ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

左手甲の角度で常にフェースを意識

 GOさんへの回答の続きです。

>左肘(腕)の動きは手の甲を球側に向いてるように
身体正面までもってくるということでしょうか?



 そうです。左手の甲の向きは常に意識します。

左腕の回転(内旋・外旋)、左脇の締め具合、

左手首甲側の角度でフェースの向きが決定
します。

 ビジネスゾーン両端の9時と3時でほぼトゥーが真上、

もっと正確にはほぼ前傾に対して平行
(グリップにもよるが)

が目安です。この時ヘッドもグリップも肩のラインに対しては

ほぼ正面で(腕は体の範囲でV字に動くので)

ほぼアドレスと同じ位置関係ですから、

左手甲の角度も体に対してずっとアドレスのままです。

要するに腕はV字、横の動きは体の回転だけ。

腕も横に振ってしまうとテークバックでは左手甲の角度は

上を向き、へッドは右=インサイドにずれます。


9時、3時以上では水平素振りと同じフェースローテーション

になります。

膝付きスイングでテストするといかに間違っているか

良く分かります。膝付きスイングで3Iか4Iで

少しティーアップした球を打つと殆どの方はダフリます。

フェース面、ローテーションをしっかり管理できていないからです。

また、グリップが少しでも浮いていてもダフリます。




トップではアドレスをV字に持ち上げた角度になります。

ここが狂うとダウンで修正する手間が増え精度が落ちる訳です。

宮里優プロのビデオを参考に見てください。



また、ダウンではシャフトが寝やすく

(背中側や飛球後方側に倒れ易く)なります。

シャフトが寝ると左手甲は上を向きます。

従って、ダウンではなるべく左手甲を立てる様に意識します。

伸筋を使い、脇を締め、両肘間隔を締め、左手甲を立てます。

(もちろんやり過ぎてシャットになってもまずいです)

壁にお尻を付けてスイングして、後ろの壁にヘッドが

当たらないように振ります。

すると要領が分かります。

更に、飛球後方側にシャフトを立てる為にはコックを維持

しながら、グリップを真下に下ろす
必要性があります。

長くなったので続きはまた次回です。

次回は体重移動、右足蹴りの方向についてです。

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR