ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

腕を伸ばし二等辺三角形・懐をつぶさない 1

丁度良いビデオがありますのでご紹介します。

人気の植村啓太プロです。

左右向いて前習えです。



アプローチに限らず基本中の基本です。

2等辺三角形、懐を潰したらアウトです。

このアプローチの部屋練が最高なんです。



スイングを分析する時テークバックで重視する事の

2点ですが、


1、両腕と肩のラインで出来る2等辺三角形が維持されているか?

兎に角、右肘、右腕がHWBまでしっかり伸びていれば良いのです。

その為には手首のコック、腕を縦に使う(短いアプは手首使わないが)。

コック・手首を横に使って、腕を横に動かすから体の幅から外れる。

外れるから2等辺三角形が潰れる=懐が潰れて狭くなる

=左腕と左胸が近付き、間隔が狭くなりつぶれ、

肩のラインとの角度が小さくなる。

そのままダウンすれば体が開いて100%振り遅れですよね。

肩のラインと左腕で出来る角度を維持する意識です。

それで2等辺三角形は潰れない、振り遅れない。

9時3時で両腕を遠ーくに真っ直ぐ伸ばすのです。

そして尾骶骨が止まっていればオーバースイングなどあり得ない。

トップがぴたっと止まり、捻転が出来ます。


2、骨盤から下が開かず止まっているか(肩との捻転差)?

右膝が止まっていて、尾骶骨はデッチリのまま不動、

するとスウェイできないので左踵も上がらずベタ足のまま。

尾骶骨が止まっていれば、ずるずるオーバースイングにならず

あとは頭さえ止まっていれば軸は維持され、トップは意識

しなくても自然にピタッと止まります。

要するに腰が開かず止まっていれば良いのです。

上体と一緒に飛球後方に回さないで我慢する!!

「腰が開かない」と言うのは骨盤が回っていっても右膝、右脚、

が不同にして、股関節も骨盤と一緒に開いていかないと言う事です。

右脚で固定した右股関節のボールを軸に骨盤が回転しながら

切り上がって行きます。



子供のアプローチのレッスンで必ず毎ショット注意する事。

1、ゴリラで腕ブラン(デッチリ、前傾維持で正しいボールポジション)


2、両腕伸ばして(テークバックで右肘、フォローで左肘伸ばす)

2等辺三角形を維持
(自然に正しいローテーションになる)。

その為に、大きな円弧を描く意識。

「大きな円で振れ」と言えば一発で治ります。


3、8時4時、9時3時、10時2時をキッチリ意識して振り分け

距離を強さや、スピードで調節するのではなく

振り幅で調節する事。


4、手首を横方向に折らない。

子供も無意識に球を上げようとしてフォローで手首を

左手甲側に横に折って球をすくい上げる打ち方をします。

そして左肘が曲がってヘッドを跳ね上げます。

だから逆にトップします。

悪循環でさらに手首でこねてアッパーにすくおうとする。



ロフトで自然に上がるということが分からない。

逆にヘッドを球の下に潜り込ませれば、

球はフェースを駆け上がって球が上がるということが

分からない。

上げたければ逆に打ち込まなければいけない。



両肘しっかり伸ばしたまま三角維持で肩を回す。

アッパーではなくダウンブロー。


これはラケットを使った子供の効果的な練習です。

ラケットで練習

スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

denさん Re: ありがとうございます

> 両足意識してやるのは結構難しいですね(苦笑)

無理する事無いですよ(笑
足に意識が行けば重心が下がります。
徐々に変わります。
足の裏で地面を掴む感覚が出れば体が浮きにくくなります。
地面との接点が多くないと安定性もパワーは出ませんからね。

☆アルバトロス☆さん Re: 初めまして

はじめまして!!
コメント有り難うございます。

リンクOKですよ。
ご自由に使ってください。

またコメントお待ちしています!

ありがとうございます

アドバイスありがとうございます。お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

両足意識してやるのは結構難しいですね(苦笑)
頑張ってみます。

初めまして

初めまして。

つい最近フライングエルボーで検索し
ゴルキチさんのブログに出会った者です。

僕のようなアベレージゴルファーには
【なるほどv-237
と思う内容がびっしり書いてあって
非常に参考になります。

僕はmixiで日記を書いておりますが
そちらでゴルキチさんの日記のリンクを
張ってもよろしいでしょうか?

den さん Re: 両足の動き

> 最近になって、右肘を曲げてインサイドに引いてしまうとシャフトが立たないのが実感できるようになりました。

右肘の位置、右肘の曲がり具合、コックの関係が分かるとテークバック、ダウン、フォローの軌道がチェックしやすくなります。スイング軌道がアンダーにならないようにしたいですね。

> それと、テイクバックは「上げる」という意識は持たない方がいいみたいですね。私の場合、上げる意識がちょっとでも働くと腰が開いてオーバースイングが助長される傾向が強いみたいです。

そう。上げないで飛球後方体の遠くです。上げると体が浮きます。スイングは速いので一度浮くと修正できません。ダウンでの右踵の浮きも速すぎるテークバック、オーバースイングが原因になっていることが多いですね。

> ところで、左足の捻りが「飛球方向と反対」ということは、左足は内旋ということですよね。インパクトに向けては「左足は内旋」「右足は外旋」、テイクバックもこの方向の捻りなのでしょうか?

そうです。骨を中心に捻った方が動かないでその場で使えます。アプローチでもそうです。

両足の動き

ご回答ありがとうございます。

最近になって、右肘を曲げてインサイドに引いてしまうとシャフトが立たないのが実感できるようになりました。
それと、テイクバックは「上げる」という意識は持たない方がいいみたいですね。私の場合、上げる意識がちょっとでも働くと腰が開いてオーバースイングが助長される傾向が強いみたいです。

ところで、左足の捻りが「飛球方向と反対」ということは、左足は内旋ということですよね。インパクトに向けては「左足は内旋」「右足は外旋」、テイクバックもこの方向の捻りなのでしょうか?

今さらな疑問で申し訳ありません。恥ずかしながら、今まで両足ともこの動きには無頓着でした…

den さん Re: 左右向いて前習え

> ビデオ、見てみました。両腕を伸ばすとはこういうことだったんですね。早速、クラブ2本持ってやってみたいと思います。
> これまでヘッドや腕を上げる方向を意識するばかり、小手先で上げてしまっていたんですね。それで結果的に右肘が曲がり、横の動きが入り、体の正面から外れていたように思います。

そうなんです。ただ以前も説明しましたがアマチュアはインサイドに上がる傾向の人が多いです。右肘を曲げないとコックが起こり難いのでどんどんインサイドに引き込んでしまいます。
それが分かっていないと弊害も出るかもしれません。

右肘の位置が重要なんですね。体の前で右にずれちゃうとずるずるインに入っちゃいますね。

> 「右足外旋」の解説は非常にわかりやすかったので、こここでおっしゃっている両足の使い方、ねじりについてもぜひ詳しく教えていただけないでしょうか。

右足と同じ使い方ですよ。飛球方向反対です。左足は皆さん使っています。左肩足で打てばそうなりますよ。

左右向いて前習え

こんばんは。またまたアドバイスありがとうございます。

ビデオ、見てみました。両腕を伸ばすとはこういうことだったんですね。早速、クラブ2本持ってやってみたいと思います。

> テークバックもダウンも両足常に使います。特にテークバックは足と左肩で押します。すると肩が良く入ります。右腕を使うと小手先で上げちゃいます。

ダウンでも両足でねじり加速します。右踵が上がっている方は左足しか使っていません。

これまでヘッドや腕を上げる方向を意識するばかり、小手先で上げてしまっていたんですね。それで結果的に右肘が曲がり、横の動きが入り、体の正面から外れていたように思います。
「右足外旋」の解説は非常にわかりやすかったので、こここでおっしゃっている両足の使い方、ねじりについてもぜひ詳しく教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

denさん Re: こんばんは

> 練習場で右足外旋を意識してやってみました。右膝が前に出る度合いが改善され、右踵が浮きにくくなりました。随分と改善できました。ありがとうございます。

良かったですね。右膝が出るとあらゆるミスが出ますからね。そして両ももくっつける意識ですよ。

> ゴルキチさんが両足とおっしゃっているのは、テイクバックは左足外旋、ダウンスイングは右足外旋ということでしょうか?

テークバックもダウンも両足常に使います。特にテークバックは足と左肩で押します。すると肩が良く入ります。右腕を使うと小手先で上げちゃいます。

ダウンでも両足でねじり加速します。右踵が上がっている方は左足しか使っていません。


>練習場から帰ってシャドウでやってみてふと思いましたが…
>V字軌道の理解はまだまだですが、引き続き練習してみます。

V字に縦に使ってる方って恐らくシングルでも少ないと思いますよ。
ビジネスゾーンで両手の甲側には手首を使わないという事です。体から外れるので。今日のビデオで多少かるかと思います。


>今までは体の回転が不足していたのが原因だったのだろうと思います。この点を今まで以上に回転させるイメージを持つと少し理解できた気がします。

レッスンで回転イメージは体が開き易くなるのであまり好きではないんですが、横の動きは体の回転です。実際飛ばしも回転ですが、回転は結果的と考えた方が良いです。
様はスウェイしないで軸がしっかりすれば勝手に回転速度があがるんです。
回転だけ考えると軸に無理に力がかかり、余計軸がぶれて回転し難くなるんです。


> あとは右肘を曲げないという点もですね。今まではテイクバックで右肘を畳み、フォローで左肘を畳むイメージが強すぎたのだと思います。

以前私もそういう記事を書いていました。そういう超一流プロもかなり居ます。

これも今日の記事で見てください。
以前の記事でインサイドに引かないで早く上げる為に右肘を早めに畳むという記事を書きましたが、
間違えると逆にインサイドに上げてしまう誤解を招く恐れがありますので、きついですが頑張って両肘伸ばして円弧を大きくした方が後々も良いです。ストレッチ必要ですが、年を重ねるにつれ円弧が小さくなるので出来るうちに頑張って伸ばしておいたほうが良いですね。

フォローもローテーションがきちんと出来るなら、インパクト以降は左脇を積極的に空けて左腕を伸ばしたほうが直線的に振れますしいいですね。

子供のレッスンでもそう思いましたが、やはり藍ちゃんの様にゆったち大きな円弧を描くことは制度においても飛距離でも非常に有利です。角速度を上げるよりも効果的ですね。

こんばんは

練習場で右足外旋を意識してやってみました。右膝が前に出る度合いが改善され、右踵が浮きにくくなりました。まだまだ踵が浮かないレベルには程遠いですが、随分と改善できました。ありがとうございます。

ゴルキチさんが両足とおっしゃっているのは、テイクバックは左足外旋、ダウンスイングは右足外旋ということでしょうか?練習場から帰ってシャドウでやってみてふと思いましたが…

V字軌道の理解はまだまだですが、引き続き練習してみます。今までは体の回転が不足していたのが原因だったのだろうと思います。この点を今まで以上に回転させるイメージを持つと少し理解できた気がします。
あとは右肘を曲げないという点もですね。今まではテイクバックで右肘を畳み、フォローで左肘を畳むイメージが強すぎたのだと思います。
携帯からなので今回の記事のビデオはまだ見れていませんが、恐らくその点のイメージが間違っていたのではないかと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『前習え』で寄せる。

ぶっ飛びシングルの華麗なるショットメイキングさんの腕を伸ばし二等辺三角形・懐をつぶさない 1を読んで、『前習え』でアプローチ練習をしてみました。いいです。距離感ぴったり、ピンそばにバシバシ寄りま...
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR