FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

推敲しました 「頭下げ」と「膝伸ばし」の不可欠な関係


まずは

>ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

匿名さん、はじめまして、コメント有難うございます!!

> 左右股関節の動きで体重移動がなされる動画がありますけれども、左脚を後方に踏み込みというのは飛球線にたいして斜め左後方という解釈でよろしいのでしょうか?飛球線に沿って右から左はまずいわけですよね?

右向いたまま打ちますから、斜め右前向いてお辞儀すると
仰る通り左尻が少し左斜め後方に付き出ます。
結局、右股関節が飛球線と平行に飛球方向に出る道を
開ける様に左骨盤を背後に引くのですが、
同時に左腰が背後に回転しながら切れ上がり、
左ひざも伸びていくので左尻は更に左背後に引けます。

従って、前傾を深めながら左脚踵に踏み込んでクラブを引き下ろした
結果が左方向へのバンプの様にも見えますが、
腰を横にスライドさせるバンプとは違います。

> 左脚を後方に踏み込む前は左膝は右膝よりも低い位置にあります。その時に出来た左ひざの角度を変えずに後方に踏み込むと自ずと左脚は伸びる、または伸ばすのでしょうか? マキロイや松山などPGAプロたちは踏み込んで伸ばす動きをしていますがこの辺の解説をより詳しくお願いしたいです。
> 左脚を伸ばすというのはインパクトでトップするのではないかという疑問が払拭できないです。左脚を「伸ばす」というのはどういう根拠があるのでしょうか? わかりたいです。

膝を意図的に伸ばすのではありませんし、
伸ばしすぎも良くないです。左ひざの負荷が大きいですから。
腕を縦に振り下ろし、上体も前傾を深めることで、
真下に強い力が加わります。
その反動でバランスをとるために
自然に両脚を真下に踏ん張るように蹴り両脚が伸び、
下半身が伸び上がる様に動きます。
これは自然発生的な動きでもあります。

その上下からの動きによりスイングは更に効果的に加速します。
縦に振り下ろすから、逆に真上に蹴り上がるのです。
横に振る人が、脚を伸ばしても全く逆効果ですので
左膝伸ばしのアドバイスは非常に危険なのです
恐らく90%以上のアマは横振りですから、
90%は逆効果という事になります。
だからなかなか無責任に書けないことが多いです。

伸びた脚と、深くなった前傾で高さが相殺され、
結局、頭の高さは外見上不動になります。
クラブの軌道の高さも相殺されて変わらないという事です。
ですから前傾だけ深めたらもちろんダフリますね。
ただ、フォローは左腰は背後に回転しますし、
左腰の回転により左骨盤が切れ上がるの
でいずれにせよ左脚は必然的に伸びていきますが。

良い例が、ミッシェルウィーの様に極端に両脚を蹴り上げて
伸ばすプロはその分、極端に頭を下げますよね。
それによって高さを調整しています。

しかし、殆どのアマは前傾を深くするどころか、逆に伸び上がるので
頭下げも、膝伸ばしも両方無理という事になります。
理由は縦に振れないからですね。
横に振れば必ず体全てが浮きますから。
だから、プロの様に飛ぶ訳がないのです。

ただ単にタイガーの真似をして両ひざを伸ばしたら
ゴルフにならなくなりますし、膝を壊します。

また、左脚が伸びて蹴り上がると左壁が強固になります。
さらに両腿を締めると更に下半身が強固になり、
上半身の回転が加速するのが分かるはずです。
スイングの土台が安定するので上体のフィニッシュも安定します。
それによって更にスイングの再現性が高まるという相乗効果です。

スイングは縦、シャフトを立てて
上から下に振りましょうね

YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト



THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR