ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

常にヘッドをプレーンより上に維持したい & 左サイドの回転を止めない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

放っておけば誰でもアンダーの軌道になります。

ヘッド、特にトゥーが重いですからね。

意識しなければ誰でもアンダーになり、シャフトは寝ます。

でもそれでは進歩は難しいですね。

 
パターもアプローチも右手首の角度を維持したまま打ちます。

飛距離ではなく、精度を重視するからです。

当たり前ですが。

それはコックの維持であり、タメの維持と同義です。

タメの維持は専ら飛距離のためという解釈が一般的ですが、

それは明らかに間違いです。

むしろ精度のため必須なのです。

その当然の結果としてハンドファーストとダウンブローになります。

またヘッドは常にプレーンより上にあるべきだと思います。

その方が再現性の点で遥かに有利だからです。

それは実際問題技術的にも非常に難しいことなのですが、

それができなければ5下は無いと痛感します。


それを別ルートでうまく実現する方法は実が

パンチショット、ステインガ―ショットのイメージだと思います。

否応なしにそれを実現できる動きになってしまうからです。

実はアマにとってはパンチショットはそれほど特殊なスイングではなく、

むしろ、より理想に近いスイングということです。

もちろん各人のスイングにもよりますが。

要するにタメを維持する打ち方、右手首の角度維持の打ち方は、

パターとアプローチの延長のショットですね。

それは飛距離ではなく精度を突き詰めたショットということです。

ドライバーから始まって距離を徐々に縮めていくショットとは逆です。

パター、アプローチが基本であり徐々に距離を上げていく発想です。

回りくどい言い方に聞こえるかもしれませんが

それが最も近道なのだと思います。

タイガーとミシェルウィーのスティンガーショットが強烈に印象的

ですが、我々アマににとってもそれが覚醒への近道だと言えます。


フィニッシュまで「振り切る」ということはもちろん非常に重要です。

しかしその前提としてタメの維持、ダウンブロー、ハンドファースト

が大前提なのです。

それ無くして振り切ることだけが最優先になってしまうと

真逆にアッパースイングになったり、スイングを崩す恐れも大きいですね。

パンチショットにすると誰でもスイングはコンパクトになります。

ロフトとシャフトが立ちます。

するといきなり精度が上がり、良いショットを連発するアマがいます。

それは振るショットにおける欠点を無意識に修正できるということです。


 また、ダウンブローのためには

左サイドが回転し続けることが必須です。

左サイドが止まると詰まって逃げ場がなくなり

上に逃げるしかなくなり左サイド、左腰、左肩が上がり

確実にアッパースイングになります。


左下半身を回転させ左サイドを背後に逃がしつつスウェイを止めるためには

左サイドの壁を作る「止める」というメージとは真逆で

もっと回転させるという「止める」とは逆の動作になります。

「左サイドの壁」なんて動きを止めてしまう言葉は

意識の中ではもう捨てた方がいいです。

止めないで左サイドを回し続けなければ 

インパクト後もヘッドがさがり続ける

ダウンブローには絶対にならないです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

パンチ、スティンガー、ノックダウンショットの練習の重要性

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

 忙しくて更新怠けてごめんなさい!!

前回ご紹介したシューズですが瞬時で売り切れちゃいましたね。

実は私はラウンドテスト後に気に入ったのでもう一足購入したかった

のですが在庫切れで買えませんでした



 急に寒くなってきたので冬物ゴルフグッズの買い物も結構大変ですね。

もちろんゴルフグッズの買い物は超楽しいですが。

ウェアも素材も随分変わってオシャレでカッコ良くかつ機能的に

なりましたよね!!

でも価格も随分高くなりましたが。

冬物はついつい様々目新しい防寒グッズを買い過ぎちゃいますね。



 さてさてさーて、本題に入りますが、

実際問題スイングはグリップと手首で結構決まってしまいますよね、
 
スイングのその他部分をどんだけ治しても。

基本を見落とすと結構怖いですよね。

例えばストロンググリップでローテーションしちゃったら

当然球は右も左にも散りますからね。


以下の点でもご質問の小田孔明プロのテークバックの解説

においても重要になりますが

通常の縦コックと右手甲側へのヒンジングの右手首の動きの理解

が必要になります。

右手首のヒンジングは出前持ちの右手首の曲げ方ですね。

当然トップで必要になります。

縦コックとヒンジングは両方必要なのですが

どっちが早いか遅いかでテークバックの軌道が変わります。

幼少からスパルタ教育を受けた小田孔明プロを考慮すれば

個人差ということになってしまうのですが、

リスクをまず考えるべき我々にとっては、

縦コックが先で、ヒンジングが後ですね。

小田孔明プロは逆です。

だから先にインにアンダーに入ります。

しかしトップはスクエアで決まり、ダウンも完全にオンプレーンですね。

非常に特殊で面白いケーススタディーですね。

しかしトップからは完璧にオンプレーンです。

当然、誰でも真似するのは難しいですね。



また、右手首の角度について考えると、

パターもアプローチもフィニッシュまで右手首の角度は

変わりません。縦コックもヒンジングも残します。

95パーセントのアマは振り遅れを御怖がりインパクト前にリリースしますが。

長いクラブでも、インパクト後に重力で勝手に解けさせればいいのです。

リリースしない手首の動きはパンチショットと似ています。

パンチショットの練習がタメ、コックの維持、ハンドファースト、

ダウンブローに繋がります。


我々レベルではスティンガーもノックダウンも大して変わりませんので、

呼び名は好みで良いでしょう。

パターの延長からアイアン全部パンチショットでラウンドしてみると

面白いですよ。

まさに手首の角度維持ですからね。

合っている方はビシビシパーオンが増加する可能性がありますよ。

スピンも想像以上に効くし。

ちなみに手首固定スイングでのスライスの原因は

回転不足によるスウェイです。

また、見落としがちなのがお尻の左右の位置ですね。

テークバックで右スウェイしてお尻が右へ移動してしまうと

左へバンプして戻さないと引っ掛けます。

お尻が右へスウェイしなければお尻は中心にあるので

バンプの意識がなくても引っ掛けはずっと出にくいですよね。


大胆さと繊細さの両方がないと5下は難しいですね~。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR