ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプローチのザックリ、チャックリの治療法 5


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

リクエストがありましたので、7.前傾維持について先に説明します。

1. 振り遅れない
2. 上体を右に傾けない
3. 右ひざ動かさない 
4. 左肩開かない
5. 腰は水平回転、スイングプレーンは縦回転
6. ローテーションする
7. 前傾維持

前傾維持は練習量と、筋力とあまり関係ないですね。
問題は根本的に使ってる筋肉が全然間違います。
わかってしまえば、ある日突然できてしまいます。
体の外側の筋肉か、内側の筋肉を使うかの違いだけです。

外側の筋肉では軸も出来ないし、暴れ、制御困難です。
しかし、内側だと軸が容易に出来ます。
前後左右のスウェイと突っ込みが消え、肩が開きません。

『体幹』がブームですが、実際問題ゴルフにおいては使い方が合理的に説明されてないです。

軸が維持できる根拠は、コマを例に考えれば分かり易いです。
コマを回す時、軸を回すか、外周を回すかですね。
多くの方が、軸ではなく、外周の筋肉で回してしまっています。
さらに、勢いよく回すために、重心移動もし、反動も利用してますので、
また軸が右に傾くと、とんでもなく複雑な動きになってしまいます。

体幹で回転し、外側の筋肉で回転軸と前傾維持を分業化すればシンプルです。
プロの完璧な回転軸は、アマとは比較にならない全くの別物です。
練習量の次元ではなく、使ってる筋肉とその使い方が全然違うので。
これも避けて通れないですよ。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。