ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スインガー目線の「 前倒し」 ローテーションの正体 左壁は「背面打ち」が基本

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

スインガー目線の「トゥーの前倒し」ですよー。
撮るのが大変でした。ちょっと揺れも激しいですが。
PCカメラをおでこに縛り付けて
クラブの動きだけ必死に撮ってるので
その他雑なところは無視して下さいね

これがローテーションの秘密です。
ボールの先のシャフトが飛球線です。
取り敢えず見て下さいね。



ダウンブローはグリップが左腰の回転と共にインサイドに
引かれないと無理です。
グリップを飛球方向に出したら押し出し、アッパーでプッシュアウト、
スライス、もしくは手でこねて引っ掛けですね。
背面打ちで体感した左壁にぶつかると、
左脚外旋により左腰と共に
脇が締まった左腕は
コックを維持したまま背後に引き込まれ
肩支点で回転しながらダウンブローで
慣性により勝手に「トゥーの前倒し」
が起こり自然に球をつかまえます。

だから手首でローテーションする必要性は全く無いです。

念願のスインガー目線動画でした
分かり易かったかな?

上半身と下半身を反対に捩じる動画も次回アップします。
予想以上に効果絶大ですよ

まだまだ先は長いですよ。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

左右股関節間 での 体重移動の瞬間


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

ダウンでのきっかけに左脚の踏み込み等によるリードが必要ですが
その時に体重移動・重心移動が起きます。
殆どのアマは体重移動を過剰に意識し過ぎて
左右バタバタ動いてしまいますが、
ほんの僅かな動きで股関節間の体重移動は完成します。
この数秒のビデオだけで十分です。



テークバックでの右股関節への体重移動は
アドレスから左尻の位置をほぼ不動で
トップを作れば勝手に、嫌でも右股関節に乗ります。

ダウンでは、後ろ向きに僅かに左脚を踏み込み
右向いたままお辞儀をする様に前傾を深めれば
右股関節から左股関節に瞬時に乗り移ります。
腰を右から左へ回す意識はタブーです。
スイング中左尻位置キープが重要
左尻の位置で球筋が全く変わります。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

上半身と下半身は常に逆に動く。それがバランス

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

あらゆる動作において必ずバランスが必要です。
カウンターバランスがその一つですね。
日常動作では前後左右の重量バランスを
無意識のうちに身体が勝手にとっています。
しかし、ゴルフスイングではなかなか無意識には
動きません。意識的に動かさないと無理です。

重量以外にもバランスがあります。
皆さんが見落としている非常に重要なものは
上半身と下半身の捻じれの方向です
テークバックでは上半身の始動と同時に
下半身は切り返し動作に入り左に捻じります。
スイング中ずっと上下全く逆に捻じります。
だから捻転が強くなり、
かつ身体の全体のバランスが安定します。
右脚、左脚共に外旋で上半身と対抗する様に捩じります。
上下共の同じ方向に捩じったら不安定になります。

ダウン、フォローも当然同様ですね。
左脚は外旋を続け、右踵はべた足を出来るだけ維持します。
左片脚だけではバランス維持は無理です。
両脚しっかり使って上体の回転と対抗します。
テークバックの左脚べた足と同じことです。
左股関節が内旋位となっても上体と拮抗してフィニシュまで
左脚は外旋を続けます。
そうすることによってフィニッシュが安定してI字フィニッシュで
片足で立つことができます。
フルスイングでもバランスを崩すことがありません。
かつヘッドスピードがアップします。

殆どのアマはヘッドスピードを少しでもあげようとして
上半身も下半身も両方同じ方向に動かします。
それでは終始身体のバランスは維持できないので
結局プレーンを維持できないばかりか
ヘッドスピードも出ません。

テークバック、ダウン、フォロー全てにおいて下半身が
全く逆に捻じれるからこそ強力な捻転が出来て、
バランスが維持でき、ヘッドスピードが出て
フィニッシュがピタリと決まります。
上下同じ方向に動くからフラフラしたり
リバースになります。

上下逆に捩じってみて下さい、
確実にヘッドスピードのアップを感じるはずです。
フィニッシュがピタリと決まるのが体感できる筈です。
テークバックの始動と同時に下半身は切り返し開始、
これは決して不合理なことではなく
極めて合理的な動きです。

やれば確実に分かります。

右かかとべた足で、右股関節軸で
左脚外旋でダウン、フォローすれば嫌でも前倒しが起きて
球が捕まったドローになり、フィニッシュはピタッと止まります。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

インパクトで右肘が曲がっているとはどういう事か分かりますか?

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、連投ですよ。

ちょっと良く分かっていない方が多いようですが、
インパクトで右肘が曲がっている
とはどういうことかお分かりでしょうか
先日のバンカーレッスンでも分かると思いますが
要するに
コックが維持されている
という事です。
逆に言ったら、インパクトで右肘が伸びている
=コックが既にリリースされているという事です。
キャスティングはリリース以上にリストのスナップを
使ってヘッドを走らせますから、
インパクト後の右手首の極端な伸び方、
ヘッドのアッパー軌道で直ぐに分かります。

現象だけを教える対象療法的なレッスンや、
ただのプロの物真似は簡単ですが
原因をしっかり見極められないと
結局長期的には意味がないですよね。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

背面打ちでハンドファーストだから、インパクト前に勝手に左壁が出来て左腰と共にヘッドがターンして「前倒し」完成

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

「トゥーの前倒し」の条件ですが、
背面打ちのイメージで
体正面の前から後ろ、
上から下に縦に振ると
当然一貫してダウンブロー

になりますよね。
縦に振るので当然クラブは体近くに
沿って落下し左脇は自然に締まる。
コック維持でハンドファーストで
左グリップが先行し、
左わきが締まっているために、
インパクト前に左壁に左グリップが
ぶつかる様に左腰が自然に
左腕と共に回転させられます。
回転しないと左ひじが引けるポイントですね。
また、外旋している左脚と連動して
先行しているグリップは腰の回転と
共に、インサイド=背後に引かれます。

左肩支点でトゥー側先端が回転し、
スイング正面から見て左グリップを追い抜き、
ダウンブローで「トゥーの前倒れ」が起こり
勝手に球をつかえます。
手首こねてローテーションなんて要りませんよ。
何もしないで一気にインパクトを
コック維持、ハンドファーストで
グリップをインサイドに振り抜けば
ヘッド軌道はダウンブローになります


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ダスティン・ジョンソンのスイング分析 ダフリ対策イメージ

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

Dustin Johnson ダスティン・ジョンソンのスイング分析
をアップしました。
縦振りのダフリ対策と飛距離の秘密を説明しました。

皆さんの効果的なイメージ作りの参考になれば幸いです。



縦振りのダフリ対策のために
コック維持のイメージを図にしました。
アプローチは90度以上の鈍角ですが
この絵のままのイメージだからダフらない。
要するに遠心力は想像よりずっと強いので
球に向かってアンコックしたら絶対にダフる。

コック維持のイメージ


注意点は

実際は絵と違ってハンドファーストのグリップは
飛球方向に出ず、必ず左腰の回転と共に
インサイドに入ります。
左腰の回転が遅くれて、
グリップが飛球方向に真っすぐ出ると
ヘッドはアッパー軌道になるので
トゥーの前倒しは起こりません。
よく言う「左に振れ」とはグリップのこと。
ヘッドではない。
ダウンブローが前倒しの秘訣!!


「 コック維持 」と「 コックを深く作る 」のは全く別です。
秘訣はむしろトップ、切り返し時に

コックを90度より鋭角に深く作り過ぎないこと。

この点はコックが深いほどよかった糸巻きボール時代の
昔とは違います
コックを作り過ぎたり、適度に解いたりする方が遥かに難しいでしょ。
むしろ90度以上の鈍角で固定の方が安定します。
絵の様に、トップで作ったコック角度をそのままインパクトまで
維持し続ける意識が非常に重要です。
長いクラブ程ヘッドスピードが速くなり、遠心力が大きくなり
インパクトでコックは無理やり解け球は飛びます。
飛び過ぎない方が良いショートアイアンはHSが遅いので
コック維持が楽で、かつアンコックは全く要らないから
フェース向き変えずにフィニッシュでライン出しが容易になります。

とにかくコック維持でハンドファーストで振り抜くこと。
それで球を強く叩けないとか、
振り遅れてスライスになるとか
は全く別問題でナンセンスです。

「トゥーの前倒し」の意識で球は十分につかまります。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

骨盤前傾によるダウンの方法 トッププロの沈み込みの秘密

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

沈み込みをビデオで撮って編集しました。
ダウンの正拳突きが後回しになってしまいましたが
順序を考えてますので徐々にアップしますね。



要するに、背面打ちと全く同じです。
重いつるはしを振り下すのと同じ動きで
縦に振り下すのが最も簡単に体幹のパワーを使える。
それは誰でも分かりますよね。
これがプロの沈み込みの根拠です。

これでスウェイも前傾維持も自然落下も
一気に大幅解決でしょ。

あとは縦振りによるダフリですが
次回のビデオで楽勝で防げますので、
ご心配なく

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

骨盤前傾で単純にクラブを落下させる 要するにカウンターバランスです

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

もう4月ですねー、あっという間に。
シーズン前に更にイメージ革新しておきましょうね。

沈み込み、伸び上がり、が大きいタイガーの連続写真
ですが、最近の記事から考えて見ましょう。

どう骨盤前傾が変わっていますか

頭、腰、膝の高さの変化の推移をみると
頭の高さが最も変化していますよね。
なぜでしょうか
骨盤前傾の変化が原因ですよね。

タイガー前傾3

トップでも沈み込んで左尻が左に突き出ています。
要するに飛球後方にお辞儀する感じです。
ダウンで更に頭を下げて前傾を深めています。
要するに、日本的お辞儀を深めています。


上体が斜め右間前を向いてるので左尻は左後ろに更に突き出ます。
インパクトで股関節が伸展して前傾が起きあがり、
同時に膝が伸びていきます。

お分かりでしょうか
要するに、単純に向いてる方向にお辞儀して
前傾を深めてクラブを落下させます。
最も単純、効率的に腹筋、背筋のパワーを使えます。
これで左尻の位置も正しくなります。
バンプとか変てこな意識は微塵も要らないです。
左右体重移動の腰振りダンスでややこしくしている
アマが上手くいく道理がないですよね。


結局、クラブの遠心力と引き合うための
左右上下へのカウンターバランスの動きなんですよね。

あっ、そうそう、下半身と上半身もカウンターバランスですからね。
その視点で考えるとスイングって凄く簡単になっちゃうんですよ。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

本人が気付かない怖ーい「キャスティング」

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

先週の人気のビッグスギのステップアップゴルフのレッスンで
典型的キャスティングの重症例がありました。
かつてない程ビッグ杉が怒っていますので
参考になると思いますので記事にしました。

キャスティングする人は絶対に「 縦 」に振れません。
ダフリますから水平に振りたがります。
縦に振るとダフる人はほぼキャスティングです。
インパクト前に手首も右肘も伸び、力みで右脇が開きますから
あらゆる弊害が出ます。

相当酷くても自覚症状が殆どないので怖いです。
自分がしゃくり打ちだとは毛頭考えないのでしょう。
しかし、実際は殆どのアマがそうです。
とにかく自分の右肘に注目してみて下さい。
右肘は脱力で軽く曲がったままインパクトします。
インパクト後に伸びます。
右肘がインパクト前に伸びている人は右腕で打っています。
右手で打って右腕が力んでいるという事は
右腕が伸びるので結果的に手首も伸びてキャスティングになります。



これがキャスティングです。怖いでしょ?
コック維持どころかスナップで引っ叩きます
強制アーリーリリースですね
必ず右肘も伸びて右脇が開きます

腕がかなり伸びるので手前からダフリ、
トップ、シャンク、ホームラン何でもござれです
こういうアマが過半数ですが本人はまず気が付きません
皆さん怖いからとっととキャスティング治しましょうね

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

基本ゴルフは全く「背面打ち」そのもの。球は右から左へ横に打つのではなく、前ろから後ろに、上から下に、縦に打つ


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、
連投です。

(ちょっとわかりにくいので先に注意書きですが
背面打ちの上体の向きに対して前から後ろに振るのと
飛球線に対して後ろから前に振るとは全く同じことです。
ややこしいですが分かりますよね。)

先日質問にもありました。
しばらく記事で書いていませんが
ゴルフは「背面打ち」そのもの
と思って全く構いません。
スタンスとコックの維持、インパクトからの腰の回転以外
殆ど何も変わりません。
縦振りは全く同一です。
上体が右向いたまま
前から後ろに、
上から下に縦に振ります。
だから重力を十分に使え、
自然落下のイメージが出る。
クラブの重さを感じるって事です。
骨盤前傾で右腰を上から下に入れて
右股関節は直線的に
後ろから前に押し込む。
腰を水平に回すと上体も肩も水平に回り、
確実に横振りになります。
外見上の腰はほぼ打ち終わってから
回ると考えてください。


コック維持でつるはし、クワで地面空振りと全く同じですよ。
居合切りの方が良ければ、コック維持で右袈裟切りで
相手の左肩から右脚まで切り裂き、
かつその勢いで真後ろにいる人間まで右下から右肩まで切り上げる
みたいなもんです。
この時、「私は剣を横に振ります」と言ったら頭おかしいですよね。
ゴルフも全くそのままです。

なぜ 「縦、横」 の勘違いが起きてしまうのか
アドレス時のスタンス、顔、体の向きの問題ですね。
球を右から左にテニスの様に横に打つものと勘違いします。
まあ、最初のうちは当然と言えば当然です。
しかし全然違いますよ。

トップの状態をまず考えてみましょう。
確かにスタンスはアドレスのまま正面向きです。
しかし、上体は完全に後ろ向きに変化していますよね。
顔は斜め後ろ向き位でほぼ中間ですね。
この状態からだとどう考えるべきでしょうか
スタンスの向きではなく、
肩の向きで振る方向を考えるべきでしょう
トップから腕はほぼ剣道の様に
縦に右袈裟切りで振られますよね。
それともテニスの様に真横に振りますか


考えてみて下さい。
鉄でできた重い真剣を縦に使うか、真横に使うか。
縦でしょ
クラブが中途半端に軽いからテニスラケットと勘違いしますが。
横に振ると体が絶対に即開きます。
しかし、ゴルフは右向いたままインパクトですよね。
それって
背面打ちそのものですよ。
右から左ではなく
前から後ろに縦に振るのです。
だから右向いたまま=後ろ向いたまま
打てるのです。


クラブは変なヘッドが先についていてアンバランスなので
縦に振ると打てない気がしますがそれは慣れです。

まず、このイメージを180度変えなければ
この先何も進歩しませんよ。

だからもう一度確認の意味で先に書きました。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

骨盤前傾によるグリップの「自然落下」

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

先にアップしておきますね。

さてさてさーて、

骨盤、股関節により
今、解き明かされる
永遠の謎、「自然落下」
それは・・・・・コ・レ・ダ


テークバック時の右骨盤の切れ上がりと
前傾した骨盤の回転落差により
グリップは勝手に引き落とされます
それが「自然落下」だ


右骨盤の落下と連動して自然に落ちる


グリップを認識でるはずです



股関節前傾による自然落下

骨盤回転による「下半身リード」と「自然落下」
の意味と前傾維持の重要性が分かりますか?

前傾維持した骨盤回転により
グリップは勝手に真下に落ちます
それが「自然落下」

腰を水平回転している人には
一生分かりませんが。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

骨盤前傾してるから=股関節を屈曲してるからこそ、伸展のパワーを使え、かつ頭が突っ込まない

まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


なぜ、前傾していなければいけないのか?
なぜ前傾=股関節の屈曲、をインパクト前まで
維持しなければいけないのか?
それは、屈曲しているからこそ伸展できるからです。
極めて当たり前のことです。
曲がっているから伸ばせるからです。
早いタイミングで伸展してしまった、もう伸展できませんよね。
だからギリギリまで伸展を我慢します。

股関節外旋内旋 伸展 反り

股関節伸展4 3

股関節伸展42
膝の向きでインパクト直前まで伸展を我慢してるのがよく分かる。
それでも飛ぶし、球もつかまります。
アマはトップから一気に上の写真の様に伸展してしまいます。
だから腰がダウン直後から前に出て、上体が開いて、
ヘッドがアウトに押し出される。

股関節を伸展すると何が起こるのか?
オレンジラインの様に脚から脊椎まで反ります。
反るとどうなるのか?
頭が突っ込みません。
「股関節で球を打つ」=
「股関節の伸展で球を打つ」
これがビハインドザボールの
誰にも教えたくない秘訣なのです。
すると脚から脊椎まで綺麗に反るので
頭は絶対に突っ込みません。
それをイメージすれば必ずできますし、
顎も当然上がりませんよ。
プロは当然そんな事知ってますが、
アマは全然知りません。


C型フィニッシュとは全然違いますからね。
C型は頭だけを残し過ぎた結果です。
だから首だけでスウェイを止めるので100%首を痛めます。
しかし、股関節の伸展は脊椎下部の反りで頭が残るので
首を痛めることは絶対にありません。

という事ですわ。
どうですか股関節いくらでも奥が深いでしょ。
まだまだこの程度では全くの入り口の基本レベルですが。

次回は、ダウンブロー、自然落下、重力落下の
骨盤の動きの視点からの根拠を解明します。
もしかしたら、やっと、初めて「自然落下」が
納得できるかもしれませんよ。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

前傾している骨盤を、前傾したまま回転させるには?

 まずは 

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



絵を加えて分かり易く書き直しました。
かなり分かりやすくなったと思います。

ビデオは絵を書いて挿入しながら作成中です。
もう数日お待ちください。

前傾した骨盤を前傾したまま回したいわけですよね。
それができない
前傾させた骨盤が意に反して起きてしまう、骨盤が立ってしまう。
なぜ
原因は間違って植え付けられたイメージの問題ですね。
前傾してるのだから、当然右骨盤は上から下へ下がり、
左骨盤は下から上へ切れ上がります。
それは事実ですよね
それが紛れもない事実なんです。


では、なぜ腰は水平回転なんてでたらめを教えるのか
おかしいですよね。
前傾してるのに水平に回したら起きちゃうでしょ
当然、骨盤が立ちますよね
自ら愚かにも前傾を起こしているんですよ、アマはみんな。
わざわざ自分で起こしておいて、
前傾が起きちゃう、何で
なんて悩んでいます。
おかしいでしょ
もちろん、右サイドが必要以上に落ちない様に適当にその場しのぎの
対症療法で、無責任に面倒なんでそう言いたくなるのもよく分もかりますが。
しかし、スイングはイメージが最重要なのだからそれは明らかにマズいですよね。

前傾した骨盤を、肉の中にある骨盤をイメージして下さい。
その自分の肉を取り除いた骨格を客観的に見た姿をイメージします。
そして、全日本4番の日ハムの中田翔プロのルーティーンと
右脚の動きをイメージして重ね合わせます。

股関節外旋

で、右腰、右股関節をグリップを下げ切るまで股割りで
時計回り(青⇒)に割ったまま維持して
ヘッドが確実に軌道に乗るまで
待ってから反時計回り(赤⇒)に絞る


股関節外旋内旋


「右腰を上から下に押し込みながら、
右股関節を
内旋させながら
右骨盤を右から左へ、後ろから前へ
押し込むように股関節を進展させる」

大事なのは上の絵の
右股関節外旋=股関節屈曲状態を
出来るだけ我慢してから
一気に右股関節内旋して股関節を伸展すれば、
右腰、右サイドが前に出ない=右サイドが開かない

という事です。

骨盤回転面2

股関節の回転面が斜めの上、骨盤が前傾したまま回転するので
ややこしくなりますが。

骨盤前傾を維持して回転すれば
矢印の様に
右骨盤は下に入り込み、
左骨盤は切れ上がります。


股関節 前傾

股関節を外旋すると骨盤が前傾し易くなります。
股関節を伸展すると骨盤は立ちます。
多くのアマはトップから一気にヘッドを加速しようとするので
一気に内旋してしまいます。
だから当然骨盤が立ち、前傾が起きて、
右サイドが一気に開いてしまいます。
だからインパクトギリギリまで右股関節内旋を我慢する。

右脚を蹴る、蹴らないの論議がよくありますが、
それば単に個人のイメージの差です。
要するに、腰が前に出るような前への蹴りのイメージはまずいと。
しかし、右脚の股関節の左への伸展を「蹴り」と認識する人にとっては
蹴っているイメージは正しい。
この場合はどっちも正しいんですよね。
だから議論する意味はない。
それを蹴っているとイメージできない人には蹴らないと言い、
右腰を入れるとか、
右骨盤を押し込むとか、
右股関節を押し込むとか、
自分に最も合ったイメージを利用すれば言だけのことです。

しかし、いずれにせよ

前傾した自分の骨盤の状態を
随時脳裏に映像としてイメージ
していないと始まらない

ですよね。
骨盤を回すのは股関節です。
股関節を動かすのは大腿骨、脚ですよね。
その脚でゴルフで最も重要なのはハムストリングスと腸腰筋という筋肉です。
両方とも意識して動かすことが難しい筋肉なので難しいですが、
一度分かってしまえば、イメージすること自体はそれほど難しくはないです。

腕や上体や肩回転でクラブを上から下へ振るのではなく、
右骨盤を下に押し込むから、脱力した腕が自然に連動して
ダウンブローに振られる、
ように身体を使います。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スウェイの原因は骨盤が起きるからだオ


まずは

ここ、ここポチ、ポチ、ランキング応援ネ

☟ ☟ ☟

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


依然と真面目に連投です。

鋭い方はもう最近の連載で気が付いているでしょうね。
実はスウェイの原因は骨盤の前傾の崩れにあります。

骨盤の前傾が維持できていれば
スウェイは起こりません


なぜなら上からの圧力で股関節がしっかりハマるからです。
股関節がハマっていれば膝は前後にしか動けません。
やってみれば分かります。
左右に流すことができません。

要するに、この場合では

二兎を追うもの、二兎を得る」 

って事ですわ。

前傾維持とスウェイ防止はセットなんですわ。
貪欲な奴が勝ちですね。

と分かれば後は実行あるのみですよね。
ゴルオタにとってはこんなおいしい話はないんですから。
恥も外聞も捨てて職場でも電車のホームでもこれですよ
ちなみに私は手を膝についてどこでもこの体勢やってますよ。
イチロー選手になり切ってストレッチムードで。

20160315180018162.jpg

レジェンド葛西イメージで数十秒静止してるとヤバいですが(爆

で、そこらの道端で十分ハムストリングスをストレッチしてから、
歩く時はハムストリングと大臀筋を意識して使って
股関節伸展で地面を強く後ろに蹴って大股で前進し、
腸腰筋で股関節を十分に屈曲して腿上げして踏み出し、
必ず誰にも負けない速さで闊歩する
事を心がけます。
それで済むならジョギングやるより遥かに楽でしょ。
はた目には尋常でない速さの相当不審な奴だと見える筈ですが、
周りの人間は皆ジャガイモだと思えばOKです。
1㎞8分以下が目安ですね。
結構いけるもんです。
汗かいて髪型が乱れますが、オヤジですから。
(ちなみにハムストリングは複数の筋肉群なので
英文法的にはハムストリングスが正解ですが)

以前の中田選手の大股開きの股割りスイングと
今の左右に揺れれてからジャンプのルーティンで分かりますが
明らかにこの辺の股関節の使い方を試行錯誤してますね。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

股関節の回転面が斜めだからややこしい

 まずは 

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

ダウンのビデオ編集もうちょっと待ってくださいね。

ちょっと仕事が忙しくて。

来週早々にはアップしますね。


さてさてさーて、

前もっての説明ですが、

今日のテーマは 「重心移動の方向」 です。

結論から言うと何度も言ってますが 「上から下」 ですね。

アマは殆ど 「横」 方向です。

そう思っちゃいますよね、飛球方向に球を飛ばすわけですから

当然横から叩く訳ですから、体重移動も横に移動すると思っちゃいます。

結果は縦と横では当然全然変わります。

「横」 だと全然ダメですね。

ここがゴルフの難しところですわ。

なぜでしょうか

例えばドラコン選手と2階打席で練習するとよくわかりますが、

彼らが打つと床が明らかに揺れます。

どういうことかというと明らかに上から下に重心を激しく移動するからです。

横への移動だと縦の加重がないので床は全く揺れません。

揺れが全然違いますねー。

理由は股関節の構造上の問題です。

股関節の関節面は下図のように斜めに切り立っています。

右股関節はフォローでは赤矢印に回ります。

どうですか 矢印通りなら上から下へ腰を押し込む、

赤矢印の様に股関節を上から下へ押し込みます。

結果的に腰は横回転に変わるだけです。

実際問題、力のベクトルはほぼ上から下なんですわ。

その方向にしか股関節は回らないですから仕方ないですよね。

見て分かるようにその場合、「骨盤を回す」じゃないですよね

そうじゃなくて図の様に「股関節を回す」のです。

股関節を回転面に沿って回すのが正解なのです。

股関節 斜め 


股関節を上から抑え込んで回す事を「腰を入れる」と言います。

上から腰を押し込みます。

まあ、右臀部内あたりが右股関節の外側なんですが、

上体の体重を右腰に乗せて右股関節を斜め下方向に押し込みます。

上から下に押し込む重要性は更に他にもあって、

そうしないと股関節がはまらない、

横だと左股関節が抜けスウェイするからです。

という訳で上から下だとほぼスウェイしません。

さらに「後ろ腰(右腰)」が飛球方向に遠回りせず

に直進し、前に出ません。

それで上体の力が抜ければ「下半身リード」という事。

そうしないと上体のスイングバランスは崩れます。

バランスの崩れは上体の力みが原因ですよね。

どんだけ死ぬほど練習しても、上体が力んだら最後

フィニッシュでのバランスなんて絶対に取れません。


で、非常に大きな問題は

上から下に振るとダフるに決まっていると殆どのアマは言います。

それはとんでもない大間違いなんです。

なぜなら、球を打ち抜くまでコックをリリースしないで、

維持するから、ダフらないのです。

アドレスより、インパクト時の方がコック維持により

ヘッドまでの距離が縮んでいるからです。

分かるでしょうか?

確かにここが出来たらシングル入りなので

殆どのアマには非常に実行も理解も困難なことだと思います。

コック維持してハンドファーストでも前倒しがきちんと出来れば

スライスなんて全然ならないですよ。

スライスを嫌ってハンドファーストが維持できない限り進歩はないです。

ここを乗り越えないと絶対に先には進めませんよ。


「腰を入れる」という動作はあらゆるスポーツで使われますが

要するにハムストリングスによる股関節の伸展動作が

メインとなります。

従って外見上でも股関節面に沿って上から斜め下、

意識は真上から下に押し込む動作になるのです。

どうやってもよく言われる水平回転ではありません。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

プロのスイングテンポが速過ぎるのか、アマが遅過ぎるのか? どっちが正しいのか?

 まずは 

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

プロのスイングテンポは速いと言われます。

しかし、ちょっと考えてみましょうね。

本当にそうなのか 速過ぎるのか

単に比較の問題じゃないのか

確かにアマと比較したら速いと言えます。

しかし、そもそもどっちが正しいのか

なぜなら、アマを基準にすること自体そもそもおかしいでしょ

なぜ、下手なアマを基準にするのか 

単にアマが遅過ぎなんじゃないのか

そうなんですよね。

アマがあまりに明らかに超遅過ぎなんですよ。

切り返し始動が明らかに、遅すぎる。

だからスイングに張り、緊張感が足りない。

トップからのダウン開始が遅いんじゃないですよ。

切り返し始動からダウン開始までかなり間はありますから。

左下半身のダウン始動動作が、あまりに遅すぎるのです。

股割り=左脚外旋自体が、

既にダウン開始動作と言えるからです。


ヘッドがトップに至ってからやっと切り返しを一気に始動では、

全然手遅れで話になりませんわ。

だからアマは皆オーバースイングになるし、

捻転もできないし、従って飛ばない。

テークバック後に、即座に左サイドの

切り返し動作は少しずつ始まっているのです。

トップに至ってから一気に切り返し動作始動では

「自然落下」なんて無理です。


強制的腕力落下しかないです。



ゴルフの一般常識なんて信じてちゃ一生上手くならないですよ。

そんなこと大昔からさんざん経験済みでしょ。

自分で血と汗と悔し涙と花粉症の鼻水にまみれて、

必死に考え抜いて自分の信念で切り開かない限り、

同じゴルオタ達より上手くなろうなんて、虫が良すぎますわ。

ゴルフに限らず仕事も人生も全てそうだと思います。

まず、自分で徹底的に死ぬほど考え抜きましょうよ。

本当に上手くなりたいのならば。


確かに、聞くは一時に恥、聞かぬは一生の恥です。

しかし、安易に解答だけを求める前に

血と汗と悔し涙と鼻水にまみれた経験がないと

本当の意味で理解もできないし、絶対に身にも付かない。


先日、メールで遥か遠方からぜひ直接会って欲しいとのメールを頂きました。

本当に光栄なお話で、むしろ恐縮してしまいます。

まだ忙しくて返事していませんが、

ゴルキチ同士、お気持ちは十分に分かります。

そのうち是非お話ししたいと思います。

きっと、私にとっても得るものは大きいと思いますし、

一生の友人になれる可能性も十分にあると思っています。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ハムストリングを意識して使う

まずは
ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

今年のインフルはかなりヘビーですね、

なかなか完治しませんわ。

さてさてさーて、

前回の続きです。

下図はノルディックスクワットといいます。

まさにスキーのジャンプの滑走ですね。 

昨日のAの更に強烈な格好です(笑

人前で予告せずにやると絶対驚かれます(爆

もうゴルフブログとはかなりかけ離れてきてます。

注意点は、下腿ほぼ垂直(これはゴルフと同じ)、

膝を前に出さない、

股関節からできるだけ思いっきり前傾、

背筋曲げない、かつ反らさない、手は膝か腰。

大腿背面の筋肉のハムストリングと大腿筋を

意識的に伸ばして、強く負荷を集中させます。

するとハムストリングの伸張を確実に認識できます。

ここまで極端にやらないと分かり難いものです。

要するに意識して使うことが非常に難しい筋肉なのです。

これを何度もやったあと、普通にアドレスして

ハムストリングを積極的に使ってスイングします。

ちなみにハムストリングスは股関節を伸展する

筋肉群です。上手く考えて使ってくださいね

すると自分のアドレスの型が徐々に変わる事に

気がつくはずです。ハムストリングを効率的に

使える型に自然に変化していきます。

それがより正しいアドレスであり、

ハムストリングだけでなく

股関節の重要なインナーマッスルを

しっかり使えるアドレスになります。

徐々に説明していきますね。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

膝を曲げるのか、股関節を曲げるのか、どっちがメインかハッキリしよう

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ

昨日の「38℃高熱ストレス発散爆弾発言」 時限記事は1日で終了です。


ではでは、またゴルヲタテーマに戻りましょうね

脚のうち、膝下を「下腿」、膝上を「大腿」と呼びます。

重要な筋肉は大腿前面の大腿四頭筋、大腿裏側のハムストリング

ですよね

ゴルヲタならこの辺はもう知ってるでしょ

知らなきゃ、曲げ伸ばし時にどれがどう伸縮するかチェックしましょう。

ハムストリング

では、ゴルヲタさん達に問題です。

単純に腰を落とせ、しゃがめ、とか言われたら

下図のA、Bどちらの体勢をとりますか

ちなみに下図Aは股関節で曲げ、Bは膝を曲げてます。

借り物の絵なので「変な腕の位置は無視」して下さい。

大腿 下腿

まー、ゴルヲタさんは変わった人が多いので両方ありかと思いますが、

ごく普通の人々は殆ど  になります。

なぜかってその方が極自然にフツーに曲げ易いからです。

いきなり  の体勢を公然と取ったら笑われるかも(笑


では、ゴルフの場合はどっちが正解でしょうか

その方が簡単ですよね。そう、下腿の角度ですね。

でもただ正解の形を知っていても全然意味ないんですよね。

筋肉云々能書きが分かってないと。

使う筋肉が全く逆になりかねないですからね~。


股関節まだまだ遥かに深いですよ~。



さらに、この絵見てると思いますが、

スキーの深雪で前傾、後傾、加重位置の前後移動が非常にシビアです。

でもゴルフってスキーと比較すると前後の重心位置の移動の意識は

かなりド適当に扱われています、

というかスイング中の前後の重心の移動についてのレッスンはほぼ皆無ですね。

ゴルフの正解って、つま先加重、拇指球、土踏まず、踵加重

ダウン前後でどう変わりますか

結構際どいですよ、実際は。

昔検証しましたが驚きの結果でしたからね。

必ずしもプロコーチが正解とは全く言えなかったです、

論理的にも、現実的にもね。

いろいろ突き詰めていくと見えてきますよ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「外旋」と「内旋位」捻転を最大限にする方法 それが自然落下に直結

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、今日は一気にいきますよ

匿名オッサンゴルファーさん、はじめまして

貴重なコメント有難うございます。

ダウンの動画アップの前に質問が来たので先に答えます。

実は日曜日からインフルにかかって今38度で死んでおります。

ここからは、かなりヲタク議論になりますが、5分ぐらいで一気に書き上げます。

誤字脱字意味不多々山のごとく出ると思いますが、

見直し、推敲とか非生産的な時間の浪費は嫌いなので(単なる怠慢)

お察しください。


> ゴルキチ様、はじめまして。
> ゴルフ大好きな、オッサンゴルファーでございます。
>
> ゴルフ大好きなオッサンゴルファーにとっては大変興味のそそる記事が多く、時より覗かせて頂いています。
>
> さて今回の記事で「右脚外旋」と表現され、予備動作でも確かに外旋させていましたが、テイクバックの動作にはいると「右股関節の内旋動作」になっているのではないかと思いまして、書き込みに至りました。
>
> 私は、ギックリ腰で年間の半分もゴルフスイングが出来ない状態が続いていたので、その間に機能解剖学(この分野については素人でございます)を学び、ゴルフスイングに取り入れております。
>
> その機能解剖学から見た動きでは「右股関節内旋」となるのではないでしょうか。
> ゴルキチ様のご意見は如何でしょう。
> 明らかに外旋させている意識の中でテイクバックされているのでしょうか。

勉強してますねー、いいですねー嬉しいです

私は、スイング中ず―――っと、両股関節ともに明らかに外旋=股割りですよ。

インパクト直前に初めて右股関節だけ一気に外旋から内旋に変わりますが。

スイング中両股関節で内旋はそれだけです。

テークバック時は右股関節が絞られる、(閉じる)ので

外見上は内旋位ですが、

力のベクトルの向きは明らかに右股関節は外旋ですお。


右脚を外旋しながら左腰を入れることで右股関節を絞って内旋位にします。

左股関節も外旋なのに左腰で無理に逆に内旋させられるので左もきついです。

両股関節ともにきついです。

だからこそ最大限の捻転が股関節にできるのです。

それが自然落下の最大の原動力になるのです。

下半身リードと言われる所以です。


外旋すると股関節と骨盤が開く方向に力が働きますよね。

それを上から腰を入れて無理に閉じるわけですから捻転が急激に貯まります。

外旋だからこそ内旋位に成る程反発する力=捻転が右股関節に貯まります。

その限界点がトップです。

トップは捻転が限界に達し、自然に切り返しが起きてしまう地点です。

もちろん切り返しのリード時には左脚も右脚もさらに外旋しますが。

テークバックもダウンも基本は股割り=両脚外旋です。

その時しっかり上から腰を入れる使い方は正拳突きに非常に近いです。

ダウンでは今度は右腰を入れて左股関節を絞ります。

しかし、インパクト直前ギリギリまでまで上体が開かない様に

右股関節外旋を維持しますが、最後は

右腰を斜め上からグッと入れて右股関節が外旋から

一気に内旋に反転してインパクトします。

この時、明らかに腰は遠回りで大きく回転ではなく、

右股関節も右腰も飛球線と平行に左に直線的に動きます。

その結果外見上腰を回しているように見えますが、

意識は全然回してないです。あくまで結果です。


> ゴルフの腕前もゴルキチ様の足元にも及びませんが、ゴルフオタクだけは負けないと思いますが(笑)
> お忙しいでしょうが、これからもブログの方ガンバって更新を続けて下さい。


いやー、いいですねーこういう議論は

これが無ければお互いに進歩しません。

こういう話をできるゴルフ仲間ができるという事は本当に幸せです。

こういう仲間が欲しいから、このブログを続けています。

有難うございます。

また、ヲタネタコメントお待ちしていますね

あー、のど痛て―――― ゲホッ、ゲホッ


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テークバックでの股関節の使い方

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへ

テークバックでの股関節の使い方です。

相変わらず短くて、適当な編集ですが、

ダラダラ長いワンパターンなレッスンビデオよりはましだと思います。



1、まず「右足前下方に左正拳突き」をすることで、

左腰が入り、右股関節がはまります。

引き腕の右腕は真後ろに引きます。

これにより、その場でスムーズに肩が回り易くなります。

しかし、この時点では下半身は全く不安定です。

問題は左腰を入れると左サイド全部が被りやすくなります。

左ひざ、左腰、左尻が右前に出易くなるのです。


2、次は、1と同時に「右脚外旋」します。

右脚を骨を軸として右側に軸回転して捩じります。

すると股関節が更にしっかりはまり、

右股関節がロックされて、

右膝が固定、右脚全体が固定され安定します。

すると胸はほぼ飛球線後方を向きます。

トップでの胸の向きが固定されるのでトップでの

シャフトの向きの再現性が高まります。

さらに肩はスムーズに回ります。




3、更に、「左股関節を割ります」

左股関節を「外旋、外転、屈曲」 ですね。

これはまさに、左ひざと左脚リードで

徐々にダウン開始する動きと同じです。

実際、それ位の気持ちじゃないと

左股関節はしっかり割れません。

これにより、左腰が前に出なくなり

左サイドがかぶらなくなります。

左脚が固定され左ひざとグリップが

引っ張り合う事で捻転ができ、自然落下の原動力となります。

これで、両方の股関節が割れたましたね


4、左尻をアドレスで固定

これが結構皆さん見落とすところなんですよ。

左足をべた足に出来ない=腰が右にスウェイしているのです。

殆どのアマは右へしっかり体重移動しろと教わりました。

そのため上体も頭も右足方向に積極的にスウェイさせろと言われました。

従ってダウンではスウェイした分、バンプしてスウェイし治して

元の位置に戻さないといけない。

ここでバンプしない人はド引っ掛けになります。

明治の大砲ですよね。

要するに、右スウェイする人はバンプが必要。

テークバックでスウェイしない人はそもそもバンプは要りません。

テクバック初動から、左尻固定意識、左尻でダウンスイングをリードする

意識で腰を左右に振らなくて済むし、

やっと左足ベタ足が可能になるのです。


次回はダウンです!!



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

股関節を割る=股割り の方法と驚異的効果

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

いやーお待たせしました

やっとビデオアップしましたよ

超短くて、ド簡単ですが(笑

腹は関係ないから見なくていいですからね。



短いと気楽ですわ。

テークバック と ダウン も既に撮りましたので、

適当に編集してすぐアップしますね。

内容的に前回までのブログでの解説と

動画の最後の説明通りなのです。

股割り=股関節を割る とは、

1、股関節の外転
2、股関節の外旋
3、股関節の屈曲

の組み合わせの動きです。

まず、股関節の存在と動きをイメージして下さいね。

股関節を割る、勝手に上体が前傾します

要するに、股関節をちゃんと意識して割っていれば

前傾はかなり維持されるのです。


以下は次回の動画で解説しますが、

また、股関節を割るからこそ、

左ひざ、左脚リードダウンしても

右腰が前に出ない、右サイドが開かない
のです。


さらに、

股関節を割るからこそ、

右懐を広く維持でき、

インサイドから下りてくる右腕の通り道が維持できる。



両足ベタ足の重要性とはここにあるのです。

ベタ足は非常に奥が深いのですよ。

股間節を割っているからこそ、

両足ベタ足になるのです。


次回は

テークバック とダウンでの

股割り と 正拳突き です。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「前傾維持」と「股割り」=「股関節を割る」の深い関連性


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

前回までの説明でなんとなく分かったような気がして

「開眼した」 と思っている方も多いと思います、

がっ、

実はまだまだ序の口ですわ。

でも、これを電車や仕事中に夢中で読んでるあなたも

相当なゴルヲタの仲間入りだと自覚してOKですよー(爆



ゴルフでは「股割り」という言葉はたまに耳にしますが

もう少し専門的には「股関節を割る」と言います。

ここからは少し専門的に「股関節を割る」と言うことにしますね。

なぜ、ゴルフスイングで「股関節を割る」事が必要なのか

もちろん前回説明した要素も初歩的な理解として意味があるのですが、

実は本格的にもっと遥かに深いです。


難しいので今日は簡単にヒントだけ説明しておきますね。

結局皆さんは股関節での骨盤の前傾維持が重要なんですよね、

取り敢えず、手っ取り早く。


実は

股関節を割ると骨盤の構造上自然に前傾します。

それによって脊柱軸も勝手に前傾します。

それが人体の自然な動きなのです。



股関節を割る1


逆に言うと、

股関節を割らないと前傾は自然に起きるものなのです。

前傾維持で何年も悩んでいるあなたは

股関節を割っていますか

という事です。


うれしいでしょ

これであなたの長年の悩みの解決の糸口は見えましたね



今まで高い授業料を払ったコーチがその点を

1度でも説明してくれたでしょうか

果たして彼らはそれを知っているのでしょうか

単に「股割り」しろ、と言われたところで、

根本的に理解できなければ本当に体得するは不可能ですよね、

アマには。


さらに、

インナーマッスルの機能も理解しないと

自分の体であっても短期間で使いこなすのは不可能です。

下図の股関節で超重要かつ非常に強力なインナーマッスル

である腸腰筋をちゃんと使いましょうね・・・・・

腸腰筋2


って急に言われたって、どこかも自覚すらできないでしょ


いやー

動画で説明したいのはやまやまなのですが、

自分で自分を撮るってマジで超面倒で

貧乏暇なしでなかなか出来ないので

暫く頑張って言葉で想像力を働かせてください


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

安定した土台=尻が前後に動かない秘訣は「 股割り 」です

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


秘密は「 股割り 」ですよ。

テークバックもダウンも 重要なのは「股割り」です。


「がに股」も同じです。

完全な「べた足」は結構股関節の可動域が必要ですが、

程度の差こそあれ「股割り」は誰でもできます。


秘訣となるイメージは、

テークバックで初動から左足つま先から左尻まで、

要するに左脚全体が最初から飛球方向に向かうのです。

それ位の意識じゃないと「股割り」にはなりません。

そもそも「股割り」って左右行き別れでしょ

左脚以外が全部テークバックで飛球後方に向かいます。

そこで「股裂き」が起きます。

結局これが「捻転」、「自然落下」の肝ですね。

要するに、

左脚による切り返しは、

スイングの最初から=テークバック初動から

既に徐々に始まっていると考えてもいいと思います。


これが左べた足の秘訣であり、

そもそも左脚、左ひざリードとはこういうことです。



また、

「土台となる腰を安定させる」とはどういうことでしょうか

これも結局「股割り」ですよね。

テークバックで左尻を前に出さない事、

ダウンで右尻を前に出さない事、


でしょこれこそが土台である腰の安定です。


そのためには、腰の外周を回転させるのではなく

尻を前後させず、股割り状態のまま

球状の股関節部分で、

上から股関節を捩じり込むように

腰を回転させるイメージ


が必要なのです。

大腿骨頭


で、最重要なのは

左脚リードにもかかわらず、

右腰が前に出ない、腰が粘る、

右踵がべた足で残る、右踵が粘るって事は

要するに、ぎりぎりまで「股割り」維持して

ダウンしてるからでしょ?

股割りしないと右サイドも一緒に

出ちゃいますよね


分かってしまえば単純でしょ


とは言っても、

テークバックとダウンでは左右の動きは結構異なりますので、

プラス正拳突きイメージがあればもっと分かりやすいですが。



丁度同じタイミングで松山プロが股関節を痛めました。

彼はそもそもトップで静止するので、力強い反面

切り返しの負荷が高いスイングです。

上の説明をイメージして頂くと分かりますよね。

トップからガツンと一気に股関節に負荷をかけてしまう

可能性があります。

私が思うに、恐らく負荷が高いゆえに痛めた股関節を

さらに間違ったストレッチで解消しようとした

可能性もあると思います。

下手なストレッチは逆にインナーマッスルを

固めてしまう危険があります。

でも、既にかなり回復しているようですね。

単に疲労が原因ならいいのですが。

彼は確実に日本ゴルフ界全体の希望の星ですからね。



人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

明らかに有利な クロスハンドグリップ

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

あっという間に3月ですね。

今年の冬も千葉は雪無しで終われそうですね。

雪かき用のスコップ買わなくて正解だったです(笑


さてさてさーて、

アンカリング禁止によって長尺ユーザーがどうなるのか

非常に興味があったのですが

代表格のアダム・スコットは全く影響を感じさせず絶好調ですね。

これを見て、私もいよいよ決断出来ました。


最近パットが調子良いので

上がりよければすべて良しで気分いいラウンドが出来つつありました。

実はこの勢いで今まで何年もチャレンジしたかった

クロスハンドグリップに本格的に変更しようと思います。


なぜかというと、

パッティング以上にショットに影響があるはず、と思うからなのです。

ショットもパットも低く長いヘッド軌道が理想です。

その為にはクロスハンドの方が間違いなく圧倒的に有利です。

とはいってもショットでクロスハンドは無理なのですが、

パッティングだけでも全ショットに間違いなく好影響が出る

と常々思っていたからなのです。



更に、実は今までパッティングで

左腕が右腕の進行を邪魔をしている感覚がありました。

それを解決するためにいろいろ試してきました。

しかし、納得いく解決方法が何年たっても見つかりませんでした。

5角形を振るって、やっぱり私には理解も実行も無理みたいですわ(笑

どうやっても左腕が邪魔で気に入りません。

クロスハンドなら何の問題もなく一発解決なのは分かっていたのですが、

結局、変える余裕も勇気もなかったのです。

今考えると全く愚かでしたね。

もっとずっと早くトライ出来たはずなのに、

自分でも分かっていたのに今まで挑戦できずに引っ張ってしまいました。



で、いざ変えてみると以外に簡単に変えれそうです。

もちろんある程度の工夫は要りますが、

左右のグリップをかなり詰めて少しずつ調整すれば意外に平気なものです。

実際しばらく変えてみて、

ショットに好影響を与えそうな雰囲気が多大にあります

今まですっと気持ち悪くて仕方なかった左腕も邪魔せずに

処理できます。

明らかにヘッドがすんなり出ていきます。

左腕が右腕の進路を邪魔してヘッドがアウトに出やすかった

以前に比べ、明らかに真っすぐな軌道で振れます。

当然アッパーになりませんし、右向いたままでも打てるので

ヘッドアップも各段に減ります。

明らかにショットにも好影響を与えると思います。

今のところ慣れるまでの時間以外のデメリットは一つも見つかりません。


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「腰の回転」の致命的勘違い4 テークバックで左尻はどう動かすべきか?

人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

まだまだあなたが気付いていないとんでもない爆弾が

あなたのスイングに沢山仕掛けられていますよ

でも、それに気が付けば修正は十分可能です

まだ道のりは長いですが、一つ一つ取り除いていきましょうね



テークバックで左脚べた足ができない人が異常に多いですよね。

これは本当に驚きなのですが昔からずーと変わらないですね。

まあ、プロでもヒールアップが結構多いので仕方ないのでしょうが。

私は大昔から左右両足ともにべた足信者ですが、

やっと最近韓国勢のおかげでべた足の優位性が真剣に見直されつつあります。

良いことですね。

こうなるとオーバースイングなんか最早語る余地もなく問題外ですね。


アマが左足のべた足ができない理由は、

単純に長年の癖で左踵を上げないと切り返しのきっかけを作れない

おじさんたち以外は、

単純に腰の右へのスウェイにより距離が足らなくなって

左踵が引っ張り上げられるからです。


これを殆どのアマは正しい体重移動だから仕方がないと

勘違いしているようですがとんでもない大間違いですねー。

それは純然たるスウェイです。


一度右にスウェイした腰はインパクトで必ず元へ戻さなければ

いけないので、ダウンでは右へスウェイした分以上に、

今度は左へバンプしないといけません。


ダウンでバンプすると激しく勢いありますからね、

確実に今度は左にドカンとスウェイしますよね。

凄い勢いですからね、絶対止まるわけないですよ。


更に、実は左スウェイ以上に重大な問題もあるのですが、

左足が浮くと捻転維持が非常に困難なので

かなりの確率でオーバースイングにもなるし、

そもそも自然落下も無理になるでしょうね、少なくとも私は無理です。

自然落下が理解できない人達の殆どは左踵を上げてる方々です。

上下にドタバタするわ、左右に行ったり来たりするわ、

見てるだけでも非常に忙しいわけですね。

これだと精度とかいう次元ではなく、一か八かのスイングですよね。

あっちこっちに打っても、悩む以前に当たり前だと思います。


かなり厳しいこと言いましたが、

実は即効で治す秘訣があるからなんです。

たった一か所だけ意識すればそれが簡単に治ってしまいます。

するとオーバースイングを矯正し、トップを簡単にコンパクトにできます。

いくらでも調整可能です。

信じられないかもしれませんが事実です。

これって恐らく殆どのアマは一生気が付かないんじゃないかな。

秘密はテークバック時の左尻にあります。

ここのところ股関節、尻シリーズなのでよく考えてみましょう。

結局これの原因も今まで同様に、

過度の体重移動の意識による馬鹿げた弊害なんですよね。

分かりますか

これも同じで分かってしまえば簡単なことなんですけどね。

とにかく下半身はバタバタしちゃダメですよ。

下半身リードって外見上目に見えるものではないです


答えは次回です


人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR