ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左グリップで求心力を高める

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

遠心力で暴れるクラブを制御し、

かつ遠心力を利用するために

左グリップ=グリップエンドを体に引き付けます。

そうする事によって求心力を高めると同時に

クラブを体の正面に維持する事ができます。


様々なテコでクラブは加速し、

加速するほど左手より外周にある右腕の運動量が増加します。

その運動量は手首を使えば全然楽です。

しかし右手首コック維持のままならかなり腕を振らないと

追いつきません。

腕を振ると言っても単に右腕主体でクラブを加速、

または球を強く叩こうとするなら

それは手振りという事になってしまいます。

また、単純に両腕を左右同様に振るのも論外ですよね。

左手によりグリップエンドを引き付けて求心力を高める動作に対し、

右腕は全く異なる動作を要求されると言う事です。

体の回転と言うより、体の反転により

左右の肩が入れ替わります。

そのためには体幹より最も外周にある右腕はかなり速い動きを要求されます。
 
それが腕をしっかり振ると言う事ですが、

単純に右腕を振ると言うと

語弊が大きくなってしまうでしょうね。

メカニズムを全て理解してこそ

より効果的な動きが可能になります。


ただ、だからといって右腕は単に受動的に振られるのではなく

しっかり振るという感覚が確かにあります。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右手首単独での動き コック維持、ライン出しも同じ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

これが右手首単独での動きです。

常にこれに左手と体の回転が加わわるので

右手首単独の動きはスイングビデオでは見れません。

フリップして右手首でクラブを振ってしまうと

「腕を振る」必要が無くなります。

コックを維持してリリースしないからこそ

腕をしっかり振らなくてはならないという事なのです。

それが 「腕を振る」 ということになります。

「手打ち」と「しっかり腕を振る」事は別です。



また、左右の腕の振りの軌道が異なるからこそ

前倒し、ローリングが起こります。

左右のグリップが同じ軌道では決してロールもローテーションも

起りませんし、加速もしません。

軌道の差によってドローとフェード、高低を打ち分けます。

フリップより当然精度が増し、かつ遥かに加速できます。

その軌道の違いの秘密はまたビデオで解説しますね


 そうそう、

この右手首の形こそがハンドファーストなのです。

グリップエンドの向きが体幹からずれたら

ハンドファーストとは言えませんからね。

ハンドファーストって言葉も結構語弊がありますよね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダウンの始動は左腕でつりかわを真下に引く

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

いやー全米女子オープン大山プロ大健闘でした

最後までわくわくさせてくれましたね

それにしても韓国勢は強い

皆一様に日本勢よりスイングがシンプルで安定していますね。

二十歳で初出場、初優勝のチョン・インジプロ、印象的でした。

結局18番まで終始笑顔で緊張感が全く感じられなかったですね

ちょっと信じられないような精神力で大逆転劇でした。

スーパースターの誕生でしょうか


今日のビデオは真下に落とすコツです。



注意して頂きたいのは

左右の手のテコによる加速ではなく

右手首はリリースしない様にコック維持で左右の手を同時に

落とします。


前回のビデオの「つるはし振り」とほぼ同じで、

昔書いた「背面打ち」と最短距離と言う点で軌道もスイングも

酷似しています。

試してみて下さいね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ロールするならスクエアグリップ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ごめんなさい、大事な事を忘れていました

皆さんの質問から感じたのですが、

前倒しや左肘を伸ばすためには

ストロンググリップではかなり難しいと思います。

引っかかるのが不安、ロールし難い

と言う方はグリップを疑ってみて下さい。


 そもそもフックグリップでは左肘が横向きになり、

かつ、ハンドダウンで左手首をロックしてしまいます。

ウイークと比べてみれば直ぐに分かると思いますが

かなりロールし難いですし、したら引っかけ易いですし。

体も開き易いですね。

ストロングが本当に自分に合っているのか

グリップを比較してみるチャンスかもしれませんよ。

私はスクエアグリップ派です。

そもそも肘は下向きが鉄則ですからね。

諸説あるでしょうが、最初から横向きに固定する理論が

ここまで普及したのも本当に不思議です。

道具の進化と言っても人間の骨格は変わらないですからね。 

ストロンググリップが普及した理由もわかりますが

体重移動と同様アマの技術進歩の大きな弊害であった気がします。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

伸び上がり の原因は 兎に角アーリーリリース

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

伸び上がりの原因は腕の力みとアーリーリリースにあります。

ヘッドが下がるからグリップが浮き、

そして体が浮き、伸び上がります。

 解決策として非常に良いスイングイメージは

くわ や つるはし を地面に叩き込むイメージに酷似しています。



実際にクワやつるはしを振ってみたら分かり易いかと思いますが、

今ではある家の方が珍しいですかね(笑

腹筋、背筋を利用して頭と共に上体を前屈させながら、

グリップだけを先に落下させます。

間をおいてヘッドは重力で落下してきます。

無理にヘッドを引っ張り下そうとせず

はなから重力を利用しようとするので

自然に「間」も出来ます。

クワを振り下す時リリースなんか全く考えませんが、

ターゲットが真下の地面なので

自然にリリースさせるので地面にめり込みます。

でもゴルフスイングは意識としてはリリースしないで

コックを維持したままローリングしていきます。

遠心力で徐々に強制的にリリースされますが

右脚前のグリップの最下点では立てて使うシャフトと

タメによりヘッドはまだ上空にあるので

地面には落下せずにダウンブローのまま球に向かいます。


ダウンで頭を下げるプロも非常に多いですよね。

あえて極端に頭を下げる練習光景も見掛けます。


殆どのアマは右手首の使い方が

V字軌道におけるそれとはかなり違います。
 
右手首がキーポイントですねー。

前倒しローリングと合わせてビデオで説明していきますね!!



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「前倒し」の意味

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

「前倒し」とは簡単に言うと

テークバックで約90度時計回りにロールして背後に倒した

シャフトとヘッド(または開いたフェース)を

90度反時計回り、逆回りにロールしながら体の前側に

スクエアに倒す、戻す、ことです。

前方に倒す過程で一度立て直し

重力を利用します。

シャフトと共に立て直したヘッドの偏重心を利用してトゥー側を

前に倒すと慣性で一気にヘッドがローテーションします。

それに連れて両腕もロールします。

それが自然のローテーションです。

トゥー側を前に倒すと自然にダウンブロー軌道になります。

それ以外のスイングは結局コネているという事ですね。

しかし、前倒しは単純に考えてしまうとシャフトの前倒し

で終わりと思われてしまうでしょうが、

実はココだけの話

トゥーの「前倒し」感覚

が100倍重要です。

シャフトだけの前倒し感覚では正しい動きには全く不十分です。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

なかなか返信できなくてごめんなさいm(_ _)m 全て真剣に見ていますよ!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

みなさんコメント沢山有難うございます!!

全部真剣に見ていますのでなるべくビデオで解説出来る様にしていきます。

今忙しくてなかなかビデオ編集、コメント返信出来ませんが

コメントは全て真剣に見ています。

ちゃんと返信しますね!!


 皆さんの回答へのいくつかキーポイントは

右手首は頑張ってリリースしないでV字軌道ですね。

さらに兎に角、重力を最大限利用しながら、

ヘッドの偏重心も同時に最大限に利用します。

ローリングつつ重力落下という事です。

もちろん、体重移動せずに落ち切るまで右向いたままです。

重力を最大限利用するためには

なるべく前倒しまではシャフトは立てて位置エネルギー維持ですね。

前倒しの難しい点はグリップ軌道はプレーンよりずっと

インサイド=体に近いという事です。

このイメージを変えられればあっという間にマスター出来ます。

順次解説していきますね


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR