ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

娘のパッティングで気が付いた事

 ここのところ娘にも暫くパターをしっかり教えています。

これまでの最大のネックは、やはり以下の3つでした。


1、手首を使って手先で打つため手首の角度が維持できない

2、右手主体で打つので右肩が前に出て被る

3、まだ、フェース管理、芯でヒットの意識がない
(当然だが)


子供はフォームを窮屈なフォームを無理に強制すると、

のびのびとした自然の良さがなくなってしまうのですが、

いつまでも自然でも逆に下手な癖も付いてしまいます。


、は実際に「フェースの向き」と「芯を外して」打たせてみる事で

いかに曲がるか体感させる
事で重要性を認識するようにさせました。


は、右利きなのでスイング同様に強い右手・右サイドで押さないで、

左サイドで引く事を意識
するようにさせます。

どうしても遥かに器用で強い「右手のひらで叩いて」しまうので、

「左手の甲で左側外に払う」と意識させることで、

子供でもスイングが全く変わります。

ショット、パッティング共に弱く、不器用な左腕・左サイドの強化が必要です。


、は腕・手首を使わず3角形(5角形)を上体とリンクさせ、

腹斜筋だけで振る
ように教えました。

腰と下半身固定のままで、目安としては肩がターゲットラインと

平行を維持したまま、上下だけが動くように様に教えました。


左右の腹斜筋が伸び縮みする=上下するだけなので、

正面から見ると上体は「みぞおち」辺りを中心として

飛球線と平行に左右に振り子の様に振れるだけ
なのです。

上体全体がターゲットラインに対して常に平行に動くだけで、

上体は腕も含めて回転運動は一切なく直線運動しかないのです。

回転しないのでミスしても誤差は非常に小さい。

みぞおちを軸として意識する事で腹筋が締まり、腕ではなく腹斜筋で

ストロークすることが可能になるのです。


この腹筋を意識する点はショットも同じですね。


また、腕のロールの回転運動を排除するためにはグリップが肩の真下

にある必要があります。これも練習でその距離を体得します。

それによって、ピン型パターのようなトゥーヒールバランスのパターでも

イントゥーインのカーブを極力小さく、

意識としては実質ほぼストレートで振ることは可能
になります。


子供は非常に良い人体実験になりますね


 実はパッティングは短期間でかなり良くなってきたのですが、

ショットにその弊害が出ました。

先日のレッスンでショットとパッティングのスイングを混同していたのです。

本人は酷いショットと、左肘が曲がって引けた酷いフォームに訳がわからず、

かなり焦って困惑していましたが、私は笑ってしまいました。


ローテーションを必要とするショットと、

ローテーションを逆に排除するパッティングではやはり大きく

異なるのですね。

違いを論理的に理解していないと。


しかし、「フェースコントロール」の重要性と言う点で共通なんです。

「スイング中常にフェースの位置・向きを認識」、

「フェースローテーション・ターンコントロール」

「腕の振りのコントロール」、「コックのコントロール」


等の最重要課題を、今後しっかり認識・理解させていくことが

子供であっても重要だと感じました。


しかし、ジュニアは本当に上手くて私など完全に負けている子がいます。

その子の前では、下手な自分が恥ずかしい・・・、情けない・・・。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR