FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

常にヘッドをプレーンより上に維持したい & 左サイドの回転を止めない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

放っておけば誰でもアンダーの軌道になります。

ヘッド、特にトゥーが重いですからね。

意識しなければ誰でもアンダーになり、シャフトは寝ます。

でもそれでは進歩は難しいですね。

 
パターもアプローチも右手首の角度を維持したまま打ちます。

飛距離ではなく、精度を重視するからです。

当たり前ですが。

それはコックの維持であり、タメの維持と同義です。

タメの維持は専ら飛距離のためという解釈が一般的ですが、

それは明らかに間違いです。

むしろ精度のため必須なのです。

その当然の結果としてハンドファーストとダウンブローになります。

またヘッドは常にプレーンより上にあるべきだと思います。

その方が再現性の点で遥かに有利だからです。

それは実際問題技術的にも非常に難しいことなのですが、

それができなければ5下は無いと痛感します。


それを別ルートでうまく実現する方法は実が

パンチショット、ステインガ―ショットのイメージだと思います。

否応なしにそれを実現できる動きになってしまうからです。

実はアマにとってはパンチショットはそれほど特殊なスイングではなく、

むしろ、より理想に近いスイングということです。

もちろん各人のスイングにもよりますが。

要するにタメを維持する打ち方、右手首の角度維持の打ち方は、

パターとアプローチの延長のショットですね。

それは飛距離ではなく精度を突き詰めたショットということです。

ドライバーから始まって距離を徐々に縮めていくショットとは逆です。

パター、アプローチが基本であり徐々に距離を上げていく発想です。

回りくどい言い方に聞こえるかもしれませんが

それが最も近道なのだと思います。

タイガーとミシェルウィーのスティンガーショットが強烈に印象的

ですが、我々アマににとってもそれが覚醒への近道だと言えます。


フィニッシュまで「振り切る」ということはもちろん非常に重要です。

しかしその前提としてタメの維持、ダウンブロー、ハンドファースト

が大前提なのです。

それ無くして振り切ることだけが最優先になってしまうと

真逆にアッパースイングになったり、スイングを崩す恐れも大きいですね。

パンチショットにすると誰でもスイングはコンパクトになります。

ロフトとシャフトが立ちます。

するといきなり精度が上がり、良いショットを連発するアマがいます。

それは振るショットにおける欠点を無意識に修正できるということです。


 また、ダウンブローのためには

左サイドが回転し続けることが必須です。

左サイドが止まると詰まって逃げ場がなくなり

上に逃げるしかなくなり左サイド、左腰、左肩が上がり

確実にアッパースイングになります。


左下半身を回転させ左サイドを背後に逃がしつつスウェイを止めるためには

左サイドの壁を作る「止める」というメージとは真逆で

もっと回転させるという「止める」とは逆の動作になります。

「左サイドの壁」なんて動きを止めてしまう言葉は

意識の中ではもう捨てた方がいいです。

止めないで左サイドを回し続けなければ 

インパクト後もヘッドがさがり続ける

ダウンブローには絶対にならないです。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR