ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

ダイナミック ゴールド シャフトの硬さについて 1

 誰でもアイアンでシャフトの硬さに悩まれると思います。

特にダイナミックゴールドの硬さについては不明な点が多いです。

知れば知るほど不思議ですよね。

ダイナミックゴールドの硬さについては老舗のクラフトマン

でも良く分かっていないことが多いですので、

ちょっと解明してみましょうか。


 実はトゥルーテンパー社のダイナミック・ゴールドだけでも

9種類もの設定があります。

R200/R300/R400、S200/S300/S400、X100/X200/X300

同じ種類のシャフトのフレックスの違いは

チップ(先端)カットによるチップの長さ(1stステップの長さ)

の差ですが、違うシリーズの同じフレックス同士はチップの長さは

同じなので、重さの異なる全く違うシャフトです。

(製造ラインは同じで個体差で選別されているとの説がありますが、

その方がむしろ面倒だと思いますし、それでも誤差が大きすぎる。)


しかし、X200、X300は見たことないです。

さらに番手ずらし、チップカットも考えていくと振動数フローで

管理しないと難しいですね。

そうすると、重量フロー、バランスフロー、スパイン計測

もやりたくなります。

ロフト、ライ角調整など朝飯前です。


もし、クラフトマンに「全部やってね」と言ったら100%

嫌な顔をされます。

実際全部出来ないところも多いですし、しっかりやるところは

カスタムではそれなりの金額を取られます。


しかし、実際問題DGのシャフトは個体差が非常に大き過ぎるので

実にクラフト泣かせのシャフトです。

重量もかなり違う、従って厚さが変わるので硬さ、キックポイント

も固体でかなり違う。長さも当然数ミリ違います。

ロットのよっても全然変わります。

それどころかスパインも全然計測できないほど

曲がっているものもあります!!

ヘッドに刺す前に机の上で転がすと直ぐに分かるのです。

でも刺してしまえば分からない!!

あなたの中国工場で組み立てられたツアーステージの最新アイアンも、

素人職人が踏んづけて曲がったシャフトが

適当に刺さっているかも分かりませんよ。



ダイナミックゴールドツアーイッシューと言う、

誤差がないだけで価格が3倍もする全く同じシャフトが

平気で販売されている事を見れば、いかに通常品の品質管理が

適当で誤差がでかいか分かると思います。

ただ、1本1,600円で買えるので決して文句は言えないのですが、

相当しっかりチェックして組まないと危険なのは確かです。


殆どのカスタムアイアンでで使われるGolfPrideのツアーベルベット

も上下5g程度の重量誤差がありますからね。

シャフトとあわせたら10gの誤差は余裕で出ます。

だから重量フロー、バランスフローは非常に重要です。

3gなら分からなくても10g近ければ誰でもわかりますし、

球筋も番手ごとに明らかに変わってしまいます。


 下は、振動数のグラフです。38インチ合わせだと5番アイアン

の硬さの比較ですね。グラフでは大した差ではなく見えますが

Xはダントツで硬いです。

ちなみにS400はS300より少し硬くて重いくらいです。

下の二つのグラフはGolfclub数値.com店長ブログ

店長のかとけんさん作成のグラフをお借りいたしました。

img013.jpg

ありそうでない貴重な資料です。

このグラフではSシャフトとXの差がはっきり分かりますね。

S200、S300,S400はそれ程差はありませんが、

X100は飛び抜けて硬いです。手にガツンと来ます。

これは明らかにパワーで打てるかどうかと言う問題ではなく

かなり慣れていないと違和感がある硬さと衝撃です。

このグラフも分かりやすいですね!!

ゴルフクラブ数値.com 店長のかとけんさんどうもありがとうございます。

今度是非S400も入れてくださいね。

ついでに0.5インチと1インチのチップカット後の

各シャフトの振動数の変化のデータも欲しいなぁ~。

img012.jpg


 下の振動数の表はメーカーの仮止め状態の公称値です。

実際はもっと高めに出ます。

しかし、7番で10違います。振動数で10はかなり大きな差です。

これは悩むレベルの差ではなく打ってみれば即座に分かります。

硬いというより球の硬さの衝撃が全く違います。

私のX-tourは接着寸が長いのでX100で361でした。

普通でない程のかなりバカバカしい硬さでした(笑

クリックで拡大
DG 振動数


 次回、S200,S300、S400とX100の違い、

チップカット、番手ずらし、ミズノの番手ずらし、

チップカット

市販ウェッジに使われているウェッジフレックスとは何か?

ステップの高さが全く違うテーラーメイド製アイアンの

DGパラレルシャフトの違い等について書きますね。 
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ありがとうございます

こんばんは。

>限界まで引くと力みや、肩が上がって行き過ぎる可能性がありますから胸が飛球後方まで向けば十分でしょうね。むしろ捻転が強すぎると体が早く開いてしまう弊害がでる可能性があります。

なんでも限界はまずいですね。
ついつい意識過剰でした。
毎度のことですが、このパターンでスイングを崩してしまうことが多々あります。

腹筋に適度な張りを保てるトップですね。
ありがとうございます!!。

おっさんさん途中でしたね。Re: お世話になります

> 腕を上げる事でストッパーを掛けると肩が上げる様に感じました。

テコの原理でヘッドを上げるので左グリップを押し下げてヘッドを上げます。
最初にこれがないと「左グリップを押し下げる事でヘッドを押し上げる感覚」が出ません。
膝付きスイングの要領です。
小手先でスッと上げてしまうとずるずる肩が上がります。
左グリップを押し下げると脇が締まり肩は上に上がらず、ヘッドは体から遠くに低く上がるだけです。
この時左肩が落ちないように注意して両肩の高さを変えないようにします。
この感覚が分かるとオーバースイングはかなり消えます。
コックが分かり、タメも維持しやすくなります。

おっさん さんこんにちは!!Re: お世話になります

> 今回の記事はドンドンと突っ込むべきと思います!!

アイアンはスコアの要ですからね。合わないクラブなら最悪ですよね。

> 左斜腹筋?がトップを作るストッパーになるのでしょうか。
> ここが意識できると振りぬきが変わってきました。
> フィニッシュでクラブが首に巻きつくようになりました。

そうです。腹筋がストッパーです。腹筋かなり使います。使わないとスイングが締まらないですね。
どこまでもダラダラ回ってしまいます。

> 腕を上げる事でストッパーを掛けると肩を上げる様に感じました。

テコであげるので左グリップを下げる事でヘッドを上げます。
最初にこれがないと左で押し上げる

> バックスイングでシッカリ左腕で左斜腹筋を限界まで引張る(捻る)と左足が勝手にダウンスイングに入る感じがします。
> 左膝は動かさないようにしないと(実際動いていますが)この感覚はありませんが。

限界まで引くと力みや、肩が上がって行き過ぎる可能性がありますから胸が飛球後方まで向けば十分でしょうね。むしろ捻転が強すぎると体が早く開いてしまう弊害がでる可能性があります。

> この感覚からは、とても腕がリラックスしたまま振り切れます。

それは非常に良い傾向ですね。

> 問題はハーフショットがこの感覚では作れない。
> どこか意識の間違いでしょうか。
> それともハーフショットはアプローチの延長と考え別物でしょうか。
> 如何なものでしょう。

> 別件でアプローチの件ですが、加速しながらユッタリ振るアプローチは下り傾斜でも武器になりそうです。
> 怖がってぶつけておしまいのアプローチより球がユックリ飛びますね。
> 勇気がないと出来ませんが、何とか身に付け武器にしたいです。

アプローチは全てインパクトまでなるべくゆっくりで加速が基本です。
そして素振りの再現ですね。

私は昔から砲台の登り斜面での10~20yの距離感が問題です。
クラブ選択のミスが多いのか兎に角寄りません(笑
どショートか大オーバーが多いです。
まともにワンパットはないですね。

これを嫌がって突っ込むと奥から下りで3パットで大事な所で撃沈が多いですね。
自分で言ってる位ならひたすら練習して得意にすれば良いんですよね。
今度集中的に練習します(笑

お世話になります

こんばんは。

今回の記事はドンドンと突っ込むべきと思います!!
>ただ、1本1,600円・・・

3万円のシャフトも同じですよ!!
ってゴルキチさんに怒っても矛先が違いますが(失礼しました)。

トップの作り方、有難うございました。
初心者並みの質問でお恥ずかしい限りです。

バランスディスクの件ですが、下半身と上体の切り分け。
左斜腹筋?がトップを作るストッパーになるのでしょうか。
ここが意識できると振りぬきが変わってきました。
フィニッシュでクラブが首に巻きつくようになりました。

>多くのアマの問題点は、むしろ逆にトップが行き過ぎて、腕が力んで、右肩が上がり、 左肩であごを押し上げることですね。

腕を上げる事でストッパーを掛けると肩を上げる様に感じました。

バックスイングでシッカリ左腕で左斜腹筋を限界まで引張る(捻る)と左足が勝手にダウンスイングに入る感じがします。
左膝は動かさないようにしないと(実際動いていますが)この感覚はありませんが。

この感覚からは、とても腕がリラックスしたまま振り切れます。
左肘を伸ばしきるまでにはまだまだですが、フォローで右腕が水平になった位置で
ヘッドは水平より僅かに上がった程度です。

問題はハーフショットがこの感覚では作れない。
どこか意識の間違いでしょうか。
それともハーフショットはアプローチの延長と考え別物でしょうか。
如何なものでしょう。

別件でアプローチの件ですが、加速しながらユッタリ振るアプローチは下り傾斜でも武器になりそうです。
怖がってぶつけておしまいのアプローチより球がユックリ飛びますね。
勇気がないと出来ませんが、何とか身に付け武器にしたいです。

かとけんさんどうもです!!Re: 今度チップカットをデータにまとめてみますね

> 今度、時間ができた時にでも、チップカットによる振動数変化をきちんとデータにまとめてみますね。

是非お願い致します。非常に貴重だと思います。

私は江戸川区に住んでいます。新浦安はいつも行っています。
今度お会いしたいですね。
できたらクラブについてもお話伺いたいです。
今日たまたま、竹林さんの「ゴルフクラブの真実」読んでます(笑

そう言えば中国人観光客は13,000,000円のクラブセット買って行くそうですね。
バブル期の日本以上ですね。

今度チップカットをデータにまとめてみますね

今度、時間ができた時にでも、チップカットによる振動数変化をきちんとデータにまとめてみますね。

一つ言えることは、ウッドシャフトの0.5インチチップカットと、3番アイアン用シャフトの0.5インチチップカットと、ウェッジ用シャフトの0.5インチチップカットとでは、後者になるほど、振動数変化が大きいということなんですよね。

これは僕は毎日のようにシャフトのチップカットをしながら振動数の調整をしていますので実体験として分かります。

今後とも、よろしくお願いいたします。

かとけんさんコメントありがとうございます!!Re: ご紹介&リンクありがとうございました

> アイアンシャフトのチップカットを一律に0.5インチとか1.0インチとかしちゃうと、振動数フローがもの凄く急な傾きのグラフになっちゃいます。短いクラブほど、同じ0.5インチでも振動数が急激にアップして硬くなっちゃうんです。ウェッジのシャフトを0.5インチもカットしちゃうとシャフトにもよりますが、10~15cpmは硬くなっちゃうと思います。

そこまで変わるでしょうか?
S200とX100でチップが2インチ違って各番手10~15cpm違いです。
10CPMはとんでもなく凄い差です。
しかしミズノの番手ずらしとそうでないものは0.5インチ差ですが
実測でもせいぜい1~2cpm位しか変わりません。
1~2cpmは恐らく普通のプロでも体感できないと思います。

1インチカットのクラブの実測でも5cpm位しか変わらない感じです。
同じクラブでテストしてみないと正確には分かりませんが。

ただ確実に言える事はS200とX100はチップ長が2インチ違う事。
仮にS200を2インチカットしてもX100より確実に柔らかい事、
するとS200の2インチチップカットでも10~15以下しか変わらない、
その半分の1インチなら計算上でも5~7.5位しか変わらない
実際1インチチップカットのアイアンの実測値もその程度の感じです。

ちなみに、ミズノの2009年11月までのアイアンは実質2cm近くカットされています。
ミズノのホーゼルの穴の深さは殆ど32mmです。
これは0.78インチカットに相当します。
それを平気で売っていて、購入者も平気で使っていたのです。
もちろん知っている人は多少硬いと分かっていて使っていて、
カスタムで番手ずらししていた方もいると思いますが。

やはり同じクラブで組んでみて実測地の正確なデータを作る価値はありますね。

ご紹介&リンクありがとうございました

ゴルキチさん、おはようございます。
ゴルフクラブ数値.comと当店ブログのご紹介&リンクありがとうございます。
今後とも、当店サイトを有効にご活用下さいね。
ちょっとマニアックな話になりますが、アイアンシャフトのチップカットを一律に0.5インチとか1.0インチとかしちゃうと、振動数フローがもの凄く急な傾きのグラフになっちゃいます。短いクラブほど、同じ0.5インチでも振動数が急激にアップして硬くなっちゃうんです。ウェッジのシャフトを0.5インチもカットしちゃうとシャフトにもよりますが、10~15cpmは硬くなっちゃうと思います。ちなみにドライバーシャフトだと、0.5インチチップカットしても振動数は2~3cpmしか変わらないんですよね。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

タイガーカムバック さんこんばんは!!Re: グリップスピードの加速

例えば20Yアプローチでアドレスからコックだけで8時まで上げます。
左グリップを押し下げるだけでテコの原理で右グリップ支点でヘッドが上がります。
そこで出来たコックを全く解かず右手首を甲側に曲げたままインパクトします。
かなりアドレスよりハンドファーストでインパクトになります。

まず、インパクト前のスピードはかなりゆっくりです。
体の回転スピードまでヘッドスピードを落せるくらいゆっくりです。
インパクトまではコックは一切解かないのでヘッドは体の回転以上に殆ど加速しないのです。

インパクト以降に初めてコックをリリースしてヘッドを加速しながら球を捕まえます。
その時ハンドファーストのグリップはボールを通り越しても、インパクトを終えてもまだ加速していきます。

これが「インパクトまでタメを解かない」と言う事です。

最下点の位置の意識も私と違うと思います。私は球のずっと先です。30cm位先のイメージです。
だからそこでもグリップは加速し続けます。もちろんグリップを加速させながらリリースでヘッドを加速させながら一気にローテーションします。
グリップの加速とローテーションは全く別問題なのです。

グリップは左ではなく飛球方向に加速していくので体の前から外れません。
インに引き込むと体から外れていくのでまずいです。
飛球方向に伸びきったら肘を上にたたんでいきます。

回転運動の意識があると左に引き込んでしまいます。
するとヒッカケや、逆に押し出しが出ます。

いかがでしょうか?

グリップスピードの加速

ゴルキチさんご無沙汰しております。
てか、読んでるんですけどね。
なかなか出番がなくって(苦笑

少し前のお話になりますが、「グリップスピードもずっと加速」という記事がありましたよね。
自分的にはかなり違和感がありましたが、陰でこそこそと取り組んでました(笑
で。。。ですね。
やはり僕には無理。。なのかな?
て言うか、ゴルキチさんは本当に腕を脱力させることができるのでしょうが、まず、ここが僕にはできないようです。
結果。。。
僕の場合は、グリップエンドを加速で振るのは最下点止まり。
ここで両脇が締まって、大袈裟に言うならここでスイングは終わり(笑
そこから腕は最高に脱力すれば、何故かフィニッシュが大きく納まるようになりました。
一番曲がらないポイントになりました。
最下点から脱力すれば、手が体幹を越えることがなく、体の正面から外れないのだと思いました。
言い換えれば、最下点から先は身体の切れに腕が着いていくだけで、胸の正面で大きなフィニッシュができる。
大きなフィニッシュまで腕を振ろうとすれば、腕が力んで正面から手元が外れて球は曲がる、と思うのですがどうでしょう?
言葉にすると難しいのですけど。。。

はじめまして

はじめまして。
ゴルフクラブ数値.com店長のかとけんと申します。
興味深い内容の記事ですね。
さて、振動数のグラフと剛性分布のグラフは当店の画像ですね。
当店のサイトの画像を転載される場合には、当店のサイトから転載したものだと一言お書き頂き、可能であれば、当店のサイトへのリンクを貼って頂けないでしょうか?
画像の無断転載に対する苦情と言う訳ではございません。
貴ブログは、人気が高く影響力が大きいと思いますので、宣伝とリンクにご協力頂ければ幸いに存じます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR