ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

フェースコントロールの基本 フェース向き・位置を常に認識する

 テークバックとその結果のトップの形によって、スイングの成否

は殆ど決まってしまいます。

スイング中フェースの向き・位置を正しく認識出来なければ

フェースコントロールは不可能ですよね。


 下の写真の様にトップでの左手甲の向きとフェース向きによって

テークバックでのフェースコントロールの結果を診断できますが、

どういう状態なのか慣れないとなかなか難しいです。

トップ フェース向き22

右の二つは、アドレスの左手甲の角度と全く違うので分かると思います。

アドレスより左掌側に曲がればクローズド、甲側に曲がればオープンです。

しかし、スクエアかどうかの基準は各人のアドレスでのグリップで

変わります。

ストロングが強ければトップでも少し左手甲側に曲がり、

スクエアに近ければ腕と甲は、より一直線に近くなります。

この写真でも完璧に一直線ではなく、若干曲がっているのが分かります。


 簡単に理解出来るように図解で説明します。

アドレスではフェースはもちろんスクエアです。

ヘッドの位置は左脇~左頬の真下位です。

下図は飛球方向からスイングを見た図です。

 体を水平回転しないで右肩上に斜めに上げます。

シャフトが水平に、かつスタンスに対して直角になる様に上げます。

左手甲の角度は一切変えません。

フェースコントロール1

 下図はその動きを真上から見た図です。

上で説明したの動作でヘッドは赤線の様に斜めに上に移動しています。

 次に体を90度飛球後方に右に水平回転させます。

フェースコントロール2

これで既にトップの出来上がりです。

これで簡単にスクエアなトップでのフェースの角度を確認できます。

ここから打てば完璧なトップから無駄のないスイングを体感できます。

アドレスよりハンドファーストで球の先へ最短距離で下ろせば良いのです。



腕の上げ下ろしと体の回転と別々に考えると、

腕は左ほほ下から右肩上に斜めに上がるだけです。

ダウンでは逆に斜めに下りるだけです。

これが「Ⅴ軌道」とか「上げて下ろす」言われる所以です。

注意するのは「腕の軌道だけ」を抽出した場合ですから、

現実には体が終始回転しているのでこの軌道は見えません。


「腕は上下に動くだけで横振りしない」といっても、

実際はこのように斜めに上げ下げしているので紛らわしい点はあります。



 以上を認識した上で、フェースの位置と、向きを感知・認識して

コントロールするのがフェースコントロールです。

フェースを感じずしてコントロールは不可能ですよね。

以上を理解したうえで、

宮里優プロのレッスンの一部を見てください。



 非常に重要な事は「真横に上げる」と言っています。

回転運動ではなく直線の意識なのです。

なぜならクラブを上げる動きは能動的なので認識できるのですが、

体の回転運動は受動的に起こるので認識できないのです。


腕は真横に上げたつもりでも、体の回転が認識できないので

インサイドに上がってしまっても分からないのです


ツアー優勝したトッププロでさえ注意していても気がつかないのです。

90%のアマがインサイドに上げてトップでクロスしても

なんら不思議はありません。

アウトに上げるつもりでやっと真横に上がる。

真横のつもりだと必ずインサイドに上がる。


これは私も常々書いていることで、インサイドに上げる事は

絶対に避けなければスクエアなトップは不可能です。

真横とは想像よりも遥かにアウトにアップライトに感じるです。


手は上げて下ろすだけなのでテークバックはトップまで

斜めに最短距離を通ります。インに低く引くと遠回りしますよね。

最短距離を意識します。

するとコックを使って上に上げる方が先決だと分かります。

一般的にこの動きがアウトに上がり過ぎや、アップライト過ぎや、

手振りの悪いスイングのイメージを与えますが・・・・。

全くの誤解です。


ダウンももちろん手は最短距離で動きます。

ですから、実際は斜めに上げたように斜めに降りますが、

体の回転は認識できないので、意識は真下に落下させます。

いずれも体の回転よりは手が先で、体は後からついてくる方が

シンプルです。

間違ったボディーターンの意識で体が先に回るから、

手が常に遠回りします。

ダウンで下半身リード、体重移動を先にしようと意識した途端に

体、肩がガバッと開き手がアウトに放り出されます。

すると大きく遠回りして確実にスイングは破綻です。


腕が先か、体の回転が先かでいろいろ議論が起こります。

また、下半身リードも意識しすぎは弊害がかなり大きいです。

いずれも受動的に、自然に、勝手に適切に起こる無意識な動きなので

いつまでも意識するべきではないのです。



また、問題は実際はスクエアに上げてもスクエアには下ろしません。

なぜならダウンではタメがあるので、フェースは遅れて、

開いて下りてきます。

インパクトではそれを閉じる動きが出ます。

従って、タメるほどフェースを開いて閉じると言う複雑な動きになります。

上達するほど、タメの技術が要求されます。

複雑ゆえにフェースコントロールの技術が必要になります。

まずフェースの向き、ヘッドの位置を常に認識する必要があります。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

がんばっています

>いや、むしろ右足前から「振る」位のイメージです。
>それまでは重力に任せた自然落下です。
>「振る」と言うのはグリップではなく「ヘッドを振る」と言う意味で、「リリース」に近いです。
そうですね。
トップからの切り返しでは左足踏み込みで下半身のみを戻して、上半身はトップの状態維持するようにしています。
そうすると腕は真下に自然落下もどき(まだ自然落下である事を実感できていません)で降ろせるようになりました。

>プロでも体が開く事かないように日々鍛錬しているのです。
難しいですが、がんばります。
また、経過報告させていただきます。
ありがとうございます。

afcly309@ さんこんにちは!!Re: アドバイスありがとうございます

いろいろバタバタしました返事が遅れてしまいました。ゴメンナサイ!!

> ゆっくりとトップからインパクトまで振り下ろす練習を家に帰って行いました。
> やっていて気付きました。
> 「振りすぎていたんだ」と、つまり腕をフォローまで全力で振りぬいているので、早く体重が左に掛かり、体も早く開いてしまうのではないかと。

この感覚が分かっただけでも大収穫だと思います。
体重移動は重要ですが、無意識にできるものです。
もしもフォローで左に乗り切れていなければ問題ですがそうでなければ無理に意識しないほうが良いと思います。
兎に角、プロ野球でも良く言われますが、プロでも体が開く事かないように日々鍛錬しているのです。
私も「正面で打ってから回る」をいつも気をつけていますよ!!

> そこで、本日は昨日のイメージを再現すべく、練習場で振り過ぎないスイングにより球を打ってきました。
> トップの位置から体が左を向く、フォローまで振り抜くのではなく、体が下を向くところでしか振らない、つまり、トップから右足前に腕を振り下ろすイメージで、そこから先は振り下ろされたクラブに振られるように。
> これにより、腕の振り抜きがかなり良くなったと思うのですが、このイメージでは駄目でしょうか?

いや、むしろ右足前から「振る」位のイメージです。
それまでは重力に任せた自然落下です。
「振る」と言うのはグリップではなく「ヘッドを振る」と言う意味で、「リリース」に近いです。
「ヘッドを振る」なら右足前からです。そこまで我慢します。

丁度ターフの記事を書きましたが、接地する前にリリースしたらターフは取れません。
要するに球に力を加えられないのです。
接地してからリリースするからターフが取れるのです。
球を押せるのです。

これはスイングの核心に近い部分で非常に難しいです。
またコメントくださいね。

アドバイスありがとうございます

>ヘッドがトップからオンプレーンで最短距離を下りて来れば良いのです。
>家でやるのが一番落ち付いてできます。サンドを短く持つか孫の手でも短い棒で良いのです。
>ゆっくり素振りをしながら、どう動いたらヘッドがインサイドから降りるか毎日試します。

昨日は球を打ちに行かず、アドバイス通り、ゆっくりとトップからインパクトまで振り下ろす練習を家に帰って行いました。
やっていて気付きました。
「振りすぎていたんだ」と、つまり腕をフォローまで全力で振りぬいているので、早く体重が左に掛かり、体も早く開いてしまうのではないかと。
そこで、本日は昨日のイメージを再現すべく、練習場で振り過ぎないスイングにより球を打ってきました。
トップの位置から体が左を向く、フォローまで振り抜くのではなく、体が下を向くところでしか振らない、つまり、トップから右足前に腕を振り下ろすイメージで、そこから先は振り下ろされたクラブに振られるように。
これにより、腕の振り抜きがかなり良くなったと思うのですが、このイメージでは駄目でしょうか?

Re: タイトルなし

> テークバック時に、以前は気持ち悪く感じるところがあったのですが、アドバイスの御蔭で、意識せずともトップに上げる事ができるようになりました。

球を打つより素振りが良いですよ。自然ですから。

> でも、ボールより手前を叩く事が多く、悩みは解消できていません。

これはグリップの浮き、手首の緩み、タメの早期の解け、右肩下がりが原因です。
右手首のコックを解かないでインパクトしてみて下さい。
ちゃんと打てますから。そのままでもローテーションできます。
確実にインパクトの後に解いていきます。
要するにタメが残っていれば肩からヘッドの距離が伸びませんから。

> おそらく左足の踏み込みと同時に、上半身が戻ってきているのではないかと思っております。
下半身より遅れて上半身を戻せるように練習したいと思います。

人によってスイングイメージが全く違うのは、
意識しないと出来ないのか、意識しなくても出来ているかの差です。
意識しなくても出来る人が更に意識したらやり過ぎです。

そういう症状なら左足への踏み込みをしなければ良いのです。
どうせ勝手に踏み込みますから。
水平素振りでもわかる様に、体重移動は腕を振れば勝手に起こります。
むしろ無理にしないほうが良いです。
特に上半身を遅らせようとか言う意識は止めたほうが良いんです。

例えば歩くのに体重移動や下半身リードは全く考えないです。
意識して動かしたらぎこちない、再現性のない動きになります。

踏み込みと同時に上半身が回転を始めるのは、自ら回転を始めるように踏み込んでいるからなのです。
そもそも踏み込み方が間違っているだけです。
踏み込んで肩を回転させる事でトップから球を打ちに行く動きが染み付いているからです。

体の動きよりヘッドの動きに注目してください。
ヘッドがトップからオンプレーンで最短距離を下りて来れば良いのです。
家でやるのが一番落ち付いてできます。サンドを短く持つか孫の手でも短い棒で良いのです。
ゆっくり素振りをしながら、どう動いたらヘッドがインサイドから降りるか毎日試します。

お返事お待ちしています。

いつも御世話になっています。
体調は良くなりましたでしょうか。

練習してきました。
テークバック時に、以前は気持ち悪く感じるところがあったのですが、アドバイスの御蔭で、意識せずともトップに上げる事ができるようになりました。
でも、ボールより手前を叩く事が多く、悩みは解消できていません。
まだ、テークバック中心の練習でしたので、切り返し以降については、以前教えていただいたことを思い出しながら、これから取り組みます。

>ダウンではやはり同様に体が回るので意識よりかなりアウトから下ります。
だから真下に下ろすつもりじゃないとインから下りません。

おそらく左足の踏み込みと同時に、上半身が戻ってきているのではないかと思っております。下半身より遅れて上半身を戻せるように練習したいと思います。
ありがとうございました。

afcly309@ さんそれはまずいですね。Re: ショックな事がありました

> 先程の練習で知り合いのおじさんより、「打球が安定しないのは、トップで伸び上がっているからだ」と指摘されました。
> 自分ではそんな意識はまったくなかったので驚いています。
> なぜ、伸び上がってしまうのでしょうか?
> そして、伸び上がらないようにするにはどうすればよいのでしょうか。
> アドバイスをお願いいたします。

伸び上がらないようにするためには頭と肩の高さに注意して静かにテークバックすれば良いです。
使っている筋肉も違います。膝や前傾が伸び上がらない筋肉です。
パッティングの時に使う左右の側筋で上げます。
丹田を中心に意識して肩が上下しない様に水平に回してスイングしてみてください。
アプローチでゆっくりやる方が良いです。

どんなに上級者でも上下動がおきたら打点を安定させる事は不可能です。
最初から上下動は徹底的に阻止しているのです。
上下動の制御はスイングで最も重要な注意点ですよ。

試してみてくださいね!

afcly309@ さん遅れてゴメンナサイね!Re: お助けください

ちょっと風邪をこじらせたり、クラブいじりや、子守でドタバタしておりました。
ごめんなさい!

> テークバックが安定しません。
> 何も考えないで行っているときは良いのですが、一度考え込むともう駄目です。
> スイングが気持ち悪くて打てません。
> 左肩で押すように、右足股関節に、など考えてスタートするのですが、ではその時のヘッドの動きは、フェースの向きは、コックはどこで、など考えることが多すぎて打てません。
> 助けてください。

あはは。
そうですよね。
多すぎて混乱しますよね。

スイングの命は再現性です。
もちろん基本があってそれを叩き込んで潜在意識下において無意識な動きのスイングにする事が
練習ですが、あくまで人体の構造的に自然な動きであることは確かです。

成人男子は野球やテニスやその他のスポーツでゴルフと違う動きを身につけているので、ゴルフスイングの基本を叩き込むことが大変なことはありますが、子供は数年で完璧なスイングになり、シングルになります。
と言う事はゴルフの基本的なスイングは人体構造上決して不自然では無いと思います。

スイングで自然なのは肩の高さの水平素振りです。
きれいに水平に振ります。誰でも出来ると思います。腕の振りによって結果的に自然に体重移動も起こります。両足で踏ん張ってバランス良くふらつかないと思います。
両肘を上手くたたんでフェースローテーションしないと水平に振れません。
シャットのまま振ると右肘がたためず、後ろに逃げて右肩が上がるのです。
水平素振りではこれが不自然だと直ぐに分かりますが、実際のスイングでは分からない方が非常に多いのです。
この水平素振りを前傾すれば良いのです。遠回りしない最短距離のスイングですよね。
それがオンプレーンのスイングです。
最短距離は意識よりかなり早めに上げていかないと出来ませんよ。
なぜなら体が勝手に回っていくので、ヘッドは意識よりどんどんインサイドに動くからです。
これはプロでもそうなります。
かなり早く上げるためには、意識よりかなりアウトサイドにコックを使って上げる事になります。
この確認はビデオ撮影しないと本人には分かりません。

しかし、ダウンではやはり同様に体が回るので意識よりかなりアウトから下ります。
だから真下に下ろすつもりじゃないとインから下りません。


おっさん さんおはようございます!Re: 勘違い

> ①肩の高さまで上がったとき、シャフトは垂直になり手首とシャフトの角度は90度
> ②左肘を曲げないように右肘を90度曲げると図の①が完成

そうですね!

> このときの手首の位置は体の外(右肩)に出て正解なのでしょうか。
> 私は肩と右耳の間に入れるよう長年の間、努力してましたが。

個人差ですが関節が柔らかくて、ドライバーでフラットなら肩から出ますが、
意識は体の正面の中だと思います。

もちろん張りがあるトップが必要ですが、
多くのアマの問題点は、むしろ逆にトップが行き過ぎて、腕が力んで、右肩が上がり、
左肩であごを押し上げることですね。

肩が上がると反動で必ずダウンで下りますから嫌ですよね。
肩の高さを意識すれば自分の限界点で張りのあるスイングが分かると思いますよ!

ひたすら肩の動きを注意しながらアプローチをやるとミリ単位で打点を調節して、常に芯で打つためには
どれほど肩や頭の動き制御する必要性があるか分かります。
するとむやみにオーバースイングなどおのずとできなくなりますよね。

大きいクラブから練習するのと、小さいクラブから練習する差がそこにあると思います。

t.watanabeさんおはようございます!Re: face

返事が遅れまして申し訳ありません。
ちょっとミスタイプで状況が良く分からないところがありますが、

> FACEの向きですがとれとともにロウテイシヨンが必用といわれますがインパクトヲ過ぎて右手がうえにくることと解釈していますがこれではFACEの向きが被ることになりますしSWINGが高く上がらないことに成ります。このへんのこと説明ください。

これはドライバーなどで遼君のように右手が左上の真上に被りフェースが真下を向く位大きくターンする事だと思いますが、開いて閉じる度合いです。
長いクラブ程フェースターンが大きくなりますが、球筋、ヘッドスピード、スイングの個人差です。
フェースターンを強くしてフォローをインサイドに引き込みすぎるとまずいですが、肘を上手くたためれば大丈夫です。
この部分は言葉で説明できるほど簡単なことではなく、完全に技術レベル、持ち球の球筋と、スイングの個人差としか良い様がありません。

>又PROの場合コックが強くシャフトの角度が肩の線に平行となります。私の場合は目一杯コックヲしてもここまで出来ませんがこれは肩の廻りが不十分なのでしょうか?

これはトップでしょうか。
トップでの肩の入り具合は胸が飛球後方を向いていれば問題ないです。
肩の入りが浅いとアウトから下り易くなるのは確かです。

シャフトが水平になる必要性は特にないです。
むしろオーバースイングになるよりは遥かに良いと思います。
アマならコンパクトなトップからフォローで飛ばしたほうが精度、再現性の点でも確実に良いと思います。

ただ、目一杯コックしても水平までいかないのは、肩関節、肩甲骨の稼動域、手首が硬いのでしょうか?
関節が硬いと飛距離も出ませんのでストレッチが必要だと思います。

たか さんまいどです!Re: こんばんは

> 今は左腕を伸ばせ、というのが主流みたいですね。でも、僕はうまく行く。なんでかなぁ。

伸ばし過ぎはまずいです。力まないで適度で良いと思いますよ。
ただ、右腕で上げてたらリスキーですかね。
右肩が上下しなければ良いし、左腕が緩んで打点がずれなければ良いんじゃないですか。

> 吉田一誉プロは、ロングアイアンではフェースオープンにしろ、と言ってましたね。
> 結局どの問題も深く掘り下げると、千差万別で難しいんですかね。でも、指針がないとまた困りますし。
> 難しいなぁ。

答えは水平振りですよ。シャットに上げると右肘が詰まるし、右肩が浮きます。
オープン過ぎるとインにアンダーになってまずいですよね。

ドラコンの場合はオープンフェースのドライバーでフェースターンして開いて閉じないとヘッドスピードはががりません。

中庸です。

ひめこ さんまいどです!!Re: タイトルなし

> コックを作ってパッと上げればラクチンなんですけどいらぬこと考えて(右股関節に体重をもっと乗せようとかトップは高くとか?)コンパクトを目指していながらもうそれ以上いいよーってとこ以上に動きすぎて
> コンパクトスイングから縁遠いのです~(涙)

ボールじゃなくてフォロー意識ですね。
それとバンカーは左肘抜くと距離感でないですよ。カットに振らないでヘッドファーストです!!

ショックな事がありました

先程の練習で知り合いのおじさんより、「打球が安定しないのは、トップで伸び上がっているからだ」と指摘されました。
自分ではそんな意識はまったくなかったので驚いています。
なぜ、伸び上がってしまうのでしょうか?
そして、伸び上がらないようにするにはどうすればよいのでしょうか。
アドバイスをお願いいたします。

お助けください

おはようございます。
テークバックが安定しません。
何も考えないで行っているときは良いのですが、一度考え込むともう駄目です。
スイングが気持ち悪くて打てません。
左肩で押すように、右足股関節に、など考えてスタートするのですが、ではその時のヘッドの動きは、フェースの向きは、コックはどこで、など考えることが多すぎて打てません。
助けてください。

勘違い

こんばんは。

今回のテーマについて確認したいのですが。
ゴルキチさんのおっしゃるトップまでを更に分けますと・・・。


アドレスの位置から正面を向いたまま肩の高さまでグリップを上げます。
肩の高さまで上がったとき、シャフトは垂直になり手首とシャフトの角度は90度となります。

一般的に言われているバックスイングの途中です。


そこから左肘を曲げないように右肘を90度曲げると図の①が完成します。

このときの手首の位置は体の外(右肩)に出て正解なのでしょうか。
私は肩と右耳の間に入れるよう長年の間、努力してましたが。

シャドウスイングすると実にカッコいいと思います。
私の勘違いでしょうか。

face

FACEの向きですがとれとともにロウテイシヨンが必用といわれますがインパクトヲ過ぎて右手がうえにくることと解釈していますがこれではFACEの向きが被ることになりますしSWINGが高く上がらないことに成ります。このへんのこと説明ください。又PROの場合コックが強くシャフトの角度が肩の線に平行となります。私の場合は目一杯コックヲしてもここまで出来ませんがこれは肩の廻りが不十分なのでしょうか?
是非教えてください。

こんばんは

僕は、トップで左腕をたわませるせいか、フェースはオープンです。でも、何の問題もないのはどうしてかなぁと前から思ってました。今回の記事の内容はよく言われるので。左腕のたわみは杉原プロはじめ、昔はたわませないといけない、と言われてましたが、今は左腕を伸ばせ、というのが主流みたいですね。でも、僕はうまく行く。なんでかなぁ。
吉田一誉プロは、ロングアイアンではフェースオープンにしろ、と言ってましたね。
結局どの問題も深く掘り下げると、千差万別で難しいんですかね。でも、指針がないとまた困りますし。
難しいなぁ。

ちょうど 今ひめこが 再チェックしてる部分の記事です~!!
助かります~
コックを作ってパッと上げればラクチンなんですけどいらぬこと考えて(右股関節に体重をもっと乗せようとかトップは高くとか?)コンパクトを目指していながらもうそれ以上いいよーってとこ以上に動きすぎて
コンパクトスイングから縁遠いのです~(涙)

ありがとうございました!!!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR