ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

体重移動・蹴りの方向 2 ドリル

 右足の蹴りが良く分かる二人のプロのビデをを紹介します。

最初は尾崎直道プロです。

両足を蹴り過ぎで下半身の伸び上がりの賛否両論ありますが、

重要な頭の高さは維持されています。



次は蹴り部分の超スロービデオです。



写真は地面を蹴った反作用の方向を矢印で示しました。

これはビデオで膝の伸び方で分かると思います。

直道蹴り方向



 次は、飛ばし屋の上田諭尉プロです。

彼も膝の動き、足の伸びで蹴る瞬間、方向が良くわかります。

軸が安定しているので非常に切れが良いスイングですね!!




蹴る部分の超スロービデオです。


 
直道プロの分析同様です。

上田プロ 右脚蹴り


ゴルフの右脚の「蹴り」は非常に特殊な蹴り方で

捻りながら、複数というか微妙な方向にへ蹴ります。


その条件は、

スウェイしないで軸を容易に維持できる蹴り、

上体が伸び上がらない蹴り

腰の回転を加速する蹴りが、重要な課題になります。


従って技量によって蹴りの強さは変わります。

軸を維持できる範囲でしか蹴れないのです。



 以下蹴り方を説明します。


1、右脚を捻るのは外旋(右=時計回り)で飛球方向とは反対です。

外旋しても足裏は地面で固定されて動かないのでいるので、

反作用で腰が反対の左に回ります。

これで腰の回転が加速されるのが分かると思います。


蹴るのは真下の地面と踵後方方向です。私の意識は。

恐らくこの感覚は人によって様々でしょう。


2、真下に蹴り、反作用の方向は骨に沿って斜め上方の

右股関節方向
になります。

これによって右腰の回転が加速されます。

但し伸び上がらない程度です。


3、右踵後方への蹴りは、右脚を伸ばす意味です。

上の二人は右脚がきれいに伸びています。

股関節の稼動域が広くないときれいに伸びません。

また、必ず右ももを左ももにくっつけるように伸ばします。

そうしないと右膝が前に出やすくなったり、

下半身が安定しません。




 いくつかドリルをやってみましょう。クラブは要らないです。

良く分かるはずです。

左水平への蹴りと、上の股関節方向の蹴りで比較してみましょう。

1、スウェイが全く違う

2、軸の維持が全く容易

3、腰の回転スピードが全く違う


ことが良く分かると思います。


また、1,2,3はいずれも足裏全体で地面をしっかり掴んでいないと

力強く出来ません。


次に、1~3を足裏全体と、踵を上げた状態で拇指球だけと比較

してみてください。

明らかに足裏全体の方が腰の回転は圧倒的に力強く、速く、安定します。

踵が上がっていたら左足一本を使えるだけなのです。

非常に弱く、不安定で、軸の維持など出来ません。

足裏全体を使うので地面を強く踏み込め、その反作用を受け取れるのです。


また、全く蹴らずに足の捻りの比較でも良く分かります。

1、右脚爪先立ちで左足一本で腰を回転する

2、左足爪先立ちで右脚一本で腰を回転する

3、両足踵を付けて足を捻って腰を回転する

どれが一番力強く、しかも軸を安定して回転できますか?

迷う余地が無いですよね。

両足の足裏全体でしっかり地面を掴んでいるから軸が安定して

力強く振れるんです。
設置面積が広くないと強くねじれません。

ビデオでも飛ばし屋の上田諭尉プロはゆったり振っているのに

速い!!

間違っても左水平に蹴っていないから軸が安定するのです。

インパクトまで横に大きく体重移動する意識が無いから、

左足が力まなくても壁は簡単に出来るのです。

体重移動は右股関節から左股関節ですから

20cm程度の極僅かで良いのです。

右足裏から、左足裏と考えるとスウェイします。


また、壁を作るのは右サイドの役割です。

左サイドで壁は出来ません。

右踵が上がらなければ壁は出来るのです。


そして、インパクトまで右踵はめくれない。

もちろん多少は上がります。しかし僅かです。

上げようとしない意思が良く見えます。



腰の回転なんて、直線運動と違うんじゃないか?

と思われるかもしれませんが、

軸を維持して、クラブは「縦軌道」で真っ直ぐ動く意識です。

体も飛球線に沿って直線運動ではありません。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Links さん Re: タイトルなし

あはは。
Kink、Kinky はヤバイですよね(笑

> 確かにKinkyな所が、特にゴルフに関して、有るかも(笑)です。

私もそうですよ。

> 加速しながらのインパクトのための足での「押し」ですね。
> いつも丁寧なご説明有難うございます。

あと自分としてはフォローもなるべく直線で、フェース面を維持して振りたいので
右手首の甲側の角度を維持して「押す」感覚を持ちたいんです。
ついつい叩きたくなるので、「引っ叩く」意識を消したいんですよ(笑

ゴルキチさん
確かにKinkyな所が、特にゴルフに関して、有るかも(笑)です。
加速しながらのインパクトのための足での「押し」ですね。
いつも丁寧なご説明有難うございます。

Linksさん Re: タイトルなし

Kinksさんになっちゃった(笑
ゴメンナサイね!

denさん Re: ありがとうございます

> 右足外旋はクラブを握らずに足の動きだけでやってみると理解できました。クラブを握ると余計な力が入るのでうまくできるかわかりませんが…

分かりますか!両足できますよ。
そうなんですよ。レンジで球を打つよりよっぽど良く分かりますよ。

> フォローのV字軌道は、右肩上から振り下ろして下向きの強い慣性が働いている状態で左肩上に上げていく動きがどうしても上手くいきませんでした。グリップが左に逃げ、ヘッドはカット軌道になってしまいます。
> 体の回転不足なのか、テイクバックで右肘が早く曲がりすぎているのか…
> アドバイスいただいた点をこの週末で実践したいと思います。

肘が早く曲がるということは体が回っていない証拠ですよ。そういう方は手で上げてます。
体を先に回すくらいのつもりでやってみて下さい。決して体がリードするわけじゃないんですが。ヘッド、グリップ、体が連動しないと決して真っ直ぐ飛びません。
グリップをへそにつけてテークバックしてください。苦しいでしょ。へそをそうやって回さないと。しかも尾骶骨は動かない。苦しいでしょ。
三角形を維持しろといいますよね。2等辺三角形です。右肘が曲がると2等辺三角形が崩れて潰れますよね。それを「懐が潰れてる」といいます。なるべく腕を伸ばして懐を大きく使います。テークバックもフォローも。藍ちゃんがそうです。出来ないという事は硬いんです。ストレッチが必要です。

シャドーでゆっくり振れば良いんですよ。9時3時のハーフスイングの素振りで、まずは腕はV字じゃなく真っ直ぐ垂直に上下させながら、体を回転させるだけです。絶対に腕は横に動かさない。
ゆっくりやって少しずつ加速していく。そのうちドライバーのフルスイングでも可能になります。

> ホント、ゴルフは難しいですね。でも謎解きパズルみたいに正解を探してあれやこれや試行錯誤を繰り返すのもまた楽しいです(笑)

難しいですねー。プロでも悩みまくってますからねー(笑

Kinksさん Re: タイトルなし

Linksさんこんにちは!!

> 「右踵が残ればインパクト以降、球を自在に右足で強く押せる」と言われている「押す」感覚は右ベタ足で真下に向かって蹴る事自体と考えて良いでしょうか?
> べた足を維持して、つま先蹴りにならなければ右足は自然に外旋するはずですね。

LinksさんはUP5も長いので体感で良く理解されていると思います。
最も重要なことは、下への圧力のかけ方なんです。見かけで沈み込む訳ではなく浮かないんです。
これは本当に難しい!!毎回注意され、凄く苦労しました。少しでも上体が力めば必ず浮くんです。松山コーチと比較するとこの下への圧力のかけ方が圧倒的に違います。だから彼は小さく軽いのにメチャメチャ飛ぶんです。私より25kg軽いんですよ。

踵が浮いて爪先立ちだと外旋できませんよね。外旋しながら蹴り上げるのですが踵も使って蹴る意識だと踵が浮かさないようにアキレス腱を伸ばして足の後ろ側を伸ばしていきますよね。
サッカーや空手の様な蹴りと違うので、外旋して捻るように地面を外側に「押す」、蹴り上げながら・足を伸ばしながら地面を真下(右脚の骨に沿って)に「押す」、踵でもしっかり「押す」、そしてその結果、股関節を「押して」(直道の様に上ではない)右腰を回転させるという「押す」という様に、「押す」感覚を凄く持っています。また、「押す」パワーを最大にする為に重心を常に下に下に落とし、下へ圧力をかけなければいけません。その為に骨盤前傾維持で押す、上から下へ重力落下で圧力をかける、上体の脱力、伸筋を使う、両肘間隔締める、グリップを下げる、など沢山課題はあります。

ドラコンでは下へ圧力をかけること、バックスピンを減らすことが兎に角最大の課題でしたね。

今度松山コーチの369Yの分解写真を載せます。ドラコン決勝大会で全国25位でしたが、全く踵が浮かず下への圧力が凄いですよ!!
体は決勝大会で最も小さく軽いのに、間近で見るとその威力は本当に不思議です。
どこからそのパワーが出てくるのか!!

ゴルキチさん
回答有難うございます。
「右踵が残ればインパクト以降、球を自在に右足で強く押せる」と言われている「押す」感覚は右ベタ足で真下に向かって蹴る事自体と考えて良いでしょうか?
べた足を維持して、つま先蹴りにならなければ右足は自然に外旋するはずですね。

ありがとうございます

早速ご回答いただきありがとうございます。

右足外旋はクラブを握らずに足の動きだけでやってみると理解できました。クラブを握ると余計な力が入るのでうまくできるかわかりませんが…
この週末、早速やってみたいと思います。

フォローのV字軌道は、右肩上から振り下ろして下向きの強い慣性が働いている状態で左肩上に上げていく動きがどうしても上手くいきませんでした。グリップが左に逃げ、ヘッドはカット軌道になってしまいます。

体の回転不足なのか、テイクバックで右肘が早く曲がりすぎているのか…
アドバイスいただいた点をこの週末で実践したいと思います。

ホント、ゴルフは難しいですね。でも謎解きパズルみたいに正解を探してあれやこれや試行錯誤を繰り返すのもまた楽しいです(笑)

Re:匿名さん

メールフォームからコメント頂きました。
はじめまして!!
コメント大変有り難うございます。

>最近は、思いついたらブログを拝見いたしております。
>その度に関心させら、納得しては練習をするようにしております。
>現在は、HC5になって3年ですが、ほとんど我流でしたので限界を感じておりました。
>ゴルキチさんのブログは、そんな私にとって最高のレッスンになっており、
>いままで何も知らずにゴルフをしていた自分が恥ずかしいです。
>これからも色々なアドバイスを宜しくお願いいたします。

HC5ですか!!私よりお上手ですよ。私は昨年は春からドラコンオンリーでしたし、
ストローク競技復帰直後の10月以降は手首の怪我で全然ダメですよ。
目標のHC5もまたまた延期です(涙
ただドラコンと怪我のおかげでいろいろ非常に勉強になりましたが。

しかし、HC5の方にお褒め頂いて本当に光栄で、うれしいです。
こういう方々と交流できるのですから、下手なブログでも続けてきて良かったと思います。

私は経験した事がありませんが、HC5の壁は大きいでしょうね!!
私なんかシングル入りしてから15年以上経っても進歩ないですからね。
トップアマと回ると精神的に全然甘いと感じます。
少しでも「飛ばしたい」と思っているうちは余程の才能がなければダメですね。
子供達を見ていて思いますが。自分には全く子供達の様な素晴らしいセンスなどありはしません。

これからはもっと泥臭くても執念でスコアに固執しないと私は絶対に5下にはなれないな思います。

こちらこそ今後もご指導お願い致します!!
またコメントお待ちしています。

denさん Re: ご無沙汰しておりますおります


こんにちは!!

> 「右足の蹴りは外旋」をクラブを持たずにやってみて、なるほど!と思いした。これだと右膝が前に出ず、踵も浮きにくいですね。実際にクラブを握って実践したいと思います。

分かりますか!!今度ビデオで乗せますね。両足で捻ります。すると右踵が上がっているといかにパワーをロスするか分かるでしょ?

> 話は変わりすが、V字軌道について教えていただけないでしょうか。
> まず、テイクバックとフォローは体の横回転がないとすればどの位置に上がっていくイメージでしょうか?

縦にしか動きません。右肩上に上げて、アドレス位置に下げて、左肩上です。だから肩幅の間です。それをレッスンでは、体から外に出ないとか、体の正面にある、といいます。

実際にテークバックでもコックは体の真正面で縦に上に上げます。そうしながら体が回っているのです。
だからダウンはその反対でほぼ真下(V字ですが)に下りるのです。

さらにフォローも同じで左肩真上に上がります。だから壁にお尻をつけて振ってもヘッドが壁に当たらないように(実際は長いクラブはフラットになるので離れないと当たりますが)振れるのです。


> また、恐らく私の理解が間違っていると思うのですが、フォローでもV字軌道を描くにはインパクト付近で減速するか、手首を不自然に使わないとそうならないイメージがあります。

最初は違和感あると思いますが、手首の動きは不自然にはならないです。
むしろ左手首への負担は全然少なくなります。
そして直線軌道に近いので全然ラインは出しやすいですよ。

フォローではヘッドが加速しているのでインに入りやすいです。
また前傾が起きたり、上体が突っ込んでも、左肘が早く曲がってもインに入ります。

両手を伸ばして体の正面を維持する努力をします。体がしっかり回っていないとフォローで左腕は伸びません。右脇を締めコンバインドで紹介しました「縦軌道」にします。右側軌道も出来れば要領が分かります。やってみると直ぐに出来ますよ。そして、ハーフスイングでV字でやってみて下さい。だんだん分かりますよ。

> つるはしを重力を使って振り下ろすイメージも理解できるのですが、下ろし切ってから左肩(?)に上がっていく部分のイメージがどうしてもしっくりきません。

もっと左という事でしょうか?

体が回っていないからです。クラブ無しで右向いて前習え、左向いて前習えですよ。
クラブの遠心力でヘッドが行き過ぎてるんです。

いかがでしょうか?言葉では難しいと思います。
不明か誤解があったら、またコメント下さいね。

ご無沙汰しております

ほぼ毎日、ブログ拝見させていだだいてました。いつもタメになる内容ありがとうございます。

「右足の蹴りは外旋」をクラブを持たずにやってみて、なるほど!と思いした。これだと右膝が前に出ず、踵も浮きにくいですね。実際にクラブを握って実践したいと思います。

話は変わりすが、V字軌道について教えていただけないでしょうか。

まず、テイクバックとフォローは体の横回転がないとすればどの位置に上がっていくイメージでしょうか?

また、恐らく私の理解が間違っていると思うのですが、フォローでもV字軌道を描くにはインパクト付近で減速するか、手首を不自然に使わないとそうならないイメージがあります。
つるはしを重力を使って振り下ろすイメージも理解できるのですが、下ろし切ってから左肩(?)に上がっていく部分のイメージがどうしてもしっくりきません。

久々のコメントなのにまた質問してしまって申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

押し込み方向、左手甲の向き、膝

お久しぶりです、大分以前にコメントを通じて質問させていただいたひでです。
毎日寒いですねー。
こんな季節に練習場でバンバン打っていると怪我をしそうです。汗

さて、以前のゴルキチさんの記事で若林さんの著作上の写真が出ていてそのときは気づかなかったのですが、
その後書店でふと立ち読みしてみて正拳突きなど、非常にゴルキチさんの内容と似ているしこの写真ゴルキチさんのブログに出ていた!など気づき購入し昨年11月からほぼZ打法まんま取り入れている今日この頃です。

ゴルキチさんもきっとこの本を参考にしたことがあるだろうと勝手に決めつけ笑、ちょっと(と言いながら長くなってしまいましたが)質問です

さて、ゴルキチさんの記事がちょうど今僕の思考錯誤している点と重なったので思い切って質問してみます。

主に3点です。


■蹴りの方向に関して、右腸骨の押し込み方向について

ようやく最近切り返し以降、右足は時計方向に逆回転する、というのの理解と実践が出来てきました。

その際、結果としてコマネチラインはボールに向かって直線的に伸びていくように(右腸骨を左腸骨下に押し込む感じ)感じていますがこの点ゴルキチさんはどこに向かって押し込んでいきますか?

ドライバーでは以前は飛球線上後方で右足から垂線を下ろした交点に向けてコマネチラインを押し出していたのですが、これだとフィニッシュで明治の大砲っぽくなりがちで違うのかな?と思い、
今では飛球線上ボールの10cmほど前に直線的に出すようにしています。
これだと結果フィニッシュで左足に乗り切れます。
(ふと油断すると切り返しで左肩が開かいてしまいミスショットしますが、、、汗)

が、昨日練習場で動画をとってみて愕然としたことに気が付いてしまいました。
HWBですでに右足踵が浮いてしまっているのです。
スタンスが広すぎるのかな。。。

とりあえずまずは、切り返し以降の右腸骨の押し込み方向だけ確認してみたいと思ってます。


■左手甲の向きについて

前回の記事で、ダウンではなるべく左手甲を立てる様に意識します。とありますが、

これも若林さんの著作ではインパクトでも左手甲は上を向くくらいの感じで(二重絞り)右手を左手の上に乗せるくらいに押し込んでいくとあったりしていて、ここは相違点なのかな?と思ってます。

が、あくまでも意識上の違いで結果として左手甲は立ってるのかな?とも思ってます。


ちなみに二重絞りに関して僕は以前これを取り入れたら大分手打ちになってしまい(+アップライトに上がりすぎてしまい)、今では腕の絞りをあまり意識せず、バックスイングでは右腸骨でクラブを引き上げるイメージで行っています。

ただやはりこれだとインパクトの鋭さに欠けたりするのかなーと思って再度取り入れようか悩んでいるところにちょうどゴルキチさんの前回アップされた左手甲に関する記事が!

二重絞りに関しては意識的に取り組むべきか、やめた方がいいのか、どうでしょうか。


■右ももを左ももにくっつけるように伸ばす

これも以前から気になっていた点で、僕はなかなかこれが上手くいきません。

昨日武藤プロのスローモーションを見ていて、フィニッシュ直前で少し開いてた右膝を意識的に左膝にスッとつけているように見えたのです。

僕はどうしても切り返し以降、右足を時計方向に回しながら右腸骨を押し込むと右足が伸びていき、 |\ (背中側から見た足)こんな感じで左膝と右膝が開いてフィニッシュを迎えてしまいます。(わかりづらくてすみません。。。)

くっつけるように伸ばすのと、伸ばしてからくっつける、というのは同じようでちょっと違うなと思いこれもどのような流れなのかを確認したく質問です。



と、かなーり長くなってしまいまして恐縮ですがご回答いただけるとさらに参考になります!
よろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR