ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

タメるには左腕リード

 フェアウェイバンカーショットは技量が出ます。

少しでもダフったら誤魔化しが効きませんからね。

ダフらない為にはどう打つべきか認識しているのか、

そしてそれが出来るのか、技量が出ます。


 以下が主な注意点です。

1、左腕・左サイドリードでタメがある

2、下半身(踵、膝、腰)がバタつかず安定

3、頭・右肩の上下動がない

4、必要に応じてクラブを短く持つ習慣を付ける



また、宮里優プロのレッスンの一部を紹介します。



最も大事な事は、左手リードです。

右手で打つとタメが解けると言っています。


 両腕あるのだから左右両腕使える方がもちろん良いのですが、

まずは右腕より左腕の方がよりしっかり使えると言う事が大前提です。

そもそも左側にあるボールを左方向に打つのですから

常識的に考えても左肩支点で左腕を引いて使って、

左側に払うほうが有利です。


 これを右腕で右肩支点で左側遠くにある球を右から押し出す様に

左へ打つのはどう考えても不自然で非合理的です。

当然右サイドが思い切り被って行かないと球を押し切れません。

想像しただけでもとんでもなく酷いスイングになりますよね。


 しかし、実際問題右利きの人で左腕の方がよりしっかり使える

と言う事は普通は不可能です。


ですから左腕をしっかり使えるように日頃から鍛錬する事は

非常に重要な事ですが、利き腕の右腕を超えることは不可能です。

従って、右腕は常にかなりセーブして使う必要があります。


 右腕を使いすぎると以下の様な悪循環になります。

利き腕の右腕を使う=右腕が力む=右手首が伸びる=コックが解ける

=右肩からヘッドの長さが伸びる=ダフる

または、右腕が力む=アーリーリリース=インパクトゾーンで減速

=飛距離が落ちる & 抜けが悪い

さらに、右腕が力む=右手主体スイング=右肩支点=最下点が球の手前

=ハンドファーストにならない=ダウンブローにならない

=アッパーブローで擦り上げる=トップボール頻発=方向性悪い

まだまだ、右腕が力む=右肩支点=左に乗れない=明治の大砲
 

 右腕を完全に殺すわけではないのです。

当然両腕使います。

しかし、意識的に右腕を使うメリットとデメリットを考えた場合、

デメリットの方が遥かに大きいと言えるでしょう。

利き腕の右腕は潜在的に既に十二分に使われているのですから

使う意識は皆無で全く問題ないのです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR