FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブはタテ方向に引き下ろす!ナチュラルアンコック、ナチュラルリリースタイミングの改善方法


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

金栄堂さんから NewサングラスOAKLEY「RADARLOCK」の試作品が届きました
今回はTALEX以上の金栄堂特製の画期的な超高性能偏向レンズを使用しています。
メチャメチャカッコいいですね

これはミラーが少し入って、透過率は25%と中間位の濃さ。
これから色合い、濃さ、フレーム微調整、ノーズパッド調整をしていきます。
妥協しません(笑
明20160624_101113

明  20160624_101052

明20160624_101017

今回も金栄堂特製大型ノーズパッドを作成して頂きました。
明20160624_101142

明20160624_101326

イチロー選手愛用のサングラスですね
大イチロー


ご質問については金栄堂さんの 那須丈雄さんに何でも気軽に聞いて下さい。
日本でも数少ないカスタムスポーツサングラスの専門家です。
スポーツグラス専門店 金栄堂さんHP
金栄堂・店長 那須 丈雄ブログ
金栄堂公式ブログ TAKEO's Opt-WORLD
TEL:0238-88-3062 kineido@jan.ne.jp

破格5,000円のド派手なアシックスゴルフシューズも来ましたよ
アシックス


ではでは、

M-tracer の パーソナルレッスンです。
皆さんナチュラルアンコックとナチュラルリリースタイミングに
苦労されてることと思います。
このレッスン非常にナイスですねー。

M-tracer レッスン

133-BF_P1993.jpg

> ヘッドを走らせるための準備はできているのに解放が十分でないあなたは、グリップスピードの減速ができていないからではないでしょうか。ダウンスイングの時に後方から前方にグリップが動くヨコ方向のイメージよりも、上から下に向かうタテ方向イメージの方が、クラブがタテに引き下ろせるので効果的です。タテに引き下ろされたクラブは低い位置に抑え込まれるため、グリップスピードの減速ができ、クラブヘッドが自然にターンして効率良くヘッドスピードを上げてくれます。

134-BF_P1989.jpg

素晴らしい!!
そうなんです。
縦に下ろさないとナチュラルアンコック、ナチュラルリリースタイミングは
20超えません。
ただグリップの減速は下方向へ遠回りさせた、あくまで結果です
球方向に振って意図的に減速させても全くダメですよ!!
縦に振るから減速するのであって、意図的には減速させません。
意識は減速どころか逆にきっちり振り切ります。ただ振る方向が縦という事です。
そうしないとハンドファーストになりません。
自然落下はヘッドです。グリップじゃないです。
重要な事はヘッドが勝手に落ちてくる絶対に意図に落とさないことです。
一度コツをつかめれば分かるので球を打たないで素振りで確認して下さい。
球があると球にヘッドを当てることを優先してしまうので、分かるまで延々と部屋で素振りの方が良です。

以下の二つのグラフの形がまず大きな課題になります。

1、これは私のスイングデータです。テークバック(青)より、ダウン(ピンク)のヘッド軌道がかなり内側を通る事。アーリーリリースすると円弧が逆に大きくなり図の様に小さくならない。またダウンで沈み込むと軌道がより下がる。伸び上がったらお話しにならないです。
ダウンの方が低い

2、そして問題はこのグラフです。赤丸部分の様にヘッドスピードとグリップスピードが同じ時間が長い事。これは要するにリリースしない時間が長いという事です。リリースしないからヘッドスピードが全く加速しないでグリップスピードと等速で動いているのが分かります。要するにコックを維持し、タメ維持して、球を打ちに行っていないという事です。球を打ちに行くというのはヘッドを球に早く当て様として、手首を使って強制的に早く下そうとすることです。意識すべきことはグリップエンドを下ろすだけで、ヘッドを意図的に下ろして加速しようとせず、ヘッドを最後まで上に置き去りにするだけ。だからシャフトは立って降りる。そのあとは勝手にヘッドが遅れてインから落ちて来ます。そうなると、意図的にアーリーリリースでどんなに頑張って振るよりも、インパクトで角加速度が遥かに上がるので「勝手に」猛スピードで突っ走ります。ヘッドは最後まで意図的には振らない訳です。ヘッドをギリギリまで高く維持して、ヘッドの位置エネルギーをギリギリまで維持して利用するとも言えます。自分に合ったイメージを作り上げる事が重要ですね。これがダウンブローで自然落下での加速の秘訣です。ベアグラウンドでSWで上からきっちりコンタクトして打つのも、FWで上げるのもこのダウンブローが秘訣です。払い打ちなんて存在しません。全くのウソです。ギリギリまで上に残したヘッドが下りてくるのがダウンブローです。インパクトの瞬間は落下の調整によりシャローでもレベルでも可能です。腕でダウンブローの軌道を作るのは全くの勘違いです。グリップは逆に減速して、アッパーに動いているのにヘッドはダウンブローですから。ダウンブローはグリップ軌道で作るものではありません。タメ、コックの維持で初めて可能になるものです。

ナチュラルリリース

これは植村啓太プロのデータです。グラフの形、データ全て酷似してるでしょ。
この形がマネ、再現出来れば合っています。
植村啓太


これは一生懸命試行錯誤でとにかく頑張って試してみないと、自然になんて一生できないですよ。試し続けた人だけ道が開けます。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



続きを読む

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。