FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ハンドファーストと コック維持の関係 スインガー目線ビデオ


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


さてさてさーて、

V字縦コックのダフリ対策ビデオです。
どうそ。

pawa-



インパクトはアドレスの再現ではありません。
コックが維持された分だけハンドファーストになります。
要するにハンドファーストとはコック維持の結果。

よく言われる「球に合わせる」、「球を打ちに行く」とは
ヘッドを球に上手く当てようとして無意識に右手で操作して
コックをアーリーリリース、ハンドレイトになる動きを指します。
「しゃくる、こねる」とも言います。

ハンドファーストだと手が先行してヘッドを引きずる、
引っ張る動きになります。
バンスを滑らせて使えて抜け易いです。

長いダウンブローによりインパクトが長いゾーンになるので、
おおざっぱに球の右肩から赤道辺りに当たればOK!!

ハンドレイト、ヘッド先行だと突き刺さったら最後抜けません。
ハンドレイトってそもそも最もリスキーで高度なロブショットです(笑
最下点が球の真下一点狙い、インパクト後は即アッパー軌道
になるのでゾーンではなく点です!!
最下点が球にピッタリ合わないと手前なら大ダフリ、
先ならトップになります。
毎回超高難度ショットです。

だから余計に球に当てに行く悪循環ですね。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

自然落下は2種類ある スイングプレーンのおさらい、出前持ちの必然性 


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

ノンスケ さん、毎度です!!
鋭い指摘ですね!!有難うございます。
せかっく丁度いい質問なので全部おさらいしましょうね。

>ゴルキチさん、V字縦コックの解説、分かりやすいです。
そこで、いろんな人のスイングの解説を読んで得た知識とゴルキチさんの解説を整理統合したくなりまして質問なのですが
「スイングプレーンはトップで出前持ちスタイルになった時のプレーンとインパクトを迎えるためのビジネスゾーンのプレーンとでは前腕の長さ分だけ出前持ちスタイル時のプレーンが上に上がっているので、ダウンスイング時にまず、イメージとして真下に前腕の長さ分グリップを自然落下させインパクトのプレーンに乗せてから振ると理解し、ゴルキチさんの自然落下とも合致すると納得していたのですが、そのスイングと一連のV字縦コックのスイングがうまく合致しないのですが、同じスイングになりますか。V字と自然落下、自然落下の方は自然落下させた後、シャローなスイング、フリスビー投げるようなイメージになるのですが、間違いでしょうか。
 
へー

テークバックは
体の横回転+コック+腕のリフトアップ
によります。
分解して説明しますね。
プレーンの目安は球とアドレス時の右肘を結ぶプレーンです。
黄色の線です。
この写真大昔から何回使ってるでしょうか(笑
AS アドレス

アドレスの右肘を体側に密着したまま支点にして
右肩方向へのコックだけでクラブを上げると正しい
スイングプレーンになります。
これはダウンの写真ですけどね。
AS6.jpg

ここから右肘を右上腕水平まで腕をリフトアップすると
正しいトップになります。
しかし、右肘を水平までリフトアップした分、
この写真だと丁度右前腕の長さ分プレーンより上に上がります。
AS0 シャフトライン

リフトアップ分右肘を真下に体側まで落とすと
シャフトがオンプレーンに戻ります。
AS6.jpg

ね、美しいですね、ほれぼれします。
AS10.jpg

で、V字縦コックスイングは今までのスイングと何も変わりはしません。
ただ単に体の横回転を排除してコックと腕を振る方向を分かり易く説明したに過ぎません。
従って、自然落下も全く同じ事です。

出前持ちの理屈は
トップでは右腕の長さが余ります。かつ左手首を真っすぐに維持すると、出前持ちにならざるを得ないのです。
その検証は、縦の動きを排除した体の横回転のみによる水平素振りが最も分かり易いのです。

グリップエンドのみ右脚前に即座に下げ切るので、仰る通りシャローになります。
左手小指側を真下に落とします。
多くの方がこれによりダフると言いますが、
落とすのはグリップエンドです。
ヘッドではないです!!

ヘッドは全く逆に上に残ります、
ヘッドは無視で、振りません。

殆どのアマはヘッドを球に当てよう必死なのでグリップではなくヘッドを先に落としてしまいます。
従って落とせと言うと余計にダフるという事になります。
何度でも言いますが
縦に落とすのはグリップエンドです。
ヘッドではありません。
ヘッドを球に向けて当てに行ったら
一生死ぬまでダフり続けますよ。


それを球を打ちに行く、球に当てに行く、と言います。

グリップエンドだけ落とせば逆にヘッドはテコで上に残ります。
そのままインパクトゾーンも振り切るので
ヘッドは上にあるまま振り切るのです。
ヘッドを下す作業、球に合わせる作業はしません。
従ってグリップエンドを下げない打ち方よりも
遥かにダフリにくい筈なのです。

しかし、ダフるという方は球に合わせてヘッドを右手首で下げています。
それは無意識ですから、本人は必ず打ちに行っていないと言います。
しかし、ダフるという事はそうなのです。
恐らくアマの95%はそうしてます。
ヘッドを球に当てに行っています。
それは仕方がないことだと思います。
しかし、騙されたと思ってヘッドを振らなけらば、リリースしなければ分かります。
ヘッドを下ろさなくても遠心力で嫌でも勝手に落ちます。
地面を空振りしろと恐らく100回は書いていますが、球に向けてヘッドを振ったらコックが解けるので100%確実にダフリます。
ちゃんと前傾維持していたら、ゴリラ並みのパワーでもダフります。
なぜなら手首がベロンと伸びるのだから考える余地無しです。
もしそれでもダフらずに打てるのならフォームがおかしいだけです。
起き上がって、伸び上がって、グリップを浮かせるからです。
ダフリたくなければヘッドを振らない。
横回転は体の役目なのでヘッドを振らないで体をしっかり回す。
インパクトまでコックを維持するとはそういうことです。


自然落下は2種類あると思います。
1つ目は、ダウン始動は勝手に自然落下する。
なぜなら、切り返し作業はテークバック始動から既に始まっている。
ヘッドが慣性により上昇が止まる限界点がトップであり、
限界に達したら直ちに落下に転ずるという事。
従って、切り返し開始とダウン開始が一致している殆どのアマには
永久に分からないのです。

2つ目は、ヘッドは自然落下にまかせるということ。
私はこの方が重要だと思います。
振るのはグリップでヘッドではありません。
ヘッドを加速しようとイメージした瞬間に
コックが解け、飛球方向にフリップします。
ヒンジホールドは全くその対極で体に対して絶対にヘッドを
横に走らせないために注意します。
しかし、ここで絶対に勘違いしてはならないことは
体の回転によりヘッドは横に高速で走ります。
但し、回転と言っても角速度の問題ですから
回転角で要ったらほんの僅かですよ。
腰を思いっ切り回転とは全く違います。
インパクトゾーンでの一瞬の反転だけです。

最後にフリスビーを投げるイメージですが
手首のスナップは絶対厳禁ですから、
ちょっと違います。

反転についてはなぜ回転ではなく反転なのか
どうしたら反転を体感できるのか
その秘密についていよいよ公開します。
その秘密は大昔から言っている
スイングで最も大事な右足踵にあるのですが・・・。


YouTube ゴルキチ ビデオ 見てね

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR