ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

「腰の回転」の致命的勘違い3 腰は水平に回転させない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

またまた爆弾発言になるのかな。


レッスン界でよく耳にしますが、腰、ベルトラインを水平に回せと。

少なくとも私にとってはこれは全くのデタラメです。

こんなのまともに信じちゃダメですよ。

やれば即分かります。水平に回したらいくらでもスウェイします。

これは股関節の動き、下半身重心を全然考慮していない言葉ですからね。


腰なんか水平に回したら間違いなく下半身が浮いて、スウェイします。

なぜなら左股関節が入らないか、または入っても直ぐに抜けます。

そして股関節の前傾は即座に崩れ、だらしなく伸びます。

少なくとも私には水平回転では全然無理ですね。

当然論理的に否定、反論できますよ。



なぜなら、股関節は上から加重しないとしっかりはまりません。

直ぐに抜けてしまいます。

昔ら私が言っていますが、

とにかくスイングで最悪なのは体が浮くことです。

とにかく重心を低く抑え込みたい。

実はそれがとんでもなく難しい事なのですが。

そうすることによってパワーを逃がさず封じ込め、

インパクトに集中して爆発することができるのです。

私はおそらくそれをゴルフ以外のスポーツで感覚的に身に着けと思います。

スキーや、格闘技等々でしょう。


股関節が抜けない様に、前傾を維持させるためには

上からかなり加重しないと不可能です。

スキーでは重心のかけ方の技術は最重要事項ですよね。


ゴルフは特に左股関節は難しいですね。

明らかに水平ではなく右上から左下方向へ加重して行くべきです。

絶対に水平回転ではないです。

大した違いではない様に思われるでしょうが

やってみれば一目瞭然です。全く違います。

左股関節のしわを伸ばしたら、それはすなわち起き上がり、スウェイです。

右上から左下に加重しながら右股関節を上から押し込まないとダメです。

要するに、全く素直に上から下に自然落下でダウンブローに

低く長く振れば必然的にそうなるはじでしょでしょ

それなのに腰水平回転ってイメージは全く浅はで無責任な指導です。

確かに単純に見かけ上だけは水平回転に見えるでしょう。

しかし、スインガーのイメージ、意識は、絶対に外見では分からないです。

確実にアマの誤解を招きます。

まあ、やってみればすぐに分かることです。

格段に腰がスウェイし難くなります。



さてさてさーて、

ゴルキチ股関節理論は、この程度はまだまだ序の口です。

全然入門編ですわ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「 腰の回転 」 の致命的勘違い 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

アドレス時に腕は肩からブランと垂直に垂らします。

ダウンスイングでも同様ですね。

自然落下でテークバックと同じ軌道を通るべきです。

しかし、大方のアマは右腰が前に出て、その軌道を邪魔します。

出っ張って上を向いた腹や胸によって

腕は肩から真っすぐ垂らした軌道よりずっと前に押し出されます。

これでは真っすぐ飛ぶわけがないですよね、

何十万発打っても無理ですわ。

しかし誰もそれに気が付きません。

出っ張って上を向いた腹が致命的にスイングをぶち壊している事を。

要するに肩から垂れた腕の内側より、胸や腹が前に出ちゃいけない

という事ですよね。

これがどれだけ現状と違うレベルかって鏡で見ると分かりますよね。

右腰は遥かにインサイドに引っ込んだまま回らないと

腕を真っすぐ垂らして振れません。

結局は右向いたままインサイドから振下ろすので

腰なんか回したら無理なんですよね。

本当に上手くなりたいのなら、

右腰を出さない様に頑張ってレンジで球打って練習するんじゃなくて、

絶対に右腰が出ない様に振るにはどう右脚を動かしたらいいのか、

クラブ無しで鏡の前で何時間でもシャドースイングして

必死で考えるべきですよね。

下手を固めるだけなんだから、球なんか打ったって逆効果ですよ。

じゃないと20yのアプローチでさえ、いつまで経ってもラインが出ずに

5yも右や左にばらけていたんじゃスコアにならないです。

右股関節を右骨盤で上から左股関節方向に押し込むだけです

右ひざを前に出さないで両ももを締めます。

それで腰のコアは回ります。

左に完全に体重移動を終えてからではそれもできないんですよね。

とにかく、腰の外周を回しちゃ絶対にダメですよ。

自分でやるのは単純な直線運動です。回転は結果です。

つづきはまた次回!!

「 腰の回転 」 の致命的勘違い

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



さてさてさーて、

このブログでは激レアな10日連続更新ですよ

5年ぶり位の気合いの入り方ですよ。


では、さらに 「 股関節意識 」 の重要性の核心に迫っていきます。

そもそも殆どのアマが致命的に間違っている重大な事があります。

「ゴルフの腰の回転」 と 「一般生活での腰の回転」 は

全く別物という事です。

「 腰を切っても、体が開かない 」 超難かしいでしょ。

だってそもそも、そんなこと「一般生活での腰の回転」では不可能ですからね。

絶対無理に決まってるでしょ。

「 一般生活での腰の回転 」 は単純に腰の外周を回します

股関節なんて意識しないでしょ

それでは全然無理なんです。

「 ゴルフの腰の回転 」 は腰の回転というより

「 股関節を入れる 」 だけです。

腰の外周部が大回りすることなく、中心部のコアだけ回転します。

コアの回転=股関節の移動のみ です。

腸骨のブラッシングです。

アマの致命的ミスは 「 腰の外側を丸く回すイメージ 」 なのです。

だから当然右腰が前に出ながら 「大回り、遠回り」 してしまいます。

下手なんじゃなくて、誰でも当然そうなってしまいます。

土台の腰が大回りするので当然その上にある上体も

全部一緒に大回りしてしまいます。

腰と同時に上体も肩も開いてしまうのです。

腰を切っても上体は開かないという、タイムラグができないのです。

その原因はそもそも腰の回転方法が全く間違っているからなのです。


ダウン時は 「 左股関節を入れるだけ 」 です。

その方法だとコア(中心)部分だけが小さく回転するので

右腰の外周が前に出て大回りする必要が無いのです。

ダウンでは右股関節は飛球線と平行に直線的に左に移動するだけ。

だから右腰は前に出ない。

要するに、簡単に言うと外見的には

前傾して背後に突き出した右尻が前に出ることなく

インパクトまで左へ平行移動するだけなのです。

その時左尻は背後に下がる。

だから、上体は開かない、胸も顔も右を向いたまま打てるんです。

これは実際問題、腰の回転と言わない方が良いと思います。

要するに、フツーに腰を大回しして打っている人には、

腰なんか回しちゃダメっていった方が良いでしょうね。

ダウンは 「 左股関節を入れるだけ 」 と言った方が誤解を招かないです。

これなら全てが上手くいきますよ。



言葉ではなかなか理解できないでしょうか。

しかし、このゴルフの左股関節を入れる方法ですが

実は別のスポーツで全く同じ動作が一発で再現できます。

誰でも、あなたでも超簡単に一発でその腰の動きが体感できてしまうのです。

なんだと思いますか

今まで何度かこそっと書いていますよ。

これが分かると間違いなくあなたのスイングは

マジで即座に激変しますよ。

でも今回は本当に内緒ですわ

特許とってから公開します。






そんなのないか。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩を下げない・・・・その超効果的な方法 2

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


もちろん、内緒なんて冗談ですよ

右肩を下げない・・・・その超効果的な方法は

「 あご 」 の向き です。

左肩やら、右肩やら、軸の傾きや、頭のスウェイ、腰のスウェイを

全部意識していたらそれこそきりがないですよね。

回転軸の傾き=顔の軸の傾き=アゴの向き でしょ?

超単純に顎がスイング中ずーと下向いてればいいんですよ。

ただそれだけ、簡単でしょ?

えっ、「 そんな事大昔から知ってるよ!!」って?

そう、もちろんみんな知っていますよね、そんな事。

でも、やろうと最善の努力をしましたか?

ちゃんとやらなかったし、継続できなかったでしょ?

知っていてもその根拠を合理的に完璧に納得できなかったら

真面目にやらないですよね。忘れちゃいますよね、すぐに?

でも、最近の記事を読んで、納得したあなたは少なくとも

しばらくはチャレンジするでしょ?


右股関節から脳天に垂直な回転軸をイメージし、

右股関節を前傾した骨盤と真上にある頭で加重して

前に出ない様に抑え込みます。

その時あごは真下の股関節に垂直に向いていますよね?

顔の向きはスイング中もちろん左右に変わりますよ、

でもアゴはず――――と真下を向いているんです。

その垂直な回転軸は右股関節とともに、

アドレス時の左股関節方向へ飛球線と平行に直線的に移動します。

右ひざは前に出さない、前に曲げない。

右ひざは股関節により上から抑えられながら

飛球線と平行に左へ伸びていき、右腰の高さを変えない、落とさない!



右ひざが曲がって高さが変わり、右腰が落ち、右肩が落ち、

回転軸が右に傾くと、しゃくりスイングになりますよね?

特にプレーンより下のアンダー軌道でインサイドアウトスイングだと

間違いなく右肩が落ちて、軸は大きく右に傾きフェースがきますよね?

そのミスの最も簡単で単純なチェック機能が自分の

「 あごの向き 」 なんです。

「 顔の軸の傾き 」 とか言われるとまたややこしいでしょ?

ただスイング中ずっとひたすら

アゴを右股関節に向けてるだけでいいんです。

ビハインドザボールとか、頭を残すとか、山ほどの厄介で面倒な

注意事項も、かなり不要になるでしょ?

分かってしまえば、簡単なことです。

あなたのスイングは明日から間違いなく大きく変わりますよね。

頭を残し過ぎて、逆Cで腰を痛めたり、首を痛めたり、

明治の大砲、プッシュアウト、ドスライスのへなちょこボールも

これでもう近いうちにおさらばですね

ライバル達をギャフンと言わせてやりましょうよ

まだまだ続きますよ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肩を下げない・・・・その超効果的な方法1

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

肩は縦振りですが、右肩は落とさない。

これだけでは一見、矛盾していますよね(笑

前傾分以上に不自然に右肩を下げないということです。

頭は右股関節の真上に乗っています。

回転軸は脳天から右股関節への見えない垂直な軸のイメージです。

垂直な軸を意識し、維持している限り右肩は落ちません。

右肩が落ちるということは回転軸が右に傾くということです。

すなわち、背骨を回転軸としてイメージしていると、

腰が左へ平行移動して頭が右に残ると

腰だけが先行し過ぎて腰砕けに明治の大砲の様に

右肩が落ちてアッパースイングになってしまいます。

フェースが上を向いて開きます。

力んでいきなりプッシュアウトやドスライスが出る症状ですね。

アマの殆どは常時そんな感じで打ってます。



腰をその場で回転させるイメージ・・・・・・

これもちょっと無理がありますよね。

回転軸は明らかに右から左へ移動しますからね。

垂直を維持して右から左へ移動していく回転軸のイメージ。

それなら頭と骨盤で股関節を抑え込むのも、

球を抑え込むのもイメージできるでしょう

ハンドファーストも、コック維持も、ダウンブローも

とにかく絶対に 「フェースを上に向けない」 意識が重要です。

意識しないと間違いなくアッパーなしゃくりスイングになっちゃいますよね。


右股関節に加重したまま、前傾した状態で右股関節を抑え込むために

頭は常にほぼ右股関節の真上に置きます。

すると必然的に脳天から右股関節の回転軸は垂直を維持できます。

右肩を下げない=左肩を上げない、ですが両方とも意識にはありますよね。

右肩も下げたくないし、左肩も上げたくない。

そう分かっていてもなかなか毎回はできないんですよね。



能書きは飽きたんで早いとこ方法論に移ってくれって

あ、そうですよね。

実は超簡単に垂直な回転軸を

常時確認し、イメージし、修正し、維持できる方法があります

サクッと打って、ビシバシピンに絡んじゃいまっせー。

チョーカッコ良く。









あっ、


でも、それ内緒だったんだ







人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右腰が右腕を押し出す事実の確認方法

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

右腰が右腕の軌道を押し出す弊害の確認方法は簡単ですよ。

右脇は締まっている筈なので、ゆっくり振ってみて

ダウン時に右脇部分の圧力に注意してみて下さい。

身体が腕を押し出しているか脇の圧力の変化で直ぐに分かります。

右ひざが全く前に出ない時は、右腕を真下に落としても

右脇の腕側には身体からの圧力の変化を感じない筈です。

僅かでも右腰が前に出て、連れて右ひざも前に出ると、

必ず身体が右腕を前に押し出すので右脇に圧力の変化を感じます。

真っすぐテークバックして、インパクト直後まで真っすぐ振れば

100Y程度ならごく軽いインパクトで十分です。

サイドスピンも大してかからないので

フェース面の方向が適当でも

少なくとも打出し方向はラインに乗るはずです。

乗らないのはわざわざ腕を相当無意味にネジっているのか

インに引き過ぎか、

身体で腕を押し出しているからです。

確認すると分かるはずですよ。

分かれば嫌でもかなり早く治るでしょ(笑

それと前傾維持の絶対的な必要性の根拠もよく分かるでしょ


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

右股関節回転軸により 「 右肩を下げない 」

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

まだまだ続きますよ。

で、さらに

「 右肩を下げない。」

これも再重視すべき注意点の一つですよね。

左肩上げないって言った方が効果的な人もいますが。

右肩が下がった瞬間に全てが終わりますからねー。

アマが力んでのプッシュアウト、ドスライスは

右肩下がりか、振り遅れが最大の原因です。

この元凶はどちらも腰の先行し過ぎ、です。


背骨を回転軸とイメージすると、

その背骨は頭をちゃんと残すほど絶対に右に傾きますから

多少のバンプでも右肩が下がってフェースが開きますよね。

そうなったらもうアウトです。

だから 「 肩は水平回転 」 ってド単純に言っちゃう人々が

実に多くて困りもんですがそう単純ではないです。

前傾していますからね。



では、一体どうすればいいの

ってことですよね。


インパクト時には腰は左になければいけない。

しかし頭は右に残せ、

でも、右肩を落とすな、ってムズ過ぎますよね、

アマにとってそんな難題は。

少なくとも軸のイメージは背骨じゃない方が良いですよね。

今までの常識を一度全て捨て去って

根底からイメージを変えなけれ不可能なんです。

だから、自分だけに合ったイメージを試行錯誤で見つけ出して

変えていかないといけないんでしょうね。


軸のイメージ変革の影響力は絶大でっせ。

複雑過ぎるスイング理論を相当自分なりにシンプルにしないと

アマには消化困難ですわ。

えっ? 私の言ってること事の方が複雑怪奇でしょうか(笑


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右股関節は絶対に前に出さない

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


 なぜ、私がゴルフ界の一般論に反対して

右股関節重心で右股関節軸回転イメージを唱えるのか

の秘密をここで明かします。



前回の続きですが、

私は 「 球は右股関節で打つ 」 イメージです。

昔から言い続けているように

右足の裏、右踵から右股関節の使い方でスイングは致命的に左右されます。

右股関節は直線的に飛球方向に動きます。

従って、体の正面方向、前には絶対に出しません。

前に出てから、飛球方向に動くという遠回りはしません。

アマは殆どがそうなっていますよね。



右かかとが前に浮き上がらないということです。

正しくは左横に捻じれながら上がっていきます。

要するに、一般に言われる

「 右腰、右お尻を前に出さない 」 や、

「 前傾が崩れない 」 と外見上は同義ですが、

「 右股関節 」 を意識しないと根本治癒は非常に困難です。



ハッキリ言ってこれができないと確実に進歩はあり得ません。

なぜなら、腰の回転時に右腰がほんの少しでも前に出たら

100%腕とヘッド軌道を前に押し出しますからね。

どんなに理論的に正しいスイングをしたとしても

右腰が前に出たらラインは絶対に出せません。

ヘッド軌道は毎回確実にズレまず。

腰は僅かでも、100y先では左右20yのズレは余裕でしょうね。

自分で比べるとそれくらいズレますよ。

右腰が直接当たらなくても右脇締めてますからね、100%ズレますわ。

どんなに練習しても100y先のターゲットでさえ左右に40yぶれるわけです。

アマがラインを出せない最大の原因は実はここにあると思いますよ。




これは、ライバルには絶対教えたくない部分です。

右股関節(右腰、右お尻)を前に出さない秘訣は

右股関節を上から抑え込むのです。

テークバック時に、左正拳突きとほとんど同じ動きですが、

左正拳は体正面ではなく右脚前方に斜めに付く感じで、

右脚は外旋させつつ、引き手の右腕を背後に直線的に引きます。

この時外旋した右脚と右腕の引きにより 「 股関節がハマります。 」

この股関節をハマったままの状態で、頭と上体の重量を乗せた

前傾した骨盤で股関節を真下に押し続けます。

真下に抑え込んでハマった状態から外れない様にする感覚です。


慣れるまでは股関節が外れて前に出れない程に結構強く押し込みます。

これは同時に体重で球をダウンブローで抑え込む、押し込む、

もしくは球に体重を乗せる感覚にも似ています。

しかし、これは体重移動とは全く異なりますよね?

真上から股関節をグーっと抑え込んだまま打ち抜きます。

左脚軸意識で先に左脚に体重移動したら右股関節はあっさり浮きますよね。

プロが球に体重を乗せるとは実はこの感覚のことを言っています。

意図的な体重移動とは根本的に違います。



右股関節を上から押し付けながら、右股関節で球を打ちます。

右股関節の真上には重い胴体と頭が乗っています。

その重さをインパクトまで右股関節で感じ続けます。

すると、右股関節が外れないので右股関節は前に出れません。

すなわち、腰が前に出ないので前傾も崩れません。

股関節だけ意識すればいいのです。

すると結果的に右かかとも上がれません。

右かかとは右脚が左回りに軸回転しながら左に移動することにより

仕方なく右踵が上がります。あくまで仕方なく上がります。

この場合スタンスが広い人ほど早く上がってしまいますよね。

これは仕方のないことです。


実はこの動きは一度出来てしまうと、それほど難しくありません。

分かってしまうと右腰がヘッド軌道を大きくずらしていたことが分かります。

今まで打った数万発が全く無駄だったことが良く分かります。

2度と右踵を上げない様に打とうと感じるはずです。

「 両脚べた足 」 は言葉では簡単なのですが恐ろしく奥が深いです。

非常に難しいです。

簡単にはできません。

理屈が分からないと無理でしょうね。

恐らく正しいスイングの結果論ともいえます。



トップから腕を真下位のイメージで落とします。

かなり腕は体に近いです。

そこで右腰が前に出たらどうなりますか?

100% 前に押し出しますよね。

分かるでしょ?

私自信の意識でもほんの僅かに右股関節が前に出ただけでも

100m先で10y狂います。

普通のアマならもっと遥かに狂います。

それではライン出しもクソもないですよね。


これは分かってしまうとゴルフが激変してしまいます。

アイアンの精度が間違いなく激変します。

開きもしない、閉じもしないで、ただ飛球線上後方に真っすぐ上げて

真っすぐ落とせばいいと分かってしまいます。

うっかりライバルに教えたらとんでもないことになるでしょうね・・・・・。



トラック数台分必死で練習してもラインの乗せられない?

当たり前ですよ。

毎回自分の右腰が正しいヘッド軌道の邪魔をしてるんですから。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

低く長く打つ秘訣は 「 右股関節で球を打つ 」

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


殆どのアマは意に反して 「 すくい打ち、しゃくり打ち 」 です。

90%以上は絶対に、確実にそうです。

これは本人の意思の問題ではないのです。

スイングの勘違いが根本的な原因だからなのです。


意に反して 「 すくい打ち 」 みたいなヘッド軌道になってしまう原因は

左腰の回転が止まっているからであり、

さらに、振る方向が違うから なのです。

要するに、ヘッドがハンドファーストで左へ低く抜けず、

腰の回転不足でヘッドが飛球方向に上昇してしまうからなのです。

左腰が止まるため、ヘッドの行き場、逃げ場が上しかないということなのです。


それを避けて低く長くフェースが上を向かない様に打つためには 

「 右股関節で打つ 」 意識が有効ですよ。

これはもちろん 「 左サイドの回転 」 とセットです。

コマは2本の指でバランスよく回しますよね、

「 腸骨、股関節のブラッシング 」 もそれと全く同じ事なのです。

またブラッシングの時に 「 内ももを締める 」 感覚が当然あるはず。

その感覚がなければ、ブラッシングしていない、ということなのです。

よくプロが言う 「 左へ振り抜く 」 も同じ事。(この言葉は誤解を招き易いが)


例えば手でコマを高速で回すときどうしますか?

軸を丸く回転させますか?

違いますよね。

2本の指で軸を挟んで前後に直線的にブラッシング(擦る)しますよね。

単純な直線運動が、高速回転へ変換されます。

例えば腰を速く回転させる場合、額面通り腰を丸く回しても

高速回転は絶対に不可能です。

下図の様に左右の腸骨を前後逆に直線的にスライドすることで

コマと同じように高速回転します。

これを私は便宜上、腸骨もしくは骨盤もしくは股関節のブラッシング

と呼んでいます。

腸骨のブラッシング

両腿を締めて、左腰を真後ろ=背後に直線的に引きながら、

同時に右股関節を飛球方向に直線的に押し出していきます。

これがブラッシングです。

この時の注意点は右股関節は絶対に前(体正面方向)に出しません。
(この部分についてはまた次回書きます。)

左腰を引いただけではバランス良く、高速回転は不可能です。

右股関節を出していかないと。

前はダメですよ、左へ直線的にです。

この時、右股関節の上には頭がありますよね。

ですから同時に出ていきます。

だから、明治の大砲なんてありえないですよね。

「 右股関節で球を打つ 」 イメージです。

これができるとステイビハインドザボール=頭が残り、

本物の下半身リードのスイングが体感できます。

そして、低く長い軌道の入り口が見えるはずです。

ハンドファースト、コック維持、ダウンブローは、

これらが全て同時にセットでないと実現できません。

殆どのアマは右股関節が圧倒的に移動不足ですね。

左サイドリードだけでは無理です。

また、これがうまくいかない原因としては

左股関節を背後に引いて道を開けないから

右腰の行き場が邪魔されているケースが殆どでしょね。

腰をただ左右にバンプしているだけだからです。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「 効き目 」 の大きな問題

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

日本を代表する大打者のイチローと松井の共通点は

右利き、左打ち。

1塁ベースに近い以外に何か利点があるはずですよね。

利き腕の他に効き足、効き目、効き耳もあります。

彼らはリード役の腕が器用な利き腕なので

パワーもバットコントロールでも有利でしょうね。

また、踏ん張る右足も恐らく効き足なのでまた有利。

さらに、効き目もピッチャーに近い右目なので視野が広く、

見易いのでこれまた圧倒的に有利でしょう。

効き耳の利点はどうなんでしょうね(笑


日本人の80%以上が右利きです。

その殆どが足も、目も右利きでしょう。

我々は左打ちへの変更は無理なので

「 効き目 」 について考えてみましょう。


我々は無意識のうちの「効き目」でモノを見る習慣が染みついています。

打ち出す球も同様です。

従って意識しなければ当然右目で打球を追い、

当然ルックアップ、ヘッドアップ、頭がスウェイします。

ですよね


これは困ります。

しかし、嬉しいことに「効き目」だけは訓練で変えられるそうなんです。

ならば、右目に目隠しをして暮らしていれば、

最短で強制的に効き目が左目に変わるかもしれない

そこまでのゴルヲタの実例を知らないので誰か試しにやってみて下さい。

でも、少なくともこの記事を読んだあなたは

今後毎日左目だけで球を追いヘッドアップ、スウェイしない努力をするでしょう。

右目で追わない様に注意するでしょう。

それによって左目が徐々にであれ、効き目に近づくことは確かなのです。

それを知ったあなたは今まで以上に進歩する事は確実ですよね。


スイングを無理に変えなくても、知識を得、よく考えて、イメージを変える事で、

スイングは自然に勝手に変わります。


「 頭は常に右股関節の上にある。 」

「 右利き目で球を追わないで、左目を鍛えろ。 」

この意識を持つだけで徐々にであっても

あなたのスイングはいずれ全く別物になるでしょう。

本当に上手くなりたいなら、左目を頑張って鍛えて、

効き目に変えるくらいの執念が無ければ

人より遥かに上手くなることなんて無理ですよね。

これはそんなに困難な努力ではないですから。





人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スイング中、腰は左脚寄り、しかし頭は右股関節の上

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

なぜアマが30年ゴルフをやっても上手くならないのか。

当然いろんな理由がありますが。

しかし、進歩したいのなら変えなければならない。

今までのままでは何も変わりはしない。

自分の殻は自分自身で打ち破るしかない。


体重移動を意識すると、重心を移すために

絶対に 「 腰 」 と 「 頭 」 が移動します。

それは誰がやっても当たり前のことなのです。

重い上体と、重い頭を乗せるのが、そもそも体重移動なのだから。

ゴルフではまず、その時点で大失敗です、The end ですね。

だから、アマは一生上手くならないんでしょうね。


スイング中ずっと腰は両脚のセンターより左脚寄りにあります。

だからこそ腰はバタバタ左右に動かない。

では、「頭」 は あなたはどこの上だと意識していますか?

私は 「頭」 は常に右股関節の真上です。

回転軸も右股関節上に垂直の軸をイメージしています。

「実在しないイメージの回転軸」です。

腰が左で頭が右ですから、実在の背骨は右に傾くので

「イメージの回転軸」 と 「右傾斜の背骨」 とは

ずれているということになります。

ここにまずこれまでの殻を打ち破るヒントがあります。



 さらに、多くの方は右股関節を回転軸にしたら

アッパースイングや明治の大砲になると勘違いするでしょう。

しかしそれは全くの見当ハズレです。

なぜなら、右股関節はスイングとともに左に移動するからです。

だから、頭もフィニッシュに向けて右股関節の真上のまま

左股関節とともに一緒に移動していきます。


頭がスウェイしない自信のある方は、

左股関節が回転軸のイメージでもいいのですが、

そうするとダウン直後から頭が左股関節の上に乗って行き易いです。

殆どの方はこの時点で頭がスウェイしますね。

頭のスウェイを止めつつ、右サイドを出していくイメージは難しいですよね。

これが体重移動の意識の怖さです。

自ら進んでスウェイを招いているのですから

上手くなりようがありません。


明治の大砲になるのは、

右股関節回転軸の意識が悪いのではなく、

右股関節が左に寄っていかないのが悪いのです。

または回転軸が右に傾いたままアッパースイング、

しゃくりスイングになっているからです。



右股関節と常にその真上にある頭を結んだ垂直の回転軸を

イメージするとアッパースイングにはならないですよね。

ステイ・ビハインド・ザ・ボール も確実ですよね。

体重移動なんか忘れて、

脱力して腕を振れば嫌でも一緒に体重は乗っていきます。

体重はスイングと同時に乗っていくものであって、

打つ前に先に乗せておくものではないです。


もちろん、これらのイメージはあくまでひとつのヒントであって、

個々人のスイングの癖により、ベストなイメージは当然変わります。

しかし、必ずあたなだけに合ったベストイメージはあるはずです。


何かを変えない限り、これからも何も変わらないのですから、

これからゴルフ人生幾度となく失敗を繰り返そうが、

チャレンジし続けなければ進歩はないですよね。

当然、直ぐに結果やスコアに結びつくものでもありません。

しかし、これからまだまだ数十年、いや一生続くであろう長いゴルフ人生、

努力し続ければ、必ず得るものはあると信じています。




人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

トップ=捻転の維持が可能な限界点。 自然落下は クラブの慣性、捻転、重力利用 が必要

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

サイクロンさん、はじめまして!!

ご丁寧なコメント大変ありがとうございます!!

わたしも嬉しいです。

もうすぐ3月ですからねー。

もうシーズンの準備段階ですよね。



> ゴルキチさん、はじめまして。
> 年が明けてふと諦めていたゴルフのスイング作りにでも励もうかと思いたち、手元に残しておいたゴルフスイング原論という本を頼りに勤しんでました。
> そこには上手なプレイヤーは、クラブを立てて胸もしくは肩までしか手を上げる意識しかなくクラブの重みによる慣性で更に手が上がり右肘手首が折られプレイヤー自身は感じていないというものでした。



素晴らしいです!!

ここに気が付くと腕で上げている人と、そうでない人を見れば

見分けがつくようになります。

腕で上げると絶対に腕力が必要ですから腕が硬くなり

重心が上がり、腕が主体になって下半身が動かされます。

下半身から動けなくなります。

クラブの慣性も、捻転も、重力も全く利用できなくなります。

「 自然落下 」 の感覚は不可能です。


> これがどうしても突き破れない巨大な壁として立ちはだかり前へ進めない状態となり、
> ヒントを探しに動画をあさっていたところ
> ゴルキチさんの動画に出会い求めているスイングの実践者だとわかりました。
> そしてこのブログにたどり着き今までも活字では目にしてきた「脱力」を腕上半身グリップ圧も限りなくゼロに近い状態で右胸を空に向ける意識だけでバックスイングを
> してみました。
> すると今までは胸の下側までしか上がらなかった手元が勝手に上にあがり右肘手首が
> 折られていく様子が鏡に映っていました。
> 右の肩甲骨の盛り上がりもはっきり見える深い捻転が一瞬にして出来ていたのです。
> これが出来ると上半身と下半身の分離、いわゆる下半身先行の意識をもっていけ肩の位置がかわらないまま手元が落ちてくる自然落下まであっさりクリアしていました。


 文章から判断して捻転や腰から下の下半身の粘りもできていますね。

「 自然落下 」 は重力落下だけではできません。

テークバック初期から左足の裏から脚、腰全体が粘って初めて捻転が出来ます。

もちろん広背筋等の上半身の捻転もある程度は必要ですが。

トップ=捻転の維持が可能な限界点 ということです。

従って、トップの深さに良し悪しはありません。

もちろんトップが深すぎると戻すのが大変で再現性が落ちます。

トップの位置は捻転の限界によって決まるものであり、

腕で適当に形を作って、止めるものではありません。

従ってトップ以降は捻転の反動と、腕とクラブの重力によって落ちるのみです。

それを 「 自然落下 」 と言います。

ですから、捻転が作れていない=左踵が軽く上がって、

下半身、腰が回ってしまっている状態ではトップは

腕で意図的に、気まぐれな位置で止めて作っているだけなのです。

これでは自然落下は起きません、永久に分かりません。

トップができた後に、「どっこいしよ」と切り返さなければいけませんよね。

トップ形成後に、バンプ等の大きな体重移動での

激しい動作を伴う切り返し作業が必要になってしまいます。

そうではなく、切り返し作業とは、トップ以前に既に

ほぼ終了していると言った方が分かり易いと思います。

そういう意味では、コンパクトなトップ=捻転が小さい 

のでは全くないのです。

むしろ逆にスイングに緩みが少ないからこそ、早期に捻転が

大きくなるからこそ、コンパクトなトップになるとも言えるのです。



> はじめて自分でもゴルフが上達出来ると実感というかもう感動でしかなかったです。
> 腕の完全脱力こそが本当の上達の為のはじめの一歩なのですね。
> 本当にゴルキチさんのブログに出会えて良かった。
> 心の底から感謝しています。ありがとうございました。


ありがとうございます!!

だから忙しくてもこのブログを続ける気力が出ます。

また、皆さんのコメントで私の方こそ教わっている事が

実は非常に多いのです。私の方こそ皆さんに感謝です。


これから、「腕の脱力」の次の段階も重要ですね。

ハンドファーストでコック維持で打ち抜きます。

腕は脱力ですが手首は違います。

またコメントお待ちしていますね!!



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

両肘を柔らかく曲げてアプローチの距離感を出す

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

今日の練習ラウンドで感じた事。

スコアメイクで非常に重要なアプローチの距離感ですが、

前回のビッグ杉のレッスンでおばちゃんにアプローチの距離感を教えていた。

肘を柔らかく曲げながら、かつスイングアークを小さくすることで

柔らかいインパクトで距離感を出しやすくする。


肘を柔らかく曲げることでインパクトの衝撃を和らげ、

短くグリップするだけでなく、腕を短くして円弧を小さくする事で距離を調整する。

いつも彼が言ってる左腕一本だけで振るのは賛成できないけれども。

なぜなら、アプもパターも緻密な方向性と距離感は利き腕の右腕の方が

絶対に有利ですからね。

やっぱり両腕の短所を消し、かつ長所を生かさないと。


 今日、ラウンド時にでアプで毎回両肘曲げを意識したら

凄く出球が柔らかくなってメチャメチャ距離感が合った

しっかり振りたいけど、出球を柔らかくする場面は超ムズイですからね。

特にバンカー越えの下りラインなんてショート怖いから

結構オーバー確定でもあきらめますからね。

ロブで激スピンなんて超リスキーなショットは興味ないし。

しかしマジでスゲー良いス。

これならマッチプレーじゃない限り激スピンロブはいらねーす。

柔らかく上げてボトンと落とせます。

自信持てるんでますます良いインパクトができますわ

私にとってTVのレッスン番組ではこの1年位で最高のレッスンでしたね。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

「前倒し」はインパクトの衝撃に耐えられる慣性を生むスイングによる

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

いとたかさん、まいどです!!

> スイングに対してのイメージは、今までとは全く別のイメージを持てるようになったのですが、「前倒し」についても勘違いしておりました。
> 「前倒しの本当の定義=インパクト後にトゥーが前に倒れる様に慣性を働かせる技術」
> 私は、切り返しからインアウト、HWDからインパクトに向かって前倒ししながら球を掴まえるイメージを持ってスイングしていました。
> 横振りの偽ドローです(汗)
> あくまで、インパクト付近のヘッドの動きはストレートインですね!

「前倒し」は私の説明が全然足りなかったと思います。

もちろんですが意識しすぎるとインパクト前から被ります。

ドローにしてもフェードにしてもインパクトはスクアエアなので

ストレート軌道かつスクエアフェースでのインパクトが基準です。

従って結果としては問題はインパクト後ですよね。

インパクト後にトゥー側が前に倒れながら回転する程度の差で

球のつかまりが変わり、フェードかドローに打ち分けられます。

フェードであっても捕まえながら、ローテーションを抑えます。

もちろん出球方向も変えます。

前倒しが一切起こらなければフェースが開き全くつかまらないスライスになります。

フェードは抜いて擦るものではないです。


この前倒しの程度はインパクトに負けない慣性によります。

従って、結果としてはインパクト後に起こるのですが、

その為のインパクト前の準備、その為の正しいスイングが成否を決定します。


 準備とはまずプレーン、ヘッド軌道です。

アマの多くがそうですが、ダウンがインサイドから寝て降りてきたのでは

要するのプレーンより下のアンダーの軌道では

フェースが開いてトゥー側が寝た状態で降りて来やすいので

手首でこねないと起きようがないです。

それではインパクトでフェースをスクエアに戻すだけで精一杯で

当たり負けしてフェースは開きますよね。

また、インサイドアウト軌道だと腕が伸びきることで

フェースを返そうとすると、急激にローテーションし過ぎるので

ドフックになります。それではドローが出ても偶然ですね。

昔からドローはインサイドアウト軌道という神話が長い間ありましたが

それは押し出しプッシュアウトとドフックの両極端のリスクがでます。

円弧が小さいとさらに急角度になるのでリスクはますます高まります。

それだとシングル入りはまず不可能ですね。


インパクト後の「前倒し」を意識しながらスイングをよーく考え準備します。

以下のようなスイングの中で前倒しを起こさせます。

1、円弧を大きく、なるべくストレート軌道で(もちろんアウトサイドインは問題外)、

2、ダウンブロー(スティープということでは全くなく、まっすぐの軌道で

上からトゥーを倒すのと、インサイドの下からあおってトゥーを倒すのでは

どちらがより簡単で、かつ再現性があるか?ということです。

考えてみれば誰でもわかる問題ですよね)

3、左脇が締まっていて、(左脇が空くとフェースは絶対に起きないですよね)

4、ハンドファーストでロフトが立ち、(左脇を開けずにハンドファーストで

打ち抜くには左サイドを遅れずに回していくしかない。

腰が左右に平行移動ではインパクト後にヘッドは上にしか上がれない、

それでは全然ダメということ。)

5、インパクト後に左サイドがしっかり回していく


そうなれば、インパクトでは余裕でストレート軌道でスクエアになり、

インパクトの衝撃に負けない前倒しの慣性が十分に生まれます。


従って、「前倒し」と単純に言っても

手で見た目だけを操作しただけではインパクトの衝撃に勝てる慣性は

全く生まれません。

フェースだけの見た目の操作ではなく、スイング全体の問題です。

でないと何より極めて微妙なインパクトとのタイミングが合いませんよね。


しかし、前倒しするフェースをイメージするだけでもスイングは自然に変わりますよ。

理屈が分かれば極めて具体的に自分の目標も設定できますよね。

ドローとフェードを打ち分けれないとストレートボールは打てないし

現実問題シングル入りは無理だと思います。

しかし、前倒しの理屈が分かれば打ち分けはかなり現実的になります。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

日本オープンゴルフ選手権ドリームステージ申し込み 2/15 ですよ!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


日本オープンゴルフ選手権 ドリームステージ

が昨年から新たに設定されました。

通過すれば予選に進めます。

もちろんさらに勝ち進めば本選も行けちゃいます。

出ましょうか?

日本オープンですよ!!


千葉は 5/31 我孫子か~。

5/30 鷹の台に行かなきゃいけないしな~連荘か・・・・

5/16 東京ゴルフ倶楽部 もいいな~

いっそのこと、

4/25 廣野ゴルフ倶楽部 もいいな~


ちなみに、 『ドリームステージ』の開催コースと日程は以下の通り。

●日本オープン

・4/25 廣野ゴルフ倶楽部(兵庫県)
・4/25 武蔵カントリー倶楽部(埼玉県)
・5/9 仙台カントリー倶楽部(宮城県)
・5/9 小野ゴルフ倶楽部(兵庫県)
・5/16 東京ゴルフ倶楽部(埼玉県)
・5/30 愛知カンツリー倶楽部(愛知県)
・5/30 古賀ゴルフクラブ(福岡県)
・5/31 我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)

広野、東京ゴルフ倶楽部 でっせー、だんな

日本ゴルフ協会も裾野を広げようと必死ですね~。

とっても良いことです

本選までの道のり

「日本オープン本戦」←予選免除選手および、地方オープン上位者
 ↑
「最終予選」(出場144人:男子ツアーシード選手など)
 ↑
「地区予選」(出場300~400人:世界ランキング保持者など)
 ↑
「ドリームステージ」(出場300~400人:インデックスを保持するアマ)


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

日本シニアオープンの受付け・・・もうすぐですよね

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

バネット さん、遅れました、今年も宜しくお願い致します。

非常に素晴らしいコメントありがとうございます!!

>ゴルキチさん、今年もよろしくおねがいします。
たまにしか投稿しないので心苦しいdすが。。。^^;
右肘の話題が出ていてきになったのでコメントします。
私としては、スイング時の筋肉の使い方は屈筋運動ではなく、伸筋運動しかないと思っています。すなわち伸ばす動きはしても曲げる動きはなく、右肘はテークバック(アウェイ)に従って「たたまれる」と考えています。でないと、能動的に曲げていたらタイミングをとるのが狂って安定したスイングはできませんよね?

全くその通りです、同感です。

腕の下側の筋肉を使うのはその為ですよね。

遠心力をしっかり感じてのびのび振りたいです。

コックもそうです。左グリップを押し下げることで

逆にヘッドを上げます。

ヘッドを手で上げず右肘は自然にたたまれるのも同感です。

ただトップでの右腕の形、終点を記憶しておけばほぼ決まります。


最近思うことは、考えることは非常に重要なのですが、

皆さん考え過ぎて縮こまって逆に打てなくなってしまう、と感じます。

最も、山ほど入れ知恵し過ぎる私が悪いのかもしれませんが(笑

ここで一度のびのびとした大きな円弧を意識した方が良いかなと思いました。

私は男子アマにとって、女子プロは参考にならないと思うのですが

女子ジュニアは参考になると思います、というか常々非常に感心します。

小さな、パワーのない体で、重いクラブをのびのび振って5下でラウンドします。

おやじの自分が情けなくなる以上に、人間の潜在能力に驚愕します。

私もジュニアに戻りたいなぁ~。


>また、ウェイトボールの素振り時の腕のローテーションの質問をされている人がいましたが、私は常に肘を下に維持するべきだと思っています。ローテーションは自然に起こるものであって自発的にしてはいけないと思います。でないと、筋肉を能動的に動かしたら毎回一定の動きができず、変数のパラメータ要因となって安定したスイングができないのではないでしょうか。以上、おせっかいでしたらスルーしてください(笑


 フェースを開かないで、円弧の最先端にあるトゥ側が

スイングなりにちゃんと回っていけば球は自然につかまります。

むしろ、ある程度上手くなって振れる人ほど逆にフックで悩みます。

そのうち、フェードが必ず必要になります。

私も打ち分けで格闘しています。

クラフトマンと毎週相談してクラブもシャフトもとっかえひっかえ試しています。


例えば、グリーンセンター狙いがコースマネージメントの基本

と言えるのは、ドロー、フェードをしっかり打ち分けれるからであって、

どちらかしか打てなければセンター狙いが得策とは全く言えません。



 脇を締めて肘が真下向きはトップでもインパクトでもフィニッシュでも

非常に重要な目安ですよね。全く同感です。


ただ、多くのアマにとっての最大の問題は

自然にローテーションすると完全に実感できるまで辿り着くまでが

むしろ大きな問題であり、

実感できてもそれを常に再現する、その理屈を完全に理解するのが

非常に難しい問題なのだと思います。


正しい動きが長年出来ていなかったアマにとって

その悪癖を修正するためには

能動的に筋肉の動きを修正しないと

自然な正しい動きを誘導することは困難かな、とも思います。

無垢のジュニアに戻れれば数年で片手シングル入りは可能なんですがね(笑


バネット さんのおっしゃる通りです。

ただ、私はこうも考えています。

本来人間の骨格構造上自然にできるはずの動きを

私たちアマは長年の間違ったスイングで誤った癖を作ってしまい

自然にできるはずの動きを自ら取り返しがつかに程にしてしまった。

要するに思いっ切り下手をガチガチに固めてしまったのです。

その結果、固めた下手を強制的に修正しなければいけない。

固まってしまった下手を早く修正するためには

分かってはいるのですが、背に腹は代えられないので

例え一時的にであっても不自然な筋肉の使い方だとしても

ゴルフ人生、先の短い我々おやじにとっては強制的にでも

まず修正が先決だと思います。

ジュニアなら別なのですが。


 まぁ、四の五の理屈ばっかり言っても

実際問題としては、早く自分のスコアをもう少しましにしないと

みんなに思いっ切り笑われてしまうのですが・・・・。

いい加減ヤバいですよね(笑


日本シニアオープンに出ろって誘われていますが

恥晒したらヤバ過ぎるのでなんとかしないとまずいな~。

ゴルフ侍に出る人たちって、ほんと勇気ありますよね。

いつか出たいな。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

体重移動は腰や上体、頭ではなく腕とクラブの重量だけでやるもの

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

どうしても体重移動が必要だと思う方はそのイメージを

変えてみたらいかがでしょうか?

プロは皆体重移動しろと言います。

もちろん結果的に体重移動は起こります。

しかし、それはあくまでスイングの当然の結果です。

ただ、特にフィニッシュで完全に左に乗っていかない方が

かなり多いのも確かです。

なぜか?

腰が右に残ったままだから(頭は右に残しますが)、

もしくはギッタンバッコンで腰が再度右に戻るからです。

これは体重移動の意識の問題ではなく、スイング自体の問題であり、

そもそもテークバックで腰が右にスウェイしなけれ殆ど防げます。

もしくは、体重移動の意識が逆に強すぎて左にバンプした反動で逆戻ります。

体重移動の意識でバンプすると腰が平行移動するだけで

左サイドが背後に回転していきません。

ただ平行移動だと左壁にぶつかって右に戻るだけです。

また、ヘッドも左に振れないので飛球方向上方に直ぐに上がり

アッパー軌道になります。アッパーだとギッタンバッコンになります。

左サイドを回転させないと低いフォローは不可能です。


 最も単純明瞭簡単な体重移動の方法は何でしょうか?

ただ腰を左右に振る事ですよね。

そうすると上体全ての体重、頭、振った腕、クラブの全ての重量が

乗っていきます。何の努力もなしに出来ます。

めんどうになると多くのコーチはそれを勧めます。

しかしそれはただのスウェイで最悪です。

 
 体重移動のイメージを変えてみましょう。

腰はアドレスのまま左股関節上に置いたまま不動です。

体重移動で利用するのは、

振った腕とクラブの重量だけ
です。

それだけで十分です。 

左に乗りきれないミスも、左へのスウェイも、

ギッタンバッコンもそれで解決です。

テークバックでは腰も頭の重量も利用しない。

テークバックは肩が回って、腕が右に上がればそれだけで

右股関節に十分体重移動できます。

フォローでは腰はアドレスから左股関節上に乗ったままなので

腕を左に振れば何の問題もなく、イヤでも左に乗れます。

下半身がバタバタしないので間違いなくスイングの再現性も、

インパクトの精度が飛躍的に上がります。

多くの方の質問を総合した結果、このイメージ改善はいかがでしょうか?


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ダウンの始動はいつ? 右向いたままダウンする秘訣

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ダウンの始動はいつなのか? 

切り返しのタイミングはいつなのか?

アマにとってこの疑問が凄く大きいですよね。

私もこれまではテークバックよりずっと早期とは答えてきましたが、

では早期とは具体的にどれくらい早期なの?

と聞かれると一瞬どう答えるべきか状況を考えますが

かなり体の細部まで部分的に考えると

「テークバックと同時に既にダウンを始めている」と言えます。

これが大袈裟かというと全く大袈裟ではなく事実です。

「両足べた足」と言い続けていますが

スイングのほぼ全てがそこに現れます。

もちろんべた足でないプロは山ほどいますが。

また、実際100%完璧にそうなる必要もないのですが。

しかし、「べた足」があらゆる点で総合的に理想だと断言できます。

テークバックと同時に既にダウンを始めている部分とは

「左ひざ」です。


テークバック始動時から両脚はがに股になるべきなのです。

90%以上のアマは左ひざがあっさり流れて右に寄り、

かつ左かかともペロッとあっさり上がります。

これでは見た瞬間に全く締まりがないスイングと断言できます。

左膝下まで右にスウェイしたらどこに捻転ができるのでしょうか?

体全部が右向け右で、右に移動ですよね?

それでは捻転なんて絶対に出来ません。

だからどこまでもトップが上がり、

切り返しのタイミングがつかめないのです。

左ひざはテークバック始動から左向きになり、

右を向かない様に抵抗して耐えています。

要するにそれは左ひざ下部分から既にダウンを始めていると言えます。

いや、実際フォロー方向に向かって動かしています。

そうしなければ「がに股=左ひざ左向き」にはなりませんから。

がに股ですから左ひざは当然左向きに力強く「曲がって」います。

多くのアマは右向いてすっと「伸びて」いますよね。


要するに、意識をどう変えれば全てが上手くいくのかですが、

「テークバックと同時にダウンは始まっている。」

と考えを一新してみましょう。

そして、「切り返しの瞬間」 とはダウンの始動ではなく

単にダウンとテークバックが拮抗してヘッドがトップに向かう遠心力、慣性が

ダウンによって消えた瞬間に過ぎない、ということです。

この時感じる「間」はダウンの粘りによります。

表現が非常に難しいのですが

ダウン始動が遅れ、捻転不足だと粘りが無くなり過激になります。

すると「間」が出来ません。

「間」は目的ではなく結果ですが、

間がないスイングは体全体に張りがなく、動きがスムーズではありません。

動きがギクシャクして再現性が落ちます。

「左ひざ」により張りがあるスイングは捻転ができ「間」が出来易く

ギクシャクせず力強いスイングになります。

「ダウンの下半身始動」の最初がそこなのです。

左ひざダウン同時始動を試してみて下さい、

全てが変わり、開眼する可能性は大いにあると思います。


肩を開かないで、右向いてダウンをどう説明したらいいのか・・・

とんでもなく難しい問題です。

コック維持した「背面打ち」とほぼ同じ、という説明だけでは無理ですよね。

下半身始動を完全に理解、実践できないと結局無理なんですよね。

となると、これがわずかでも突破口になるかもしれませんね。


そう、だからどうやって自然落下するの?

という質問が山ほどあるのですが

テークバック始動と同時に捻転がたまって行き

捻転が限界点に達したところがトップですから

当然その瞬間からダウンが勝手に開始します。

その時の感覚は捻転の戻りと重力による落下、

さらに右脚の外旋等で十分スムーズに加速します。

トップで改めてガツンと一気にパワーを加える要素は無いですね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ハンドファーストは絶対に必要ですが真意が分からなければできませんよ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

今日は気分が良いの3連投と過去最高にたくさん書いてます。

これも先にしっかり定義しておかないと話にならないので先に書きます。

ハンドファーストと言われてもちゃんと意味が分かっていない人

が殆どでしょう。

これは理屈が分からないと絶対に出来ません。

しかし分かってしまえば必要性を痛感するはずです。

ハンドファーストとはコックを維持したままインパクトを打ち抜くことを言います。

インパクト直前に意図的に解く必要性は無く、打ち抜けば自然に解けます。

むしろ「打ち抜くまで維持し続ける意識を持つ」、ここが非常に大きな差ですね。


体の正面でコッキングするとV字に右肩方向に上がります。

その時右親指方向真上ではなく、右人差し指方向に右斜め上に曲がりますよね。

金づちで釘を打つときの右手首の動きです。

これは縦に上方向と、右手甲の横方向の2方向へ屈曲の合成です。

縦方向が一般的に言われるコックで私はそれを「縦コック」と呼んでいます。

右手甲側に曲がるのが「ヒンジング」です。

トップでの右手首の出前持ちの曲がりかたがヒンジングですね。

この縦コックとヒンジングを複合させた動きを一般的に「コッキング」と言います。

例えば、小田孔明プロはテークバック初期にヒンジングが極端に先です。

縦コックはその後にしています。

だからテークバック初期は極端にインサイドにアンダー(プレーンより下)

にあがっています。

通常これは良くないと言われます。

しかしトップ位置は帳尻があっていて、ダウンもオンプレーンです。

しかし、ダウンでオンプレーンになっても途中ではシャフトは確実に

あちこちに捻じれています。

これはプロでは世界でも非常に稀なケースでここまで極端なのは

他に見ませんね。

これがスイングとして良い、悪いは別としても

我々は決して真似すべきではありません。

しかし、小田孔明プロにとってはこれがベストなスイングなのでしょう。

小さい頃から治せなかった、または今ではもう治すべきでない癖ですね。


話が逸れましたが、

コッキングすると単純に手首が曲がるわけですから肩からヘッドの距離が

アドレスより縮みます。

そのまま打てば短くなった分球に届かないのではなく、

遠心力で肩甲骨も伸び、前傾も深まり、右肩が下がるので、

ちゃんと球に届くわけです。

逆にコックを維持していないと距離が長くなるので確実にダフります。

95%のアマはハンドファーストの意味が分からず、

球にヘッドを当てようとしてコックを全部リリースするから

単純に長さが余ってダフります。

それでもハンドファーストの必要性が具体的に分からないので

無意識にグリップを浮かせることでダフリを防ごうとします。

それでもまだダフるので前傾もどんどん伸びあがります。

そうするとロフトが寝て、フェースが開き、しゃくり上げる軌道になります。

球を擦り上げて、ヘロヘロスライスになります。

そもそも、そういう打ち方をするようにクラブは設計されていません。

実際問題、相当頑張って縦コックも、ヒンジングも両方維持して

インパクト後まで打ち抜く意識を強く持たないと

理想的なハンドファーストはできません。

トップのコックを全部頑張って維持して打って見てください。

それでも空振りしないです。

まずはこの長さの問題だけでも重要性が分かると思います。

ハンドファーストでロフトを立てる云々の話は、

どっち道その後に必ずわかります。

アプローチも同様です。コックは全く解きません。

ライン出しはもちろんその打ち方ですが、

実は全ショット程度の差こそあれ同じでハンドファーストです。
(バンカーやロブショットは例外ですが。)

しかし、ハンドファーストでコックを完全に維持して打ち抜くと

普通のアマは間違いなくスライスします。

「前倒し」ができていないからです。

しかし、「前倒し」ができていれば絶対スライスしません。

スライスとドローの差は単純です。

インパクト後に衝撃でヘッドが後ろに倒れて開けばスライス。

慣性により衝撃に負けずに前に倒れていければドローです。

もちろん、インパクト時点は両方ともストレート軌道でスクエアと

全く同じですよ。ただ、インパクト後が全く逆になるだけで球筋が正反対になります。

前倒しができる人はドロー、フェードを打ち分けられます。

出来ない人はスライスしか打てません。

本物のフェードも絶対に打てません。つかまり具合を調整できないですから。

「前倒し」の本当の定義は

インパクト後にトゥーが前に倒れる様に

インパクトに負けない慣性を働かせる技術です。


インパクト前にフェースを被せることではありませんよ。

また、腕でローテーションするものでもありません。

トゥー側をヘッドの重心位置のずれである偏重心を利用して

トゥー側を慣性で前に倒す様に振る技術です。

考えて頂ければわかりますがインパクトゾーンでインサイドアウト軌道だと

自然な前倒しは起こりません。起こせてもそれは「手でコネてる」と言います。

インパクト時に体の左サイドがしっかり回ってストレートイン軌道でなければ

本当の前倒しは起きません。

だからこそ、先日のラケットドリルで飛球線上を真っすぐテークバックが

重要になります。その結果右肘は伸びているということです。伸ばすのではなく。

インサイドに引くのは絶対にまずいですよ!!

小田孔明プロは例外中の例外です。


もちろん、そもそもダウンでアウトサイドイン軌道で振っている人は

ストレートに上げると一時的にはますますそれが酷くなる恐れはありますが、

インサイドに引く対症療法によりスライスとチーピンの

両方でどうにもならなくななるよりはずっと近道ですよ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

女子ジュニアのスイングが我々のお手本です

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

いとたかさん、コメントありがとうございます!!

>腰を左右の揺さぶる腰リードスイングを疑ってみて下さい。

>まさしく、今までの自分のスイングです(泣)
>今は、右へのスェーに気をつけて、テークバックの初期で右尻に加重し、胸を右に向けながら右肘を畳んでいくようにしています。

右尻加重意識だとお尻が右脚方向に動きませんか?
お尻はアドレス時のまま左に置いたまま、
テークバック時はずっとお尻不動で右尻より軸である背骨に近い
右股関節加重の方が右スウェー防止にはより安全だと思います。
さらに、お尻は左に置いたままで、頭は右股関節上にあります。
もちろん頭も不動のままテークバックです。
従って、ダウンでの回転軸は頭から右股関節の垂直のラインを意識します。
それが回転軸で不動です。その軸の周りを身体が回転します。
まず軸ありきで、その周りを身体を回転させます。
すると、頭はスウェーしません。
お尻は最初から左にあるのでインパクトまでバンプする必要はありません。
アドレスのまま不動です。
従ってインパクトの精度は腰振りダンスより、極端に上がります。

コマと同じ様に1軸で高速回転をしたいのですが、
構造上股関節が左右2つあることが厄介です。
そこをどう処理するかが勝負です。

こうイメージしてみてください。
スイング中尻はずっと左股間の真上にある。
頭はずっと右股関節の真上にある。
回転軸は脳天から右股関節へと縦に垂直に引いた線です。
背骨ではありません。
背骨を軸にイメージするとまずいのです。
なぜなら、尻は左で頭は右なので背骨は右側に傾いています。
従って、背骨を軸にイメージしてしまうとアッパースイングになります。
ビハインドザボールだとアッパーになってしまう弊害が必ず出るからです。
ここを解決するイメージが上記のイメージなのです。
確実に精度は上がります。
また、まずは軸ありきで振れば力みはかなり減ります、消えはしませんが。

アドレス直後から右肩を真後ろに引いてください。
その時ヘッドは絶対に体の回転とともにインサイドに入れないでください。
飛球線と平行に上げてください。凄くアウトに上げている感じになります。
その時縦コックでヘッドを飛球線上に上げていかないとインに低く、
フェースが寝ながら入ってしまいます。
右肘を意図的に伸ばすわけではなく、
ヘッドを遠心力でゆっくり飛球線後方遠くに上げるのです。
そうすれば左ひじは伸びて当たり前なのです。


右肘はヘッドが上がっていけばトップに向けて勝手に曲がっていきます。

>極力、肩からグリップまでの力を抜いて、肩甲骨を伸ばすようにトップまで持っていき、肩甲骨を伸ばしたままダウンスイング~フィニッシュまで左背筋で引っ張っていくスイングの練習をしています。

要するにヘッド、クラブの重さと遠心力を感じながらということですね。
また肩甲骨の伸展により腕が伸び円弧が大きくなります。
肩甲骨の遠心力で伸展するものであって、自ら腕を伸ばすものではありませんよね。
左背筋で引きます。その通りですが、下半身の方が先です。
以上はいい感じだと思いますが、問題はこの後に何点かあります。

>フルショットでは可能になってきましたが、アプローチではどうしても腕の力が勝ってしまうので、スイング全てでできるように練習していますが、どこかおかしなところがありましたら、ご指摘願います。

このスイングイメージで腕に力が入るということは
ヘッドがトップに着いてから、はじめてダウンを開始していませんか?
殆どのアマはそうしています。

ダウンはトップのずっと前に既に下半身で始まっています。

そもそもトップの位置は先に切り返した下半身によって、
下に引っ張られることによって止まるのです。
腕で適当な位置に止めているのではありません。
要するに、トップはヘッドが上に上がていく遠心力と、
先に切り返した下半身により下に引かれる力と拮抗した時点で止まるのです。

従って、拮抗して止まった時点ではヘッドにかかる遠心力はゼロになり、
あとは下に引っ張られる力が勝って即座にダウンし始めるのです。
この時、改めて腕力が必要なのではありません。

従って、アマの意識はそもそも切り返しの概念が全く間違っているので
切り返しそのものが上手くワークしない、
オーバースイングを止められないのです。

トップが非常にコンパクトなプロがいます。
それは単に切り返し時期が非常に早いだけのです。
手でとめているのではありません。

下半身リードとはそもそもそういうことです。
トップが出来上がってから、
「 さー下半身で切り返そうか」 といっても
ギクシャクしてできるわけがありません。

また、アプローチは絶対に飛ばしてはいけないクラブです。
いかにして間違っても飛ばない様にするかが問題なのです。
アプローチだけでなく7番アイアンまではサイドスピンを極限まで
減らして確実にピン筋にストレートラインに乗せたいクラブです。
サイドスピンを減らしたいということは、できるだけインパクトの衝撃を
減らしたいということです。
その為には大きな円弧でインパクトゾーンを直線で長くして
インパクト後に押したい訳です。
7番までは叩いちゃダメです。
飛距離が欲しければ番手を上げる。
アイアンで飛ばすことは自慢どころか逆に愚かと考えましょう。
飛ばして本当にかっこいいのはフェアウェイウッドですね。

そのためのイメージとして私が実践して非常に有効なのは
女子ジュニアのスイングです。
ジュニアは非力で、重いクラブに振られるので
速く振る事よりも、強く球を叩くことよりも
クラブに振り回されない様に軸を維持することを
最も重視しています。無意識に。
そして円弧は非常に大きいです。
だからジュニアでは、おっさんアマの様に奇怪なスイングは皆無です。

まず、頭から右股関節の軸を水イング中ずっと絶対にずらさない様に
イメージしてから、腕力を絶対に使わないで遠心力だけで
どれだけ速く振れるか試してみて下さい。
もちろんラケットドリルも意識しながらです。
ヘッドがトップに行きつくずっと前に下半身を切り返すことも忘れない様に。

それから前倒しがちゃんと出来る様になったら
ローテーションは勝手に起こりますので
ハンドファーストのままインパクトも打ち抜きます。
コックは解きません。解かなくても勝手に解けます。
解かなくても左サイドがしっかり回れば前倒しは自然に起きるので
十分に球はつかまります。
前倒しは意識するものではなく一度要領が分かれば自然にできてしまうので
その時点からはむしろ逆にフェード打ちを習得することが課題になってきます。
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

アイアンのライ角を見直してみましょう

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

フォームだけ議論したところで、クラブが合っていなければ

そもそも話になりませんよね。

多分多くのアマ、うーん50%位は全然あっていないでしょうね。

身長も、腕の長さも、前傾角も十人十色です。

年齢によっても変わっていきますからね。

それなのにゴルファー全員が既成クラブ通りの

全く同じライ角なんて絶対にあり得ないですよね。

私はパターもライ角調整します。

アイアンによっては2度から、多いと4度はいじります。

優秀なクラフトマンなら、すぐに的確に判断してアドバイスできます。

一本500~1000円程度です。

Pから4、5番までの6、7本の調整なら4,000~7,000円程度です。

もちろんウッドは、ライ角調整は要りませんよ。


確認は超スロービデオで見れば一発で納得できます。

たったの4,000円でHC5程度は余裕で変わるでしょうね。

もっと変わるかもしれない、それほどデカいですね。

HC14なら4,000円と1、2時間で、HC9のシングル入りです。

これほどのコストパフォーマンスは他には絶対にあり得ないですよね。

ビクトリアでもゴルフ5でも一度相談してみましょう。

快く相談に乗ってくれるはずですよ。

平日なら即日あっさり出来ます。(店によりますが)


ただ、注意点は曲げすぎるとメッキが剥がれます。

ステンレスは残念ながら当然無理です、柔らかい軟鉄じゃないと。

また、ライ角を立てるとグースが強くなります。

3度も立てると全然変わります。

ということはバンス角が減り刺さり易くなる可能性はあります。

腕次第ですが。


また同時にロフト調整も可能です。

ストロングロフトとプロモデルではロフトが4度は違いますから

1番手は余裕で違います。

飛ぶアイアンが良いというより、自分に合った距離感を大事にしたいし、

イメージした弾道の高さに調整するべきだと思いますよ。



ライ角は通常2度程度までが無難ですが、
(身長190cmなら3度アップライトもありですが)

しかし、ライを立てるとロフトが寝てグースも強くなります。

従ってライ角アップと同時にロフトを立てる必要があるので

3度いじるのはかなり危険かもしれませんが。

さらに問題はバンスが減りますし、

下手なクラフトのアドバイスだと変てこなクラブにもなりかねませんが(笑

まあ、失敗したら戻すことも可能なのでやってみる価値はある

というかライ角調整もやらずしてゴルフヲタクの仲間入りは無理ですよ。

経験ですからぜひやってみて下さいね。

合わなければ戻すのは保証で無料というところも多いですから。


そもそも日本の芝はグースで払い打ちの方が合っていますし、

ラインも出しもしやすいともいえます。(この点は賛否両論ですが)

ただ、ハンドファーストの調整が出来ず、リリースが早いと

相当引っ掛け易くなる可能性も高いです。

 

 また、ウェッジにしても出っ歯が良いとは言い難いですね。

私もキャロが好きなので出っ歯ですが、フォーティーンみたいに

海外ブランドに流されないポリシーを持ったメーカも魅力ですよ。


まぁ、ライ角、ロフトに問題があるとしたらどんなにフォームを治しても

全てが無駄骨になりかねないので

一度見てもらいましょう。

無料ですからね。アイアンの見方も全く変わると思いますよ。

ただ、ある程度のプロモデルで、ネックを曲げることを前提とした

軟鉄ヘッドじゃないと無理ですよ。

クラフトマンはしっかり選びましょうね。

良く話せば誠意があるかどうかは分かりますよね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テークバックでの「左足べた足」がスウェイ防止の目安

常々べた足の重要性について書いていますが、

テークバックでお尻が右にスウェイしなければ

左かかとは上がりません。

左かかとが上がるという時点で既に腰が右にスウェイしている証拠

なのです。

上げた左かかとをダウンで下げる反動でタイミングをとる、

ダウンを開始する、スイングスピードを上げるという目的もあるでしょうが

アマにとってどっちがより良いかと言えば、

土台をバタバタ動かさない方がより良いに決まっていますよね。

わざわざ真似する意味は全くないですね。


どうしても左かかとが上がってしまう方は

腰を左右の揺さぶる腰リードスイングを疑ってみて下さい。

過剰な体重移動し過ぎですね。

体重移動はあくまで結果です。

試しにテークバックで左かかとが上がらないように

お尻を左においたままトップを作ってみてください。

すると放っておけばヘッドは極端にインサイドに入ってしまうでしょう。

そうならない様にヘッドを飛球線後方に真っすぐ引くのです。

そうすれば極端なインサイド軌道にはなりません。

さらに縦コックを早めに入れます。

するとヘッドは飛球線後方に真っすぐ上昇します。

縦コック早めに入れる根拠はそこにあります。

アマの殆どはアンダーでフェースを開いてテークバックしています。

それでは一生上手くなれませんよ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テークバックは「ヘッド」を飛球線上遠くに上げていく

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

テークバックで右ひじをなるべく伸ばすためには

しっかり 「肩の回転させる=肩を入れる」、

そうしなければ右肘は伸びません。

逆に言えば「右肘が伸びる」ということは

肩が正しく回っている事を確かめる基準となるのです。

さらに、「肩がその場でしっかり回っている」ということは

「右にスウェイしていない」ということにもなるのです。


さらに、ヘッドは飛球線上を後方に上げていきます。

インサイドに上げないということです。

肩をしっかり回転させるためには、

アドレス状態から右肩をただ真後ろに引くだけの意識が最も有効です。

もちろんその時お尻もアドレス時のまま左に置いたままです。


殆どのアマは意に反してインに上げ過ぎです。

楽して手上げだと即インに上がるからです。

イメージとして有効なのは

テークバックで 「 ヘッド 」 を飛球線上遠くに上げていく、です。

手、グリップに意識を置くより「ヘッド軌道」を意識してみて下さい。

そうすると 「右ひじを伸ばす意識」 がなくても、

要するに腕に意識が行かなくても

右肘は自然に伸びて円弧を大きく、かつインに上がらなくなります。


 そして正しいトップの右腕の形を繰り返し記憶します。

右上腕が右肩前で水平、右肘直角で右前腕が垂直、

右手首も直角、要するにシャフトと右上腕が直角ですね。

そうすればシャフトは水平です。

右肘は右肩の前で体正面から右外側にはみ出さないように注意です。

そうすればシャフトは飛球線と平行になります。

右肘が正面外側、背後側に引くほどヘッドはインサイドにクロスします。

フライングエルボーですね。

無意識に「右肘」を引っ張り上げることでテークバックする方が多いですが、

必ずオーバースイングでクロスしますね。


円弧を大きくすれば、インパクトゾーンは飛球線と平行で直線になります。

円弧が小さければ、インサイドアウト気味になります。

中上級者ほどスイングをいじりすぎて円弧が次第に小さくなっていきます。

無意識のうちにインサイドに上げ、インサイドアウト過ぎる軌道になります。

飛距離を落としてでも精度を上げる努力が逆効果になってしまいます。

もう一度見直してみてみましょう。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

テークバックでまず何より重要なことは、お尻と右肩に注意

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさぁーて、

ちょっと年初で死ぬほど忙しくて全然更新できなくて

ごめんなさい。

質問の回答も遅れに遅れごめんなさいm(__)m

先に超重要な注意点をあげておきますね。


まず、テークバックでの腕の上げ方以前に

既に致命的に失敗しているアマが殆どだと思います。

そこをまず先に治さないとおそらく先に進めません。

その失敗の最も多いケースが体重移動を意識するあまりに

お尻、腰が右脚の上に寄ってしまうパターンです。

そして、左肩は押し下げつつ、右肩は真後ろに引くべきなのですが、

失敗例は腰同様に右肩も右脚の真上にスライドしながら

ターンするパターンですね。

体重移動を意識すると右脚の真上に上体と頭を乗せる様にスライドします。

要するにテークバックで腰も、肩も上体全体が右にスウェイします。

右にスウェイしたものはダウンでは逆に左に戻さなければ打てません。

だから勢いあまって左にも大きくスライドします。

多くの方はこの腰の左へのスライドをバンプであると勘違いしています。

腰振りダンスじゃないんだから腰は左右に振りませんよ。

左への突っ込みを阻止するためには、

何よりもまず右へのスウェイを止めない限り不可能です。

そのためにはアドレスからお尻を動かさない。

要するに腰が右スライドしない。

そしてテークバックでは右肩は真後ろに引くだけ。

軸を維持するためには左右のバランスが重要ので

テークバックでは右肩を真後ろに引きながら左肩は押し下げる意識。

ここをまず確実に治さないと、

大きな円弧でのテークバックなんて絶対に無理ですし、

押し出しスライスと、チーピンの左右の両方の大きなミスは

いつまでたっても治りません。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR