ゴルキチです 宜しく!!

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左掌根でグリップエンドを押してテコでコック維持



まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

カズさんから質問がありましたので書きました。
グリップでテコでコック維持です。
黄色○部分を掌根と言います。
武道でもこの部分は押すのに非常に適した部分です。
ここをグリップ内のテコで下の写真の様に使います。
この左片手テコは相当使いますよ。
かなり掌根で押してます。

またトップからのダウン時も掌根から落とします。
ここから落とし易いのです。

もう一つのテコは右手ですね。
左手が下で右手が上ならコックは維持できます。
要するに左肩を上げない、右肩を下げない
という事です。

あと注意点ですが、
・ 掌根を飛球後方に押しながら、できるだけ下に下げる。
・ 右肩を下げない。
・ 死んでも両親指でシャフトを押さない事
・ 腕の上の筋肉で押さないで、下の筋肉で引く
・ 右腕は、右脇かなり締めて、右肘真下向きに曲げて、
  右肘先行、腹を擦りながらダウン

掌根でテコ

レッスンは無責任にストロングで上から押さえて
グリップゆるゆるとか適当なこと言いますが、
たかがグリップでさえ相当テコを考えてないと
コック維持は無理ですよ

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

腕の下側の筋肉でグリップする 死んでも親指でシャフトを押さない


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

カズ さん、こんにちは!!
どうもありがとうございます!!

>いつも明快な理論で目が覚める思いです。
トップからのヘッドの自然落下について質問です。
ヘッドは意識せずにグリップを振るわけですが、もしグリップ圧が強い場合は「ヘッドが自然落下にならない」ということにもなるのでしょうか? 自分はできる限り緩く握ってりますが、昨今のティーチングプロ達の間ではしっかり握るというのが定説化しているようです。中には左手は緩く、右手はしっかり握るだとかいうのが出てきて驚いています。
ヘッドの自然落下とグリップ圧との関係についてお願いします

結論は、グリップの下側を支える様にしっかり絡めます。
なぜなら、コックを縦に入れて、腕を縦に振って、
両手の甲を立てて、シャフトを立て、
クラブを左肩の前に維持して横回転する。
これでグリップがゆるかったら無理でしょ
多少でもシャフトが左右にグラグラ寝るでしょ。

問題なのはグリップ圧ではなくて、
腕の上側の筋肉を使って硬直させることと、
最悪の親指でシャフトを押す動作です


カズさんの質問とは関係ないのですが、
丁度良かったので先に書いておきますね。
私はスクエアグリップ派です。
グリップによってスイングが大きく異なる部分は多々あります。
恐らくレッスンで教わる初心者の大多数はスライス対策のため手っ取り早く効果があるストロンググリップを強制されます。
ストロンググリップは手首をロックさせるので中級以上になるとむしろ手首の柔軟性の点で様々支障が出ます。
特に左手で上から押し付ける形になりやすいので
理解が足りないと弊害が大きいです。
従って、私が解説するスイングがストロンググリップ
ではできない可能性も多々あるので、注意してくださいね!!

で、回答ですが問題はグリップ圧ではなく、使う筋肉なのです。
小指を握ると、前腕、上腕両方に小指側、下側の筋肉を使います。
小指を締めることで、腕が伸び、腕全体をスムーズに動かせるようになります。
腕を振る動作をより速く、より楽に行うことができます。
脇に繋がっているので脇を締めるのにも使います。

例えば、ランニングで掌をパーにするより、
小指を軽く締めた方が楽に腕を振り易いですよね。

反対に、人差し指と親指を握ると、腕の上側、親指と人差し指側の筋肉を使います。
腕を曲げて、強い力を使える筋肉です。
この筋肉は肩に繋がっていますから、肩から大胸筋まで思いっ切り強力に使えます。
この筋肉を使って腕を振ると、当然力が入って腕が硬直し動きがギクシャクします。
例えばピッチャーなら直ぐに肩や肘をぶっ壊します(笑


やってみれば皆さんも直ぐに分かるでしょ?
グリップのレッスンは様々あります。
しかし、以上を理解すれば自分なりに考えて自分のスイング、
レベルに合ったグリップを取捨選択できると思います。

私はグリップの下側しっかり派です。
親指しっかりはトップでシャフトを支える時だけです。
私は腕の下の筋肉を使って、シャフトを立てながら
下から小指から3本で支える様にグリップに指をしっかり絡めます。
握るというより隙間なく絡めます。
絡めてスイング中にグリップがズレない様に隙間を無くします。
シャフトを立てながらグリップするとライ角、コックを維持し易くなります。

親指はかなり緩く隙間なくです。
しっかり握ると上の筋肉を使ってしまいますから。
ただし、トップでヘッドが垂れない様にシャフトをしっかり支えるます。
それ以外親指と特に用は無いです。
右人差し指はコック維持のためにテコで下から支えるために使います。

トップでシャフトを支える以外スイング中
最悪なのは親指でシャフトを押す行為
ですね。
多くのアマはフリップと同時に親指でシャフトを下に押さえつけます。
さらにストロンググリップだと上から押さえつけ易い。
押さえつけるからグリップが浮いて、体が浮いて、伸び上がって、
腰が前に出て、フェースは開く。

ですから、
インパクトでのコック維持とヘッドの自然落下は
小指側をしっかり絡めて小指側=グリップエンドを下に引けはOKです。
ヘッドは勝手に遠心力で自然落下してきます。
シャフトを立てる意味は出来るだけギリギリまで
ヘッドを高く維持して位置エネルギーを維持したいという事なんです。
ヘッドが落下するエネルギーをインパクト前まで維持したいという事なんです。

疑問があったら何でもコメントくださいね

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

ハンドファーストと コック維持の関係 スインガー目線ビデオ


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

V字縦コックのダフリ対策ビデオです。
どうそ。

pawa-



インパクトはアドレスの再現ではありません。
コックが維持された分だけハンドファーストになります。
要するにハンドファーストとはコック維持の結果。

よく言われる「球に合わせる」、「球を打ちに行く」とは
ヘッドを球に上手く当てようとして無意識に右手で操作して
コックをアーリーリリース、ハンドレイトになる動きを指します。
「しゃくる、こねる」とも言います。

ハンドファーストだと手が先行してヘッドを引きずる、
引っ張る動きになります。
バンスを滑らせて使えて抜け易いです。

長いダウンブローによりインパクトが長いゾーンになるので、
おおざっぱに球の右肩から赤道辺りに当たればOK!!

ハンドレイト、ヘッド先行だと突き刺さったら最後抜けません。
ハンドレイトってそもそも最もリスキーで高度なロブショットです(笑
最下点が球の真下一点狙い、インパクト後は即アッパー軌道
になるのでゾーンではなく点です!!
最下点が球にピッタリ合わないと手前なら大ダフリ、
先ならトップになります。
毎回超高難度ショットです。

だから余計に球に当てに行く悪循環ですね。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

自然落下は2種類ある スイングプレーンのおさらい、出前持ちの必然性 


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

ノンスケ さん、毎度です!!
鋭い指摘ですね!!有難うございます。
せかっく丁度いい質問なので全部おさらいしましょうね。

>ゴルキチさん、V字縦コックの解説、分かりやすいです。
そこで、いろんな人のスイングの解説を読んで得た知識とゴルキチさんの解説を整理統合したくなりまして質問なのですが
「スイングプレーンはトップで出前持ちスタイルになった時のプレーンとインパクトを迎えるためのビジネスゾーンのプレーンとでは前腕の長さ分だけ出前持ちスタイル時のプレーンが上に上がっているので、ダウンスイング時にまず、イメージとして真下に前腕の長さ分グリップを自然落下させインパクトのプレーンに乗せてから振ると理解し、ゴルキチさんの自然落下とも合致すると納得していたのですが、そのスイングと一連のV字縦コックのスイングがうまく合致しないのですが、同じスイングになりますか。V字と自然落下、自然落下の方は自然落下させた後、シャローなスイング、フリスビー投げるようなイメージになるのですが、間違いでしょうか。
 
へー

テークバックは
体の横回転+コック+腕のリフトアップ
によります。
分解して説明しますね。
プレーンの目安は球とアドレス時の右肘を結ぶプレーンです。
黄色の線です。
この写真大昔から何回使ってるでしょうか(笑
AS アドレス

アドレスの右肘を体側に密着したまま支点にして
右肩方向へのコックだけでクラブを上げると正しい
スイングプレーンになります。
これはダウンの写真ですけどね。
AS6.jpg

ここから右肘を右上腕水平まで腕をリフトアップすると
正しいトップになります。
しかし、右肘を水平までリフトアップした分、
この写真だと丁度右前腕の長さ分プレーンより上に上がります。
AS0 シャフトライン

リフトアップ分右肘を真下に体側まで落とすと
シャフトがオンプレーンに戻ります。
AS6.jpg

ね、美しいですね、ほれぼれします。
AS10.jpg

で、V字縦コックスイングは今までのスイングと何も変わりはしません。
ただ単に体の横回転を排除してコックと腕を振る方向を分かり易く説明したに過ぎません。
従って、自然落下も全く同じ事です。

出前持ちの理屈は
トップでは右腕の長さが余ります。かつ左手首を真っすぐに維持すると、出前持ちにならざるを得ないのです。
その検証は、縦の動きを排除した体の横回転のみによる水平素振りが最も分かり易いのです。

グリップエンドのみ右脚前に即座に下げ切るので、仰る通りシャローになります。
左手小指側を真下に落とします。
多くの方がこれによりダフると言いますが、
落とすのはグリップエンドです。
ヘッドではないです!!

ヘッドは全く逆に上に残ります、
ヘッドは無視で、振りません。

殆どのアマはヘッドを球に当てよう必死なのでグリップではなくヘッドを先に落としてしまいます。
従って落とせと言うと余計にダフるという事になります。
何度でも言いますが
縦に落とすのはグリップエンドです。
ヘッドではありません。
ヘッドを球に向けて当てに行ったら
一生死ぬまでダフり続けますよ。


それを球を打ちに行く、球に当てに行く、と言います。

グリップエンドだけ落とせば逆にヘッドはテコで上に残ります。
そのままインパクトゾーンも振り切るので
ヘッドは上にあるまま振り切るのです。
ヘッドを下す作業、球に合わせる作業はしません。
従ってグリップエンドを下げない打ち方よりも
遥かにダフリにくい筈なのです。

しかし、ダフるという方は球に合わせてヘッドを右手首で下げています。
それは無意識ですから、本人は必ず打ちに行っていないと言います。
しかし、ダフるという事はそうなのです。
恐らくアマの95%はそうしてます。
ヘッドを球に当てに行っています。
それは仕方がないことだと思います。
しかし、騙されたと思ってヘッドを振らなけらば、リリースしなければ分かります。
ヘッドを下ろさなくても遠心力で嫌でも勝手に落ちます。
地面を空振りしろと恐らく100回は書いていますが、球に向けてヘッドを振ったらコックが解けるので100%確実にダフリます。
ちゃんと前傾維持していたら、ゴリラ並みのパワーでもダフります。
なぜなら手首がベロンと伸びるのだから考える余地無しです。
もしそれでもダフらずに打てるのならフォームがおかしいだけです。
起き上がって、伸び上がって、グリップを浮かせるからです。
ダフリたくなければヘッドを振らない。
横回転は体の役目なのでヘッドを振らないで体をしっかり回す。
インパクトまでコックを維持するとはそういうことです。


自然落下は2種類あると思います。
1つ目は、ダウン始動は勝手に自然落下する。
なぜなら、切り返し作業はテークバック始動から既に始まっている。
ヘッドが慣性により上昇が止まる限界点がトップであり、
限界に達したら直ちに落下に転ずるという事。
従って、切り返し開始とダウン開始が一致している殆どのアマには
永久に分からないのです。

2つ目は、ヘッドは自然落下にまかせるということ。
私はこの方が重要だと思います。
振るのはグリップでヘッドではありません。
ヘッドを加速しようとイメージした瞬間に
コックが解け、飛球方向にフリップします。
ヒンジホールドは全くその対極で体に対して絶対にヘッドを
横に走らせないために注意します。
しかし、ここで絶対に勘違いしてはならないことは
体の回転によりヘッドは横に高速で走ります。
但し、回転と言っても角速度の問題ですから
回転角で要ったらほんの僅かですよ。
腰を思いっ切り回転とは全く違います。
インパクトゾーンでの一瞬の反転だけです。

最後にフリスビーを投げるイメージですが
手首のスナップは絶対厳禁ですから、
ちょっと違います。

反転についてはなぜ回転ではなく反転なのか
どうしたら反転を体感できるのか
その秘密についていよいよ公開します。
その秘密は大昔から言っている
スイングで最も大事な右足踵にあるのですが・・・。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フェースは開きも閉じもしない。スイング中ずっとスクエアのまま。


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

よく言われるのがテークバックでフェースを開くだの閉じるだの、
ダウンではあーだこーだ四の五の語るレッスンがありますが、
それこそ思いっ切り手での操作で再現性ゼロですよね。
何も考える必要は無いです。
フェースは開きも閉じもしません。
V字縦コックでスイング中ずっと両手の甲は立てたままなので
フェースはスクエアのままです。

しかし、トップでは出前持ちで左手甲が上を向きます。
一見矛盾してますよね。
しかし、全然矛盾なんかしていないんです。
それがゴルフなんです。
なぜなら振ってる本人の意識はスクエアのままなのだから。
骨格構造上無理やり出前持ちにさせられています。

いいですか、皆さんは、
外見上の動作の結果を分析したいのですか
それとも、スインガーの意図を知りたいのでしょうか
どちらでしょうか?
当然スインガーの見えない意思ですよね。
それは外見からは絶対に見えないのです。

スイングプレーンのトップとフィニッシュで
出前持ちになる理屈の最も簡単な検証方法は
縦の動きを排除した肩の高さで水平素振りです。
例えばトップでは右手の長さが余るので、
左手の甲の角度を真っすぐに維持するためには
右手は出前持ちになります。
やってみれば直ぐに分かります。
必死に両手の甲を立て様としても体の両サイド以降は
出前持ちになってしまいます。

ここからがゴルフの難しい所です。
外見上明らかにトップ到達前にフェースが開いている。
従って、当然ここからフェースを開くのが正解なんだ!!
という見方が大勢ですよね。
しかし、それは大間違いです。
無理やり、仕方なく開かされているのだから、
スインガーは開く意識など毛頭無いのです。


大事な話がある


いいですか、
一度開いたものは閉じなければいけない。
しかし開いてなければ閉じる必要は無い

のです。
意図的に開いたものと、
無理やり開かされたものでは
開き方も、開くタイミングも、もちろんですが
戻り方に大きな差があるはずですよね。
筋肉の記憶が確実に違います。
開いたり閉じたり必要無いです。


いいですね

プレーン維持がきちんと自然にできるのが大前提ですが、
トップもフィニッシュも意識はスクエアです。
自然に出前持ちにさせられる事など無視でいいのです。

ですからスイング中フェースはず―――っと、スクエアです。
従って、当然インパクトもスクエアになります。
でも前倒しで勝手に球は十分につかまります。
戻すとか、戻らないとか関係ないですよね。
一度クラブを寝せたら戻しても必ずまた反対側に寝ますよ。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

最悪の「左肘の引け」の原因は腕の横振り=フリップ(右手首のスナップ)ですよ


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

匿名さん、5年ですか、コメントありがとうございます!!
これからは気楽に何でもコメントしてくださいね。
この文章は確かに開眼してますね
ゴルフは50からですよ、これからですよ。

おめでとう


> ゴルキチ様とはかれこれ5年のお付き合いになります(勝手に)。初コメントさせていただきます。
> ケサ切り・スイカ割りなど非常に良いヒントを出してもらっているにも拘らず、消化しきれずに挫折の連続でした。
> 「・・・ゴルフは縦振り」の記事を拝読し、試しに昨夜仕事帰りに打って来ました。始めはダフリ・スライスのオンパレードでしたが、左が下、右が上、両肘下向き左手を胸の前でゴロゴロさせる、前倒しで真芯くいました!その後も連続です。「ひょっとしてこれ?」と思いFWに持ち替える。いつもならここで夢から覚めるところ、昨夜は真芯くっちゃいました!

という事は「前倒し」イメージが開眼の最後のキーだったんでしょうね。

> 腰?回ります。上半身?反転します!

そうなんです、反転のイメージが正解です。
明らかに回転じゃないですよね。
鋭く反転させられるまで右向いてますから。
瞬時の反転です。

> 今までは、アドレスの時点でシャフトが寝ていたことに気付きました。目からウロコどころか魚が飛び出たくらい感謝しております。

「インパクト」で寝ていたの間違いでしょうか?
気が付かれて良かったですね。
スイングプレーンはフラットでも、腕、手首、コックは縦だけに振ります。
グリップを縦に振るという事ですよね。
だからシャフトが必ず立ちます。
プレーンがアップライトとは全く関係ないです。

>ただ、前倒しを意識し過ぎるとヒッカケますが・・・

そうなんです。
ダウンブローで前倒しがしっかり出来る様になったら、
これからはハンドファースト、ヒンジジングホールドで
フック対策ですね。
一歩というか100歩くらい前進なんですよ

> そこで質問ですが、インパクト少し前から、左肩は斜め後方に向かい、仮面ライダーの変身の時のポーズ?になるのでしょうか?文章で表現は難しいですね。何とか補助輪無しで自転車に乗れそうです。お時間おありの時で結構なのでよろしくお願いします。悩める五十過ぎのおじさんゴルファー

ここを変えればOKですよ。
左手を胸の前でゴロゴロさせる、
これってV字範囲での横への移動という事ですよね。
では横に一切移動させないで固定して打つとどうなるでしょうか?

リーディングエッヂ、シャフト、グリップ、前腕、肘、上腕、左肩
が作る平面を両肩のラインと直角で左肩の正面に固定
でスイングします。
全てがその固定された平面内で上下に移動するだけです。
体に対して全てが一切横に移動しないという事です。
体に対してヘッドは縦に上下にだけ移動するのです。
それが、究極の縦コックスイングです。

アドレス、トップ、インパクト、フォロー、左上腕水平まで
ず――――っと、全部左肩正面です。
ヘッドを肩の前に維持するというよりも、
左肩全面をクラブに向け続けます。
それでも前倒しで勝手にローテーションするので球はつかまります。
クラブは縦に十分加速するので問題ありません。
そこまでフェースを管理しないとラインが出ません。
慣れれば体の回転が速くなりスイングがスムーズになり
ヘッドスピードは間違いなくアップします。

もしも、インパクト以降フォローで左肘が引けていたら問題です。
左肘で全て分かります。
左肘の引け=フリップ、ですから。
フリップ(右手のスナップ)こそが典型的横振りですから。

フリップの真逆がヒンジングですね。
ヒンジングを維持することをヒンジジング&ホールドとか
ヒンジ&ホールド、または簡単にヒンジホールド言いますが、
右手首を逆に曲げたまま維持します。
絶対にヘッドを横に走らせない、体の左側に行かせない
すなわヘッドを飛球線上に長く走らせる右手首の使い方です。
ライン出しやスティンガーショットでサムダウンとヒンジホールド
をセットで意識します。

ですからインパクトゾーンでも
もちろん左肩真正面でサムダウン、ヒンジホールドですね。
低く長くならばダウンブローで頭は下がります。

従って左肩をどう動かすというより、左肩はスウェイ無しで
ずっとヘッドを正面に見ています。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

フェース、トゥーの前倒しはダウンブロー、ハンドファーストが必須


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

V字縦振りをなんとなく理解してきたところで
更にダウンブローとハンドファーストを
一気に徹底しましょうね。

自然のローテーションはまさにトゥーの前倒しであり、
ダウンブローが必須です。
さらにハンドファーストじゃないとダウンブローはできません。

ダフリ、トップ、スライス、チーピン、飛ばない諸悪の根源は、
ほぼハンドレイト、アッパー軌道と左スウェイですからね。

とっとと治しちゃいましょうね。
いいですね



殆どのアマはインパクトゾーンでアッパー軌道です。
前倒しを利用できないので自然にローテーションしません。
従って、手首をコネるしかない。

それを知らず、根本的に治さずに「正しい手首のコネ方」を
必死に模索しながら山ほど球を打って下手を固めている訳です。

ハンドレイトだとアッパーブローになります。
ハンドレイトの原因はヘッドを横方向に加速させるために、
もしくは、スライスを恐れて振り遅れを解消させるために
フリップ(スナップ)でヘッドを加速させようとするからです。

絵にかいたような悪循環です。

おつかれ


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

改造さん、完璧ですわ!!


まずは
ここポチ、ポチ、ランキング応援おねがい

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

さすが、改造さん
素晴らしい模範解答ですね
Good.jpg

>今度は縦振りを開眼しました。意識が足りませんでした。
 ヘッドはプレーン上だから体の前後に動くのであり、グリップはプレーンを貫通するように上から下ですよね。そう思うと、全くグリップの動きは違いますよね。
>おっしゃるようにスイカ割りですねー。方向は右脚でゴールは左股関節の意識でやってます。スイカ割りは確かにドラだと下手すると大ダフりですが、私の場合、腕とシャフトで作るL字の面を保ったままグリップエンドから飛球線方向へ顔の前を通過する意識です。これだと完璧に振り遅れの感がありますが、以下を意識すれば嫌でもローテイトし玉を捕まえます。
1.左脇を締めて右肘は体幹に密着。左腕よりも更に右腕が体幹に終始密着する意識。
2.右よりも左グリップが下・・さんざんゴルキチさんが記していましたね。実際は微妙な違いなんで気づくのがムズいかもしれないですが、これがないとはっきり言って駄目ですねーー。他を何やっても無駄であり、逆に言うと、理解すると一気にいろいろ解決ですねー。これもできていたつもりでしたが足りませんでした。私はこれに左ゲンコツを地面に向ける意識も入れています。
>測ってませんがHSは確実に上がっています。HWDから一気にフィニッシュまでピュッって感じのスイングになっています。ただ、骨盤の前傾が起きちゃうのと、右手首曲がったままの意識が過剰すぎるので・・あっちよければこっちが駄目って感じでムズいですね・・w 長々とすみません。

限界


>グリップはプレーンを貫通するように上から下

そう、グリップ軌道はスイングプレーンとは全く違いますよね。


>方向は右脚でゴールは左股関節の意識

グリップを早く下しきる事、それとグリップエンドは常に体方向で、
右脚方向は通過点で、細かくは個人により変えて下さい。


>腕とシャフトで作るL字の面を保ったまま

そう!!この面を意識して欲しいです。
クラブはずっと左肩の正面の意識でも良いと思います。


>右よりも左グリップが下

これがシャフトを立てる、甲を立てる、ですね。
で、クラブを身体の正面に維持できるのです。
両脇締めて肘も常に下向きですね。


左ゲンコツを地面に向ける意識
ナーイス

これマジでナイスですね
正拳突きのインパクト面を下に向けるって事ですよね。
サムダウンの左手バージョンですね!!
この方が右手の意識が消えるから確かに良いですね。
これ今後私も真似させていただきますね
ありがとうございます


>右手首曲がったままの意識が過剰すぎる

でも必要ですよ。しばらく頑張ってみて下さい。
より左リードを強めて左グリップを飛球線上で
速度を上げてみたらどうですか?
右手の嫌な意識を少なくできると思います。
誤解を招くので言い難いアドバイスですが、
改造さんなら分かると思います。
左手首を絶対甲側に曲げないように低く長く出します。
左げんこつ下向きで良いじゃないですか。
もっとスムーズにヘッドスピードが上がります。
さらにHalfway into the follow から左肩正面で
クラブが垂直に立ち上がっていきます。
右手首のヒンジング維持は重要ですよね。

ここは非常に重要な部分ですね。


>骨盤の前傾が起きちゃうのと、

インパクトゾーンを低く長く出してください。左にスウェイしないで。
インパクト後に、前傾深め頭下げないと低く長くできないです。
すると、前傾起きちゃうとかいう次元ではないです。
上体を股関節から正面に上から下に折ることでクラブを上から下に
加速して振って下さい。もちろんライ角維持で。
起きるどころか逆に深くなりますよね。

やってみよー


おやすみ


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

推敲しました 縦振り、シャフトを立てる、アップライト、全部全く別の意味ですよ!!



ヤリッィ!!、1位復活

ありがとう猫娘


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


be さん、ご無沙汰ですね!!

>何時も拝見させて頂いています。
>縦振り、はっきり見えます!!
私はまだ不完全ですが、出来てきた感じです。

そうですよね!!
見えますよね!!
コメントありがとうございます、反応があって良かったです!!


さてさてさーて、

「グリップ」を落とす方向、「グリップエンドの向き」の問題、
手の甲の向き、それらの人によるイメージの差、
また、それによるスイングのスムーズさの問題等々、解決するためにも
ちょっと、ここで言葉の定義をもう一度はっきり
させた方ががいいですね。

縦振り、シャフトを立てる、アップライト
全部意味が全く違います。


「縦振り」は体の回転を除いた「腕だけの動き」です。
そして「立てる」のは結局は両手の甲と考えればOKです。
アップライト、フラットはもちろん打ち方の差もありますが
主にシャフトの長さに起因するプレーンの傾きの問題です。
よーく理解しとかないと混同します。
困ったことにトッププロ、トッププロコーチでも
この3つの解釈、判断する場所が大きく異なります
私は自信を持って定義しますので、読んでください。

まず「縦振り」と「アップライト」は全く別物です。
激しく混同ている読者がテンコ盛りいらっしゃると思いますが、
全然違います。

ショートアイアンのアップライト軌道だろうが、
長尺ドライバーのフラット軌道だろうが
関係ありません。
両方腕は「縦振り」です。

なぜか
縦とは結局コックの方向であり
ヘッド軌道ではなくグリップ軌道
を指します。
それが大きくなって腕単体の振りになります。
手振りとは全然違いますよ。
コックは右肩方向に入れ、左脚前で解きます。
従って腕はどうやっても「縦」なのです。
これに体の横回転が加わってゴルフスイングになります。
体の回転は「振る」と言うべきものではないです。
縦じゃなくて横だと言い張る人は、コックとアンコックを横にする
という事になりますが、あり得ないですね。
殆どのアマは意識することなく縦より横意識で横にコックしています。
従って、縦=コック、アンコックの方向と考えていいです。

アップライト、フラットはシャフトの長さによって変わります。
もちろん個人差があるので、
個人差を排除して一人のスインガーだけで考えると
クラブの長さの問題ですよね。
従ってそれはここでの定義の「縦振り」とは全く関係ないことです。
従って、シャフトが長いとダフるというのはコックの方向とは
全く別問題でアンコックのタイミング等の問題です。

 次に「縦振り」とシャフトを「立てる」ですが、
これも有名コーチや評論家でさえ勘違いしていて非常に驚きます!!
「縦と立てるを混同して使ってる人がよくいる」とか言ってますが、
勘違いはそう言ってる本人です。
縦はコックと腕の動きの方向で、
シャフトを「立てる」は手の甲を立てる事
と言えます。
そうすればビジネスゾーンでも
シャフトが下向きでも手の甲が立っていれば
シャフトが下向きに立っています

それが最も分かり易く都合が良いのです。
なぜならシャフトが体の前方向に倒れるのは
ただのリリース、アンコックの動作で、
横に倒れるのはそもそも手の甲が左右どちらかに倒れることに起因します。
それが最も良い基準です。
そもそもシャフトを立てたい理由はクラブを体の正面から
ずらしたくないからなのです。
それは結局、
・ 振り遅れを防ぎたいから、
・ クラブを十分コントロールしたいから、
・ 左右に倒してローテーションを多用したくないから、
・ 最短距離で遠回りさせたくないから
・ シャフトを捩じって暴れさせたくないから、
・ スムーズにヘッドスピードを上げたいから
等々の理由からです。

実際問題、「立てる」は諸説複雑過ぎますので、
手の甲で判断すれば十分です。
なぜか有名人でも「立てる」とは「ローテーションする事」
とかいう人がいますが、それは100%間違った解釈です。
なぜなら、寝ているものを立てれば当然ローテーションします。
しかし、終始立てて使えば確実にローテーションは減ります。
従って、「ローテーションすること」という人はその前提として
寝て下してきているという事です。変ですよね。
終始立てろと言っているのですから。
しかも、手首を返してでローテーションすることを認めている
という事にもなります。みなさん注意してくださいね。

単に「シャフトが垂直近くに上に立っている」様子をイメージする
と思いますが、それだとヘッドがいつまでも下りてきませんよね。
ヘッドがインパクトに向けて徐々に体の正面でグリップエンドが
体の中心向きでリリースされて下りても立てて使っているのです。
それは手の甲が立っているからです。

シャフトが早いタイミングで前に倒れる、寝るのがアーリーリリース。
シャフトが左右横に倒れる、寝るのは手の甲が倒れる、寝る、
どちらかの甲が上を向くでしょ?

だから、シャフトを立てるという事は
体の正面方向にはコック維持ということで、
横方向には手の甲を立てるという事です。

しかし、ここで考えて頂くと分かりますが、
V字コック、アンコックの縦振りなら
必然的に手の甲も立ち続ける
という事なのです。
全く違う意味なのですが、同じ結果になるのです。
一粒で2度非常においしいのです。

イメージとして、スイング中ずっとリーディングエッジが真っ直ぐで、
シャフトも腕も左肩の前にある、という意識で
スイングしたら再現性は抜群に高くなります。
ずっと完全にコントロール下にあるのですから。
一見ローテーション無しのようですが十分以上に前倒しもします。
ヘッドスピードもむしろ上がります。

これではヘッドスピードが上がらないじゃないのか
と思う人は全て横に振っているからです。
なぜならコックは縦なのでヘッドが体に対して横に移動しなくても
縦に移動するので全く問題なく加速するはずですよね。
むしろ横への移動より縦の移動の方が重力を完全に利用できるので
遥かにヘッドスピードは上がるのです。
例えば「居合斬り」は斜め縦に重力を利用して振り下ろして切りますよね。
体の構造上も縦に振り下ろすのが最もパワーを加えられます。
高速で横回転なんて不可能な構造なのです、でしょ


それでギリギリまでコック維持、ハンドファーストなら
体の前でシャフト立ちっぱなし、という事です。
垂直じゃないですよ、V字ですよ。
これなら振り遅れも左肘引けもあり得ないです。
左肘が引けて曲がるという現象は
フォローでシャフトが左に寝てる、右手甲が上を向いている、
ヘッドが体の正面から大きく左へズレるという事ですよね。
この原因はダウンで寝てるという事なんです。
さらに寝ると必ず手首をコネます。
コネないとインパクトしてフォロー行けないから。
コネなければローテーション無しでドスライスです。

従って、諸悪の根源は何か
と突き詰めると非常に高い確率で
シャフトが寝てダウンしてるから

とはっきり言えます。
だからプロはよくシャフト立てろって言うのです。
でも面倒だから絶対にそれ以上細かく説明しませんね。
とんでもなく面倒だから。
だって、ここに書いていること全部説明して理解させないと
いけないでしょ。

殆どのアマがそうですが、
シャフトが寝てダウンしてるという事は、
フェースが開いて、トゥーが後ろ倒れで、
左手甲が上を向いて、脇が開いて、
右腕力んでアーリーリリースでダウンしてるよー

て、言う事なんです。
でインパクトでコネる、ダウンでまた必ず寝る、左ひじ引ける、
ドローじゃなくてダダのフックか引っ掛け、という事です。
ダウンで寝てると、フォローも必ず寝ますからね。
予言者じゃなくてそうなるものなのです。

3時なので寝ます。

おつかれー



YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

推敲しました 「頭下げ」と「膝伸ばし」の不可欠な関係


まずは

>ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

匿名さん、はじめまして、コメント有難うございます!!

> 左右股関節の動きで体重移動がなされる動画がありますけれども、左脚を後方に踏み込みというのは飛球線にたいして斜め左後方という解釈でよろしいのでしょうか?飛球線に沿って右から左はまずいわけですよね?

右向いたまま打ちますから、斜め右前向いてお辞儀すると
仰る通り左尻が少し左斜め後方に付き出ます。
結局、右股関節が飛球線と平行に飛球方向に出る道を
開ける様に左骨盤を背後に引くのですが、
同時に左腰が背後に回転しながら切れ上がり、
左ひざも伸びていくので左尻は更に左背後に引けます。

従って、前傾を深めながら左脚踵に踏み込んでクラブを引き下ろした
結果が左方向へのバンプの様にも見えますが、
腰を横にスライドさせるバンプとは違います。

> 左脚を後方に踏み込む前は左膝は右膝よりも低い位置にあります。その時に出来た左ひざの角度を変えずに後方に踏み込むと自ずと左脚は伸びる、または伸ばすのでしょうか? マキロイや松山などPGAプロたちは踏み込んで伸ばす動きをしていますがこの辺の解説をより詳しくお願いしたいです。
> 左脚を伸ばすというのはインパクトでトップするのではないかという疑問が払拭できないです。左脚を「伸ばす」というのはどういう根拠があるのでしょうか? わかりたいです。

膝を意図的に伸ばすのではありませんし、
伸ばしすぎも良くないです。左ひざの負荷が大きいですから。
腕を縦に振り下ろし、上体も前傾を深めることで、
真下に強い力が加わります。
その反動でバランスをとるために
自然に両脚を真下に踏ん張るように蹴り両脚が伸び、
下半身が伸び上がる様に動きます。
これは自然発生的な動きでもあります。

その上下からの動きによりスイングは更に効果的に加速します。
縦に振り下ろすから、逆に真上に蹴り上がるのです。
横に振る人が、脚を伸ばしても全く逆効果ですので
左膝伸ばしのアドバイスは非常に危険なのです
恐らく90%以上のアマは横振りですから、
90%は逆効果という事になります。
だからなかなか無責任に書けないことが多いです。

伸びた脚と、深くなった前傾で高さが相殺され、
結局、頭の高さは外見上不動になります。
クラブの軌道の高さも相殺されて変わらないという事です。
ですから前傾だけ深めたらもちろんダフリますね。
ただ、フォローは左腰は背後に回転しますし、
左腰の回転により左骨盤が切れ上がるの
でいずれにせよ左脚は必然的に伸びていきますが。

良い例が、ミッシェルウィーの様に極端に両脚を蹴り上げて
伸ばすプロはその分、極端に頭を下げますよね。
それによって高さを調整しています。

しかし、殆どのアマは前傾を深くするどころか、逆に伸び上がるので
頭下げも、膝伸ばしも両方無理という事になります。
理由は縦に振れないからですね。
横に振れば必ず体全てが浮きますから。
だから、プロの様に飛ぶ訳がないのです。

ただ単にタイガーの真似をして両ひざを伸ばしたら
ゴルフにならなくなりますし、膝を壊します。

また、左脚が伸びて蹴り上がると左壁が強固になります。
さらに両腿を締めると更に下半身が強固になり、
上半身の回転が加速するのが分かるはずです。
スイングの土台が安定するので上体のフィニッシュも安定します。
それによって更にスイングの再現性が高まるという相乗効果です。

スイングは縦、シャフトを立てて
上から下に振りましょうね

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

既成概念を捨てて スイングを後方から見れば ゴルフは縦振り 松山英樹 R.マキロイ


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

松山プロ惜しかったですねー。
でもメジャーが益々楽しみになりましたね
しかし、J.スピースの連発池ポチャは本当に驚きましたね
メンタルの怖さ、一打の恐ろしさを思い知らされましたね。

D.ジョンソンのショットも毎度驚嘆させられるのですが
天は二物を与えず・・・・・・・・・というか、
なんか毎度くじけず、腐らず健気に頑張っていて
松山プロに勝たない範囲で応援したくなりますね(笑


ではでは、本題ですが、

既成概念を全て捨ててスイングを後方から見て下さい。
するとゴルフは縦振りに見えると思いますが
いかがでしょうか

アドレスで腕はほぼ垂直に垂らします。
横に振ると遠心力でグリップが浮くから上から下に縦に振ります。

遠心力とライ角で変わるヘッド軌道よりスインガーの意思が見える
グリップ軌道を見てみましょう。



スイングを正面だけから見ると体の回転により意図的に
横に振っている様に見えます。
スインガーの意図より結果だけが見えてしまいます。
後方から見れば、よりシンプルにスインガーの意思がよく見えます。

人体骨格は回転よりも縦に振り下ろす方が
遥かに都合良くできています。
ただ高い所から低い所へ重力を利用して
振り下ろせば良いのです。簡単ですよね。

なぜプロはふらつかず、アマはグラつくのか?
同じ人間なのに違い過ぎて変でしょ?
プロは横方向に大きな力を加えず、
上から下に振るからブレません。
だからグリップも体も浮きません。
アマは横に振り回すからアッパーにしゃくって
体もグリップも重心も浮いて前後左右にグラつきます。

この動画縦に振ってもダフってないでしょ?
ダフりを恐れて横に振ると右肩が下がり、左グリップが浮き
右グリップが下がるので益々ダフります。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

2016マスターズ最終日!!松山英樹プロいよいよ日本ゴルフ史上最大の見せ場ですね!!


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

今、2016.4.11、3:08です。マスターズ最終日ですよ。
もうすぐ松山プロがスタートします
まさか今日は寝てないでしょうね
Liveで応援しないとダメですよ
今日のマスターズは日本ゴルフ史上最高の見せ場ですからね。
生で見て興奮して、感動しないと一生後悔しますよ
首位のJスピースに2打差の単独3位でっせ
20160411_030226.jpg

マスターズ2016


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

右肘は曲げてインパクト


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

右肘は曲げたままインパクトです。

理由は3つあります。
1、右肘を伸ばすと大方リリースしてしまう
2、左右の肩の高さの差をそろえ、右肩を前に出さない
3、右肘のためをキープしてインパクト後に押す



1、はやってみれば分かりますよね。
2はグリップは右手が左手の上ですから、
その分右肩が高くなります。
従ってそのまま前傾すると右肩が確実に前に出ます。
どんなに頑張ってスクエアにアドレスしても台無しです。
確実に最初から右肩が被り、
意図せぬアウトサイドイン軌道になり
引っ掛けるかスライスします。
そもそも殆どのアマはそうでしょうね。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

「V字縦コックドリル」の大きな長所はクラブが常に体の正面でシャフトが立つ事


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

「V字縦コックドリル」は全く特殊なスイングではなく
正しいスイングをマスターするための
近道というか必須の通過点です。

ドリルによって得られる大きな長所は

・ クラブが必ず体の正面にある
  ヘッドも体の幅から殆どはみ出ない
・ 従って、シャフトが寝ないで必ず立つ
・ ヘッドが常に体の幅の中にあるという事は
  振り遅れが無くなります
  クラブと体の回転が同調しているという事
・ シンプルな直線軌道なので振り抜きが良くなり、
  HSが各段にアップ
・ 上から下に振るので横のスウェイが格段に減る
・ 縦に振るのでサムダウンし易く低く長いインパクトゾーン実現
・ 横に振らないのでフリップしない。 
  サムダウンが縦の動きなので、サムダウン自体に
  フリップを抑える効果がある
・ 自由度がかなり制限されるの再現性が高くなる

等々、とにかく本当に良いこと尽くめです。
是非、上記の長所を意識しながら繰り返してみて下さい。
必ず様々気が付く筈ですよ




YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

縦コック下げ切りと、横コックのヒンジング維持の違い


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

キャスティングでフリップして「しゃくる」アッパースイングの対極が
以下の写真の縦コックをリリースし切って
「下げ切る」動作です。

サムダウン2

低く長いダウンブローでは必須の動作になります。
アプローチでも必要な動作ですね。
ただし、縦コックの他のもう一つのコックである横コック、
右手首甲側へのヒンジングのリリースは変わります。
これによってヘッドの加速調整だけでなく、
ヘッド軌道も全然変わります。
低いだけでなく、長く押し続ける軌道を生むのは
右手首のヒンジング次第です。

今度ビデオで解説しますね。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

加筆 リリースの手首の形 サムダウンでリリースし切る フリップで左手甲側に 曲げない


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

動画視聴前に先に注意点ですが、
V字縦コックは、腕の動きだけです。
これに「横の動き」の左腰の回転が加わります。 
更に言えば遠心力も加わります。
従って、V字の最下点は左腰の回転と遠心力により
当然フォロー側に移動します。
実際の外見上の動きは
「腕の縦の動き+横は左腰の回転+遠心力」
になりますのでよく考慮して見て下さい。
それによってダウンブローになりますが
縦と横の動きのバランスが難しいですよね。



それと、リリースせずに振り切る意識なのに、
完全にリリースし切る、 という点でも矛盾を感じると思います。
もちろんリリースの程度はショットの距離、球筋によります。
これは、スインガーの意識と現実の差で、
リリースしない意識じゃないとほぼ確実にアーリーリリースになる。
しかし遠心力でリリース意思に反してされるし、 ショットによってはリリースし切る事もまた必要。
これがゴルフの難しい点ですね。
意図的に手首の操作でリリースする意識ではなく ヘッドと体が引き合うことで結果的にリリースされる様に意識 して体全体を制御します。
さらに、自然に縦コックはリリースし切りますが、
右手首甲側へのヒンジングは意識では完全には開放しません。
左手首を絶対に甲側には曲げたくないからです。
これは、フィニッシュまでの振り抜きの抵抗、
フォローでの加速にモロに直結しますから。

上記については、前回の「V字縦コックドリル」で
徐々に気付かれると思います。
では、絶対にフリップさせない、
フィニッシュまで左手は甲側に絶対に曲げない!!
ためには、どうすればいいのか?

1、キャスティングしない
  =右手首のスナップで叩かない!!

2、フリップしない
  =フィニッシュまで右手首の  ヒンジング維持

3、インパクトまでリリースしない
 =コック維持でハンドファースト

4、左腰を止めないで回転し、左腕は
  左腰と共にインサイドに引き込まれる
  左ひじを曲げて引かない、
  左腰の回転スピードが必要

5、左腰の回転でリリースの最下点を
  フォロー側に移動させる。
  低く長いインパクトゾーンの秘訣。
  腕の縦の動きと、左腰の回転による横の動き
  は別々だが、絶妙なバランスが必要。

6、左手首、左腕を力まないで
  左腕リードする
  常に左手が右手より先行すれば
  右手に押し曲げられる事はない

7、クラブと体が引き合ってリリース。
  体を左に流さない。
  左の壁よりも右踵の粘りが重要。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

V字縦コックドリル 手首とクラブは縦にしか使わないぜよ!!


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

コックはV字と言い続けていますが、
むしろインパクト、フォロー、フィニッシュに重要です。
縦リリース、縦リコックということですね。

殆どの方は漠然としか意識していないと思いますので
「V字縦コックドリル」
と命名しましたので、
みなさん是非やってみて下さい。
簡単なドリルですが、
手首とクラブを縦に使う意味が分かります。
間違いなく効果絶大です



コツはトップは右肩上で右上腕水平、右肘90度、右前腕垂直、
右手首90度、シャフト水平より立てて、飛球線と平行。
これを全く左右対称に繰り返し往復します

とにかく左前腕を垂直にして左肩の前
に収めます。
トップでの右腕と全く対照的にします。
この通過点が殆どのアマが出来ていません。
コツは強い右手でコネて左手首を甲側に曲げない事

縦コックですからね、左手甲側に曲がるなんておかしいでしょ?
フィニッシュはここを通過してシャフトが左耳から右耳に
意識は真横になればOKです。
意識と違ってヘッドの重さで自然に少し垂れますが。
それでOKです。

思い切りマン振りしても
フィニッシュまで全くストレスなく加速し続けるプレーンが
徐々に見えてくるはずです。
今まで手首に大きな負担を自らかけて減速させていた
事に気付くはずですよ。
実際に球を打つ時も球に当てようとかスライスさせないとか考えない。
体重移動意識を捨ててスウェイさえしなけらば、
振り切れば勝手に前倒しで球はつかまります。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

フォローの縦コックは右手首ヒンジングの維持が条件です


まずは 

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

テークバックとダウンだけではなく
フォローも「縦コック」
ですよ。
勘違いしている方があまりに多いです。
アマの90%以上は頓着なく、下の絵の紫タイプですね。
V字より大きく横にはみ出てますね。
正解は水色で左肩上に向かってV字にリコックですね。

5年前にこのブログの記事で使った絵ですが、
黒線がV字、赤線はシャフト、カラー5色は腕。
黄色がアドレス時。
トップは緑が正解で、ピンクはクロスでダメですね。
フォローは左肩に向かって上がります。
シャフト長、前傾、遠心力で多少変わりますが。
イメージはこの絵のV字です。

縦コック1

フォローでの縦コック(リコック)のためには
右手首甲側への角度=ヒンジングの維持
が条件になります。
リリース、キャスティングすると右手首が伸び切り、
さらに手のひら側に曲がってしまう方が殆どです。
そうなると、右手首に押されて左手首は甲側に折れて
左肘は背後に押し出されて引けて曲がります。
グリップはコネてシャフトは横に倒れます。


シャドースイングしてみれば分かりますが、
右手首ヒンジングが維持されていれば
ヘッドのローテーションが制限され安定しますので、
フォローがスムーズに縦リコックで左肩方向に向かいます。
従って、方向性が安定します。

ヒンジングが左手甲側への逆ヒンジングになるということは
フェースが被るようにコネることになります。
再現性がなく、方向性はバラバラですね。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

常に下半身は上半身と全く正反対の方向に捩じってバランスを取ります


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

アマの殆どはそうですが、
上半身と下半身を同じ方向に回したら
全身のスイングバランスが崩れ、
ヘッドスピードも全然出ません。
フィニッシュでどうしてもピタッと止まれず、
ふらつく、もしくはリバースする人はほぼそうです。

スイング中ずっと下半身を
上半身と逆方向に
両脚の外旋で捩じります。

「下半身リードじゃないのか
と思うでしょうが、回転、捻転は別です。

回転方向は上下反対jpg

外旋とは股関節を開く脚の捩じり方です。
テークバックからトップでは主に右脚を外旋し、
上体により絞られて内旋位となる動作に
対して抵抗する様に反対に捩じります。

ダウンでは両脚外旋、
フォロー、フィニッシュでは
主に左脚を外旋により、
上体とは正反対の方向に捩じります。
それによってヘッドスピードが加速し、
身体の上下のバランスが維持されます。
だから I 字フィニッシュで片足で立てるのです。

考えてみて下さい。
体全体が全く同じ同一の方向に全力で回転したら
まともに立っていられる訳がないですよね。
必ず上下が逆方向に動いてバランスを取ります。
それと下半身リードは全く次元が違う事です。

やってみればすぐに分かりますよ。

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR