FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

リリースのイメージ2 

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しくね

リリースのタイミングによりヘッドのベクトルの方向は

大きく変わります

90%以上のアマはリリース1のパターンですね。

グリップが下がりきる前にリリースしています。

意識しなければ絶対にこうなります。

グリップが下降しながら=緑ベクトル下向き

球に向かってリリースしています=青ベクトル下向き

合成ベクトル=橙ベクトルはダウンブローではなく

大ダフリ軌道になります。

リリースのベクトル122

右のリリース2パターンでは

グリップが下がりきってから=緑ベクトル水平

インパクト直前にリリースします=青ベクトル水平

従って合成ベクトル=橙ベクトルは

水平かつ最大になります。

これによって球質も飛距離も大きく変えることが可能になります。

全く別物になります。

特にドライバーでのバックスピンを大きく減らす秘訣はこれです。

前から言っている様にスピン量が全然変わります。

 

リリース1のままでは、ダフらなくても、

一見上手く打ててるように見えても、

バックスピンが強過ぎふけ上がって、

方向性も、球威も、飛距離も落ちます。

絶対に低弾道、低スピンの棒球は打てません。

要するに、何十万発上手く打つ練習をした所で

所詮無意味・・・・という事になるでしょう。

もちろん、ある程度のスコアだけなら出るでしょうが・・・・。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しくね
スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

リリースのイメージ1 リリースタイミングによるベクトルの変化

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

これは非常に重要なテーマです。

リリース前にグリップを下げ切ることをこれまで幾度となく

語ってきました。なぜか?

まず、グリップを落とし切ることでタメを深め

直線的に球に向かわず遠回りする事で間を作り

リリース2のようにグリップのベクトル(緑)の方向を水平にするためです。

リリース2ではリリースのベクトル(青)も水平になるので

グリップとヘッドの合成ベクトル(橙)は完全に水平になります。

これによりダフらない、抜けの良いスイングになるのです。

これしかないです。

リリースのベクトル122

リリースはインパク直前ぎりぎりまで待つ。

早くリリースするとヘッドが下がる、

ヘッドが下がればグリップが必ず浮く

グリップが浮くと体も浮き、

腰が前にでる。諸悪の根源ですね。

要するに、浮きの最大の原因は

アーリーリリースにあります。

リリースの切っ掛けは左足の蹴りです。

つづく


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR