ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

右サイドの前傾角度維持

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

インパクトでの前傾角の維持は、

右サイドの「くの字」の前傾角維持が勝負ですよね。

再現性を高めるためには最重要です。

ダウンからインパクトで 右膝、右腰、右肘、右肩の軌道を

前に出さない。


しかしこれは右サイドだけでは絶対に解決しません。

「左サイドがどう動くべきか」の方が遥かに重要です。


その為には「重心、軸の位置」の認識が非常に重要だと思います。

「体重移動」と「重心位置」と「回転軸」をもう一度全て考えなおして、

把握しなおした方が良い様に思います。

それによって前回の記事の様に右サイドの回転半径が

極端に変わってしまうからです。



「右サイドのくの字」の維持のためには

右踵と、右ひざのまずい動きが致命傷になります。

「右踵を浮かさない」、「右脚外旋」と以前からずっと言っていますが

「右脚外旋」すると右踵が浮き難くなり、

右膝が絶対に前に出なくなります。

これは要するに右股関節への加重を早く解かない

右脚は粘って体重移動は一気ではない、という事でもあります。

同じ左への体重移動でもタイミングが変われば

移動する重心位置も回転軸の位置も全く変わります。

それによって右脚の浮きが変わり

「くの字」の維持に大きく影響します。

右サイドの「くの字」を完全に維持するならば

左サイドが少々大回りで外回りするのですが

それはあくまで右サイドを重視した結果であり

左肩を自ら上げるとか、肩を能動的に先行して動かす

イメージは持たない方が良いでしょうね。

どっちみち腰が回れば肩は能動的に回すより

腰の回転で回される方うが絶対速く回りますからね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

軸の違いによる驚くべき差 シャンク撲滅法

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

黒の長方形は骨盤の俯瞰図、赤丸は左右の股関節です。

軸の違いによって右サイドの動きがどうなるか

絵をかきました。見にくいですがご勘弁を。

考えたことが無い方にとっては衝撃的かも。

軸の違いによる大問題

単純に左脚軸だと右サイドはかなり球に近づきます。

よく言われるアプローチの「左脚重心、左脚軸。」ですね。

素直に信じたらどんなに練習してもシャンクが止まらなくても

この図をみれば不思議ではありません。

そんな方は右股関節軸に切り替えるとウソの様に治る可能性があります。

ただし、右股関節軸はスイングとともに飛球方向にしっかり移動していきます。

そうしないとただの明治の大砲になります。

そして右サイドは前には出ません。左サイドを後ろに引きます。

ただ通常ショットではかなりのイメージチェンジと技術が要りますが、

革命的なイメージの可能性あり。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩下がりのパラドックス4

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

インパクトはアドレスとは全く違います。

肩が開き左肩が上がり、右肩は下がります。

体が全体的に浮けば逆に相殺されてアドレスとほぼ変わりませんが。

腰もある程度は確実に回転します。

体に横幅があるので軸回転すれば右サイドが前に出てしまうので、

特にシャンク癖のある方は軸に要注意ですね。

また、ドライバーならシャフトが長く柔らかいので

ボール幅位のトゥーダウンも起こります。

これらは当然起こり得る、想定すべき現象なのです。

頭を下げて浮きを防ぎ、右肘をかなり引き付けていますが

手首とシャフトの角度が伸びてアップライトになっています。

要するにフェースはアドレス時より確実に開きます。

それを想定しなかったら当然スライスですよね。

これは長いクラブ程顕著になるので長いクラブ程捕まらないのは当然の結果なのです。

マキロイ分析2

以上より、「アドレス時の準備」はイメージできると思います。

右肩の高さをあらかじめ低くする事、

さらに絶対に右を向かない事
ですね。

多くのアマは見事に真逆を実践してますよね。

殆どの方は右を向いて、肩は水平のままです。

肩は水平に回すもの、もしくは肩を下げない様に敢えて予め高く維持してしまうのです。

結果、マキロイ以上の想定外が当然起こり長いクラブ程フェースはガバッと開く。

自分の意図とは真逆の事態が起きるパラドックスに早く気付いて下さい

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩下がりのパラドックス3 体は厚さと幅が違うからややこしい

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
これもレッスンでは殆ど無視されていますが、

「体は厚さと幅が全然違う」 のでインパクトで右サイドが球に近いてしまいます。

インパクトでは肩も腰も既にある程度開きます。

従ってマキロイでもインパクトではアドレスより右サイドが前に出ます。

軸をキープしても体の厚さよりも横幅の方が長いので

必ず右サイドが球に近付いてしまいます。

従って、この点のイメージの処理が非常に難しいので

各人による1軸、2軸、軸の位置の検討はかなり意味があります。

下の図の様に軸を考えてみましょう。

1、脚を軸とすると赤線、

2、股関節付け根を軸にすると黄色、

3、脊椎1軸だと水色線 です。

これらを軸とすると右サイドはどうなるでしょうか

軸によって近づく幅が大きく変わるのです。

股関節 軸の位置

左脚軸だとかなり右サイドが前に出て球に近付きます。

逆に右脚軸なら殆ど近づきません。

右脚軸に左サイドが後方まくれる訳ですね。

この時非常に重要な事は

右脚軸もしくは右股関節軸ならば軸自体が徐々に左に移動

していく事になります。


それなら明治の大砲にはなりません。

左脚軸なら移動は非常に少ないのですが

そもそも脚の真上まで重心は乗らないので

赤線の脚が軸になる事は無いですね。

右股関節一軸ってイメージとしては意外に良いかも知れません。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩下がりのパラドックス2 マキロイのスイング分析

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
どうぞ

アドレスとインパクト直前です

マキロイでさえこんな感じですね

かなり浮いて前に出ます

原因は見ての通りです

マキロイ分析2

肩が開いて左肩が上がっていますが

右肩と右肘の位置は変わらないです。

頭で抑え込んでいます。

かなりトゥーダウンもしています。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

見落とされている右肩下がりのパラドックス 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

インパクトで右肩が下がるとフェースが開きます。

こんな事は誰でも分かる事で、

ゴルファーなら誰でもかなり注意している筈です。

これは、アドレス以上に下げ過ぎない、下がるのが早過ぎない、

と言うことですよね。


一方、アドレスで右肩が下がるのも極自然なことで、

プロもインパクトでも必ず右肩は左肩より下がっています。

右手は左手よりヘッド側、下側をグリップするのですから、

右肩も左肩より下に位置するのは当然ですよね。

右肩が下がっていなければまともには打てません。


ところが、多くの方の悩みも当然の如く右肩が下がるが、

その結果、当然の如くフェースも開いてしまう・・・。

何か変ですよね

どこが悪いんでしょうか?

まさにパラドックスですね。

すると「肩を縦回転するのが悪いんです。

肩はもっと水平に回すべきなのです。」

ともっともらしくアドバイスする声が聞こえてきそうですが

本当に問題はそこにあるのでしょうか

違います。

恐ろしく簡単な事を見落としているんです。

結論から言うと、多くの方が気が付かないのは

アドレスでの右肩の高さの重要性なのです。


つづく



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テークバック軌道の確認方法

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
ごんべえさん、こんにちは!!

>バックスイングの軌道についてはアマチュアの方は大半がインサイドに引きすぎるということでしたが、私の場合はむしろアウトにアップライトに引きすぎているようです。体の回転に対してコックが早いのか、コックの方向が垂直すぎる(トップでもややカッピング寄りのトップになってしまっています)のが原因かと考えているのですが、、、、
自分でもう少しインサイドに引こうと思ってもクラブが寝るのが怖くてなかなか直せません。
もしよろしければアウトサイドに引きすぎないようにするための良い目安や対処法を教えていただけないでしょうか?

クラブを寝せたくないという意識はかなり上級者の感覚だと思います。

またそれを実行できることも本来なかなか難しい事です。

グリップを低く維持して、ライ角を維持したままテークバックすれば

ヘッドは必ず高く上がっていきます。

テコですからグリップを低くする程ヘッドはプレーンより上を通ります。

スインガーから見るとかなりアウトに上がっている様に見えます。

逆に、ヘッドが低くインに引かれるという事はグリップが浮いている、

または右にスウェイしている証拠なのです。

インに上がればクロスする確率が高いのでより弊害は大きいです。

よほど極端でなければヘッドが高く上がって行くぶんには

低いより悪い事ではありません。


恐らくヘッド軌道を意識し過ぎて体と腕の一体感が希薄になっている

ように感じますがいかがでしょうか? 

いずれにしても今回のケースではこのドリルが非常に有効だと思います!

まず下の写真の様にボールを両肘と胸の3点で挟み、

その赤三角形のキープにより体と腕との一体感を感じます。

さらに重要なのは、クラブとヘッドを常に体の正面に維持し、

トップでは右肩上から少し外側までで飛球線と平行、水平、

若しくは少しレイドオフの状態に収まればOKですね。

クロストップはまずいです。



右上はクラブが体正面より右にずれています。

右下では赤△が正面から消えてしまいました。

シャフトが寝ています。

ヘッドだけ単独で先行させて引かない。常に体と同調させる!!







左はライ角もしっかりキープされシャフトが立っています。

グリップエンドを低くすればヘッドは高く上がる。


本当にプレーンより上のアップライトなのか、

どの程度上なのか、またトップはクロスなのか

レイドオフなのかが確実にチェックして下さい。

質問受けますので、どんどんコメント書いてくださいね!!


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダメとスティープ軌道の関係 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

グリップ軌道がアッパー軌道であってもヘッドはダウンブローになります。

グリップとヘッドは支点の反対側にあるのでテコを使うほど逆に動きます。

テコを利用しなければずっと同じ方向に動きます。

多くのアマが陥っているミスですが、グリップを下降軌道にする事で

ヘッド軌道をダウンブローにする発想は根本的に大間違いです。

それでは絶対にソールから接地させて滑らせることはできません。

よくプロが「ソールを滑らせた方が全然簡単だ。」と言います。

しかしアマはそれすらできないのです。

滑らせたくてもリーディングエッジから食い込んでしまうから。

要するに本物のシャローに振れないからソールから落とせない。

グリップを先に落とし切れていないから本当のシャロー

にならないのです。

ハンドレイトでグリップを加減して浮かせても所詮偽物です。

ハンドファーストでも自在に入射角を調整できないと

球の打ち分けは一生できません。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

タメとスティープ軌道の関係 1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ミッキーさん、はじめまして、コメント有難うございます!!

>常々強調されている右サイドで落としてから振るということ、
長いクラブほどそのスイング感覚は分かり始めてる感じです。
U字型で右側にもまだ体重が残ってる状態でインパクトを迎えてます。
ところが良く分からないのが、短いクラブ(8I以下)です。
これらのクラブでも、フルスイングの場合は同様な振り方をするのでしょうか?
また3クォータ程度のスイングでは、縦回転でのクラブの自然落下の延長で(故意に加速させずに)打つ感じになってるのですが、その辺はどのようスイングされてますでしょうか?

基本的に全クラブ、全スイング、アプローチも

特殊ショットを除いて、グリップを先に落とし切ります。

スティープ軌道を避け、バックスピン量を制御して

ラインを出し易くするためです。


ちまたではタメを作るとスティープ軌道になると言います。

だからタメを早く解けと。

確かに一理あります。それ以上ゴルフは悪くはならないでしょう。

しかし、それ以上進歩もしません。壁にぶち当たって終わりです。

それをレッスンと言えるのか?

グリップを落とし切れないのにタメを深めればスティープになります。

それでハンドファーストならなおさらで、

グリップ軌道、リリース方向、ハンドファーストと3つとも

地中に食い込む三重苦になります。

もろにリーディングエッヂから鋭角的に地面に食い込んでいきます。

豪快にバックスピンがかかり吹け上がってドスンと落下します。

一見凄そうに見えますが飛距離もバックスピン量も方向性も

全く当てになりません。

グリップのダウン軌道でヘッド軌道をダウンブローにする発想は

根本的に間違っているという事です。

ハンドファーストでバンスから接地させる

にはどうしたらいいのか

そこに答えがあります。

つづく


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

球をつかまえるイメージ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

長いクラブがつかまりきれないというコメントが多いですね。

ヘッドの重心距離が長く、シャフトが長いのでアウトサイドへの

遠心力が大きく、さらに下側への遠心力でトゥーダウン

が大きくなりフェースが開きます。

シャフトが長いのでしなり戻りの時間も長くなる、

等々つかまりが悪くなる条件はてんこ盛りです。

それら全て想定して対応しないと、当然つかまえ切れません。


ヘッドを下げ切った時でも、しっかりとライ角が維持されていると

トゥー側が高く浮いた状態でヒール側から接地します。

もしライ角が維持できていないと、トゥーダウンにより

手首が伸びてグリップが浮いた状態になり

トゥー側が下がりフェースが開いた

状態になります。

開いた状態になるだけでなく、トゥー側から接地するため

トゥー側が走らずローテーションも出来なくなり

ますますフェースが開いて押し出すことになります。

単純な事です。


グリップを下げ切り、ヘッドを下げ切った時に

手首とシャフトの角度を確実に維持して

トゥー側をしっかり浮かせヒール側ソールから接地させて

高いトゥー側を加速させて走らせるイメージが良いかもしれません。


この時グリップエンドは左腿に引き付けて自分に向いているので

右手が左手を一気に追い越します。

かといって左サイドの壁として左手を止めて急ブレーキを

かけている訳では全くないのです。

逆に腰の回転とともにダウンより遥かに高速で左腰回りを

回転していくのです。

ブレーキではなく、まさに「かわして行く」イメージです。

角加速度は半径の2乗に反比例するので

グリップエンドを左腰に引き付けて左腰と一体で回転する

効果は絶大なのです。


インサイドに引き付ける違和感はダウン時のヘッドに働く

アウトサイドへの遠心力のベクトルと相殺されるので

問題ありません。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左の壁の正体は左腰の切れ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

そもそも「左の壁」とは何なのでしょうか?

「左壁さえキッチリできれば全て上手くいく。」

と感じている方も多いと思います。

切り返しで右脚蹴りで思いっきり左へ体重移動、

左の壁にドーンとぶつけて急ブレーキをかければ、

ヘッドがドッキューーンと走り、完璧なローテーション

でドローで300Yぶっ飛び!!

・・・・とイメージされる方も多いでしょうが、

それは永久に幻覚ですね。


スウェイをガッチリ受け止める頑丈な壁?

左膝、左腰、左肩、左肘、左手首、左サイド総動員で

体重移動を食い止めるものなのか?

しかし、そんなこと左サイドをどんだけ鍛えたって無理ですよね。

そもそもスウェイをする時点で失敗なので

それを食い止めるべき頑丈な壁も全く必要ない。


左の壁の正体は動きを止めるべき壁とは全く正反対の

「左腰の切れ」なのです。

「左腰で止める」のではなく、「左腰の切れでかわす」のです。

リリースの切っ掛けである左脚の蹴りでブラッシングして

左腰を切り、その腰にグリップエンドを引き付けることで

テコでトゥー側を走らせ一気にローテーションさせます。

腰の回転と言うより、まさに左腰の切れのスピード感です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

疲労性骨膜炎

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

正座すると右膝の10cm程下のすね前部の骨がここ1ヶ月位痛くて

昨日整形外科に行った所、疲労性骨膜炎の疑いと診断されました

骨肉腫の疑いもあると言うことで、今日お茶の水駅前でMRIを撮ってきました。

軽く押しても骨が一部分、1点だけ、1平方センチだけ激痛なんです、マジで

そこだけ一カ所腐ってるみたいに痛い。

でも押さない限り日常生活では痛くも何ともない。

一体何これ

今日別の知り合いの整形外科医に見せたらさっぱり分からないと言われました。

来週火曜日に最初の医者にCD持って行きます。

「足切断です」とか無いですよね


皆様のおかげでなーんと、あっという間に

ランキング首位に返り咲きました。

非常にHappyです、ありがとうございましたm(_ _)m

ランキングNo1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

骨盤のブラッシング 骨盤は左右独立して動く!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

このビデオのコマを回そうとする時、重心の下を回しますよね。

軸の上部を回したらバランスが悪く高速回転は難しいです。

同様にゴルフで上体に捻転を作ろうとすればオーバースイングになり、

上体が伸び上り、上体全体が力みます。多くの方はそれで悩みます。

本人は力感があり、球をぶっ叩けそうな気がしないと満足できない

のでしょうが、球を叩くのは軽く柔らかいクラブの先端のヘッドなので、

スインガーの腕力など全く関係ありません。

必要なのはヘッドスピードだけです。

力めば逆にスムーズさが欠如しスピードは落ち、軌道も崩れます。

これを見てイメージして下さい。




骨盤のブラッシング

下写真の左右一対の腸骨と仙骨はそれぞれ独立して動きます。

リリース時の蹴りにより独立した両腸骨を直線的にスライドさせ

中心の仙骨がブラッシングします。 

股関節をテコとして最大限利用し、軸の安定性を維持しつつ

腰を高速回転させます。(赤青直線矢印) テコです。


両腸骨を独立させ、直線的なブラッシングのイメージが

無ければ、テコを利用したブラッシングは全く起こらず

ただの、のろまな腰の回転運動になります。

それではかなり軸の外側を回す為軸がブレた低速回転になる。

下の緑矢印ではヘッドは走らず、ヘッドの抜けも最悪です。

骨盤 分離

骨盤

インパクト後は腰の高速回転がキーになります。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダウンは左手で引くのか、左手で押すのか?

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ダウンでは勿論右手で押すよりは左で引くと言った方が近いです。

しかし、左手で引くとも言いにくいのです。

実は左手で引くより、「左手で下に押し下げる」と言うのが最も近いと思います。

突拍子もないと思われるのでこれまで書かなかったのですが。

「押す」とは体から遠ざける動作ですよね。

左てのひらだけを下に向けて押し下げ切る動き。

ヘッドを無視できるし、右肩も落ちない、肩も開かない。

「押す」イメージだと非常に感覚に近いんです。


しかし、「引く」は体から遠ざけるというよりは、

何かを体に引き付けなければならない感覚です。

「左手で引く」と言うと真下に引くというより、

左手でクラブを左側に引くという感覚になる。

左に引くためには左手だけではリードできないので

肩、体の開きも誘発し、右肩も一体化して一緒に落ちる。

「引く」とは体と一体化して引くイメージが出てしまいがちなのだ。

非常にやっかいで面倒な動きになってしまう。

おそらくプロも専門家も九分九厘「引く」というでしょう。

しかし「押す」に意識転換するだけで体の動きは

見違えるほど変わります。

ビハインドザボール、カウンターバランスがずっと容易になるし、

何より手や、腕でクラブを引っ張りまわすイメージが消えます。

面白いものです。

インパクトでは押し下げながらグリップエンドをももに引き付けます。

テコで無意識にローテーションが加速します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ゴルフブログランキング

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ブログランキング表を右欄に載せました

順位が一目瞭然です。

最近皆様の応援のおかげでかなり順位が復活しております。

緑と白ボタンが二つありますが左がブログランキングで右がブログ村。

ランキングでは最王手の2社で、皆さんも良く見かけると思います。


記事が参考になりましたら、

お手数ですが是非ポチ、ポチと応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

やっぱり順位が上がると士気が上がり更新意欲が湧きます


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ランキング応援有難うございました!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

m(_ _)m 皆様ご協力大変有難うございました。 m(_ _)m

全く驚きのぶっ飛びですわ

お陰様で久しぶりになんと第2位まで復活しました

一時的順位ではございますが皆様の温かいお気持ち、

本当にありがとうございます

これからも精進して書いていきますね

ブログランキング2位

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

インサイドアウトのとんでもなく大きな勘違い

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

今、晩酌でAEONのストロングチューハイ 飲んでます

急に暑くなったり、寒くなったり激しい気温差で大変ですよね。

我が家は今暖房入れてます

皆さんも夜中までレンジで球の打ち過ぎで

風邪をひかない様に気を付けて下さいね


 見かけ倒しの、自覚だけのインサイドアウトの

とんでもなく恐ろい落とし穴があります。

それはグリップを体から離していく

形だけのインサイドアウト
 です。

泥沼化パターンのインサイドアウトですから気を付けましょうね


肝心のインパクトに向けて腕を伸ばして

回転半径を拡大するってことは

自らヘッドスピードを減速し、

ローテーションを阻止しているのです。

当然飛ばないし、球は捕まらないので、コネルしかないです。

「思いっきり自ら墓穴を掘ってる」

っつー事ですね。

しかし大方それに気が付くどころか、

ますますインサイドアウトがエスカレートしてしまうんです。

そうなるとプッシュアウト、ドスライスOB連発

同伴者とキャディーの冷たい視線の中

今度は、泡食ってコネてド引っかけOBです。

左右3連発OBなんてしでかしたら

もうそのコース行けなくなりますからね

気を付けましょうね

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

軸回転させるためのテコ グリップを引き付ける

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


皆さんもリリース時にはいろんなテコが考えられると思います。

まず、カウンターバランス意識によるビハインドザボールにより

左ひじが伸ばされヘッドが走り、ローテーションも加速します。

さらに、クラブの縦回転はグリップの上昇軌道というテコにより

更にヘッドが加速されます。


まだまだあります。

グリップの股間への引き付けです。

V字軌道の谷の頂点部分の正しい動きですが、

外見上は本来底辺の広いU になるべきです。

低く長くですね。

このUの底辺部分は股間への引き付けと左腰の回転により

可能になります。

これにより、グリップを遅らせたり、急ブレーキをかけたり、

ヘッドを待ったり、左脇を締めるたりする意識が

全く不要になります。

引きつけさえすれば勝手に同じ結果になるのです。

外見上は急ブレーキをかけている様に見えるでしょうが、

スインガーの意識としてそんなことは全く考えていないのです。


またこれにより全ショットのインパクト精度も格段に上がります。

これは全く特殊な小手先の技ではなく

アプローチでさえ普通に常識です。

だからグリップは縦にV字に振るのです。

横に振ったらダメですね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

シャフトの縦回転と軸回転は同時

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

リリース時にシャフトはプレーン上を縦回転しながら、軸回転します。

どうやったら?

どっちかだけでは結局はダメなんです。

同時に両方じゃないと。

同時に両方って

手首の操作では絶対不可能ですよね。

そんなに器用な人っていないでしょう。

クラブの性能上自然にそうなっちゃうから

常に反復して出来るんですよね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

グリップは縦に振るが、ヘッドは縦に振らない 根本的な違いは何か?

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね

トップから縦に振る=グリップを縦に振る≠ヘッドを縦に振る

トップから縦に振るという事はグリップを縦に振る事であって

ヘッドを縦に振る、という意識は全くありません。

ダウンでは 「ヘッドは着いてくるだけ」 です。


ヘッドを縦に振ること自体、

早くリリースしてしまう、という事ですから、

シャローになんか絶対振れるわけがない。

V字に縦に振るとは根本的に違うのです。

V字に縦に振ると何が起こるのか

手元を遅らせなくても、ヘッドを待たなくても

グリップを下げ切って、

グリップを左もも付け根に引き付ければ

勝手にヘッドが先行し、ローテーションして

球が捕まるのです。

 
 さらにグリップはV字で一生懸命下げますが、

V字でグリップを上げる時は能動的ではなく

ヘッドの慣性で受動的に引き上げられます。

ヘッドに引っ張り上げられるまでは

グリップは左もも付け根に引き付けられたまま

体の回転に伴うことで「結構長く水平に」動きます。

「低く長く」ってよく言うのは

その「結構長く水平」の部分でなんす。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

修正・加筆版 「逆しなり」が使えていないスイング トゥーダウンを徹底的に抑える

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね


あまりに酔っ払いのミスが多いので修正しました


 最近夜更かし気味ですね。

晩酌ブームでまたデブってきました

でも酔っぱらった勢いでブログ更新する事も多くなり、

気分的にも適当に書けちゃうのでm(_ _)m

かえって良かったりして。

しかし、昨日のひどい綴りミスには我ながらぶったまげましたが。


 で、今日も酔っぱらった勢いでAM3時半から書き始めてます。


 テーマは 「逆しなり」。

結構無視されてます、肝なのに。難しいからかな。

恐らくそこまで手が回らないのかと・・・ゴメンなさいね

多くのアマのイメージと違って、インパクトでしなり戻っただけでは

まだ全然早過ぎます。

さらに逆しなりもさせてインパクトしないと絶対に飛ばない。

逆撓りまで行かないとヘッドが完全に加速しないからね

そう使うようにシャフトが設計されているし。

要するに、逆撓りをしっかり使えなければ

高いシャフトも宝の持ち腐れという事ですね。


 殆どのアマは手だけが異常に速過ぎる。

テークバック直後からヘッドを先行させインに引くので

既にヘッドが遅れる要素があるのに、

ダウンでは手だけ異常に速く動かしてしまう、

反対にヘッドがさらに致命的に遅れる。

インパクト前に手を減速しろとか、遅らせろとか、

ヘッドが追い付くのを待て、とよく言われるが

待てったって、急ブレーキや急減速なんか絶対無理。

最初から手が速過ぎるから悪い。


タイガーや近藤プロのテンポが速いってよく言われるが

それはテンポであって、どう間違っても手のスピードじゃない。

テンポが速くたって、手の動きはアマの様に高速にはならない。

さらにプロの手は遠回りしてる。

アマの手はトップから球に向かって一直線に

ほぼ真横に最短距離で高速かつ超パワフルに動く。

それでヘッドが速く走ると思うのはどえらい勘違いなのだ。

ダイレクトにヘッドを手と等速で引っ張り回すのでは無いのだから

最初から「タメとテコで角加速度を上げる」と意識を徹底させないと

今以上の手元の減速は不可能だ。


これですよ、これ。秘訣は。

直角

知ってる~

縦、横に直角に振るくらいのイメージ。もちろん角は丸いが。

手は最初からゆったり目で、更に下へ遠回りする。

全然球には向かわない! 手で打つんじゃないから。

シャフトも立ってゆっくり降りて来るがリリースで一気に角加速度アップで

ヘッドがシャローに爆速に。


インパクト前に手が急減速して、ヘッドを待つのでは決して無い。

もともとゆったりで、かつ遠回り、スイングテンポがどんなに速くなっても同じ。


だから手が先行する振り遅れなど起こりようがない。


 それからもう一つ無視されがちだが

非常にやっかいなのがトゥーダウンだ

トゥーダウンしない振り方がちゃんとある。

トップまではタメは90度以上だが、

ダウンでグリップだけ落としてシャフトが立つので

タメはダウンに入ってから更に深くなる。

トップで深くしたらただのオーバースイングになる。

そして下方向の慣性モーメントを徹底的に抑えるのだ。

そうしないとトゥーダウンは減らせない。


 更に付け加えると、トップしなりの問題も大きい。

殆どのアマが切り返しからMAXパワー、MAXスピードで親の仇の様にフルパワーだが

それではトップしなりが過激に出来過ぎ、その反動により

インパクト前に逆しなりとっくに終了、はいサヨウナラ(^.^)/~~~、お疲れ様となる。

あ、ビールが無くなった、た、AM4時半過ぎなので寝ます。

ねむ、おやすみなさい

さようなら。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ ランキング応援宜しくね
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR