ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

打ち急ぎの原因と解決方法 2 手首の使い方 象の鼻ドリル

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


>今回教えて下さった手首をやわらかくタコのようにグリップを上から下へと言うのはイメージはできるのですが実際に脱力状態のトップから右肘を右脇腹付近に真下に落下させ右肩が落ちないように右腕を伸ばしていくと私はテコでつくった約90度くらいの角度を意識しているせいかHWD手前ではグリップは下向きというより飛球線に水平になってしまっている感覚があり力みによるアーリーリリースになっているのかなと勝手に思っているのですがゴルキチさんのいうグリップを上から下というのは手首を柔軟にして前腕とシャフトがつくる角度を90度よりもっと鋭角にしていく感覚なのか、テコによってできた約90度を左掌を下に押す感じでコックが解けるのが我慢できる感覚があるので、それをキープする感覚が正しいのか迷走しております。もしよろしければそのあたりの感覚も教えていただけませんでしょうか。何度も質問してしまってほんとに申し訳ありません!

 全般のイメージは非常に良いのであと少しですよ

 まず、手首の使い方を書きます。

両手でウェッジを普通にグリップして、手首をタコの様に

柔軟に脱力して体の前で象の鼻の様にぶらぶらと

重いヘッドの惰性を利用して左右に振ります。

 この時ライ角維持のテコは左右の肩の高さの差だけで作ります。

インパクトまで左肩より右肩を高く維持することで

低い左肩でグリップエンドを押し下げ、

高い右肩によって右グリップを高く維持すれば

力は全く不要で、容易にライ角は維持できます。

逆に「肩が開く」ことによって右肩が落ち、右グリップが下がり

ヘッドが下がる、という理屈をよーく認識しておいて下さい。


 振り子固有の周期を腕力で乱さない様にゆったりと

振り幅を大きくしていきます。

徐々にヘッドが描く円弧を、グリップの円弧より大きくします。

ヘッドの円弧の方が中心角が大きくなるということです。

そして腕とシャフトの角度が小さくなって行き、

トップから切り返しでは90度以下にもなります。

それがタメですね。

タメが深ければ中心角が大きくなるので角加速度はより上がります。

手首は軟体動物の様に柔軟にして、左小指のグリップを

少し緩め、切り返しで腕とシャフトが90度以下の鋭角になる

様にゆったり振ります。

出来るだけ鋭角になる様に試行錯誤して振ってみて下さい。

わりと直ぐにコツはつかめると思います。


鋭角のタメを利用すればグリップは重力で縦に落とす

だけでヘッド重力と角速度で十分爆速に達します。

「トップの間」の原理を説明すると、ヘッドが描く円弧より

グリップの円弧の中心角の方が小さいので

グリップが先にトップに行き着き、即休まず反転します。

一方、ヘッドは円弧が大きいのでその時はまだ

トップに達していません。

従ってこの瞬間、グリップとヘッドは双方反対方向に動きます。

腕とシャフトの角度、タメはこの時どんどん深くなります。

このタイムラグがトップの「間」であり「タメ」なのです。

従って、トップではどちらの動きも止まっていないのです。

止まったら間もタメも出来ないのです。

各々が反対方向に動く時間が長いほどタメは深くなります。

これらが体感、理解できるようになるまで象の鼻で延々と

振り続けて下さい。

それが上達への最短距離だと思います。


 次に、スイング前からテコを作るのではありりません。

スイングの中で勝手に出来る様にするのです。

だからこそ手首を柔軟に使います。

ここで、肩を開かない事の重要性が良く分かるはずです。

肩が開かない=胸右向き=左肩下、右肩上=左グリップ下、右グリップ上

=自然にテコの維持=勝手にライ角維持 なのです。

この時ミスしがちなのが、グリップの浮きなのです。

グリップが浮いたら元も子もないのです。

グリップは下げれば下げるほどヘッドは上がる

「シャフトを立てる」とはこのことを言います。

兎に角これを信じてグリップを限界まで下げる様に振れば

逆にヘッドは絶対に落ちない。テコが完成するから。

グリップを下げるとヘッドも落ちそうな気がするが全く逆です。

ここを信じ切ってインパクト前にグリップを最下点まで下げ切る。

ひたすら信じて左肩を下に、右肩を上に、要するに胸は右向で

グリップはインパクトより前に下げ切る様に素振りして下さい。

肩を開かないコツですが、

要するに左肩下で右肩上でインパクトすれば良いのです。

両肩の高さを意識するのが一番簡単な方法です。

そうしなければライ角も維持できないですからね。

だからテークバックで左肩をあごの下に入れる様に

肩を縦回転させるのです。

ダウンではトップの右肩の高さを出来るだけ維持する様に

意識すれば右肩は落ちません。

右肩が落ちなければ肩は開きません。

開かなければグリップさえ下げ切ればシャフトは立つ。


 インパクト前にグリップを下げ切る理由は

1つは、グリップを縦に上から下に振りたいから。

トップからいきなり右から左へグリップを振ると

必然的に右から左への体重移動になります。

だから、一気に肩が開くのです。

上下運動だから肩が開かないのです。


2つ目は、上から下だから重い腕にかかる重力を利用できる。

3つ目は、ドライバーの飛距離で最も重要な要素はバックスピンです。

H/S以外は、飛距離との格闘=バックスピンの減少

と言っても過言ではありません。

バックスピンを減らすためにはインパクト前にグリップを下げ切り

グリップが上昇過程でハンドファーストでインパクトするしか無い

のです

ほぼ100%のアマがハンドファーストでインパクトさせると

ほぼ確実にグリップが下降軌道中にインパクトします。

これだと出球の軌道は下がってもバックスピンが増える。

ロフトを立てて強弾道の出球でなおかつバックスピン量を

大幅に減らすためには何としてもグリップをインパクト前に

最下点まで下げ切る。

だからグリップは死んでも浮かせない。


 「グリップエンドを右腿グサ」は、右足前にグリップエンドを

落とし切りたい、というある意味大袈裟な表現ですので、

実際のスイング矯正では合わないと思いますから今は忘れて下さい。


まとまっていませんので、読みにくいと思いますが

このテーマの質問にはなるべく直ぐに答えます

つづく


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

打ち急ぎの原因と解決方法 1 体重移動は左右ではない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

mecha さん、はじめまして!!コメント有難うございます。

>ゴルキチさんはじめまして。いつもゴルキチさんのブログを楽しみに、そして私の中で一番のレッスン書として愛読させて頂いております。

打ち急ぎについて質問させて下さい。私はどうしてもトップ付近までクラブが上がり左への軸移動をしHWD付近まで自然落下、重力落下が待てず振りにいってしまいます。ゴルキチさんの教えでイ~~~チをHWDまでをなんとか会得したいと脱力や捻転などゴルキチさんのブログを繰り返し読んでは頑張ってはいるのですがコツが掴めずにいます…。

>松山選手や藤田選手などを見ているとトップで一度止まっているように見えるのですがあのようなトップにしたが最後そこから打ちにいってしまっているのが現状です。トップの形にハマる前に軽く左へ軸移動をし右肘真下落下でグリップを右太腿にグサっと行くあたりまでがイ~~チという感覚でよろしいのでしょうか?

>松山選手はなぜ腕を脱力状態でなぜあのようにトップでピタッと止まり自然落下、重力落下だけでグリップをあそこまて落とし切れるのかが不思議でしょうがなくなってきました…泣
>ゴルキチさん感覚的な部分でのご教授お願いできませんでしょうか。


ここがアマの大きな関門ですよね。

丁度、これから書こうとしていた、マキロイのツイストの原因、日本的体重移動の問題点、重心位置の意識、1軸意識と2軸意識の長短等のテーマでもあるので徐々に書いていきますね。

 まず、打ち急ぎの最大の問題点は、

ヘッド、グリップ、肩と胸、頭、腰が全部一体化して回転、解放

してしまうところにあります。

全てが一気に「左向けー、左」でガバッと開くわけです。

いっしょくたなのでどこにもタメがありません。

タメが無いから各部分の回転にタイムラグが無い。

タメ=間=タイムラグ

打ち急ぐスイングとは、各部にタイムラグが無いスイングです。

タメが出来ないから一気に全部回さなければ打てないとも言えます。

ひたすらタイムラグを作ろうと試行錯誤していくうちに、

いつか自然に打ち急ぎスイングは消えます。

それが最短の解決方法だと私は思います。


 打ち急ぎ=「肩の開きが早い」のです。

野球のピッチングでもバッティングでも最も指摘される点ですね。

肩が早く開いてしまう限り、意識からスイングを抜本的に修正すべきです。

治さなくても80以下で回れますが、スイングとしては全然ダメ。

逆に言ったら、肩の早期の開きさえ制御できれば

素晴らしいスイングになります。

そして必ずできるようになります。

修正できれば余裕でシングル入り、いや5下も可能です。


 重要な修正ポイントを先に上げます。

まず、最初に変革すべき意識の面から挙げると

1、体重移動は左右ではない

確かに左右の左股関節に乗り換えるが、

足から反対の足へとドタバタ100%体重移動などしない。

極論したら体重移動ではなく、左右の股関節への

加重位置と加重割合の変化だけとも言えます。

また、体重移動は水平のイメージではなく、

かなり上から下方向への加重であり、

単純な体重移動とはかなり意識も質も異なります。

その背景には、重心位置はなるべく変えたくない、

=回転軸を維持したい、という意識が背後に必ずある。

左右の体重移動と言うと体を左右に勢いよくゆさぶる事で

球を強く叩けるようなイメージになりがちです。

もしくは左に大きく体ごと乗り込む事で球に体重を乗せることが出来る、

ような大きな勘違いにもなりがちです。

しかし、球を叩くのはヘッドであり、

体のゆさぶりで球に体重は決して乗らないし、

体が動いたらヘッドは加速どころか減速する。

そもそも体重移動は、体の回転を加速するためであり、

回転軸をなるべく維持しつつその周りを回転させて

ヘッドをより加速させる様にイメージした方が良い。

とすると、限りなく狭い範囲での体重移動の方が

軸を維持する点においては、より有効という事になる。

だから、体重移動は左右の股関節の先端という非常に狭い範囲内で

しかも左右と言うより、むしろ上から下でもいいのだ。

上から下への加重でも足は斜め下に左右に広がっているので

必然的に左右に体重移動するとも言えるのだ。


2、トップからはヘッドを右から左ではなく、

グリップを上から下へ縦に振る。


トップからはヘッドは振らない

よく言われることだが、どういうことかというと

振るのはグリップだけで、ヘッドは一切無視。

ヘッドはグリップが降りてから、かなり後に加速しながら降りて来る。

手首がタコの様に柔らかければ柔らかいほど、

かなり後に勝手に降りてくる。

そのタイムラグだけを意識しながら

ヘッドを惰性でブランブランさせて振るのだ。

そして、グリップを振る方向は上から下。

上から下だから体は開かない、開くわけがない。

横ではなく、縦に振る。

だからタメてもヘッドは振り遅れないし、

右肩も落ちないのだ。

グリップをトップからいきなり左に振るから

肩が開き、右肩が落ち、振り遅れ、ヘッドも落ちるのだ。

すると更にグリップを下げれない悪循環に陥る。

つづく


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ツイストの秘密 野球のバッティングに答えがある

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

MLBの強打者のバッティング解説本。bookoffで買ってきました。

2005年の古い本。もちろん108円。

20140823_035507.jpg

史上最強のバッター、バリー・ボンズ。

大騒ぎだった薬物問題はともかく・・・

史上最高のシーズン73本塁打

打率は3割7分でイチロー選手に匹敵する打率。
(イチロー選手最高打率はオリックス時代2000年 0.387!!でした)

しかも盗塁もシーズン52盗塁記録

まさに宇宙人。

そうそう同じ宇宙人の新庄とのツーショットを思い出しますね(笑

ボンズは妙に日本人好きでした。(多分日本人は言葉が喋れないから)

クリックで拡大
20140823_042903.jpg

特徴は完全に後ろ軸足上で回転している、残っていること。

踏み込んだ脚はつま先が上がっている。

クリックで拡大
20140823_042923.jpg

この本の強打者18人を見終わると

ゴルフはバッティングと違うのではなく、

ゴルフで言われる体重移動がやっぱりおかしいと確信する。

この後マキロイのツイストスイングを見ても違和感がない。

単にボンズと同様後ろ軸足の上で回っているだけなのだ。

私が言っているカウンターバランスと一緒に考えると良く分かる。

カウンターバランスとは常にヘッドと反対方向に体を動かすこと。

ゴルフで使われる勘違いの体重移動の概念をさっさと捨てて、

ヘッドと反対に動くカウンターバランスだけを考える。

インパクトの瞬間は重心はもっとずっと体の真ん中。

一般的ゴルフの体重移動の理論だと左足荷重で重心は左足上になる。

左足上まで流れてしまっている、

野球用語では左へ泳いでいると言える。


今度は別の打者を見てみましょう。

つづく

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ミッシェル・ウィーのスティンガーショット

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

全米女子オープンのミッシェル・ウィーのスティンガーショットです。

あり得ないような低弾道でしたね。



こちらは丸山プロの解説です。



5woodであんな球自在に打てたらチョー楽ですよね。

打ってみたくなったでしょ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR