ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

デッチリで尾骶骨を動かさない

スウェイしない事が「蹴り」の条件ですが、

左右のスウェイ、オーバースイングを止める効果的な方法は

1、膝(テークバックは右膝、ダウンは左膝)

2、尾骶骨

3、頭

を止める意識
を持つ事です。


良くあるドリルですが壁にお尻を付けて試して下さい。

スイング中は

1、ゴリラスタイルで腕ブラン

2、デッチリでお尻を上向きで、骨盤を前傾させて

3、お尻=尾骶骨を壁に付けて
(フィニッシュ以外)

スイングします。


すると、テークバックで誰でも気がつくことは、

1、トップが高く上がらない!!と感じるでしょう。

しかしそれで良いのです。

上がらないと感じたらなら今までが上げすぎか、

2、捻転が足りなかったのです。

3、そして腰が移動できないので右にスウェイできない

4、だから頭が容易に止まりる

右膝を止めるだけではオーバースイングは止まりません。


ダウンでは

1、左にスウェイしない

2、スウェイしないから右踵が上がらない

3、頭が残し易く、ビハインドザボールが容易になり

4、頭が動かないと左に突っ込まず、上体が被らない

5、結果、軸が容易に維持できる

6、両腕が伸びてしっかりローテーションする

7、自然にミート率、H/Sも上がる


また、壁にお尻が付いていればデッチリが維持され

骨盤は前傾します。前傾も維持されます。

すると骨盤によって下方向に圧力をかけ易く、重心が低く維持され

スイングが安定し、下半身のパワーを使い易くなります。


腰を回転させるのは下半身です。

肩や上体を回して打っている方があまりにも多いです。

いかに上体を開かないで腰を高速回転させるかが課題

その為に「蹴り方」が非常に重要になるのです。

腰の高速回転は結果であり、それを意識し過ぎると

またスイングが崩れますが・・・。


スタンスを広くして腰を大きくスライドさせて

大きく体重移動をした方がパワーが増すと思われがちですが


結果的にはそれ全く逆効果で、

左右の股関節間の短い距離で体重移動する意識の方が

明らかに正確に、効率良く、高速で体重移動でき、

効率よく腰の高速回転に変換できます



また、下の図の様に多少バンプしないと引っ掛ける

と思われる方も多いと思いますが、

それは1の様にフォローが過剰にインサイドに引かれるからです。

3の様に軸が固定されて高速で回転運動していても

ヘッド軌道を直線のイメージで振れれば引っ掛けません。

直線イメージが出来れば、2より3の方が

正確でかつ飛ぶ理想的なスイング
でしょう。

引っ掛けの解決


膝と尾骶骨を止めてデッチリで前傾軸を維持してみて下さい。

オーバースイングがピタッと止まり捻転が出来ます。

そして9時、3時ではなるべく両腕を伸ばしましょう。


スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

勉強になります

相変わらずレッスン受け続けてようやくこのブログで言ってることがわかってきたような気がします。大変参考にさせていただいてます。
質問なんですが、軸固定で軌道まっすぐな三番のスイングにしていきたいのですが、自分のスイングでは、左右に超高速にスイングするとお尻フリフリな笑えるスイングになってます。これは、おそらく軸の安定がないからだとおもうんですが(二番に近いスイングをしていると思います)、これは、骨盤の前傾が足りないと言うことなんでしょうか?それとも体幹筋肉不足による物なのか、はたまた、毎週のようにすすきのに寿司食いにいってるせいなのか、先生のご意見聞かせていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR