FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

自然のリリースの瞬間 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

ローテーションは肘が伸び切った反動で起こります。

ムチの手元を引くことで

先端を更に加速するのと同じ原理ですね。

左脚の蹴りでグリップが一瞬急減速する事により

重心距離があるヘッドの重心が加速、先行して

シャフトの軸回転が起こるのです。

それは手首を相当柔らかく維持し

ヘッドが自由に動けなければ起こりません。

左右どっちの肘でも起こるのですが

プロは皆インパクト時に右肘は曲がっています。

ということはプロは左肘が伸び切っている訳です。

殆どのアマは自覚はないのですが

しっかりスウェイしているため

両肘が曲がったまま伸びないので

腕力で手首をこねてローテーションするしかない。

もしくは、スナップでキャスティングなら

右肘は思いっきり伸びますが。

ただその場合左肘は右腕に負けて惨めに引けて曲がります。

それだとインパクト前にパワー出尽くしなので

絶対フィニッシュまで辿り着かないと言う事です。


また、左に突っ込むから左肘が伸びない。

では左へのスウェイを止める方法は

左の壁の強化なのか?

いえ、それはどうやっても無理でした。

積極的な体重移動を止めれば簡単に解決なのです。

え、それはおかしい?

いえ、そう思い込まされてきただけなんです。

例えば肩が開いて、かつ積極的に左へ体重移動し

その状態でヘッドアップを止めようと首を固定したら

確実に首も腰もぶっ壊れます。

実は「体重移動はただの結果」なのです。

意識すべきなのはむしろ回転軸の維持です。

意識的に体重移動なんかしなくても

勝手にそうなるから十分なんです。

切り返しは左ではなく下に体重移動。

横じゃなくて、グリップを下に振るから。

そうすれば体も開かない。

あとは右脚に貯めた捻転により右踵を付けたまま

右脚の外旋で足の裏全体で

地面をねじりながら押します。

すると地面からの反作用で右股関節が骨で押されます。

右踵は上がらないのでスウェイできません。

右膝も前に出れません。

右踵をあげるとスウェイし易いし、

右ひざも前に出易くなり、体が直ぐに開く。

こう反論される方が多いと思います。

「アホか。右踵が上がるプロは山程いる。松山プロもそうだ。」

その通りです。

しかし、彼らは私たちと違ってスウェイしませんよね。

右ひざも前に出ない。

ヘッドアップもしない。

でも、右踵が上がらないプロもちゃんといますよね。


では練習量が少ないアマはどっちを見習えば良いのか?

ボーンゴルファーではない我々は確立の高い方を

選ぶべきですよね? 我々アマはプロとは違う。

スウェイを止める為には

体重移動しないほうが良い、

右踵を上げない方が良い、

上体を開かない為には右ひざを前に出さない、

その為にも右踵を上げないほうが絶対に良い、

パワーをインパクト直前まで貯める為にもそれは同様。


体重移動は体が回転すれば股関節間で勝手に起こります。

フィニッシュは体重移動ではなく最後に重心移動です。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR