対方向に動かす事を意識、

それを便宜上カウンターバランススイングと呼んできましたが、

ヘッドと引き合うためには背筋でヘッドを引く

必要性が分かると思います。

典型例がハンマー投げですね。

足のどこに重心があるでしょうか?

爪先加重では背筋で引けないですよね。

フォローでヘッドがフィニッシュへと飛球と逆方向に

向かう時に、体は逆に飛球方向に出て行かなければ

ヘッドはフィニッシュまで絶対に走りきりません。

同じ方向では明治の大砲のままフィニッシュできないで

終わってしまいます。

スイング中常にヘッドと反対方向に背筋を引く、動かす

を意識して素振りしてみて下さい。

背筋で引くことによってヘッドが走る事に気が付くと思います。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR